- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

 ̄| パ | ッ | ト | ン | 戦 | 車 | 団 | ̄

1名無しさん@おーぷん:2017/05/10(水)20:31:21 ID:c84()
セ界大戦日誌
Thursday 10 May 2017
本拠地ヨコハマ・ベイでのツバメ空軍との戦いを終えたベイ軍は、新たにタージマハル帝国軍との決戦に赴いた。
前日の長良川前哨戦では重戦車ビシエドの火力に屈したベイ軍、本日の名古屋決戦では意地を見せたいところだ。

ベイ軍は大読売帝国から拉致してきたタイラー少尉を先発隊に起用、ベイ軍の一員としては初陣となる。
対するタージマハル軍は重臣・小笠原家の嫡男、小笠原慎之介を先発隊に送り込み、ベイ軍に対し連勝をもくろんだ。

戦闘中盤、ベイ軍が一、ニ、三塁の全拠点を制圧すると、非力な少女と思われたクララちゃんがなんとゲリラ兵!伏兵の一撃で先制攻撃に成功する。
その後も筒号戦車の一撃などで効果的な戦いを進めるベイ軍。ラミレス元帥は中継ぎ中隊を巧みに運用することで、タイラー少尉の白星勲章を死守せんとした。

そして迎えた第9戦線、ベイ軍の最終兵器パットン戦車団が前線へ進撃する。
それに対し帝国軍の重戦車ビシエドもまた、不気味な存在感を放っていた…

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





 ̄| パ | ッ | ト | ン | 戦 | 車 | 団 | ̄
CRITEO