- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。
レス数が1000を超えています。残念ながらこれ以上レスはできません。

合法(脱法)ハーブやアッパーケミカルなどの嗜好性薬物 その5

166熾◆vPM//doQ6Dbn :2014/12/07(日)17:35:50 ID:fT6
以前から思ってるんですが、違法薬物の密売人の世界って、マルチ商法の世界とよく似てると思うんですよ。
マルチ商法の場合、一般人が消費者でもあり、かつ販売者にもなれるという特徴があり、
従来の販売形態である「小売店から消費者へ」のパターンから、
「消費者から消費者へ」の販売という新しいパターンを構築したわけですが、
覚醒剤の場合もやっぱり大元から末端売人まで何階層にも分かれている点は同じです。
私はマルチ商法には詳しくありませんが、違いがあるとすれば、
アムウェイとかのマルチ商法の場合、商品の価格はおそらく階層の上の方と下の方であんまり差がないのに対して、
(違うのかな?)覚醒剤の場合はかなり差があるということくらいです。
(ただ、覚醒剤の場合は末端ほど小さい単位で小分けして売りますから、手間の分高くなってると解釈できます)

まあ、だからどうしたというわけでもないのですが、一番上の階層が一番儲かるというのはどちらも同じですね。
1000 : Over Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。
※スレ主は1005まで投稿できるよ。次スレ誘導とかに使ってね

このレスの続きを表示(834件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





合法(脱法)ハーブやアッパーケミカルなどの嗜好性薬物 その5