- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

市民層 概論

※ID非表示スレ
135市井の居士◆dgvbGqecqY :2018/05/18(金)17:05:00 ID:???
15 of 20 (つづき)

すなわち感情/欲求/衝動の抑制的統御を持続的に為すにあたっては、例えば「何故、感情/欲求/衝動を抑制しなければならないのか?」などと、その意味/理由等を根源(大枠認識)的に考えたり問うたりした時点で己の負けなのである。
であるからして、ここで脳OSの圧倒的専制力に打ち勝つための唯一の方法が、「これら(感情/欲求/衝動)は抑え込まなきゃならんもの。」と、自分で自分を強い情動を伴って洗脳する、
つまり感情系習慣的自動思考様式という、脳OSの全く同じ情動的専制力をもってして対抗することだけなのだ(※注)。
その上でこのストイシズム系管理洗脳的自己心理操作術体系の特徴とは、例えばコップに水が半分入っている時に、「もう半分しか残っていない。」と思うか、
または「まだ半分も残っている。」と思うかの認識を操作するといった、人格系メタ認知的論理思考様式による中枠認識レベルでの多様な自己心理操作性を付与できる点にこそあるというわけだ。
(※注 人が今、この瞬間に自意識に生起しているところの特定感情等を如何に処置すべきか、などという適宜・経済性に係る論考については思考結果の曖昧性が大きく、そうであるならば考えれば考えるほど、脳OSに付け入らせる隙を与える。)

このような自己心理操作性の有意性の論証については、これを持たないところの、すなわち凡庸者的属性としての単純素朴性/無謬的信憑性/自他の分離観念の不全に因って、
行動文化が単に『道徳・倫理・義務的観念系行動文化』(ストイシズム系行動文化と同様に「洗脳系行動文化」の一種。)として認知されてしまう場合、すなわち人々の自意識において、「モーセの十戒」的“遵守すべき掟”の如くの箇条形式型行動規範群に
成ってしまう場合においては悲惨な結末(※注)を招来するという、人類がこれまでに幾度となく経験してきたところの厄災の記憶(経験的命題)の幾つかを提示するならば、それで十分である。
(※注 道徳・倫理・義務的観念系行動文化においては箇条型行動規範が、どこまでも無頓着、かつ強圧的に自意識に作用してくるために、幸福・充足感をもたらすための“本音”的認知がどんどん損なわれ、ついに人々から自然な人間味が失われていく。
(つづく)
このレスの続きを表示(41件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





市民層 概論
CRITEO