- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

高知競馬情報局 inおーぷん競馬板

626名無しさん@おーぷん :2018/11/08(木)23:17:25 ID:PgG()
6枠7番 ゼンノイザナギ 永森大智
今年8月に川崎から高知に移籍してきてここまで7戦して5勝・2着1回・3着1回と抜群の安定感を誇るこの馬、かつては2014年の小倉2歳ステークスで3番人気に推された経験もあり、再浮上を高知から狙う
C2選抜特別戦は初めてとなるもののここまで先着を許した馬はアスターレジェンドとエイシンルックスという強豪2頭のみ、中団から捲っていく走法的にも選抜ペースへの対応はできそうで、あとは鞍上の永森大智騎手の手綱さばき次第




7枠8番 リワードミニヨン 倉兼育康
2走前のUFOKKジョッキーズ第2戦で9番人気から驚愕の圧勝を収めたこの馬、そこからどうやら勝つ競馬を思い出したようで前走のC2選抜・ハロウィン特別では5着と掲示板まで入ってきた
3走前や4走前と比べると確実に調子は上向いており、確かに能力はこのメンバーだと劣る印象だがもし乱戦になればワンチャンスへの期待も持てる “追い込みのイク”倉兼育康騎手はどのような競馬を展開するか




7枠9番 ステイリッチ 岡村卓弥
半兄はあの皐月賞馬イスラボニータ、この馬も高知転入直後はかなり期待された存在だったが最大の欠点であるじり脚が浮き彫りになってくると勝ち星から遠ざかり始め、もう以前の勝利は8か月前
それでも善戦に善戦を重ねてC3最下層からC2選抜まで登り詰めてきたこの馬、どうか逆襲の一発を、鞍上の岡村卓弥騎手の立ち回りにも注目したい




8枠10番 エリオットベイ 山崎雅由
半兄は昨年の鳴尾記念を勝ったステイインシアトル、園田B組でいくつか2着があってから今年6月に高知へ移籍してきたこの馬、先行策からどこまで粘り切れるかが勝負
先団に取り付いて好位抜け出しを図ってあとは粘れるだけ粘るというのがこの馬の競馬だが、上がりタイムなどを見てもそこまでの凄みを感じることはできない、だか前走は上がり1位を記録しての勝利のため、ここから活路を見いだせれば




8枠11番 ルイカズマ 西川敏弘
叔父に大井・金盃や門別・赤レンガ記念など通算17勝を記録した地方の強豪スーパーパワーがいるこの馬、ここまで2戦連続2着と来ているため、その好調の勢いに乗って
ただ選抜戦ということもあって鞍上には“レジェンド”西川敏弘騎手を迎え入れた、これがどちらに転ぶかは分からないが、その豪腕が選抜戦の舞台で吼える




続いて土曜日のもみじ狩り特別以外に出走している注目馬を紹介いたします
このレスの続きを表示(19件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





高知競馬情報局 inおーぷん競馬板
CRITEO