- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

高知競馬情報局 inおーぷん競馬板

542名無しさん@おーぷん :2018/10/19(金)18:30:46 ID:NIN()
次の開催は20日(土)、21日(日)です
土曜日の注目レースは11Rの平成30年北海道胆振東部地震被災地支援 室津川特別(B組選抜・1400m)となっております

それでは出走馬を紹介していきます・・・
枠順はこちら
1 トウカイガンバ 西川敏弘 56kg
2 バイザスコット 岡村卓弥 56kg
3 エイダイサンデー 上田将司 56kg
4 キープインタッチ 永森大智 56kg
5 ナムライチバンボシ 倉兼育康 56kg
6 ジュンハーツ 赤岡修次 54kg
7 ロードエスペランサ 嬉勝則 56kg
8 コスモクウェンチ 宮川実 56kg
9 コパノジョージ 林謙佑 56kg
10 レーヴムッシュー 妹尾浩一朗 56kg
11 ジャジャンケン 佐原秀泰 56kg
http://ganbare-chihoukeiba.info/kochi/index_detail.php?p_date=20181020&p_race=11
543名無しさん@おーぷん :2018/10/19(金)19:02:35 ID:NIN()
1枠1番 トウカイガンバ 西川敏弘
7月末のA組選抜・ジュライ特別で2着に入ったがそこから3戦連続大敗、勝ち切れない影響もあり10月のクラス編成でB組に降級したこの馬、どうかまた上位馬に食らいつく走りを
この馬の戦法といえば先団待機から決め手一発の末脚で差し切る競馬だろう、近3走はその形が取れていなかったため降級を活かして自分の競馬を取り戻せるか




2枠2番 バイザスコット 岡村卓弥
春頃にA組で好走を繰り返していた勢いどこへやら、大敗続きで10月のクラス編成によりB組に降級してしまったこの馬、良血馬の底力をここで見せてほしい
近走は中団や後方待機から末脚を伸ばす競馬をしていたが凡走ばかり、3走前は思い切って逃げたことで3着に食い込んだ成績もあるため、鞍上の岡村卓弥騎手はどちらの戦法で臨むか




3枠3番 エイダイサンデー 上田将司
後方待機から鋭く脚を伸ばす競馬で好走を重ねてきたこの馬、近走は不発も目立つがそこは鞍上の立ち回り次第といったところか
その鞍上は上田将司騎手、この馬が高知に移籍した昨年8月の初戦からほとんどのレースで手綱を取っているということでこの馬の走りは理解していることだろう、コンビの技で勝利へ




4枠4番 キープインタッチ 永森大智
前走の珊瑚冠賞は馬場に泣かされ4着、その次走に選んだセプテンバー特別が雨天取り止め、そして10月のクラス編成で2年前のブリリアントステークス2着が賞金の対象から外れB組に降級してしまったこの馬
現在のこの馬の本賞金は417.5万円、A組賞金ラインが460万円ということでこのレースを勝てばA組一発復帰ということになる、鋭く前を捉える決め手の末脚武器に勝利へ




5枠5番 ナムライチバンボシ 倉兼育康
4か月の長いブランクもあり今年3月の四十寺山特別からようやくたどり着いたB-1の舞台、ナイターのダートコースに“一番星”が映える
この馬は先頭に立って逃げるか先団待機から抜け出しを図る競馬、復帰後は終いの脚に凄みが薄れた感じだが春頃の鋭い決め手は甦るか




6枠6番 ジュンハーツ 赤岡修次
前走は“赤い彗星”永森大智騎手の完璧なレース運びで後続に7馬身差をつける圧勝劇、ここ最近は鞍上がひっきりなしに変わるが決め手鋭く前を捉える競馬はブレない
今回の鞍上は“優勝請負人”赤岡修次騎手、10月18日には笠松・岐阜金賞でクリノヒビキに騎乗、大本命サムライドライブに対し落ち着いたレース運びからゴール寸前で前を捉えてみせた絶妙な手綱さばきをここでも




続いてロードエスペランサからジャジャンケンまでの紹介です

>>542
訂正いたします 室津川特別はB組選抜ではなくB-1の一般戦です
544名無しさん@おーぷん :2018/10/19(金)19:20:47 ID:NIN()
6枠7番 ロードエスペランサ 嬉勝則
前走のAB混合戦は馬場がかなり重く先行馬有利だったことが幸い後続を5馬身ぶっちぎる圧勝、ただ今回はメンバーのレベルがかなり上がっているのでそこがどうか
鞍上は黒潮菊花賞でアウトスタンディンを重賞制覇に導いた“土佐の鞍馬天狗”嬉勝則騎手、地方競馬2200勝ジョッキーの老練な手綱が唸りを上げる




7枠8番 コスモクウェンチ 宮川実
圧倒的人気を受けた前走のB組選抜・秋葉山特別はジュンハーツの完璧なレース運びの前に完敗の2着、当然巻き返しを狙っているはずで、今度こそ鋭い末脚を発揮させたい
その前走は通算でもあまりいいレースがない1600mということが災いしたか、なら200mの距離短縮になるこの舞台は向くはずで、あとは鞍上の宮川実騎手がどう立ち回っていくか




7枠9番 コパノジョージ 林謙佑
A組で好走を続けていた春頃の勢いはとうに消え失せ近走は大敗続き、ついに10月のクラス編成でB組に降級となったが、巻き返しはなるか
この馬は上手く先団に取り付いて好位から抜け出しを図る競馬を持ち味としている、近走も位置は良いのだがどうも勝負所で息切れしてしまう印象で、そこをどうするかがポイント




8枠10番 レーヴムッシュー 妹尾浩一朗
C組ではコンスタントに勝ちを取っていく実力派だったのは確かだが、どうもB組の上位条件で壁に当たってしまっている感じのこの馬、何か変わり身が欲しいところではある
B組でも一般戦では好走するが選抜戦では位置取りおぼつかず凡走を繰り返す典型的なペース対応が課題の馬であり、鞍上の妹尾浩一朗騎手がどうそこを乗りこなしていくかにも注目したい




8枠11番 ジャジャンケン 佐原秀泰
5連勝、3連勝と勢いに乗れば止まらないタイプではあったがB組上位条件で勝ちに今一つ届いていない感じのこの馬、ここは戦法にもひねりが必要になってくるかもしれない
鞍上は“砂上の匠”佐原秀泰騎手、別府真司調教師×佐原秀泰騎手のなかなか珍しいタッグとなったが、果たしてどのような競馬を仕掛けてくるか




続いて土曜日の室津川特別以外に出走している注目馬を紹介いたします
545名無しさん@おーぷん :2018/10/19(金)19:52:53 ID:NIN()
高知2R C3-13
5枠5番 サクラエール 別府真衣
中央オープンから高知C3組転入でここまで無傷の2連勝、原因は分からないが間をおいて使わないといけないタイプらしく、ここも約1か月振りの間隔で臨む
鞍上は変わらず別府真衣騎手、前走のC3-10戦で通算700勝を決めただけあってこの馬とのコンビは注目が集まることだろう、どんなパフォーマンスで3連勝を決めるか




高知4R 高知競馬騎手一同協賛 武騎手ありがとう特別 C3-11
6枠7番 ミラノボヴィッチ 赤岡修次
このレースは注目馬が3頭、その1頭目は園田B組より転入初戦を迎えるこの馬 通算成績139戦21勝、戦績には濱口楠彦騎手、北野真弘騎手など懐かしい名前が並ぶなかなかの古株である
近走ではあまりいい競馬が見られないものの赤岡修次騎手が手綱を取るということは自信ありの証だろう、10歳牝馬、不屈の闘志で勝利へ駆け抜ける




7枠9番 メイショウスターク 松木大地
2頭目はこの馬、9月30日のC3-9組に出走予定も取り止めのため改めての転入初戦を迎えることになった 何と半兄はあの二冠馬メイショウサムソンということで、兄の名に恥じぬ走りを期待
ただ鞍上は松木大地騎手ということであまり期待はされていないようにも思える、強敵も複数存在しているのが、なんとか好勝負に持ち込みたい




8枠11番 カレンマタドール 林謙佑
最後はこの馬、9月17日のA-2戦が転入初戦でこれを3着と好走したが10月のクラス編成により一気にC3組まで降級を食らっている、ここは負けられないところ
鞍上は林謙佑騎手、強敵もいるにはいるが勝てる舞台なのも確か、ここでしっかりと勝ってステップアップしていきたい




高知5R B-3
4枠4番 サウスキング 永森大智
B組初挑戦となった前走のB-4戦はブルーミーフラワーによもやの黒星、仕切り直しのこのレースでB組初勝利を掴みたい
ただこのレースは田中守厩舎勢の2頭が強敵、選抜戦では凡走も一般戦での強さ光るコパノチャールズと2走前にジャジャンケンを破ったコパノリクエストの2頭をどう料理するか




高知8R 飯島雅俊協賛 輝世ありがとう特別 C3-8
4枠4番 セイクレットレーヴ 別府真衣
1か月ぶりとなった前走は後方待機も末脚冴えず6着大敗、そこからまた一か月おいてのこのレースとなったが、3走振りの勝ち星はつかめるか
またこの馬は10月のクラス編成によりC3組に降級している、再びのC3戦、勝てる舞台で自分の競馬を思い出せるか




高知9R 雑賀正光協賛 大二郎さんに感謝特別 B-2
8枠10番 ナリタポセイドン 西森将司
2016年絆カップ、北上川大賞典優勝の大物新馬登場、今年8月には門別A組戦でステージインパクト相手に2馬身差の2着と高知B組でくすぶっているわけにはいかない成績に見える
ただ鞍上が西森将司騎手というのが少し引っかかるポイントではある、またメンバーもスタートレイルや赤岡修次騎手鞍上のパッパカといった力自慢がいるので、どんなレースを見せるか




高知10R 雑賀正光協賛 橋本C卒業特別 AB混合
3枠3番 タイキオールブルー 赤岡修次
転入初戦となった前走の昔の友は今も友特別では勝負所で先団を交わして押し切ったこの馬、今年3月にははりまや盃でぶっちぎったその実力を、叩き2戦目で発揮してほしい
鞍上は変わらず赤岡修次騎手、能力を考えれば鞍上が変わらないのは当然で、良いパフォーマンスを見せてほしい




続いて日曜日の注目レースの解説です

・・・注目馬2頭じゃ見どころが少なすぎると思い試験的に注目馬を大量に取り上げてはみたが・・・やりすぎた感じが凄い

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





高知競馬情報局 inおーぷん競馬板
CRITEO