- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

高知競馬情報局 inおーぷん競馬板

630名無しさん@おーぷん :2018/11/09(金)21:34:43 ID:0zs()
6枠7番 ハイレートクライム 永森大智
園田B組から高知に転入してきてここまで7戦3勝・3着1回という成績のこの馬、コーナー通過で一度でも先頭に立てたら好勝負になっているが、選抜ペースで果敢な先行策を挑むかどうか
実際に9月8日のC2選抜・新涼特別では先団の速いペースに途中からついていけなくなり9着から8馬身差の最下位に敗れた経験もある、鞍上の“赤い彗星”永森大智騎手はどんな手綱さばきを見せる




6枠8番 メイショウフライキ 西川敏弘
今年1月16日の競走中止になったレースを除けばなんだかんだで今年は一回も掲示板を外したことがない堅実派、先団や中団からじわじわ伸びる決め手を活かし切りたいところ
C1選抜でも2戦連続3着があったりこのクラスの中では実力上位な印象を受ける、鞍上の“レジェンド”西川敏弘騎手は2014年以来となる年間100勝までマジック9、鉄腕のラストスパートは




7枠9番 レヴェンスホール 林謙佑
半兄は2011年の朝日チャレンジカップ勝ち馬ミッキードリーム、好位追走から鋭い捲り脚で抜け出しを図りたい
このレースは鞍上が乗り替わりとなってしまったが珍しいことに今回は中西達也調教師と林謙佑騎手のタッグが成立している、当然この馬とは初コンビとなるが、果たしてどのような競馬で挑むか




7枠10番 アーチザスカイ 赤岡修次
2連勝の勢いに乗って挑んだ前走のC1選抜・飛龍の滝特別では後続が末脚を伸ばしてくる馬場が災いし最後の最後でダイチトゥルースに急襲を受け2着、今度こそC1選抜特別初優勝なるか
鞍上は“優勝請負人”赤岡修次騎手、今年の高知での成績は144勝・2着69回・勝率36.0%・連対率53.3%ともはや凄みを通り越して恐ろしいことになっており、南関で期間限定騎乗をしていたはずが高知リーディングトップに肉薄している 高知競馬史上最高の名手、ここも鮮やかに




8枠11番 ヴォルタ 山崎雅由
母母は中央重賞4勝馬エイシンバーリン、その能力を受け継いだようなスピード感ある走りを武器に転入後の5戦を3勝・2着1回・3着1回という成績でC1選抜特別までやってきた
ただ逃げられなかったときは脆さが露呈して敗戦などあまり脚質の融通は効かない感じか、鞍上の山崎雅由騎手にはとにかくこの馬のいい所を最大限発揮させることが求められる




8枠12番 サンダベンポート 上田将司
前走のC1-2戦はマイル戦ということもあって自身の末脚を活かした競馬で臨み2着、ただ前走や高知優駿3着の実績から考えて短距離が得意とは思えず、選抜戦ではやや厳しいか
鞍上は上田将司騎手、この馬が高知に転入してからほぼすべてのレースで手綱を取っているためコンビの絆といったものも生まれてくることだろう、経験とコンビの技で一つでも上へ




続いて日曜日のべふ峡特別以外に出走している注目馬を紹介いたします
このレスの続きを表示(15件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





高知競馬情報局 inおーぷん競馬板
CRITEO