- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

民俗学で研究しそうな出来事に触れた経験を語るスレ

1名無しさん@おーぷん:2015/11/02(月)17:55:06 ID:1tC()
タイトル通りの内容、というか書き出したい事を扱うスレッドが無かったので新規で作ってみます。

自分や身近な人が関わったこと中心で何らかの形で残すべきだなってものをレスしていくようお願いします。

関連が薄そうな内容はなるべくしない方向で。
2名無しさん@おーぷん :2015/11/02(月)18:39:26 ID:1tC()
ともすればオカルトや嘘乙な内容と言われても仕方のないモノもあると思います。
なので基本真偽は各自で判断するようにしてください。

では自分が知った話を。


テラフォ―マーズでジョセフが「優秀な遺伝子を取り込んできた一族」云々という設定で登場しますが

うちの家系がまさにそのまま「優秀な人間が生まれやすいように血統交換を繰り返してきた」一族の一つでした。


うちは農業が盛んな地域の地主をやっていた家系ですが周辺の農家と比較しても結構体格が大柄な人間が生まれやすいんです。

特に直近数代で見ても
・成長期が20代前半まで続く
・骨格が太く大柄(食料環境が悪かった戦後世代でも悪影響受けず)
・足が大きくならない代わりに土手が高い(1サイズ大きいものにしないと窮屈になる)
・上記の特徴は男限定
・親戚筋ではこの特徴が1世代程度で薄れる
という特徴が際立っています。

継承されているy染色体的な特徴かと思えば親戚筋に移ると簡単にこの特徴が消えてしまう。

これはx染色体にも条件が必要な特徴でないと生まれないということ

つまり主家系で「大柄な人間」が生まれやすい「交配」を「頻繁」かつ「意図的」に繰り返してきた一族だったということになります。



親や親類と話をしているとどうやら4つの血族から大体1~2世代おきにそれぞれ嫁を娶りあうという「血統保持交配」をしていた痕跡が如実に出てきました。
3名無しさん@おーぷん :2015/11/02(月)18:40:12 ID:1tC()

以下わかりやすくした例え話を挙げてみます。

A、B、Cは地主の家系で育ちも良かったのかがっしりとした体格をしています。
しかし親や親類は必ずしもよい体格ではない。
そこで彼らはある結論に達します。
『俺らの娘らを他家の息子に嫁がせればよい体格の子を産んでくれるのではないか?』
実際闘牛や闘犬ではよい雄とよい雌で交配させ続ければ比較的長い世代でよい子孫が生まれ続ける
彼等は地主同士というこれまでの繋がりを足場に家族ぐるみでの交流を始めました。
――子供たち同士を幼いうちからそれぞれの家で遊ばせ合い、泊まらせあい、仲良くなるよう仕向ける為に

そして数年後、子供たちの内仲が良いまま大人になり、結婚してもいいという者達同士を結婚させることに成功します。
彼等の産んだ子供もまた体格に恵まれた者が多く生まれた事によりA、B、Cはこの流れを続けていくことを決めます。

しかし彼等の子孫たちには必ずしも年齢が合う世代が揃うとは限りません。
年を経る内に疎遠になる子供たちも居ます。
また、近縁交配を続ければ奇形が生まれやすくなることも知っていました。
そこでA、B、C達は縁が結べなかった者達に他の家の者達と結婚することを認めました。
しかしそこは考え物、結婚を認めるのは体格がいい子や賢い子が生まれやすい家系になるよう仕向けていたのです。
また、親類のうち、一族の血が強く出なかった者達を血族交配から排するようにしました

これによってA、B、Cの家系は緩やかながらも血族交配と優秀な血の獲得に励みつつ地主として更に強固な地盤を築き挙げていくのでした。
4名無しさん@おーぷん :2015/11/02(月)18:48:37 ID:1tC()
遡れる家系図を見てみると私の家系はこの150年程の間で親戚筋合わせて28世代中15世代で3つの家系と相互に嫁を出し合っていたようです。

ですがこの血族交配にも終わりが訪れました。

戦後GHQが出した農地解放令です。

これにより力を持っていた地主は小作人達に土地を供出することとなり
優秀な体格の子を地主として君臨させつづける意味が無くなりました
このことや高度経済成長の到来により繋がりは徐々に廃れていくことになりました。
5名無しさん@おーぷん :2015/11/02(月)18:58:43 ID:1tC()
上記に含んでおりませんが結婚による交配のやりとりの他に「養子を出す」というやりとりもあります。
こちらは流石に親戚筋と本家とのやりとりもあるので計上はあきらめました。

ちなみに私の家系には優秀な遺伝だけが残り続けた訳ではないです。
直近の当主には酒に弱い体質の遺伝が非常に多かったそうです。
私も親父も酒に弱いですし、酒に強い祖父はその上の世代から驚かれたそうです

これが私が知った民俗学的な話です。――信じる信じないは読んだ方それぞれに委ねます。
6名無しさん@おーぷん :2015/11/04(水)01:08:01 ID:cIm
いまでも、高貴な位の家系や派閥は国内外問わずそういう事してると思いますよ。

しかし必要がなくなったとしても、なんだかその流れを途切れさせることはちょっと残念ですね。
7名無しさん@おーぷん :2015/11/26(木)20:56:10 ID:ihw
思いますよじゃなくて事実やってる
一番有名なのは天皇家だろうけど
他にも例えば海部さんとか家系図が国宝になってるほどだ

言っちゃあ何だが普通の話だよ

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





民俗学で研究しそうな出来事に触れた経験を語るスレ