- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

市民層 概論

※ID非表示スレ
60市井の居士◆dgvbGqecqY :2017/12/21(木)11:52:34 ID:???
2 of 9 (つづき)

『「プロト優秀者(優秀者になるための所与的要件を満たした状態に在る者)」とは、例えば過去における何らかの挑戦の失敗、己の養育者や世間一般が”正しい”とする事を為すことがもたらす理不尽/不幸、孤独や貧困等から生じる苦境、
満たされた境遇/虚栄から生じる倦怠/不全感、日常性への疑問や問題意識、親などの養育者の無関心や劣悪性(いわゆる“毒親”問題)、何らかの契機による世界観の崩壊、社会や人間全般に対しての懐疑を抱かざるを得ない状況等の経験を経ることによって、
自明的に提示された事物を単純かつ無謬的に信憑することに対する根源的懐疑を抱き、ヘーゲルの弁証法的な意識の展開過程(正→反→合)の「反(メタ認知/己の素朴な認識を懐疑できる)」段階に達した者のことである。

その上で彼の内心においては元々健全に発達していた主体的達成意欲/自己批判的観念/メタ認知能力等に所以して、己の生き方、あるいは社会についての強い目的・理想像が形成され始め、更に開発され続けてきた帰納的思考能力ゆえに、
己の"人生の質"を高める(己の存在拘束性を操作/管理する)ための“自分自身/他者/社会に対する本気かつ大きな戦い”の必要性を認識するに至る。』(『観念運動の自然法 第三定理の2(プロト優秀者定理)』)

そうこうするうちにプロト優秀者の一部は『本音/建前の使い分け』を為すようになる。というのも社会そのものに対する闘争・対抗観念の類を不特定多数者が看取できるようなカタチで、あからさまに表示/提示することは、社会生活上、
自殺的行為であることを経験・実証主義的な帰納的思考により悟るからであり(※注)、順調に成長していくプロト優秀者は、様々な失敗経験を経た後、「本音/建前を適宜、使い分ける者」になる。
すなわち大半の者(凡庸者)は、公教育/世間の常識/メディア等の言説といった建前/イデオロギーを本気で真理のつもりで信じ込んでいるから、まずはプロト優秀者は、彼らから異常者扱いされないためにも建前/本音、あるいはイデオロギー/
経験・実証主義知を、状況に応じて使い分けることを自ら学んでいかざるを得ないわけである。
(※注 例えば立花隆「天皇と東大」(2004/2005)によると、明治初期に我が国の歴史学に経験・実証主義的な考証概念を初めて導入した重野安繹/久米邦武は、
(つづく)
このレスの続きを表示(116件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





市民層 概論
CRITEO