- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

後北条氏時代の江戸

1名無しさん@おーぷん:2017/09/09(土)09:56:06 ID:Ds0()
史料となるのは分限帳や寺社の記録その他
13名無しさん@おーぷん :2018/03/29(木)01:09:16 ID:xCp
太田道灌公の足跡
http://www.asahi-net.or.jp/%7Ejt7t-enmt/index1/oota.html
14名無しさん@おーぷん :2018/03/29(木)01:10:25 ID:xCp
後北条氏時代の江戸には寺町が複数あった
今の麹町の局沢や
芝や浅草等に
15名無しさん@おーぷん :2018/03/29(木)08:30:11 ID:ueR
徳川家康と城 第3回 | 家康入城以前の江戸はさびれた漁村だったのか
https://shirobito.jp/article/%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E5%AE%B6%E5%BA%B7%E3%81%A8%E5%9F%8E%20%20%E7%AC%AC3%E5%9B%9E%20%7C%20%20%E5%AE%B6%E5%BA%B7%E5%85%A5%E5%9F%8E%E4%BB%A5%E5%89%8D%E3%81%AE%E6%B1%9F%E6%88%B8%E3%81%AF%E3%81%95%E3%81%B3%E3%82%8C%E3%81%9F%E6%BC%81%E6%9D%91%E3%81%A0%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%81%AE%E3%81%8B

>戦国大名北条氏の重要拠点の一つで、
>城下町もそれなりに発達していたのである。
>「江戸は砦のある漁村」といったイメージはこの際払拭する必要があるのではなかろうか。
>前述岡野友彦氏が指摘されたように、
>江戸は浅草からはじまる利根川・常陸川水系と、
>品川からはじまる太平洋海運とを結ぶ結節点に位置していたわけで、
>江戸が平安時代から中世を通じてある程度発達していた点をみておく必要があるように思われる。

小和田哲男先生はこう語っている
16名無しさん@おーぷん :2018/04/30(月)11:37:00 ID:yBT
小田原衆所領役帳 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E7%94%B0%E5%8E%9F%E8%A1%86%E6%89%80%E9%A0%98%E5%BD%B9%E5%B8%B3
当時の江戸の範囲が分かる史料

東京市史稿
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1915622
この182コマから192コマに
小田原衆所領役帳の江戸の部分が大体載ってる
17名無しさん@おーぷん :2018/04/30(月)11:38:51 ID:yBT
後北条氏時代の江戸の範囲は今の23区の半分くらい
山手線圏内は大体当時から江戸で
浅草~銀座や練馬区豊島区も当時から江戸
18名無しさん@おーぷん :2018/04/30(月)11:42:47 ID:yBT
名称は今の名称だけど
街道も鎌倉街道や川越街道や大山街道や中原街道があるし
後北条氏は駅伝を復活させたり
当時から陸上交通網も発達していた
19名無しさん@おーぷん :2018/04/30(月)11:47:24 ID:yBT
品川歴史館特別展
https://ebarahist.exblog.jp/9017288/
室町時代の史料の事も書いてあるけど
品川湊の事務的な記録で
既に伊勢方面からも商船が来ていた事が分かっている
20名無しさん@おーぷん :2018/05/31(木)23:31:00 ID:l72
鎌倉街道 平安後期からある
川越街道 太田道灌時代に完成
中原街道 後北条氏が再整備
大山街道 〃

これらの街道が後北条氏時代の江戸でも
幹線道路として存在していて
宿場町があったり等
水運だけではなく陸運も発展していた
あと後北条氏は駅伝制の復活も行ったな
21名無しさん@おーぷん :2018/06/01(金)03:13:49 ID:P5K
>>20
鎌倉街道って東山道と並走してるのが不思議だな
現代なら渋滞でバイパスとかよくあるけど、なんで廃道でわからなくなるほど使われなくなったんだろう?清水国道じゃあるまいし
22名無しさん@おーぷん :2018/07/23(月)23:30:49 ID:UaG
>>21
東山道武蔵路は
武蔵国が東海道に所属替えになった後も300年くらいは
街道として使われていたようだね

ただ勝呂廃寺等
結構大きな寺が廃寺になったり
その他東山道武蔵路沿いに廃寺がある程度あったり
平安末もしくは鎌倉時代前半くらいに
武蔵国西部で何かあったのかもしれない
それで古代の官道のような街道の維持が難しくなったのかもしれない

あと鎌倉街道は今でもある程度道が残っているね

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





後北条氏時代の江戸
CRITEO