- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。
レス数が1000を超えています。残念ながらこれ以上レスはできません。

合法(脱法)ハーブやアッパーケミカルなどの嗜好性薬物 その5

309熾◆vPM//doQ6Dbn :2014/12/13(土)17:10:14 ID:W2S
【競馬】ピンクブーケ失格の禁止薬物 トレセンで販売されていた飼料に含まれていた疑いで一斉調査 [転載禁止]©2ch.net
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1418429681/
>7日の中山6R新馬戦で1位に入線したピンクブーケ(牝2歳、美浦・小西)
>から禁止薬物が検出された問題で、飼料添加物にカフェインが混入していることが判明。

ピンクブーケの小西厩舎、他馬からも禁止薬物が検出©2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/keiba/1418420237/
>同厩舎の他馬についても薬物検査をしたところ、同じ「カフェイン」が検出された。
>そこで同厩舎が馬に与えている飼料添加物を調べたところ、未開封の飼料添加物からも「カフェイン」が検出された。

>問題の飼料添加物は同トレセン内で販売されているもので、

いやー、結構大きな問題になっていますね。
しかし食べ物が原因だったとは、何ともとばっちりです。
今後日本でも、中国製の健康食品を食べたら、麻薬とか旧薬事法指定薬物が検出されて、
食べた人が書類送検とかされたりして。

そういえばエフェドリンもオリンピックでの禁止薬物になっているので、
選手は葛根湯を飲めないそうですね。
カフェインは、数年前までは完全禁止でしたが、緩和されて、低濃度ならよくなったので、
選手もコーヒーやお茶くらいは普通に飲める一般的な食生活ができそうです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%86%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AB
そういえばクレンブテロールっていう物質が、先日英語版ウィキペディアで覚醒剤を調べたときに見つかったのですが、
上記(日本語です)によれば、中国とかでは家畜に与えているので、オリンピック選手が中国で食事をしたら、
肉に含まれていたこれが検出されて、問題になるケースがあるようです。

構造はちょっとブプロピオンに似ているのですが、ベンゼン環にアミノ基が付いているという、
かなり見慣れない構造であるため、自分で試すのには勇気が要ります。
以前も8-クロロカフェインという覚醒剤を発見して、多分カフェインより脳関門通過性が高いようなので、
試薬を買おうと思ったんですが、英語で検索すると、薬疹とかの話が出ていたので、
「ブプロピオンがあるし、別に無理に試さなくてもいいか」と思って、スルーすることにしました。

気に入ったレス

>27 :名無しさん@恐縮です@転載は禁止:2014/12/13(土) 10:38:32.65 ID:PxWcSP3tO
>>1
>ドーピングブーケww
1000 : Over Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。
※スレ主は1005まで投稿できるよ。次スレ誘導とかに使ってね

このレスの続きを表示(691件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





合法(脱法)ハーブやアッパーケミカルなどの嗜好性薬物 その5