- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

明治・大正ときて、昭和になった途端にみんな馬鹿になる

1名無しさん@おーぷん:2017/07/12(水)00:14:23 ID:sHm()
明治
大久保利通、伊藤博文、桂太郎など超有能政治家が揃い踏み。
世界の端っこの極小国家から極東の憲兵へ大進化。

大正
世界大戦に乗じて更に躍進。英米に次ぐ大国になる。
内政面でも民主的な政党政治が確立。学術・文化も花開く。

昭和
クソ不景気。農村の身売りは当たり前、東北では餓死者まで出る始末。政府は無策無能。
そのくせなぜか大陸経営に手を出して大赤字。それでも満洲国で満足しときゃよかったのに、わざわざ蒋介石と大陸全部使ってアルティメット追いかけっこ。何の目的もないまま。
内政では、無能な政治家と馬鹿な軍人が大喧嘩。しかも全員無責任。首相が変わりまくって国策もクソもない。テロの蔓延る殺伐とした世界。
外交では、喧嘩する理由なんかないはずの英米と険悪ムード。逆に敵だったはずの独ソとはお友達になっちゃいました。もちろんどちらにも裏切られる。
挙句の果てに英米と戦争おっ始めて国中焼け野原に。苦労して育てた満洲の資本はノーマークのソ連に全部持っていかれる。そしてそれでも首相はコロコロ変わる。少しは真面目に戦争しやがれ。


なぜなのか?
534名無しさん@おーぷん :2018/04/13(金)06:41:50 ID:4Q4
 公職追放は「日本人民を戦争に導いた軍国主義者の権力および影響力を永遠に排除する」という建前で
日本を占領下に置いたGHQにより行われたが、実際には追放の選別はGHQなどにより恣意的に行われ、
当初は『戦争犯罪人』『陸海軍人』『超国家主義者』『愛国者』『政治指導者』といった範囲で追放を行った、
そして「日本の軍国主義再建を阻止するため」という建前のため『経済界』『言論界』さらには地方にまで及び、
本来の意味で公職ではない民間企業・民間団体の追放まで行われた。

 公職追放の結果戦前・戦中は追放、あるいは日陰にいた左翼的思想を持つ人物、
特に『大学教授』や『社会活動家』などが入り込んでいき、彼らは敗戦利得者として大きな利益を手にしていたとされる。
一方官僚においては実際には公職追放は徹底されず戦前の仕組みをそのまま引きずるという状況となった。
 特に大学教授の場合は教え子達に左翼的自虐教育を行い、中央や地方自治体の官僚や法曹界(裁判官、検事、弁護士)、
教育の現場、メディアや出版社にまで送り込んでいったといわれ、折からの大学増設ブームや教育制度改革により、
弟子達を地方大学や学校に送り込んだと主張されている
(実際には大学教授の場合公職追放が解除された時点で復帰した人物も複数存在しているのだが)。
 更にその弟子達は、今度は自分の教え子に左翼自虐教育を行い、自虐史観左翼日本人の拡大再生産を続け、
その影響を受けた人物が新たに自らの受けた教育を施すといったことが行われている。

 ただしその後の世界状況の変化(例えば中華人民共和国の成立や朝鮮戦争など)により、
アメリカ本国の指示により昭和22年以降今度は左翼側を追放する、いわゆる逆コースということが行われたものの、
もはや手遅れであった。

 また、農地改革(農地解放)により地主と小作を大幅に減少させた(これにより共産党の勢力をそぐことが出来た)まではよかったものの、
遊休地を農地として利用していた土地まで没収したり、戦前では嫌われていた農業の小規模化が進み、
結果的には競争力の低下が発生した。また、山林に関しては開放されなかった点も問題がある。
 ただし、農地解放は戦前の日本政府が地主層による農村疲弊(特に農村出身の軍人が増えていた事も背景にある)を
救済しようとした政策が原因であったが、戦時中だったことや地主層の反発により沙汰止みになっていたのを
敗戦を機に復活させたものであるため、GHQや左翼の陰謀であるという見解は過ちである可能性を孕む。

 この他、GHQが日本を統治するために必要な資源等の徴発、言論規制などの各種規制を行った。

https://dic.pixiv.net/a/%E6%95%97%E6%88%A6%E5%88%A9%E5%BE%97%E8%80%85より
535名無しさん@おーぷん :2018/04/13(金)18:23:36 ID:FFJ
>>534
政治家が追放されたのは全政党が大政翼賛会に合流したせいなんだよな
だから、大半の政治家は大政翼賛会に関与したと見做されて公職追放された
536名無しさん@おーぷん :2018/04/14(土)01:03:08 ID:4PT
>>533
大恐慌のトバッチリかねえ?
日露戦争の後始末がどうも後を引いているような気がする
537名無しさん@おーぷん :2018/04/16(月)00:37:57 ID:ReN
失敗の本質にも書いてあるけど旧日本軍の問題点は

環境変化への過敏反応
官僚組織原理主義と属人主義
学習棄却(反省分析をしないノウハウの積み木崩し)
自己革新能力と合理性の圧倒的な欠如

現代の日本にもガッツリ通じてると思うわ…
538名無しさん@おーぷん :2018/04/18(水)06:29:09 ID:XdT
憲法学者が日本国憲法草案の起草者にインタビューした時の発言を貼っとく
「原案は暫定的なものであった」
「日本国憲法は当然もう日本国民の手で作り変えられているものだ」
539名無しさん@おーぷん :2018/04/20(金)02:39:09 ID:7IO
>>538
ドイツ基本法の間違いだよな?
540名無しさん@おーぷん :2018/04/20(金)08:33:45 ID:hgg
世界情勢を見極めるのは大事
541名無しさん@おーぷん :2018/04/21(土)18:09:55 ID:bI4
日露講和時に米も巻き込んだ同盟とかってできなかったんだろうか?
アメリカって結局国際連盟にも入ってないような?
542名無しさん@おーぷん :2018/04/25(水)16:51:14 ID:1aG
>>196
>>490の図を見れば分かるが三権分立も形骸化してるからな
543名無しさん@おーぷん :2018/04/26(木)12:12:09 ID:zIA
>>535
無能すぎる

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





明治・大正ときて、昭和になった途端にみんな馬鹿になる
CRITEO