- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

フレームアームズの歴史背景ってあるの?

1名無しさん@おーぷん:2016/09/09(金)22:56:42 ID:FQ8()
まったく情報がない
2名無しさん@おーぷん :2016/10/19(水)10:17:15 ID:MIf
具体的な年表にするのはモデリングガイド持ってる御仁に任せるとして
一部のフレームアームズの説明書には背景やサイドストーリーが書かれている

・月面産マテリアルを由来とする希少物質“Tクリスタル”を利用した“ユビキタス・エネルギー・システム”実用化
エネルギー問題が解決、代理貨幣経済及びそれに関連する国家・企業あらゆる枠組が消滅した世界
“”
・その代わり人口爆発。これを解消する為、地球上・地球外を問わずあらゆる生存圏の開拓が迫られる
・人類生存圏の大規模開拓計画“プロジェクトReスフィア”が発足。
・その先端を拓く力としてUEシステムを動力とした“UEユニット”、
それを活用した統合作業デバイス“フレームアーキテクト”が誕生。
・制式採用後、Tクリスタルはじめ資源採掘から自動化された月面プラントで量産に移行
・しかしその月面プラントが暴走、地球降下艇とともに無尽蔵のアーキテクトを以て地球への攻撃を開始
・地球側も所有するアーキテクトで応戦するも物量差は歴然、差を埋めるための本格的武装化が始まる
・アーキテクトの拡張性を戦闘能力へ活用した機動兵器“フレームアームズ”誕生。
記念すべき第一世代機“轟雷”および“スティレット”は目覚ましい戦果を挙げた
3名無しさん@おーぷん :2016/10/19(水)10:31:30 ID:MIf
・二度の月面奪還作戦は物量により接近すら敵わぬ結果に終わるが、戦局は一時膠着状態を保つ

・しかし後に鹵獲された轟雷の目撃・被害報告を切欠に月面側のフレームアームズ導入が懸念される

・模倣から始まったそれらは、しかし直ぐに月面の強みである物量を発揮
アーキテクト転用量産機アントの上位機種コボルド、その子機シュトラウス
そしてコボルドとシュトラウスをその場で“組み立てて”派生するヴァイスハイトらが出現
地球側はドクトリンをFA同士の戦闘へと切り替える必要に迫られる

・そしてTクリスタルによる防御フィールド発生機構“TCSオシレータ”を初めて搭載、実戦投入。
完全なる月面製フレームアームズ“フレズヴェルク”により、技術レベルの格差が決定的になる。

・地球側も反撃の狼煙として次世代機の開発に着手。
しかし三度目に訪れ、ついに辿り着いたプラントには絶望の軍勢が待ち構えていた・・・。
4名無しさん@おーぷん :2016/10/19(水)10:42:36 ID:MIf
・Tクリスタルではなく、それを含むUEユニットを鋳込まれた新機構“TCSオシレータII型”
月面最先端のこの技術で、文字通り全身を鎧う拠点防衛機“Z0”系列が出現。

・対拠点砲撃を真っ向受け止め、難攻不落の防衛ラインの要となる武者“マガツキ”、
そして攻防一体と言わんばかりに、突進力に任せ襲い来る騎士“ドゥルガー”、
これらにより三度目の惨敗を喫した地球側。戦力差は絶望的、救いは果たして・・・

・だがその一方。
月面から敗走する艦艇にはただ一人、挽回を諦めぬ一人の傭兵がおり。
また地球から、とある馬鹿者が拾い集めた、思わぬ“月の落とし物”があり。
それらの成果が、ついに実を結ぼうとしていた。(←イマココ

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





フレームアームズの歴史背景ってあるの?
CRITEO