- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

太平洋戦争までを簡単に

1名無しさん@おーぷん:2016/08/30(火)15:10:18 ID:NkG()

当時の大日本帝國「蒙満は、日本の生命線なりいいいいいいいいいいいいいい」
⬇︎
大日本帝國「ソ連が脅威だ」
⬇︎
日独伊「共産党は脅威だ、よし、ドイツとイタリアと日本でソ連攻めようぜ」
⬇︎
日独伊三国同盟締結
⬇︎
ドイツ「よっしゃソ連攻めるぞ300万人だ、ドアを一蹴りすれば崩壊する」
⬇︎
ドイツ「日本もソ連攻めて〜〜〜」
⬇︎
大日本帝國「関東軍に対ソ作戦準備させるわ」
⬇︎
大本営「関東軍特種演習下令、100万を招集、対ソ戦の準備はできました」
⬇︎
大日本帝国海軍 軍令部「陸軍ばっかで、つまんないな」
⬇︎
大日本帝国海軍 軍令部「せや、いいこと思いついたフランス領が空白になったから軍隊送ったろ、文句言ったら統帥権問題やぞ」
⬇︎
激おこアメリカ合衆国「石油停止、中国から撤退せよ」
⬇︎
大日本帝國「はあああああああああああああ、どうすんのこれ、海軍のばかかあああ」
日本経済界「あと半年で石油切れるやんけエエエエエエエ、ボケ海軍が 怒」
大日本帝国陸軍「ボケ海軍がやりおったで、バカ海軍」
支那派遣軍「退却してもいいよ」
⬇︎
大日本帝国海軍 連合艦隊司令長官「やれと言われれば海軍は半年や一年は存分に暴れてごらんに見せます ...」
⬇︎
大日本帝國「じゃあ、しゃあない」
⬇︎
戦後
⬇︎
駐米野村大使 「米国の言う中国に満州は入ってませんけど・・・」
⬇︎
日本 戦争が終わってから言うなぁぁぁwwwwwwwwwwwwwwwwwwww(゚Д゚)ノ

日本が勝手に自滅しただけなんだよなあ。
2名無しさん@おーぷん :2016/08/30(火)17:53:17 ID:p0G
つか、第一番目からして認識が間違ってるんだが……
満州では元々独立運動が盛んに起こっていたんだけど。
日本関係なく。

そりゃ、大清帝国崩壊後、ずっと内戦続きのシナ大陸見てりゃ、
「あんなの」と一緒になりたくないし、一緒くたに見られたくもないだろ。
3名無しさん@おーぷん :2016/08/30(火)18:02:19 ID:p0G
「保境安民運動」って言ってな?
日本とか、関東軍とか一切関係無く、満州に住んでいた人間たちは、
ずっっっっっっっっっっっっっっっと内戦続きだったシナと絶縁したかったのよ。

なのに、張作霖とか張学良は、満州の人たちの声を無視して、
「我こそは大陸の覇者たらん!」
みたいにふんぞり返って、重税を課して軍備を整えて北京以南に侵攻、
蒋介石たちと戦闘を交えるようになったから、
関東軍としては張作霖が邪魔になったんだな。

関東軍が欲しかったのは大陸の覇者じゃなく、
万里の長城より北(満蒙)を守り、育てていく者であってね。
4名無しさん@おーぷん :2016/08/30(火)18:10:42 ID:p0G
ついでに、「雪作戦」の観点が完全に抜け落ちている。
ソ連のスターリンだって馬鹿じゃない。
日独伊防共協定やら、三国軍事同盟が結ばれた時点で、
日本の目がソ連に向かわないように色々と工夫して工作している。

例えば、日本国内では尾崎秀実などを使って盛んに南進を煽ったり、
一方、アメリカではルーズベルト大統領の周囲のほとんどが共産主義者か、共産党シンパだったり。
(ニューディール政策も、ソ連の5カ年計画のパクリ)

日本を最終的に戦争へと駆り立てた、いわゆる「ハル=ノート」を書いたのは、
アメリカ財務次官のハリー・デクスター=ホワイトだと言われている。
で、このホワイトは確実に「共産主義者」であり、ソ連と繋がっていた人物だった。
(後のマッカーシーの赤狩りで判明している)

ハル自体はもう少し穏当な案を考えていたのだが、
日米を確実に戦わせる為、敢えてあのような強硬案を突きつけ、ルーズベルトに納得させたのが、ホワイトだった訳。
ホワイト=白=雪。
だから「雪作戦」と名付けられている。

日米戦争さえ始まってしまえば、とてもじゃないがソ連攻めなんてやってる余裕なんて無くなるし、
ソ連をアメリカが助けてくれるから、まず間違いなくドイツに負ける事はなくなる。

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





太平洋戦争までを簡単に
CRITEO