- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。
レス数が1000を超えています。残念ながらこれ以上レスはできません。

合法(脱法)ハーブやアッパーケミカルなどの嗜好性薬物 その5

853熾◆vPM//doQ6Dbn :2014/12/27(土)16:14:51 ID:9fF
http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/hobby/1418547350/607
ここから始まった疑問なのですが、フェンメトラジンとラダファキシンの構造と、
その作用の違いは興味深いです。

http://drugsforum.info/affinities.php
ここでわかるように、フェンメトラジンはドーパミンとノルアドレナリンの強い放出能力を持っているのですが、
ラダファキシンは再取り込み阻害剤のようです。
どちらも構造が類似していますが、多分二つのメチル基が、
ラダファキシンを再取り込み阻害剤にしているように思います。
ここら辺の構造活性相関は、あまり今まで知らなかったので、色々と興味深いです。
1000 : Over Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。
※スレ主は1005まで投稿できるよ。次スレ誘導とかに使ってね

このレスの続きを表示(147件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





合法(脱法)ハーブやアッパーケミカルなどの嗜好性薬物 その5