- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

【在日外国人】「不法滞在者帰国促して」 入管、韓国・中国・台湾・フィリピン・インドネシア大使館に要請[6/29]

571名無しさん@おーぷん :2017/12/04(月)02:47:02 ID:7Ht
■米、「移民に関するグローバル・コンパクト」策定プロセスから離脱
http://www.afpbb.com/articles/-/3153954

>2016年9月の国連総会(UN General Assembly)で加盟全193か国が賛成して難民の権利擁護や再定住支援、教育や就業の機会確保などをうたう

拘束力のない政治宣言「難民と移民のためのニューヨーク宣言(New York Declaration for Refugees and Migrants)」が採択された。
この宣言に基づき国連は移民や難民の待遇改善に関する国際合意である「移民に関するグローバル・コンパクト」を2018年に策定することを目指している。

しかし米国連代表部によると、ニューヨーク宣言には米国の移民・難民政策と相いれない内容が数多く含まれているため、
トランプ大統領がグローバル・コンパクトの策定プロセスへの参加を終わらせることを決断したという。

ニッキー・ヘイリー(Nikki Haley)米国連大使は、米国は今後も世界の難民支援に「寛大な」態度で取り組んでいくが、
米国の移民政策は米国のみによって決定されるべきだとした上で、ニューヨーク宣言と米国の主権は両立できるものではないと述べた。



■ドイツ右派政党党首 メルケル首相と対決姿勢
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171203/k10011244721000.html

>難民の受け入れ反対を訴えて9月に行われたドイツの連邦議会選挙で第3党に躍進した右派政党「ドイツのための選択肢」の党大会が行われ、
党首に選出されたモイテン氏は、メルケル首相と対決していく姿勢を鮮明にしました。

>難民の受け入れに反対する右派政党「ドイツのための選択肢」は、9月の連邦議会選挙で94議席を獲得して第3党に躍進しました。

>一方、党大会が開かれているハノーバーでは、「ドイツのための選択肢」に反対する市民のデモが行われ、参加者の一部が道路をふさいだため、警察が放水する事態になりました。
このレスの続きを表示(16件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





【在日外国人】「不法滞在者帰国促して」 入管、韓国・中国・台湾・フィリピン・インドネシア大使館に要請[6/29]