- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

【フランス皇帝】ナポレオン・ボナパルトその1【ナポレオン法典】

※ID非表示スレ
1名無しさん@おーぷん:2014/06/30(月)06:08:29 ID:???
ナポレオン・ボナパルトについて語ろう
2名無しさん@おーぷん :2014/06/30(月)12:38:45 ID:???
海軍知識なさすぎワロタ
3名無しさん@おーぷん :2014/06/30(月)20:31:46 ID:???
イギリスは、議会が保証するイギリス国債の信用が高く、戦費調達能力に優れていた。
4名無しさん@おーぷん :2014/06/30(月)21:08:01 ID:???
ロスチャイルドにいいように利用されまくったんじゃなかったか
国債
5名無しさん@おーぷん :2014/06/30(月)21:14:11 ID:???
言い換えよう。
イギリスの国債はロスチャイルドに利用されまくったが、イギリス以外の国は、それ以下だった。

と言うより、国債による戦費調達がまともに機能していたのは、当時としてはイギリスだけだった。
ナポレオンの軍隊は、事実上徴発で食っていた。

それが問題にならなかったのは、他国も同じだったからだ。
6名無しさん@おーぷん :2014/07/17(木)12:38:24 ID:???
ナポレオン軍は徴発で補給してたから迅速に行軍出来たって話ってどうなの?
7名無しさん@おーぷん :2014/07/17(木)22:56:06 ID:???
わからん。ナポレオンに負けた国の『言い訳』もしくは『捨て台詞』だったのかもしれない。
それが、最終的にナポレオンが負けたんで『定説』になったか

第二次対戦のあと、勝った国のプロバガンダが『定説』になったようなものか
いずれにせよ、正確なデータに基づく話ではないのでわからない。

当時の徴発はどこの国でもやっていたからな
8名無しさん@おーぷん :2014/07/18(金)18:46:30 ID:???
ナポレオンはロシアを懲罰して、戦費を回収しなけりゃ、財務的に首が回らないほど、行き詰まっていたのかね?

勿論、直接の動機は対英包囲網政策に背反するロシアを懲らしめる、と言う名目なのだろうけど、降伏させれば、金が入って来ると言う含みが相当大きかったのでは?
9名無しさん@おーぷん :2014/07/18(金)18:52:11 ID:???
↑は、コーエーのゲーム、「ランペルール」(NEC、pc98、MS-DOS対応)を遊んで思った。大陸軍を維持すると、国家財政は持たん。
10名無しさん@おーぷん :2014/07/20(日)22:07:06 ID:???
最も効率的な軍隊は『海賊』だ。
平和なときには海賊で生活し、戦争の時だけ『海軍』になる。
イギリスのエリザベス女王は、これを最も効率的にやった。
そして、女王も金持ちも海賊に『投資』した。
イギリス海軍の元は、海賊であり、ロンドン投資家の元は、海賊への投資だ。
11名無しさん@おーぷん :2014/07/21(月)21:32:33 ID:???
国家は、必ずしも合理的に判断して行動するとは、限らない。
特に戦争の場合「あいつにだけは負けられない」と「オレの方が強い」とかいう「男の意地」での行動も多い。
これは、独裁国家でも民主国家でもあんまり変わらない。
12名無しさん@おーぷん :2014/07/21(月)22:07:16 ID:???
つか、「合理的に行動すれば必ず成功する」ってもんでもないしな
理屈では完全に正しい行動だったのに、実際には大失敗だったことなんて歴史上いくらでもある
俺らの人生でもよくある事だしな
13名無しさん@おーぷん :2014/07/31(木)09:26:22 ID:???
エドマンド・バークはやっぱり偉大だった
14名無しさん@おーぷん :2014/08/21(木)10:12:45 ID:???
世界史の人気者
15名無しさん@おーぷん :2014/08/21(木)16:24:17 ID:???
フランス革命の背景は、ま、色々あっただろうけど、インテリが別のインテリを打倒した図、ってのが大まかのスケッチだろうと思う。

啓蒙主義者、エンサイクロピーディスト、サロン革命家って言うぐらいだから、無知蒙昧の徒輩が他人の冥(くら)さを開く事は出来ん訳で、革命の中心にいたのは当時のインテリゲンチアたちだ。

アメリカ独立(革命)にしても主導者は農場主だったり、交易商人だったり、つまりは、雇用する側、いわゆる、ブルジョアジーか、それに類似する人々だった。
16名無しさん@おーぷん :2014/08/21(木)16:25:50 ID:???
今のアメリカ人はその事を忘れているか、或いは、知っていて、忘れた振りをしているかのどちらかだろう。

上記の雇用する側の人々、ブルジョアジーに似た日本の中世~近世の階層は室町時代の国人領主、鎌倉時代の御家人だろう。時代が下り、江戸時代だと武士一般に範囲が広がり、さらに明治以降は素封家と呼ばれる豪農、地場産業家、商人、等の地主、資本家も含められるようになった。

ナポレオンによって、収拾されたフランス革命の混沌はインテリの興した革命の結果、招来されたカタストロフ(阿鼻叫喚的秩序崩壊)だったのである。

ボナパルティズムと言うのはフランスに於けるアンシャンレジームの崩壊に危機感を有する欧州旧体制諸国による干渉、いわゆる、対仏大同盟の包囲に遭遇した新生゛ネイション・ステート゛フランス共和制の共同体的自己保全闘争局面中、ナポレオンの軍事的才能と新規創設概念である所の国民軍の相まった効果が渾然一体となって現出させた華々しい軍事的成功がナポレオン一個人の功績に収斂される過程に於て生じたのである。
17名無しさん@おーぷん :2014/08/21(木)16:30:53 ID:???
思うに、フランスが英雄って言ってるんだから、それでいいのだ、バカボンボンだよ。
18名無しさん@おーぷん :2014/08/21(木)16:38:36 ID:???
私、個人も紛れもなく、ナポレオンを英雄だと思う。だから、ロマン・ロランの描くベートーベンがやがて、ナポレオンに失望する気持ちは分からんでもないが、フランスにはフランスの事情があるのだよ、ドイツ人(オーストリー人?)と言いたくなる。
19名無しさん@おーぷん :2014/08/23(土)19:44:57 ID:???

【フランス革命と農民】
【当時、人口の圧倒的多数は農民だった】

フランス革命以前、フランスの人口の圧倒的多数は、農民だった。
彼らは、封建領主に賦役・貢納の義務を負い、教会に「十分の一税」を納め、その上「国家の税金」の大部分を納めた。

それに対して貴族・僧侶には、免税特権があった。
フランス革命は、それらの負担を一気に解決したのである。
さらに、かなりの数の農民が土地の分配にあずかった。

これが、フランス革命が農民に支持された理由だ。
彼らにとっては共和制も帝政も同じだった。

フランス革命の『物理的な成果』を守ってくれるならそれでよかったのだ。
ただひとつ問題なのは『宗教』だった。

革命政府が法王と対立し、僧侶が共和派と法王派に分かれて争っている様は『心から神を信じている』農民には耐え難かった。
ところが皇帝は『法王と和解』した。

これにより農民にとっての問題は、すべて解決した。
農民は皇帝を支持した。

繰り返すが農民にとっては共和制だろうと帝政だろうとどっちでもよかったのだ。
20名無しさん@おーぷん :2014/09/04(木)15:40:09 ID:???
波乱万丈の人生だよね
21名無しさん@おーぷん :2014/09/05(金)11:07:21 ID:???
ジョセフィーヌ、幸運の女神をそのまま、后(きさき)にしておくべきだった。
22名無しさん@おーぷん :2014/09/08(月)23:54:00 ID:???
子供がほしかったんだろうね
23名無しさん@おーぷん :2014/10/14(火)10:44:38 ID:???
『ナポレオンの没落の真の原因は、皇帝になりたいという「虚栄心」と、
無能な兄弟を次々と国王として取り立てた「縁者贔屓」にあった。』

ヒトラーはそう指摘しているね。
ヒトラーは徹底的にナポレオンについては研究したそうで、ナポレオンの失敗の原因とされた物は全て避けて通ろうとしていた。
24名無しさん@おーぷん :2014/10/15(水)22:29:42 ID:???
亡くなった占星術師のルル・ラブアさんの「占星術の見方」によれば、出生ホロスコープの第10室に土星があった歴史上の人物の例にナポレオン、ヒトラー、ジョン・F・ケネディーを挙げていたな。
出生天球図(ホロスコープ)の第10室に土星があると、一度、権力を握っても無情な敵に妨害され、失脚しがちだとか。

ちな、私も第10室に土星が来ている。政治家でなくてよかった。
25反日暴動を扇動してるのは日本人 :2014/10/20(月)19:18:16 ID:???
>>22
某カモッラってナポレオンの子孫じゃないの?
26名無しさん@おーぷん :2014/10/21(火)00:08:12 ID:???
この人はナポレオンの子孫な




詳細は↓ここ↓読んどくれ

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%95%E3%83%BB%E3%83%8A%E3%83%9D%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%83%B3
27名無しさん :2014/10/27(月)20:09:33 ID:???
>>23
ナポレオン最悪の選択であるロシアに攻め込むをやらかしたけどな
28名無しさん@おーぷん :2014/11/09(日)05:13:18 ID:???
>>27 
その前からナポレオンの戦術には陰りが出てたけどな
29名無しさん@おーぷん :2014/11/10(月)13:42:15 ID:???
ナポレオンの法則は本当に本人発見なんだろか
30名無しさん@おーぷん :2015/02/12(木)14:54:38 ID:???
ナポレオンのヨーロッパでの評判って人食い鬼とか散々なものだと聞いたぞ
31名無しさん@おーぷん :2017/05/25(木)05:05:10 ID:???
>>30
だって、フランス以外ではただの侵略者じゃん
32名無しさん@おーぷん :2017/05/26(金)20:49:02 ID:???
>>27
そもそもロシア遠征って最悪の選択か?
信頼出来ない国が地続きで存在するってだけでもフランスの生存権を犯してるじゃん。
ナポレオンの視点から見れば。
イギリスにはトラファルガーで負けた以上すぐには上陸して戦争とか無理だし、
ナポレオンの攻め込む方向としてはロシア以外に無いだろ。
スペインの反乱を鎮圧するという手も有るけど、フランスが大人しくしていればロシアが黙って従ってる保証も無いのだし。
というか、侵略大好き、謀略大好き、火事場泥棒大好きのロシア人が、背後を見せたフランスを放っておく訳もなかろう。
33名無しさん@おーぷん :2017/07/04(火)20:11:26 ID:???
ナポレオンを支えたのはロスチャイルド一家でもあるし何と言ってもワーテルローの戦いはその後の支配体制に大きく左右するきっかけになったしなぁ...
34名無しさん@おーぷん :2017/07/05(水)17:58:12 ID:???
ロスチャイルドはワーテルローで利益得ただけじゃね

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





【フランス皇帝】ナポレオン・ボナパルトその1【ナポレオン法典】
CRITEO