- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

高知競馬情報局 inおーぷん競馬板

132名無しさん@おーぷん :2018/06/13(水)21:51:37 ID:KIH()
高知優駿出走馬紹介第3回目、本日はレマンコとアウトスタンディンを紹介します
まずはレマンコから

レマンコ 牡3 高知・細川忠義厩舎所属 主戦騎手:別府真衣(高知優駿では瀧川寿希也騎手に乗り替わり) 酒井孝敏オーナー所有
父:ロージズインメイ 母:ケイワイデュラブ 母父:デュラブ 2015年5月11日生まれ 日高門別・坂牧場生産(主な生産馬に2014年阪神JF4着馬ムーンエクスプレスなど)
通算26戦5勝2着3回3着6回、獲得賞金:320万円、主な勝ち鞍:仙台屋桜特別




土佐春花賞2着、仙台屋桜特別優勝、黒潮皐月賞3着 強力他地区勢を迎え撃つ地元高知の生え抜き、後方待機から繰り出す鋭い末脚で勝利へ一直線“珍名馬の逆襲”なるか
2歳時は1勝もできなかったがそんな中で金の鞍賞3着など伏兵としての存在感を見せると、今年は3連勝、重賞2着、準重賞優勝とその実力で世代トップさえ狙えるようにまで成長する
しかしここ近走は黒潮皐月賞3着、山桃特別5着と満足な位置取りもレースもできず、ついに2歳よりこの馬の主戦だった別府真衣騎手から川崎・瀧川寿希也騎手へとスイッチして臨むこの舞台
高知3歳世代最強とも名高いヴァリヤンツリを仙台屋桜特別で差し切っただけの実力はあるはずで、上手く競馬を運ぶことができれば必ず末脚は伸びてくるだろう
父からは浦和記念馬サミットストーンが輩出されており、また4代母タイタイの牝系からはミホシンザンも出ている、距離に問題はないと思われるので、やはり鞍上の立ち回りがポイントになるか
このレスの続きを表示(206件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





高知競馬情報局 inおーぷん競馬板
CRITEO