- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

市民層 概論

※ID非表示スレ
140市井の居士◆dgvbGqecqY :2018/05/18(金)17:08:08 ID:???
20 of 20 (つづき)

すなわち150年も前の存在拘束性に縛られた人間が為したその仕事が、如何に困難と苦しみに打ち勝つための努力を要したものであったかを察することができない。

こうしてつまるところストイシズムの何たるかを理解し得た現代の優秀者は、やむを得ず生活仕様高次ストイシズム系行動文化の相当物を、外部からでなく、自分の自前で形成するように努めるしかなくなっている。
しかしこうした外部観念からの洗脳に依らないケースにおいては、普通は当該人物が元々、かなり良質なストイシズム系人格・観念的能力を養育者等から個人的に継承し、
幼児期において小脳ROM化できているような、言わば“準外部力”的な支援を既に獲得している場合でもなければ、成功はおぼつかない。

というのも自己心理操作的ストイシズムに基づく活動とは、管理洗脳下でのそれに他ならないのだから、いずれにしても何らかの感情系習慣的自動思考力(例えば相思相愛の配偶者などからの叱咤激励とか。)
による被洗脳的状態の確保ができなければ、自らの克己心の限界を越えることができないからだ。

というわけで昨今では慢性的運動不足が重大な健康被害をもたらすことがあまねく知れ渡ったおかげで、人々はウォーキング/ジョギング等でこれを解消することが当たり前になったわけだが、
ここに「厳しさ」不足による人格系メタ認知的論理思考能力の劣化がもたらすところの人間/社会に対する破滅的作用もまた、今後は人々に周知されてゆかなければならなくなったというわけである(※注1)。
(※注1 とりわけ我が国においては、かつて実際に存在したものとしての武士層の養育者が幼児期の被養育者に与える行動文化としての「叱って躾ける教育」文化を、
時代的存在拘束性がもたらす価値観にマッチするように生活仕様タイプにアレンジした上での再興が、現実的だろう。
その上で今般は、明治体制下で為された箇条形式的な道徳・倫理・義務的観念系行動文化(※注2)が、万が一にも再興しないように厳重監視しつつこれを為すべきなのは言うまでもない。)
(※注2 主として「教育勅語」(1890)と小学校の「修身書」による。)
(「フレキシブルな自己管理性を伴うストイシズム – “厳しさ”という能力 - 」 おわり)
(第十三回 おわり)
このレスの続きを表示(1件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





市民層 概論
CRITEO