- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

明治・大正ときて、昭和になった途端にみんな馬鹿になる

1名無しさん@おーぷん:2017/07/12(水)00:14:23 ID:sHm()
明治
大久保利通、伊藤博文、桂太郎など超有能政治家が揃い踏み。
世界の端っこの極小国家から極東の憲兵へ大進化。

大正
世界大戦に乗じて更に躍進。英米に次ぐ大国になる。
内政面でも民主的な政党政治が確立。学術・文化も花開く。

昭和
クソ不景気。農村の身売りは当たり前、東北では餓死者まで出る始末。政府は無策無能。
そのくせなぜか大陸経営に手を出して大赤字。それでも満洲国で満足しときゃよかったのに、わざわざ蒋介石と大陸全部使ってアルティメット追いかけっこ。何の目的もないまま。
内政では、無能な政治家と馬鹿な軍人が大喧嘩。しかも全員無責任。首相が変わりまくって国策もクソもない。テロの蔓延る殺伐とした世界。
外交では、喧嘩する理由なんかないはずの英米と険悪ムード。逆に敵だったはずの独ソとはお友達になっちゃいました。もちろんどちらにも裏切られる。
挙句の果てに英米と戦争おっ始めて国中焼け野原に。苦労して育てた満洲の資本はノーマークのソ連に全部持っていかれる。そしてそれでも首相はコロコロ変わる。少しは真面目に戦争しやがれ。


なぜなのか?
346名無しさん@おーぷん :2017/08/26(土)03:01:58 ID:Nxc
>>345
認めたくないだけならお前一人雑音として無視すればいいだけじゃん
用例不明でネイティブチェックも通せないなら、その意味が存在するという主張は極めて疑わしい単なる勘違いや捏造の類として弾いて問題ないのだからね

聞く必要ないとか言ってるけど、聞いたことをふまえて考えることが苦手だったりするのかな?
347名無しさん@おーぷん :2017/08/27(日)02:12:06 ID:nAI
>>346
「学術論争は多数決で決める物ではない」
とお前が認識しているのであれば、万が一にも、
「他人に聞いてこい」なんて言わない。
他人に聞いてくる意味など無いからだ。

第一、その「他人に聞いてこい」の屁理屈も、
とっくに「八月革命論」でお前の妄想は否定されている。
無条件降伏とは国家の消滅と同じである事は、日本の法学者の常識である。
お前が馬鹿だから理解出来ないだけで。
348名無しさん@おーぷん :2017/08/27(日)09:51:44 ID:qHZ

>>347
「万が一にも言わない」という主張は、一万例中一例も無かった時にはじめて学術的に意味を持つのは自明だろう。
調べていない事がバレれば只のハッタリであることが確定するので、発言全体の信憑性を失う。
少なくともこの言葉を撤回しないのであれば学術的に広範囲に聞いて調査する意味があるのは明らかだ。

しかし、最初からここに一例ありながら、いくら指摘されても聞いてくる気などないのだから、
これは故意にでたらめの発言だと言えよう。
論証可能性を認めないあなたの主張が学術的ではないトンデモである事は動かしようがないね。
349名無しさん@おーぷん :2017/08/28(月)01:10:59 ID:Pae
>>348
はぁ?
お前目玉ついてんの?w

色々な法学者や、ジャーナリストの名前を挙げて、
「無条件降伏とは国家の滅亡と同義」と立証してんだけど?

むしろ、「そうではない」と否定する側が一件も証拠を出していないのだがwww

そもそもお前もツベコベほざく前にさっさと【四つの問い】に答えろよ、馬鹿!

1、主権国家、独立国家とは何か?
2、国家の最低限絶対に果たさなければならない義務とは何か?
3、無条件降伏とは何か?
4、「国家の最低限絶対に果たさなければならない義務」を、戦勝国の横暴や横やりで果たせないような代物に、「国家」を名乗る資格が在るのか?


さあ、馬鹿はさっさとこの四つの問いに答えろ!
350名無しさん@おーぷん :2017/08/28(月)01:13:18 ID:Pae
それにしても 卑 怯 者 はいつまで待っても 卑 怯 者 なんだよな~www
自分だけが一方的に証拠を要求する権利があるかのように思いこんでて、
自分が自分の主張を立証したり、相手の質問に答えたりする「義務」は


全     く     な    い


とか狂った事をほざいてんだからw
351名無しさん@おーぷん :2017/08/28(月)01:14:17 ID:Pae
いつになったら、単純極まる【四つの質問】に答えられるんだよ?w

馬 鹿 だ か ら
答えられないのは解るけどwww
352名無しさん@おーぷん :2017/08/28(月)01:30:10 ID:Pae
さて、ここまでこちらの【四つの質問】を無視するというからには、
この馬鹿には脳味噌に以下の欠陥がいくつも在るのだろうwww

1、「主権国家」「独立国家」の定義が無いので、
当然の事ながら【国家の滅亡】という事が理解もイメージも出来ないw

2、「無条件降伏」の定義が解っていないので、
『不服と思えば民衆に抵抗権がある』などとキチガイじみた妄想をほざけるw

3、自国の正規軍が敵に完全敗北したから「無条件降伏」に至ったというのに、
何故か彼ら民衆の蜂起は【必ず成功する】という事が前提であるw
(正規軍相手にすら怯まなかった敵軍が、民衆蜂起だけは臆病すぎる程に怯むと思ってるw)

4、「国家の定義」が無いので、「国家の最低限これだけは絶対果たす義務」という物も説明出来ないw

5、再確認になるが、独立・主権国家の「最低限」「これだけは」「絶対」果たす「義務」であり、
敵に占領されて果たせなくなった国家(?)は「国家を名乗る資格無し=滅亡」となるのに、
そんな事ですら理解が出来ないw

6、日本の法学者の世界では、宮沢俊義の時代から「八月革命論」が主流の地位を占めている事も知らないw

7、八月革命論の主張によれば、戦前日本と戦後憲法とは、ポツダム宣言の受諾によって【断絶】しているという解釈なのに、
この【戦前と戦後の断絶】を、【戦前日本の滅亡】と正しく読解出来ないw

8、宮沢俊義も八月革命論も、現在の日本の法学者の世界も学説も知らないから、「無条件降伏は国家の滅亡ではない」などとほざけるw
353名無しさん@おーぷん :2017/08/28(月)09:28:44 ID:x1O
>「無条件降伏とは国家の滅亡と同義」と立証してんだけど?
ダウト
これと一字一句同じ台詞を誰が言ったんだ?
勝手に名前借りるなよ
354名無しさん@おーぷん :2017/08/28(月)09:37:14 ID:x1O
>宮沢俊義も八月革命論も、現在の日本の法学者の世界も学説も知らないから、「無条件降伏は国家の滅亡ではない」などとほざける
これらをお前が言っている以上、知らないから言えるのだという説明は現状を説明できすにおかしい、やり直し
355名無しさん@おーぷん :2017/08/28(月)16:36:00 ID:Pae
>>353
へー、
「戦前日本と戦後憲法は断絶している」
というのが、

【戦前日本の滅亡を意味しない】

などとキチガイのお前は言い出すのかwww
356名無しさん@おーぷん :2017/08/28(月)16:37:03 ID:Pae
>>354
俺が言ってるのではなく、宮沢俊義も八月革命論も、

目 の 前 の パ ソ コ ン を 使 え ば 出 て く る

のだがwww

お前頭大丈夫かwww
357名無しさん@おーぷん :2017/08/28(月)16:39:55 ID:Pae
で、相変わらず、

都     合     が     悪     い     か     ら

こちらの【四つの問い】には一字一句答えられないと来たwww

お前の考える「独立国家の定義」が無いのに、
「国家の滅亡」がどうやって語れるんだよ、底なしのアホwww

「無条件降伏の定義」が無いのに、どうやって「国家の滅亡とは意味が違う」などと言い張れるんだよ、キチガイがwww
358名無しさん@おーぷん :2017/08/28(月)16:41:59 ID:Pae
>>353
それにしても笑ったわwww

どうやらこのキチガイの中では、未だに日本のどこかに、
【戦前日本】とやらが存在している事になってるらしいwww

大日本帝国憲法を未だに用いている国家は、一体どこに存在するのかね?www

「戦前日本は滅んでいない!」と言い張るのなら、さっさとこれも立証すべきだなw
359名無しさん@おーぷん :2017/08/28(月)16:42:37 ID:Pae
まあ、どうせ質問には、

一     字     一     句

答えずに逃げ回るのがこのキチガイなんだろうけどwww
360名無しさん@おーぷん :2017/08/28(月)20:26:41 ID:hsM
>>356
出てくるもなにも、お前がトンデモと言って出したのをすっとぼけてるんだろ
ここ見てたら知らないはずがないことを知らないことにしたいお前はうそつき確定
361名無しさん@おーぷん :2017/08/28(月)20:59:59 ID:Pae
>>360
お前の屁理屈や逃げ口上は聞き飽きたから、さっさと【四つの問い】に答えれば?
362名無しさん@おーぷん :2017/08/28(月)21:02:28 ID:Pae
お前の考える【国家の定義】がどこにも書いてないのに、
どうやって【国家の滅亡】とか【国家の義務】を論じられると思ってんだ?

真性の馬鹿なのかお前は?

【無条件降伏の定義】も書いてないのに、
一方的に【国家の滅亡と無条件降伏は違う】なんて言われて誰が納得するんだよ?

で、宮沢俊義をはじめ、幾人もの法学者やジャーナリストの名前を挙げて、
【八月革命論】という固有名詞まで挙げて立証してるのに、
未だに「他人に聞け」とかほざいてる脳足りんは何なんだ?www
363名無しさん@おーぷん :2017/08/28(月)22:58:11 ID:hsM
論じられない嘘つきはスレと関係ないんだから去れ
364名無しさん@おーぷん :2017/08/29(火)00:15:30 ID:5I9
>>363
人の質問にも答えずに逃げ回ってるお前の方が去れば?w
たかだか「四つ」如きの質問にも答えられない知恵遅れのくせにw
365名無しさん@おーぷん :2017/08/29(火)00:27:08 ID:pkU
ここは質問スレじゃないぞ
無条件降伏を主張してる奴に聞いてこいよと黙殺されてるのを今だに理解していないアスペか
366名無しさん@おーぷん :2017/08/29(火)01:29:57 ID:5I9
>>365
法学者やジャーナリストの見解を持ち出されても一向に認めようとしないキチガイが何だって?www
367名無しさん@おーぷん :2017/08/29(火)01:31:13 ID:5I9
で、いつになったら、この馬鹿キチガイは、
【たった四つの質問】に答えてくれるのかな?

自分なりの「国家の定義」すらも無いのに、
その「国家の滅亡」を論じる能力が有ると思ってんのか?この馬鹿は?www
368名無しさん@おーぷん :2017/08/29(火)01:32:24 ID:5I9
>なぜなのか?

そもそも>>1がこう書いているのに、
『質問スレじゃない!』とかキチガイじみた事をよくもほざけるもんだ…
369名無しさん@おーぷん :2017/08/29(火)02:34:58 ID:pkU
>>368
質問スレというのはスレを立てるまでもない>>1以外の質問に回答する為に立てられたスレのことだぞ
知らんのか?
370名無しさん@おーぷん :2017/08/29(火)06:03:19 ID:5I9
>>369
で、「四つの質問」に対する答えは?

「無条件降伏とは国家の滅亡を意味しない」

と臆面もなく言い張るのなら、さっさと、
「国家とは何か」「無条件降伏とは何か」
これらについて説明したまえw

国家の定義も無条件降伏の定義も無いのに、
どこかの馬鹿がただ一人法学者の主張を無視して喚き散らしているだけだろうがw
371名無しさん@おーぷん :2017/08/29(火)13:01:11 ID:pkU
>>370
つまり、その文の意味がわからないんだってはっきり言ったらどうだ?
例え一人でわからないと思ったとしても文章の趣旨はわからないという意味には変わらないぞ

そもそも無視と言っているがここで無視の定義などしていないのだろう、黙殺とは違うらしいがね
発言の意味がわからないなら素直にわからない、意味不明だと言えばいいだけだから、相手が言わないなら定義の必要はない
名無しでも素直に言えずそれに耐えられない奴は匿名での議論に向いていないと回答できる
そもそも匿名なので相手が誰か不明でどこまで話が通じるか予想できないから、リアルで話すことをオススメする
372名無しさん@おーぷん :2017/09/01(金)03:41:38 ID:VaG
>>371
屁理屈は要らないから、とっとと「国家の定義」と「無条件降伏の定義」を説明しろ、底なしのアホw

国家の定義が無いのに「国家は滅亡しない」だの、
「無条件降伏は国家の滅亡を意味しない」だの、
どのマヌケ面下げてほざいてんだ?
373名無しさん@おーぷん :2017/09/01(金)03:42:44 ID:VaG
国家とは何か、無条件降伏とは何かが説明出来ないくせに、
居丈高に「無条件降伏とは国家の滅亡ではない」などとほざくバカ!www
374名無しさん@おーぷん :2017/09/01(金)12:00:12 ID:2EB
>>372
定義が無くたって冥王星を惑星だと言ってた学者は居ただろ
多数決で負けたからって間違いと言えるわけではないってお前が言ってたんだよな?
ガリレオみたいな学者が白旗上げて言わされたからってそれで冥王星に異変が起こった事実はない
第九惑星がどこに行ったか誰も言えないから滅亡したんだとかわめく奴はトンデモだと認定されるだけの話だ
375名無しさん@おーぷん :2017/09/10(日)05:01:34 ID:DIQ
>>374
惑星の定義は有った。
その上で冥王星は惑星と思われていたのだ。
お前は事の後先も解らぬど阿呆。

冥王星が惑星扱いされていたのは、あまりに遠すぎて正確に星の大きさを測定出来なかったからだ。
数年がかりでやっと冥王星までたどり着き、そして実測した結果、「惑星の定義」を満たしていないから排除されたのだ。

さすがは底無しの馬鹿。次から次と墓穴を掘っていく。
376名無しさん@おーぷん :2017/09/10(日)05:04:15 ID:DIQ
で、馬鹿一名は、いつになったら「国家の定義」と、「無条件降伏の定義」を説明するんですかね?
定義の説明も出来ないのに「無条件降伏は国家の滅亡ではない」などと語ってたのかね?
377名無しさん@おーぷん :2017/09/10(日)17:47:07 ID:TMO
>>375
デタラメ言うな
冥王星の発見者が生きている時点で大きさは修正されていたが、惑星の定義もないので冥王星は惑星と呼ばれ続けていた
発見者の死後に、冥王星を含む惑星と小惑星をうまく区別できる定義案ができたので学会で承認を得ようとした所、多数決で否決されてしまい、
別の定義が可決されたことで冥王星は惑星と呼ばれなくなった
つまり探査機が到着する前に既に学会では定義ができ惑星と呼ばなくなっていたのだから>>375の話は事実誤認も甚だしく
到着時に定義があるのは当然の話で何の反論にもなっていない
378名無しさん@おーぷん :2017/09/11(月)00:11:11 ID:770
>>377
デタラメはお前だ。
つまりお前の理屈でも、冥王星の「発見当時」既に「惑星の定義」が存在した事になるなw
バカ丸出しご苦労w

そうでなきゃ、火星と木星の間の小惑星か、
他の惑星と違って公転起動がおかしいのだから彗星か何かだと思われてもおかしくない。
何にせよ「惑星の定義」「小惑星の定義」「彗星の定義」などが定まっていたからこそ、
「冥王星は惑星」と一度は決まったわけだwww

お前の理屈は、「一度は惑星と決まった後になって、惑星でなくなった理由」を説明するものでしかない
379名無しさん@おーぷん :2017/09/11(月)00:13:48 ID:770
で、どんどんどんどん、都合の悪い質問からは逃げて逃げて逃げまくるねぇwww

「国家の定義とは何か?」
「無条件降伏とは何か?」
「国家の滅亡とは何か?」
「国家の最低限守るべき義務とは、そしてそれが行えなくなった国家は国家として認められる資格はあるか?」

さっさと質問に答えなさいよ?
卑怯者の馬鹿者がw
380名無しさん@おーぷん :2017/09/11(月)00:16:30 ID:770
もういい加減諦めろw
お前みたいなバカな狂犬には一切負ける気がせんわwww

何せ、国家の定義も、無条件降伏の定義も、国家の滅亡の定義も何も無いくせに物事を論じるど阿呆なんだからw
そりゃあ、己の中に確固とした定義が存在しないから、他人に説明するなんて不可能だろうなw
381名無しさん@おーぷん :2017/09/11(月)09:10:36 ID:X8r
>>378
定義が存在したというならどこが決めたのか言ってみろよ

尾を引けば彗星、似たようなのがいくつも見つかれば小惑星で、惑星とは違うと否定できるだろう
そんなものは見つからないから惑星と主張できたわけだ
382名無しさん@おーぷん :2017/09/16(土)06:39:33 ID:CV8
>>381
天文学の歴史は古代二千年以上も遡るんですがねぇw
近代的な天文学についてはケプラーが1606年に惑星運動の法則を発見してるし、
ガリレオは1632年に地動説理論を発表しています。
当然ながら、この時点で「惑星の定義」はとっくに為されているんですけどねぇwww

ニュートンの万有引力の発見は1666年でしたね。
惑星や衛星、恒星、彗星などの定義が存在しなければ、地動説も万有引力もハレー彗星の発見も有り得なかったはずなんですけど。

まあ、馬鹿のキチガイには理解出来ない話ですか、そうですか。
383名無しさん@おーぷん :2017/09/16(土)06:50:45 ID:CV8
さて、国家の定義などについて説明しないで逃げ回ってる馬鹿のキチガイはさておき、面白い情報が有ったので投稿。

http://www.nicovideo.jp/watch/1505458350

>>1は、
「明治・大正までは立派だったが昭和に入ってから突然狂ったように愚かで駄目になった」
などと言っているが、それは全く事実ではない事がこれでも理解出来る。

これは「学徒動員」について研究した物。
つい最近、産経新聞の馬鹿記者が、
「戦前・戦時中は、我々が想像する以上には自由だった。
自由が明確に抑圧されていたと断言し得るのは、学徒動員が始まった1943年以降の事」
などと馬鹿馬鹿しいタワゴトをほざいたので、
「学徒動員は自由の抑圧などではなく、不平等の是正」
と正しい歴史を指摘する物だ。

バカ左翼が学徒動員は悲劇のヒーローかのように冒涜するなら、
産経新聞のような「右」(?)もまた、学徒動員を何かとんでもない事件かのように描く。
(「観光の邪魔だから大嘗祭をやるな」と書いた産経新聞を「右」などとは到底思わんが)

だが、学徒動員は別に悲劇でも何でもない。
ドイツやイタリアはもちろん、アメリカやイギリスではとっくに行われていた事なのだし、
日本だって、大学生以外の同年齢の若者は全員戦場に行っていた時代なのだ。
むしろ戦場に行っていなかった日本の大学生の扱いの方が「不公平」であり「不平等」だったのである。
それにしたって、士官学校などで専門の軍事教育を受けていない大学生が、いきなり将校扱いとなったのであり、
当時の日本としては大学生を出来る限り良い所に活用させるよう努力していた。
大学生だろうが何だろうが一兵卒スタートさせていた諸外国とは大違いである。

それに、日本は理系学生は徴兵免除としたが、
これまた諸外国には見られない現象であった。

戦争中の日本は、決して技術開発や理系教育を怠っていた精神論国家ではなかった。
むしろ、技術開発に関係する理系学生は、積極的に保護されて徴兵免除されていたのだ。

作家の山田風太郎は、終戦当時25歳であったが学徒動員させられてなどいない。
医学校(理系)の大学生だったからである。
384名無しさん@おーぷん :2017/09/16(土)12:24:14 ID:Wqu
>>382
定義を既に使用していたのなら定義変更でなければ重複定義になってしまいダブルスタンダードだろう

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%83%91%E6%98%9F%E3%81%AE%E5%AE%9A%E7%BE%A9
>19世紀末までに、「惑星」という単語は、未定義のまま一応落ち着いた。
この記述が納得できないなら文句言ってくれば?
385名無しさん@おーぷん :2017/09/16(土)17:50:11 ID:CV8
>>384
惑星の定義無いなら惑星の「運動の法則」とか「地動説」「海の満ち引き」についても説明出来ないんですがねぇw
馬鹿って本当に救いようの無い馬鹿なんですねぇwww
386名無しさん@おーぷん :2017/09/16(土)20:45:42 ID:Wqu
>>385
説明できないという主張は未定義の否定になるのか?むしろ異口同音に説明できてこその定義のような?

定義があろうがなかろうが、金星や火星の運動が変化するわけじゃないんだから説明できないとは思えないね
惑星の定義がなければ説明に窮する記述って具体的に何?
説明できないというのは単にその人が只の受け売りでよく理解していなかったという証拠じゃないかと思えるけれども
387名無しさん@おーぷん :2017/09/17(日)05:41:20 ID:yn7
>>386
そもそも金星や火星を「惑星だ」とする定義が無ければ、その「運動の法則」すら説明不可能なんですがw

夜空に輝く無数の星の中で、火星や金星や木星、土星なんかは「違った存在」であるという事は、
古代ギリシャとかでは常識的に知られていましたが何か?
夜空に無数に輝いている星々は遠い宇宙に存在して自ら光り輝いている「恒星」であり、
火星や木星なんかは自ら光を発していない「恒星ではない」という事は知れ渡っていました。
だ か ら こ そ 星座の中に火星や木星なんかは含まないのですがねぇ。

馬鹿って本当に愚かですねw

「惑星の定義なんか無かった」と言い張るなら、我々の知ってる星座の中に金星や火星が収まってて構わないはずでしょうにw
388名無しさん@おーぷん :2017/09/17(日)05:43:51 ID:yn7
で、キチガイの惑星談義は違う板でやってくれよ。
歴史を語れないのならもうこの板来んな!
惑星談義なら専用の板があるだろ!
そこで専門家にボコボコにされてこいよ、キチガイ!
389名無しさん@おーぷん :2017/09/17(日)14:52:16 ID:KV5
つまり、その「法則」は丸暗記で実はよく理解してないから、「定義」が無いと自分には説明不可能だと言いたかった訳だ
丸暗記はできても応用問題がサッパリで使い物にならない奴ってたまにいるよね
390名無しさん@おーぷん :2017/09/17(日)21:41:41 ID:yn7
>>389
たとえばお前の事かwww
歴史問題で完全論破されたから、惑星問題に逃げて揚げ足取りを続けてるキチガイの事だねえw
391名無しさん@おーぷん :2017/09/17(日)21:50:45 ID:yn7
【主権国家の定義】
【国家の最低限の義務】
【無条件降伏の定義】
【国家の滅亡の定義】

この四つとも説明不可能だったくせに、

『無条件降伏とは国家の滅亡ではない!(キリッ)』

などと、デカい面晒して無知をさらけ出した馬鹿は、

『丸暗記も出来なければ、応用問題すらも出来ないただの馬鹿』

って事になりますねぇwww

自分で自分の事をよ~く理解されてるじゃないですか、お馬鹿さんwww
392名無しさん@おーぷん :2017/09/17(日)21:52:54 ID:yn7
ついでに、日本の法律学会がどう考えてるのかすら知らず、
宮沢俊義の名前すら知らず、八月革命論すらも知らず、
自分勝手な『無条件降伏は国家の滅亡ではない』と喚き散らすキチガイは、
国際法や憲法学について

最 低 限 の 知 見 す ら 持 ち 合 わ せ て い な い

という事をきっちり立証しましたねぇwww
393名無しさん@おーぷん :2017/09/18(月)07:31:06 ID:J2e
存在しない定義であれば説明できないのは当たり前なんだから、まずは存在すると自分で証明してみなよ

実際に言ってる奴に聞いてくる理由としてはそれで充分だろ
394名無しさん@おーぷん :2017/09/19(火)16:40:35 ID:RUS
>>393
へー、国家の定義とか無条件降伏の定義って、
キチガイ馬鹿の脳内では『存在しない定義』なんだ~www

お前の百億倍は賢いヴィトゲンシュタインは、嘘を言ってた事になるね~w

『言語の限界が世界の限界である』

ヴィトゲンシュタインに言わせれば、人間は言語の=定義の存在しない物を認識など出来ない。

例えば日本では虹を「七色の虹」と言うが、
アフリカかどっかでは三色くらいで済ませてしまうと言う。
アメリカやイギリスでは六色が普通、逆にロシアだかフィンランドでは13色も使う国もあるほどだ。
「色の単語やその定義」を知ってるか知らないかで、同じ「虹」でもこれほどの違いが在るのだ。

同じく、原始人のような、「国家という単語も概念も存在しない人たち」は、国家を形成する事も出来ない。

「白旗を掲げれば降伏を意味する」という事も、
その行為を理解出来ない未開の首狩り族の前では全く無意味である。

単語や定義はそれくらい重要であり、それが無ければ人間は当たり前の生活すら出来ないのだ。

こんな事は、ヴィトゲンシュタイン以前に、2500年前、孔子が同じ事を言っている。

どうやらこいつは、孔子やヴィトゲンシュタイン以上に頭が良いと思い上がっているらしい。
395名無しさん@おーぷん :2017/09/19(火)23:48:12 ID:hhN
「青りんご」と言っていた日本人は、グリーンとブルーの違いを認識などできない色音痴だったかといえばそんなことはないだろ
翻訳が間違ってるんじゃないのか?

認識していても表現ができない事は子供ならよくあるし、子供の質問にうまく答えられない大人も多いだろう

「存在しない定義」は「定義を作ることができない」というものとは違うね
むしろ定義が存在したら新たな定義として認められるのは難しくなる訳だから、研究発表するなら定義として確立していないものがいいだろうね

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





明治・大正ときて、昭和になった途端にみんな馬鹿になる