- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。
レス数が1000を超えています。残念ながらこれ以上レスはできません。

合法(脱法)ハーブやアッパーケミカルなどの嗜好性薬物 その5

839熾◆vPM//doQ6Dbn :2014/12/27(土)13:21:37 ID:9fF
https://en.wikipedia.org/wiki/%CE%92-Methylphenethylamine
このβメチルフェネチルアミンを試しています。
販売は和光純薬ですが、海外メーカー製です。

まず先日のメトキシフェナミンのように、50ml容器に約1g(塩酸塩)を測り取り、
水50mlで希釈し、1mlあたり20mgの水溶液を作りました。
最初に0.5ml(10mg相当)を水と混ぜて飲みましたが、メトキシフェナミンと違って、ほとんど苦さは感じませんでした。
エフェクトがないので20分後にまた0.5mlを同様に飲みました。
さらに、20分後に2.5ml(50mg相当)を同様に飲みましたが、やはり何も実感しません。
仕方がないので20分後に4ml(80mg相当)をコーヒーと葛根湯と一緒に飲みました。
しかし、何も感じないため、30分後に5ml(100mg相当)をコーヒーと混ぜて飲みました。
それから30分たっていますが、何も感じず、瞳孔も広がっていません。

あまりに苦さが薄いので、何か間違っているのかと思いましたが、
計量時はこんもりとした粉を入れましたし、よく振って一晩放置したので、きちんと混ざっていると思います。
しかしベンゼン環にメトキシ基があるかでこうも苦味が変わるとは……

上記のウィキペディアではStimulants(覚醒剤、興奮剤)というカテゴリに含まれていたので、
ある程度効果があるかと思っていたのですが、期待薄ですね。
アンフェタミンの3分の1とか書いてありましたが、色々とダメなようです。
おそらく、α位に何もついていないため、MAO酸化酵素ですぐ分解されてしまうのでしょう。
β位のメチル基では、MAO阻害効果はないのでしょうね。
要するに、フェネチルアミンと同様の、実質的に使えない化合物だということです。
(ただ、炙りや注射の場合は、何かエフェクトはあるでしょう。すぐ分解されますが)
1000 : Over Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。
※スレ主は1005まで投稿できるよ。次スレ誘導とかに使ってね

このレスの続きを表示(161件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





合法(脱法)ハーブやアッパーケミカルなどの嗜好性薬物 その5
CRITEO