- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

市民層 概論

※ID非表示スレ
61市井の居士◆dgvbGqecqY :2017/12/21(木)11:53:12 ID:???
3 of 9 (つづき)

旧来的通説・権威主義に次々に容赦ない批判を浴びせまくったことで学界から激しい怒り/怨みを買い、東大を追われる羽目となり、以後、彼らが為したような科学的考証を伴う歴史学を我が国で復活させるには、第二次大戦後を待たなければならなかった。
また戦前の大きな学問人弾圧事件の犠牲者の一人である滝川幸辰は、実は”歯に着せるべき衣を持たない人物”と評されるほど事物に対する思慮が足りない人物であり、
例えば大学の刑法の講義の中で、天皇を「天皇君」呼ばわりした上で法規の解説のための犯罪者に見立てるなどといった調子であった。)

ちなみにプロト優秀者が、この本音/建前の使い分けを知る者になるにしても、その到達年齢はケース・バイ・ケースで異なり、生き方によっては中年・老年期に入ってから、ようやくこれができるようになることも有り得る。
では社会生活の必要上の本音/建前の使い分けをマスターしたプロト優秀者がどのようにして、更に優秀者に成っていくのかを更に提示する。

『本音/建前の使い分けをマスターしたプロト優秀者は、優れたメタ認知系諸能力により、更に主体的認知体系を練磨し続けていくならば、次は主体的行動・認知傾向、すなわち「主体性(※注1)」を強めざるを得なくなる。
主体性を伴った生活に入ることによって、
並行的に「個性(※注2)」という己の天与の資質を認知的に発見し、これをはっきりと活性化するような生き方を為すための契機にも気づきやすくなる(※注3)。
主体性/個性を伴う処世は、経験・実証主義的な思惟・思弁能力を益々涵養し、認知可能なあらゆる情報(全ての経験/伝聞/記録など。)を受動的な演繹的思考様式ではなく、能動的な帰納的思考様式により体系化していく。

こうして形成された当該人物に固有の主体的認知体系を経て、プロト優秀者の自意識は、ヘーゲルの観念の弁証法的運動における「合」段階にまで達することが可能となるのであり、プロト優秀者は、世間のエートスや周囲の人々の
支配的観念などとは全く無縁であるところの、事物/事象に対する確固とした合理的認識である『合理主義的因果・方法論(※注4)』を自意識内に持つ「合」状態において「優秀者」と成るのである。』(『観念運動の自然法 第三定理の3(優秀者定理)』)
(つづく)
このレスの続きを表示(26件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





市民層 概論
CRITEO