携帯で見る

(´∀`)まだまだバナー募集中
 バナー一覧

世界史@おーぷん2ちゃんねる

ローカルルールの議論・経過についてはwiki
おーぷん初心者はよくある質問と回答を見てね
板一覧 | ヘッドライン | ランキング | 履歴
2017/6/7 nama復活しますた

設定
レス順 | 作成順   
1: ナチスドイツ総合 (135) 2: 日本以外の国は太平洋戦争を自衛と植民地解放の為の正義の戦争と思ってるか? (193) 3: 【東洋>>>】やはり、東洋の方が優秀じゃね?【>>>西洋】 (29) 4: 【民主主義】二強、アテネとスパルタ【軍国主義】 (95) 5: 古代東アジア妄想スレ (3) 6: 【第二帝国】ドイツ帝国【ホーエンツォレルン家】 (77) 7: 【フランス皇帝】ナポレオン・ボナパルトその1【ナポレオン法典】 (32) 8: コール元独首相:「ホロコ?ストは作り話」と語る (4) 9: もしもタイムテレビがあったら観察したい時代/真相を目撃したい事件は? (23) 10:【ソ連】ロシアの歴史について語るスレ【モスクワ大公国】 (78) 11:ヒトラーの遺作が発見される (5) 12:世界史に於ける゛ユダヤ民族゛ (22) 13:東アジア古代史に於ける日本 (69) 14:「大東亜戦争」を洗い直す (337) 15:妙義龍「初場所に向けておちんぽジョイナスだ!」 (1) 16:あるべき「高校世界史」カリキュラムとは? (24) 17:おっさんのやり直し世界史 (106) 18:◆◆砕氷船理論の真実追及◆真の戦争責任組織調査委員会◆◆ (2) 19:◆◆通州事件◆世界記憶遺産申請関連◆スレ◆ (3) 20:中世ヨーロッパって何で人気なの? (7) 21:【1911~】この百年間を概観する【~2010】 (4) 22:古代インドに戦国時代みたいな時代ってあったの? (5) 23:ヒトラー生存説はトンデモ論? (10) 24:フランスの第3共和制と第4共和制って何か違いある? (18) 25:ギリシャ人はアンチ・カルタゴだったのか? (16) 26:任那と伽耶(加羅)をピンポイントに語ろう (85) 27:歴史上のDQNネーム人物について語るスレ (17) 28:【凋落?】俯瞰的近代史考察・独露編【萎縮?】 (3) 29:針の歴史 (13) 30:本来とは違う形で世界史を変えた発明・発見 (39) 31:20世紀とは何だったのか? (35) 32:ドイツ人は゛誰゛と闘ったのか? (61) 33:宗教戦争としてのWW2について (27) 34:おーぷん世界史板版゛大国の興亡゛ (5) 35:オスマン・トルコ帝国について語ろう (111) 36:世界史に於ける゛帝国゛の機能を考える (15) 37:【ユダヤ】「ロシア社会民主労働党」について語ろう。【少数民族】 (21) 38:【雑談】世界史雑談スレ【意見交換】 (50) 39:ローマに……ローマに帰らせてクレメンス…… (3) 40:古今東西の食文化の歴史について語るスレ (106) 41:自然災害と世界史 (40) 42:支那近・現代史 (27) 43:第二次大戦で枢軸国側が勝っていたら… (160) 44:【正統カリフ・ウマイヤ朝】イスラム帝国【アッバース朝】 (60) 45:古代メソポタミアを語るスレ (192) 46:てすとすれ (1) 47:タレーラン(タレラン、タレイラン) (6) 48:【中世騎士団】西欧の自信作【重装備快速】 (12) 49:南北戦争スレ (8) 50:【パックス・ロマーナ】←成功例と失敗例→【大東亜共栄圏】 (25) 51:世界史の中で自分が最もかっこいいと思った名前・地名・用語などを挙げていくスレ (48) 52:フランス革命について語るスレ (17) 53:ポールケネディ(イギリス人歴史学者)ってバカなの? (3) 54:"その時歴史が動いた"の漫画版 (2) 55:フランコ総統(フランシスコ・フランコ) (47) 56:ギリシア正教会ってどんな宗派?と聞かれたらどう答える? (5) 57:「第二次世界大戦時のドイツと日本はどちらが強かったアルか?」【中国の反応】 (3) 58:本家2ch転載禁止は歴史のどの事件に該当するか (31) 59:ナチスのホロコーストって捏造? (5) 60:連合国「所で、諸君。私は日本は滅ぼさねばならぬと思う」 (5) 61:騎馬民族総合 (34) 62:中世ヨーロッパ総合 (8) 63:第一次世界大戦を語るスレ (34) 64:世界史の名言、名シーン、名台詞をあげるスレ1 (66) 65:フス戦争 (9) 66:ハプスブルク家・ハプスブルク帝国その1 (8) 67:【ユーラシア】都市(インテリ)と農村(蒙昧)【階級の固定化】 (87) 68:【大虐殺】悪名高い国家【超後進国】 (43) 69:【栄光の】ビザンツ帝国総合スレ【東ローマ】 (12) 70:★日本人は世界で一番素晴らしい民族だった (30) 71:おーぷん2ちゃんねるを歴史上の勢力に例えると? (20) 72:14c後半~16cぐらいまでのヨーロッパ文化調べてるんだが (27) 73:みんなで列強どもにランク付けしよーぜー♪ (43) 74:【大唐】五代十国と周辺諸国を語るスレ【崩壊】 (27) 75:ムガル帝国その1 (7) 76:世界史板どーしたの? (8) 77:歴史替え歌を紹介するスレ (4) 78:世界史から人間関係というものが学べると思う (10) 79:世界史雑談スレ1 (20) 80:【東アジア】東西文明、どちらが上質?【欧州】 (98) 81:【帝国主義時代】アジア、アフリカ諸国存続の可能性【非文明国】 (9) 82:第一次大戦で同盟国側が勝っていたら… (21) 83:世界史の雑学を言い合うスレ (12) 84:【乞食速報】Nスペ ヒトラーの野望  【NHKオンデマンド無料】 (2) 85:オセアニア史総合スレ (6) 86:【越南】ベトナムの歴史【占城】 (57) 87:もし中国がバラバラの国のままだったら、どうなってたの? (11) 88:レーニン、スターリン時代のソ連について語るスレ (37) 89:アメリカ合衆国大統領について語るスレ (41) 90:コロンブス以前にアメリカ大陸の存在が知られていたら・・・ (21) 91:スンニ派とシーア派の対立の歴史 (42) 92:【遊牧民】モンゴル帝国総合スレ1【大元】 (44) 93:世界史上に輝くバカ殿、暗君は? (74) 94:今の中国人が漢人でも唐人でもないってホント? (131) 95:【タイムスリップ】第二次世界大戦当時国【なりきりスレ】 (25) 96:古代エジプト総合 (28) 97:世界史上の都市や人物の異称を収集しよう (38) 98:世界史の奇人変人 (23) 99:世界史で起きた不思議な出来事を語れ (6) 100:ローマ帝国1 (37)  
スレッド一覧   過去ログ   ごみ箱(仮)

【1:135】ナチスドイツ総合
※ID非表示スレ
1名無しさん:2014/03/23(日)16:00:24 ID:???
ナチスネタなら何でもOK
国家社会主義民族労働者党(NASDP)とそれに関する
話題について語るスレ



126名無しさん@おーぷん:2015/12/17(木)21:56:36 ID:???
ナチス・プロパガンダを広めている組織といえばサイモン・ヴィーゼンタールセンター
『ホロコースト産業』の著者(ユダヤ人)も吊し上げされている

127名無しさん@おーぷん:2017/05/24(水)21:36:28 ID:???
今やヨーロッパでは不法移民を批判しようとするだけで「ナチ」呼ばわりだもんなぁ…
不法移民を正当化する為に簡単に用いるなと言いたい。

128名無しさん@おーぷん:2017/06/04(日)08:29:43 ID:???
>>21
それは違う。
「当時としては」科学的な思想だったのだ。
優生学もダーウィン主義もアーリア人学説も、「当時としては」科学的な話であった。
T4計画も、ユダヤ人排除も、「科学的」思考から出てきた代物だ。

だからこそナチス嫌いのハイエクなんかは「致命的な思い上がり」とか「隷従への道」を書いて、ソ連共々ナチスドイツを批判した。
人間の頭で考える「科学的」なんて物は、物事全体の内の1%にも満たない範囲しか知らないのであり、何でも知ったつもりになって国家を運営するのは「致命的な思い上がり」であると。

129名無しさん@おーぷん:2017/06/04(日)08:37:09 ID:???
ヴェルサイユ条約で人種平等案を蹴られた辺りで、
遅くともワシントン条約で日英同盟の破棄と山東半島返還を強要された頃には、
日本はドイツと親交を結び軍事技術の共用を果たしていれば良かったと思う。
日本はドイツの進んだ技術力を導入でき、ドイツはヴェルサイユ条約にて禁止されていた軍事訓練が出来るというのだから双方に利益が有ったはずだ。
資本主義国共通の敵であったソ連の力をわざわざ強めさせる必要も無かった。
残念な話だな。

130名無しさん@おーぷん:2017/06/04(日)08:53:47 ID:???
>>52
満鉄付属地や朝鮮半島を支配下に置いた時点で、日本は島国ではなくなった。
大陸国家となったのだ。
すぐ隣に最悪の陸軍国家であるロシア=ソ連が存在するのだから、是が非でも陸軍を強化するべきであった。

131名無しさん@おーぷん:2017/06/04(日)08:54:51 ID:???
>>53
イギリスはそれ以下の人口で「日の沈まない帝国」を作り上げたはずだが。
結局「やりたくないから言い訳している」としか見えない。

132名無しさん@おーぷん:2017/06/04(日)08:58:38 ID:???
>>72
さらに、対仏戦などで西に送った車両を、ソ連に気づかれないよう密かに東に送るだけでもかなり大変だったようで、6月開戦は妥当なんだそうな。
イタリアは全く関係ない。

ヒトラー本人でさえ、「イタリアのせいだ」などと晩年に言っているので勘違いされやすいのだが。

133名無しさん@おーぷん:2017/06/09(金)21:13:22 ID:???
「ナチスをボロクソにこき下ろすような内容でなければ、鍵十字とか党歌などのシンボル、ヒトラーなどの幹部について論じてはいけない」

ドイツにはこんな法律が有るそうな。
馬鹿馬鹿しいにも程がある。
歴史というのは「真実」を調べるべき物であって、イデオロギー論争に利用されてはいけない。
そんな事は自明ではないか。

「気にくわない歴史解釈は禁止する」
と言うのでは、ナチス時代とどこが異なるのであろう?

ドイツでは未だに「冷静」に歴史を解釈する事が禁止されている。
この点では日本の方がまだ救われているだろう。
日本の場合は、日本国憲法信者が跳梁跋扈している事が問題なのだが。

134名無しさん@おーぷん:2017/06/23(金)06:04:26 ID:???
>>19
「日本は我が偉大なるドイツ人と違って、中国人や韓国人に謝罪していない」
とか思いこんでるドイツ人が大半ですけど。
日本が何度も何度も謝罪し、国家賠償を行ってる事すら連中は知らんのですよ。

そもそもドイツは個人賠償はやったけど国家賠償はやってないし。

135名無しさん@おーぷん:2017/06/23(金)06:21:33 ID:???
>>53
ジンギスカンの頃のモンゴルを思い浮かべれば、十分すぎるほどだと思うが。
要はやる気が有るか無いかの違いでしかない。

名前: mail:

【2:193】日本以外の国は太平洋戦争を自衛と植民地解放の為の正義の戦争と思ってるか?
1名無しさん@おーぷん:2014/08/18(月)01:04:12 ID:sPXGp7zFu
居ても少数派かオベンチャラ意見の域だろ
他国からの大多数の賛同を得られなきゃ
客観的意見とは言えず
日本人の独善的な歴史解釈としか言えんわな



184名無しさん@おーぷん:2015/03/12(木)20:14:14 ID:zFG
ところで、このアングロサクソン中の提携可能な勢力は必ずしも、新自由主義に固執し続ける、と信じなければならない理由は無い、と私は思っている。

185名無しさん@おーぷん:2015/03/12(木)20:24:42 ID:zFG
ここで、私は中東情勢に於けるイスラエルの存在について言及しなければならない。

結論は、イスラエルを支持する事で我が国の安全保障に益するのであれば、支持すべきであるし、逆に脅威になるのであれば、切って捨てるべきであろう。

現今は保留でよいように思われる。

我々と提携可能なアングロサクソン勢力がイスラエルを支持するのであれば、我々も追随する事で間接的に安全保障上の益に繋がるはずだからだ。
この゛マキャベリズム゛に於いて善悪、道徳は考慮してはならない。

186名無しさん@おーぷん:2015/03/12(木)20:45:23 ID:zFG
或意味、双子の赤字に辛吟するアメリカの財政、経済事情は我々にとって、神の恩寵であろう。

かつて、鎌倉幕府の時代、北条得宗家にとっての最大の潜在脅威は下野國の足利氏であった。その家格は北条得宗家を凌ぐ、河内源氏の嫡流であり、源平交替説の信ぜられていた当時、武家社会から受ける與望は非常に大きいものがあったのである。

そうであるが故に、鎌倉時代全般を通じて、北条得宗家の警戒の念は尋常ではなく、足利氏の精力の大半は幕府の歓心を買う媚態外交に費やされたのである。豊臣政権に於ける徳川家康に比べられるべきであろう。

諸君、我が国のアメリカ合衆国との関係も鎌倉北条得宗家と下野國の足利氏、豊太閤の政権に於ける徳川家康と比較されるべきだと思わないか?

187名無しさん@おーぷん:2015/05/22(金)14:54:15 ID:Ck0
散々「歴史に詳しい」と野党及びヒラ議員時代から思われていた安倍晋三は、実はポツダム宣言すら読んでなかった事が発覚!

そしてポツダム宣言に『日本は世界征服を企んだ』と書いてあるのを、共産党委員長は鵜呑みにしているし、安倍晋三は否定しない。
自民党の安倍晋三も、共産党の志井も、日本の政治家は馬鹿ばっかりか!

戦前日本が「世界征服を企んだ」など、そんな事を証明する一次資料など、ただの一つも存在しない。
大体、支那大陸一つ征服できなかったし、そのつもりも無かった日本が、支那よりはるかに広大で強大な世界征服なんぞ企むはずもない。

ポツダム宣言は明確に間違えている、戦勝国の横暴の塊のような、勝手な決めつけ文書なのだ。
日本がこんな物を受諾したのは、単に力で敗退したからに過ぎない。
好きで受け入れた訳ではないし、「世界征服を企んだ」なんて認めた訳ではない。

どうして今の日本の政治家は、歴史を知らん、勉強もしない、そして明らかに間違っている事を正そうとしないのだ!

188名無しさん@おーぷん:2015/10/08(木)23:17:46 ID:GQH
>>139
もし毎日働かなくても食っていけるなら日本人だってそうするだろう
勤労道徳なんぞ遊んで生活出来る金があればひっくり返るのだ
ブラック企業が横行する今の日本や韓国が良い体制だとは思わないし、無理や不自然を強いる体制はいずれ破たんする
ファシズムやスターリニズムのバックにあるのは反動的なブラック資本である
人間不自然な姿勢をやり続けていたらまっすぐな姿勢に戻りたいと思うはずだ
不自然な姿勢を強いる搾取を正当化させる為にファシズムやスターリニズム、宗教が用いられてきたのだ

189名無しさん@おーぷん:2015/10/16(金)11:11:53 ID:5b3
そんな勤労道徳もなかったら前近代のままだろ
どこの国にも資本主義化近代化の過程には勤労の価値が必要になってくる

190名無しさん@おーぷん:2017/05/25(木)05:07:53 ID:Pe2
>>42
こいつ都合が悪くなると「そんな無知な者は一部だけ」とか言って逃げるけど、
「一部でも」存在しているようなら話にならないって思わないのな。
馬鹿じゃねえの?

191名無しさん@おーぷん:2017/05/25(木)18:57:56 ID:Pe2
>>188
ファシズムは、むしろ資本主義抑制を行っていたのだが。
ナチズムも含めて。

イタリアのドーポ・ラヴォーロや、
ドイツの歓喜力行団などが、如何に労働者の待遇改善に貢献していたか知らんのか。

ついでに、スウェーデンなどの福祉国家は、
イタリア・ファシズムの後継者だぞ?

192名無しさん@おーぷん:2017/05/29(月)04:18:20 ID:QEi
ナポレオンの例を出されたのに遂に理解出来なかったようだが、
フランス以外の国にとってナポレオンとはただの侵略者でしかない
だったら、世界の大多数がナポレオンを侵略者と思ってるのだから、
「フランスはナポレオンを褒め讃えるのはやめろ」
とコイツは言うのかね?

フランス人の百人中百人、
「うるせえ」
「余計なお世話だ」
「内政干渉するな」
と激怒して話は終わりだろうさ

下手すればぶん殴られるし、殺されるかも知れないが、それでもコイツは文句を言う資格など無い
国の名誉や誇りを傷つけるというのだから、当然それだけの覚悟が有って当然なのだから

ナポレオンには侵略者としての負の側面も、
ナポレオンが侵略したお陰で封建体制が打破されてフランス流啓蒙思想が広まったという良い面も両方有る
どっちかに偏って判断するなんぞ不可能だ

同じく、日本の戦争とて侵略と言われても仕方が無い部分も有ったろうが、
片方で、そのお陰で良くなった面も有る
双方ちゃんと評価しなければ不公平だ

まして、日本の歴史を、日本の事について何も知らない外人がなぜ決める権利を有するのか?

193名無しさん@おーぷん:2017/06/21(水)21:15:04 ID:TNr
戦争の歴史に於いて、
「一方だけが悪」で「一方だけが善」なんて事は有り得ない。
そんな物はウルトラマンか戦隊モノの特撮の世界だけの物語だ。
というか、ここ最近の特撮では、そんな単純な勧善懲悪モノは影を潜めているらしいし。

「悪だから戦争した」とか、
「正義だから戦争に勝った」とか、
もういい加減廃れてほしい無知無学な考えだ。

名前: mail:

【3:29】【東洋>>>】やはり、東洋の方が優秀じゃね?【>>>西洋】
1名無しさん@おーぷん:2015/11/23(月)11:46:35 ID:DqN
断然、東アジアの方が欧州に勝ってるよね。



20名無しさん@おーぷん:2015/11/25(水)00:44:14 ID:XIj
>>13の後半部分には納得が行かない。
アメリカの日本分析が微にいり細を穿った物であったからこそ、
戦後のGHQの日本の滅茶苦茶な破壊政策を、日本は一切の抵抗無く唯々諾々と受け入れたのではないか?
少なくとも、この時期のアメリカの日本文化研究は、超一流の水準に到達していた。
戦後70年経過して、未だに「戦後レジーム」が全く解けないのが良い証拠ではないか。
未だに「国防はアメリカに頼れ」、「アメリカに頼っていれば百年安心」などと言っている日本人が居る!
しかも「保守」「右翼」と呼ばれる立場の者の間で!
アメリカの日本弱体化政策が大成功を納めた証拠ではないのだろうか?

21名無しさん@おーぷん:2015/11/25(水)12:41:19 ID:mpW
>>20

確かに研究者の層は厚かっただろうね。
ドナルド・キーン氏なんぞもその一人だ。
但し、その理解は学術的と言うよりプラグマティックな応用知識の集積に偏していたと思う。
まあ、鬼畜米英、英語の使用禁止などと言う国よりは勝っているか。
いかん、東洋弁護団としては、言ってはならぬ台詞だったわい。

22名無しさん@おーぷん:2015/11/26(木)02:29:51 ID:xuF
キリスト教についてだが、文語体聖書(いわゆる、明治譯旧約聖書、大正譯新約聖書)を読んでいて思った。
この言語(文語体)は恰も、聖書の母国語の如きである、と。
戦後の口語訳聖書からは、そのような印象は皆無で、教えそのものへのシンパシーを喚起させる如何なる力もそこには感ぜられなかった。
また、同じ文語体でも純然たる大和言葉、平安朝文学や本居宣長の提唱した文体でも明治譯や大正譯の如き゛母国語感゛は得られないと思う。
聖書世界にジャストフィットするのは近代日本の漢文調の加わった、一種独特のスタイルだ。
漢文書き下し文と大和言葉文語体の黄金比だ。漢字である。

キリスト教は小アジアを揺籃にその東西に波及していった。
正方の教会が欧米のキリスト教だ。
いわゆる、゛東方教会゛、ギリシャ正教会は右のアナトリア高原揺籃説から申すと西方に属する。
アナトリア高原の東に向かって布教されたネストリウス派は文明に中世の暗黒を招来しなかった。
東方のキリスト教(但し、ギリシャ正教にあらず)、原始キリスト教及び、ネストリウス派(アッシリア教会など)は欧州のキリスト教とは別の性格の宗教、寛容と慈愛と柔和の精神の上に成立していた。

欧州のキリスト教徒は東方にプレスター・ジョンのキリスト教国家の存在を幻想し、伝えていた。それはネストリウス派と一般に解釈されている。
何故、ヨーロッパには東方憧憬が存在するのか?
マルコ・ポーロやコロンブスの動機の根底に潜む深層核心(コア)の正体だ。
それは必ずしも黄金や胡椒への欲望ではない。

23名無しさん@おーぷん:2015/11/26(木)02:53:37 ID:xuF
イエズス会宣教師を追放した近世ー近代日本人は偉大であると思う。
西方教会(但し、正教会も含む)のキリスト教国家はアンデスやアパラチア、ロッキーの麓に先住する民族に恐るべき所業を為した。
この教派を容認しない日本人は東洋の中の東洋、霊木扶桑の生る東海瀛洲の蓬莱境である。
この瀛洲蓬莱境に於けるいわゆる、キリスト教、西方教会所属の全人口に対するシェアは1%だ。

しかしながら、安土桃山時代に渡来したイエズス会宣教師や今日我が国を訪れるイスラム教徒の多くが我が国への印象として、
「この国は非キリスト教であるにも関わらず、非常にキリスト教的だ」
「この国はイスラムではないがイスラムよりもイスラム的だ」
と感想している。

私は欧米人の意識下には今も深層的幻想としてプレスター・ジョンのキリスト教国家への憧憬が潜在していると思う。
そうして、彼らは意識せずにそのイメージに東洋の中の東洋、日本にその幻想を重ねているのである。

24名無しさん@おーぷん:2015/11/26(木)03:00:06 ID:xuF
我々の今、得ている知識と古代史の真実の間にはミッシングリンクがある。
マルコ・ポーロやクリストファー・コロンブスはそれを繋ぐ事を希求して東方(西方)を目指したのかも知れない。

25名無しさん@おーぷん:2015/12/12(土)16:58:36 ID:d2Y
>>主

そう、ミッシングリンクがある。
東洋思想と西洋思想って対立軸みたいになってるけど、本来はマクロ視点とミクロ視点という差に過ぎず
また、純然たる東洋思想的もなければ、その逆もしかりよ。
しかし、あえてその思想の目指す所をそれぞれ考えるのなら
西洋思想が、現状の欠点を探して探してより強い正確さを探すのに対し、
東洋思想は、現状でやっていくこと、正しさの価値軸を現状に合わせようとするってとこかな。

これは人類発祥の地から遠く離れ、だいちのげんかいまで追い詰められた民族たちと
これから広がろうとする西洋民族の地形的差異があると思われる。

ま、あれだ。
西洋思想はカレーで言えば、ジャガイモとか人参とか肉だ。
東洋思想は、ルーだと思っていいと思う。

26名無しさん@おーぷん:2016/08/16(火)17:22:46 ID:YtR
>>20
アメリカ人の日本分析が上質なものであるという意見には首を傾げる。個々の研究者がよく理解していた可能性は否定しないが、
この時代の彼らは「日本人が文字が読めないから安易と戦争の道に走ったのではないか(実際は西洋圏著しく高い識字率を誇った)」や、
「天皇が世界の創生主たる神の子孫と信じているのではないか(進化論を日本軍人に教えた米兵が日本ではそんな事は小学生でも知っていると返答された)」など勘違いのエピソードには事欠かないし、
抑米国は東アジアの事を理解せずに介入しているのではないか?と思うような裏目の政策が指折り数える程あるではないか
過去から自然的個人無謬主義的国家である米国は、他人を分析する能力というものを全く育まない環境だと私は思うのだが?だからこそディスカッション・ディベートが必須になるわけではないか。

27名無しさん@おーぷん:2017/06/10(土)06:01:20 ID:Ark
>>19
仏教徒でありながら無神論者と言えば、ビルマの社会主義政権がそれだったし、
中国によって祖国を追われた、ダライ・ラマ14世もそうだな。
無神論と仏教とは対立しない。

日本の仏教教団が、やたら左翼じみているのも理由がよく解る。

28名無しさん@おーぷん:2017/06/11(日)05:27:02 ID:ev4
仏教は無神論的に見えるが、正確には、〝保留論〝だな。
未知数=エックスは「有るか、無いか、永遠に分からない謎だからエックスの正体の究明は保留しておこう」と言うスタイルの論理構成だ。

29名無しさん@おーぷん:2017/06/20(火)02:59:06 ID:5mY
キリスト教とかナザレのイエスは、実は仏教徒であったという説も有るらしいな。
古代ギリシャにはもう仏教が伝来していた以上、パレスチナに伝来していなかったとは考えづらい訳で、
イエスはユダヤ教や仏教の影響の中から、ユダヤ教の分派を作ったという話。
(「キリスト教」を名乗り始めたのは後世)

名前: mail:

【4:95】【民主主義】二強、アテネとスパルタ【軍国主義】
1名無しさん@おーぷん:2014/11/21(金)16:04:08 ID:5x2UTfyNQ
古代ギリシャ中、BC5世紀頃、最大のライバル関係にあったアッティカ(アテーナイ)とラケダイモーン(スパルタ)について語ろう。



86名無しさん@おーぷん:2017/06/15(木)08:18:06 ID:92L
というか、今の安倍晋三の暴走を支持する日本人を見てると、
衆愚政治と全体主義が容易に行き来出来る代物である事が実感出来るな。
安倍晋三支持の日本人は、進んで奴隷の鉄鎖を安倍晋三に明け渡そうとしている。

そんな連中を批判するとヒトラーユーゲントか紅衛兵のような連中が狂ったように批判する。
非常に解りやすい。

87名無しさん@おーぷん:2017/06/15(木)18:08:25 ID:Vkm
ブルジョアジーの活用には賛成出来かねる。
「有産階級自身の消費生活レベルを下方修整させよ」、と言う共同体マクロの要請にブルジョアジーが応えられるとは思えないからだ。
私は、共同体マクロの〝純生存確率上昇〝と言うシンプル極まり無い目標理念に立脚してそう思うのである。

但し、仰せの貴族階級の役割に関する肯定的評価には同意する。
〝階級闘争〝(有産階級vs無産階級)を止揚するカエサル若しくはナポレオンの登場と言うパターンには、おそらく必然性があるのだろう。
そうして、その必然性を背景に君臨統治する大元帥、インペラートルにはその幕僚を提供させしむ人材の源泉が要る。
それを皇帝の藩屏、すなわち、貴族階級と言うのである。

私は紀伊國屋文左衛門や淀屋(岡本三郎右衛門常安)、豪商三井一族、岩崎弥太郎、渋沢栄一、ジョン・ピアモンド・モーガン、ジョン・ディヴィソン・ロックフェラー……etc.etc.の本人若しくはその劣化版の〝ディアドコイ〝どもような輩が階層ピラミッドの上部を形成する社会など全否定するよ。

清貧に耐えられるストイックな真の貴族は世襲によってのみ継承出来る社会のコア、人民の生き方の鑑だ。
財閥には永遠に到達出来ない峰だと思う。

88名無しさん@おーぷん:2017/06/15(木)18:30:40 ID:Vkm

>>85氏へのレスな。
アンカー入れ忘れた。スマン

89名無しさん@おーぷん:2017/06/15(木)20:57:56 ID:92L
>>87
日本は、今の憲法で特権階級の存在を否定されてるから。

日本国憲法第十四条
すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。
○2
華族その他の貴族の制度は、これを認めない。

一説によれば、これを挿入したのは「日本側」であったという説もある。
日本人の側にGHQ以上の日本破壊を企む連中が潜り込んでいたとの話である。

それと、戦前日本の「貴族院」は、イギリスの貴族院とは違う点が有った。
爵位を受けている本物の貴族階級だけが集っているイギリスと違い、
日本の場合は地方の大地主や大商人などの高額所得者をも貴族院議員にしていたのだ。

そういう過去がある以上、一概にブルジョア階級を否定するのは如何なものかな?

90名無しさん@おーぷん:2017/06/15(木)21:41:08 ID:Vkm
>>89

>一説によれば、これを挿入したのは「日本側」であったという説もある。
日本人の側にGHQ以上の日本破壊を企む連中が潜り込んでいたとの話である


それな。
戦前の旧制高等学校(帝国大学予科)はマルクス主義者の巣窟だったらしい。

確かに憲法があるので〝貴族〝の復活は無理だよね。
で、インペラートルの藩屏の供給元の代案だが。
ペイトリオットで、かつ、ストイシズムに耐えられるのであれば、ブルジョアでも旧士族でも郷伸ジェントリでも地主でも旧大庄屋でもオーケーだよ。
でもね、ロックフェラー一族やロスチャイルド家当主、財界三団体企業群の幹部たちが己自身の消費生活の水準を落とす事になる政策に同意するとは思えないんだよ。

91名無しさん@おーぷん:2017/06/15(木)22:12:28 ID:Vkm
アテネのソローンは制度改革を実施した後、自身を十年間、諸国漫遊させよ、と要求したそうだ。
平原党(有産階級)、海岸党(平民)両方から袋叩きされると予想し、その危難から逃れ去る必要があったのだろう。
改革とは困難を極めるものだ。

宇宙の質量の95%強はダークエネルギーとダークマターらしい。
一方、、21世紀の今日、人類の富の90%は一握りの大富豪に所属していると言う。
何と言う皮肉な暗合、フラクタルである事よ。

我々の〝ソローンの改革〝は人工知能の登場を待つしかないのかな?

92名無しさん@おーぷん:2017/06/16(金)03:10:48 ID:RBd
>>90
悪名高い憲法九条もまた、日本人が言い出した事である説もある。
当時の日本の総理は、戦前から親英米派として有名だった幣原喜重郎であったが、
この幣原自らが軍備全廃提案を行ったというもの。
幣原は戦前・戦時中と軍部や右翼に非難されまくっていた人物なので、本能的に軍という存在を嫌がっていたのかも知れない。

一応幣原の側に立って考えれば、
当時の日本はアメリカの占領下であり、日本がわざわざ武装する必要もなく駐日アメリカ軍が日本を守る事になるので、
焼け野原と化した日本がわざわざ乏しい財源を叩いて軍隊など保有しなくても構わないと考えていたのかも知れない。
70年、一度も改正せず今にまで至るなど想像すらしていなかったのかも知れない。
(それ以前に、あんな焼け野原が今のような経済大国に復活するなんて夢にも思わなかったろうし)

93名無しさん@おーぷん:2017/06/18(日)23:36:10 ID:o7B
おれは現政権の提案している改正草案(第九条)には賛成しかねる。
〝自衛隊〝と明記、との事だが、(基本法条文のような)マクロコールで〝自衛隊〝と言う呼称を使うと、今後、二度と正式に〝国軍〝としての名称変更出来なくなるのでは?
故に、初期設定的として〝国軍〝と明記した文案起草を求めたい。

94名無しさん@おーぷん:2017/06/19(月)09:14:17 ID:FwS
>>93
同意。
というか、九条一項、二項全てを残して、
「自衛隊の存在だけ明記しとけばヘ~キヘ~キ」
なんてふざけた改憲には殺意すら覚える。

日本国憲法に命を懸けて抵抗した三島由紀夫がこんな「憲法改正」なんぞを聞いたら、
日本刀を持って自民党本部に殴り込みに行くレベルだろう。

1項は「国際紛争を解決する手段」としての武力を、「永久に排除する」などとしている。
中国や北朝鮮、ロシアがどんなにふざけた事をしていようが、日本は口先だけの抗議しか出来ないのだ。

否、文面通りに読めば、彼らが日本を侵略してきても、日本は無抵抗であらねばならない。

2項では「軍隊は保持しない」と書いてある。
なのに、直後で「自衛隊は保持する」などとはどういう事か?
世界から見れば、こんな矛盾を堂々と臆面も無く晒す日本は小馬鹿にされるだけであろう。

さらに2項には「国の交戦権は認めない」などと書いてある。
自衛隊が有ったところで、憲法上では交戦出来ないのだ。

いざという時には当然戦うのだろうが、
そんな矛盾した行動を取るより、さっさとちゃんとした憲法に改正すべきであろう。

「憲法なんて解釈でどうとでもなる」

などとタカを括ってる馬鹿ばっかりだからこういう事になるのだ。

中国や韓国は法治国家ではないとはよく聞くが、
日本だって彼らを決して笑えない。
日本国憲法の忌々しい、そしてふざけた「解釈の歴史」を知れば、日本だって無法国家その物だからである。

95名無しさん@おーぷん:2017/06/19(月)21:06:52 ID:FwS
日本は大日本帝国憲法も「不磨の大典」として改正してこなかった前科が有る国民性。
「最長でも5年に1度は、時代に合わせて憲法を改正する事」
とでもわざわざ憲法の中に書いておかなければ、自力で改憲しようとは考えないのだろう。

何よりも、政治家が票に結びつかない事に関してはやりたがらない、究極の衆愚政治国家なのだから。
まるでアテネの末期である。

名前: mail:

【5:3】古代東アジア妄想スレ
1名無しさん@おーぷん:2017/06/07(水)20:25:36 ID:5fs
「〝狗邪韓国〝が倭の北限である」(by魏志第30巻烏丸鮮卑東夷伝倭人之条)とすれば、である。
三國時代初期、倭人の一部、少なくも、半島南端に何らの利害を有する勢力は〝帯方郡治〝(帯方郡在庁都邑)の管轄下にあったのであろう。
その時代(3世紀)の〝東夷〝の情勢を考察(想像でもよい)してみたい。語れ。



2名無しさん@おーぷん:2017/06/08(木)16:29:35 ID:weT
山海経の海内北経「蓋国在鉅燕南倭北。倭属燕」
燕は古代の周王室の連枝が分封され、建国された。
河北の内陸都邑。よって、渡海遠征の能動性を有さない。
故に、この燕に属した〝倭〝は後の魏志東夷伝に言及されし所の〝狗邪韓国〝を領有していた〝倭の事であろう。〝

3名無しさん@おーぷん:2017/06/08(木)16:31:55 ID:weT
直前レス>>2末尾の〝〝引用符、要らんかった。スマン

名前: mail:

【6:77】【第二帝国】ドイツ帝国【ホーエンツォレルン家】
※ID非表示スレ
1名無しさん@おーぷん:2014/07/05(土)05:39:51 ID:???
1871年から1918年まで存続したドイツ帝国について語ろう



68名無しさん@おーぷん:2014/11/08(土)13:51:53 ID:???
まさに遅れてきた帝国主義国家

69名無しさん@おーぷん:2015/02/07(土)11:30:57 ID:???



70名無しさん@おーぷん:2015/02/07(土)11:32:42 ID:???




71名無しさん@おーぷん:2015/04/03(金)13:33:25 ID:???
最後のドイツ皇帝はオランダに亡命

72名無しさん@おーぷん:2015/05/11(月)09:05:23 ID:???
>>71
いや違う。
ウィルヘルム二世皇帝は、実は譲位してウィルヘルム三世皇帝陛下がいらっしゃる。

皇帝がオランダに亡命した後のこと。
戦争に負けると、どこの国も決まって「責任者探し」をやり始めるものらしい。
で、ウィルヘルム二世は、皇帝という地位も在り、またドイツ憲法で皇帝には絶大な権力が与えられていたかのように思われていたので、
「ウィルヘルムのあのヤロー!」
「あの馬鹿皇帝が戦争なんかしたせいで、今のオレ達の生活はボロボロだ!」
「ヴェルサイユ条約でドイツの誇りが奪われたのも全部皇帝のせいだ!」
ドイツ中で、ウィルヘルム二世皇帝への怨みの声が絶えることは無かった。
当然、ウィルヘルム二世自身も、自分への恨みつらみの声があることは充分すぎる程に知っていた。

しかし、そんな落ち目のウィルヘルム二世の下に、一通の手紙がドイツから届いた。
恨みつらみを書き連ねた手紙かと思いきや、
『皆は陛下を悪く言いますが、私は陛下を信じています。あまり気にやまないで下さい』
と、失意のウィルヘルム二世を励まし、慰める手紙であった。
この手紙の送り主に興味を持ったウィルヘルムは、手紙の送り主をオランダに招き、会談の場を設けた。
相手は貴族ではない一介の平民に過ぎなかったが、その顔つきやら、態度、所作に感ずる所があったウィルヘルム二世は、自分の娘と結婚しないかと提案。
婿養子という形で、その手紙の送り主は「ウィルヘルム三世」として位を譲られた。

そんな良い話がある。

73名無しさん@おーぷん:2017/04/05(水)11:17:31 ID:???
良い話

74名無しさん@おーぷん:2017/04/07(金)02:46:49 ID:???
>>58
なお、ウィルヘルムは、オーストリアとの同盟破棄すらちらつかせて、
「友人」ニコライ二世に動員令の解除をお願いしている。
ドイツは戦争したくなかったのだ。
オーストリアの皇太子が殺された事くらいで、なんで同盟国だからってドイツが味方しなければならんのか。
ドイツはオーストリアを支援せず、ロシアもセルビアを支援しない…
これで丸く収めようと提案している。

しかし、冷静に考えれば、腐っても大国のオーストリアと、小国セルビアがガチンコでぶつかり合ったらセルビアが負けるに決まっている。
当然ロシアはウィルヘルムの誠意を疑って動員令解除を拒絶。
結果、ロシアがオーストリアとの戦争に及べば、衰退国家のオーストリアに勝ち目が無いのでドイツも動員令を発令。
ドイツの動員を見て、アルザス・ロレーヌ地方を奪い返すチャンスだとばかりにフランスも動員開始。
世界大戦に至ったという訳だ。

75名無しさん@おーぷん:2017/04/08(土)20:50:10 ID:tw@VenomLake 


76名無しさん@おーぷん:2017/04/08(土)20:50:24 ID:tw@VenomLake 


77名無しさん@おーぷん:2017/05/26(金)21:02:32 ID:???
>>59
日米戦争寸前の頃の日本は、開戦しなければ資源が逼迫していてどうにもならなかった状況。
ドイツとは異なる。

名前: mail:

【7:32】【フランス皇帝】ナポレオン・ボナパルトその1【ナポレオン法典】
※ID非表示スレ
1名無しさん@おーぷん:2014/06/30(月)06:08:29 ID:???
ナポレオン・ボナパルトについて語ろう



23名無しさん@おーぷん:2014/10/14(火)10:44:38 ID:???
『ナポレオンの没落の真の原因は、皇帝になりたいという「虚栄心」と、
無能な兄弟を次々と国王として取り立てた「縁者贔屓」にあった。』

ヒトラーはそう指摘しているね。
ヒトラーは徹底的にナポレオンについては研究したそうで、ナポレオンの失敗の原因とされた物は全て避けて通ろうとしていた。

24名無しさん@おーぷん:2014/10/15(水)22:29:42 ID:???
亡くなった占星術師のルル・ラブアさんの「占星術の見方」によれば、出生ホロスコープの第10室に土星があった歴史上の人物の例にナポレオン、ヒトラー、ジョン・F・ケネディーを挙げていたな。
出生天球図(ホロスコープ)の第10室に土星があると、一度、権力を握っても無情な敵に妨害され、失脚しがちだとか。

ちな、私も第10室に土星が来ている。政治家でなくてよかった。

25反日暴動を扇動してるのは日本人:2014/10/20(月)19:18:16 ID:???
>>22
某カモッラってナポレオンの子孫じゃないの?

26名無しさん@おーぷん:2014/10/21(火)00:08:12 ID:???
この人はナポレオンの子孫な




詳細は↓ここ↓読んどくれ

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%95%E3%83%BB%E3%83%8A%E3%83%9D%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%83%B3

27名無しさん:2014/10/27(月)20:09:33 ID:???
>>23
ナポレオン最悪の選択であるロシアに攻め込むをやらかしたけどな

28名無しさん@おーぷん :2014/11/09(日)05:13:18 ID:???
>>27 
その前からナポレオンの戦術には陰りが出てたけどな

29名無しさん@おーぷん :2014/11/10(月)13:42:15 ID:???
ナポレオンの法則は本当に本人発見なんだろか

30名無しさん@おーぷん :2015/02/12(木)14:54:38 ID:???
ナポレオンのヨーロッパでの評判って人食い鬼とか散々なものだと聞いたぞ

31名無しさん@おーぷん:2017/05/25(木)05:05:10 ID:???
>>30
だって、フランス以外ではただの侵略者じゃん

32名無しさん@おーぷん:2017/05/26(金)20:49:02 ID:???
>>27
そもそもロシア遠征って最悪の選択か?
信頼出来ない国が地続きで存在するってだけでもフランスの生存権を犯してるじゃん。
ナポレオンの視点から見れば。
イギリスにはトラファルガーで負けた以上すぐには上陸して戦争とか無理だし、
ナポレオンの攻め込む方向としてはロシア以外に無いだろ。
スペインの反乱を鎮圧するという手も有るけど、フランスが大人しくしていればロシアが黙って従ってる保証も無いのだし。
というか、侵略大好き、謀略大好き、火事場泥棒大好きのロシア人が、背後を見せたフランスを放っておく訳もなかろう。

名前: mail:

【8:4】コール元独首相:「ホロコ?ストは作り話」と語る
1名無しさん@おーぷん:2017/04/11(火)08:00:48 ID:Gfk
本当にそんなことを言ったのだろうか。あるいは何者かによる「フェイクニュース」なのか。
ついこの前のスノーデン事件のことも関係ありそう。ドイツの政治家はよく内緒話をするので、
米国としては気になるんだろう。

コール元独首相:「ホロコーストは作り話」と語る
https://www.logsoku.com/r/2ch.net/kokusai/1141630802/

我々、ポーランド人は真実を知る、我々の民族に起きた悲劇の内容を知る権利があります。今まで誰
も追い求めることを諦めることはありませんでした。全ヨーロッパは複数主義、自由そして民主主義を、
困難であっても真実に向けて進んでいると深く信じています。なぜなら、我々は、先ほども申し上げた
ように、自らの過ちを認めることができるのです。過ちを認める必要があり、3 万人もの虐殺の決定とチ
フス等の伝染病の被害者を同じ話として片付けることはできないのです。これは真実の方向へ到達する
権利のための道ではありません。私の国だけに限らず、ヨーロッパ全体にとってこの真実へ到達する権
利への道が必要なのです。
http://www.forumpoland.org/okano09.pdf

アンネフランクはガス室ではなくてチフスで死んだ。それを「ホロコースト」と呼ぶかどうかだが、
何で死のうが非業の死を遂げたことに代わりは無いはずだ。



2名無しさん@おーぷん:2017/04/11(火)12:15:51 ID:GhA
>何で死のうが非業の死を遂げたことに代わりは無いはずだ。

ん?
当時は、ナチスに忠誠を誓っていたドイツ人ですら飢えや不衛生などから疫病で倒れていた時期なんだけど?
ドイツ人がのうのうと生きているのにユダヤ人だけがバタバタ死んでいたって言うなら「非業の死」と言えるだろうけど、
果たしてドイツ人もユダヤ人も等しくバタバタ死んでいた状況を「非業の死」と言うのかね?

二つ目の疑問として、
「殺人罪」と「過失致死罪」が一緒くたって、乱暴すぎるんじゃないの?
ホロコーストと言うのは、当初から「殺してやろう」という殺意や計画が有ったとする物。
殺意は無かったが、疫病とかで結果的に死に至らしめた物は「殺人」じゃなく「過失致死」だよ?
当然計画性も無いので「ホロコースト」とは呼べない。

こんな都合良く「ホロコースト」なんて言葉をもてあそべるのなら、
何でもかんでも片っ端からホロコースト認定して言論封殺出来てしまうのでは?

3名無しさん@おーぷん:2017/05/15(月)02:40:58 ID:35v
ユダヤの申している事々は大幅に割り引いて解釈せんと詐欺に会うよ。
つーか、ユダヤ人のプロパガンタの真逆が大体正しいと思う。
或る意味、指標になる。逆羅針盤。

4名無しさん@おーぷん:2017/05/24(水)03:54:56 ID:0hj
今じゃヨーロッパでは不法移民に対して文句を言おうとするだけで「ナチ」認定される世の風潮…

名前: mail:

【9:23】もしもタイムテレビがあったら観察したい時代/真相を目撃したい事件は?
1黒猫:2016/02/27(土)23:16:41 ID:C9U
【タイムテレビの特徴】
・設定できる座標は紀元前3000年~今から60年前。地球上の人類が生存できる空間に限る。
・タイムマシンではないので、歴史を改変することも、「もしも誰々が暗殺されなかったら」のようなシミュレーターとすることもできない。
・何年分の映像を見ても、現実世界で「今日はPCで動画を見まくったなぁ」以上の時間が経過することはない。
・文字・音声ともに翻訳機能は全くないか、現代人に解読された言語のみ、伝わっている語彙と規範文法の範囲で逐語的に機械翻訳される。
・純粋に個人的な鑑賞を除く、いかなる目的のためにも使用することができない。

あなたは何を見る?



14名無しさん@おーぷん:2017/01/16(月)01:24:08 ID:lmk
ニュールンベルク裁判と東京裁判を始めから終わりまで特等席で。
無編集・無解説の東京裁判の映像って、ネット時代なのに存在しないのな。
いわゆる「A級戦犯」の人たちが、どんな主張を、どんな態度でしていたのか知りたい。

15名無し:2017/01/24(火)21:27:34 ID:VJY
紀元前、ユダヤ人が『約束の地』の『征服』の時に行った。
大虐殺
旧約聖書のヨシュア記には『皆殺しにしてやった』と『誇らしげに』書いてある。

ちなみに、旧約聖書に出てくる『悪魔』とは『約束の地』の先住民が信仰していた神々のこと

16名無しさん@おーぷん:2017/01/24(火)22:03:53 ID:a4o
題名は覚えていないが昔読んだSF小説にこれに似た話があった。
主人公がある街の場末の映画館に入ったら古代の戦闘シーンが映し出されてた。
画面は迫力があったが、ストーリーは陳腐だった。ただ見たこともない役者ばかりでスタントマンを使っているようには見えない。
実は、その映画館の技師が発明した機械によって過去の映像を映し出してフィルム化したものだった。
主人公はその技師に支援して様々な画像を集めるのだった・・・・

たしかこんなストーリーだった。

17名無しさん@おーぷん:2017/01/30(月)18:58:11 ID:RcQ
ギリシャの暗黒時代が見て見たいですねー。
何が起こったのかこの目で確かめたい

18名無しさん@おーぷん:2017/02/06(月)12:58:47 ID:06d
せめて会話が出来る機能が付いてればなぁ。
片っ端から歴史上の英雄に声をかけまくって、謦咳に接し、教えを請いたいのだが……

19名無しさん@おーぷん:2017/02/09(木)09:35:39 ID:CZ8
色々あるけど、イエスキリストの誕生と処刑シーンかな
脚色されまくってるだろうから、実際にどんなもんか見て見たい

20名無しさん@おーぷん:2017/02/18(土)23:07:36 ID:cZc
聖書の時代
実際に何が有ったのか知りたい

21名無しさん@おーぷん:2017/02/19(日)15:18:50 ID:zF4
見るだけじゃなく、直接尋ねることができたら、イスラム教の預言者であるマホメットに
今のイスラム教をどう思うか聞きたいな

22名無しさん@おーぷん:2017/03/02(木)13:24:40 ID:wbZ
古代オリンピック
本当に全裸で行われてたのか、そして観客はどんな目で見ていたのか知りたい

23名無しさん@おーぷん:2017/04/04(火)01:01:29 ID:OCz
この世から消滅されてしまった様々な書物を読みたいな
大して価値が無いから自然淘汰されたって物も当然有るだろうけど、
権力者にとって都合が悪いから徹底的に証拠隠滅させられたって物も当然有るだろうし
戦乱で消え失せてしまった物も当然有るだろうしね

名前: mail:

【10:78】【ソ連】ロシアの歴史について語るスレ【モスクワ大公国】
※ID非表示スレ
1名無しさん@おーぷん:2014/09/22(月)10:21:45 ID:???
ロシアの歴史について語りましょう



69名無しさん@おーぷん:2017/02/26(日)18:46:07 ID:???
https://ja.wikipedia.org/wiki/ブルガール人
ドナウのブルガールは南スラヴと同化

70名無しさん@おーぷん:2017/03/01(水)20:25:26 ID:???
http://reki.hatenablog.com/entry/170126-Bulgar-History-1
ブルガリアの歴史と

71名無しさん@おーぷん:2017/03/02(木)10:39:58 ID:???
http://www.toride.com/~digxwa/digxwaFiles/dicf/dic_34mef/d_meryazoku.htm
メリャ族

72名無しさん@おーぷん:2017/03/05(日)00:23:46 ID:???
第二次ブルガリア帝国wiki

73名無しさん@おーぷん:2017/03/05(日)23:32:09 ID:???
http://reki.hatenablog.com/entry/17021%EF%BC%96-Short-Countries-Siberia
シベリアの短命政権たち

74名無しさん@おーぷん:2017/03/28(火)22:29:52 ID:???
http://www.geocities.jp/eurask/culture/history/index.html
ロシア史

75名無しさん@おーぷん:2017/03/28(火)22:44:05 ID:???
>>74
結構良い

76名無しさん@おーぷん:2017/06/04(日)22:28:26 ID:???
この事件は、反乱を起こした有力貴族の部族名から「カバール革命」と呼ばれる。
この有力貴族は家族とともにボルガのロストフの地に亡命した。
このロストフはルス人の商人団が築いた根拠地のひとつであり、
ここでルス商人団の長の娘とハザール人の反乱貴族の息子との婚姻が行なわれた
。こうして「ルーシ・ハン国」(後のキエフ・ロシア国の前身)が成立したのである
(※ 後にハザール王国の後継者としてビザンチン帝国に公認されるようになる)。
http://inri.client.jp/hexagon/floorA4F_ha/a4fha100.html
より

77名無しさん@おーぷん:2017/06/09(金)21:57:59 ID:???
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%AA#.E6.AD.B4.E5.8F.B2
トヴェリの歴史の項がいい

78名無しさん@おーぷん:2017/06/18(日)15:05:37 ID:???
http://rossia.web.fc2.com/sp/istoria/istoria2.html
http://rossia.web.fc2.com/sp/istoria/index.html
ロシア史 よい

名前: mail:


新規スレッド作成
タイトル:
名前: mail:

スレッドをもっと見る(11~)
おーぷん2ちゃんねるの投稿は著作権を放棄しパブリックドメインとして公開しています。
まとめブログやウェブサイト上で自由に転載・創作を行えます。

おーぷん2ちゃんねるに関してのお問い合わせは こちらまで
2017 satoru.net