- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

ナチスドイツ総合

※ID非表示スレ
1名無しさん:2014/03/23(日)16:00:24 ID:???
ナチスネタなら何でもOK
国家社会主義民族労働者党(NASDP)とそれに関する
話題について語るスレ
138名無しさん@おーぷん :2017/07/03(月)06:27:55 ID:???
補足すると、直前レスで申した「ドイツ風姓」とは実は純然たるドイツ人の姓ではない。
ユダヤ人たちは姓を登録する時、①〝名詞〝を姓に使わされるか、②出身都市の語尾に〝人〝を表す接尾辞、erを着けて苗字とさせられたらしい。
明らかに姓でユダヤ人である事はドイツ人には区別出来たようである。

①の例はリープクネヒト、ゴールドマン、アインシュタインetc.etc.
②の例はベルリン出身だとerを着けてベルリナー、ベルリンゲル、フランクフルト出身の場合はフランクフルターと言った具合だ。
139名無しさん@おーぷん :2017/07/04(火)00:48:32 ID:???
>>138
ナチスの御用学者に、
「アルフレート・ローゼンベルク」
という人物が居たが、ローゼンベルクってのはユダヤ系の名前に多い名前だ。
名前だけでユダヤ人か否か見極めるのは至難だと思われる。
実際、当人はともかく、親が「良きドイツ人であろう」とした場合、ドイツ風の名前を付けるのが普通であろうし。

ナチス時代には次のようなジョークが有った。

「理想的なアーリア人とは…
ヒトラーのような金髪で、
ヒムラーのように目が碧く、
ゲッベルスのように背が高くて、
ゲーリングのようにスリムで、
シュトライヒャーのように礼儀正しくハンサムで、
名前はローゼンベルクと言う」

ナチスの指導者が、一人として「理想的アーリア人」の要件を満たしていない事に対しての痛烈な皮肉である。
「理想的アーリア人種」の特色を兼ね備えていたのは、ラインハルド=ハイドリヒくらいではなかったっか?
140名無しさん@おーぷん :2017/07/04(火)00:49:41 ID:???
>>137
何を恐れてるかと言えば、世界の目と自分たちの名誉だろう。
祖先の名誉などどうでも良い、現代に生きる自分たちの名誉や尊厳を守るだけで必死なのだ。
141名無しさん@おーぷん :2017/07/04(火)01:52:35 ID:???
ドイツ人たちは、ナチスやヒトラーに対する評価はともかく、
第一次世界大戦やヴェルサイユ体制までをも「ドイツが悪かった」と思ってんのかな?
ヴェルサイユ体制さえ無ければヒトラーの台頭だって無かった訳で、
米英仏の無作為と悪意についてまでドイツ人が悪の汚名を着せられていてはおかしいと思うのだが。
142名無しさん@おーぷん :2017/07/04(火)14:04:49 ID:???
>>39
コイツは何を言ってるのか…
イギリス自体、ナチスドイツへの対応が二転三転して迷走していたというのに、
同時代に生きている日本がスムーズに対応なんぞ出来るものか…
英独海軍協定とか知らないだろコイツ?
イギリスは決して最初から「ヒトラーくたばれ、ドイツを倒せ」で首尾一貫していた訳ではない。
ましてイギリス人の有名な「二枚舌」「三枚舌」は筋金入りである。
そんな自分勝手なイギリスと、どうやれば上手くやっていけると思ってんだよ?

ついでに言っておけば、ナチスドイツは日本と同盟を結んでから中国に軍事顧問を送ったのではない。
日本と同盟を結ぶ前から、さらに言えばワイマール共和国の頃から中国に軍事顧問団を送っていたのだ。
ナチスドイツが始めた訳ではないし、ヒトラーは日本の抗議を聞き入れて、外務省や親中派軍部の反対を押し切ってさっさと軍事顧問団を撤収させているではないか。
143名無しさん@おーぷん :2017/07/04(火)14:06:33 ID:???
ついでに、イギリスは「戦勝国」にこそなったものの、アメリカの属国同然となって大英帝国は崩壊したのだが、
>>39はそれについてどう説明するのかね?
勝ちさえすれば国家は奴隷となっても構わないのか?
144名無しさん@おーぷん :2017/08/23(水)02:23:21 ID:???
http://lite-ra.com/2017/08/post-3406.html

【ナチス】高須クリニックが、自分の発言をトーンダウンw
今まで散々ナチスを賛美し続けてきた高須克弥が、
国際ユダヤ人団体に垂れ込まれた途端腰砕けになって逃亡する寸前w

こんな覚悟の無い奴がカッコ付けだけでナチスを賛美なんかするから、
世界中に日本人が誤解されるんだ。
信念を持ってナチス賛美をしてきたのなら、堂々とその信念を貫き通せば良かろうに。
仮にユダヤ人団体と裁判になったとしても、堂々と持論を主張し続ければ、
裁判自体に負けてもその主張に感化される人間が出てくるはずだろうに。

こういう無責任な「なんちゃってナチス」が存在するから、ナチスの真の姿が広まらない…

最後まで生きていたナチス幹部のルドルフ・ヘスは、
「ネオナチは、ナチスの理想とは全く異なるふざけた団体だ」
と批判したそうだが、高須の姿こそ「ナチスの理想像」とは程遠い卑怯者の振る舞いなんだがな。
145名無しさん@おーぷん :2017/08/30(水)17:43:22 ID:???
麻生太郎「政治家に志望動機なんか要らない。ヒトラーは動機は良かったが結果が悪かった」

「ナチスの手口を見習え」と言ったり、麻生って本当にナチス好きだよな…
反省って言葉はこの人に無いのかよ?
こんなでも日本の首相を勤めた男であり、今でも副首相で財務大臣なんだよな…

どうせ後日「誤解を招きかねない表現で申し訳ない」とか言い出して謝罪するくせに…

本気でナチスとかヒトラーとか語るのなら、
「ナチスは素晴らしかった!何が悪い!」
くらい開き直れないのか?

その覚悟が無いならナチスなんか引き合いに出すな!
146名無しさん@おーぷん :2017/10/04(水)08:36:39 ID:???
ニコニコのコメントとかで訳知り顔で、

「ナチスドイツは戦争ありきの経済政策だった!」

「経済政策は失敗しており、領土拡大と戦争によって債権を反故にしようとしていた!」

「財政は破綻していた!」

こんな事を言ってる奴が居たが、こいつら本当にナチスドイツについて調べた事が一度でもあるのだろうか?

「ナチスの経済政策が効果無かった」
「国家財政は破綻しかかっていたので戦争を望んだ」
なんて言ってるのは、ナチスを過小評価したがる戦後の嘘つきか、
同時代人では、「裏切り者」のアルベルト・シュペーアだけなんだけど?

シュペーアは「ヒトラーの親友」だったくせに、
戦後になると絞首刑を恐れて全責任をヒトラーとナチスにおっかぶせた卑怯者。

当然こんな奴がナチスドイツをほんの少しでも評価などする訳が無く、

「俺は騙されていた!こんなに酷かった!でもヒトラーが怖くて当時は言い出せなかった!」

なんてお涙頂戴物語をでっち上げるに決まってる。

事実シュペーアと、ヒトラーユーゲントの指導者だったバルドゥア・シーラッハの二人は、
ゲーリングやヘスから、
「連合国に尻尾を振る裏切り者の卑怯者めが」
「ドイツ人の面汚し」
などと罵倒されてたらしいし。

そもそもシュペーアは、戦争末期こそ「軍需大臣」としてナチスドイツの大臣として政治に参画しているが、
第二次大戦前には政治権力とは無縁の存在であった。
当然の事ながら、第二次大戦勃発前に、ナチスドイツの財政が崩壊寸前に在るかどうか判断出来る立ち位置になかったのだ。

それにシュペーアの本業は建築家であって、経済学者でもなければ経済評論家でもない。

このような人物が保身の為に垂れ流した言説を疑いもなく信じるのはおかしいのではないか?
147名無しさん@おーぷん :2017/10/04(水)08:36:52 ID:???

シャハトの後を継いだゲーリングも、その後を継いだフンクも、
「ナチスドイツは財政破綻していた」
「戦争ありきの経済政策だった」
などと認めていない。

経済政策の担当者の言葉にこそ耳を傾けるべきではないか?

そもそも、第二次大戦は「ドイツから宣戦した」のではない。

英 仏 が 宣 戦 布 告 し た の だ

ヒトラーはその情報を聞いた瞬間、傍目から見て誰しも理解出来るほど落ち込んでいたという目撃情報もある。

どうして「戦争ありき」だったはずなのに、自分から宣戦する事も無く、
英仏の宣戦布告に取り乱して鬱状態になったり、
また別の目撃情報では、激昂して外務大臣のリッベントロップを叱責したりしているのか?
(リッベントロップは「イギリスの参戦など有り得ない」と太鼓判を押していた)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





ナチスドイツ総合
CRITEO