;
 - -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

■ハングル板の本棚■第1書架

1 :2015/04/08(水)10:53:16 ID:cCk()
韓国・朝鮮に関連した本の話題なら、なんでもありのスレッドです。
新刊の紹介ばかりでなく、古い本の話題もどうぞ。
 
+0
-0
38名無しさん@おーぷん :2015/08/26(水)12:03:36 ID:obt
【「反日モンスター」はこうして作られた ― 狂暴化する韓国人の心の中の怪物〈ケムル〉】 講談社+α新書
崔碩栄(著) 講談社 2014/12

韓国の「反日」が止みません。

政権末期、自身の人気取りのため「独島」に上陸した李明博から、
初の女性大統領・朴槿恵に替わっても、「反日」の勢いは衰える
どころか、ますます激しさを増しています。

この間、日韓で起きた殆どすべての問題で、韓国は聞く耳をもた
ないと言うより、理性を失った出鱈目な論理を振りかざして日本
を攻撃しつづけています。

少し例をあげるだけでも、「対馬の仏像窃盗未返却問題」「アメリカ
各州議会で<慰安婦像を設置>する法案ロビー活動」「日本海から
東海への言い換え提起」「W杯ユニフォームに旭日旗デザインと抗議」
・・・。

さらに朴大統領は、就任以来一度も日本の首脳と会わないうえに
“告げ口外交”を展開し、相手国を辟易させています。

セウォル号の沈没事故が起きた最中でも「反日」は別とばかり、
国をあげて執拗に日本に反省をせまり、政府を非難しつづけまし
た。

いったい韓国や韓国人は、なぜこれほど「反日」に執着するのか、
経済や政治で不利益をこうむっても「反日」から離れられないの
か、その本当の理由を解き明かすのが、本書最大の趣旨です。

著者の崔碩栄(チェ・ソギョン)さんは、その理由として
「韓国人みずからが、教育やメディアを利用して産み育ててきた
反日感情が、今や「反日モンスター」と呼ぶべきほど肥大化・狂
暴化して、韓国人も制御できなくなるほど猛威を振るっている」
と冷静に論じています。
39名無しさん@おーぷん :2015/08/26(水)12:12:33 ID:obt
【慰安婦強制連行はなかった ― 河野談話の放置は許されない】
大師堂経慰(著) 展転社 1999/2

なぜ政府は、慰安婦以外の韓国人証言者を求めないのか。

無責任な新聞報道と謝罪外交が生んだ「従軍慰安婦」問題。

元朝鮮総督府事務官の著者が、自らの体験と関係資料をもとに、
その核心にせまる。
40名無しさん@おーぷん :2015/08/26(水)12:15:30 ID:obt
【よくわかる慰安婦問題】 草思社文庫
西岡力(著) 草思社 2012/12

かつて日本は朝鮮半島の女性たちを「強制連行」して「性奴隷」
にしていた!?

1990年代に突如として巻き起こったこの「慰安婦問題」は、
さまざまな検証を経て、真実ではなかったことが明らかにされ
ている。

にもかかわらず、くりかえし日本非難の火の手はあがり、日韓
関係の根幹をゆるがす事態にまで発展しつつある。

なぜこのようなことになったのか。

そもそも「慰安婦問題」とは何か。

日韓・日朝関係の専門家が、問題の核心と真実とを明快に解き
明かす。
41名無しさん@おーぷん :2015/08/26(水)12:45:54 ID:obt
【帝国の慰安婦 ― 植民地支配と記憶の闘い】
朴裕河(著) 朝日新聞出版 2014/11

性奴隷か売春婦か、強制連行か自発的か、異なるイメージで
真っ向から対立する慰安婦問題は、解決の糸口が見えない
ままだ。

大日本帝国植民地の女性として帝国軍人を慰安しつづけた
高齢の元朝鮮人慰安婦たちのために、日韓はいまどうすべ
きか。

元慰安婦たちの証言を丹念に拾い、慰安婦問題で対立する
両者の主張の矛盾を突くいっぽう、「帝国」下の女性という
普遍的な論点を指摘する。

2013年夏に出版された韓国版は、メディアや関連団体
への厳しい提言が話題になった。

本書は、著者が日本語で書き下ろした渾身の日本版。
42名無しさん@おーぷん :2015/08/26(水)14:27:56 ID:obt
.
  【慰安婦問題】 元慰安婦 「日本軍と自分を売った父親のどちらが憎いか? 『それは父親だ』」
  http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1425598878/

「朴教授は冷静な議論のできる人だから、ハルモニ(おばあさん=元慰安婦
の意)からも信頼を得ていた.
朴教授に日本軍と自分を売った父親のどちらが憎いか、と問いかけられて
『それは父親だ』と答えるハルモニもいた。

ただし、慰安婦支援団体のなかには朴教授への反感がくすぶっていた。

朴教授と最も信頼関係が深かった91歳の元慰安婦が昨年6月に亡くなると、
その1週間後に今回の訴訟を起こしたのです」(韓国紙記者)

都合の悪い「事実」を証言する元慰安婦がいなくなった途端、訴訟が起き
たわけだ.さらに驚かされるのは、裁判所がその訴えを認めたことである。
43名無しさん@おーぷん :2015/08/26(水)14:28:38 ID:obt
.
  朝日新聞の元ソウル特派員が「慰安婦虚報」の真実を告発する
  http://www.news-postseven.com/archives/20140827_272961.html

私は、ソウルで伝手を総動員して、60歳を超えた人たちに、「身近な人で
慰安婦にされた人はいるか。当時住んでいた村とか町で、日本兵や日本の
警察官に無理やり連れて行かれた娘がいたか。そんな噂を聞いたことがあ
るか」と、尋ね回った。訪ねて行った先は、友人のお母さんから新聞社幹部、
元軍人、大学教授など様々で相当の人数になったが、私の質問にうなずいた
人はいなかった。

ある人はこう言った。

「無理やり娘を日本人がさらったりしたら、暴動が起きましたよ」

別の人が言った。

「酒一升のために娘を売る親はたくさんいました.街の女郎屋に売ったら、
娘が稼ぎを渡されるか分からなかった。軍絡みの所なら、稼ぎはちゃんと
もらえる。だから軍隊の方に売ったのです.売った先が軍の慰安所という
のは、せめてもの親心だったのです」
44名無しさん@おーぷん :2015/08/26(水)20:20:38 ID:obt
元慰安婦が支援団体「挺対協」批判
「当事者の意見聞かない」
「事実と異なる証言集出した」
http://www.sankei.com/world/news/150703/wor1507030035-n1.html
http://www.sankei.com/world/news/150703/wor1507030035-n2.html
45名無しさん@おーぷん :2015/08/27(木)11:07:23 ID:Re3
【なぜ日本人は韓国人にこんなになめられ続けるのか?】
金智羽(著) サイゾー 2015/5

  在日25年の親日派韓国人が<ヘタレ日本人>にモノ申す、激辛反日論。

いつまでたっても終わることのない反日政策を行なう韓国。

どんなに謝罪しても、一向に反省をしていないと言いつづける
韓国。

私たち日本人は、いったい何をすれば、韓国は激しい反日攻撃を
終息させるのだろうか。

著者・金智羽は、本書のなかで「とにかく謝っておけば」という
日本人の事なかれ主義にたいして痛烈な批判をする。

日本人の日常つかう挨拶のような「スイマセン」は好きだが、
ただ鎮静化させようというだけの気持ちがこもらない<反省>は、
逆に相手を不快にさせるということが日本人には分からないの
だろうかと。

また竹島(独島)問題についても、まだどちらのものでもない、
両方が領土権を主張している島に、みすみす不法占拠されてい
るのに何も行動できない日本人の情けなさに涙を流さんばかり
の激烈な怒りを浴びせております。

本書は在日25年、世界の国々の中でもその「特殊」性が際立
っている日本国を愛し、誰よりも、日本国、日本人を観察しつづ
けて著者が、愛しているからこそ言わなければならないと断腸
の思いで書き下ろした<日本・日本人批判>です。

著者はあとがきの中で
「時には冷たい理性で、時には熱い感情で、日本人を見てきた
25年間。そのユニークさゆえの難解さが自分を混乱の闇へと
何度も何度も誘うなか、ある日ふと気づきました。その他無数
の星たちとは明らかに異なる一つの星が、すでに自分の心のな
かの夜空で、独特な光を静かながらも強烈に放っていたことに・・・。
その星が日本であり、その星に住む人々が日本人であり、そし
てその星の物語が、25年という月日を経て出来上がった、私の
<日本人論>です」
と。

本書は、一韓国人が書いた反日論であると共に、誰よりも日本
・日本人が大好きな韓国人による<日本・日本人>の将来への
提言の書でもあります。
46名無しさん@おーぷん :2015/08/27(木)11:17:53 ID:Re3
【韓国人の品格 ― 13歳の子どもに「日本人は死ねばいい」と言わせる祖国へ】
チョン・ジヨン(著) 宝島社 (単行本 2014/8、文庫本 2015/8)

13歳の甥が「日本人はすべて死ねばいい」と言った。

「学校で日本人がどれほど悪い奴らなのか学んだ」と言うのだ。

わずか13歳の子どもが、特定の国家と特定の国民に憎悪をいだく
― 国家の品格を汚す同胞の恥ずべき愛国主義と反日主義を払拭する
ため、親日派を自認する韓国人文筆家が赤裸々に綴った「醜韓論」
の決定版!

被害者意識、集団ヒステリーをたしなめる異色のエッセイ集。
47名無しさん@おーぷん :2015/08/27(木)11:21:46 ID:Re3
【どの面下げての韓国人】 祥伝社新書
豊田有恒(著) 祥伝社 2014/3

韓国の「反日」が止まらない。

この空気はどこから来ているのか。

韓国人は、相手が謝れば、それは相手が非を認めたためだと
解釈し、自らの正当性が裏づけられたと自負します。

好意や善意は全く通用せず、こちらが善意をもって相対して
も、それはやましいところがあるからそうしているのだとし
か思いません。

容貌が似ているし、人種的にも日本人に近いと考えるから好
感情を抱きやすいのですが、これが大きな落とし穴になりま
す。

韓国語を話し、韓国研究を40年以上つづけてきた著者は、
歴史の真相のなかにその理由を探し出します。

なぜ、その場かぎりのことを無責任に言いつのるのか。

なぜ、見返りがないのに、ひたすら攻撃をしつづけるのか。

その謎に本書はせまっていきます。

ただの嫌韓でも反韓でもない、本当に韓国をよく知る著者が
「これだけは言っておきたい」という思いで著わした、虚言
と妄想の国・韓国のありのままがここに!
48名無しさん@おーぷん :2015/08/27(木)11:37:12 ID:Re3
彼らはクレイジー・・フランスで韓国企業文化を批判した本が発刊、
韓国ネットは「言い訳できない」「日本人にあんなこと言われるなんて…」
http://www.focus-asia.com/socioeconomy/photonews/411835/

この本を紹介しておきます。

こちらが、フランス語で出版されたオリジナルです。

  Ils sont fous ces coreens !: Dix ans chez les forcenés de l'efficacité
  http://www.amazon.fr/dp/2702144012

そしてこちらが韓国語訳です。

  한국인은 미쳤다!
  http://www.kyobobook.co.kr/product/detailViewKor.laf?ejkGb=KOR&mallGb=KOR&barcode=9788956053332&orderClick=LAG&Kc=

この本のタイトルは、フランス語版でも韓国語版でも
「韓国人は狂っている」
なんですよね。

こういうタイトルの本を出版することができない日本のほうが
異常なのかもしれませんね。
49名無しさん@おーぷん :2015/08/27(木)11:54:46 ID:Re3
【統一教会 日本宣教の戦略と韓日祝福】
櫻井義秀、中西尋子(著) 北海道大学出版会 2010/3

脱会した日本の元信者と、祝福(結婚)によって韓国に嫁いだ
現役女性信者への聞き取り、統一教会関係訴訟資料などから、
教団の宣教戦略、信者の入信・回心・脱会過程、信者の信仰と
生活構造を総合的に分析。

霊感商法や脱会支援など社会問題への示唆も多く含む、我が国
初の研究書。
---

日本共産党のサイトに、「しんぶん赤旗」に掲載された、
この本の紹介記事があります。

  統一協会の集団結婚
  日本人女性7000人 韓国に
  農村部で困窮生活
  研究者調査
  http://www.jcp.or.jp/akahata/aik10/2010-05-11/2010051114_01_1.html
50名無しさん@おーぷん :2015/08/27(木)12:30:07 ID:Re3
2000年に刊行された『生活者の日本統治時代』の改定増補版です。
---

【日韓併合を生きた15人の証言 ― 「よき関係」のあったことをなぜ語らないのか】
呉善花(著) 桜の花出版 2015/7

  日本統治時代の証言から見えてきた「良き関係」と文化差による「誤解」

この本は、15年前に出版された『生活者の日本統治時代』の改定
増補版である。

同書は現在書店には出回っておらず、古書しか手に入れることが
出来ないため、著者から弊社へぜひ再版したいとの申し入れがあり、
改定再版の運びとなった。

本書は、日本人だけでなく韓国人も含めて、日韓併合時代の朝鮮で
生活した人の証言を集めた本である。

実際の体験者が少なくなっていく中、証言の価値は今後ますます
高まっていくだろう。

また、資料として日韓併合前後の写真も新たに加えられている。

それらの写真と合わせて本文の証言を読んでいただければ、より
リアルに当時の生活が迫ってくる。

今こそ読まれるべき貴重な証言が掲載されており、一次資料とし
て大変価値のある書籍である。
51名無しさん@おーぷん :2015/08/27(木)12:34:11 ID:Re3
【台湾人から見た日本と韓国、病んでいるのはどっち?】 ワニブックスPLUS新書
李久惟(著) ワニブックス 2015/6

15ヶ国語以上をあやつる台湾人・李久惟(リ・ジョーウェイ)氏。

李氏は東京外国語大学を卒業後、世界中を飛び回り、さまざまな
分野で語学講師・セミナー講師として活躍するなど、積極的に
国際交流や言論活動を行なってきた。

また通訳としても台湾新幹線プロジェクト、野球の国際大会
(オリンピック予選、WBC)、サッカー国際大会(アジア予選、
東アジア選手権)などで輝かしい実績を残している。

そんなグローバルな活動を展開する李氏には、緊張状態がつづ
く日本と韓国の関係は、どのように映っているのか?

「歴史」「政治」「文化」「社会」「教育」「経済」「スポーツ」という
7つの分野から、多角的かつ客観的に綴ってもらった一冊。
52名無しさん@おーぷん :2015/08/27(木)13:40:14 ID:Re3
【戦争の記憶 記憶の戦争 ― 韓国人のベトナム戦争】
金賢娥(著) 安田敏朗(訳) 三元社 2009/11

朴正熙政権のもと、韓国は1960年代半ば、ベトナム戦争に
参戦する。

韓国側の被害者だけでも死亡5千人、負傷1万人、枯葉剤後遺
症被害者2万人以上を生む一方で、ベトナム特需による経済
発展をもたらしもした戦争

― それは記憶の風化とともに現代の韓国社会では、徹底して
忘れられた戦争でもあった。

そして1999年になり、ようやく、韓国軍による民間人虐殺
という衝撃的な事実が明らかになる。

本書は、ベトナム現地調査から始め、真実を記憶することを
通して、真の和解をもとめる韓国の市民団体の足跡をたどった
ものである。
53名無しさん@おーぷん :2015/08/27(木)13:46:16 ID:Re3
【誤解だらけの韓国史の真実】 イースト新書
八幡和郎(著) イースト・プレス 2015/4

  ベストセラー歴史作家が「客観的事実」をもとに徹底検証!
  歴史論争に終止符を打つ!
  一切の主観を排して描き出した日韓の歴史

日本人と韓国人ほど仲の悪い隣人はそう多くない。

歴史についても互いのプライドが正面衝突している。

最近、嫌韓歴史本がブームなのも、それが理由である。

日本国内では反体制、とくに反「天皇制」の立場から、韓国の
国粋主義的な歴史観に便乗してそれを利用する人たちが多く、
事態を複雑にしている。

そこで本書では、官僚時代に韓国とかかわり、数々のベストセ
ラーを輩出した博覧強記の歴史作家が、中立的な視座からこの
隣邦の歴史を、日本の歴史を顧みるのと同じ姿勢でとらえなが
ら描いた。

■目次

序 章 本当は韓国人も誤解している半島の歴史
第一章 本当は古代には存在しなかった朝鮮民族
第二章 本当は三国統一の主役ではなかった新羅
第三章 本当は高麗がそそのかした元寇
第四章 本当は史実をほとんど反映していない韓流ドラマ
第五章 本当は身分差別を日本に輸出していた李氏朝鮮
第六章 本当はアメリカも望んでいた日韓併合
第七章 本当は誰も得しない日韓・日朝歴史論争
54名無しさん@おーぷん :2015/08/27(木)13:50:32 ID:Re3
【侮日論 ― 「韓国人」はなぜ日本を憎むのか】 文春新書
呉善花(著) 文芸春秋 2014/1

「日本人は侮辱に価する民族」 ―。

古く14世紀から、そう考えてきたという朝鮮半島。

実は「日帝による植民地支配」が反日韓国の起源ではない
のである。

反日少女から転じて日本に帰化した著者ならではの視点で、
多角的に「侮日」文化の歴史を掘り下げる。
55名無しさん@おーぷん :2015/08/27(木)14:03:13 ID:Re3
【困った隣人 韓国の急所】 祥伝社新書313
井沢元彦、呉善花(著) 祥伝社 2013/3

隣国でありながら、韓国は日本を、日本は韓国を、本当の
ところはよく分かっていません。

なぜ両者は理解しあえないのか?

共に韓国をよく知り、韓国のことを考えつづけた両氏は、
今こそ歴史を遡って、あらためて考察してみようと考え
ました。

偏見をのりこえて相互理解をはかるには、正しい歴史
認識が必要なのです。
56名無しさん@おーぷん :2015/08/27(木)14:09:41 ID:Re3
【韓国人がタブーにする韓国経済の真実】
室谷克実、三橋貴明(著) PHP研究所 2011/6

近年、
「日本企業はグローバル化への対応も経営者のカリスマ性も
足りない。もっと韓国を見習うべきだ」
といわれる。

だが、企業の寡占化で国民が虐げられた経済や、汚職だらけ
の経営者から、学ぶことが本当にあるだろうか。

長年、韓国経済をウォッチしてきた「ストロング・ジャパン」
論のエコノミストと、朝鮮半島の歴史・文化の欺瞞をつぶさに
指摘してきたジャーナリストの初顔合わせ。

韓国経済が日本経済にとって「反面教師」にすぎないことを、
あらゆる角度から実証してゆく。

日韓両国の関係にもっとも必要なことが「事実を積み上げる」
ことであり、事実にもとづいた相互理解が求められるとすれば、
「都合のわるい事実」を認めないのが韓国の経済学、歴史学の
正体である。

だからこそ我々は、韓国人があえて目をふせる現実を直視した
うえで、この国と付き合わなければならない。

「Only In Korea(韓国でしか通用しない)」論理の矛盾を
あばく一冊。
57名無しさん@おーぷん :2015/08/27(木)14:12:56 ID:Re3
【いよいよ、韓国経済が崩壊するこれだけの理由】
三橋貴明(著) ワック 2013/1

ウォン安政策で極まる歪んだ輸出依存体質、失敗つづきの
国家プロジェクト、国を捨てて海外逃亡する「愛国者」たち、
食中毒が心配な不衛生社会、韓国の文化はパクリとコピー
だらけ、韓国最大の輸出産業は売春など、「反日」の前に、
自分の国を省みよ。
58名無しさん@おーぷん :2015/08/27(木)14:17:57 ID:Re3
【「妄想大国」韓国を嗤う】
室谷克実、三橋貴明(著) PHP研究所 2014/4

  「言いがかり」「蒸し返し」「つきまとい」・・・。
  妄言でたかってくる彼の国には、こう対処せよ!
  最強の韓国ウォッチャーによる痛快対論。

新日鐵住金と三菱重工業への「戦時徴用訴訟」、「いわゆる従軍
慰安婦問題」という虚構を掲げての反日宣伝戦、「教科書に日本
海と東海を併記」のロビー活動、実効支配している竹島の領有
を主張する過剰パフォーマンス・・・。

彼の国の常軌を逸した言動をこれでもかと見せつけられ、大多
数の日本人は、その愚かさぶりに呆れ果てているのではないか。

「オンリー・イン・コリア」を略した「OINK(オインク)」と
いう言葉がある。

韓国でのビジネスに携わる欧米の金融業界関係者のあいだで生ま
れた言葉で、「韓国でしか起こり得ないこと」という意味で使わ
れている。

その数々のOINKから発生する妄想ぶりには、「笑う」というより
「嗤う」しかないのだが、歴史や領土をめぐる情報戦とあっては
嗤ってもいられない。

「言いがかり」「蒸し返し」「つきまとい」・・・。

数々の妄言でたかってくる彼の国に、日本はどう対処すべきか。

最強ウォッチャーによる痛快対論!
59名無しさん@おーぷん :2015/08/27(木)14:28:06 ID:Re3
【仲良く自滅する中国と韓国 ― 暴走と崩壊が止まらない!】
宮崎正弘、室谷克実(著) 徳間書店 2014/6

領土問題や慰安婦問題による反日で連携を深める中国と韓国。

だが、かたやシャドーバンキング、かたや金融デフォルト危機が
迫り、経済は崩壊寸前。

しかも両者はかつて宗属関係にあり、立場としても「対等」では
なく、心理的に微妙なしこりが生じつつある。

先日は中国が韓国に「属国に戻れ」と打診したことも判明した。

中韓の反日同盟の実態と、経済のゆくえ、そして日本はこの反日
同盟にどう反撃すべきかを、中国、韓国の専門家2人が論じていく。
60名無しさん@おーぷん :2015/08/27(木)14:32:29 ID:Re3
【「反日韓国」の自壊が始まった】
呉善花(著) 悟空出版 2014/11

セウォル号沈没事件で危機管理能力の欠如と無責任体質を露呈
し、世界を唖然とさせた韓国。

さらに「産経新聞ソウル支局長を名誉棄損で在宅起訴する」と
いう民主主義国家にあるまじき暴挙に出て、世界から呆れられ
た朴槿恵「反日」大統領。

「明らかに韓国の自壊が進んでいる」とする著者が、その真因
を「謝れば和解」の日本と「謝ったら負け」の韓国という文化
の違いから鋭く指摘する。

■目次

はじめに  最大の難関にさしかかった日韓関係
第 一 章  韓国の自壊が始まった
第 二 章  韓国人が謝罪しない理由
第 三 章  「人があるべき姿」がこんなに違う
第 四 章  事大主義から抜け出ない韓国
第 五 章  韓国人自身が嘆く漢民族の精神病理
おわりに  なぜ韓国は科学分野でノーベル賞をとれないのか?
61名無しさん@おーぷん :2015/08/27(木)14:37:02 ID:Re3
【没落する反日国家の正体 ― 中韓同盟につける薬なし】
室谷克実、トニー・マラーノ(著) ビジネス社 2015/6

  寝ても覚めても日本の悪口ばかりの隣人へ、「喝!!」

反日に凝り固まった韓国のトンデモ理論・韓国の反日活動を支援する中国・「恨み千年」韓国の日本叩きは止まらない!

ここはアメリカだ! なぜ、従軍慰安婦像なんて建てるんだ!?

「小中華」の韓国から見れば、日本は野蛮な後進国!?

結論は出た。朝鮮人慰安婦たちは、性奴隷ではなく売春婦だ!

朝日新聞「慰安婦報道」検証は、アメリカ社会には届いてない!

セウォル号沈没事件そのものが、まさに韓国だ! 「恨」こそが朝鮮人の思考や文化をつくってきた!

日中の関係改善、アメリカの対韓姿勢変化で、韓国が焦りはじめた

安倍首相の米議会演説も韓国には大打撃

シーシェパードが「捕鯨国」韓国を攻撃しない理由

未来志向のアメリカ、過去にこだわる中韓

伝統や文化を破壊するリベラリズムを食い止めろ!

(本書見出しより抜粋)
62名無しさん@おーぷん :2015/08/27(木)14:40:08 ID:Re3
【素晴らしい国・日本に告ぐ!】
テキサス親父、ケント・ギルバート(著) 青林堂 2015/5

日本における国旗国歌問題に対して、必要不可欠なものであると
公言するケント・ギルバート氏。

従軍慰安婦捏造報道から常に史実を踏まえた日本の立場を代弁し
てくれるテキサス親父。

日本を愛する2人は会うなり意気投合し、日本の魅力や、米国の
危機的な現状を語り尽くしました。
63名無しさん@おーぷん :2015/08/27(木)14:44:12 ID:Re3
【反日をやめたら成り立たない国・韓国】 WAC BUNKO 220
呉善花、石平(著) ワック 2015/5

  悲劇の大統領・朴槿惠の真実と、韓国の命運は!?

戦後70年をむかえ、慰安婦問題をふくめた歴史認識問題で、
いっそうの反日姿勢を明確にし、経済では中国に入れ込み、
一方、安保では米国の顔色をうかがいながらもふらつく韓国。

その結果、日米から信用を失い、世界のなかで漂流しはじめ
た韓国。

同時に、国内経済には暗雲が立ち込める。

2人の論客が、朴槿惠政権の実態と本質をえぐり、韓国の
ゆくえを大胆に予測する。
64名無しさん@おーぷん :2015/08/27(木)17:24:02 ID:Re3
>>19 で紹介されている

  『外国特派員協会重鎮が反日中韓の詐偽を暴いた』
  ヘンリー・S・ストークス(著) 藤田裕行(訳) 悟空出版 2015/7

ですが、版元のサイトによりますと、発売から1ヶ月たらずで
4刷が決定したそうです。

ttp://www.goku-books.jp/news/n12524.html
65名無しさん@おーぷん :2015/08/27(木)20:59:47 ID:Re3
【韓国呪術と反日】
但馬オサム(著) 青林堂 2015/1

執拗な反日活動をくりかえす韓国人。

彼らの根底にあるのは「恨(ハン)」の情念だった。

慰安婦少女像は怨念の象徴、呪像(totem)である!

対馬に来た韓国呪術集団は200人!

巫覡(シャーマニズム)と呪術の宝庫である朝鮮半島。

韓国人口「5千万人総シャーマン」の実態にせまる!
66名無しさん@おーぷん :2015/08/28(金)09:17:54 ID:uOh
【日本帝国と大韓民国に仕えた官僚の回想】
任文桓(著) 鄭大均(序文) (単行本 草思社 2011/6、文庫本 筑摩書房 2015/2)

16歳で日本に渡り、苦学のすえ高文試験に合格し、東京帝大を
卒業。

朝鮮総督府に行政官として勤務。

戦後は李承晩政権下で農林大臣をつとめた著者が、波瀾にみちた
半生を、被害・加害者史観にとらわれることなく生き生きと描く。

〝植民地世代〟が残した最も優れた回想録!

(『愛と民族』一九七五年、同成社刊を改題・復刊)

■著者紹介
任文桓(イム・ムナン)
1907―1993年。韓国忠清南道生まれ。23年、日本へ。
京都で牛乳配達、人力車夫をし、周囲の日本人の援助も受け、
同志社中学で学び、岡山の旧制六校を経て東京帝大法学部に進む。
34年、高等文官試験に合格。35年より朝鮮総督府行政官と
して勤務。戦後、農林大臣、韓国貿易協会会長を歴任。
67名無しさん@おーぷん :2015/08/28(金)09:34:44 ID:uOh
【ある朝鮮総督府警察官僚の回想】
坪井幸生(著) 荒木信子(協力) 草思社 2004/11

昭和11年(1936年)、京城帝国大学卒業後、有資格者と
なって朝鮮総督府に就職、対ソ防諜工作の最前線に立った元
警察官僚が、終戦にいたる14年余の朝鮮体験を回想した貴重
な手記である。

対ソ戦略の要路たる朝鮮半島において、ソ連はいかなる諜報
工作を展開し、日本はこれにいかに対処したのか、本書では、
戦前・戦中にわたって繰りひろげられたこの「見えざる戦い」
の実態が生々しく語られるとともに、敗戦によって終焉した
日本の朝鮮統治の実相が冷静な視点をもって描きだされて
いる。

日朝・日韓関係の誤解をただす歴史的証言というべき1冊。

■著者紹介
坪井幸生(つぼい・さちお)
大正2年(1913年)、大分県生まれ。昭和6年(1931年)、
勉学の地を求めて朝鮮へ。11年(1936年)、京城帝国大学
法文学部法科卒業。同年、高等文官試験行政科に合格。翌12年
(1937年)、高等官見習の行政官として朝鮮総督府に就職。
警察部警務局、農林局農村振興課勤務、警察官講習所教授(高等
官)を経て、14年5月より咸鏡北道警察部外事警察課長(総督府
道警視)、15年7月から警務局保安課勤務(総督府事務官)。
20年6月より忠清北道警察部長となるも、2カ月後にソ連侵攻・
終戦をむかえる。敗戦後の処理に尽力し、11月に引揚げ。21年
鹿児島県警視、22年大阪府警視。その後主として警察庁鑑識課長、
埼玉、山口の各県警察本部長、四国管区警察局長等のポストを歴任
し、九州管区警察局長を最後に39年3月に国家公務員を退官。
同年4月に大分県副知事に選任、1期4年ののちに退官。
68名無しさん@おーぷん :2015/08/28(金)10:38:13 ID:uOh
【朝鮮紀行 ― 英国婦人の見た李朝末期】 講談社学術文庫
イザベラ・バード(著) 時岡敬子(訳) 講談社 1998/8

  イギリス人女性旅行家イザベラ・バードが描く19世紀末の朝鮮の素顔

本書は、著者が1894年から97年にかけて、4度にわたり朝鮮を
旅したときの紀行である。

当時の東アジアは日清戦争前後の激動の時代で、朝鮮半島においても
各国の思惑が入り乱れ、著者じしん幾度か謁見したことのある閔妃が
殺害される事件も起きている。

そんな戦争と政争の中ではあるが、旅をする著者の視線の多くは庶民
の日常生活と豊かな自然に注がれている。

交通事情が劣悪なために、快適な旅とはいえないことに遭遇すること
も少なくないが、60代とは思えないパワフルな活動力でそれを乗り
越えていくさまは痛快ですらある。

当時の朝鮮はまた、開国まもない時期であり、外国人に対する偏見も
根強く残っていた。

ただ、それだけに伝統的風土・民俗・文化等が色濃く残り、特に本文
中2章を割いているシャーマニズムについては著者じしんも大きな
関心をいだいたようで、悪霊ばらいのプロセスを延々と紹介している
部分もある。

これらの伝承は記録としては残りにくいものであるから、貴重である。

時代が時代であるだけに、日本人についての記述も少なくない。

著者じしんは日本を先進国入りしつつある国、と認識している様子で、
朝鮮に対する影響力を徐々に強めていることに関しても、帝国主義が
当然の時代とはいえ、淡々と描写している。

ただし、秀吉による侵略以来の「恨み」については何度も語っている
ので、朝鮮人の反日感情は、著者の目にもあからさまのものだったの
だろう。

この時期の朝鮮について、政治的な思惑なしに、これだけ広範囲のこ
とを記述したものは他にない。

それだけに、資料としての価値の高さがあると共に、素顔の朝鮮があ
ざやかに見て取れる名紀行でもある。
69名無しさん@おーぷん :2015/08/28(金)11:12:36 ID:uOh
【日東壮遊歌 ― ハングルでつづる朝鮮通信使の記録】 東洋文庫
金仁謙(著) 高島淑郎(訳注) 平凡社 1999/11

本書は、1763年から64年にかけて来日した第11次
朝鮮通信使の一員であった金仁謙(キム・インギョム、当時
57歳)の著した旅行記録である。
70名無しさん@おーぷん :2015/08/28(金)11:31:47 ID:uOh
【朝鮮事情】
クロード・シャルル・ダレ(著) 金容権(訳) 平凡社 1979/12

開国以前の朝鮮社会のありさまを,克明に本部に伝える
パリ外邦伝教会の宣教師たち。

アジア各地を任地とした著者は,おもに19世紀半ばの
現地からの報告をもとに,1874年,『朝鮮教会史』を
まとめた。

本書は,朝鮮ガイドとも言うべきその序論部分の全訳。
71名無しさん@おーぷん :2015/08/28(金)11:36:06 ID:uOh
【朝鮮幽囚記】
ヘンドリック・ハメル(著) 生田滋(訳) 平凡社 1969/1

1653年,済州島で難破し,朝鮮にとらわれたデ・スペル
ウェール号の36人は,12年間におよぶ貧窮と苦役の幽囚
生活をおくった。

西欧人による体験にもとづく初の朝鮮報告。

『朝鮮国記』も併録。
72名無しさん@おーぷん :2015/08/28(金)12:33:47 ID:uOh
【中韓に食い物にされるニッポン ― 在日特権、偽装難民を許すな!】
坂東忠信(著) 文芸社 2015/8

在日特権を振りかざす特別永住者の人も、不法滞在で国籍
不明の永住者たちも、この国を食い物にする人たちばかり。

知らぬは国民ばかりの超移民国家の真実が明らかになる。

現場を知ってる通訳捜査官だから語れる、恐ろしい話。

すでに外人犯罪率は異常に高い。

ことに中国人犯罪率の高さは突出している!

一方において「特別永住者」とされる者の在日特権とは、
いったい何なのか?
73名無しさん@おーぷん :2015/08/28(金)15:33:09 ID:uOh
【私が朝鮮半島でしたこと 1928年‐1946年】
松尾茂(著) 草思社 2002/1

昭和初年、著者がみた朝鮮半島の山河はいまだ荒れ果てていた。

この地を豊かな水田に改良して米の増収をはかるため、著者は
朝鮮の人たちとともに各地を渡り歩いて水利工事に取り組む。

貯水池を設け、水路やトンネルを掘り、道をつくり、橋を架ける。

戦時色の強まるなか、鉄道工事にも手をそめる。

そして鴨緑江に橋をかけ、平安南道安州の大規模な農地開発に
着手して2年後、突然の終戦。

もし、あの水利事業と干拓工事が完成していたなら、現在の北
朝鮮の食糧不足はかなり防ぐことができたのではなかったか・・・。

日本が朝鮮半島でおこなった土木事業の実態を当事者が回顧し
た極めて貴重な記録。
74名無しさん@おーぷん :2015/08/28(金)15:40:02 ID:uOh
【朝鮮で聖者と呼ばれた日本人 ― 重松髜修物語】
田中秀雄(著) 草思社 2010/1

疲弊した朝鮮の農村を豊かにするべく奮闘した重松髜修
(しげまつ・まさなお)の足跡に重ねて、日本の朝鮮統治
の実相を伝える力作評伝。
75名無しさん@おーぷん :2015/08/28(金)15:48:30 ID:uOh
【中・韓「反日ロビー」の実像】
古森義久(著) PHP研究所 2013/10

なぜ日本は中国・韓国という隣国に、こうも悪しざまにいわれる
のか――。

本書の著者だけでなく、心ある多くの日本人がそう感じているこ
とだろう。

2013年7月30日、カリフォルニア州・グレンデール市の中
央公園に、韓国から急送してきた「慰安婦像」が設置された。

韓国からは地球の裏側になるほど離れたアメリカの中級都市で、
なぜ慰安婦問題が論議され、その像を建てることまでが決められ
たのか。

理由を一言でいえば、アメリカにおける韓国ロビーのためだ。

その背後には強大な中国ロビーもが暗躍していた。

そしてアメリカがアメリカであるからこそ、この種の外国勢力が
物事を動かせるのだ、と著者はいう。

「歴史認識」を掲げて日本を非難する中・韓「反日」ロビーとは
何者なのか。

彼らの目的は何か。

日本にとって、どのような意味を持つのか ――。

アメリカにおける中・韓ロビーの動きを20年ちかく取材してき
た著者が、その衝撃の「現実」をリポート。
76名無しさん@おーぷん :2015/08/28(金)15:51:19 ID:uOh
【朝鮮高校の青春 ― ボクたちが暴力的だったわけ】
金漢一(著) 光文社 2005/4
77名無しさん@おーぷん :2015/08/28(金)16:05:01 ID:uOh
【韓国人知日派の言い分】
宇田川敬介(著) 飛鳥新社 2014/6

300人以上の無辜の高校生らが亡くなった、旅客船「セウォル号」
沈没事故。

人災で被害が拡大したことに加え、事故後のまずい対応にも、韓国
の統治機構のほころびが見えるようです。

朴槿恵大統領は、「今回の事故の原因は官民癒着の行政文化だ」とし、
「『官フィア(官僚+マフィア)』がなくなるよう公職社会を改革する」
と強調したそうです。

韓国で一体、何が起きているのでしょうか。

政治と財閥の癒着にメスを入れることに失敗し、経済無策への国民
の批判の矛先をそらすため、南北統一の夢を語り、一層の反日政策
に力を入れ、米中二股外交にまい進する朴政権に、同胞である韓国
の知識人が「このままでは国が沈む」と警鐘を鳴らしています。

ジャーナリストである筆者が現地に何度も足を運び、政財界、マス
コミのキーパーソンと繰り返し議論を重ね、日本をよく知る彼らの
「等身大の本音」を丹念に取材しました。

特に、悪化する日韓関係への危機意識と、歴史認識問題の克服策に
ついての韓国人の声を中心にまとめた本です。
78名無しさん@おーぷん :2015/08/29(土)08:09:36 ID:Oby
【あの国以外、世界は親日! - 主要国を歴任した元外交官による「新・日本論」】
平林博(著) ワニブックス 2015/8/27

大平、中曽根、竹下、橋本、森、小泉、安倍など、歴代首相に
接し、主流を歩いた外交官が初めて明かす「上質な国・日本」
への提言!

オスカー賞に輝いた映画「スラムドッグ$ミリオネア」の原
著者スワループ氏はインドの外交官でもある。

彼が話した華麗で雄弁な日本礼賛論をはじめ、44年間の外
交官生活で得た知識・経験・逸話をもとに、日本に対する国
際社会からの評価と警鐘をまとめた話題作。
 
+0
-0
79名無しさん@おーぷん :2015/08/30(日)11:24:30 ID:kRz
【歴史まみれの韓国 ― 現代両班紀行】
尹学準(著) 亜紀書房 1993/1

墓と書院と祭祀をめぐる果てしなき争い ―。

家格の優劣に徹底的にこだわる民族の性を、みずからも
名門の家系=両班出身の著者が、体験をつうじてユーモア
たっぷりに記述。

韓国社会を解くキーワード・両班を軸に、国を亡ぼす身分
制度と事大主義思想を批判する。
80名無しさん@おーぷん :2015/08/30(日)11:28:05 ID:kRz
【オンドル夜話 ― 現代両班考】 中公新書682
尹学準(著) 中央公論新社 1983/2

高麗朝および李朝で文武の官僚に任じられたかつての特権
的な両班階級は、1910年の日韓併合後なくなった。

しかし、郷貫と族譜をもってその身分を誇るこの両班は、
決して封建時代の”遺物”ではない。

長い歴史を有する両班支配の社会がはぐくんだエートスは、
朝鮮人の社会と意識のすみずみに、今なお牢固として存続
する。

コミュニストにおいても、これは例外ではない。

在日30年の著者が、歴史と体験をまじえ、旧制度のしが
らみを精細に描く。
81名無しさん@おーぷん :2015/08/30(日)11:45:55 ID:kRz
小室直樹先生(1932-2010)も、1980年代に
韓国について論じておられましたよね。

  『韓国の悲劇 ― 誰も書かなかった真実』 (光文社 1985/11)

  『韓国の呪い ― 広がるばかりの日本との差』 (光文社 1986/4)

  『韓国の崩壊 ― 太平洋経済戦争のゆくえ』 (光文社 1988/9)
82名無しさん@おーぷん :2015/08/30(日)13:19:03 ID:kRz
日本統治時代に対する評価が、台湾と韓国とでは極端に
違ってるんだけど、これってオカシイよね。

しかも韓国のばあい、年が若くなればなるほど、反日の
人間がふえるという。

要するに、韓国の歴史教育がオカシイって事だろ。
 
+0
-0
83名無しさん@おーぷん :2015/09/07(月)11:59:47 ID:GE6
近刊
【新版 朝鮮カルタ ― 韓国ことわざ100選】
牛辺さとし(著) 青林堂 2015/9/19

カルタ風イラスト&コラムで知る、朝鮮民族の実態!!

常識を超えた国には、常識を超えたことわざがあった!

「乞食同志が袋を引き裂く」
「死んだ息子の○○○にさわる」
「女は三日殴らないとキツネになる」
「嘘もうまくつけば稲田千坪にもまさる」
「悪口は祝福の言葉」
「自分の食えない飯なら灰でも入れてやる」

■出版社からのコメント

   ご注意

本書で用いられている用語や表現の中に、現在の日本では差別的表現と
される可能性のあるものが一部含まれていますが、作者及び出版社に差
別の意図はまったくありません。

ことわざが生まれた当時の時代背景を鑑み、また朝鮮民族の文化を尊重
するため、あえて言い換えなどをせず、そのままにしてあります。

本書は「お互いを知ることから真の日韓友好が始まる」という信念に基
づいて執筆されており、私たちがこれを出版いたしますのは、この作品
の根底に流れる「日韓友好」「差別反対」などのテーマをより広く社会に
訴えることに意義があると考えたからです。

読者のみなさまにもこの問題に対する理解をより深めていただければと
考えています。

   株式会社 青林堂
84名無しさん@おーぷん :2015/09/07(月)12:01:19 ID:GE6
>>83 の本ですけれども、現在amazon.jpにおいて、
和書の総合ランキングで1位になっていますwww
85名無しさん@おーぷん :2015/10/03(土)07:27:20 ID:ZoQ
【日韓 悲劇の深層】 祥伝社新書
西尾幹二、呉善花(著) 祥伝社 2015/9/30

「史上最悪の関係」を、どう読み解くか。

祖国から「売国奴」と侮られ、「入国拒否」されている呉善花氏の
個人体験と心の葛藤をとおして、日韓関係のあり方を考える。

■日本人が知らない韓国の本音

「多くの韓国人は、歴史認識に関して、日本の常識や世界の常識と、
韓国の常識を付き合わせてみようなどとは、思いもしません。(韓国
人にとって)日帝が韓国から収奪したということは、揺るがすこと
のできない歴史認識の大前提なのです」

「(韓国が)未来を向きましょう、という意味は、『韓国は正しい』
『日本は間違っている』ということを日本が理解すること、それ以外
には話し合いもへったくれもないのです」

「とにかく謝って謝って、日本人は一生過ごすべきなのだというふ
うに思っているのです」

(本書の呉善花氏の発言から)
86ヨット右翼◆yacht/LnWw :2016/02/13(土)17:15:36 ID:QxV
とりあえずここに保存しておくか。









87( ゚ア◆eWReLKxkZd5E :2016/05/14(土)04:57:25 ID:vSB
韓国が次に騒ぎ出す「歴史問題」
拳骨拓史(著)PHP研究所 (2014/10/21)

うんざりしているヒマはない。次の刃は仕込まれている!関東大震災での朝鮮人虐殺、三・一独立運動、元徴用工への賠償、
朝鮮人被爆者問題…「反日」日本人が火をつけ、韓国が大騒ぎし、日本を貶める問題の数々。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 韓国の「反日」はどこからくるのか(悪化の一途を辿る日韓関係ー誰が「嫌韓」感情をここまで高めたのか/「平和のためなら暴力をも行使する。人権のためなら人殺しもいとわない」 ほか)/
第2章 関東大震災「朝鮮人虐殺」の真実に迫る(“日本の犯罪”として糾弾すべく第二、第三の矢はすでに仕込まれている/九月二日午後に新たな火災発生ー不審な点も多い大震災の発火原因 ほか)/
第3章 嘘と誇張にまみれた「三・一独立運動」(史家が「古往今来悪政の標本」と言うほど最悪だった李氏朝鮮/「人の恩に背いて、自ら滅びようとしているのは暴徒である」 ほか)/
第4章 「戦後補償訴訟」-謝罪と賠償の無限ループ(反日のためなら国際社会の信用を失ってもかまわない韓国司法/日本人が朝鮮半島に残してきた私有財産に対する請求を行なうことはできるか ほか)/
国のためあだなす仇はくだくとも(ヘイトスピーチ法規制論の裏にいかなる意図が隠されているのか/逆に、日本人差別を醸成する「日本人へのヘイトスピーチ」を対象外とするな ほか)

https://books.google.co.jp/books?id=gGxkP139nOkC&pg=PA171&lpg=PA171&dq=%E9%9F%93%E5%9B%BD%E5%8E%9F%E7%88%86%E8%A2%AB%E5%AE%B3%E8%80%85%E5%8D%94%E4%BC%9A&source=bl&ots=EDVLZHvFi-&sig=mgnvaApBNPAwM6pSO_kbS9LvMjk&hl=ja&sa=X&ved=0ahUKEwiilIXr49fMAhUhJqYKHb1wCUw4ChDoAQgvMAg
+ の新着レス

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





    ■ハングル板の本棚■第1書架