- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

あるべき「高校世界史」カリキュラムとは?

1名無しさん@おーぷん:2016/01/25(月)18:45:21 ID:s4p()
高校・大学と言う制度そのものを論ずるのもよし、重点を置くべき゛時代゛、゛民族゛、゛文明゛を挙げるのもよし。
各人の思う所を主張していただきたい。
2名無しさん@おーぷん :2016/01/25(月)18:54:13 ID:s4p()
私の場合、高二の時、5単位、高三で4単位、合計、7単位だった。
日本史は高三のみで5単位。
現行の世界史Aは2単位らしい。世界史Bは4単位だったかな?
ま、高校で世界史を講義する事自体が無理があるように思う。
だって、受験科目に選択しない者にはどうでもよい講義時間になるからね。
それにしても、粗略に扱われている科目だよね。
3名無しさん@おーぷん :2016/01/25(月)19:02:26 ID:s4p()
思うに中学のカリキュラムに確立させた方がよいと思う。
高校は大学受験の予備校なのだから、皆、世界史の受講時間なんざ、気もそぞろ、脳のリラックスタイムになってしまっている。
私の場合は逆に中学の時から、自分で高校世界史の参考書を趣味として熟読していたので非常に講義を期待していたのだが、色々な意味で失望したな。
4名無しさん@おーぷん :2016/01/25(月)19:58:09 ID:s4p()
そもそも、「岩波講座世界歴史」を読破しているような高校の教員がどれほど、存在するのか?
しかも、右の全集ですら、「世界史」の学究の徒にとっては百科全書的入口だ。
歴史の理解には副読本の方が大切だったりするが、プルタルコスや十八史略を読まずとも、試験に受かれば高校の社会科の教員になれる訳だよ。
5黒猫 :2016/02/19(金)00:50:02 ID:I6l
中世史の記述に「イギリス」、「ドイツ」、「イタリア」という用語を使わない。
6黒猫 :2016/02/20(土)00:40:11 ID:A36
教科書のコラムのひとつに、「中近世において戦争とは、都市や農村の一般市民に対して
どのような影響を与えるものだったのか?」を考えさせる文章を載せたい。
ミリタリー的なウンチクじゃなくて、「自国の軍に対して国民国家としての忠誠心も無く、
全面戦争で自分の故郷が焼け野原になるわけでもなく、
国民皆兵(実態は男性皆兵に過ぎないわけだが)で自分や家族が徴兵されるわけでもないなら、
一般市民にとって自国の戦争なんて何一つ気にすることのない異国の風聞と同レベルの出来事だったとでもいうんですかね」とか、そういうこと。

世界史とは戦争の歴史であるといっても過言ではないのに、
では当の戦争というものが、時代を超えて一般的にどういう性質のものであったのかは、
今の世界史教育では(もちろん政経教育でも)全く伝わってこないんだよね。
7黒猫 :2016/02/20(土)00:43:07 ID:A36
>>6を高校教育で学ばせるとするなら、典拠はクレフェルトの『戦争文化論』がいいかな。
8名無しさん@おーぷん :2016/04/29(金)09:02:07 ID:Y4p()
過去(現在)、教員の絶対数の問題があった(ある)。

ところが、少子化の影響が逆に幸いし、今後は余剰教員が理論的に発生するはずであろうから、総授業時間(日数)を増やす週6日登校、平日補習講義導入が可能だろう。
そこで授業時間増加によって発生した余力を日本古文、漢文、ラテン語、古代ギリシャ語の早期学習に充当させてほしい。
クラブ活動は限りなく無意味だと思う。
中学の時の基礎がなければ、学究の門前の小僧にすら成れない。
高校からでは遅い。
9ウナギ警察 :2016/08/11(木)16:14:57 ID:1uP
>>4
>そもそも、「岩波講座世界歴史」を読破しているような高校の教員がどれほど、存在するのか?

岩波書店なんて、サヨク出版社だろ
10ウナギ警察 :2016/08/11(木)16:19:58 ID:1uP
>>3
>思うに中学のカリキュラムに確立させた方がよいと思う。

文章の意味が分からない。
誤字脱字?
11ウナギ警察 :2016/08/11(木)16:22:30 ID:1uP
>>5
>中世史の記述に「イギリス」、「ドイツ」、「イタリア」という用語を使わない。

教育的に無意味。歴史マニアの自己満足。
現代日本の生徒に取って、なんの役にも立たない工夫だから。
12名無しさん@おーぷん :2016/08/30(火)21:44:24 ID:FzR
>>9
サヨクだから何?
歴史に関しては、サヨクだろうが右翼だろうが無関係だろ。
学術的に正しいか否かだけが唯一の基準だ。
13名無しさん@おーぷん :2016/10/28(金)22:18:45 ID:BgV
サヨクが学術的に正しいかというと
14名無しさん@おーぷん :2016/10/30(日)22:21:04 ID:NPu
>>13
サヨクだから学術的に正しいかどうかじゃなく、
学術的に正しい事を真の歴史とするべきだと言ってんの。
15名無しさん@おーぷん :2016/11/09(水)09:35:00 ID:hIo
例えばどんなの?
16名無しさん@おーぷん :2016/11/11(金)08:44:53 ID:fEr
>>15
網野善彦とかバリバリのサヨクでしょ。
でも、学術的には見るべき点が多々有る。
こういう点は右だろうと左だろうと関係なく、認めるべきじゃないのかな?
17名無しさん@おーぷん :2016/11/26(土)17:50:34 ID:w4u
>>16
右だろうと左だろうと関係なくと言う割には、右の研究成果が学校教科書に載らないのはなぜだろう
バリバリのウヨクも学術として認めるべきじゃないのかな?
18名無しさん@おーぷん :2016/11/27(日)20:15:09 ID:zfB
>>17
だって、右の研究成果って「陰謀論」が多すぎるじゃん。
「張作霖爆殺事件はロシアの工作員の仕業だ!」とか、
「日米戦争は、スターリンの指示を受けたソ連のスパイが国務長官のハルを飛び越してルーズベルトに強硬案を提案して採用され日本に提出された」とか、
「南京大虐殺は無かった」
「従軍慰安婦は無かった」
「沖縄での集団自決は無かった」

などなど歴史ゲームとか妄想としては面白いけど、
資料に基づかないか、資料が足りない物ばかりなんだもの。

ちなみに、上記の件に関しては自分個人としては半信半疑的に信じてる部分も有るよ。
「状況証拠」から言えばそう言える部分も確かに有るし。
ただ、「歴史学」について少しでも勉強すれば解るけど、
「状況証拠」だけじゃ証拠にならないんだよね。
「一次資料」が無ければ。
19名無しさん@おーぷん :2016/11/27(日)22:49:17 ID:DNr
仮説を頭ごなしに陰謀論と決め付けるから証拠の発掘が進まないんじゃないかな
それと、悪魔の証明って知ってる?
20名無しさん@おーぷん :2016/11/28(月)09:30:43 ID:psS
仮説は「歴史」じゃないよ
一次資料に基づかない仮説を「歴史」として子供たちに教えるなんてもってのほか
その点ではサヨク学者の方が「執念」の度合いが違う
日本を悪い国、天皇を悪の存在とする為ならどんな小さな資料でも発掘してくるのがサヨク
一方の右側は、全然その辺りに熱心じゃない、「学者以下」の水準の連中ばかりじゃん
ソ連の崩壊後、ソ連がどんだけ謀略活動に精を出し、日本も何度となく引っかかってきたか、
日本国内にも意外な人がソ連の工作員であったか、その一端を明らかにしたのって、
日本人の右派学者じゃなくてアメリカじゃん

根本的に日本の右派学者って学者未満の連中ばかりで、
仕事に怠慢な連中ばかりだと思うんだけど?
サヨクと共闘して、天皇制廃止を主張する奴まで居るし
21名無しさん@おーぷん :2016/11/28(月)19:29:45 ID:Ne8
>日本を悪い国、天皇を悪の存在とする為ならどんな小さな資料でも発掘してくるのがサヨク
そんな偏った史観を「歴史」として子供たちに教えるなんてもってのほか
22名無しさん@おーぷん :2016/11/28(月)20:15:31 ID:psS
>>21
でも、「一次資料」なのは確かだよね?

例えば、白河天皇や鳥羽天皇の無能と無責任のせいで保元の乱を始めとする戦乱がわき起こっている

源平合戦を煽り、源頼朝と源義経の対立を煽ったのは後白河天皇

南北朝時代の幕を開いたのは後嵯峨天皇の手前勝手な後継者指名

こういうのは一次資料がいくらでも出てくる
決してサヨクの捏造ではなく

歴史学で重要なのはイデオロギーじゃなく、「一次資料の有無」なんだよ。
個人的に納得できなくとも、一次資料がそう語っている以上仕方がない
23名無しさん@おーぷん :2016/11/28(月)20:37:08 ID:psS
いや、より厳密に書こうか。
歴史学で重要なのは、資料に基づかない単なる個人的な考えではなく、
一次資料とせいぜいが二次資料までに基づく、資料に基づく「史実」である、と。

従って、慰安婦とか南京大虐殺とかの「証言者」が何百万人現れようとも、
一次資料の裏付けが無ければ五次資料以下の価値しか無いと言い切れる
(実際には、戦場に慰安婦が存在した資料は有るし、南京で人殺しを行ったという一次資料も存在するので、ここで初めて「証言」に価値が出てくる)
24名無しさん@おーぷん :2016/11/30(水)08:05:26 ID:Mbm
一応書いておくけど、慰安婦=戦場売春婦の存在は、決して日本軍だけに特有の制度だった訳じゃない。
GHQが日本に進駐した時、まず真っ先に命令したのが、
「慰安所を作れ」
という命令だったくらい、当たり前にまかり通っていた。
従って、この件に関しては、日本だけが謝る筋合いなど無い。
無論「白馬事件」の被害者と、強姦・レイプされた被害者に対しては話は別であるが。

南京での虐殺も、存在した事が事実であったとしても、全責任は中国が負うべき物と考える。
日本側は南京を開城せよと勧告を行ったのにそれを無視し、
いざ日本軍が目前に迫ると敵前逃亡するようなのが南京の中国軍司令官だったからだ。
これなら、いつを以て「戦闘終了」と判断するかは、完全に日本側の自由となる。

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





あるべき「高校世界史」カリキュラムとは?
CRITEO