- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

高知競馬情報局 inおーぷん競馬板

515名無しさん@おーぷん :2018/10/11(木)22:27:52 ID:hhh()
1枠1番 キャノンプレート 佐原秀泰
半兄は春秋スプリントG1連覇ホース・ローレルゲレイロ、選抜戦では厳しいペースについていけず大敗を繰り返しているが、それさえ乗り越えれば勝利が見えてくる
鞍上は“砂上の匠”佐原秀泰騎手、ディアマルコと共にGRANDAM-JAPAN古馬シーズンを制したその鮮やかな手綱で、この馬も勝利へ導く




2枠2番 ステイリッチ 永森大智
差し馬ではあるが末脚が所謂ジリ脚のため、決め手の弱さに悩まされているこの馬、選抜戦のペースにもあまりついていけてない感じだが、なんとか変わり身がないか
思えばこの馬は今年の3月18日、颯太卒業記念特別の勝利からもう6か月以上も勝ちに見放されている、突き抜けない末脚をどう活かすか、鞍上の岡村卓弥騎手の立ち回りにも注目したい




3枠3番 マッセ 倉兼育康
C1組でおよそ1年間も不振が続いたこの馬が10月のクラス編成でC2組に降級、ここは再起を狙って思い切った騎乗も必要かもしれない
元々は後方待機から勝負所で一気に前を交わし切るという豪快な競馬が持ち味、ここは“追い込みのイク”倉兼育康騎手が見せる熟練の手綱さばきにも注目をしたい




4枠4番 リチャード 赤岡修次
名古屋から高知に転厩し5戦して2勝と2着2回という堅実な成績を収めたが10月のクラス編成によりC2組に降級したこの馬、元々は名古屋A組にいただけにここで負けてはいられない
鞍上はこれが初コンビとなる“優勝請負人”赤岡修次騎手、この馬の所属厩舎は工藤真司厩舎なので、その所属騎手である赤岡騎手を乗せてくるということは自信の表れだろう、どうこの馬を勝利へ導くか




5枠5番 マルカリード 塚本雄大
中央栗東→笠松→大井→園田→高知と渡り歩き出走したレースの数は実に90戦、10月のクラス編成によりB組からC2組に降級したが、豊富なキャリアで培った精神力と決め手の末脚武器にC2選抜に挑む
どうもB組はこの馬にはレベルが高かったようでまともな競馬ができていなかった、大志抱く若手の塚本雄大騎手を鞍上に勝ち方を思い出したいところ




5枠6番 メイショウエミュー 宮川実
前走のC1組による一発逆転ファイナルレースは2着、10月のクラス編成によりC2組に降級して迎えるこのレースだが、やはり課題になってくるのは選抜戦のペース対応か
C1組の成績から見ても一般戦では大敗してファイナルレースでは好走するという、走りやすいペースになれば一発あるかという感じだった となると厳しい感じに見えるが、何とか一発狙いたい




続いてセファイドからウッチャリまでの紹介です
このレスの続きを表示(151件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





高知競馬情報局 inおーぷん競馬板
CRITEO