- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。
レス数が1000を超えています。残念ながらこれ以上レスはできません。

合法(脱法)ハーブやアッパーケミカルなどの嗜好性薬物 その5

860A氏 :2014/12/28(日)13:01:40 ID:Ra8
>>853
フェンメトラジンとラダファキシンの構造が類似してるって、あんたド素人の意見だね。
どこが類似してるんでしょう?
フェンメトラジンの六員環はモルホリンなのに対して、ラダファキシンの六員環はヘミアセタールなので、
以下のようにラダファキシンの方は他のピラノース類と同様に環状と鎖状が平衡状態にあります。


?1

こんなこと、薬学を少しでも齧ったことある人なら誰でも気づくことなのに、フェンメトラジンとラダファキシンの
構造活性相関の話題でこの違いに一切触れていないのは単なる知識不足なのでしょうか?
メチル基が2つついてる云々、以前の問題ですよ。

言い訳してください。
1000 : Over Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。
※スレ主は1005まで投稿できるよ。次スレ誘導とかに使ってね

このレスの続きを表示(140件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





合法(脱法)ハーブやアッパーケミカルなどの嗜好性薬物 その5
CRITEO