- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

比較神話学スレ

64名無しさん@おーぷん :2016/09/28(水)18:02:07 ID:zBF

【ハビル】

・イスラエル民族の原初的発生地はアラビア砂漠と推察。

・『創世記11』:

BC1800年頃、テラが「カルデア」のウルからハランに移動。
アラビア砂漠から侵入したアラム人(カルデアびと)がBC1000年頃バビロニア定住後の時代に加筆されたと推察。
テラの先祖がBC2000年頃、ウルを倒壊し侵入したセム系砂漠民アムル人の民族移動中に一員として参入した可能性。
テラの生活様式は半遊牧民でウル住人との説は疑問符がつく。ウルの都市生活に適応できずハランに移動したと推察。

・当時、半遊牧民の漂浪ハビル人がシリア定住民と争っていたとウルやラルサ王リムシン時代に刻銘。
フルリ人のヌジ書板には自発的に奴隷になったと記載されている。
ハビル人は権力に拘束されない傭兵集団で、テラ=ヘブル人を含む遊牧種族集団全体を表す名詞だった可能性。

・テラ、アブラム家集団は各地文化の中心地を移住し続けた。移動起点ウルとハランは月神礼拝の中心地。
シュメール時代のウルは月神ナンナル、バビロニア時代のハランは月神シンを崇拝する隊商都市。


【アブラハムの神】

・『創世記12』:テラの死後アブラムはハランからカナンを目指す。
「約束の地カナンを目指せ」と伝承されてきたアブラハムの神=カナンの地を実際に知っていたヘブル人祖先神。
このレスの続きを表示(6件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





比較神話学スレ
CRITEO