-  -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。
レス数が1000を超えています。残念ながらこれ以上レスはできません。

高知競馬情報局 inおーぷん競馬板

918名無しさん@おーぷん平成31年 01/11(金)21:56:30 ID:24Z
レースのスタート、ここは有力馬のセトノプロミスとエイシンファイヤーの2頭が遅れる形となり、セトノプロミスは中団から、エイシンファイヤーは離れて最後方からレースを進める
先手を制したのはエナジータウン、そこにクインズトロブラボやケンキャクハーバーが競っていく形となり、その後ろからはキングライオンも続いて先団は4頭が形成、
中団にはセトノプロミスやチャオがいて、モンドクラッセはスタートの行きっぷりが良くなく後方の2番手から競馬を進めていく
1コーナーから2コーナーへ、前半は良馬場の影響や位置取りで前が競ったため24秒1のハイラップが刻まれる、なお前は怪訝なくエナジータウンが単騎逃げる
続いて2コーナーから向こう正面に入ったところで後方の馬が動いた、エイシンファイヤーが早くも追い上げを開始したのだ じっくりと、一完歩ずつ後方から位置を上げていく
これに合わせるようにモンドクラッセも追い上げを開始し、この2頭が馬群を捲りつつ3コーナーへ、前は苦しくなったエナジータウンをケンキャクハーバーが交わしにかかっていた
前は4コーナーへ向かう、ここでケンキャクハーバーが先頭に立ったところで、エイシンファイヤーとモンドクラッセ、どちらの捲り脚が速いか 軍配はエイシンファイヤーに挙がる
そもそもロスなく内を通って手応えも十分残していたエイシンファイヤーに比べ、随分と大外を回されたモンドクラッセは苦しくなってしまいもう前に迫れなくなっていた
いよいよ4コーナーから直線へ、ここでエイシンファイヤーの鞍上が好判断を見せた 良馬場で使えると判断した最内を思い切って突く、西川敏弘騎手の十八番“最内強襲”が炸裂する
そして直線に入り抜け出した瞬間に、勝負は決した およそ900mの超ロングスパートから突き抜けたエイシンファイヤーが、先頭でゴール板を駆け抜けた
「脚質的にも動きとしても高知にあっている馬なのかなとずっと感じていました。」珊瑚冠賞の鬱憤を晴らすようなエイシンファイヤーの快勝劇を、西川敏弘騎手もお立ち台で称えた
炎の末脚夜空を焦がす、エイシンファイヤーの力と西川敏弘騎手の技が融合した、まさしく人馬一体の勝利で意気揚々と黒潮マイルチャンピオンシップへ名乗りを上げたのだった

高知11R (準重賞)アンライバルド賞 3歳以上
1着 5 エイシンファイヤー 西川敏弘 1:32.0
2着 2 チャオ 岡村卓弥 2馬身
3着 3 ケンキャクハーバー 永森大智 1/2
http://www2.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/RaceMarkTable?k_raceDate=2018%2f10%2f21&k_raceNo=11&k_babaCode=31
http://keiba-lv-st.jp/movie/player?track=kouchi&date=20181021&race=11
1000 : Over Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。
※主は1005まで!次スレ誘導とかに使ってね

次スレを作る 次スレ検索
+ の新着レス
このレスの続きを表示(83件)

板に戻る | 履歴に戻る | 全部 最新10  | ここまで読んだ  


録音中: 0:00/0:30

高知競馬情報局 inおーぷん競馬板