- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

オスマン・トルコ帝国について語ろう

※ID非表示スレ
1名無しさん:2014/03/29(土)00:41:57 ID:???
オスマン・トルコ帝国について語ろう
オスマン・トルコ帝国関係なら全部OK
2名無しさん :2014/03/29(土)00:55:21 ID:???
料理が美味しいイメージがある
3名無しさん :2014/03/29(土)10:53:58 ID:???
オスマン帝国って代替わりの度に兄弟皆殺しにして皇帝が
即位してたらしいな
4名無しさん :2014/03/30(日)14:57:26 ID:???
>>3
クーデター(トップの兄弟は本人にその気がなくても担がれる)
防ぐには正しいかもしれない。
5名無しさん :2014/03/30(日)15:45:30 ID:???
ジェムとか実際に反乱起こした兄弟いるからな
6名無しさん :2014/04/01(火)06:53:26 ID:???
チューリップ好きだったのはアフメト3世だっけ?
7名無しさん :2014/04/01(火)14:59:06 ID:???
フランス人が母親の皇帝って誰?
エイメ伝説とは別の奴で
8名無しさん :2014/04/05(土)18:16:22 ID:???
>>5 ジェムの息子は最終的に亡命先のヨーロッパでカトリック貴族に
なったらしいが子孫とかいるんだろうか?
いたらオスマン家最後の一族になるかもしれん
9名無しさん@おーぷん :2014/05/05(月)22:11:50 ID:???
ロクゼラナ以降、後宮の愛妾が政治介入して酷いことに・・・
10名無しさん@おーぷん :2014/05/05(月)22:18:05 ID:???
>>8
オスマン家の直系子孫はいまニューヨークでサラリーマンやってるとか
11名無しさん@おーぷん :2014/05/05(月)22:19:30 ID:???
>>9
といってもスレイマンから大トルコ戦争までは宮廷の外だと帝国は安定してた。
上り坂は終わったけど下り坂は始まってない。高原だったんだ。
12名無しさん@おーぷん :2014/05/06(火)01:03:57 ID:???
>>10 なら安泰だな
13名無しさん@おーぷん :2014/05/06(火)01:04:59 ID:???
>>9 ロクゼラナが原因でハレムが宮廷の代名詞になったらしいな
某所でサゲマン女扱いされてて吹いたことがある
14名無しさん@おーぷん :2014/05/06(火)23:04:09 ID:???
オスマントルコって言い方は今の若い歴史家の間じゃだめっていわれるぞい
15名無しさん@おーぷん :2014/05/06(火)23:09:40 ID:???
トルコ人の民族国家じゃないからね。
むしろ純トルコ人は首都の「オスマン人」にとって、「田舎者の羊飼い」として見下す対象だった。
16名無しさん@おーぷん :2014/05/07(水)02:51:39 ID:???
>>7 ウィキによるとムスタファ3世
17名無しさん@おーぷん :2014/05/07(水)08:58:09 ID:???
>>14
色々面倒くさいな。
18名無しさん@おーぷん :2014/05/07(水)13:27:10 ID:???
自称は「オスマン家の高貴なる国家」だっけ
19名無しさん@おーぷん :2014/05/07(水)15:18:59 ID:???
「オスマン家と愉快な仲間たち」みたいな名前だったのか
20名無しさん@おーぷん :2014/05/07(水)17:56:13 ID:???
オスマン語で「デヴレティ・アリイェイ・オスマニエ」(オスマン家の崇高なる国家)
現代トルコ語で「オスマンリ・インパラトルルーウ」(オスマン帝国)
21名無しさん@おーぷん :2014/05/07(水)17:58:03 ID:???
もっとも「デヴレティ」がアラビア語の「ダウラ」から来ているなら、むしろ「王朝」と訳すべきか?
「ダウラ」の語源は「回転する」だから国家より王朝の方が意味は近い
22名無しさん@おーぷん :2014/05/13(火)07:53:29 ID:???
オスマン帝国の皇帝って後半は完全にスラヴ顔だけど
初代のオスマン・ベイとかの初期の連中はモンゴロイドだったの?
23名無しさん@おーぷん :2014/05/13(火)21:32:52 ID:???
初代は謎
民族すらテュルクでない疑惑が強い
24名無しさん@おーぷん :2014/05/16(金)20:58:56 ID:???
トルコ人は元々モンゴロイドだったとかいうのは?
少なくとも突厥時代とかは、東西両方で活動してるけど
25名無しさん@おーぷん :2014/06/04(水)23:25:05 ID:???



ブルサの博物館にあったオルハンの絵。まぁそんなにあてにならんから参考程度に
26名無しさん@おーぷん :2014/06/07(土)17:41:43 ID:???
ロクゼラナとか次のヌールバヌとかの繁栄期のスルタンの
夫人は有名だけど、末期の後宮がどんなことになってたのか気になる
ロシアの中央アジア進出以降なんて海外からの女奴隷の調達なんて絶望的
だったはず
27名無しさん@おーぷん :2014/06/22(日)11:35:11 ID:???

http://img.open2ch.net/p/whis-1396021317-27.png
28名無しさん@おーぷん :2014/06/25(水)01:09:19 ID:???
世界の最先端を走ってた国家だったのに最後は…
29名無しさん@おーぷん :2014/06/25(水)11:24:34 ID:???
最後は、異教徒のイギリス占領軍の味方になったりと晩節を
穢しまくってた
30名無しさん@おーぷん :2014/06/25(水)17:24:24 ID:???
でもWW1にまけた状況でオスマン皇帝に出来ることあったか?
イギリス占領軍に軟禁されてたような状態だったし・・・
31名無しさん@おーぷん :2014/06/28(土)17:57:08 ID:???
そもそもイスラームが国教のわりに、イスラム王朝の典型からは外れてて
むしろ、「オスマン朝東ローマ」か「オスマン朝西ペルシア」といってもいいような気はする。
32名無しさん@おーぷん :2014/06/29(日)15:32:02 ID:???
この本面白いね
http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/4791764900
33名無しさん@おーぷん :2014/06/30(月)21:32:14 ID:???
トルコは親日国
34名無しさん@おーぷん :2014/08/04(月)00:39:25 ID:???
オスマン帝国の衰退はどのへんから目に見えてきてた?ピョートルのロシアに
黒海とられたあたり?
35名無しさん@おーぷん :2014/08/04(月)01:39:06 ID:???
第二次ウィーン遠征に敗れた頃にはもう
36名無しさん@おーぷん :2014/08/04(月)08:52:56 ID:???
カルロヴィッツ条約が決定打
37名無しさん@おーぷん :2014/08/10(日)14:46:33 ID:???
そもそもオスマン帝国の政治体制って、衰退しないのが不思議でならないくらい、おかしな体制だったしな
後継者が、他の皇位継承候補者たちを皆殺しにするだとか
38名無しさん@おーぷん :2014/08/13(水)12:21:00 ID:???
最盛期のオスマントルコに初めて黒星を付けたのは、
実はヘタレで戦争弱いと噂のイタリア(ヴェネツィア共和国)
スペインやらジェノヴァやらローマ法王庁やら、全カトリック国の援軍を受けた結果ではあったが、
まぎれもなく大勝利したのはイタリア人の奮闘のお陰

まぁこの辺はマンガ『ヘタリア』にも出てくるから有名な話か
39名無しさん@おーぷん :2014/08/13(水)16:04:56 ID:???
やるじゃんヴェネツィア
40名無しさん@おーぷん :2014/08/15(金)17:53:11 ID:???
>>38
ヴェネチアは十字軍に参加してコンスタンティノープルを落城させるという大戦果も挙げているぞ!
アレ?
41名無しさん@おーぷん :2014/08/16(土)09:12:19 ID:???
>>40
オスマン関係ないやん
43名無しさん@おーぷん :2014/08/17(日)17:11:22 ID:???
イェニチェリ軍団創設って、天才的発想だよね。

で、ベオグラード近辺の欧州通史的、地勢学的役割の変遷を考えた。

アドリア海を挟んで、イタリア半島に平行して走るバルカン半島の西岸部は古代、イリュリア人の生活圏だったが、ローマ帝国は彼らを傘下に編入せしめると、インフラを整備し、入植政策を進め、同地を゛新イタリア゛と化せしめたのである。ドナウ川を臨むパンノニア、南にセマン湖、コルフ島を臨むダルマティア、モエシアと言った属州はローマ文明の東方フロンティアそのものだった。モエシア、ダルマティア、パンノニアを合算すれば、イタリア半島そのものを上回る領域面積と包含人口であっただろう。古代ローマ帝国はそこを新イタリアに変えたのである。

ビザンチン帝国はこの古代ローマ帝国の東方フロンティアを母胎として、生まれた。コンスタンティヌス大帝のキリスト教導入とは、帝国にとって、不穏な遠心力の源であるキリスト教を逆に帝国自身がキリスト教化する事によって、求心力に変容せしめよう、と言う天才的発想だった。

オスマントルコ帝国は、コンスタンティヌス大帝の東方遷移政策によって生まれたビザンチン帝国を千年後に併呑し、幕引きさせたのであったが、その獲得領域のキリスト教徒をイスラム化させ、軍団編成したのがイェニチェリである。
44名無しさん@おーぷん :2014/08/17(日)17:40:29 ID:???
ローマ帝国の辺境防御軍団の内、ドナウ川担当の軍団に兵士を供給していたのが、アドリア海西岸の旧イリュリア、帝国の東方フロンティアの原住民(及び入植ローマ人の子孫)だった。

帝国が東西に分裂し、異民族の侵入が繰り返される時代を経て、ラテン人、古代ギリシャ人、イリュリア人、トラキア人の形成する゛文明世界゛にゲルマン、スラブ、アヴァール等の蛮族が新規参入、定着し、正教会文明圏を成立させた。その内でも、スラブ人の影響が特筆されるべきであるのは今日、我々がギリシャ正教圏と呼ぶ国家群の言語を概観すれば、明らかである。

この古代ローマとイリュリア人の混血したモエシア、パンノニア、ダルマティア属州は伝統的にローマ最強軍団、ドナウ川方面軍集団の兵士供給地であった。この地のキリスト教徒をイスラム化させしめ、精鋭軍を組織する、と言うのは卓越した発想であった。
45名無しさん@おーぷん :2014/08/17(日)18:00:58 ID:???
サッカーに例えると、オスマントルコ帝国と言うのは、トルコ蹴球協会がセルビア、モンテネグロ、ギリシャ、アルバニア、ボスニア・ヘルツェゴビナのオールスターを代表Aチームに選抜したような実力で、これはユーロカップの優勝を十分、狙えるレベルだった、と思われる。セルビアの実力は、名古屋グランパスで活躍した゛ピクシー゛事、ストイコビッチ選手を見れば分かる。

対する、オーストリー、スペインの実力は、1950年代のマジック・マジャール軍団、今世紀のバルセロナ、もしくは、スペイン代表Aチームの異名、゛無敵艦隊゛によって、推測がつく。オーストリー・ハプスブルク朝にはクロアチア、スロベニア、チェコと言う一流蹴球協会も加わっている。
46名無しさん@おーぷん :2014/08/18(月)10:19:44 ID:???
イェニチェリは、世襲化して糞化したな
47名無しさん@おーぷん :2014/08/20(水)14:19:14 ID:???
>>44 そこまで考えていたかどうか…
ローマ帝国について詳しく知ってたのは、メフメト2世位でないの?
48ひがっしゅ :2014/08/22(金)20:07:18 ID:???
オスマンと言えばカール5世とスレイマン1世かな。
49名無しさん@おーぷん :2014/08/24(日)23:14:28 ID:???
トルコは親日国
50名無しさん@おーぷん :2014/08/28(木)13:46:28 ID:???
オスマン帝国はどこから弱くなったの?
51名無しさん@おーぷん :2014/08/28(木)14:27:54 ID:???
最初から、としか
後継者が自分の兄弟とその家臣を皆殺しにしているような国が強くなるはずもないわけでして

実際、建国されたばかりのまだまだ意気盛んな頃だというのにティムールに大敗を喫してますよ

オスマン帝国がヨーロッパを蹂躙できたのも
ヨーロッパ諸国の不和や内乱につけこんだのが大きいと解釈されてるみたいです
52名無しさん@おーぷん :2014/08/28(木)14:31:41 ID:???
そもそもオスマン帝国の有利な点って、
ことごとく全て『イスラム帝国以来の遺産』であって、
オスマン帝国の独創的な部分ってほとんど無かったか、
もしくは大幅に帝国発展の足を引っ張ったかのどっちかだと思うのですが
53名無しさん@おーぷん :2014/08/30(土)02:28:24 ID:???
じゃあスレイマン持ち上げてた137億年はまちがってるの?
54名無しさん@おーぷん :2014/08/30(土)05:32:28 ID:???
イエニチェリも近代化を阻害しただけの特権階級になり果てたしなぁ
55名無しさん@おーぷん :2014/08/30(土)17:07:47 ID:???
なんかピンチになると名君が出てくるイメージがある
まあ最後はあれだが
56名無しさん@おーぷん :2014/08/30(土)20:11:17 ID:???
あの時代に、第一次世界大戦までもったというだけで頑張った方だよ。
後は、軒並み植民地にされたし

しかし、欧米人の考え方は、基本的に変わらないな
・「正しい神の教えを広めるための」植民地支配
・「白人の使命・野蛮人に文明の光を当てるための」植民地支配
・「自由と民主主義のための」軍事介入
・「経済の自由化のための」グローバリズム押し付け
57名無しさん@おーぷん :2014/08/31(日)16:18:02 ID:???
名君とか名将頼りの国や軍隊はもろいな……
なんだかんだで英雄も居なければクズ政治家しか居ないようにしか見えないけど
民主主義体制が一番優れた体制なのか
58名無しさん@おーぷん :2014/09/04(木)09:18:59 ID:???
民主主義よりも独裁制や英雄頼りの政治は不安定だからな
後継者がぼんくらだと・・・
59名無しさん@おーぷん :2014/09/04(木)10:07:23 ID:???
第二次大戦後からソ連崩壊まで、アメリカは共産主義との戦いを『共産主義と民主主義との戦い』とし、共産主義を『神を信じないやから』と呼んだ。
だが、アメリカの上流階級が本当に守りたかったのは『資本主義』何よりも『株主の配当金』だった。

ソ連との冷戦のあいだ、アメリカは労働者を味方に付けるために『配当金の増額をすえおいて』労働者の生活を保証した。
しかし、ソ連の崩壊以降『労働者の保護』の必要性は、なくなった。

直ちに、労働者の賃金を最低限に押さえて、株主の配当金を最大化する『株主資本主義』を実施した。
具体的には、正社員の雇用をやめて、派遣社員に切り替える。

派遣社員は、いつでも好きなときにリストラ出来るし、老後の年金など支払う必要もない。
さらに、法人税の引き下げと富裕層減税

企業や金持ちが税金を払わない分、負担は労働者にかかってくる。
さらに、生活保護などの国による労働者保護もカット

かくして、労働者の犠牲の元、株主の配当金を極大化する『株主資本主義』が隆盛を極める。
彼らの最終目的は、日本を含む先進国の労働者の賃金を中国やインド並みに引き下げることにある。

これが『自由競争』『自己責任』の元に進められている。
しかし、さすがに国民の反発を招いたが、彼らは、国民の反発を『右翼化』としている。

なぜ『右翼化』かというと、外国人投資家の活動を批判しているからだ。
TPPやFTAなどに対する反発も『右翼』とのレッテルを貼られている。
60名無しさん@おーぷん :2014/09/22(月)10:33:52 ID:???
マシな選択肢を選べるだけマシか
61名無しさん@おーぷん :2014/10/07(火)08:56:01 ID:???
世襲だの血の繋がりだのでボンクラが表舞台に出てくるのは民主主義でもあまり変わってないような・・・
62名無しさん@おーぷん :2014/10/22(水)20:13:35 ID:???
一応民主主義では合法的に、致命的な事態になる前にボンクラを引きずり倒すことが可能だから比較的マシなんじゃないかな?
63名無しさん@おーぷん :2014/10/22(水)22:55:28 ID:???
ジョージ・フリードマンは21世紀の列強にトルコ、ポーランド、日本が加わると予想している。
64名無しさん :2014/10/25(土)23:21:49 ID:???
オスマン帝国って外国から女奴隷買ってきてそいつに皇帝の
子供産ませる制度1922年の滅亡まで維持してたの?
65名無しさん@おーぷん :2014/11/05(水)02:18:10 ID:???
少なくともハーレムは滅亡まで存在してた
中にいた女は最後、ケマルが解放したそうだが、その後は色々
故郷に帰れたのもいるが、そのままイスタンブールに居ついたのもいる
66名無しさん@おーぷん :2014/11/05(水)16:54:51 ID:???
グラン・オダリスク
67名無しさん@おーぷん :2014/11/07(金)22:21:08 ID:???
オスマン帝国海軍はギリシャ人が人材の中心だったそうな
68名無しさん@おーぷん :2014/11/10(月)13:41:23 ID:???
アルジェはオスマン帝国領?
69名無しさん@おーぷん :2014/11/17(月)19:39:25 ID:???
そうだよ
最盛期は海賊の巣
70名無しさん@おーぷん :2014/11/17(月)21:15:07 ID:???
で、アメリカが初めて海外出兵したんだっけ?
大敗したけどな。

アメリカって個人個人は弱いから物量戦を仕掛けるようになったらしいね。
71名無しさん@おーぷん :2014/11/18(火)13:00:06 ID:???
世界で初めて人間を空に飛ばした国でもある。
ただしグライダーみたいな代物だったらしいが。
ロードス島辺りまで滑空したんじゃなかったっけ?

ただし、トルコ皇帝はアホだったから、この発明家を処罰してしまったのだが。
72名無しさん@おーぷん :2014/11/19(水)01:27:41 ID:???
>>70
一応海兵隊が出動して捕まってた連中取り返してるから
アメリカが勝利している
73名無しさん@おーぷん :2014/11/19(水)11:26:59 ID:???
>>71
滑空だけなら中世にヨーロッパの修道士とアッバース朝の
科学者がやってる
なお共に負傷した模様
74名無しさん@おーぷん :2014/11/20(木)18:32:57 ID:???
>>72
海兵隊初の海外作戦
75名無しさん@おーぷん :2014/11/21(金)12:47:33 ID:???
>>72
結構多く戦死者出してなかったっけ?
ナポレオンだったかウェリントンだったかに、

『アメリカってあんな現地部族に毛の生えたような連中にも苦戦すんのかよwwwよえーwww』

と大爆笑されたらしいが
76名無しさん@おーぷん :2014/11/25(火)21:49:42 ID:???
>>75
その頃のアメリカ軍ってごつい自警団みたいな感じ>?
77名無しさん@おーぷん :2014/11/26(水)12:24:36 ID:???
>>76
民兵に毛が生えた感じだね
ちなみに海軍は無いに等しい

ぶっちゃけ、もし江戸幕府が本気でペリー艦隊と合戦する気があったなら、完全に勝利を納められたくらい、アメリカの海軍は弱かった。
まぁそのドサクサの隙を突いて確実にイギリスやロシア、フランスが植民地化を狙いに来るから、幕府はそこら辺も勘案してアメリカと条約を結んだんだけど。
78名無しさん@おーぷん :2014/11/26(水)20:48:04 ID:???
あの時の蒸気船運用してた奴ら確か正規の軍人じゃなかったとか聞いたけど<ペリー艦隊
79名無しさん@おーぷん :2015/02/12(木)09:54:57 ID:???
オスマン帝国のイェニチェリの戦術について教えてくれ
最盛期には太鼓の音や銃撃ちまくってただけで敵が逃げたとか聞いたんだけど
80名無しさん@おーぷん :2015/03/09(月)02:30:45 ID:???
オスマン帝国の宗教別居住区制度は凄いと思う
81名無しさん@おーぷん :2015/03/11(水)10:58:48 ID:???
オスマン帝国は第2次ウィーン包囲失敗後はかなり弱体化してる
82名無しさん@おーぷん :2015/03/14(土)14:01:20 ID:???
何で衰退したの
83名無しさん@おーぷん :2015/03/15(日)02:58:23 ID:???
>>82
大トルコ戦争でググれ
84名無しさん@おーぷん :2015/03/18(水)15:44:06 ID:???
スレイマン1世が妃に操られてから無能化したとかいう
話しってマジなの?
85名無しさん@おーぷん :2015/03/20(金)02:26:43 ID:???
>>83
大トルコ戦争よりも、11回に及んだ「露土戦争」の方が、トルコにとっては迷惑だったと思うんだけど。
講和しては約束を破り、また講和しては約束を破り……
ロシアって本当に約束事を守らない、ろくでもない国なのがよく解る。

今のトルコ政府が、アメリカに頼んでニュークリア・シェアリングしている理由も解るわな。
ソ連・ロシア対策だ。
86名無しさん@おーぷん :2015/04/16(木)20:57:58 ID:???
>>84
末期に大宰相のイブラヒム殺したのは痛かった
87名無しさん@おーぷん :2015/05/12(火)09:43:33 ID:???
一応第1次世界大戦のときのトルコ陸軍はがんばってるよ
中東方面ではアレンビー将軍来るまではイギリス軍撃退してたし
アラビアのロレンス率いるアラブゲリラには苦戦してたけど
88名無しさん@おーぷん :2015/05/12(火)09:48:33 ID:???
第二次バルカン戦争では勝ってるしな。
単なるブルガリアイジメに参加しただけだけど。
89名無しさん@おーぷん :2015/05/12(火)11:10:34 ID:???
バルカン戦争はもはやギャグのレベル
第2時なんて強盗が分け前巡って喧嘩したような話だし
後陸軍は活躍したが、海軍の活躍はあまり聞かないな
ドグラトレイスやウルグ・アリ、ハイレッディンの頃とは
比べ物にならない位弱くなってたんだろうけど
90名無しさん@おーぷん :2015/05/12(火)13:52:26 ID:???
そもそもオスマン帝国は、黒海艦隊ばかり充実させてて、地中海艦隊はほとんど存在しなかったし、
造船や修理のドックも地中海方面には無かったらしいが。
91名無しさん@おーぷん :2015/05/12(火)22:29:50 ID:???
オスマン全盛期の海軍ってアルジェ海賊やらギリシャ人使った
外国人部隊みたいなもんだから・・・・
ウルグ・アリもイタリア人だったはず
あとギリシャ独立戦争で海軍の人材供給先だったギリシャが独立したのも
影響してる
92名無しさん@おーぷん :2015/06/02(火)18:36:22 ID:???
ソウルキャリバーシリーズのソフィーティアとかカサンドラとかの美人姉妹って
オスマン帝国領ギリシャの人間って事になってるんだよな……
どう見てもゲルマン系なんだが……
93名無しさん@おーぷん :2015/06/21(日)23:20:37 ID:???
ギリシャの脱税はオスマン帝国時代からの伝統
94名無しさん@おーぷん :2015/06/24(水)20:12:14 ID:???
オットマン・トルコ帝国ってのは、ビザンティン帝国、ルーシ、ベネティア、オーストリー、ハンガリーと言ったキリスト教世界の外殻ボーダー帯に割拠する強大な諸勢力に歴代、(アジア側として)一人で対峙して来たんだよね。

コンスタンチノープル(ビザンティオーン)ってのは「東のローマ」な訳で、将棋で言えば王将。キリスト教徒の二大総本山の一つだ。ここをメフメト2世は1453年、攻略に成功する。
王将が取られた訳で、キリスト教世界は大パニックに陥っただろうね。

ベネティアの東方交易への影響を考えても、バルカン、小アジアに跨がり、シルクロードを扼するトルコの地勢学的立地のもの凄さが分かる。
再び、申す。メフメト2世のコンスタンティノープル征服は1453年。
コロンブスのバハマ到達、1492年に先立つ事、40年。
コンスタンティノープルの陥落こそ、後の大航海時代の遠因であろう。
95名無しさん@おーぷん :2015/06/28(日)21:37:49 ID:???
コンスタンティノープル攻略時、火器を導入(砲撃)出来ていたオスマン・トルコは、西欧キリスト教諸国にとっては、モンゴルよりも遥かに手強い競争相手だった。

バルカン、東地中海でキリスト教諸国と直接対峙しなければならなかったので、財務的余力を西部国境の安全保障に割く事を余儀なくさせられ、シルクロードへの勢力伸長がかなわなかったのだろう。
もし、東方、シルクロードへの浸透が可能であったなら、イラン、アフガン、インド亜大陸を包含するスーパー・パワーに成長していた可能性がある。
96名無しさん@おーぷん :2015/07/01(水)17:10:07 ID:???
オスマン・トルコの拠って立つアナトリア高原、すなわち、小アジアと言う呼称で知られる一帯はローマ帝国への浸潤を遂げたキリスト教にとって、まさに、揺籃の地と申すべき布教的策源地であった。

キリスト教は小アジアでヘレニズムの洗礼を受け、然る後、欧州本土へと西漸して行ったのである。
97名無しさん@おーぷん :2015/07/01(水)19:24:21 ID:???
オスマン・トルコも含めた広義の゛テュルク゛とは?

10世紀頃、クリミヤ半島の北、今日のウクライナ東部からコーカサスにかけて、広大な範図を領するハザールと言う王国があった。
このハザールたちも広義の゛テュルク゛であると言う。

つまり、今日のイスラエルを建国したアシュケナージの先祖は゛テュルク゛だったのか?
98名無しさん@おーぷん :2015/07/01(水)20:45:44 ID:???
アシュケナージと近代(現代)トルコ、そうして、アナトリア高原の元住人であったアルメニア人の裏面史が解説された面白いブログを見つけたので紹介します。



http://bcndoujimaru.web.fc2.com/archive/Jabotinsky-09.html
99名無しさん@おーぷん :2015/07/31(金)01:59:54 ID:???
ジリ貧だったけど最後は世界大戦で派手に消滅したな
100名無しさん@おーぷん :2015/07/31(金)18:36:32 ID:???
>>99
かなりケマル=アタチュルクに迷惑をかけまくったんですがそれは・・・
101名無しさん@おーぷん :2015/08/05(水)03:27:14 ID:???
確かケマルは敵だとかイギリスの手先全開な行動とってたんだよな<スルタン
103名無しさん@おーぷん :2015/08/22(土)21:11:27 ID:???
20世紀までよく続いたな
104名無しさん@おーぷん :2015/09/04(金)12:28:36 ID:???
元世界最強の国家
106名無しさん@おーぷん :2015/09/09(水)11:30:15 ID:???
>>104
世界最強の国家が、100年後には、
【ヨーロッパの病人】に……

どうしてこうなった……
108名無しさん@おーぷん :2015/09/14(月)14:00:55 ID:???
今のオスマン家はユダヤ系の血が少し入ってる
これ豆な
まあロシア系やらの方が濃いだろうが
110名無しさん@おーぷん :2016/06/25(土)09:41:15 ID:???
トルコでは意外なほどユダヤ史の研究が盛んなんだよな。
しかしユダヤ人が「自分たちの意見を無視して書かれた歴史書なんて許せん!」と騒ぐので
欧米では完全に黙殺されている。
111名無しさん@おーぷん :2016/06/25(土)09:42:33 ID:???
>>100
ケマル=アタチュルクが迷惑をかけまくったの間違いでしょう。

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





オスマン・トルコ帝国について語ろう
CRITEO