- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

世界史に於ける゛ユダヤ民族゛

24名無しさん@おーぷん :2017/09/13(水)01:34:08 ID:Qr1
「日本は八紘一宇の観点からユダヤ人を救ったが、
ユダヤ人はオッペンハイマーやアインシュタインなどが原爆を作って日本に投下した」

この程度の「事実の指摘」でさえ、「ヘイトスピーチ」扱いされるのが日本という国。
まぁ、リー将軍の銅像の一件を見ても、アメリカもとんでもない言論抑圧国家に成り果てた様子だが。

リー将軍個人は奴隷制度を忌み嫌っていたのだが、「故郷の為に」南軍に所属したというだけで、

【南軍=奴隷制度維持派=リー将軍は奴隷制度賛成派】

というふざけた三段論法がまかり通って、
『銅像を引きずり倒せ!』
となっているのは本当に腹立たしい。

日本は、戦後ずっとこんなアメリカを「理想国家」とし続け、
特にバブル崩壊以降、日本が自国に自信を無くせば無くすほど『アメリカを見習え』となってきた訳だが、
どう考えても、アメリカなんぞ日本が見習うべき国家ではなかろう。

アメリカの裁判国家ぶりは夙に有名だが、日本も徐々に裁判国家化している。
https://www.news-postseven.com/archives/20170912_611492.html
下らないのが、ペットの死因を獣医師に向けて裁判を起こすキチガイクレーマーが日本に増えつつあるという事だ。
明らかな医療過誤であれば訴えて良いのだが、
命という物は「100%これで安全」などという物は無い。
人間より寿命の短いペットなど、自分より先に死ぬのは覚悟しておくべきだろう。
嫌なら最初から飼わなければ良い。
誰もペットを飼いなさいなどと強制してなどいない。

「あの時、もし治療を勧めていれば生きていたかも知れない」

こんな妄想で裁判を起こし、敗訴しても別の弁護士に頼って裁判を起こし続けるなど精神異常だろ。
こんな者はさっさと精神病院にぶちこんで二度と外に出さないようにすべきだ。

こんな下らないモンスタークレイマーが裁判を起こしまくるアメリカのような下らない国家化が日本でも進んでいるのだ。
「和を以て尊しと為す」という言葉は既に死んだ。
このレスの続きを表示(3件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





世界史に於ける゛ユダヤ民族゛
CRITEO