- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。
レス数が1000を超えています。残念ながらこれ以上レスはできません。

合法(脱法)ハーブやアッパーケミカルなどの嗜好性薬物 その6

714熾◆vPM//doQ6Dbn :2015/01/30(金)03:24:30 ID:yvt
今の段階で書くべきか迷ったのですが、悪いニュースは一刻も早くお知らせするべきだと思い、
取り急ぎ分かる範囲内のことを書きます。
現在供給予定中の主力製品(今まで第2弾化合物と言っていたもの)は、期待外れの物である公算が大きくなりました。
まだ様々な条件でのテストはしていないのですが、少なくとも「名作」や「自信作」と言えるものではないことは100%確実です。
今後1週間以内に、最終的な優劣の評価が下せると思います。

失敗の原因は未知です。
しかし、私の薬理学知識が至らなかったことはほぼ確実であり(提携先企業が誤った化合物を生産してしまったのではない限り)、
「こうなった原因が皆目わからない」という時点で、私の知能・知識では、
何か思考を巡らせたとしても誤った善後策を導き出してしまう危険性があります。

私はある理論に基づいて、化合物のある特性を最大限に伸ばすことを目標に開発を進めていました。
しかし、あまり考えたくないですが、これが完全に逆効果だった可能性を、認識の範囲内に入れざるを得ません。

その結果、この理論に基づいて現在ほぼ構造が内定していた第3弾化合物、構造を複数の候補のどれにするか迷っていた第4弾化合物は、
計画を白紙に戻し、おぼつかない知識ながら現在の化合物設計方針とは共通点を少なくした新方針にて再検討し、
高力価で満足な薬効のある物だったら儲け物だという心境で臨みたいと思います。
このような惨憺たる結果を招いた理由として、現在思いつく可能性は、
(製造物質の取り違えを除いて)前記の「ある理論の誤り」を含めて3つありますが、そのいずれもが私にとってはありそうに思えて、
悩むばかりで断定ができず、自らの判断力・問題解決能力が実は貧困だったのではないかと反省しています。

私は「ハーブ・アロマ・パウダーのどれにも使える化合物」を望んでいましたが、この点については満たせないことが確定しています。
ただ限定された用途であれば活用可能なのではないかと考え、悪あがきをしておりますが、半分ほど諦めています。

これは中間報告ですので、中途半端な情報開示になってしまい多くの疑問を持たれるかと思いますが、
とりあえずこの辺で一区切りといたします。

1000 : Over Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。
※スレ主は1005まで投稿できるよ。次スレ誘導とかに使ってね

このレスの続きを表示(286件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





合法(脱法)ハーブやアッパーケミカルなどの嗜好性薬物 その6