- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。
レス数が1000を超えています。残念ながらこれ以上レスはできません。

合法(脱法)ハーブやアッパーケミカルなどの嗜好性薬物 その5

661熾◆vPM//doQ6Dbn :2014/12/21(日)15:33:45 ID:9Nm
読みました。
4位がフッ素の場合、今まで知っていた化合物では若干DA活性が落ち、セロトニン活性が少し上がるといった、
微妙な変化だったので、4-フルオロ単独では弱いという先入観がありました。
「CFT DAT」と「DA」の違いが判りませんが、両者合わせて見ると、4Fの方がMPより2倍程度強いですね。

一方、3,4-ジクロロ体と3-クロロ体では、DA、NEにはそれほど大きな差がないですね。
3位が塩素のブプロピオンや、3,4-CTMPはかなり長時間効く化合物でしたので、
3位が塩素であれば半減期は長いのだと理解しています。
3位フッ素の場合は推測がつきませんが、いずれにしてもこれからはハロゲン化フェネチルアミンの時代だと思います。
1000 : Over Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。
※スレ主は1005まで投稿できるよ。次スレ誘導とかに使ってね

このレスの続きを表示(339件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





合法(脱法)ハーブやアッパーケミカルなどの嗜好性薬物 その5
CRITEO