- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

☆ 機能と構造から日本神話の謎を解くスレ ☆

※ID非表示スレ
12名無しさん@おーぷん :2017/06/30(金)23:36:42 ID:???

 記紀を読めばわかると思うけど、日本神話には物語としては同一だけど、語り方の違いでだいたい二種類のフォーマットがある。オノゴロジマのようにおとぎ話的に語っていくバージョンと、国生み・神生みのように神の名をダラダラと羅列していくバージョン。
 で、とーぜんこれらは異なる系統の伝承なんだから“まぜたら危険”なわけw

 だから書紀正文で最初の失敗がアワジシマになってる。
 で、二番目に生まれる『大日本豊秋津洲〔大倭豊秋津島〕』は正しく読むと『やまたわ とよあきつしま』で、『ヤマタノヲロチの環〔垣〕が豊かに開いて閉った』という意味で、実はコレ天地開闢のこと。

 『大倭〔大和〕』はヤマトとは読めないが、『ヤマタ・ワ』とは読める。ヤマタはヤタノカガミやヤタガラスのヤタと同じく『八咫(やあた)』の変化で、大きいという意味。
 で、『ヤマタ・ワの国』は、『ヤマタノヲロチの環【垣】〔の中〕の国』と言う意味で、ヤマトの美称である『豊葦原の中つ国』は『ウマシアシカビの腹の中の国』って意味になるw
このレスの続きを表示(7件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





☆ 機能と構造から日本神話の謎を解くスレ ☆