- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

日本史雑談スレ

※ID非表示スレ
1名無しさん@おーぷん:2014/05/07(水)20:45:35 ID:???
雑談しよう
日本史に関することならなんでもOK
2名無しさん@おーぷん :2014/05/22(木)00:13:36 ID:???
誰が好き
3名無しさん@おーぷん :2014/05/22(木)13:59:52 ID:???

【高橋是清】

1929年10月24日にニュウーヨーク証券取引所で株価が大暴落したことを端緒として世界規模での金融恐慌および景気後退が起きた。
いわゆる「暗黒の木曜日」である。

これに対して各国ともなすすべがなかったが、日本国において高橋是清が大蔵大臣に就任し、日銀引き受けによる政府支出の増額などの積極政策により、みるみる景気を回復させ日本経済を『世界最速で』回復させた。
逸話としては、アメリカに留学したはずが、騙されて『奴隷』として働かされたことが有名

もっとも、だからといってアメリカに否定的にはならなかった。
4名無しさん@おーぷん :2014/05/22(木)14:32:05 ID:???
大抵の人は名前が挙がるだろうから、
過小評価されがちな人の名前挙げておくか

ドイツ大使を勤めた大島浩だな。

後世の歴史を知った上での結果論でしかないのは百も承知だが、
日本はドイツと組むしか無かったのだから、大島浩が主張した通り速やかにドイツと仲良くすべきだったし、
技術交流や軍事交流も戦争開始前に実行しておくべきだった。
独ソ戦だって、日本は東から攻撃すべきだったし。

「駐独独逸大使」と揶揄された大島だが、
ナチス式敬礼だけは絶対にやらなかったという。
日本人としての矜持を持っていた。
5名無しさん@おーぷん :2014/05/24(土)20:25:46 ID:???
うろ覚えだけど
江戸時代にキリスト教が禁止されたのは、人の平等をうたってたから幕府にとって都合が悪かったっていうのもあるけど
本当の理由は宣教師が日本を植民地化しようとしてて、信者を奴隷として売り飛ばしていたのを幕府が知ったからっていうのを以前聞いた事がある
誰か知らない?
6名無しさん@おーぷん :2014/05/25(日)09:16:03 ID:???
>>5
新しい説というか最新の研究成果だね
むしろ人類平等云々の方こそ、後付けの適当な理屈でしかない。

というのは、ヨーロッパではキリスト教があったにも関わらず、封建社会が厳然として存在したからだ。
キリスト教が本気で人類平等を主張していたのなら、インカ帝国は滅ぼされなかっただろう。
7名無しさん@おーぷん :2014/06/04(水)21:20:18 ID:???
当時の考え方が重要だろう。
15世紀当時のカトリックにとっては

(1)世界は神が7日間で造られた。
(2)ゆえに世界は神の所有物である。
(3)その世界の支配を神は、ローマ教皇に託された。
(4)ゆえに、世界は教皇の支配下にある。
(5)ゆえに、日本も教皇の支配下にある。

これがカトリックの「常識」だった。
と言うより、これを信じない者はカトリックの信者とは、言えない。

そして、当時のカトリックにとって、カトリックの信者でない者は、異教徒である。
異教徒は、間違った教えを信じているゆえに「どんな手段を使ってでも」改宗させなければならない。

たとえ、武力を使ってでも
8名無しさん@おーぷん :2014/06/05(木)08:49:23 ID:???

茂木誠氏の「経済は世界史から学べ」を読んでる。
特に、江戸幕府の官僚は、朱子学を学んでいた。

朱子学の徒の特徴は、「現実と理想が合わないときには、迷わず現実を無視して理想を押しとうそうとする」とある。
現在の財務省官僚の思考も同じだ。

デフレ期の増税は、かえって税収を減らす。
という現実をいくら見せつけられても、「増税による財政再建」という原則を捨てない。

しかも、自分達は、表に出ず、政治家を矢面に立たせる。
そして政治家が自分たちの言うとうりに動かなければ、あの手この手で失脚させようとする。
9名無しさん@おーぷん :2014/07/03(木)14:13:49 ID:???
織田信長の政策のひとつとして『楽市楽座』がある。
しかし実は『楽市楽座』だけでは『大成功』とは、ならない。

なぜなら楽市楽座とは、業界への新規参入を認めると言うことであり、それは限られた市場の競争激化であり、競争に敗れた者は職を失う。
今ならそれは『自己責任だ』で切り捨てられる。

しかし、当時の商工業者は、武装していた。
『軍師・官兵衛』が目薬屋だったのは、有名だ。

つまり、楽市楽座には、『新規参入の解禁』と同時に『需要の拡大』が必要なのだ。
では、どうやって需要の拡大を図るのか?

答えは、3点、『兵農分離』『平城の作成』『城下町の形成』である。
兵農分離により『純粋な消費者』を大量に作る。

その『純粋な消費者』を『城下町に集中して』住まわせる。城下町に集住する兵士は、いざというとき、法螺貝ひとつで『一瞬にして』平城に集まる。
このシステムにより、商工業者は、たとえ新規参入が増えても、それ以上に需要が増えたので不満を漏らすどころか大喜びだった。
10名無しさん@おーぷん :2014/07/03(木)22:34:12 ID:???
愛知県は旧国名で申す所の尾張、三河から成り立っている。どうやら、尾張と三河が西日本と東日本の境目のようだ。

徳川家は三河を本拠地としていた。家系伝承では上野の新田源氏と言う事になっている。

私は、極、最近迄、東日本は本来の日本文化の傍流であると考えていた。故に、平将門の乱や前九年の役、鎌倉幕府、江戸幕府に対し、冷ややかな視線の見地に立つ歴史観を持っていた。

しかし、思い直した。東日本の日本人も歴とした、正統の古来からの日本文化の担い手であったのだ。

藤原鎌足、いや、その後継者、不比等以降、畿内の律令の官位官職を独占する家系だけを尊しとする風弊が定着してしまったが、これは藤原氏に牛耳られた大和政権(遷都後は平安京律令政権)の独善的秩序観念に過ぎない。

東国の日本人も、例え、゛夷(えびす)の地の俘囚の民゛と中央の
鉄漿(おはぐろ)平安貴族から、蔑まれていようとも、太古からの伝統を継ぐ歴とした日本列島の住民だ。「王侯将相寧(いずく)んぞ種有らんや」である。

東日本には、古神道の霊山が存在し、広範囲に亘る、興味深い伝説の足跡を示している。霊山としての富士、出羽三山(羽黒山、月山、湯殿山)、伝説としてのミシャクチ伝説、八王子伝説、等々だ。

扶桑の霊木の生ると伝えられる敷島の瑞穂の国の本当の多数派住民はフォッサマグナ以東、もしくは、中仙道、美濃の不破の関以東の住民の事であったのかも知れない。

先祖代々、近畿の住民であった私は、最近、そう思い直すようになった。そう言う目で江戸幕府を眺めるようになったのである。
11名無しさん@おーぷん :2014/07/03(木)22:41:04 ID:???
↑徳川幕府スレにカキコしようと思っていたら、日露戦争のカキコの方がいたので遠慮して、こちらの雑談スレに投下しました。
12名無しさん@おーぷん :2014/07/22(火)09:22:54 ID:???
随分と上から目線の投稿ですね
選民思想が歪みでてる
13名無しさん@おーぷん :2014/07/27(日)18:47:22 ID:???
どの書き込みの何が「上から目線」なのかはわからないが、あんたの性格が悪いのはわかる。
14名無しさん@おーぷん :2014/07/28(月)09:16:15 ID:???

【版籍奉還・廃藩置県】

江戸時代、日本は朝廷・幕府・藩に別れていた。
特に藩は、日本の総面積の75%を占め、立法権・行政権・軍事権などを持つ事実上の「独立国家」だった。

俗に言う「三百諸侯」(実際は270家ほど)である。
だが、このままでは、近代国家は出来ない。

なんとしても「大名から領地を取り上げて」中央集権国家を作らなければならない。
目の前に迫った問題としても、幕府から引き継いだ外国への借金を返していくのに幕府の天領からの収入だけでは不可能である。

そこで版籍奉還・廃藩置県によって「大名から領地を取り上げた」。
これに対して大名からの反発・抵抗は、ほとんど起きなかった。

これは、外国では考えられない。
どの国でも「領地を取り上げる」と言えば全力で抵抗する。

しかも「大名の領地」は、日本全土の75%なのだ。
団結すれば、勝てる。

しかし、抵抗どころか不満すらほとんど聞かれなかった。
なぜか?

最大の原因は「参勤交代」にあった。
15名無しさん@おーぷん :2014/07/28(月)09:49:29 ID:???
>>14
>最大の原因は「参勤交代」にあった。

その心は?
ちなみに私は多分別意見
16名無しさん@おーぷん :2014/07/28(月)09:57:00 ID:???

【つづき】

江戸時代、日本全国の大名には、参勤交代の義務があった。
参勤交代とは、大名が一年おきに江戸と自分の領地を往復しなければならないという制度だ。

そして妻子は江戸に常駐である。
その結果、江戸時代に入ってしばらくすると、大名のほとんどは「江戸生まれ」になった。

大名たちは、江戸で生まれ、江戸で育ち、成人後も一年おきに江戸に常駐する。
つまり、彼らは「江戸っ子」なのである。

例え、祖先伝来の領地が九州や東北にあろうと「故郷は」江戸である。
そして、交遊関係は、同じ江戸っ子の大名たちである。

彼らは、自分たちのお国の珍しい話などを話し合い、その過程で「日本はひとつの国であり江戸は日本の中心である」とごく自然に思うようになった。
マンガ「お~い竜馬」の中に、坂本竜馬が屋形船に誘われ、そこで越前藩主・松平春嶽を紹介させる場面がある。

そこに、別の屋形船が近づいて来た。
土佐藩主・山内容堂である。

そこで、松平春嶽と山内容堂が、あいさつを交わし世間話をする。
ふたりは、顔見知り、よく知ったなかであった。

これは、当時の大名の交遊関係をよく表している。
彼らにとって明治政府の「日本は中央集権国家、中心は東京(江戸)」とは、ごく自然に受け入れられる話だった。

現実問題として、彼らの生活はほとんどは変わらない。
住んでいるのが、大名屋敷なのも変わらなければ、そこにいる家臣も変わらない。

妻や子供に至っては、そもそも江戸から出たことがないのだからほとんどはどころかまったく変わらない。
これが、版籍奉還・廃藩置県がスムーズにいった原因である。
17名無しさん@おーぷん :2014/07/28(月)10:41:50 ID:???
>>16

なるほど

しかしそういう状態は「妻子を人質に取られている」ということなので
恨みを買って倒幕に進んだ・・・という理屈にもなるわけで

「版籍奉還・廃藩置県」による反発・抵抗がなかったのは日本人の気質だと思う

根拠1:
8世紀の「国分寺建立の詔」
地方には地方の神がいただろうに他国の神を祀る「国分寺建立」に抵抗がなかった

根拠2:
豊臣秀吉の「刀狩り」
日本中の百姓から武器を(名目上でも)取り上げることができたのは世界の常識からはかけ離れていると思う
18名無しさん@おーぷん :2014/07/28(月)11:24:18 ID:???
確かに「社会全体のためにはおのれ自身は犠牲にする」というのは、日本人の特徴だな。
問題は「外国人も同じ考え方をする」と、つい思ってしまい、結果として「日本だけが」犠牲を払うことになりがちだということだ。
しかも犠牲を払わなかった国が「我が国が一番犠牲を払った」と吹聴して日本の自己犠牲が霞んでしまう。
やはり、外国相手には、図々しいくらいがちょうどいい。
19名無しさん@おーぷん :2014/07/30(水)20:12:22 ID:???
外国だったらそれは「全体主義」と言われる
日本は全体主義が伝統という事か
20名無しさん@おーぷん :2014/08/03(日)23:15:11 ID:???
「全体主義」の定義がよくわからん。
具体的に言えば、日本人は、定時になっても、やらなければならない仕事があれば、残業してでも仕上げる。
しかし、世界には、そうでない国の方が多い。

例えば、道路工事、スペインなどでは、道路工事が遅れて、夏のバカンスのシーズンになってしまったら、道路工事は、ほったらかしでみんなバカンスに行ってしまう。
その結果、大通りのど真ん中におおあなqが開いたままになっていて、まわりは仮設材でおおってあるだけ、朝夕のラッシュ時には、大渋滞になるが、当の道路工事の職人は一切気にせずバカンスを楽しんでいる。

日本人はこんなことはしない。
最低でも、道路を通常通り使えるようにしなければ、絶対に休暇など取らない。
バカンスと言う私益より、道路を通常通りに戻すと言う公益の方が優先するのだ。

これを「全体主義」と言うなら、日本は昔から「全体主義」だったろう。
ちなみに朝鮮民族は、伝統的に全体主義ではない。
広い意味での家族つまり宗族の繁栄がすべてに優先する。
そのためには、公益をないがしろにしてもかまわない。

だから、ファミリー単位での汚職が絶えない。
もっとも、これも世界的には、珍しくない現象である。
21名無しさん@おーぷん :2014/08/03(日)23:31:15 ID:???
>>20の話で思い出したのが「シベリア抑留」の話。
誰の何て名前の本に書いてあったのか思い出せないのだが、こういう筋であった。

『勤勉』と並び称される日本人とドイツ人。
第二次大戦で敗退しソ連に抑留される羽目になった。
彼らに命じられた作業は道路作り。
そして道路を敷く予定地の真ん中に、作業を邪魔するような大きな岩があった。
彼らはどうしたか?

日本人は皆で協力しあってその大岩をどかし、道路を完成させた。
(当然、その岩をどかす過程で何人もの日本人が凍傷や餓えで命を落としている)
ドイツ人は「岩をどかす事は命令の内に入ってない」と岩はそのままにして寸断された未完成の道路とも呼べない何かを完成させた。
ロシア人に文句を言われると「岩をどかすのなら特別手当が必要だ」と駄々をこね、ソ連軍からそれなりに利益を引き出していた。

一方の日本人は言われなくとも勝手に働いてくれるから、ロシア人のこき使いが激しくなり、一層の犠牲を出す羽目になった。

この話は本当なのか、そもそも何の本で読んだのかも思い出せないのだが、「さもありなん」と思わせるものではある。
22名無しさん@おーぷん :2014/08/03(日)23:35:50 ID:???
日本では中学生にもなると男も女も制服着用が義務づけられる。
あれなんかも外国から見れば全体主義の現れに見えるらしいな。
(特に昔全体主義を経験したドイツやロシア、東欧の人たち)
学校での服装なんか、軍隊でもない限り、また公序良俗に反するような裸とかでない限り、自由で良いだろうというわけだ。

日本では、学校の制服に疑問を呈するだけで村八分にされかねない空気がある。
この「空気」という名前の全体主義こそが、戦前も戦時中も戦後も日本を縛り付けているものの正体。
23名無しさん@おーぷん :2014/08/05(火)21:11:57 ID:???
〉日本では中学生にもなると男も女も制服着用が義務づけられる。
〉あれなんか外国から見れば全体主義の現れに見えるらしいな。
〉(特に昔全体主義を経験したドイツやロシア、東欧の人たち)
〉学校での服装なんか、軍隊でもない限り、また公序良俗に反するような裸とかでない限り、自由で良いだろうというわけだ。

あのさあ、イギリスも中国もオーストラリアも、香港もネパールもフィリピンも・・・・際限ないけど「制服着用が義務づけられる」国なんかい~くらでもあるよ。
どこの外国人が「全体主義の現れに見える」とか言ってるんだ?

まさか「見えるらしい」と言っただけで、実際には、確認していない。
つまり、自分の頭の中だけの「妄想」って落ちじゃないだろうな?
24名無しさん@おーぷん :2014/08/06(水)00:55:14 ID:???
>>23
『世界の日本人ジョーク集』でも読んで、どうぞ

ついでに俺も外国生活経験あるけど、
それらの国が「制服が義務づけられている」なんて嘘だね
日本以外の国々では「私にはこうこうこういう信念があるから制服は着ません」と主張して、それが認められる場合が往々にしてあります
認められないのは軍隊の学校か、よっぽどのエリート校くらいです
25名無しさん@おーぷん :2014/08/06(水)00:59:44 ID:???
つか、ハリウッド映画とか外国のスクールドラマなんかを見ても、
比較的皆自由な格好してるじゃん
どこが「制服着用が義務」なんだよ

外国の場合、いわゆる「制服」というのには「学校の推奨する格好」以上の意味はない
何か他者を納得させられるだけの信念が有るのなら「私は着ません」と言える権利はある
学校も「推奨」であって「命令」ではない以上、強制する事もできない
26名無しさん@おーぷん :2014/08/06(水)01:08:57 ID:???
『世界の日本人ジョーク集』の中には、チャウシェスク時代のルーマニアを経験したルーマニア人の話が掲載されている

ルーマニア人女性教師
「みんな同じ制服を着て、同じ帽子も被って。それできっちり列に並んで写真に写っている。チャウシェスクの頃がまさにこうだったわ」

別のルーマニア人
「チャウシェスク時代、僕は学生だったけど、同じ服を着せられてそれに番号を付けられた。番号で呼ばれることだってあったんだぜ。まったくひどい話さ」
(筆者の早坂隆が、自分の学生時代は頭髪は男子は丸刈りという時代だったし、靴下の色は白限定、靴も学校指定の物でなければならなかったと言うと)
「まったく信じられない!チャウシェスクよりもずっと酷いじゃないか!日本は自由な国だと聞いていたが!」
27名無しさん@おーぷん :2014/08/06(水)01:22:10 ID:???
ついでに日本では、運動会(体育祭)の時の「選手宣誓」が思いっきり「ナチス式敬礼」だというのは、
世界ではかなり有名な話。

また、運動会や文化祭、修学旅行などの学校の行う行事に参加しないと、
その時点で「仲間外れ」にされるようなのも日本だけ。

「規律!」「礼!」「着席!」「休め!」「直れ!」
こんな軍隊口調で学生たちが命令される国も(北朝鮮とか除けば)日本だけ。

卒業式なんかで、学生たち全員による変な「寸劇」を行わせるのも日本だけ。
学生全員で
「ぼくたちの」
「わたしたちの」
「すばらしい思い出です」
「ほんとうに」
「ありがとうございました」
などと、あらかじめ練習までさせて唱和させる例の寸劇ねw

これと似たような話で、小学校低学年とかに
「せんせい、さようなら!」
とか全員一致で唱和させるのも、外国人からすれば「異様な光景」にしか見えないんだよね。

このように、日本の教育は全体主義を強制するようなのが、多々あるんだけど。
28名無しさん@おーぷん :2014/08/06(水)11:23:01 ID:???
日本では和を乱す人って嫌われるよね
遠足なんかで皆が盛り上がってる時に
「疲れるだけでつまんねーじゃん」
「雨降らねーかなー」
とか言ったら、そいつの運命はどうなるか簡単に想像できる

万が一本当に雨が降って中止にでもなったら
「お前があんなこと言ったせいで雨じゃねーか!」
とか言われてさらに非難されるのも明らか

冷静に考えてみれば、わずか一人が「雨降らないかな」と思ったり口にしたからって、
本当に雨など降るはずない
雨が降ったことと、「雨が降らないかな」と口にすることの間には何の因果関係もない
もしそんな能力があるのなら、昔から人類は雨乞いなどやってこなかっただろうし、
空海や聖徳太子が雨乞いで名前を残すことなどあるはずもない

調和を乱すことを極端に嫌う風潮と、
言霊信仰って、日本人を否応なしに全体主義に導いていると思うんだけどね
29名無しさん@おーぷん :2014/08/06(水)22:00:00 ID:???
いずれにせよ、この日本特有の全体主義は、特定の法律や思想に基づいているわけでもなければ、誰か特定の者の命令でやっている訳ではない。
いずれも「会議」または「話し合い」によって「全員の合意」に基づいて決められている。

そして、それは「責任者」もいなければ「罰則」もない。
しかし、違反するものには、誰かが注意する。

いや、そもそも話し合いさえもしないで、なんとなく決まっていった規則も多い。
したがって、これを改めることは不可能に近い。

誰かが「こんな規則はおかしい」と言っても、賛成される訳でも反対される訳でもない。
胡散臭そうな目で見られながら無視される。

そして、規則自体は、相変わらず守られ、守らない者には誰かが注意する。
ただし、この日本特有の習慣が、世界でもまれにみる治安のいい国、公衆道徳の行き届いた国を作っているのも確かであり、改める必要はない。

そもそも、上記の理由により改めることは不可能である。
30名無しさん@おーぷん :2014/08/06(水)23:21:27 ID:???
>>29
注意してくれるんならまだましじゃないの?
現実には注意すらされずに敬して遠ざけられるのが関の山だと思うんだけど
31名無しさん@おーぷん :2014/08/06(水)23:30:19 ID:???
そして>>29の書いてる事は、まさに丸山真男が「無責任の体系」と呼んだ通り。
戦前からずっと、日本には「責任者」が存在しなかった。

当時の大日本帝国憲法の上では、天皇に全権があったかのように見える。
じゃあ「天皇が責任者」と言えるかと言えば、天皇には一切何の責任も無かった。
天皇が積極的に戦争を煽った事など一度も無かったし、常々善隣友好・平和愛好を臣下たちに説いていたのが天皇だったのだ。

そして天皇でさえも、憲法には従わなければならない。
そしてその憲法は、天皇の好き勝手を許すものではなく、内閣の輔弼が必要であり、
内閣総理大臣が奏上した政策については、天皇は一度も拒否した事は無かった。
(二回だけ例外があったが、それは例外であって常態ではない)

じゃあ、天皇にそんな政策を進言して認めさせた内閣が悪いのか?
いや、その内閣ですら、総理大臣の権限は至って乏しいものだった。

じゃあ軍部が悪いのか?
しかし陸軍大臣や参謀総長と言っても、若手の下克上を抑える事はできなかったというのが実態だった。
その若手だって、誰か特定の一個人かどうこうといった問題よりも、
そういう【空気】で、特に考えも無しに突き進んでいたパターンが非常に大きい。

結局、日本には「誰が悪い」と言える責任者が居らず、壮大なる無責任だけが広がっていた。
戦後も大して変わらなかったようだね。
32名無しさん@おーぷん :2014/08/07(木)00:02:49 ID:???

それでも、戦前「アジア・アフリカ唯一の近代国家」になったし、戦後も1980年ごろまでそうだった。
そもそもアジアの成功はすべて日本の支援と投資の賜物だ。

この「壮大なる無責任国家」が、世界史的な成功モデルなのが世界の不思議だろう。
33名無しさん@おーぷん :2014/08/07(木)01:48:44 ID:???
東京裁判で一応「責任者」が断罪されたが、
仮にあの「A級戦犯」たちが誰一人この世に生まれなかったと仮定しても、
さらに、あの「A級戦犯」たちに加えて、石原莞爾や辻政信、服部卓四郎、牟田口廉也などの人々が、一人残らずこの世に存在しなかったと仮定しても、
恐らく日本の歩んだ道は、そう大して変わらなかっただろう。
(一癖も二癖もあったがひとかどの人物でもあった彼らを欠いたことによって、日本はもっと悪い結末を迎えていたかも知れないが)

そして戦前や戦後だけに限らず、江戸時代でも戦国時代でも、日本人はずっとそうだったのではないか?
34名無しさん@おーぷん :2014/08/07(木)11:13:12 ID:???
戦争責任という意味で、つまり「戦争を始めた責任者」という意味では、イギリスのチャーチルとアメリカのルーズベルトだろう。
チャーチルとルーズベルトは、ナチス・ドイツとの戦いを始めたかった。

このままでは、ヨーロッパ全土がナチス・ドイツの占領下になってしまう。
もちろん、イギリスも例外ではない。

と言うよりヒットラーは、イギリスに狙いを定めていた。
しかし、アメリカは反戦運動が強すぎて、ドイツと戦えそうにない。

そこで日本に無理難題を吹っ掛けて「日本から」戦争を仕掛けるように仕向けた。
アメリカは、イギリス、オランダなどと結託して日本への石油輸出をストップした。

その挙げ句で、日本に中国からの全面撤退を要求
そんなことをすれば、日本が日露戦争以降、満州で延々と築いていきた鉄道・工場・都市などをすべて捨てることになる。

それで、なくても在留日本人に対する虐殺暴行が繰り返されているのだ。
もし、日本が日本国内のアメリカの資本・企業・不動産などを全面接収し、アメリカ人の国外追放を決定したらどうなるか?

とても飲めた要求ではない。
しかも、これを全部飲んでも石油輸入が解禁される訳ではない。

「全部飲んだら話し合いに応じてやる」である。
明らかに、日本への挑発が目的だった。
35名無しさん@おーぷん :2014/08/07(木)20:53:39 ID:???
>>32
そら【空気】を読んで、それに順応していける人にとっては、
日本ほど生きやすい国は無いからじゃない?
当然、摩擦も少なくなるから、外国では宗教戦争とかやってた最中にも、日本だけはそんなのとは無縁だったし
(せいぜい言って、仏教伝来の頃の蘇我氏と物部氏の戦いくらいか?)
少なくとも中世や近代の頃には、すでに仏教も日本化してしまっていた
ドイツ三十年戦争みたいなのは、日本には無縁だったと言える

戦国時代でも、この名前のモデルとなった中国の戦国時代とは全然違っていた
武士たちは、すでに共通の「日本文化」のようなモノを互いに共有していたのだ

「辞世の句」なんて文化がそれ
死の寸前、あんな易々と和歌が詠めたということは、当然戦国武将たちが日本の和歌を勉強したことの現れ

北は松前から南は薩摩鹿児島まで、
すでに日本人の共通文化と呼べるようなものが存在したというのは強い

日本と同じ頃に国家統一したドイツやイタリアなんかでは、
その手の「共通文化」が少ないか、全く存在しなかったわけだし
(イタリアでは今でも「ミラノ人」や「ナポリ人」は居るが、「イタリア人」意識は乏しい)
36名無しさん@おーぷん :2014/08/08(金)15:22:26 ID:???
日本とドイツは比較されるけど、確かに、遵法精神はともに、かなり他国に際立っている。

しかし、それが両国が世界規範たりえない理由だと思われる。何故なら、模倣困難な利点、長所だからだ。日本やドイツの工業製品は価格に比して、優秀だ。安かろう、悪かろうの経済の宇宙摂理の法則に反している。真似出来ない教科書はテキストたりえない。

つまり、日本とドイツは自分の武器(真面目さ、集中力、我慢強さ)が、徒(あだ)となって、相対勢力としての優秀者、世界規範提供ワールドカップに於いて、ベストフォー、セミファイナルに残るのが限界なんだろう。
37名無しさん@おーぷん :2014/08/08(金)15:37:22 ID:???
世界の教科書になりたければ、優秀な国民でいい結果を出した、と言うのでは、優秀な国民の定義で議論百出し、議論そのものが成り立たないだろうけど、仮に、日本やドイツのような国民、と例えれば、ニュアンスは伝わるだろう。

だが、その例えだと、他の国は日本式、ドイツ式の国造り、産業政策を採用する気になれないだろう。個人スペックの優秀な選手を集めたチームが優勝しても、監督の手柄ではない。本当に優れたマネージメントは1960年度のセントラルリーグの三原脩のような弱小球団(今のDNAの前進、ホエールズ)を優勝させたような場合を言う。

「安かろう、悪かろう」の製品しか作れない国民基盤で、我慢強さも生真面目さも中の中程度で、成功してこそ、世界の希望、真似の対象たり得るのだ。
38名無しさん@おーぷん :2014/08/08(金)15:48:06 ID:???
マハティールが聞いたら怒るかも知れんが……
39名無しさん@おーぷん :2014/08/11(月)07:52:20 ID:???
〉世界の教科書になりたければ

別に、誰も「世界の教科書になりたい」なんて思ってないんじゃないのかな。
まあ、世界の教科書になれたら、それはそれで誇らしいけど

そのために、カネと労力を費やすほどのことではない。
それよりも「日本の悪口」を世界に広める、韓国や中国に対抗して「真実」を広めていくことの方が大事
40名無しさん@おーぷん :2014/08/11(月)09:51:48 ID:???
【いちいち言挙げしないのが日本の伝統
真実というのは黙っていても広まっていくもの
もしも広まらずに嘘偽りだけが世界に広まっていくのであれば、それは日本の誠心誠意が不足しているからであろう】

↑これ↑が正しいかどうかはさておき、真の日本人ならばこう考えるもんだと思うけど。

実際、近代史を振り返れば、残念ながら日本も西洋列強を見習った帝国主義国家だった時期もあったわけで。
いくら
『日本の植民地統治は欧米と違って素晴らしい善政だった』
と言っても、それは、
『日本が西洋列強の亜流の帝国主義国家だった』
事実は否定できてないのであってね。
ついでに、高い税金を納めているのにびた一文も還元されなかった日本人にとっては、『とんでもない悪政』だったとしか言いようが無い。

もしも岩倉具視や大久保利通らが、西郷隆盛の遣韓論を潰す事が無ければ、
今とは違った中国・韓国の反応があっただろうに……
41名無しさん@おーぷん :2014/08/11(月)13:56:12 ID:???
まあ、言いたかったのは、80年代、日本式経営を自画自賛していたし、エズラ・ヴォーゲルのようにジャパン アズ ナンバーワンと評論してくれる流れもあったのだけど、それは特殊例であり、普遍性のあるシステムではなかったのではないか?と言う事なんだ。

早稲田実業が甲子園で優勝するようなものであって、そんなの、田舎の予算の無い県立高校の参考にはならんのではないか?本当のマネージメント、経営と言うのは、アフリカの最貧国ですら、実践すれば、民度も産業力も向上出来る、と言う実効性を備えていなければならない。

私自身は、感情的には否定したいが、アングロサクソンの資本主義には、普遍性があるように思われる。勿論、それは、日本がそれに帰依すべきだと言う事を決して、意味しない。日本は日本に合ったやり方で行くしかない。そうすると、80年代後半、アメリカのリビジョストたちが言った事は正しかった訳だ。
42名無しさん@おーぷん :2014/08/11(月)16:48:20 ID:???
アメリカの修正主義者の対日批判が正鵠を射ていた、と言うのは、その後、日本政府は前川リポートを提出し、さらに、それを上書きする形で、日米経済構造改革協議に応じ、いわゆる、グローバリズムを受け容れ、今日に至っている訳だ。

これを一言で申すなら、゛長いものには巻かれろ戦略゛とでも、称すべきか。自由貿易市場への入場チケットを得る為の代価だろう。鋼の錬金術師の等価交換の法則のようなものだ。冷戦終結によって、日本を囲繞する国際経済環境は大きく変容し、経済活動の世界ルールが変更されたのだ。

だが、日本のグローバリズム受容は実は面従腹背と同義語である。日本は自己のアイデンティティーを維持する為にもアメリカのリビジョストたちの言う所の日本の独自性を棄擲出来ない。では、国際標準のルール下での日本の特殊性とは何か?

それは経済に於ては、economyに「理財」でなく、「経済」と言う訳語を充てた感受性の中に答えがある。経済とは、日本では、経国(経世)済民の手段である。ロスチャイルドやロックフェラーのような国際金融の利殖、自己アドヴァンテージ確保(維持)の為の追随的競争者への抑止力形成の手段ではない。これこそが日本の日本たる所以であろう。
43名無しさん@おーぷん :2014/08/11(月)17:06:42 ID:???
日本のいわゆる○○派と呼ばれる者たちは、理財に目が移ろい勝ちだ。これは武家が定義する所の「卑しい商人」と酷似した発想であろう。(誤解なされるな、そう定義したのは江戸時代の武士たちであり、私がそう申している訳ではない。私は全人類、全世界の人民は基本的人権と言う関点から平等であると確信している)

経済効率を大一義に唱える風潮は俗塵にまみれた北米社会では、主流かも知れない。だが、北米の上院議員たちが1980年代、口角泡を飛ばして我が国を論難した(例の「日本異質論」)ように、我が国は彼らと異なるのである。(↑○○は敢えて、伏せ字にした。)
44名無しさん@おーぷん :2014/08/11(月)17:08:09 ID:???
大一義 X

第一義 ○
45名無しさん@おーぷん :2014/08/11(月)17:19:35 ID:???
○○派を見れば、戦後の日本の大学の品性が劣化している事がよく分かる。
46名無しさん@おーぷん :2014/08/13(水)11:55:50 ID:???

今、世界的に貧富の差が広がっている。
アメリカのデモで言っていた「1%の金持ちと99%の貧乏人だ」

99%とは、ニートや失業者から、派遣社員、そして正社員でも明らかに実質賃金が下がってきている。
一部の「勝ち組社員」にしても、給料が上がった以上に仕事・責任が重くなり、果たして「勝ち組」と言えるのかどうか。

結局「株主」だけが「勝ち組」と言う株主資本主義だ。
これは、時代の流れとして自然にそうなったのではない。

アメリカ・ウオール街の投資家が中心となり、まず、アメリカ政府を動かし、ついで世界中の政府をアメリカの圧力で動かして「意図的に」作った「貧富の差」だ。
TPP、FTAなどは、このための手段だ。
47名無しさん@おーぷん :2014/08/13(水)12:08:50 ID:???
マルクスはある意味正しかったのか
48名無しさん@おーぷん :2014/08/13(水)16:52:19 ID:???
『マルクスが正しいかったのか?』と言うと、やはり間違っていたと思う。
しかし、共産主義国家が誕生したことには意味があった。
これにより、『共産主義と資本主義、どちらが労働者を幸福にするのか?』と言う競争が始まり、資本家も、これまでのように、労働者を『利益を生むための道具』として安月給でこきつかうわけにはいかなくなった。
特に、第二次大戦後、共産主義国家が次々に誕生した後は、『共産主義封じ込め』のためにも『労働者の保護』は、欠かせない『戦略』だった。
それが『ソ連の崩壊』以降、崩れた、労働者を保護する理由を失った資本家は、元の『安月給でこきつかう』体制に戻った。
それが『派遣社員』だ。

これは、戦後に確立した『労働者の諸権利』の事実上の『撤廃』である。
それとともに『株主の配当金』が、急上昇、貧富の差が拡大した。
49名無しさん@おーぷん :2014/08/14(木)15:05:30 ID:???
話題を変えるようだが、思うに、現代史と近代史の中間に「近・現代史」と言う範疇を想定した方がよいかも。

もし、1990辺り以降を現代史と呼ぶのなら、1918~1990は近・現代史である、と言う別け方ね。
50名無しさん@おーぷん :2014/08/14(木)15:15:28 ID:???
近代終盤≒現代--≒近代++

節目(区分けボーダー)を第一次世界大戦、もしくは、第二次世界大戦に置くのは仕方ない。

次の節目をソ連崩壊年の1991に置くのも仕方ない。
51名無しさん@おーぷん :2014/08/17(日)20:24:03 ID:???
「文部科学省、高校に『近現代史』の新指導要領導入検討」

http://sankei.jp.msn.com/smp/life/news/140817/edc14081710100001-s.htm
52名無しさん@おーぷん :2014/09/07(日)21:08:53 ID:???
教えを乞う側のとるべき態度があるわな。だから、「柔」の唄の三番の歌詞を実行される。分からん奴は永遠に分からんやろ。
53名無し@おーぷん :2014/10/22(水)00:52:03 ID:???
唐突ですまんけど歴史検定二級取りたいんだけど受けたことある方いますかね?
54名無し :2015/01/08(木)22:08:28 ID:???
よく「楽市楽座は、信長が始めたんじゃない」という話を聞く。
確かに、楽市楽座を最初に始めたのは六角定頼だったようだ。

しかし、「日本の経済を変えた功績」という意味では楽市楽座は、信長の功績だ。
経済政策や治安・福祉政策は、局地的ないしは一時的措置では、あまり効果を出さない。

六角氏の楽市楽座政策は、六角氏の領内を潤しただろうがそれに止まった。
織田信長の楽市楽座は、日本の中枢部10ヵ国で実施されたために、それは、日本全国に影響した。

それは、日本の経済史を「信長の」楽市楽座以前と以降に分けるほどの影響力を持ち、それ以降の分岐点は明治維新まで待たねばならないほどだ。
六角氏の楽市楽座には、それほどの影響力はない。

楽市楽座にしろ、関所税の廃止にしろ検地・刀狩りにしろ日本史で問題にすべきなのは「日本史を変えるほどの」規模でなされた政策だ。
55名無しさん@おーぷん :2015/01/16(金)18:12:14 ID:???
一時期、相当日本の教育はおかしくて、
Q、「奈良の大仏を作ったのは?」
A、「農民」
ってのが正解になるような時代が有ったんだよなぁ。
ゆとり教育どころの話じゃない、左翼教育とでも言うのか。
是が非でも「天皇」の名前を出したくないから、よりにもよって「農民」を答えにするとかかなり狂ってたと思う。
聖武天皇が発願しなかったら、東大寺も大仏も建立されなかっただろ。
56名無しさん :2015/01/21(水)20:02:57 ID:???
左翼教育も酷いが、最悪なのは、創価学会だろう。
何せ「世界の平和に一番貢献しているのは創価学会の池田大作先生」と本気で信じているのだから。
57名無しさん@おーぷん :2015/02/21(土)20:33:52 ID:???
井沢元彦の逆説の日本史は、面白い。
特に邪馬台国は、「やまたいこく」とは、読まない。
これは、当時の日本語の発音を中国語で書いた「当て字」なのだから「当時の中国語」で発音しないとダメだ。
そして、当時の中国語で発音したところ邪馬台国は、「ヤマド」だった。
「ヤマト」に近い。
58名無しさん@おーぷん :2015/02/24(火)17:54:04 ID:???
>>57
当時の中国語の音ってどうやって残っているの?
59名無しさん@おーぷん :2015/02/24(火)22:23:27 ID:???
>>58
漢文の注釈に残ってるんですよ。
例えば漢字の「漢」の字と同じ音に当てはまる文字を探してきて、
「漢の音は巻也」
とか注釈で書くわけです。
60名無しさん@おーぷん :2015/02/25(水)20:01:32 ID:???
>>57
一行目が無ければ合格なんだがなw
61名無しさん :2015/02/26(木)21:21:58 ID:???
〉合格なんだがな

なんか上から目線だな
62名無しさん@おーぷん :2015/02/26(木)22:50:40 ID:???
>>59
そのように書物を遡っていけば音にたどり着けるのですね。
ありがとうございます。
63名無しさん@おーぷん :2015/02/27(金)16:37:13 ID:???
>>62
だから、ぶっちゃけ言っちゃうと、
中国の学問史って儒教経典の【解釈史】なんですよw

元々原文が読めなかったから「解釈」が付いたというのに、今度はその注釈に書いてある「音」が戦乱などで解らなくなって、「注釈の注釈」が生まれ、
で、また戦乱か何かが原因で「注釈の注釈」が読めなくなって「注釈の注釈の注釈」が作られる……と。

まぁ、中国がアヘン戦争に大敗するのも当然の結果だったわけです。
『学問』と言えば、儒教の注釈でしか無かったわけですから。

日本では、儒教教育も熱心に行われましたが、蘭学が普及してたり、剣道や柔道、または銃を扱う術などが普及していました。
儒教一辺倒ではなかったわけですし、和算などの数学もかなり高度な水準にありました。

それが日中の明暗を分けた差です。
やはり教育は大事ですし、学問が単なる注釈ばかりになってくると、その国の教育レベルがダメになってきているという事ですね。
64名無しさん@おーぷん :2015/03/09(月)23:09:10 ID:???
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150309/k10010009591000.html

北岡って、コイツ本当に学者か?
頭おかしいんじゃねえの?
65名無しさん@おーぷん :2015/03/10(火)23:44:01 ID:???
なんだこいつ
正気の沙汰じゃないな
66名無しさん@おーぷん :2015/06/29(月)16:13:20 ID:???
>>63
そもそも科挙の試験対策が文章丸暗記だったからね。
創造性とか無視されまくる知的環境。
勉強するほどバカになる類。
67名無しさん@おーぷん :2015/09/23(水)14:57:13 ID:???
ここまで解けた! 「古代史」残された謎 あの人物・事件・遺跡の常識を360度覆す
68名無しさん@おーぷん :2015/09/24(木)06:25:37 ID:???
流れぶったぎってごめん。
ふわっとしてて申し訳ないんだけど教えてほしい!

けっこう前にテレビで見た、
ある大名が酒盛りかなんかやった後でグースカ寝てるところに敵の夜襲を受けたんだけど、
その奥さんが鎧兜つけて無双して敵を撃退したので、
『〇〇(城の名前)は××(大名の名前)なくともその妻あり』と語られるようになった。
みたいな話があって、それが好きなんだけど、その城か大名の名前解る人いる?
テレビでやってる位だし、有名な話だったらスマソ…
69名無しさん@おーぷん :2015/09/30(水)21:54:19 ID:???
隠居間近の社会人です。
暇つぶしに高校日本史の勉強を始めました。

ナビゲーター日本史っていうのを読み始めたんだけど、意外と面白いですね、これ。
大昔、学校で習ったこととかなり違ったことが書いてある。

自分が学生時代は人類の歴史は100万年って習ったんだけど、今では400万年。
「大化の改新」が「乙巳の変」に格下げ。
古代史の基本を支える日本書紀のはずが中身に嘘入りまくりという判定。
いいくにつくろう鎌倉幕府だったはずなのに、いまでは1185。

まるで浦島太郎気分です。

でも逆に新鮮な気分で勉強できるのが楽しいです。
70名無しさん@おーぷん :2015/10/03(土)11:03:54 ID:???
日本史って、高校教科書のレベルをちょっとだけ掘り下げると急に面白くなりますね。

今回は有間皇子の変を知ってそう思いました。
有間皇子に蘇我赤兄が同情したフリして、自分が手伝うからって言って反乱挙兵を勧め、
その気になった有間皇子をそのまま中大兄皇子のところに連れて行って絞首刑にしちゃったという話。
71名無しさん@おーぷん :2015/10/05(月)12:35:09 ID:???
最近のニュースの、インドネシアの幹線インフラ受注合戦での敗北の件ですが、
鎌倉時代の御家人の徳政令、コレをふと思い出してしまいました。

インドネシアの新幹線インフラ受注の話ですが、事前測量は日本が自腹でやってたのに
そのデータを中国に横流し。中国は調査費を浮かした分安く見積もることができ、
仕事は中国に流れた。

このニュースを知って、鎌倉時代の徳政令を思い出しました。

鎌倉時代の徳政令は、まず元寇があって、その論功行賞として土地を与えることができなかった
鎌倉幕府は困窮する御家人を助けるために徳政令(借りた借金はチャラです制度)を出した。

金を貸した側は溜まったもんじゃないけど、しょうがない。
でも、もう二度と金を御家人に貸すもんか。と、なってしまって
結果的に、御家人はさらに困窮するはめになったという。

今回のインドネシア政府も、同じようなことになるんじゃないかなと、ふとおもったわけです。
要するに、目先の利益に飛びついて、その利益と引き換えになくした信用ははかりしれず。
という点で共通してるんですね。

やはり商売は「三方良し」(売り手よし、買い手よし、社会よし)の精神がないと
上手く回っていかないものだと思います。

今後のインドネシアの成り行きに要注目です。
72名無しさん@おーぷん :2017/04/07(金)08:50:55 ID:???
>>54
信長の楽市楽座は失敗だぞ
それに支配地域全てが楽市楽座になっていた訳でもない
信長の支配地域であっても座が残されて保護されていた地域も存在した

信長は、別にそこまで確固とした見通しや信念が有って政治をしていた訳ではない
73名無しさん@おーぷん :2017/04/12(水)18:42:09 ID:???
>>69
左翼が教科書作りに入り込んで、
維持でも「天皇」という名前を排除しようとした結果だよ、それ。

頼朝が征夷大将軍に任じられたのは1192年で間違っていないので、鎌倉幕府の成立はその年でも間違ってはいない。
1185年ってのは、あくまでも義経追討の為に、全国に守護地頭を設置した年の事。
しかも、それすら後白河法王の許可を必要としている上に、朝廷は朝廷で独自に公卿を派遣しているので、
幕府の権威がどこまで及んでいたかは疑問。
実際、奥州藤原氏などは守護地頭の受け入れを拒否したし。
74名無しさん@おーぷん :2017/04/12(水)20:31:31 ID:???
政体の発足した年と、それが承認された年と、幕府を開いた年って何の関係があるんだろうか?
幕府って将軍の司令部の事なんだから、実態がどうであれ将軍になるまでは幕府と言うのは間違いだ
75名無しさん@おーぷん :2017/04/13(木)11:03:47 ID:???
>>74
全面的に同意なんだが、
もはや日本は右も左も金太郎飴のようなイデオロギーで凝り固まってる連中ばっかりだからねぇ…
左翼は、いつ、いかなる場合であっても「天皇」という存在を無視しなければならないという決まりでもあるのか?
「奈良の大仏を作ったのは農民」とか言って聖武天皇の存在を平然と無視したり…

一方の右も、単に「反左翼」とさえ言っておけば見境無しに誰でも支持すると言うのだから終わってる…

「是々非々」って言葉はコイツらの世界には存在しないのかっての
76名無しさん@おーぷん :2017/04/24(月)14:23:39 ID:???
>>19
今の安倍晋三応援団の馬鹿どもの姿を見ていると、
「全体主義が日本人の国民性」と言うのは間違ってなかったな…
あいつらマジでアホすぎだろ。
安倍晋三が日本の国益の為に何をやったって言うんだよ?
ひたすら国を売る為だけに頑張ってる無能な売国奴じゃん。

なのに、

1、「左翼が安倍ちゃんを批判している!」

2、「安倍ちゃんを批判する奴は全員左翼!」

3、「だから聞く耳は一切持たなくて良い!」

4、「安倍ちゃんガンバレ!」

この短絡馬鹿な思考回路は意味不明。
「権力者を批判するな!」とか、どこの北朝鮮だよ?
明らかに日本人の少なからぬ人々は、ヒトラーとかスターリン、金日成みたいな「独裁者」を待望してるだろ。
77名無しさん@おーぷん :2017/04/24(月)16:12:30 ID:???
それから森友学園。
安倍晋三の妻が百万円払ったかどうかとか、
国有地払い下げに関与したかの問題は置いておくとしても、
安倍晋三が森友学園の教育方針に感動して賛成していたのは明らかであって。
森友学園の理事長も安倍晋三応援団の一味で、
子供達に「安倍晋三ガンバレ!ガンバレ!」とか叫ばせていたあの異常教育。

安倍晋三とか馬鹿ウヨのクルクルパーどもはあんなのを見て「素晴らしい!」とか感激して見てたのかよ?
あれを見て北朝鮮の洗脳教育とか、中国の紅衛兵とかヒトラーユーゲントを連想しない奴は頭がどうかしてるだろ。

しかも、子供達に「中国・韓国は嫌いです」とか洗脳させていたとか。
大人がしっかり調べた上で、しかも個人の意志で「嫌いだ」と判断するのならまだしも、
年端も行かぬ子供に対して叩き込むのは「洗脳」だろ。

あれって、中国・韓国の「反日教育」とどこが違うんだ?
お前らが嫌って嫌っておぞましい程嫌っている中国・韓国の連中と一緒の行動じゃねえかよ。
78名無しさん@おーぷん :2017/04/24(月)21:27:46 ID:???
そういうのはニュース板の単発ID連中相手に言っとけ
あんな親の仇みたいなコメント並べただけでそれが民意だとか騙される奴って居るんだろうか?
79名無しさん@おーぷん :2017/04/30(日)16:10:43 ID:???
>>78
あいつらはそもそも聞く耳を持っていない。
脳味噌空っぽで声だけデカいnoisy minority。
でなきゃ、「安倍晋三を批判する奴は全員左翼」とか「民進党支持者」だとか狂信出来るはずもない。
80名無しさん@おーぷん :2017/05/02(火)01:17:04 ID:???
>>79
藁人形論法だろ

それに比べたら森友の前理事長は普通に安倍批判しててまともだよ
教育なんて元々師匠の教えに逆らったら破門という代物でそこに自分の判断は無い
お経だの孫子だの詰め込まれたところでそんなものは新聞紙と同じでただの梱包材
ひと通り覚えてから他のを聞くほうがどちらが良い考えか比較ができるから判断力が付くだろう
しかし頭が固くなってからでは別の考えなんて受け付けなくなるからそれが洗脳になる
だから無難な親方日の丸の教えはなんかはむしろよくわかってない内に済ませてしまう方が
情弱は減らせるのではないだろうか?
81名無しさん@おーぷん :2017/05/05(金)19:21:39 ID:???
>>80
森友理事長が安倍批判に転じたのって、
自分が「トカゲの尻尾切り」(by理事長)みたいに切り捨てられた事が原因でしょ。
散々「安倍ちゃん万歳、万歳、万々歳」とやってきたのに、当の安倍ちゃんから切り捨てられたから。

加えて、失笑するしかないのが、馬鹿な安倍シンパが、
「これ以上安倍ちゃんの足を引っ張るな!」
などと森友学園に抗議の電話をしてきたのが原因なんだとか(理事長談)

安倍がスキャンダル起こしたら、安倍や安倍妻を批判するんじゃなく、
今まで安倍シンパの一人だった男を、
「安倍ちゃんの足を引っ張る民進党を利する男」
とか思いこんで叩き始める連中とか、正直脳味噌終わってますわ。

あと、教育論については同感で、最低限のレベルは強制的に叩き込む必要があると思うけど、
子供に「中国・韓国は嫌いです」と洗脳するとか、
「安倍ちゃんガンバレ~」と連呼させるってのは論外。
これは「最低限のレベル」とは言わない。

仙台だかどっかで却下された、大川隆法の学校計画が有ったけど、
「大川先生万歳、万歳」とか子供に叫ばせる教育してたらどう思う?
創価の学校で「池田大作先生万歳、万歳」とか教えてたらどう?
日本国内の朝鮮学校で「金日成マンセー」とかやってるのを見たらどうよ?

そういうのを「異常」と感じるのなら、
「安倍ちゃん万歳」も異常と感じないとおかしいよね?
82名無しさん@おーぷん :2017/05/05(金)20:46:44 ID:???
君が代は歌うから異常とは思わない
強制させたのは異常だ
接待でおもてなしは異常ではないだろう
お遊戯会でお上手を言わせていると考えれば大差ないのだが
相手が尊敬を受けるにふさわしい人物に思えないので異常を感じるわけだ
83名無しさん@おーぷん :2017/05/06(土)01:59:23 ID:???
ゲーム部の想像力のないゲーム脳の相手なら正直懲りた
スレを頭から読み込む能力すらない感じだな
84名無しさん@おーぷん :2017/05/09(火)19:05:39 ID:???
>>82
そう、国旗国歌の存在を教えるのは「最低限」だ。
でも、それを忌避する人間にまで強制するってのは「異常」。
おまけに、二重国籍者とかハーフ、はたまた外国人にまで強制するのは信じられない。

まして、スポーツ大会の開会式とかで、一流歌手が君が代を「巧く歌えなかった」という意味不明な理由だけで非難するというのでは、
異常を通り越して「頭がおかしい」レベル。

どんなにボロクソに言おうが、最低でも非難している連中よりは一流歌手の方が巧いはずなんだが。
文句があるなら自分で歌手デビューして、より巧い君が代を披露してみせろって言いたい。
85名無しさん@おーぷん :2017/05/09(火)19:11:09 ID:???
20世紀のイタリアを代表する名指揮者、トスカニーニは、
元々、ムッソリーニのファシズムに共感しており、ファシスト党にも参加していた。

しかしムッソリーニの権力掌握後、フィレンツェだかどこかでトスカニーニがファシズムの理念とは全く無関係の音楽演奏会を開いた時、
若手ファシスト党員の跳ねっ返りが、
「ファシスト党歌も演奏せよ」
と強要、トスカニーニが拒絶すると暴力を振るわれた。

それを契機にトスカニーニという偉大な才能はアメリカに亡命してしまうのだが、
「文化人」であるトスカニーニに暴力振るったファシスト党若手連中と今の日本人は大差ないように見える。
86名無しさん@おーぷん :2017/05/09(火)21:20:12 ID:???
>>84
どういう状況か知らないが、「流し」の歌手が「巧く歌えなかった」のであればプロとして非難されるのはやむを得ないな
自分のコンサートでアンコールとかの客に要求に答えるのはサービス残業なんだからそれを非難するのはおかしいね
87名無しさん@おーぷん :2017/05/10(水)02:09:21 ID:???
>>86
ようつべとかニコニコで、君が代を歌ってる歌手の映像を見ると、決まって非難し始めるのが居るよ。
EXILEとかGACKTが歌ってるってだけで、
「国歌なのにあんなふざけた格好で歌うとか許せない!」
「国歌を下手に歌ってるから反日!」
みたいなコメント見て心底ウンザリした。
「歌っていただいた」って発想は無いのかとツッコミたくなる。
88名無しさん@おーぷん :2017/05/10(水)09:16:04 ID:???
>>87
実況ってのは普通は発言が被りまくる一体感を楽しんだりするものだけど、人が多く居るように思えるので目立ちたがりが寄って来るのさ。
飲み屋の会話と間違えた酔っぱらいの戯言で見られたものではないのだが、それを他人が言えない毒を吐ける俺カコイイと粋がってる天邪鬼な不良が憧れているんだろう。
要は迷惑動画を投稿する連中の構成と一緒なのではないか?
89名無しさん@おーぷん :2017/05/23(火)06:18:17 ID:???
http://blog.livedoor.jp/drazuli/archives/7345522.html

善し悪しは別に、やっぱり外国人から見てもおかしいと感じる部分は有るね。

「制服着用が義務」とか、「部活動は任意ではなく強制」とか。
これが「全体主義」でなくて一体何なんだと。
90名無しさん@おーぷん :2017/05/23(火)12:57:25 ID:???
文化でしょ
危機の時、散り散りになって逃げるのと、肩を寄せあってやり過ごすのと、どちらの生存戦略を取ったかで遺伝子に刻まれたものも違う可能性がある
91名無しさん@おーぷん :2017/05/23(火)13:17:57 ID:???
泣こうが喚こうが子供に予防注射を打つのが全体主義かという話だな
むしろ国家予算を節約する工夫だろう
92名無しさん@おーぷん :2017/05/23(火)18:49:53 ID:???
納得出来る指摘は、中学とかの内申点で進学先まで限定されるのが理不尽って指摘だな。
これは確かに思ってた。
教師に好かれる生徒が高く評価され、教師に嫌われただけで低く評価されて進学先が無くなる。
教師だってロボットじゃなく人の子なのだから好き嫌いや相性の合う合わないとか有るだろうし、こんなに理不尽な制度は無い。
おまけに、学校制度には合わなくても頭が良い奴とかスポーツ出来る奴とか性格が良い奴とか居るってのに軒並みそういうのは無視なんだもんな。
93名無しさん@おーぷん :2017/05/23(火)18:54:30 ID:???
俺の兄は学校に適応出来なくて行かなくなり、内申点も当然のように低かったけど、
独学で大検の資格取って東大に行っちゃったな。
大学入ってから高校時代の事を周囲から聞く機会有ったらしいけど、
「俺は高校行かなくてマジで良かった。行ってたら無能教師に完璧に潰されてた」
とか憤慨してたし。
94名無しさん@おーぷん :2017/05/23(火)19:10:09 ID:???
>教師に好かれる生徒が高く評価され、教師に嫌われただけで低く評価されて進学先が無くなる。
きょうしを1字変えて上司にすれば、睨まれれば出世が閉ざされるのは当たり前の話になるな
まあ糞教師なんて猿山のボスザルで社会に対する影響力なんで最近は皆無だろうから後腐れない
単なるティーチャー反面教師として学べるものだけ学んだらお払い箱にすればよろしい
95名無しさん@おーぷん :2017/05/24(水)03:50:09 ID:???
イギリスでテロが起こった。
早速馬鹿な自民信者は、
「テロ対策の為に共謀罪は必要!」
とか言い出している。
極限の阿呆じゃないのか?

「イギリスには共謀罪が無かったからテロが起こった」
とでも思ってるんだろう。この馬鹿な連中の脳内では。

イギリスには常備軍も有れば諜報機関も有るし、
そもそも共謀罪自体もとっくに存在しているにも関わらず「テロが起こった」という現実から目を背け、
平然と、
「国家にとって都合が悪い言論は片っ端から取り締まれ」
と主張する、紅衛兵かヒトラーユーゲントみたいな連中が存在するのが日本。
しかも紅衛兵とかは独裁者とか独裁政党などに洗脳・煽動された結果だろうけど、日本の場合は「自発的」なんだもんなぁ…
自分で自分を縛る奴隷の足かせを差し出す国民性…
96名無しさん@おーぷん :2017/05/26(金)02:47:05 ID:???
今まで、散々中国や韓国のネポティズム(縁故主義)を、
「後進国・劣等国の現れwww」
とか言って嘲笑してきたバカウヨが、
安倍晋三による森友学園や加計学園に対する縁故主義に対しては躍起になって擁護するというのだから笑わせる…
安倍晋三こそが縁故主義などという中国・韓国並みの態度を見せる張本人だったのではないかw
97名無しさん@おーぷん :2017/05/26(金)18:13:35 ID:???
そもそも取り締まる連中を取り締まる法が機能してないんじゃないの?
江戸時代の奉行所の輪番制は相互監視としての機能はどうだったのかな?
98名無しさん@おーぷん :2017/05/29(月)13:59:28 ID:???
五人組制度の悪影響が今でも残ってる感じだな。
「空気を読め」「出る釘は打たれる」とかまさにそんな感じ。
自分から進んで政権政党、もしくはアメリカなどの超大国の奴隷に成り下がりたがる意識も一緒。

「日本人は議論が出来ない」とか苦手とか言うけど、そもそも議論の前提となる「知識」と「心構え」が無い。
平気で間違った知識を振りかざして悦に入っている奴も居れば、
如何に先生、上司、会社、政権与党、超大国にとって都合の良い奴隷であるべきかを力説する為に屁理屈をでっち上げる奴も多すぎ。

「韓国が反対しているから正しい」とか、
「民進党が反対しているから正しい」とか、
脳味噌空っぽなのかと思いたくなる。
正しいとか間違ってるってそういう基準じゃ無かろうに…

韓国人だってイジメ問題にはノーと言うだろうし、
前の大統領がアレなだけに汚職政治だって絶対に嫌なはずだ。
じゃあ、韓国人が嫌がってるからこそ日本ではイジメを蔓延させれば良いのか?
汚職政治を大々的に行えば良いのか?

民進党だって一緒。
民進党が反対しているが、共産党は賛成している案件についてはどう判断すれば良いのか?
「何でも反対」と言われがちな共産党だが、意外に自民党に賛成している場合も見られるのだが、
(特に地方議会になればなるほど)
自民党と共産党が賛成している政策についてはどう評価すべきなのか?

正真正銘「頭が悪すぎる」としか思えない。

日本人の大多数は、
「自分の頭で考えなくて良い」
「お上が何とかしてくれる」
「長い者に巻かれろ」
とか平然と思ってるのが問題。
これって明治時代以降もそうだけど、やっぱり江戸時代以前までの日本の歴史に問題が有ったようにしか思えない。
99名無しさん@おーぷん :2017/05/29(月)14:01:43 ID:???
日本人が自分の頭で物を考え行動するように、
一時的に独裁政治を敷いて教育を統制する…

大多数の日本人の覚醒に期待が出来ない以上はこんな方法しか無いのだろうか…
100名無しさん@おーぷん :2017/05/29(月)14:04:13 ID:???
自分の頭で考えるならば、独裁なんて良くない事は解るし、
思想統制なんて以ての外となる事も解るはず。

なのに、独裁でなければ日本人の奴隷根性を叩き直せないと思われるのだから悲しい。
独裁統治下に置かれる日本人も、
好んで独裁者になりたいとも思ってないまともな国家指導者も、
両方とも不幸になるのが目に見えるからだ。
101名無しさん@おーぷん :2017/05/29(月)19:34:09 ID:???
>>98
それこそ「年寄」の仕事だろ
知識の無い若手に色々させるのは勉強でしかないんだから、ダメなら全力で止めろって話だな
102名無しさん@おーぷん :2017/05/29(月)19:45:46 ID:???
>>99
天皇大権が何故首相にあると解釈可能なのか誰か説明してくれないだろうか?
大臣の任命はともかく罷免は国会承認させるべきだと思う
103名無しさん@おーぷん :2017/05/30(火)02:42:24 ID:???
>>101
今の日本は、年寄りが政治を担ってて、
しかもその年寄りが戦前(というか戦時中末期)みたいな時代を理想とするような時代ですからね…

若いと思われがちな安倍晋三その人が62歳、
一般的には「年寄り」と呼ばれて然るべき年齢ですからね。
その年寄りが、森友学園の紅衛兵かヒトラーユーゲントを育成する学校の授業を見て感動してたって言うんですから終わってますよ…

じゃあ野党が良いのかと言えば、野党も野党で結局は方向性が違うだけでやりたい事は一緒。
所詮、目先の弥縫策しか考えてない始末。

>>102
同意だが、これまた独裁待望論者による憲法解釈のお陰。

ヒトラーはワイマール憲法を破棄したのではなく骨抜きにしたが、
今、日本で、眼前で起こっているのがその事態。

現憲法を「改正せよ」とか「破棄せよ」と言うよりもよっぽどタチが悪い。
104名無しさん@おーぷん :2017/05/30(火)20:19:46 ID:???
>>103
「おもてなし」を受けたお客が感動するのは当たり前の話
だけどそれで視察したつもりになって語るのは只のアホだろうね
105名無しさん@おーぷん :2017/05/30(火)20:40:46 ID:???
>これって明治時代以降もそうだけど、やっぱり江戸時代以前までの日本の歴史に問題が有ったようにしか思えない。
むしろこんな事思ってるから問題なんだよ
いくら悪かろうが知識がない連中の下手な空論よりマシなのは歴史が証明しているのに、それを指摘する大人が居ない
教えるほうが自己否定するから、若者が旧体制という反面教師の物差しを持てなくなっている
だから何をしていいかわからないんだよ
106名無しさん@おーぷん :2017/05/30(火)21:10:10 ID:???
幼稚園児がよく理解せずに何をしようが結局は親のエゴだけど、国会議員が政党のお人形化していて
幼稚園児以下の判断力で国会が幼稚園という方が問題だね
107名無しさん@おーぷん :2017/05/31(水)03:02:27 ID:???
>>104
全く同意。
しかも、「首相夫人」は「公人に非ず」、だから国会に出てきて説明責任は無いなどとほざくのだから救いようが無い。

安倍昭恵は、森友学園だけに留まらず、睡眠薬昏睡レイプ魔である山口敬之のFacebookにも「いいね!」していた事が判明した。
しかしこれすらも「公人ではない」から無罪放免となるのが今の時代らしい。

いっそオウム真理教やイスラム国に対しても「いいね!」してみたら如何か?
「公人ではないから問題ない」と言い張るのであれば、こんな行動が許されるのかどうか実験してみれば良いと思う。
日本国内はおろか、世界中から白い目で見られるだろうから。

>>106
仰る通り。
共謀罪について説明責任を持っているはずの法務大臣が、まるっきり中身について不勉強、無知極まる答弁に終始し、
ろくに説明もしないで強行採決というのが許されるのが不思議だ。

かつて民主党政権時代、
「私は軍事について何も知らない。知らない人間が自衛隊を指揮するのがシビリアンコントロール」
などと得々とほざいて総すかんを喰らった「防衛大臣」が居たが、あの時は批判が殺到したのに、
一から十まで何一つ満足な説明が出来ない脳足りんが「法務大臣」というのは批判されないというのだからおかしな話だ。

こんな奴を大臣に任命した安倍晋三にも批判が向かわないというのだから、
民主党政権時代と全然話が違う。
108名無しさん@おーぷん :2017/05/31(水)05:52:09 ID:???
民主は政治資金規正法に足を掬われたな
法律は外交文書じゃないんだから希望的解釈は厳禁だということがわかっていない議員が多すぎる
まあ作った筈の抜け道は罠だったけど、あんなものはそもそも金が入らなきゃ関係ないわけだ
例えば出て行く筈の不定期出費が出て行かなかっただけで儲かるわけだが、
そんなものは帳簿見たって不審な点がむしろ消えるだけの話だよね
109名無しさん@おーぷん :2017/06/04(日)13:03:07 ID:???
首相が、ではなく、首相補佐官がアホだった事が立証されてしまった。
柴山昌彦の事である。
日本会議にも参加している上に「補佐官」でもあるので、
さぞかし日本の歴史や伝統などについて詳しいのであろうと思いきや、
まるで何も知らないという事が判明して暗澹たる気分になった。
首相が馬鹿でも、それを補佐して問題を無くす為に「補佐官」という存在が在るのではないか。
首相が馬鹿で、補佐官も馬鹿というのでは何の為の「補佐官」だ!

「日本の歴史上、皇位簒奪なんて企てたのは南北朝時代の一例しか無い」

彼はこのように臆面もなく断言した。
大化の改新も知らなければ、道鏡事件も知らんのか、コイツは?
そもそも、南北朝時代は「皇位簒奪」などは行っておらず、北朝も南朝も等しく皇族の血を引く。
その者同士が争っていたのだ。
南北朝時代を「皇位簒奪の時代」などと言い出す柴山は、日本史の授業中、きっと寝てたのであろう。
日本会議も、このような無知蒙昧な恥曝しは追放するべきではないのか?

それにしても、テレビにも出てくる「補佐官」が、
まるっきり無知で不勉強なのが丸分かりなのに得意げに講釈を垂れるのは如何な物か?

何よりも、「馬鹿な首相補佐官」などという「税金泥棒」が存在している事が許せない。
首相補佐官は、本物の意味で知識を持ち、常に勉強をし続ける真摯な人物の地位であってもらいたい。
テレビに出てくるのであれば尚更だ。
デタラメな講釈を始めるような「補佐官」では困る。
110名無しさん@おーぷん :2017/06/04(日)14:14:44 ID:???
禅譲未遂は簒奪ではないって理屈じゃないの?

そもそも追号であることを考えれば、聖徳太子を天皇扱いしたらダメなんだろうか?
111名無しさん@おーぷん :2017/06/04(日)14:21:49 ID:???
っていうか今回の特別法で施行から3年以内って譲位の期限を区切るのが違和感ある
陛下がサイン拒否ってできるのか?
112名無しさん@おーぷん :2017/06/04(日)14:32:24 ID:???
そもそも談話の趣旨としては、ぽっくり逝ったら逆に迷惑だし、寝たきりの置物は天皇としてはありでも象徴天皇にふさわしくないからそれまでに何とかしようという話で
どこにも辞意なんて出てないのになんで辞めさせるのか意味不明だ
113名無しさん@おーぷん :2017/06/04(日)19:38:13 ID:???
>>110
簒奪って、皇室に近い血を引かない、
はたまた宮家の一員でもない、
そんな天皇にとっては「赤の他人」が天皇になろうとする行為の事でしょ。

足利義満は天皇になろうとしたという話は有名だけど、あれって南北朝時代は終わった後の話だし、
厳密には息子の足利義嗣を天皇にしようとしただけで、当人が天皇になろうとした訳ではないしね。
それでも充分簒奪未遂とは言えるけど少なくとも南北朝時代の話ではない。

それに南北朝時代のそもそもの原因は、
後醍醐天皇が「両統迭立」の原則を破って己の息子に皇位を譲ろうと私欲を発揮したのが原因であって、
簒奪云々はやっぱり無関係。
後醍醐天皇が倒幕の成った後におとなしく北朝に皇位を譲っていれば起こらなかった動乱でしかない。
(倒幕の成った時点で既に両統迭立の条件である十年の枠を越えているのであるが)
114名無しさん@おーぷん :2017/06/04(日)19:57:44 ID:???
>>111
陛下御自身が、
「平成30年を区切りに位を退きたい」
と期間を明言されたので。

あれが「いつでも良いから」なんて話であったなら、今でも政府は何もしなかっただろうね。
何せ、選挙の票に結びつかない事は何もしないのが今の安倍政権なのだから。

今までの政権も、選挙公約と実際の政策との相違が甚だしかったが、
安倍政権は散々「日本を取り戻す」などと豪語していながら、その真逆の方向に突っ走っているのだから始末に悪い。
言ってる事、やってる事が、左翼のそれなのだ。
共謀罪による監視国家化なんてのも、共産国家を想起すれば話が早い。
日本国憲法を「戦後日本が繁栄した原動力であった」かのように礼賛するのも、共産党や社民党の発想でしかない。

>>112
陛下御自身が「摂政」は拒否されたから。
寝たきりになって祭祀も公務も出来なくなったら、率直に言って「税金泥棒」と言われても仕方が無い事になる。
少なくとも陛下御自身はそのように自戒している。

さらに税金泥棒などという程度の低い批判よりも何よりも、
祭祀にも公務にも人一倍熱心であった天皇陛下が何も出来ないというのでは、これほどの生き地獄は他に無いだろう。

また、恐れ多い事だが、認知症やアルツハイマーのような「老人ボケ」が始まってしまってもおかしくない年齢である。
肉体的な疾患よりも、精神的な疾患が始まってしまって正常な判断が下せない、
正常な行動が行えなくなる事の方を何よりも危惧しておられるのだろう。

加えて、今上陛下御自身がそうであったが、
父天皇が長生きし過ぎたせいで、在位がわずか数年で終わってしまったら色々な面で問題が起こる。
皇太子殿下と天皇陛下の見る視線、行う行動は違う物だし、
日本の官公庁は原則として元号を用いているので、数年単位でコロコロ変わってしまったら迷惑だ。
貨幣に刻印する元号も混乱するだろう。

さらに言うなら、既に皇太子殿下も若くはない年齢に達している。
現状では男系男子の子が皇太子殿下御夫妻にはいらっしゃらないので秋篠宮殿下が皇太弟殿下になられるはずであるが、
その当人である秋篠宮殿下御自身が困惑してしまっている。
「私は、天皇に即位するべく、然るべき教育を受けた訳ではありませんので」
とハッキリ明言している。
今上陛下の亡き後、数年で皇太子殿下まで亡くなってしまったら、
皇室の歴史や伝統などについてほとんど何も継承されないまま、
秋篠宮殿下が即位される事となってしまう。

言うまでもないが、皇太子殿下とさして年齢差が在る訳でもないので、最悪同時に亡くなってしまう可能性すら在る。
そしたら、悠仁親王はろくに勉強期間も与えられないまま即位してしまうのであり、さすがに「天皇」としてそれはどうかという話。
115名無しさん@おーぷん :2017/06/04(日)20:15:23 ID:???
女性天皇も女系天皇も公認してしまえばこんな問題は無いんだけどね。
今存在する皇室の方々で維持し続ける事が出来る可能性が格段に跳ね上がるのだから。
側室制度が存在しない今、「男系男子のみ」で皇位を繋ぐなど土台無理な話。

元々日本の歴史には女性天皇は8人10代存在しているのであり、
そもそも元を糺せば、天照大神の「女系の子孫」こそが皇室の始まりである。
少なくとも古代の日本には、女性天皇やら女系といった概念を拒絶する意識など無かった。

大河ドラマで「井伊直虎」をやっているが、戦国時代には武士の世界でも「女城主」「女当主」は普通に見られた。
織田信長にすら、女城主の親戚が存在したくらいである。
(武田に寝返ったので後年ぶっ殺されたが)

日本に「男系男子のみ」などという強固な思想が注入されたのは、
男尊女卑の本場、支那から儒教道徳がもたらされた江戸時代の話であった。

明治時代、「男系男子のみ」という狭い枠組みの中に閉じこめてしまったのは、
江戸時代250年間で広まった、支那風の儒教道徳に則った価値観でしかなかったのだ。

さらに、大正天皇は、
御自身が側室の子という事もあって親の愛情を受ける事が出来なかったので、
死ぬまで自分が側室を持つ事は無かった。

昭和天皇は、その大正天皇の志を受け継ぎ、自分自身も側室を持つ事は無く、
さらにヨーロッパの王家に範を取った宮中改革を行い、完全に側室制度を廃止してしまった。
この時点で「側室制度の復活」などという選択は絶たれているのであり、
また21世紀現在にそのような男尊女卑的制度を許す女性も多くはなかろう。

昭和天皇は御自身が生物学者だったのであり、
「側室制度を無くせば男系男子体制は維持出来ない」
という事も当然熟知しておられた。
(そもそも側室制度が存在した古代からを見ても、何回も断絶しているのが皇室の歴史である)

ならばヨーロッパ王室に倣って女系天皇を積極的に推進するしか道は無い。
「側室制度の復活」などという到底国民に支持されないだろう世迷い言でもぶち上げない限りは。
(馬鹿な右翼連中の中には、実際「側室制度の復活」などと発言した者すら居たが)
116名無しさん@おーぷん :2017/06/04(日)20:21:12 ID:???
>>113
なむさん
禅譲と簒奪の違いは?

>>114
そんなことは言ってないだろう
言っていたら皇后が退位報道でショックを受けるはずがない
117名無しさん@おーぷん :2017/06/04(日)20:26:49 ID:???
男系男子至上主義の連中は、
現実におわす「天皇」とか、その天皇陛下の「大御心」なんぞ、

「心底どうでも良い」

と言わんばかりの連中が多すぎるのが困る。
皇室の事に関しては、天皇陛下以上に詳細に知っている者など限られてくるであろうに、

「ぼくのかんがえたてんのう」

の方が上だと狂信しているのだ。

要するに「保守」とか「右翼」と言った連中が、
普段は心の底から馬鹿にしている現憲法の天皇条項を、
頭の天辺から足の先まで信じ込んで疑いもしていないという滑稽な図なのだ。

言うまでもない事だが、今の憲法の天皇条項とは、

「天皇は物言わぬロボットであれ」

とする不敬極まる代物である。
と言うか、かつては他ならぬ右翼こそが、そのように主張していたはずではなかったか。
なのに、自分自身が天皇や皇室について語る時には「物言わぬロボットたれ」と主張し出すのだから矛盾極まりない。

日本国憲法第一条
天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。

第二条
皇位は、世襲のものであつて、国会の議決した皇室典範の定めるところにより、これを継承する。

第三条
天皇の国事に関するすべての行為には、内閣の助言と承認を必要とし、内閣が、その責任を負ふ。

第四条
天皇は、この憲法の定める国事に関する行為のみを行ひ、国政に関する権能を有しない。
○2 天皇は、法律の定めるところにより、その国事に関する行為を委任することができる。
(略)
第六条
天皇は、国会の指名に基いて、内閣総理大臣を任命する。
○2 天皇は、内閣の指名に基いて、最高裁判所の長たる裁判官を任命する。

第七条 
天皇は、内閣の助言と承認により、国民のために、左の国事に関する行為を行ふ。
(略)
第八条 
皇室に財産を譲り渡し、又は皇室が、財産を譲り受け、若しくは賜与することは、国会の議決に基かなければならない。
118名無しさん@おーぷん :2017/06/04(日)20:29:25 ID:???
>>116
少なくとも陛下がテレビカメラの前に立って自らの心中を語った件に関しては皇后陛下の同意も得ているはずだけど。
君が仰っているのはその後のマスコミ報道や政府の冷淡で鈍足な態度では?
119名無しさん@おーぷん :2017/06/04(日)20:31:57 ID:???
関係ないんだったら改元と退位なんて何の関係もないよな
単にバタバタ変えるのはよくないって話をしてただけだろ
120名無しさん@おーぷん :2017/06/04(日)20:33:03 ID:???
>>116
譲位する当人の意志に基づくか否かでしょう。
支那では当人の意志に基づかない強制的に位を奪う行動ですら「禅譲」と言っていたので、
「禅譲」という言葉が簒奪とイコールになってしまったが…

今回の場合、別に今上陛下に誰かが「退位しろ」などと圧力をかけた訳ではなく、
自発的に陛下が「位を譲る」と述べられた訳であり、これは正真正銘紛れもなく「禅譲」でしょう。
121名無しさん@おーぷん :2017/06/04(日)20:35:31 ID:???
>「位を譲る」
だからいつ言ったんだよ?
言ったなら退位ではなく譲位と報道された筈
122名無しさん@おーぷん :2017/06/04(日)20:37:13 ID:???
>>119
何を変えるのが良くないかと言えば、
崩御の都度に改元が行われる事じゃないの?

また大葬の礼が何度も連続して行われたら財政に負担をかける。
(実際、陛下御自身が自分の大葬の礼は薄葬で構わないと仰せになっている)

何よりも、天皇陛下と言えば、世界中からでも解る「日本の顔」なのに、
それがコロコロ変わってしまっては困る。
天皇と、選挙やスキャンダルのたびに代替わりする総理大臣とではやっぱり違うのだ。
123名無しさん@おーぷん :2017/06/04(日)20:38:44 ID:???
>>122
そもそも崩御しないと変えられないというのは誰が決めたんだって話だな
124名無しさん@おーぷん :2017/06/04(日)20:40:09 ID:???
>>121
去年の8月8日のテレビによるメッセージを知らないの?
「高年齢になって身体も衰えてきたので満足に公務が出来ない」
とハッキリ仰せになっているのだが。
ここまで述べて、しかも摂政は無しとするのだから、
イコール「退位」としか解釈出来ないだろ。
125名無しさん@おーぷん :2017/06/04(日)20:42:53 ID:???
>>124
そうなった時の話をしていたのであって、今できないなんて言ってないし事実激務だろ
126名無しさん@おーぷん :2017/06/04(日)20:45:45 ID:???
>>123
明治時代の旧皇室典範。
立憲政治を日本に根付かせる事に血道を上げていた井上毅が旧皇室典範も書き上げたのだが、
井上案では「譲位を認める」とされていたのが、伊藤博文の鶴の一声によって無かった事にされてしまったらしい。

おおかた、平安時代などに見られた「院政」みたいな事をやらかされて、
立憲政治に則らない禁じ手みたいな方法で政治に関与してくる事を禁止したかったのだろうと思うが。
127名無しさん@おーぷん :2017/06/04(日)20:46:44 ID:???
定年制を導入した結果xx年に引退という話ならわかるけどね
128名無しさん@おーぷん :2017/06/04(日)20:48:19 ID:???
>>126
元号を変えるのは誰よ?
129名無しさん@おーぷん :2017/06/04(日)20:54:07 ID:???
>>125
政治ってのは、あらかじめ対策を練っておく事も含まれるんじゃないの?
「そうなる可能性が有る」と解りきっているなら、「そうなる前に」対策を練っておくのが普通だよ。
年齢的に突発死してしまうとか、寝たきりになってしまうとか、はたまた痴呆になってしまうとか、可能性は尽きない訳で。
真剣に皇室の事とか、天皇という存在、公務や祭祀の事について考えれば、
やっぱり「健康な内に退位する以外に道は無い」となるよ。

>>127
定年制の導入については同意。
一般人ですら65を越えたらリタイアが許されるのに、
天皇は一生、公務も一生というのはあまりにも可哀想だ。

その為にも、速やかに皇太子殿下を即位させなければならない。
というのは、定年制が有ったまま年数経過してしまうと、それだけ天皇となっている期間が短くなってしまうからだ。
兄弟間の即位のように、年の差がほとんど無い譲位では、
わずか数年で定年に達してしまう可能性すら有る。
130名無しさん@おーぷん :2017/06/04(日)20:57:51 ID:???
>>129
むしろ陛下が言わなくても対策を練っておかなきゃいけないだろ
してないからあえて言ったことが退位を意味するなんて曲解は言語道断だよ
131名無しさん@おーぷん :2017/06/04(日)21:06:55 ID:???
>>125
政治ってのは、あらかじめ対策を練っておく事も含まれるんじゃないの?
「そうなる可能性が有る」と解りきっているなら、「そうなる前に」対策を練っておくのが普通だよ。
年齢的に突発死してしまうとか、寝たきりになってしまうとか、はたまた痴呆になってしまうとか、可能性は尽きない訳で。
真剣に皇室の事とか、天皇という存在、公務や祭祀の事について考えれば、
やっぱり「健康な内に退位する以外に道は無い」となるよ。

>>127
定年制の導入については同意。
一般人ですら65を越えたらリタイアが許されるのに、
天皇は一生、公務も一生というのはあまりにも可哀想だ。

その為にも、速やかに皇太子殿下を即位させなければならない。
というのは、定年制が有ったまま年数経過してしまうと、それだけ天皇となっている期間が短くなってしまうからだ。
兄弟間の即位のように、年の差がほとんど無い譲位では、
わずか数年で定年に達してしまう可能性すら有る。
132名無しさん@おーぷん :2017/06/04(日)21:09:56 ID:???
どうも解散風のような感覚で天皇を扱っていないか?
レームダックの首相じゃあるまい
133名無しさん@おーぷん :2017/06/04(日)21:12:29 ID:???
>>130
宮内庁が何度も何度も要望を出しているんだよ。
もうこの問題は15年前の小泉政権の頃にまで遡る事が出来る。
小泉政権の時に検討され、女性天皇も女系天皇も認める答申が出されているのに、
「男系男子絶対主義」の安倍晋三が潰してしまったというのが事の経緯だ。
陛下御自身も宮内庁も満足出来る物が産まれたのに、己のイデオロギーだけでねじ曲げてしまった安倍晋三は万死に値する。

その後もめげる事無く宮内庁は民主党政権にも接近して陛下の御希望を通すように努力してみたのだが、
結局、今の安倍政権によってこれまた覆されてしまった。

以降、どんなに宮内庁を介して安倍政権に頼んでも全く動こうとしない物だから、
業を煮やして昨年8月の「玉音放送」に至ったというのが事の経緯。

15年前に検討を開始して実行に移されていれば、今こんなに問題になる事も無かったものを…
134名無しさん@おーぷん :2017/06/04(日)21:15:35 ID:???
伊藤と井上のやりとりはこちら。
http://www.sankei.com/premium/news/161010/prm1610100022-n1.html
>(旧皇室典範)原案では第12条で譲位に関する規定を盛り込み、終身在位は正統だとしながらも、天皇が身体や精神に重い疾患を抱えた場合、例外として譲位を容認していた。
>この条文を見た伊藤は即時に異を唱えた。

>「不治の重患を抱えていても摂政を置けばよい。譲位の事例は過去に確かにあったが、それは仏教の弊害によるものだ。陛下が罪を犯してはならないのと同様、その地位を退くべきではない。本条削除すべし」

>井上は食い下がった。
>「退位を望む王の在位は国益を損なう」
>とするスイス出身の法学者が唱える譲位容認論まで引用して説得を試みたが、伊藤は「一学者の私見にすぎないではないか」と一蹴した。
135名無しさん@おーぷん :2017/06/04(日)21:18:59 ID:???
南北朝とかいうならそれこそ摂政とか関係なく象徴準后位を作る手もあったんじゃないの?
136名無しさん@おーぷん :2017/06/04(日)21:19:31 ID:???
>>131はミス。別の文章を送信したはずなのに、何故か以前に送った文章になっている。

言いたい事は>>134で書いた事と同じ事。

これだけ大見得を切っておきながら、伊藤は所詮足軽出身であり、皇室について特に深い知識も有していなかったのだ。
そもそも明治天皇は伊藤を嫌っていたという話すらも書いてある。
天皇自身の退位を禁止しておきながら、伊藤自身は辞表を出して辞めようとするのを見て、

「卿等は辞表を出せば済むも、朕は辞表は出されず」

と仰ったと言う。
137名無しさん@おーぷん :2017/06/04(日)21:22:08 ID:???
>>135
その場合、天皇と同格の象徴が並立する事になる訳で。
財政面の問題も含めて、天皇的存在が二つ有るとか無理が有るんじゃないの?
138名無しさん@おーぷん :2017/06/04(日)21:25:42 ID:???
>>137
2人居るからって二倍働かせてどーすんだよ!
ワークシェアリングすれば費用は変わらんだろ
139名無しさん@おーぷん :2017/06/04(日)21:35:46 ID:???
結局、聖徳太子が天皇だと何が問題だったのかって話だな
140名無しさん@おーぷん :2017/06/04(日)21:46:44 ID:???
>>138
「片方いらなくね?」と言われればそこまでな訳で…
それに、原則として祭祀は天皇以外が代行する事は出来ない。
(特に戦後憲法では禁止されていると解する憲法学説が一般的)
天皇陛下が寝たきりとか痴呆に陥ってしまった場合に、皇太子なり別の人が代行する事は出来ないと決まっているのだ。

戦前、昭和天皇が大正天皇の摂政であった時にも祭祀問題だけは常に問題のやり玉に挙げられており、
「愚か者」と言われがちな大正天皇も、どんなに身体面で無理が有ろうと祭祀だけは身体に鞭打って執り行ったと言う逸話が残されている。

最終的に身体を全く動かせなくなった際に宮内省会議にて昭和天皇(当時は皇太子)の代行を承認する決定が為されているようだが、

「摂政宮という存在自体が、日本の歴史上例を見ない異例の存在であり、
かつ天皇陛下以外が祭祀を執り行うという事も前例が無く、
これは一時的な例外的措置であって前例にはならない」

と当時の宮内大臣も明言している。
141名無しさん@おーぷん :2017/06/04(日)21:50:30 ID:???
>>140
天皇以外ができないということは「天皇」扱いすれば誰でもできるって話だろ
142名無しさん@おーぷん :2017/06/04(日)21:53:16 ID:???
『昭和天皇実録』には、侃々諤々の議論となった「摂政による祭祀の代行」についての議論が次のように書いてある。
帝国憲法の解釈では「祭祀大権」という概念が存在しており、これはいわゆる「天皇大権」とは「別」であり、
「皇太子や摂政にすら委任する事は許されない」
という厳しい規定であったようだ。
以外引用。


「ただし、摂政の権限は祭祀に及ばずとの解釈があり、
あるいは摂政は明文ある場合の外は摂政として祭祀を行うべきではなく、
また、摂政の班位は皇太子よりも下となるため、摂政として皇太子が祭祀に参列する場合は、皇后の次に拝礼すべきであり、
摂政としての拝礼のほか皇太子としても拝礼を要するなどの異論もあり、
『宮内省省報』には、御代拝の場合は単に御代拝の事実とその奉仕者のみを記し、その主体は摂政であるとも天皇であるとも明示せず。」
143名無しさん@おーぷん :2017/06/04(日)21:59:45 ID:???
>>141
いや、出来ない。
実際、摂政宮であった昭和天皇ですら出来なかった祭祀も有った。
摂政宮である昭和天皇が代行すると決まった後でも、一部の祭祀だけは、
「天皇が自身で行う事」
と定められているので、摂政であり皇太子でもあった昭和天皇ですら執行出来なかったのだ。

例えば有名な所では元旦に行われなければならない「四方拝」の儀式が有ったが、
摂政宮であった昭和天皇は執り行う事が出来なかったし許されなかった。
以下『昭和天皇実録』から引用。


”皇室祭祀令第23条第2項中
「但シ天皇喪ニ在リ其ノ他事故アルトキハ四方拝ノ式ヲ行ハス」
の規定に基づき、これを行わないこととなる。
晴御膳もまた四方拝と同じく、天皇に専属する儀であり、摂政において摂行せらるべきものではないとされ、行われず。”
144名無しさん@おーぷん :2017/06/04(日)22:05:39 ID:???
大正天皇は比較的早く亡くなったからともかく、
天皇が寝たきりや痴呆になってから十年以上長生きしてしまったらどうするのか?
延命技術に特化している現代医学では、そのような事は容易に行えるはずであろう。
日本では安楽死は公認されていない。

ならば、「退位の自由」を認める方が自然なのではないか?
もちろん政治闘争如きに巻き込まれた結果としての退位ではなく、
きちんと皇室会議を経て議論された結果としての退位である事が前提であるが。

定年制に加え、「本人の意思」も重要である。
我々は陛下にもっと「やって頂いている」という意識を持つべきなのだ。

どうも安倍晋三も含め、「やらせてやってる」意識が強すぎるのではないか?
現憲法が「国民の総意」とか言ってるのが事の発端なのだが。
145名無しさん@おーぷん :2017/06/04(日)22:17:47 ID:???
>>143
代行は天皇じゃないんだからできないだろ
北朝が南朝の祭祀するのはどうよ?
146名無しさん@おーぷん :2017/06/04(日)22:18:12 ID:???
なお、「摂政」という肩書きは平安時代くらいから存在したが、
本来は「せっせい」と読む物であって、「せっしょう」とは読みも違えば内容も異なる物である。
「摂政宮」(”せっせい”のはずだが、昭和天皇の時点で”せっしょう”に読み方が規定される)と、
平安時代の「摂政」とは全くイコールではない。
名前だけ借りてきた別物と言っても良いのだ。
147名無しさん@おーぷん :2017/06/04(日)22:23:09 ID:???
>>145
戦前の時点で、太平記とか水戸学の影響からか、「南朝正統」と判断が下されてますので。
元はと言えば、水戸学なんて朝廷にすら相手にされてなかった異端学説に過ぎなかったんですけどね。
水戸光圀が武家伝奏を通して「尊皇」と「南朝正統」を訴える上奏を行った際、
時の天皇は激怒して突き返したと逸話が残ってるくらい。
そりゃ当たり前で、自分自身の先祖は北朝なのに、
いきなり「お前は正統じゃない」とか言われれば腹も立つだろう。

そんな学説が、150年後くらいになると太平記が広く広まった事と、朱子学の大義名分論の普及にも乗じて「一般常識」となってしまうのだから恐ろしい。
148名無しさん@おーぷん :2017/06/04(日)22:48:16 ID:???
正統の決め手があるなら、そもそも南北朝なんて誰も呼ばないだろう
別に正統が一つとは限らないって話だな
149名無しさん@おーぷん :2017/06/04(日)23:20:32 ID:???
皇后と中宮は結局どっちが上なんだ?
150名無しさん@おーぷん :2017/06/04(日)23:39:00 ID:???
>>133
その「玉音」ですらねじ曲げて、「辞意」を伝えたことにされてしまったのはおかしいって話だな
151名無しさん@おーぷん :2017/06/04(日)23:49:07 ID:???
必要なのは退位の準備ではなく、即位の準備だった筈
天皇の地位は国民の総意に基づく訳だから、肩を叩いてリストラできるものではないだろう
152名無しさん@おーぷん :2017/06/05(月)00:12:55 ID:???
解雇通知だって一ヶ月前に予告しろと決められているのに、どこの嘱託職員の任期だよって感じ
153名無しさん@おーぷん :2017/06/05(月)00:27:05 ID:???
>>151
未だかつて、退位せずして即位する事は日本史上に有りませんよ。
それこそ南北朝時代に戻すなら話は別ですが。
即位とか皇統の安定について考えるなら、必然的に譲位、退位の件についても考えなければならない訳でして。

というか明治以前は、確認出来る限りで60人を越える天皇が自発的か強制的にか問わず譲位しています。
院政の為という理由も有りますが、江戸時代の大半の天皇は仏門に出家する為でした。
今上陛下で125代ですから、半数は上皇になっていた=生前退位していた計算となります。

最後の女性天皇、後桜町天皇は、退位してから実に「40年」もの間、独身で生き続けています。
(元々幼帝が成人するまでの繋ぎだったはずなのですが、幼帝が成人したらすぐに後継者も残さずに亡くなってしまったので結局長い事別の幼帝の補佐を務めています)
154名無しさん@おーぷん :2017/06/05(月)00:31:28 ID:???
>>153
だから南北朝の話をしてるんだろう
いっそ聖徳太子まで戻せよ
155名無しさん@おーぷん :2017/06/05(月)00:32:10 ID:???
>>148
南北朝時代ってのは戦後の呼び名ではないのかな?
北朝にも南朝にも与しない中立的な呼び名であるとして。
昔は「吉野朝」とかで認識されていたと思うんだが。
北朝と室町幕府は当然「偽王朝」で。

>>149
基本的には皇后だが、将軍家の娘とかになれば話は別になるかも。

>>150
http://mainichi.jp/articles/20161020/k00/00m/040/128000c

実際、今上陛下は何度も辞意を表明なさっておられるのだが。
15年前の小泉政権に於ける時もそうだし、
民主党政権の時の運動もそうだし、
テレビ出演する前に何度も宮内庁を通しているし、侍従長も通して何とか意見を聞いてもらおうとしている。
小泉政権以外、ことごとく無視してきたのが自民党。
「小泉が尊皇」とか言わないけど、
自民党や日本会議、神道政治連盟などの連中は「尊皇じゃない」とは言える。
156名無しさん@おーぷん :2017/06/05(月)00:36:51 ID:???
>>155
「つとめをはたしたい」という発言を辞意と考えることはとても国民の総意とは言えないな
157名無しさん@おーぷん :2017/06/05(月)00:42:08 ID:???
オリンピックまでは選手をやっていたいと言ったとして、それがオリンピックで勇退する宣言だという奴がどこに居るのかって話だな
158名無しさん@おーぷん :2017/06/05(月)03:01:11 ID:???
>>156
いや、さすがに無理があるだろ。
仕事が出来ないようになったら引退する覚悟だって含みは感得されるだろ。

第一これ以外にも宮内庁からの情報やら、
十年以上もお側近くにお仕えした侍従長やら、
陛下の御学友だとか、
全員口を開けば退位と次期天皇の即位問題、
さらには、このまま男系男子制度を維持すると悠仁親王殿下以外に誰も皇室に残らない問題について、
早々に解決してくれるよう政府に懇願している。

これでも陛下に退位の意志が無いと判断するのは無理だよ。

大体、高齢になって体力の衰えは隠しようが無いのだし、
また、幸いにして治癒はしたもののガンを患ったり
(ガンは転移する可能性も有るので完治とは言えない)
かなり長生きしたと言われる昭和天皇の死の年齢(87)を目前としたと自覚したなら、
まともに皇室の行く末を考えてる者であれば次代に位を譲る事を考えてるよ。

でなければ、あまりにも今上陛下は「無責任」という事になるではないか。
159名無しさん@おーぷん :2017/06/05(月)09:24:38 ID:???
>>158
>仕事が出来ないようになったら引退する覚悟だって含みは感得されるだろ。
そんなの当たり前だろ、だけどその日はまだわからないんだから勝手に忖度して決めるのはおかしいよ
国が決めて通知するんじゃなくていつ言われても誰も困らないように準備しておくべきなんだよ
160名無しさん@おーぷん :2017/06/08(木)16:33:13 ID:???
テレビに出ている「知識人」が、討論番組にてのたまう。

「倭の五王の頃には日本にまだ文字は無かった!」

おいおい…勘弁してくれよ…
良い年した「知識人」のくせして、中学生レベルの歴史すら知らんのか?

同時期の稲荷山古墳から出土した鉄剣に「ワカタケル大王」の銘文が刻まれてるし、
「倭の五王」が記載されている『宋書』にも、
「倭王武が”上表文”を差し出してきた」
とか書いてあるだろうが。
文字が無かったなら、何語で上表文は書かれてたんだよ?

それ以前に、倭の五王の時代から200年前の卑弥呼の時代、
既に「上表文」を奉るだけの知識と教養が日本には有ったのは解るだろうが。

遠く武蔵の地(稲荷山古墳)にすら、銘文入りの剣が出土しているというのに、
「文字が無かった」とか冗談は止めてもらいたいものだ。

「平仮名・カタカナが無かった」と言うのなら理屈は正しいが、
それはそれで「議論の本筋」とは何の関係も無いのである。
何故なら、話の主題はズバリ倭の五王その物だったからである。

2ちゃんねるではよく見かけるが、何か言い返した事で「勝った”つもり”」にでもなっているのであるか?
161名無しさん@おーぷん :2017/06/08(木)17:51:16 ID:???
チャンネル桜の水島は「男系絶対主義者」として有名だが、
よりにもよって「天皇陛下」を恫喝したり、
(「もし陛下が御詔勅などで女系天皇を認めると仰せになれば従いますけど、女系天皇を認める事は国体断絶である、国体を破壊するとはっきり申し上げておきます」)
男系男子制度を維持する為なら、
「側室制度の復活」や「人工授精も考えなければならない」などと言い出す不敬極まる輩なのは何とかならんのかね?

21世紀現在、側室制度なんぞどこの女性が積極的に認めるんだよ?
世界からも白い目で見られる事必定だろうが。

おまけに「人工授精」などと言い出すに至っては開いた口が塞がらない。
コイツにとって皇室とか天皇といった存在は、単なる「遺伝子」の問題でしかなく、
皇室に嫁ぐ女性は、単に男系男子を産むだけの「子供を産む機械」としか思っていないのだろう。
男尊女卑姿勢丸出しである。

男系男子絶対主義者は「男尊女卑至上主義者」でもあると指摘されるが、
実際、側室制度の復活やら男子を産ませる為だけに「人工授精」などと言っちゃうような人を見れば、
あながちその言葉は間違ってない事が解る。
162名無しさん@おーぷん :2017/06/08(木)23:42:22 ID:???
人工授精は単なる不妊治療だろう
今の社会は恋愛結婚絶対主義の癖に、男がナンパしただけで不審者扱いするから
どんどん晩婚化してそんなものが必要になるんだよ
神無月の神様じゃないが許嫁位探しておくべき
選ぶか選ばないかは本人達が考えることだ
163名無しさん@おーぷん :2017/06/09(金)04:23:43 ID:???
女系差別っていつから始まったんだろうな?
確実に江戸時代に女性差別思想である儒教が広まってからの話だと思うのだが。
戦国時代までの日本なら、昨今の大河ドラマの井伊直虎みたいな「女城主」なんて普通に見られたし、
「女系の血を引くから」という理由で名門の家柄を引き継いだりする事が普通に見られたんだが。
男系男子絶対主義者って、とにかく歴史を知らないし調べようともしないのな。

鎌倉将軍家を継いだ九条頼経は「女系で」源氏将軍家と縁が有ったから指名されたのだし、
武田信玄の侵攻を何度も退けた村上義清の子供、村上国清は、
越後の名門、山浦家を「女系の子孫だから」という理由で継いでいる。

子供に恵まれなかったからとはいえ、秀吉が跡を継がせようとした豊臣秀次は「姉の子」という言わば「女系」の血筋だし、
皇族に限っても「女系継承」にしか見えない形で跡を継いでいる事例は結構ある。

何よりもまず、皇室の始まりからして「女系」から始まってるのだし。
164名無しさん@おーぷん :2017/06/09(金)04:32:31 ID:???
全くふざけてるのは、「男系男子絶対主義者」とは、都合が良い時だけは、

「我が国の皇室は、神代の時代から続く由緒正しい家柄なのである!」

などと自慢したがるくせに、
肝心の皇祖神の天照大神と現在の皇室とは「女系」で繋がってるという事実については無視するのだ。

しかも、その矛盾をしつこく問いただすと滅茶苦茶な屁理屈を垂れ流し始めるから始末が悪い。

曰く、
「皇室の祖先たる皇祖神は、実は天照大神ではなく、天照大神とウケヒを行った弟神、素戔嗚尊なのである!
従って、我が国の皇室はイザナギノミコトの代から数えても男系男子の継承で貫かれている!」

曰く、
「神話は歴史ではない」

曰く、
「天照大神は男神という説もある」

曰く、
「神話を現在に持ち出すのは頭がおかしい」

よくもまぁ、これだけ様々な屁理屈を考えつくものだ。
よりにもよって伊勢神宮に祀られている天照大神が「皇祖神」という定説すら無視して、
素戔嗚尊こそが皇室の先祖などと言い出すなどとは開いた口が塞がらない。

また、都合が良い時だけは、
「神話の時代から今に続く世界でも唯一の王室」
みたいに述べておきながら、都合が悪くなると、
「神話なんてwww」などと嘲笑し始めるのだから頭がおかしいとしか思えない。

コイツらにとって皇室とは「神話の時代から続く」とかは大して意味が無く、
「男系男子」だけが唯一の崇敬対象なのであろう。
オウム真理教ならぬ「男系男子真理教」なのだ。
ただの宗教である。
165名無しさん@おーぷん :2017/06/09(金)06:12:44 ID:???
男系男子絶対主義者の連中が崇め奉る「竹田恒泰」なる人物が居る。
「明治天皇の玄孫であり、旧皇族」と紹介されるのが常なのだが、
実はこの人「女系で玄孫」なのであり、
己が皇族であった瞬間など一瞬たりとも存在しない、父親の代から一般庶民に生まれ育っている家庭なのである。

「女系なんて、あんな物”雑系”ですよ!」

などとほざいたくせに、自己紹介の時だけ、
「明治天皇の(女系で)玄孫」を称するのはどういうつもりか?
しかも巧妙に「女系で」玄孫という部分は覆い隠すのだから話にならない卑怯者である。

「男系男子」の観点から言えば、竹田宮家は南北朝時代の初期には既に今の皇室から枝分かれしている。
600年=30代くらい前に分家した家でしかないのだ。
今までの皇室の歴史で、こんなに長い間皇室と繋がりが無い者が皇室に入り、しかも皇位を継いだ事例など存在しない。

一度臣籍に落ちたが皇位に就いた事例としては宇多天皇が居るが、
宇多天皇が臣籍に在ったのはわずか「3年」である。
しかも当時の権力者である藤原基経が強く要望したからカムバックしたに等しい例外的措置であった。

昨今の歴史研究では、

「今の皇室は継体天皇から始まった=神武天皇以降、継体天皇までのヤマト大王と、継体天皇との間は特に関係が無かった」

とする研究も出てきているらしいが、もし「関係が有る」としても、
「応神天皇五世の孫」である継体天皇と応神天皇との「時間差」は150年=11代でしかない。
600年もの時を越えた形で皇室入りするなどおかしいのだ。

そもそもそんな遠縁の人間を持ってこずとも、もっと現代に近い範囲で臣籍降下された親王の家柄など存在するのではないのか?
そんな事を言い出せば源氏も平氏も天皇の末裔なのだから、日本人のほとんど誰もが皇室入り出来る資格持ちになってしまうではないか。

竹田恒泰は「私は貴方とは血統が違う」などとほざいたらしいが、
その彼の誇りとする、
「600年前に今の皇室と分かれた男系の血」
などは、一般人にだって存在する可能性は有るのだ。
いっそ日本人全てのDNA調査でもやってみれば良い。
皇室のDNAに近い一般人など山ほど見つかるはずだ。
決して竹田恒泰だけが「特別」ではない。

何よりも、自分で「女系など雑系」とけなしておきながら、
明治天皇とは(女系で)「玄孫」に当たると自己紹介するのはいただけない。
166名無しさん@おーぷん :2017/06/09(金)09:59:17 ID:???
>>165
自分を雑系だと自己紹介してるんだろ
でも子孫であるのは事実だから自分を卑下するのは天皇を含む先祖を卑下することになるから
そういうまわりくどい言い方しかできないんじゃないか?
167名無しさん@おーぷん :2017/06/09(金)10:01:48 ID:???
要は健康食品の効能をうたう訳にはいかないから
成分の効能ばかり喧伝している通販番組みたいなものだ
168名無しさん@おーぷん :2017/06/09(金)18:32:08 ID:???
雑系だか庶子だか知らないが、女性皇族が後見になったからこそ男系を維持できた局面はあるんじゃないだろうか?
井伊家の話を考えると下剋上の時代には廃れたんだろうけど、足軽上がりに箔を付ける価値はむしろそこにあったという話だろうな
徳川が源氏の総大将になって鎌倉の再来とか、長らく続いたその時代が長州とかいう負けた毛利の残党に朝敵扱いされただけであっけなく終わるとか、秀吉はどこまで想像できたんだろう?
意外と自分の直系かどうかより淀君の血統で安泰だと錯覚しちゃったとかだったり?
169名無しさん@おーぷん :2017/06/10(土)04:17:21 ID:???
>>166
自虐ネタだったら良いんだけど、この竹田って奴、世界各地で「プリンス」を自称する困った人なんですよ。
本気で自分の事を「皇族だ」と思い上がってんじゃないですかね?
一分一秒たりとも皇族であった瞬間など無いというのに。
(父親も含めて)

イラクのフセイン政権が、
竹田恒泰を「日本のプリンス、タケダ」などと紹介していたくらいだし。

憲法上天皇や皇室の者は政治や外交に口出ししないし出来ないのだが、
竹田恒泰が世界中で「プリンス・タケダ」として扱われる事で世界中に誤解をまき散らしている事も事実なんだよね。
170名無しさん@おーぷん :2017/06/10(土)04:22:45 ID:???
>>168
むしろ戦国時代とか、反乱が頻発していた奈良時代の方が、女性は強かったよ?
今までの日本史で、女性天皇は8人10代存在したけど、大多数が「奈良時代」の人間だし。
男顔負けの権威と権力を振りかざして政治を行っていた事が解るよ。

秀吉が淀殿の血筋にすがっていたという可能性は大だね。
織田や浅井の血筋を引くとなれば、
必ずしも秀吉に心の底から忠誠を誓っていない旧織田家家臣の連中にも、
はたまた織田の同盟者である徳川家康にも権威を持つだろうし。
171名無しさん@おーぷん :2017/06/10(土)04:37:28 ID:???
鎌倉幕府の定めた「御成敗式目」の中にも、
「女御家人」の存在を認めている箇所が有るし、
女御家人の権利も正当に認められているんだよね。

そもそも「巴御前」のような女丈夫が公式歴史書の中に記載されてあるくらいだし。
女性が有能であるなら、女が御家人や当主の地位を務める事も不思議ではなかった事が解る。

「東海一の弓取り」と呼ばれた今川義元の母親、寿桂尼などは、
夫である今川氏親から、氏輝、義元、氏真に至るまでの四代もの間、政務を補佐していたと言われる。
特に、若年の子供である氏輝や義元の代になってからは外交関係にも強力に介入し、
武田信玄や北条氏康と五分に渡り合って「三国同盟」を締結する手腕を見せつけているのだとか。

江戸時代、武家諸法度が出されて女大名は禁止されたようだが、
実際にはその後にも「女大名」は存在したようだ。
八戸南部氏21代目の子々は、急死した20代目の「妻」であるのだが、
上司である南部信直の承認を取り付けた上で「女大名」に就任してしまっている。
14年に渡る統治の後に、家臣を自分の娘の婿養子に迎え、無事、八戸南部氏を継承させている。

男尊女卑的な儒教道徳が広まるまでは、女が後継であるとか、女系で血を繋ぐなどは普通の後継であった。
172名無しさん@おーぷん :2017/06/10(土)04:42:21 ID:???
なお、この八戸南部氏の子々=出家して清心尼と名乗った女性は、
慶長の大津波を経験しており、東日本大震災と同レベルの災害被害も受けているそうな。
その際にも率先して被害復旧の為に指導力を発揮しているらしく、
「女性には政治能力が無い」とする男尊女卑論者の期待を裏切る結果となっている。
173名無しさん@おーぷん :2017/06/10(土)15:28:25 ID:???
男系絶対主義者の巣窟、産経新聞はアホの集まりだな。

>皇室典範は「皇位は男系の男子が継承する」と定めており、女性宮家を創設しても皇位継承資格者は増えはしない。

なら「皇室典範を変えろ」で済む話。
第一、皇室典範それ自体が、激しい女性差別思想である儒教道徳の影響を多く受けた代物であったというのに、
(起草者がはっきり男尊女卑の観点から書いたと明言している)
日本のそれまでの歴史を踏まえず、外国の思想である儒教道徳の方こそを正しいなどと言い出す「日本の保守」などが存在すると思えるのだから笑える。

>典範改正で女性宮家の子孫も皇位継承資格を持つようにするというのなら、それは女系継承容認につながり、「そこから先は違う王朝」(自民党の鬼木誠衆院議員)となる。

馬鹿馬鹿しい。
ロシアのロマノフ王朝は、エカテリーナ女帝を始めとして何人も女帝とその子供が跡を継いでいるが、「ロマノフ朝」として名前は首尾一貫しているではないか。
(そもそもエカテリーナ女帝は「ロシア人」ですらない)

ハプスブルク王朝中興の祖であるマリア・テレジア女帝も、決して彼女の代によって「別の王朝」に変貌した訳ではない。

ヴィクトリア女王やエリザベス女王を擁するイギリスでは、その都度王朝が別に変化しているなどとほざくのであろうか?
仮に別系統の王朝になったとしても、それは「女系継承」が原因ではなく、
「前の王朝と断絶させたい事情が有ったから」というのが正しい理屈である。

今のエリザベス2世が亡くなってチャールズ皇太子が跡を継いだからって、
「イギリス王室は別の王朝に変わってしまった…」なんて思う奴が居たらただの馬鹿である。
174名無しさん@おーぷん :2017/06/10(土)15:40:32 ID:???
>少なくとも首相官邸筋は「陛下の周りも、女系天皇をつくろうという気は全くない」と明言する。

なぜそこで「宮内庁」とか、「侍従長」とか、「陛下の御学友」だとか、そういう筋に訊ねないのか?
「官邸筋」と言えば、自らの男系至上主義イデオロギーから、今上陛下でさえも小馬鹿にして反抗してきた逆賊集団ではないか。

>女性宮家創設の結果、女性皇族のご結婚のハードルが高くなるだけでなく、予想外の大混乱を招く可能性も否定できない。

そもそも黒田清子様を見れば、現時点で既にハードルは高い。
それに、この手の言説を見て疑問に思うのだが、
なにゆえ男性皇族は、
「簡単に結婚出来る!」
「結婚さえ出来ればいくらでも男子が残せる!」
などと狂信出来るのであろう?
不思議でならない。

世の中の初婚平均年齢を産経新聞は知らないのだろうか?
まして、自由も人権もゼロの、美智子様や雅子様が叩かれまくっている姿を見れば、
むしろ男性皇族に嫁がんとする女性の方こそが後込みするような状況ではないのか?

そもそも「予想外の大混乱」とは何であるか?
特に具体例も無く、漠然と不安だけを煽り立てるというのは、ゲッベルスなどが得意としたプロパガンダと呼ぶのではないか?

>旧宮家の復帰に関しては、「約700年前に天皇家から分かれ」(5月18日付朝日新聞社説)などと血の遠さを強調する意見がある。
>だが、旧皇族のうち竹田、北白川、朝香、東久邇の4宮家には明治天皇の皇女が嫁ぎ、東久邇家には昭和天皇の皇女も嫁いでおり、血縁は実は近い。

開いた口が塞がらない。
女性宮家や女系天皇には「反対」だが、旧宮家は「女系で」明治天皇や昭和天皇に近いから「血縁は近い」とは、如何なる神経が有れば発する事が出来るのか?
「ご都合主義」と批判されても仕方が無かろう。
男系至上主義イデオロギーを貫徹するのなら、

「そう、確かに700年前に枝分かれした。だ か ら 何 だ?」

それくらいの開き直りは見せられないのか?
自分でも、さすがに「700年もかけ離れているというのでは、今の陛下とは赤の他人も同然」と理解しているではないか。
175名無しさん@おーぷん :2017/06/10(土)15:53:06 ID:???
>明治以降、終戦以前に皇籍を離脱した元皇族の子孫や江戸時代に最も格式の高い公家、「五摂家」に臣籍降下した親王の男系子孫も数十人いるとされる。こうした方々のうち希望者を宮内庁の嘱託として活動してもらうとの意見もある。

そもそも「希望者が必ず、そして沢山存在する!」と狂信する事が愚の骨頂だし、
今まで「ただのヒト」でしかなかったそこらの人間を、
「もしかしたら天皇に即位するかも知れないヒト」
にしてしまうのはおかしいのではないのか?

旧宮家だけでは到底数が足りないし、男系男子絶対では続かないとバレてから、途端に、五摂家やらにまで範囲を広げ始めたが、
これに対しては女系天皇の時のような「易姓革命だ~」などとほざかないのが不思議だ。

第一、そこまで言い出すのであれば、もう源氏も平氏も片っ端から「皇族」にしてしまえば良いのではないか?
清和天皇や桓武天皇といった天皇の血を引く家柄ではないか。
何故、五摂家だけ、700年前に枝分かれした旧宮家だけが許されて、源氏や平氏は排除されるのか訳が解らない。
それに、もうそんな事にしてしまったら日本国民の大多数が皇室入りする資格持ちとなってしまうではないか。

>伊吹文明元衆院議長はかつて、女性宮家と男系継承を両立させるこんなアイデアを示していた。
>「民間の方と結婚された場合は一代限りとし、男系の旧皇族とご結婚になり男子をもうけられた場合には宮家を続ける」

「婚姻の自由」すら認めないとは何たる醜悪さか!
第一、「一代限りの宮家」とは何事であるか?
「特権階級の禁止」を謳っている日本国憲法に反しているではないか。
(自分は日本国憲法なんぞ押しつけ憲法のくだらない代物だと思っているが)

わざわざそのような特権階級を設けるのであるなら、まずは憲法を改正して一代限りの女性宮家とやらをキチンと国民に説明するべきであろう。

「男性皇族と結婚するのなら永代宮家として認めるが、一般人と結婚するのなら一代限りとして(子供が何人生まれようとも)民間に追放します」

こんな説明で、果たして一体何人の日本人が賛同するのか、国民投票にかけて確かめては如何か?
176名無しさん@おーぷん :2017/06/10(土)16:07:35 ID:???
信じられない事に、これが「男系至上主義者」の思想なのだ。
己の抱いている「男系絶対」という考えが、「中国に由来している」などと夢想だにせず、一方で中国叩きを行っているのは何と滑稽か。
女系継承すると別の王朝になるなどと、一体どこの国が立証したのか?
日本史上、女系継承としか見られない事例は皇室にも武家にも、何よりも難波の商人世界では当たり前のように見られたが、
誰もそんな事で「別の家、別の王朝、別の商家になってしまった~」などと嘆く人など居なかった。
当たり前だ。

外国の事例を見ればもっと一目瞭然、別に女王が即位して、その子が跡を引き継いだからといって「別の王朝になった」などという解釈などは誰もしていない。
可能性が有るとすれば、前代の王朝と敢えて断絶している事を強調したい場合のみの話である。

今のイギリス王室は「ウィンザー朝」を名乗っているが、
別にそれ以前の「サクス=コバーグ=ゴータ朝」と無関係になった訳ではないし、
女 系 継 承 が原因で名前が変わった訳ではない。
単に第一次世界大戦でドイツが敵国となり、ドイツ風の名前を改めたというだけなのだ。

なんでこのような物知らずが、新聞という媒体に書き散らせるというのであろう?
177名無しさん@おーぷん :2017/06/10(土)18:23:41 ID:???
>>175
>第一、そこまで言い出すのであれば、もう源氏も平氏も片っ端から「皇族」にしてしまえば良いのではないか?
それでいいんじゃないか
そもそも憲法的には戸籍が結婚の自由を阻害してはならないだろう
今時はDNAを調べれば男系男子の判定位は朝飯前なんだから、婿入り希望者にはしてもらえばいい
178名無しさん@おーぷん :2017/06/10(土)18:38:45 ID:???
>>177
在原業平みたいに、臣籍降下した皇族って五摂家や源氏・平氏以外にも無数に存在するんですよ。
藤原不比等も、藤原鎌足の息子ではなく「天皇の御落胤」という説が有るくらいですし。
(竹取物語にて、藤原不比等と目される人物は「皇子」を名乗っているし、
何よりも壬辰の乱で没落しきった藤原氏を、たった一代で皇后を輩出しまくる名門中の名門貴族にしたて上げたというのが疑惑のタネになっています)

この手の「男系男子」を換算すれば、日本人の大多数がノミネートされると思いますよ?
何せ、先祖のどこかしらに天皇と血縁関係が有った人間が居るかも知れないのが日本人なのですし。

だからこそ、戦前・戦時中は、
「日本は天皇陛下を中心とする家族国家」
というポーズが疑われもせず万人納得していた訳です。
179名無しさん@おーぷん :2017/06/10(土)18:47:34 ID:???
それにしても、太平洋戦争中、日本人が英語禁止運動なる物を行ったという際には、
「何と愚かしいとんでもない政策である事か」
と嘲笑する連中が、
イギリスによる「ドイツ的要素の排除」については何も言わないのだから不思議でならない。
単に王室の名前をウィンザー朝に名前変更しただけでなく、様々な物がドイツ語から英語に置き換えられたのだが。

それこそ「ライオン」とか「サイダー」など、
「日本語化した英語は対象外」であった日本人と比べれば、
イギリスの方がはるかに徹底的であったのだが。
第二次大戦後、学術研究の中心がドイツからアメリカに移った一つの理由として、
勿論、ヒトラーが優秀なユダヤ人を海外に追放、もしくはアインシュタインのように亡命してしまった事も有るが、
第一次世界大戦や第二次世界大戦の際に行われた、ドイツ的産物や概念などを英語へ置き換えてしまった事によって、
学術用語としてのドイツ語の優位性が喪われてしまった事も理由の一つとして指摘されているのだが…

勝者と敗者が同じ事をやっても、勝者は褒め称えられ、敗者はクソミソにけなされ嘲笑されるというのだから理不尽だ。

否、きっとイギリス人が躍起になってドイツ語追放運動を行っていた事なんぞ、
そもそも知識として知らないのだろう。
そうでなければ理解が出来ない。
180名無しさん@おーぷん :2017/06/10(土)19:50:57 ID:???
>>178
国民統合の象徴たる天皇の資格としての男系男子であれば、それで充分だろう
戸籍は天皇の臣籍ではないと閣議決定でもすれば済む話だ
181名無しさん@おーぷん :2017/06/11(日)00:39:39 ID:???
>>180
とんでもない。
そこらのオッサン、オバサン、もしくは貴方自身が、
突然人権ゼロ、自由ゼロの皇族の世界に、強制的に入れさせられる可能性が有ると言うのであれば、
閣議決定どころか「国民投票」のレベルじゃないの?

そんな、何でもかんでも「閣議決定」で済ませようとするから、今の安倍政権はアホなんだよ。

「安倍晋三の妻は私人であると閣議決定する」

「安倍晋三はポツダム宣言を読んでいると閣議決定する」

なんて、野党の追及する物を片っ端から「閣議決定」して「無かった事」にしているのが今の安倍政権だよ?
日本にとって何よりも重要な皇室に関してまでもが、こんな下らない「閣議決定」で決まると言うのなら、独裁者とどこが違うのさ?

いっそ、

「日本国憲法は破棄すると閣議決定する」

「治安維持法を復活すると閣議決定する」

などなど、国会討論を介さずにことごとく「閣議決定」だけで推進してしまえば良いのではないか?
182名無しさん@おーぷん :2017/06/11(日)00:55:21 ID:???
>>181
総理大臣になる可能性があるなら、天皇になる可能性があってもいいだろう
だが臣下である大臣になったら天皇になるのはダメだと言える
183名無しさん@おーぷん :2017/06/11(日)01:07:10 ID:???
戸籍が天皇の臣籍である証拠があるなら出してくれ
藤原とか子孫は誰も名乗ってないんだから関係ないだろう
184名無しさん@おーぷん :2017/06/11(日)01:23:29 ID:???
>>182
むしろ、竹田恒泰のように政治的発言や行動を繰り返しているような人物が、
「日本の元首」である天皇になるというのが異常な事なのでは?

華原朋美とスキャンダル起こしたような男を「天皇」として敬意を持って推戴出来る?

フセイン政権に「プリンス・タケダ」などと紹介されて得意満面だった奴なんかを「天皇」になどしてしまったら、
世界中から白い目で見られる事必定なんだけど。

何よりも、竹田恒泰は様々な政治的発言が数多い人物なのだが、
いずれ天皇になったとしたら、彼の今までの発言全ても重大な重みとなって国民を縛る物になるのではないのか?

竹田は、何故か憲法改正主義、もしくは憲法無効論を主張する「保守派」が褒め称えているのだが、
今までの発言を見れば解る通り、竹田自身は「護憲派」なのだ。

何せ、アメリカが敗戦国に、戦時国際法もポツダム宣言も無視して今の憲法を押しつけたという事実を無視して、

「日本国憲法には、昭和天皇自身の告文が有るから有効。日本人自身が選び取った素晴らしい憲法」

みたいに言い出すとんでもない阿呆なのだ。

そもそも敗戦国であった日本に、

おまけに天皇制の廃止まで取り沙汰されていた時期に、

これを拒絶する国力など有る訳無かったという事実も、

マッカーサーもGHQも、日本国憲法を無理やりにでも受諾しなければ天皇制廃止するなどと恫喝の上で行われた事も、

竹田はことごとく無視している。

とにかく、こんなとんでもない理論で今の憲法を擁護するような人物が天皇になったら、
憲法改正派の「保守派」にとって非常に都合が悪い事になると思わないのだろうか?
185名無しさん@おーぷん :2017/06/11(日)01:28:51 ID:???
そもそも閣議決定をおかしくしたのは小泉だろう
野蛮な多数決ではなく和である所の異論が無い決定に意味があるのに
従わなければ辞めさせて決めたものに意味があるわけがない
そうやって今度は天皇まで期限決めて辞めさせるんだな
186名無しさん@おーぷん :2017/06/11(日)01:33:29 ID:???
手白香皇女という女性が居る。
仁賢天皇の娘、武烈天皇の姉にして、継体天皇の妻になった女性である。

しかし、「妻」と言えば聞こえは良いが、
実際には継体天皇の方こそが手白香皇女の「入り婿」になって天皇に即位出来たというくらい、
古代の日本では女系の権威が強かったのだ。

古代の日本人たちは、「応神天皇五世の男系子孫」という血筋より、
先代の天皇である仁賢天皇の血筋を引く手白香皇女と結婚したという事実の方こそを重要視していたのだ。

そして、継体天皇には既に男子が何人も居たはずなのだが、手白香皇女が産んだ欽明天皇が跡を継いで「正統王朝」となっている。
(今の陛下は当然欽明天皇の末裔である)

皇統譜では排除されているが、実際には継体・安閑・宣化三代よりも、
仁賢→(手白香皇女)→欽明といった流れの方こそが古代人たちは重要視していたのである。

これが日本の歴史だというのに、「男系絶対!」とは何を言っているのであろう?
「絶対」であると言うからには、天照大神から天忍穂耳尊への「女系継承」の事実も否定しなければならないし、
欽明天皇以降全ての天皇を否定して安閑や宣化天皇の末裔を探してきて即位させなければならないのではないか?
187名無しさん@おーぷん :2017/06/11(日)01:34:36 ID:???
>>184
ありえない事を言うのは只の詭弁だろう

そりゃ皇室だって出来の悪い人間が出てこないとは言えないけどな
あえて選ぶ理由は何だ?
188名無しさん@おーぷん :2017/06/11(日)01:42:11 ID:???
『上宮聖徳法王帝説』や『元興寺伽藍縁起』といった資料によると、
安閑天皇や宣化天皇即位の事実は無く、継体天皇からいきなり欽明天皇に譲られたかのように記載されていると言う。
これを根拠に、
「安閑・宣化朝と欽明朝との間に内戦が有ったのではないか」
と推論させているのだが、
たとえ女系であっても、仁徳天皇から仁賢天皇までの血を引かない、
150年以上前に枝分かれしたような遠い遠い関係の人の即位など、
これらの執筆者は認めなかったとも推論出来るのではないのか?
189名無しさん@おーぷん :2017/06/11(日)01:43:20 ID:???
>>185
陛下自らが「平成30年まで」という期限を設けているのですが。
190名無しさん@おーぷん :2017/06/11(日)01:44:26 ID:???
>>186
単なる古代の「家」だろ
そんなものをあえて女系なんて言うから話がおかしくなるんだよ
191名無しさん@おーぷん :2017/06/11(日)01:45:53 ID:???
>>189
>>157
勝手に忖度してるだけだね
192名無しさん@おーぷん :2017/06/11(日)01:51:34 ID:???
>>187
竹田が最も目立つ言論活動をやってるから。

他の旧宮家の人は大人しくひっそりと生きてますしね。
その上、雑誌の旧宮家全員を対象にした調査にて、
「皇室に入る気は無い」
と既に言明してさえいます。

そら当たり前で、誰が好き好んで自らの基本的人権も自由すらも保証されない世界に足を踏み入れたいと思いますか?
皇室に入りたいという志が有るのは、「表向きは」否定している竹田恒泰くらいなんですよ。
口でこそ皇室入りを否定していますが、
「私は貴方とは血統が違うんです」
みたいに思い上がってる態度を見ると、竹田恒泰自身に皇室入りの野望が有ると見なした方が自然ですね。

まあ、竹田の「表向きの言葉」を信じるとしても、
竹田自身が言うような、皇室入りしてくれる男系男子が”二桁”居るなんて話にはならないのですが。
他ならぬ竹田自身が皇室には入らないと公式に発言しているのですし。
(自らの言論の責任を、皇室入りする事によって果たそうとしないのも、竹田が全くふざけている点なのですが)
193名無しさん@おーぷん :2017/06/11(日)01:55:10 ID:???
>>192
政治家は宮仕えなんだから臣下じゃね?
194名無しさん@おーぷん :2017/06/11(日)01:57:12 ID:???
>>190
いいや、女系でしょ。
どう見たって。

仁徳天皇から仁賢天皇までの血筋は、手白香皇女を介して今の皇室に受け継がれているのですが?
それに、実際問題、150年もかけ離れた「応神天皇五世の孫」である継体天皇の正統性が保証されたのも、
手白香皇女との結婚が有ったからこそですし。

先に生まれている安閑・宣化天皇よりも、手白香皇女の子である欽明天皇の方が正統扱いされている事も、
事実上の「女系継承」を裏付けているでしょう?
195名無しさん@おーぷん :2017/06/11(日)01:58:54 ID:???
>>194
家を守るのは女という話だろう
男なんて名目上の家長でしかない
196名無しさん@おーぷん :2017/06/11(日)02:03:36 ID:???
なお、宣化天皇の妻も仁賢天皇の娘、橘仲皇女であったと言う。
仁徳天皇から仁賢天皇までの大王の「女系の」血筋は、男系男子で「六世の孫(安閑・宣化)」よりも尊かったのだ。

さらに言えば、この橘仲皇女との間に産まれた石姫皇女が、欽明天皇の皇后になっている。
宣化天皇の血筋は「女系で」今の皇室にも繋がっているのである。

古代の日本では「男系だ」「女系だ」などという区分けなどしなかった、
むしろ男系であれ女系であれ、先代の大王との「血の遠近」の方がはるかに重要であった事がよく解る。
197名無しさん@おーぷん :2017/06/11(日)02:14:07 ID:???
>>196
アイヌじゃないんだからそんなもの無いよ
「家」を誰が継ぐかという事で言えば上は独立していくから末っ子が残ってた訳だな
198名無しさん@おーぷん :2017/06/11(日)02:18:44 ID:???
>>197
いや、皇室には名前が無いように、厳密には「家」という概念すら無い。
「家制度」と言うのは武家の伝統だよ?

「天皇家」という言い方も戦後になって広まった単語だし、
皇室を「家制度」の枠内に置く考え方は戦前までの日本人は考えつきもしなかった。
武家出身者ばかりの明治政府初頭の時期に、
皇室の伝統や価値観が理解出来ない武士出身者たちが皇室を「家制度」として捉えようと試みた事が有ったけど、
他ならぬ明治天皇自身の反発や公卿出身者たちの反発も有って立ち消えとなったって話だよ。
199名無しさん@おーぷん :2017/06/11(日)02:21:55 ID:???
>>198
いや、物理的な家、ハコモノ、財産
200名無しさん@おーぷん :2017/06/11(日)02:22:58 ID:???
>>191
もし嘘だったら、神経質な宮内庁が否定するでしょ。
でも、未だかつて昨年8月の御言葉は、
「退位の表明に非ず」なんて否定してないのですが。
201名無しさん@おーぷん :2017/06/11(日)02:26:20 ID:???
>>200
忖度するのは役人、つまり宮内庁なんだからどうやって自己否定するのさ?
202名無しさん@おーぷん :2017/06/11(日)04:27:03 ID:???
>>201
そもそも「忖度」すらしてこなかったのが今の安倍政権と、男系絶対主義者の自称「保守派」連中なのですが。

否、天皇陛下が口頭でハッキリ仰せになるまで露骨に無視し続けてきたと言いましょうか?

宮内庁が何を言おうと、

「羽毛田(宮内庁長官)は創価学会員!」

「宮内庁長官が勝手に陛下のお気持ちをねじ曲げて個人的見解を喋っている!」

などと名誉毀損を行っていた連中ですし、
十年以上今上陛下のお側に仕え続けた侍従長の言葉すら、

「個人的見解であって陛下のお考えではない」

などと平然と無視し続けてきた連中ですよ?
しかも陛下には一切何の確認もとらず勝手に断定するだけで終わり。

こんな連中の方が、「忖度」よりも立派と言うのですか?
203名無しさん@おーぷん :2017/06/11(日)04:37:55 ID:???
>>199
女性が立派に財産を持っている時点で、
古代の日本は女性に随分な権利を認めていた証拠になるのでは?

少なくとも、「応神天皇五世の孫」という継体天皇の肩書きは、当時としては何らの価値も無く、
継体天皇の大和入りは、実に即位から二十年も時を待たねばなりませんでした。
204名無しさん@おーぷん :2017/06/11(日)07:17:29 ID:???
>>181
そもそも「国民投票法」は具体的に決める必要がある時に決めれば済むんだから事前には要らないものだ
今回の話こそ事前に準備する事に意味があったのに、何故期限を切ったのか
陛下が言った(数字から忖度した)からというのでは責任転嫁であって、期間が短い理由になってないな
205名無しさん@おーぷん :2017/06/11(日)07:30:10 ID:???
>>202
そりゃ裏付けの無いことを言えば個人的見解と言われるのは当然だ
だが直接聞いて確かめるべき内閣がそれをせずに言うのは単なる背任だ
206名無しさん@おーぷん :2017/06/11(日)08:29:01 ID:???
>>203
鴨がネギ背負って歩いてたからと言って、鴨に人権があったとは言えないだろ
しかしまあ人手というお宝を大事にしないブラックな所に歴史があるとは思えないね
207名無しさん@おーぷん :2017/06/12(月)01:08:48 ID:???
>>203
劉備の肩書き程度の価値はあったんじゃないのかな?
在野は三顧の礼を受けなければ臣ではないということでFA?

とりあえず邪馬台国が日本だとすれば、女王を否定する証拠は特にないね
そもそも孫が王というのはいつ始まったんだろう?
208名無しさん@おーぷん :2017/06/12(月)04:11:47 ID:???
>>207
推古天皇から8人も女性天皇が存在しましたし、
それ以前にも「神功皇后」は有名ですし、そこまで有名でないにしても、飯豊皇女というお方がいらっしゃいました。

第22代、清寧天皇は子供が無く、また父帝の雄略天皇が自分の家以外の男を皆殺しにしたので後継者が居なくなり、
(古事記の説では。日本書紀では清寧天皇在世中、既に仁賢・顕宗両天皇は発見されていました)
履中天皇の娘とも言われる彼女が執政していた事が記載されています。
(彼女が政治を執り行っていた事は、古事記でも日本書紀でも共通)
従って、「皇統譜」には(神功皇后と同じように)書いてありませんが、
「飯豊天皇」という尊号が宮内庁から奉られています。

このように、日本の古来からの伝統を見れば、別に女王や女性天皇は否定されていません。
否定するのは、
「歴史を無視する偏執狂的な男系絶対主義者だけ」
なのですよ。
209名無しさん@おーぷん :2017/06/12(月)04:20:36 ID:???
>>204
そもそも天皇陛下の問題を抜きにしても、
日本国憲法改正の為にも、国民投票法は必要な物です。
それが全く用意されてなかった、
つまり戦後、「憲法改正」をずっと唱え続けていたはずの自民党政権の「怠慢」こそが批判されなければなりません。

自民党は、単に憲法改正派の保守派や右翼の票欲しさだけで「憲法改正」の旗を掲げていただけであり、
その為の準備行動など何一つやって来なかったし、今後もやるつもりが無いのです。

もし、自民党が本気で憲法改正する意志が有ったならとっくに国民投票法だって成立しているのであって、
今回の天皇陛下の退位問題、もしくは皇室典範改正の問題、
または、旧宮家や五摂家、その他一般国民を皇室に迎え入れる事に賛成か反対か、
即座に国民投票にかけられたでしょうに。

「時間が足りない」のではありません。
天皇陛下の退位問題、後継者不足の問題については「15年前」の小泉政権の時には既に議論になり、
一応の報告書も完成し提出されております。
それを己の男系イデオロギーから無視したのは安倍晋三であり、男系至上主義の知識人どもです。

国民投票については、日本国憲法が発布されたその時点で同時に発布しておくべきでしたし、
GHQの監視下で無理だったと言うなら、サンフランシスコ講和条約を結んだ直後に制定しておくべき物でした。
60年は時間的余裕が有ったのに何もやってこなかった自民党政権の責任を棚上げする事は出来ません。
210名無しさん@おーぷん :2017/06/12(月)04:32:06 ID:???
>>205
さすがに、宮内庁長官だとか、十年以上もお側近くにお仕えした侍従長が言ってる言葉であれば、
即天皇陛下の御内意であると傾聴するべきだと思いますけど?
一人が言ってるだけならその人が嘘をついている可能性も有りますが、
複数人が同じ事を言っているのであれば、流石に天皇陛下の意志がどこに有るか解ろうというものです。

「連中はグルであり、口裏合わせをしているに過ぎない」

と主張するのであれば、その口裏合わせの根拠を出すべきですし、
内閣総理大臣であれば天皇陛下や皇太子殿下と直接会って話す事も出来るはずなのですから、
貴方が言う通り、さっさと直接会って話を聞いてくるべきなのです。

安倍晋三がそれをやろうとしない理由は明白です。
実在の天皇陛下よりも、己の男系イデオロギーの方が大事というのが安倍晋三であり、
また、そんな安倍晋三を大賛美して支持する男系至上主義者たちだからです。

>>206
何か勘違いしていますが、結婚したからと言って嫁の財産が即旦那に移行する訳ではありませんよ?
有名な話ですが、奈良時代や平安時代は「通い婚」と言って、男が女の家に通う結婚システムでした。
「夫がなかなか来てくれない~」と女房が嘆く日記が残されていますが、決して女性にとって不利ばかりなシステムではありません。

何よりも「親元から出なくて良い」のが最大の利点ですし、
当然の事ながら、実家の財産は実家の物であり、夫の物にはなりません。
子育ても女性にほぼ丸投げされてたので、自分の好み通りに子供を育てられる利点が有ります。
実家の利便ばかりを計る皇子とか育成出来た訳です。

奈良・平安時代ですら、このように女性の権利が一定程度認められていました。

そもそも、枕草子や源氏物語を日本の女性が書き、読んでいた頃、
同時代の世界の女性はそれどころではなかったのですが。

古代世界史で、教養のある女性学者と言えば、キリスト教徒に無惨にも虐殺されたヒュパティアくらいではないですか?
211名無しさん@おーぷん :2017/06/12(月)09:04:09 ID:???
>>209
そんなものは憲法を変える時に決めれば済む話であって、する気が無いのに決めても実際にやるときにはまた変えなきゃならないのがオチだろう
憲法というのは擁護義務がある宮仕えが変えるものではないし、憲法がどうやって得られるものかは憲法自身に書いてあるだろう
212名無しさん@おーぷん :2017/06/12(月)09:15:10 ID:???
>当然の事ながら、実家の財産は実家の物であり、夫の物にはなりません。
だから「家」のモノは「オタク」のものだって話なんだろ
女系とか男系とか、言い換えると嫁のものとか旦那のものとか、
そういうのは考える必要がなかったんじゃないの?ってことさ
213名無しさん@おーぷん :2017/06/12(月)09:46:51 ID:???
>>208
そもそも執政官が奴隷という国があってもおかしくないからなあ
古事記の作者や日本書紀の中国人の地位とかが気になるところではある
214名無しさん@おーぷん :2017/06/12(月)09:49:25 ID:???
>>211
それでは「遅すぎる」のですよ。
何でいざ改正の土壇場になって泥縄式に法律を整備していくのですか?
憲法改正や天皇陛下の退位問題だけに限らず、
何か重要な出来事が有った場合、国民投票にかけた方が良い案件は山ほど有ります。
例えば、ヨーロッパではEU加盟問題とか、EU憲法批准問題、
もしくは逆にEUやユーロからの離脱問題などなど、国民投票にかけている事例が山ほど有るのですが。

将来的に鳩山由紀夫や安倍晋三、経団連が望んでいる東アジア共同体とやらが成立した暁に、
日本がそんな物に参加するか否か、
はたまた国家主権を侵害する「共通通貨」などが出来た場合に参加するか否か、
NATO軍事機構の如く「集団安全保障」に巻き込まれた際、一緒に参戦するか否か、
色々な局面で国民投票にかけた方が良い場合が有ります。

国家を超越した組織に加わるとか、
自国の通貨を放棄して共通通貨に鞍替えするとか、
日本を移民国家にするとか、
外国の戦争に日本もくっついていくかどうかとか、
これらの事は「政治家の一存」で決めるべきではなく、「国民投票」で決めるべきだと思います。
その法律が無いのでは、いざという時に国民投票が出来ないから困るのですよ。
215名無しさん@おーぷん :2017/06/12(月)10:06:13 ID:???
>>214
>それでは「遅すぎる」のですよ。
改正する気がないのに遅すぎるはないわ
ちゃんと煮詰めておけばいつでもできるだろバーカ
216名無しさん@おーぷん :2017/06/12(月)18:11:46 ID:???
>>215
出来ませんよ。
法律を成立させるには国会討論が必要ですが、解ってますか?
国民投票法が必要な時は、共謀罪の時の如く、
デタラメな答弁を繰り返して国会会期が切れるのを待ち強引に成立させるとでも言うのですかね?
そんなであったら「国会」など要りませんし、そもそも「三権分立」である必要性も有りません。
ナチスドイツやソ連、中国ですら「国会」は廃止されずに残っていたのですが、
日本はそれ以上の独裁国家、非民主主義国家になるべきだと仰せですか?

そもそもどうして、いつもいつでも、与党が衆議院でも参議院でも絶対多数を握っていると狂信しているのですかね?
どうして、与党の議員が裏切って反対票を投じないと思えるのですかね?
与党が絶対的な安定多数を握っていない限り、いざという時に瞬間的に必要な法律を立法するなど不可能ですし、
与党内から裏切りが出れば、これまた多数決の原則から言って成立させる事は不可能です。

小泉政権以降多用され続けてきましたが、
何でもかんでも「党議拘束」で縛り付けるというのであれば、
政治家はみ~んなどこを切っても金太郎飴のような小物政治家ばかりになりますね。

そもそも「政治」ってのは、起こってる問題を対処療法的に始末していく事だけが仕事ですか?
そんなだったらスポーツマンやプロレスラーなんかも含んでいる「政治家」なんか要らないので、
もっと優秀な「官僚」にお任せなさい。

政治家の仕事は、現に起こっている問題への対処だけではなく、
問題が起こる前に「未然にその芽を摘む」という事も仕事の一つだと思いますが。
217名無しさん@おーぷん :2017/06/12(月)18:35:57 ID:???
>>216
そもそも充分に練られた法案すら通せない状況で国民投票掛けても無意味だろ
関ヶ原でもやりたい訳?
218名無しさん@おーぷん :2017/06/12(月)18:36:28 ID:???
>>215
第一、改正する意欲が有るからこそ、その為の道筋をあらかじめ用意しておくべきなのでは?

この手の問題は国民投票法だけじゃないですよ。

「女系は反対!旧宮家の皇室復帰!」

と叫ぶ割には、天皇陛下や皇太子殿下など今の皇族の方々のお気持ちをお窺いしたり、

当の旧宮家の方々に、自由ゼロ、人権ゼロの皇室に入る意志が有るのかどうか問いただす事すらしていません。

また全国民に、
「これらの方々が新たに皇族に入っていただく立派な方々です。御承認願います」
とお披露目、お窺いを立てる事すらやっていません。

これでは男系至上主義者たちの本音は、

「後継者不在による天皇制の自然消滅」

こそが真の目的であり、
本音では皇室も旧宮家も己のイデオロギーの前には「どうでも良い」と言ってるに等しい行為ですよ?

「時間が足りない」なんてのは嘘であり逃げ口上です。
旧宮家の方々に皇室に入る意志が有るか無いかなど、
1年前の8月から今までの時間が有るなら、何度でも確認が行えるくらいの時間的余裕は有りました。
それどころか、皇室入りして下さる旧宮家男子が存在したなら、彼らを国民の前に広くお披露目させ、
マスコミをフル活用して
「この方こそ将来の皇族です」
とアピール、熟知させておく事だって出来るでしょうに。

法務大臣がろくに答弁も出来ない共謀罪なんかにかまけてる暇が有るなら、
国民投票法の成立や、皇室典範の改正だって簡単に行えたはずなのですが。

何せ野党第一党の民進党が、皇室問題に関しては積極的に追及する姿勢を見せていますし、
小沢一郎の党ですら、
「特例法ではなく皇室典範改正が必要だ」
と主張しているのですから、
積極的に皇室問題に関与していく姿勢を見せ、皇室典範改正まで行っていれば、野党だって反対出来ませんよ。

むしろそれで反対したら、野党が国民の支持を失うだけなので、
なおのこと皇室典範改正と、国民投票法の成立の一点に絞り込んで政治を行うべきだったと思うのですがね。
219名無しさん@おーぷん :2017/06/12(月)18:37:51 ID:???
>>217
そもそも練られてないから、あの馬鹿な法務大臣が狙い撃ちにされて叩かれてる訳でして。
あの法務大臣の答弁見る限り、そもそも法案の中身や重要性自体理解してないじゃないですか。
220名無しさん@おーぷん :2017/06/12(月)18:38:06 ID:???

国民投票法は皇室問題だけに限らず、憲法改正問題や、その他重要な物事には必ず必要となるはずの法律ですから、
「存在しない」という今までの事態こそが異常というのが否応無しに解るはずですし。

諸外国に有るはずの法が無いという事こそが、
日本が「半人前国家」である事の決定的証拠なんですよ。
(国民投票法だけでなく、日本に足りないのは、
軍律、軍法、皇室の名誉を守る為の不敬罪、共産主義者取締法などなど山ほどあります)
軍法も軍律も無い自衛隊はどんなに憲法に明記されようとも「軍隊」じゃありませんし、
軍隊じゃない以上は「捕虜になる権利」も有りません。
国王を戴く国で「不敬罪」が存在しない国も有りません。
名誉毀損で事実上自分から訴える事が出来ない立場の方なのですから、不敬罪は当然有るべきなのです。
共産主義者取締法は、「自由の国」アメリカや、イギリスに普通に存在します。
言論の自由や思想の自由は尊重しますが、
「そのような自由を破壊しようと企む連中の言論の自由などは認められない」
と考えるからです。

今の日本にも、言論の自由や信仰の自由を破壊しようと企む連中が存在しますが、
(日本の大抵の宗教団体は、日本国憲法にも保証されている「信仰の自由」が解っていない。
「信仰しない自由」「脱会の自由」を認めていない宗教団体も多い)
こんな連中の「権利」などは認められてはならないのです。
221名無しさん@おーぷん :2017/06/12(月)18:39:32 ID:???
>>218
話すり替えんな
プロパガンダが長いんだよ
222名無しさん@おーぷん :2017/06/12(月)18:42:19 ID:???
>>219
幼稚園の尻拭いをするために国民に決めさせてどうするんだよ
それじゃ単に選択の責任を国民に押し付けてるだけだろ
223名無しさん@おーぷん :2017/06/12(月)18:55:34 ID:???
>諸外国に有るはずの法が無いという事こそが、
>日本が「半人前国家」である事の決定的証拠なんですよ。

でました!欧米カルト
224名無しさん@おーぷん :2017/06/12(月)19:08:10 ID:???
条文にも歴史がある事を幼稚園児がわからないのはともかく
板住民としては情けない限り
225名無しさん@おーぷん :2017/06/12(月)19:45:17 ID:???
>>221
どこがプロパガンダなんですか?
言い返せないからってそんな言葉で「言い返した気持ちになる」って惨めじゃないですか?w
226名無しさん@おーぷん :2017/06/12(月)19:49:47 ID:???
>>222
いや、そんな園児並みの国会議員を選んだのはそもそも国民なんですけど。
大体、日本は「国民主権」の国なんでしょうに。
主権者たる国民が与り知らない所で勝手に誰かが国家の根幹、
はたまた国民の将来に関係する物事を決めていくってのはおかしいと思わないのですか?

大体、イギリスでもスイスでも、国家的重要事項はすべからく「国民投票」を行ってますけど?
スイスにとっては、国是である永世中立を侵害するEUやNATO入りする事は政治家や官僚の一存では決められませんし。
EU離脱(もしくは参加)やユーロ離脱だって、政治家の一存で何とかなると思ってるんですか?

日本国民は、もっと「己は主権者である」と認識すべきだと思うのですが。
「面倒だから政治家や官僚に丸投げ」とやってきた結果が、日本のこの体たらくと閉塞感だというのではお話になりません。
227名無しさん@おーぷん :2017/06/12(月)19:50:34 ID:???
>>223
いやいや、欧米だけじゃなく、中国や韓国にすら存在する法が日本に無いって、
それだけで「恥」ですからね?www
228名無しさん@おーぷん :2017/06/12(月)19:54:33 ID:???
>>224
情けないのはツベコベ屁理屈をこねて、
「面倒だからやらない理由」を正当化している方だと思いますが。

何度も言いますが、政治家の仕事ってのは、対処療法的に目の前の問題を片づける事ではありません。
そんな事は官僚に任せておけば十分です。

なんで一般人をはるかに越える高額な給料と、
一般人をはるかに上回る特別なサービスが政治家には保証されてるんですか?
未だ問題として起こってない時点で、未然に問題の芽を摘む、
問題が起こらないように対処しておくのが政治家の仕事でしょうに。

突発的な自然災害ならともかく、
常識的に考えて予測出来る問題であるならば、今の内にしっかりと準備と対策を整えておく事が政治家の仕事なのですよ。
229名無しさん@おーぷん :2017/06/12(月)20:14:37 ID:???
>>225
相手にされなかったら雑談にはならんよ
230名無しさん@おーぷん :2017/06/12(月)20:16:05 ID:???
>>228
やらなくていいことをやる幼稚園児は要らないんだよ
231名無しさん@おーぷん :2017/06/12(月)20:23:05 ID:???
>>227
そうやって煽って自分の国の番になったら梯子を外せばその国に都合のいい仕組みだけが残るんだよね
232名無しさん@おーぷん :2017/06/13(火)03:50:41 ID:???
>>230
なんで「やらなくていい」と言い切れるのですかね?
国民投票を憲法改正条項の中に書き込んでいるくせに、
肝心の「国民投票の法律」が存在しないとかおかしいと思わないのですか?
国会議員選挙と同時並行で行えば良いとでも?
で、当然国会議員選挙が行われれば、仮に与党が続投したとしても一時的に「総辞職」という扱いになるのですが、
何度も何度も国会解散や任命式を行う事こそが、天皇陛下の御負担に繋がるとは思えないのですかね?

国民投票を行うと定められている限りは、国民投票の為の法整備をしなさいよ。
それが嫌なら、それこそ憲法を改正して国民投票なんて未来永劫有り得ないとキチンと明記するべきです。
(まあ、その憲法改正の為にも国民投票は必須条件なのですがね)
233名無しさん@おーぷん :2017/06/13(火)09:38:20 ID:???
>>232
誰もが満足する憲法案ができてないからでしょ
直接民主主義がやりたいならそういう憲法案を出すのが先だ
234名無しさん@おーぷん :2017/06/13(火)09:52:40 ID:???
>>233
誰も「直接民主主義がやりたい」なんて書いてないのですが。
あなた、日本国憲法を読んだ事無いのですか?

日本国憲法第九十六条
この憲法の改正は、各議院の総議員の三分の二以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。
この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行はれる投票において、その過半数の賛成を必要とする。

『国民の承認を経なければならない』って日本語解りますか?
国民投票法が存在しない日本で、どうやって「国民の承認」とやらを獲得するのですか?

憲法を改正するにしろ破棄するにしろ、大日本帝国憲法を復活させるにせよ、
いずれであっても国民の承認は絶対に必要な物です。

これはひとえに憲法改正だけに留まらず、
どこの馬の骨か知れない、もしくはどこの反社会的勢力と結託しているか知れない者が皇室入りするとなれば、
当然援用されるべきだと思われます。

日本国憲法制定から70年も経過しているというのに、
未だに「憲法案が無い」と言うのでは、自民党の怠慢と無能さが一層際だつだけなのですが、
果たしてそこまで自民党は無能で怠惰だったとして良いのですか?
ここまで無能で怠惰だとすると、あの民主党を批判出来ないじゃないですか。
235名無しさん@おーぷん :2017/06/13(火)12:11:32 ID:???
>>234
「特別の国民投票」って書いてあるのが読めないみたいね
法で定めるというお決まりの文言はどこにあるのか?
国会が発議して提案するんだからその必要はないわけだ
常設では特別にならないし、コストが安い方法も採用しにくくなる
だいたい勝負方法はたとえどれでも同じだとしてもその当事者が合意してないと結果に納得しないでしょ


そもそも閣議でいいという話で不足だ国民投票すべきだと書いたんだからそういうことでしょ?
国権の最高機関、つまり幼稚園の頭越しで親がでしゃばるのはダメダメだね
幼稚園児が買って、お友達は持ってるからいいでしょというような主体性のない理由でダダをこねても許しませんというお話
236名無しさん@おーぷん :2017/06/13(火)22:52:09 ID:???
>>235
いや、「特別」であるなら、尚更「法整備」が必須なのですが。
政治って物が解っていませんね。

要するに、法の枠外に位置する物が存在していては「法治主義」の原則に反するから困るのですよ。
だから、ありとあらゆる物は法律が制定され、定義付けが為されています。
それでも法律制定時点では考えもつかない事件などが起こった場合、
改正されたり、新たに法律が作られたりしています。
インターネットとかは、近年になってから法律が整備された典型例ですね。

「時代によっていくらでも変化するのだから法律なんざ不要」

などと言い出したら、インターネットを規制する法律すらも必要無かった事になりますが?

ましてや、「国民主権」を謳っている今の憲法に於いて、「国民投票」と言えば他の追随を許さない程の絶対的な権威です。

将来的に独裁者が現れ、
「国会での論戦が面倒だから」と、
片っ端から自己流定義と国民投票の結果捏造を繰り返した「国民投票」を繰り返して可決成立させたらどうするのですか?

法律による定義が無いという事は、どんなに滅茶苦茶な「国民投票」であっても、
「国民投票っぽい体裁」を取り繕ってさえいれば構わないという事になりますが。

確か、ヒトラーが大統領職と首相職を兼ね備えた時の「国民投票」も、
ナチスによる暴力や、反対派の投獄や国外追放、突撃隊などによる脅迫、
はたまた宣伝省による国民の洗脳などが存在した上で敢行された代物ですよね?

一年前にはナチスに過半数を委ねなかったドイツ国民が、
一年後のヒトラーの総統就任国民投票では「90%」が支持したというのは、
(投票率は96%)
いくらヒトラーが有能で敏腕であったとしても無理不可能でしょう。
自分にとって都合の良い「国民投票の体裁」だけ作った代物だったからこんな事が出来たのです。

こんな事が許されてはならないからこそ、
平時からあらかじめ入念に用意しておくべきなのですよ。

「治に居て乱を忘れず」ということわざも有るではないですか。
237名無しさん@おーぷん :2017/06/14(水)00:53:56 ID:???
>>236
憲法は法の枠外ですが何か?
238名無しさん@おーぷん :2017/06/14(水)01:12:30 ID:???
>片っ端から自己流定義と国民投票の結果捏造を繰り返した「国民投票」を繰り返して可決成立させたらどうするのですか?
だからこれこそ期限付き一度限りの特別決議に含めるべきで、通常法ではそうやって乱用される可能性があるということでしょ

元号変える話に期限切る必要はない
239名無しさん@おーぷん :2017/06/14(水)01:42:14 ID:???
ナチがやったのって要するに暴動打ち壊しの類であって
押し込み強盗団が鼠小僧だと宣伝してたってだけの話じゃないかと最近思う
240名無しさん@おーぷん :2017/06/15(木)03:38:46 ID:???
チャンネル桜の水島が女性宮家反対デモにて曰く。

「旧11宮家の皇族復帰を!!!」

アホかコイツら…
旧11宮家の内、4家は既に断絶。
3家は女性しか残っておらず「女性宮家を認めない」とほざくのならば断絶確定。
あとは4家しか残っていないというのは、旧宮家を語る上での「一般常識」なのだが。
しかも、雑誌のインタビューでは、この4家の男子全員の内、
「皇族に入っても良い」と答えた者はゼロ。
(未成年は親が答えているが、親も子供には「普通の生活を送ってほしい」と答えているので実質的に0人)

なんで「11宮家も存在する!」とミスリードするように世論を煽ってんだ?
それとも「忍者の末裔」みたいのが、日本のどこかに隠れ住んでいるとでも思ってんのか?

ああ、
「男系男子制度を維持する為だったら人工授精も可」
とかほざいた前科持ちが水島か。
「ジュラシックパーク」の如く、死んだ人間の遺伝子でも抽出してくるのだろう。
そこまで倫理をかなぐり捨てなければ維持出来ない時点で、男系男子制度には無理が有ると理解出来るはずだが、
水島ら男系男子至上主義者にとっては、現実の、今、この世に生きておられる皇室の方々よりも、
己の理想像の方が大事なんだからな。
理想像通りに続かないなら、
「断絶させてしまえば良い」
なんて考えてるストーカーか暴力テロリストの思考だから、結局皇室の事なんかどうでも良いと考えてるのと一緒と言って良い。
241名無しさん@おーぷん :2017/06/15(木)03:47:36 ID:???
>>237
憲法こそが法の”枠内”なのですが。
基礎的な法学の知識も有りませんね。

憲法とは、日本の国是とはこれこれであると定める=定義する「法」です。
憲も法も訓読みでは「のり」と読みます。
そして「のり」とは、定規などで測った「寸法」から来ています。
ここから「定める、定義する」という言葉に発展しており、
「標準として守るべき事」という意味合いに変化しました。

憲法こそは、日本の国是であり、国体であり、「法の中の法」とでも言うべき物です。
(実際、英語では憲法も国体も国柄も全て「constitution」の一語にまとめられています)

日本のように、「適当に解釈すれば良いや」なんて軽々しく憲法を捉えている国の方が珍しいのですよ。
ありとあらゆる法律が、憲法が定める範囲内で制定されているように、
憲法が有るから他の法律が存在すると理解してほしいですね。
242名無しさん@おーぷん :2017/06/15(木)03:54:27 ID:???
>>238
いや、通常法であらかじめ定義しておけば、
乱用される危険性が減るんじゃないですか。
いくら何でも、さすがの日本だって「解釈」で適当に運用する憲法と違って、
法律に関しては厳格に施行しています。

そうでないなら、人治主義国家の中国や韓国を笑えませんよ。
彼の国では、警察官や裁判官に賄賂を渡したり、気分次第で量刑が変わるそうですし。

「物事の確固とした定義付け」は、孔子ですら政治を行う上での第一の要諦としているのですが。
孔子は法家の学者ではありませんが、法律を施行するに当たって概念が混乱していてはいけないと指摘しています。
243名無しさん@おーぷん :2017/06/15(木)03:58:14 ID:???
『論語』子路篇より

子路曰く、衛の君、子を待ちて政を為さば、子将になにをか先にせん。
子曰く、必ずや名を正さんか。
子路曰く、是有るかな、子の迂なるや。なんぞ其れ正さん。
子曰く、野なるかな、由や。君子は其の知らざる所に於ては、蓋闕如たり。

『名正しからざれば則ち言順わず、言順わざれば則ち事成らず、事成らざれば則ち礼楽興らず、礼楽興らざれば則ち刑罰中らず、刑罰中らざれば則ち民手足を措く所なし。』

故に君子はこれに名づくれば必ず言うべきなり。
これを言えば必ず行うべきなり。
君子、其の言に於て、いやしくもする所なきのみ。
244名無しさん@おーぷん :2017/06/15(木)12:38:08 ID:???
>いくら何でも、さすがの日本だって「解釈」で適当に運用する憲法と違って、
そんなものは憲法じゃないだろ
裁判の決定がひっくり返るのは、下級審の解釈に誤りが指摘できる場合だ
そういう解釈もできるというだけでは不足だから冤罪事件の再審の壁は厚い
憲法解釈は最高裁しかしない上にいつも逃げるんだから、適当な運用なんてそもそも無理だよ
245名無しさん@おーぷん :2017/06/15(木)12:51:44 ID:???
憲法と法の区別もつかない幼稚園児は、憲法とは罰則のないザル法だという認識でヤンチャしているのだろうな
最近の親は叱れもしないポピュリズムなので
246名無しさん@おーぷん :2017/06/15(木)15:01:53 ID:???
>>244
自衛隊の存在が既に明らかに憲法違反なのですが。
「適当な解釈」で無理やり合法化しているのが現在ですよね?

共謀罪も、集団的自衛権も憲法違反の最たる例なのですが、
無理やりな「解釈」によって合憲扱いされてますよね?

日本では憲法の重みなんてその程度なのですよ。
247名無しさん@おーぷん :2017/06/15(木)15:07:16 ID:???
>>245
いや、法学の基本中の基本なんですが、
憲法と法律とは別個の存在じゃありませんよ。
「法の中の法」こそが憲法なのです。
「区別」など必要無いのです。

法律を制定する際に憲法に依拠していなければならない、
または、憲法に反する法律は制定出来ないのは、
憲法と法律が互いに関連し合っているからでしょうに。

あくまでも「日本では」という話ではなく、
世界で憲法と言えばという話ですけど。

日本の場合、先述のように自民党の屁理屈のような「憲法解釈」でどうとでもなりますので。
248名無しさん@おーぷん :2017/06/15(木)15:13:04 ID:???
で、
「女性宮家なんか許さないぞ~!」
「旧11宮家を復活させろ~!」
などと喚いている男系至上主義連中のキチガイについてはどう思うん?

実際には旧11宮家の内、4宮家が断絶、3宮家が女性のみ、
残り4宮家の中で皇室に進んで入りたがる者は皆無という状況なのに、

「まだまだ皇族の候補として”11人も”居る!」

と思わせるような嘘宣伝を行ってる恥ずかしい連中については何とも思わない?
249名無しさん@おーぷん :2017/06/15(木)19:39:13 ID:???
>>246
バカじゃないの?
自衛隊は憲法ではないんだから、どう解釈しようがあなたの勝手だ
問題は憲法上の軍隊の解釈であって、それに対して最高裁が適当な解釈をした判例があるのか?

投票制度はちゃんと法律で決まっているのに違憲判決だらけなんだから、事前に決めてしまう事の問題は明らかだ
250名無しさん@おーぷん :2017/06/17(土)00:15:18 ID:???
>>249
馬鹿はお前。
憲法上、自衛隊は何をどう言おうが「違法」。
違法な存在を無理やり「解釈」によって合法化しているだけに過ぎない。
最高裁もハナから違憲立法審査権の行使を諦めている。

四の五のほざく前に、まずは日本国憲法を読みなさいよ。
今の憲法を文字通り読めば、自衛隊の存在なんぞ許されないのは明々白々たる事実。
それ以外の解釈なんぞ成り立たない。
251名無しさん@おーぷん :2017/06/17(土)00:17:18 ID:???
>>249
最高裁は、自衛隊も日米安保も、
「違法かどうか最高裁は判断しない」
と逃げている。
日本では「何事も政治優先」なのだ。

国会も行政に従い、司法も行政に従っている。
到底「三権分立」などとは言えない状態なのだ。
252名無しさん@おーぷん :2017/06/17(土)00:18:34 ID:???
>>249
ついでに違憲判決が出てるのは「一票の格差」問題だけの話だろう。
こんなのが問題になるのは日本だけであって、一票の格差問題が存在する他の国では発生していない。
253名無しさん@おーぷん :2017/06/17(土)00:23:08 ID:???
さて、低級な日本人らしいド阿呆、稲田朋美の馬鹿っぷりが世界の物笑いにされてるな。
飽くまでも「低級な日本人」だけの話であって、日本人全てをひっくるめている訳ではない事は指摘しておくが。

シンガポールで開かれたアジア安全保障会議で、壇上にあがった稲田が、オーストラリアとフランスの国防大臣に目をやり、

「私たち3人には共通点がある。みんな女性で、同世代、そして、全員がグッドルッキング!」

と言ったのだとか。

さっそくフランスのルモンド紙の女性記者が、

「大臣の容姿のよしあしなんて誰も気にしていない。女性である大臣自身が、女性差別的な発言をしたので驚いた」

と批判、世界中の失笑を買ったという。

この馬鹿女稲田は、人の容姿の善し悪しを言うだけで「女性差別」に当たるという一般常識も無かったらしい。
まともに社会に出て働いた事も無かったのだろう。
日本でさえ、女性を容姿だけでしか判断しない奴なんぞ軽蔑される。
「能力なんぞ二の次三の次、可愛ければそれで構わない」
と言ってるに等しいのだから。

政治家の仕事はアイドルではないのだから、顔の容姿なんかどうだって良い。
仕事が出来さえすれば、面相は「お岩さん」であっても構わないのだ。
仕事の評価をしないで容姿の評価に走った時点で「女性差別」と言われるのは当たり前だろう。
稲田は「顔が良ければ仕事が無能でも許される」とでも言うのだろうか?
それも十分「女性差別」だし、それを思わせる発言をした時点で馬鹿丸出しである。

そもそも中国や北朝鮮の脅威、
そしてロシアには現在進行形で日本固有の領土を侵略されている現状、
さらには韓国が極左化して日本との火種を拡散しようとしている今、
ヘラヘラ笑いながら女性防衛大臣の容姿をあげつらっていられるだけの余裕がどこに有ると言うのか?
本当にこの馬鹿大臣には「危機感」が足りない。
危機意識を最も持たなければいけないはずの防衛省のトップがこんな馬鹿女では溜め息しか出ない。

こんな無能の世界の恥曝しであっても、
「安倍ちゃんの選んだ閣僚だから無罪放免」
になるのだから、トコトン支持者は頭がイカレてる。
254名無しさん@おーぷん :2017/06/17(土)00:28:44 ID:???
それもこれも、
「可愛すぎる市議」だの、
「美人スポーツ選手」だの、
「美人社長」だの、
「美人弁護士」だの、
本人の才能や能力より、「容姿」を評価の対象にする日本の悪習こそが元凶なのだろうが、
一般人以上に外国人と接する機会が多いはずの「大臣」が、その程度の知識すら持たないとは何たる無様か。

否、日本の一般の社会とて、容姿以外を評価しない奴など軽蔑される。
容姿が全てのアイドル業界ならともかく、仕事の実績が全ての世界で容姿を褒める事ほど見当違いな事は無いだろう。

「取り立てて仕事については評価出来ないから、とりあえず顔でも褒めてやるか」

という意識がアリアリなのである。
255名無しさん@おーぷん :2017/06/17(土)04:28:50 ID:???
>>250
解釈の問題ではなく、「法律」があるから「合法」なんだよバーカ
その法律が「違憲」だと判断されれば無効だが、法律違反がなければ「違法」ではない

憲法は知ってるが自衛隊の記述なんぞ知らん、政党の存在なんぞ許されないとか言うだけなら自由だろう
巨人軍は違憲か?
256名無しさん@おーぷん :2017/06/17(土)16:01:17 ID:???
>>255
馬鹿はお前だw
お前の理屈では、最高裁に何で違憲立法審査権なんて物が有るのかね?www
法律さえ用意すれば、憲法にどんなに反する法律であっても無限に許されるはずだろwww
何しろ、お前は「憲法は法律に非ず」とか言い出す法学無知のトンチンカンだwww
法の中の法こそが憲法なのに、その憲法を無視した、もしくは反逆する法律が存在しても一向に構わないのかw

だったら「違憲立法審査権」なんて必要無い。
全ての法律は「ただ法律であるというだけ」で全て合法なのだから。
「法律が有るから合法」ってそういう事だぞ?
超絶阿呆w
257名無しさん@おーぷん :2017/06/17(土)16:04:19 ID:???
>>255
憲法九条に何が書いてあるかも知らない無知蒙昧が、
憲法について偉そうに講釈を垂れてるんですかぁwww

私が最も軽蔑するのは、お前のような輩なんですよ。
無知は無知なりに黙ってれば良い。

「言論の自由」は有るが、

「嘘 を つ く 自 由」などは誰にも無いのだ。

「無知なまま知ったかぶりで物事を語る自由」

なんて物も存在しないし、有ってはならない。
こんな物は本当の意味で「言論の自由」を歪める物だし、
国民に、そして世界の人々に間違った知識を植え付ける事になるからだ。
258名無しさん@おーぷん :2017/06/17(土)16:35:59 ID:???
>>256
悪法も法だから、無効にするには判決が必要だ
お前が勝手にわめくのは自由だが、断罪する権利は憲法によって制限を受けているわけだ
最高裁に許される権利をお前が勝手に使えるわけがないだろう
259名無しさん@おーぷん :2017/06/17(土)16:44:18 ID:???
>>257
9条に書いてあることが自衛隊に何の関係があるんですか?
札幌雪まつりが違憲とでもいうの?
260名無しさん@おーぷん :2017/06/19(月)08:20:23 ID:???
>>258
はて?
「憲法は法じゃない」などとほざいたのはどこの誰でしたっけ?w
その同一人物が、
「憲法によってあらゆる法律は制限されている(キリッ)」
などと言い出す矛盾についてはどう考えてるんですかぁwww
261名無しさん@おーぷん :2017/06/19(月)08:22:15 ID:???
>>259
お前馬鹿?
憲法9条を百万遍読み返せ。

第九条 
日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

2 

前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
262名無しさん@おーぷん :2017/06/19(月)08:28:15 ID:???
自衛隊は陸軍や海軍や空軍には当たらないとでも言い出すつもりか?w
だったら何の為に兵器を持ってんだ?お飾りか?www

いや~、憲法を読んだ事が無いくせになんでここまで執拗に食い下がってこれるのかねwww

それに日本国憲法は、
「国際紛争を解決する手段は武力に頼らない」
とハッキリ書いてあるのであって、中国やロシア、北朝鮮が日本を攻めてきても、
反撃するのは「憲法違反」だよw
このクソふざけたアメリカの押しつけ憲法がそうなってるのだから。
「交戦権も認めない」とはっきり書いてあるし。

つまり日本国憲法によれば、日本はどこかに侵略されたら黙って殺されろと言ってるに等しい。
こんなふざけた憲法であってはならないから、
「さっさと憲法を変えろ」と言ってんだ。

いい加減、日本国憲法を読んだ事も無い人間は無知をこれ以上晒す前に黙ってれば良いのに…
263名無しさん@おーぷん :2017/06/19(月)08:30:36 ID:???
>>259
言うに事欠いて「札幌雪祭り」とかwww
むしろ、札幌雪祭りなんて自衛隊の業務の本筋じゃないだろうがw

お前の妄想じゃ、自衛隊業務の大半は札幌雪祭りなどのお祭り騒ぎで終始しているらしいなw

札幌雪祭り自体が違憲かどうかなんて話は誰もしてない。
自衛隊が違憲だって言ってんだよ、アホ!

違憲だからこそ、非現実的な妄想理想論を垂れ流している今の憲法は全面的に書き直せって言ってんだ、底なしの馬鹿!
264名無しさん@おーぷん :2017/06/19(月)08:46:13 ID:???
妄想馬鹿知識人の一人と言えば、八幡和郎が挙げられる。
コイツは江戸時代否定論者で有名で、幕府・会津藩全否定、
薩長は無条件で万歳とする狂った歴史観の持ち主だが、
いつの間にか皇室問題にまで口を挟めるくらいにお偉くなっていたらしい。
(「薩摩に暗君なし」とかいう言葉を持ち出し、どっからどう見ても暗君でしかない島津斉興や島津久光までをも賞賛する底なしの馬鹿!)

新潮45の問題論文である。

「公務の担い手減少への対処なら、とりあえずは、民間人である元女性皇族や旧宮家などが公務を代行する仕組みをつくればいいだけだ」

馬鹿馬鹿しいにも程がある。
八幡はそもそも「日本語」が理解出来ないらしい。
「民間人」が「公務」を行うなど、日本語としておかしいと思わないのだろうか?

そもそもそんな仕組みが簡単に出来るのならば、世界のどこかでとっくに挑戦されてるだろうし、
日本の長い歴史上でもとっくに実験されているはずだろうに。

それに八幡和郎が「人間的にゲス」なのは今までの著作からも明らかだが、
今回の新潮論文では徹頭徹尾、小室圭氏への人格攻撃や嘲笑が行われている。
清子内親王と結婚された黒田家と違い、小室圭氏は「大学院生」だから経済力に不安が有るだの、家柄がどうこうだの。

意味不明なのが、京都の行事や伝統文化の衰退が「皇室のせい」と言わんばかりの態度。
この馬鹿は明治維新は「何でも素晴らしい」とする論者ではなかったのだろうか?
伝統や秩序を墨守するような守旧派なんぞ、八幡にとっては嘲笑と罵倒の対象であったはずだが?
そんなに京都の伝統文化が大事であるなら、明治維新なんてとんでもない革命騒動を起こさず、
江戸幕府によって漸進的に近代化を推し進める方向であれば良かっただけではないか。
幕府は何もせずに手をこまねいていた訳ではない。
幕府は幕府なりに近代化への道筋をつけていたのだ。
その幕府のやり方を全否定し、元々「攘夷だ~」「攘夷だ~」と喚いてばかりの上、
明治維新後は欧米化一本槍だった薩長の方ばかりに肩入れしてきたのは誰だったのか?
265名無しさん@おーぷん :2017/06/19(月)09:04:13 ID:???
八幡和郎のふざけた妄想は続く。

(女性皇族は現状では結婚しら民間人となり公務をされる期間がわずかで終わってしまうので)
「そういうことだと、もったいないし、本人たちも一時期のおつとめでしかないのでは、十分に知識などを蓄える気にもなるまい」


あまりにふざけた妄想の断定で殺意すら覚える。
この馬鹿は、佳子様の手話がどれほど素晴らしいレベルなのか知らんのだろう。
愛子様も影こそ薄いが、非常に成績優秀でスポーツも優秀であるとの事である。
「所詮は腰掛け」なんて思ってる女性皇族がどこに居ると言うのか?

そもそも「所詮は腰掛け」と女性皇族が思ってると断定する根拠は何なのか?
こういう重要な事を、
「個人の勝手な推測です」
などという逃げ口上でほっかむりする事は断じて許されない。
死を以て償われるべきであろう。

八幡が賞賛する薩長の末裔たちが作り上げた戦前であれば、八幡は間違いなく不敬罪である。


「皇位継承については、限られた旧宮家とか女性皇族やその子とかに限らず、数十人くらいの予備軍が必要だと思っている」

具体的には「江戸時代に臣籍降下した者の子孫」まで考えているらしい。
家康が江戸に幕府を開いた1603年を境目に、皇族の間に差別を設けると言うのだから本当にこの馬鹿は頭がおかしい。

常識的に考えて、1602年の日本と、1604年の日本でガラッと一変したなんて事があるはずがない。
「江戸時代」というのは、単に歴史上の区分の話でしかなく、皇族であるとかないとかをそこで分ける筋合いの話ではない。
1603年以前に臣籍降下していた者と、1603年以降に臣籍降下した者と、果たしてどこが違うと言うのか?
何故そこで区分けする必要が有るのか?

区分けする必要が無いのであれば、日本人の大多数は皇室の人間になってしまう。

区分けするのであれば、どういう基準で分けるのかが問題になる。

いずれにしてもそんな間口を広げた「皇室」(?)が国民に尊崇されるなどと考える八幡はアホである。

さらに、その手の江戸時代に分家した子孫の方々を、(男系男子確保の為の)「供給源」などと呼んでいる時点で、
八幡に尊皇の念なんぞ微塵も無い。
八幡が好きで好きで堪らない長州藩の尊皇志士に叩き斬られても文句は言えない。

「悠仁さまと同世代以下の数人の男子を宮家の猶子とすることが、ひとつの考え方」

コイツは他人の子供を何だと思ってるのか?
将棋の駒かチェスの駒の如く、
こちらの勝手な意志であっちにこっちにと振り回す事が出来ると狂信してるのか?

自由も人権も皆無の皇室に入るのであれば、本人の意思確認が絶対に必要不可欠であるはずだ。
本人の知らない所で勝手に養子入りさせられる事の苦痛と苦労がこの馬鹿には解らないらしい。
人の皮をかぶった獣である。
266名無しさん@おーぷん :2017/06/19(月)12:00:47 ID:???
>だったら何の為に兵器を持ってんだ?お飾りか?www
現状がそうだろ?
合法的に使えるのはどういう時か考えれば武士の守刀以下になるわけだし

正当防衛やら緊急避難だって、業務上過失とかよりも優先されるそれらの規定がもし無効になることがあれば
合法とは言えなくなるわけだ

ただし、やってもいない架空の過失行為は未遂ですらないので、なんの違法行為で訴えられるというんだ?
267名無しさん@おーぷん :2017/06/19(月)12:27:00 ID:???
個人的に気になるのは、軍隊専用の基地は軍隊の一部ではないかという疑惑
雪まつりだのサンタクロース追っかけるのに使うだの言える所ならともかく
米軍を軍隊でないと言える奴は居ない筈なのに、何故政府の指示を争えなかったのだろうか?
268名無しさん@おーぷん :2017/06/21(水)21:57:31 ID:???
>>266
いや、憲法九条に違反しているだろ。
「存在そのもの」が。
憲法九条は何度も言うが、
「武力は使用しない軍隊は持たない。交戦権は認めない」
と書いてある代物だ。
自衛隊は存在そのものが「憲法違反」だろ。

だ か ら 「憲法を変えろ」と言ってるんだが?
269名無しさん@おーぷん :2017/06/21(水)22:00:46 ID:???
「憲法を変えろ」と言っても、いくら何でも安倍晋三の言うような、

「九条全てを残したまんまで自衛隊の存在だけ明記すれば万事解決!」

なんて卑怯で無意味なやり方は論外。
自衛隊の存在は確立されたかも知れないが、

「国際紛争を解決する手段として武力は用いない。軍隊は持たない。交戦権は認めない」

この肝心な部分が変わっていない以上、自衛隊は反撃すら出来ない無意味な武装組織でしかないのだから。

安倍晋三の脳内では、自衛隊とは「札幌雪祭り」(笑)のようなお祭り騒ぎか、
「災害救助隊」以上の価値は持たないらしい。
270名無しさん@おーぷん :2017/06/21(水)22:01:49 ID:???
さすがに、憲法九条二項と、追加される三項との間にただちに矛盾が生じる問題については、
改憲派(?)の憲法学者も気がついたらしい。

大阪大学教授の坂元一哉は、こんな発言をしている。

「新規定を9条ではなく、新しい条文(たとえば104条)をつくって、そこに入れることを考えてもいいのではないか」
(産経新聞6月19日付)

いずれにしても「バカ」としか言いようが無いのだが。
憲法九条を残したまま、一字一句も変えないで自衛隊が存在するなんぞ許される訳無いだろう。

「軍隊は保持しない。交戦権は認めない」とハッキリ書いている九条二項と、
自衛隊の存在の整合性をどう合わせるのか、
どうやろうとも矛盾が生じるだろうが。

本当に、この手のエセ「改憲主義者」は、全員改憲派から出て行けと言いたい。
271名無しさん@おーぷん :2017/06/21(水)22:07:39 ID:???
「憲法九条を世界遺産に」などとほざいているお笑い芸人の太田光と、
この手の「自衛隊明記だけして終わり!」の論者とは、
全くもってイコールで同根なのだ。

太田光は、テレビの番組の中で、自衛隊を解散して、純然たる災害救助隊に改組するべきだなどと主張した事すら有った。

憲法上交戦権を認められないまま、存在だけは日本国憲法に記載されようとしている自衛隊なども、
ただの災害救助隊とどこが違うというのか?

自衛隊が軍隊であるならば、憲法九条二項に違反するし、
武力で解決しない、交戦権は認めないという憲法の規定通りであるならば、
自衛隊は敵の侵略に対して抵抗すら許されない事になってしまう。

今の憲法は、アメリカの押しつけ憲法であるのだから、最初っから無理があるのだ。
今の日本の如く、憲法を無視した無法国家にでもならない限り、運用が出来ないのが実状である。

だ か ら 憲法は改正されるべきなのだ。

し か も 定期的に。
272名無しさん@おーぷん :2017/06/21(水)22:33:51 ID:???
>>268
意味不明
武力を使用したことがあるのか?
交戦したことがあるのか?
軍隊だと認定されたことがあるのか?
273名無しさん@おーぷん :2017/06/21(水)22:47:48 ID:???
>ただの災害救助隊とどこが違うというのか?
変わらないんじゃないか?

>武力で解決しない、交戦権は認めないという憲法の規定通りであるならば、
>自衛隊は敵の侵略に対して抵抗すら許されない事になってしまう。
あくまで交戦権を認めないのは国だから、独立でもすればどうか?
274名無しさん@おーぷん :2017/06/22(木)03:38:24 ID:???
>>272
まさか、北朝鮮がいつ暴発するか知れないのに、
自衛隊は今後も武力を用いる事は無いと狂信してるのか?

お前、マジで「政治家の仕事」って何だか解ってるか?
目の前の仕事だけ片づけるのであれば政治家は要らないんだよ。
十年後や百年後までの大局を見据えて政治を行う為に、「政治家」という専門家が必要なんだろ?

今まで武力を使用した事が無いからって、今後も一万年武力を使用する事が無い、
戦争しない、交戦しないって信じられる根拠は何なんだ?
アメリカの戦争にひたすらくっついていくっていう、集団的自衛権まで認められたというのに。

>>273
アメリカでもどこの国でも、軍隊が災害救助をやる事は有るが、そんなのは「本業」ではない。
軍隊は様々な地形を想定して訓練を行っているから、色々な場合に於いて活動出来るのであって、
それを「軍隊の本業」みたいに思われては困る。

自衛隊が日本政府から独立するのはともかく、予算はどうするのか?
日本政府と自衛隊との関係はどうなるのか?

否、もっと重要な問題として、世界や国連、国際法が、そんな存在を認めるのか?

認められなければ、そんな物はただの「タリバン」か「イスラム国」「アルカイダ」と同じ、
「兵器を持っただけのテロリスト」と同じ扱いになってしまうのだが。

当然の事ながら、民衆を無差別に殺すテロリストに保護される権利など無いように、
国際法上の地位があやふやな自衛隊もまた、捕虜になる権利が有るのか無いのかすらも解らない。

キチンと「軍隊」としての体裁を取っていても捕虜になれるかどうか解らないが、
ただのテロリストになってしまえば、その確率は「0」でしかない。
その場で撃ち殺されても文句が言えないのだ。

なんでそんな馬鹿馬鹿しい真似をやらせるより、
「さっさと憲法をキチンと改正しろ」
「自衛隊の権利を守れ」
と言わないのか?
275名無しさん@おーぷん :2017/06/22(木)04:20:20 ID:???
>自衛隊は今後も武力を用いる事は無いと狂信してるのか?
それが何の「法律」と何の関係があるんだ?
276名無しさん@おーぷん :2017/06/22(木)04:34:51 ID:???
>それを「軍隊の本業」みたいに思われては困る。
巨人軍の本業は野球だろ

>否、もっと重要な問題として、世界や国連、国際法が、そんな存在を認めるのか?
親会社はあるが国鉄ではないので政府から独立しているな
277名無しさん@おーぷん :2017/06/22(木)05:08:46 ID:???
人民軍の例を考えれば、テロリストではなく一般市民として扱われて、殺せば虐殺扱いということになるな
結局の所勝てば官軍以外のなにものでもないだろそんなのは
278名無しさん@おーぷん :2017/06/22(木)08:37:03 ID:???
>>275
いや、こっちの質問に答えろよ。

「今まで武力を用いる事が無かったからといって、なんで”今後も”武力を用いる事は絶対無い」

と過信してるんだ?
論点をそらさずに、ここを説明しろ。

ついでに、お前、「政治家と官僚の違い」って解ってるか?
具体的に言えば、「政治家の仕事」って何だ?
官僚とどこが違うんだ?
279名無しさん@おーぷん :2017/06/22(木)08:37:46 ID:???
>>276
お前、キチガイか?
巨人軍を、一般通念上の「軍隊」と思いこんでんのかwww
280名無しさん@おーぷん :2017/06/22(木)08:44:01 ID:???
>>276
ほほう、似たような存在であった満州国を、世界は認めたんだっけ?
一応建て前上では日本から独立していた国だったはずだが?

そもそも自衛隊が独立するとなれば、国土はどうすんだよ?
日本並みの面積が有った満州国どころじゃねえぞ?

まあ、「巨人軍」を「軍隊」と思ってるクルクルパーじゃ、こんな事も理解出来んだろうが。

>>277
いや、一般市民だろうと何だろうと、武器を持っていれば「テロリスト」扱いだぞ?

だいたい、「テロリスト」と「一般市民」が、
一目瞭然で分けられると思いこんでる時点で「幼稚」なのが見て取れる。
そんなに簡単に分別出来るのなら、天下のアメリカ軍が苦戦なんかせんわ!w

一般人の格好をして武器を隠し持ってるからこそテロリストは卑怯なんであって、
どんな優れた軍隊であろうとも完全に見分ける事なんぞ不可能なんだろうが。
281名無しさん@おーぷん :2017/06/22(木)08:58:14 ID:???
一人前の国家は一人前の軍隊によってのみ支えられ、
一人前の軍隊は一人前の国民によってのみ支えられる。

従って、押しつけ憲法の今の憲法のままでは一人前の軍隊など持つ事は不可能だし、
そもそも今の憲法を作ったアメリカなどがそんな事を望んでいた訳もなかろう。
戦勝国が日本国憲法を押しつけた当時は、つい最近まで激しい抵抗を見せていた日本の国力を全力で削ぎ落とす事が目的だった。
日本の防衛や日本国民の福利厚生なんて、間違いなく考えていたはずもない。
こんな憲法を後生大事に抱えているなど恥曝しも良いとこだ。

まして、こんな憲法を一切書き換えず、そのまま自衛隊を書き込むだけで以て足れりとするなど、
そのあまりの頭の悪さに驚きを禁じ得ない。

一人前の軍隊を持たない国家は一人前ではない!
交戦権を持たない軍隊などこの世に存在しない!
国家固有の権利として、最初から武力を放棄するなどという事も有り得ない!
まして、日本の周辺諸国は、ただ一国の例外も無しに、
日本に対して野心丸出しの侵略国家だらけなのだ!
国連憲章ですら侵略戦争でない限りは交戦権を認めているし、当然自衛権を認めている!

それらをキチンと憲法に記載せず、交戦権も持たない軍隊とは呼べない奇妙な集団を明記するだけの憲法改正ならやるだけ無駄だ!
二度と憲法改正などと言わないでもらいたい!
むしろ、九条信者の太田光や共産党と同じ「護憲論」を自称すべきだろう。
282名無しさん@おーぷん :2017/06/22(木)17:02:17 ID:???
>>280
財政規模が国家予算並の自治体であればソ連崩壊よりも案外あっさりと認められてしまいそうな気はするが
そもそも国の交戦権を認めない話で、「国として」認められる必要がどこにあるんだ?
憲法を守らない非国民でも国に認められていてテロリスト扱いでないならそれで充分だろ
逆ならともかく交戦権を求めるデモなんて聞いたことすらない状況での改憲は筋が通らない話だ

そもそも国際ルールとしても連合国同士は勝手に戦えない訳で、
結局、謎のアストロ軍団が戦ってるのは野球協約的にどうかというような話でしかない

クルクルパーは国の作る法律とその他のルールを混同して語る奴だろう
パーマンに不満があるなら上官の宇宙人でも呼んでこいや、話はそれからだ
283名無しさん@おーぷん :2017/06/23(金)00:26:58 ID:???
http://livedoor.blogimg.jp/googleyoutube/imgs/e/c/ec8d7017.jpg

お馬鹿な安倍晋三ですら、今の憲法を「みっともない」と思ってるのだが。
そのみっともない憲法を、一層みっともないふざけた憲法にする為に改憲するつもりらしいが。

それとこの語録まとめた奴ってサヨクなんだろうけど、
今の憲法について、当時の日本人がとやかく口出し出来たとでも思ってんのか?
GHQの占領下だろうが、アホ。
284名無しさん@おーぷん :2017/06/23(金)01:20:09 ID:???
>今の憲法について、当時の日本人がとやかく口出し出来たとでも思ってんのか?
首相が口出したのは確かだろ
それがアメポチだったというのなら小泉の時代になっても何も変わってなかったと言えよう
285名無しさん@おーぷん :2017/06/25(日)07:37:14 ID:???
>>284
むしろ、憲法九条は幣原総理の進言で挿入されたとか、そういう説は有るな。

だが、根本的に、
「押し付け憲法なんぞ断固拒否する!」
なんて、当時のGHQ占領下の日本人が言えたのか?
言うのは勝手だが、即座に戦犯扱いされて公職追放されるのがオチだろうよ。

実際、
「ポツダム宣言とは”軍隊の無条件降伏”を定めた物であり、日本国家としては無条件降伏などしていない」
と正論を吐いた外務省条約局長は、GHQによって首を切られている。
(実際、日本は「国体護持」の条件を付してポツダム宣言を受諾したのであり、それは連合軍も認めているので無条件降伏ではない)
286名無しさん@おーぷん :2017/06/25(日)13:31:00 ID:???
>>285
単に実権のない政府が吹っ飛ぶだけだろ
修正の域を超える憲法改正は問題があると進言するのはなにも問題ないだろう
別に新しい国になっても今の憲法が国民に選ばれていただけの話で
今更自主憲法とか黴の生えたお題目を引っ込められない党にはその方がよかったんじゃないの?

朝鮮戦争が始まって押し付け憲法を失敗したと思ったのはマッカーサーの方だったんじゃないだろうか?
287名無しさん@おーぷん :2017/06/25(日)15:25:11 ID:???
>>286
そもそも、憲法発布直後も、日本の独立後も、
一度たりとも日本人は「今の憲法で良いか」などというお伺いを立てられていない。
(憲法発布直後と言えば、日本は未だGHQの支配下な訳で、当然反対など公然と表明したら公職追放されたであろう)

朝鮮戦争から一体何年経過したと思ってるのか?
あの時の北朝鮮や中国には、果たしてミサイルは有ったのか?
核爆弾は有ったのか?
確か朝鮮戦争の頃は、ソ連にすら未だ核爆弾が無かった頃ではなかったか?

一方、いつ爆発するか知れない21世紀の北朝鮮は全く状況が異なる。
核も持っていればミサイルも有る、ミサイルに搭載するBC級兵器すらも持っている国なのだ。
中国・ロシアは言わずもがなである。

こんな危険極まり無い国が日本のすぐ目の前に有るというのに、
一体いつまで日本はGHQの押し付け憲法を後生大事に戴いてなければならんのか?
憲法制定当時と時代が大きく動いているというのに、
まるで時間の経過など無かったかのように思いこんでいる変わった頭の連中こそが、「護憲派」という連中である。
288名無しさん@おーぷん :2017/06/25(日)15:45:46 ID:???
>>287
反対を表明する権利は当然憲法で保護されてるだろう
何言ってんだ?
289名無しさん@おーぷん :2017/06/25(日)20:30:10 ID:???
>>288
GHQ統治時代に、果たして憲法の条文がそのまんま素直に適用されたとでも?
有名な話なのだが、東京裁判にて、日本側有利な証言は片っ端から却下され、
日本側に不利な証拠や証言は、それがどんなにいかがわしい代物であろうがフリーパスであったのを見れば、
「言論の自由」なんぞ皆無であったと断言して良い。

そもそもGHQの時代には、戦前日本に勝るとも劣らない「検閲制度」が有ったのだ!
しかも、日本の戦前の検閲制度は単に伏せ字になるだけであり、
「××主義」とでも書いてあれば、「社会主義の事か」などと推論出来たものだが、
GHQの検閲は、そもそも「検閲されている」という事自体を覆い隠していた!
GHQの諸政策への批判は一言一句書けなかった。

そういう時代であるのに、
「憲法に反対を表明する権利が書いてある」
とは何たる事か!
290名無しさん@おーぷん :2017/06/25(日)22:41:57 ID:???
表明するのと認められる事は何の関係もないだろ
どんなデタラメな証言をしようとその事実は残るだろう

検閲で全部消されたなんてどこかのUFO研究家みたいな話を言いたいのかい?
291名無しさん@おーぷん :2017/06/26(月)02:56:12 ID:???
>>290
認められずに公職追放されるのであるなら、
そんなのは「言論の自由がある」とは言わない。

そんな時代に、
「今の憲法はアメリカの押し付け!」
「戦時国際法にもポツダム宣言にも違反している!」
なんて発言出来るかどうかも考えられないのか。

実際、当時の日本人の大多数は、検閲されているという事実その物を知らずに生きていたのだが?
292名無しさん@おーぷん :2017/06/26(月)05:03:36 ID:???
>>291
日本史板なんだから妄想じゃなくて史実を語れよ

誰が憲法に反対して公職追放されたって?
293名無しさん@おーぷん :2017/06/26(月)07:35:55 ID:???
>>292
お前公職追放令で一体何万人が追放されたか知らんのか?
真の意味で戦争を煽った「軍国主義者」も当然居ただろうが、中には全くの無関係だった人物すらも存在したのだが?
お前そんな事も知らんのかよ?

有名どころでは女性解放運動家の市川房枝、
社会主義者の浅沼稲次郎なんかもその口だし、
(当時はまだ冷戦時代前であり、米ソは蜜月状態である)
東條内閣と戦争の長期化に反対して倒閣の引き金を引いた岸信介も追放の憂き目に遭った。
「同姓同名の別人」の責任を引き継いで公職追放された事すらも有った!

これくらいも知らん奴が何をほざいてんだ?

こんなに片っ端から都合が悪い奴を追放しておけば、組織的な反対運動なんか起こる訳もないし、
実際当時は、共産党員ですらGHQを褒め称えていたような時代なのだが。
294名無しさん@おーぷん :2017/06/26(月)07:37:42 ID:???
いい加減屁理屈ばかり言ってんじゃねえよ。
「巨人軍は軍隊だ」とか思いこんでたキチガイよ。
295名無しさん@おーぷん :2017/06/26(月)10:12:39 ID:???
で、誰が憲法反対だったんだ?

>>294
そういう思い込みはいいから証拠を出せと言ってるんだよ
名無しの特定ができるなら証明しろ
296名無しさん@おーぷん :2017/06/28(水)10:05:30 ID:???
>>295
お前>>293が読めないのか?

一 体

何 万 人 が

公 職 追 放 令 で

追 放 さ れ た と 思 っ て る ん だ ? ? ?

http://www.geocities.co.jp/Bookend-Yasunari/7517/nenpyo/1941-50/1945_kenetsu.html

「思いこみ」も何も、お前が単に歴史を知らんだけで、万単位の日本人が公職追放の憂き目に遭っていたし、
言論抑圧の為に「プレスコード」とか作っていたのがGHQだろうが、底なしのアホw
本当に無知なバカは困る。
297名無しさん@おーぷん :2017/06/28(水)11:30:10 ID:???
流れぶった切ってすまんが
森蘭丸が信長の小姓やったのは分かるけど
色子も同時に努めてたってどっから出てきたんや?
298名無しさん@おーぷん :2017/06/28(水)18:00:43 ID:???
>>296
つまり>>293曰く組織的な反対運動はなかった訳だな
煽動されたらきっと反対してるなんてそんな誰かの言いなりの駒扱いこそ自由意志とはかけ離れた妄想だろう

反対運動とは関係ない何万人とかいういいかげんな数を言うことに何の意味があるんだ?
大虐殺でもされて死人に口なしだとでも言いたいのかいな?
そもそも問題は朝鮮戦争以前に誰か反対だったのかということなんだから、
当時の記録にない後付けの話は証拠に使えないわけで、生きてようが死んでようが結局関係のない話だ
もっとも記録に残ってたとしてもそれがデタラメ裁判だったというのであれば、
処分の理由なんて只の濡れ衣の可能性が高くなる訳だから信憑性のない話になってしまう訳だけれどな

結局仮に最大を見積もって全員が反対だったとしても万単位では一議席にも満たない数でしかないわけで
それならばどういう決め方であろうが結果が動かなかったのは明らかと言えるだろう
299名無しさん@おーぷん :2017/06/29(木)00:38:57 ID:???
>>298
記録が無いならいけないなら、中国史の大半は捏造だらけの歴史になるわなw
何せ勝った王朝が負けた王朝の歴史を片っ端から破壊して自己流歴史を書きつづる習慣なんだからw

歴史ってのはのちになって様々な資料や発掘物が見つかり、その都度今までの常識が見直されている学問のはずだが、
お前にはその歴史を語る最低限の教養も無かったらしい。
300名無しさん@おーぷん :2017/06/29(木)00:41:17 ID:???
>>298
そもそも近所で誰か一人でも公職追放などされれば、
「長い物には巻かれろ」式に媚びへつらうのが人間だろうが。
(これは日本人特有の現象などではなく、全責任をナチスに押しつけたドイツ人とて同じである)

日本全国で万単位もの人が排除されたとなれば、
「物言えば唇寒し」とばかりに言論だって萎縮するわ、アホ!
301名無しさん@おーぷん :2017/06/29(木)00:44:07 ID:???
このバカキチガイは、GHQの統治下に於いてまともな「言論の自由」が保証されていたと狂信しているらしいw
日本国憲法や東京裁判に対して、はたまた戦時中のアメリカの蛮行に対して、GHQの統治に対して、
「不満を表明する自由」とやらが有ったと狂信しているらしいw

想像力が全く働かないキチガイなのだ!
21世紀現在の日本のような無責任で嘘八百な言論でさえ許されるような世界が、
GHQの統治下に於いて実現していたとでも思いこんでいるのである!
とんだお笑い草だ!
302名無しさん@おーぷん :2017/06/29(木)18:01:06 ID:???
>>299
>歴史ってのはのちになって様々な資料や発掘物が見つかり、その都度今までの常識が見直されている学問のはずだが、
何の資料で誰々の反対を立証できるのか述べてみなと言っているんでしょ
資料の信憑性を論じる事が不可能な伝説だとすらも言えないような名無しさんの思い込みによるご高説を疑うなというのは学問ではないだろう

>お前にはその歴史を語る最低限の教養も無かったらしい。
信じる自説の吹聴に都合がいいだけのゴットハンドを疑えないKYレベルの教養なんてまさに洗脳そのものだな
303名無しさん@おーぷん :2017/07/01(土)07:55:13 ID:???
>>302
数百年単位で「源頼朝像」とか「足利尊氏像」、「武田信玄像」とされてきた物が、
「実はそうではなかった」と見直されるような事態がいくつも起こっているのだが、
歴史についてとにかく無知なお前は、こういう事を知らないようだなw

新しい資料や発掘物が見つかれば、お前がどんなに不満であろうとも見直すのが「歴史」という学問なんだよ。
無知は黙ってろ。
304名無しさん@おーぷん :2017/07/01(土)07:59:15 ID:???
>>302
「プレス・コード」は、れっきとしたGHQの公式文書だが?
GHQによって採用されていた、日本人検閲官の存在だって明らかになってるし。

岸信介や正力松太郎の如く、戦犯裁判を免訴する代わりにアメリカのスパイになる事を受け入れさせた者だって居る。
アメリカ自身が文書を公開していたり、
はたまた当時の資料が発掘されたりしているのだが、
無知なお前はまるっきり知らないらしい。
305名無しさん@おーぷん :2017/07/01(土)11:06:02 ID:???
>>304
GHQがどこの機関でどこの国の憲法違反だと言うんだ?
問題は表現規制ではなく憲法に対する不満の隠滅があったのかということだ

「STAP細胞が発見されたりしているのだが、
無知なお前はまるっきり知らないらしい」
とか言いたいのならその実験ノートを提示するべきだ
306名無しさん@おーぷん :2017/07/01(土)11:33:56 ID:???
>>303
単に自信が無くなったというだけの話だろ
間違われたという事実自体が似ている可能性を否定するものじゃないし
そもそも時代が違うというなら、実在人物というのはモデルにしただけで
あくまで歴史上の人物として作られた時代劇のような存在と言えないかまでは否定できない
307名無しさん@おーぷん :2017/07/23(日)09:25:14 ID:???
>>305
GHQ自体が違法と言うより、「GHQのやった事」が違法だと言ってるのだが。
日本が降伏条件として受諾したポツダム宣言に書いてない事をやってるのだし、
戦時国際法であるハーグ陸戦法規にも違反しているだろう
(一応馬鹿に言っておくが、サンフランシスコ講和条約が結ばれるまでの日本は、単に停戦状態に在るだけの「戦時下」の国である。当然戦時国際法が適用される)
308名無しさん@おーぷん :2017/07/23(日)09:25:28 ID:???
とうとう柴山昌彦議員、
「そんな事は言ってない」
と逃亡……

ハッキリとテレビの前で、
「(皇族になり得る男系男子が)二桁居るんですよ!」
などと大見得切っていたくせに、一度も自分で調べた事も無く、
しかも、本人たちに意志確認すら取っていなかった事を白状してしまった。

このような適当に言いっぱなしで皇室の事について語る不敬な者など、国会議員のバッジを外すべきではないのか?
自民党も保守政党を名乗るのであれば、このような無責任男には離党勧告か除名処分を下すべきであろう。
309名無しさん@おーぷん :2017/07/23(日)09:26:40 ID:???
>>305
アメリカ国立公文書館に行ってくれば?
いくらでもソースが解禁されてるだろうからw
自分で少しも労力払おうとしないクレクレ馬鹿は何なの?
310名無しさん@おーぷん :2017/07/23(日)09:29:09 ID:???
>>306
お前が「歴史に無知だ」という事は否定出来ない事実な訳でw
後世になってから資料が発見されれば、今までの「常識」だって容易に覆される
それが「歴史」なんだよ

お前馬鹿だろ?
何がSTAP細胞だよw
理系と文系の違いも判らなければ、
「歴史学とは何ぞや」という基礎的知識、一般常識すら持ってないんじゃねぇかw
311名無しさん@おーぷん :2017/07/23(日)09:50:36 ID:???
>>309
いくらでも解禁されてる筈なのに提示できないUFO論者ですか?
板間違ってますよ
312名無しさん@おーぷん :2017/07/23(日)09:54:17 ID:???
>>310
はいはい古史古伝の発見すごいすごい
313名無しさん@おーぷん :2017/07/23(日)09:55:26 ID:???
>>311
自分で調べようともしない物臭がなんだって?
第一、紹介された所で「証拠として認めぬ」とかほざくのがお前だろw
314名無しさん@おーぷん :2017/07/23(日)09:57:04 ID:???
>>298にて、証拠がとっくに出されているのにも関わらず、
「俺様は認めないから証拠が出てない!」などと喚いているのが、このキチガイwww
315名無しさん@おーぷん :2017/07/23(日)09:57:51 ID:???
野球チームの読売巨人軍を、一般通念上の「軍隊」と思ってた超絶馬鹿が、このキチガイwwwwww
316名無しさん@おーぷん :2017/07/23(日)09:58:47 ID:???
>>276
「軍隊の本務、本業」の話をしていたのに、「巨人軍の本業は野球」とか言い出すキチガイwww
317名無しさん@おーぷん :2017/07/23(日)09:59:12 ID:???
はいキチガイ連呼発狂はじまりましたー
318名無しさん@おーぷん :2017/07/23(日)09:59:59 ID:???
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Yasunari/7517/nenpyo/1941-50/1945_kenetsu.html

この馬鹿キチガイには、こいつはソースとして十分だと認識出来ないらしい。
さすが、読売巨人軍を一般通念上の「軍隊」とごっちゃにして語れる馬鹿だ。
319名無しさん@おーぷん :2017/07/23(日)10:01:11 ID:???
>>317
だってお前キチガイじゃんw
読売巨人軍といわゆる国家に付属している「軍隊」との違いすら解らない馬鹿なんだろ?
そんな事まともな人間なら発想すらしないんだから、お前がキチガイなのは待った無しだよw
320名無しさん@おーぷん :2017/07/23(日)10:02:50 ID:???
「引用」してくれないかな?
無料レンタルサイトのリンクじゃなくてさ
321名無しさん@おーぷん :2017/07/23(日)10:03:06 ID:???
>>317
ポツダム宣言もハーグ陸戦法規も読んだ事が無い法律無知のくせに、
そもそも国語力が壊滅的に悪く、
「GHQのやった事が違法」と書いてあるのを、
「GHQが違法」と読解する頭の悪さは、
キチガイ以外に何と呼べば良いんですかねw
322名無しさん@おーぷん :2017/07/23(日)10:04:05 ID:???
>>320
自分で読めば?
何でそこまで蝶よ花よで面倒見てやらなきゃならないんだw
どこのお坊ちゃんお嬢ちゃんだよw
323名無しさん@おーぷん :2017/07/23(日)10:06:17 ID:???
>終戦後の昭和20年9月21日、GHQは、日本新聞遵則(日本出版法、プレス・コード)、日本放送遵則(ラジオ・コード)を報道関係者に公表させた。

わずか一行に集約されて書いてある物すら読解出来ないとか、お前小学一年生かよ?
324名無しさん@おーぷん :2017/07/23(日)10:07:50 ID:???
>>321
読んだことない断言ができるなんて、あなたと私は名無しさんという同一人物ですか?
325名無しさん@おーぷん :2017/07/23(日)10:09:27 ID:???
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Yasunari/7517/nenpyo/1941-50/1945_uo_giruto.html

こっちには、WGIPについて詳しく書いてある。
こんな事、今やアメリカ人のケント・ギルバートですら認めている一般常識なんだけどな。
「俺様が認めたくないから証拠として認めない!」とか考えてるキチガイには通用しないみたいでw
326名無しさん@おーぷん :2017/07/23(日)10:10:36 ID:???
>>324
は?
お前の発言内容を見れば、お前がポツダム宣言もハーグ陸戦法規も読んでない事は丸わかりだよw
読んでいたら、とてもじゃないけどGHQのやった事が許される訳ないのだから
327名無しさん@おーぷん :2017/07/23(日)10:12:08 ID:???
>>323
それが、>>305の問題に対してなにか決め手になるんですか?
328名無しさん@おーぷん :2017/07/23(日)10:14:29 ID:???
>>326
つまり名無しさん@おーぷんが読んでないということでFA?
329名無しさん@おーぷん :2017/07/23(日)10:21:47 ID:???
ハーグ陸戦法規第四三条
国の権力が事実上占領者の手に移りたる上は、占領者は、絶対的の支障なき限、占領地の現行法律を尊重して、成るべく公共の秩序及生活を回復確保する為施し得べき一切の手段を尽すべし。


さて、ハーグ陸戦法規を「読んでる」と自慢するのなら、
GHQが行った大日本帝国憲法の廃止や不敬罪や治安維持法の廃止が、
明確にハーグ陸戦法規に違反しているのはすぐに気がつくだろうに……
330名無しさん@おーぷん :2017/07/23(日)10:22:27 ID:???
>>327
「GHQの統治下には、まともな言論の自由など無かった」

お前馬鹿?
331名無しさん@おーぷん :2017/07/23(日)10:22:46 ID:???
>>328
お前の頭が人並み外れて馬鹿って事で。
332名無しさん@おーぷん :2017/07/23(日)10:23:49 ID:???
>>328
さーて、ハーグ陸戦法規を読んだご立派なお前さんは、
>>329についてどう答えるのか見物だなwww

どういう詭弁をもてあそんでくれるのかw
333名無しさん@おーぷん :2017/07/23(日)10:32:12 ID:???
ポツダム宣言にすら、憲法を変えるだの、治安維持法を廃止するだの、共産党員を娑婆に出すだのなんて事は書いてない。
(そんな事を書いていたら、明確なるハーグ陸戦法規違反だが)

つまりGHQは、ポツダム宣言に書いてない事をやらかし、
ハーグ陸戦法規で明確に禁止されている事項を日本でやらかしたという事になるのだが。
334名無しさん@おーぷん :2017/07/23(日)10:33:38 ID:???
>>329
誰が出した証拠をどこの裁判所が認定したんですか?
335名無しさん@おーぷん :2017/07/23(日)12:43:08 ID:???
>>334
逃げた逃げたwww

こんな捨てぜりふ一語如きで、
「GHQがハーグ陸戦条約を無視した」
という重大事実が消えて無くなる訳もないw

コイツ真正のキチガイだなw
336名無しさん@おーぷん :2017/07/23(日)13:07:10 ID:???
>>335
詭弁ですね

あなたが幾らご自分が名誉毀損をしている事実を主張しても、裁判で認定されない限り推定無罪としか言えませんし
337名無しさん@おーぷん :2017/07/23(日)17:17:07 ID:???
>>336
おいおい、さっさとソース出してやったんだから、逃げ回ってないで答えろよ?www

お前が馬鹿でキチガイの無知だから、
ハーグ陸戦条約について知らなかったから答えようが無いんだろうけどwww

GHQのやった事が、ハーグ陸戦条約に照らして合法か違法か?

これくらいの問いについて答えられないんかい?
この馬鹿はw
338名無しさん@おーぷん :2017/07/23(日)17:23:39 ID:???
>>336
「イラクのフセイン政権は大量破壊兵器を開発している!」

こんな大義名分でイラク戦争に踏み切ったアメリカは、
大量破壊兵器が全く発見されなかった上に、
イラク国土をイスラム国のような過激テロリスト集団に蹂躙させ、
フセイン政権以上の人権抑圧、トンデモ国家にしてしまった責任を問われ、世界中から非難を買って撤退に追いやられましたが?

今ではイラク戦争と言えば、
「アメリカの侵略戦争」
「アメリカの大失敗」
以外の解釈は有りませんよ。

馬鹿一名のお説では、裁判所や国連がアメリカを侵略国家と認定したからですかね?www

「アメリカが国際法に違反している」
「大量破壊兵器の存在は嘘だった」
(しかも初めから判っていた)

っていう事実だけで、誰でも判断出来る事なんですがね

まあ、知能レベルの圧倒的に足りてない馬鹿には、裁判所で認定されなければ国際法違反も判断つかないらしいですがwww
339名無しさん@おーぷん :2017/07/23(日)22:31:55 ID:???
歴史に対して誠意の欠片も無いバカは、「ハーグ陸戦条約」を絶対に認めようとしない、読まない、曲解する!

南京大虐殺論争の中でも、ハーグ陸戦条約を曲解しまくった馬鹿が居たなw

「民兵や義勇兵には、捕虜の権利を獲得するのに厳しい認定基準が有るが、
軍隊にはそんな物は何一つ必要無い」

馬鹿かコイツ?
何で正規軍の方が、民兵や義勇兵よりも甘々に扱われなければいかんのだ。
340名無しさん@おーぷん :2017/07/23(日)22:38:04 ID:???
http://seesaawiki.jp/w/nankingfaq/lite/d/%A1%D6%CA%D8%B0%E1%CA%BC%A1%D7%A4%E2%CA%E1%CE%BA%A4%C8%A4%B7%A4%C6%B0%B7%A4%EF%A4%CA%A4%B1%A4%EC%A4%D0%A4%CA%A4%E9%A4%CA%A4%A4
http://d.hatena.ne.jp/bluefox014/touch/20110109/p1

例えばこんな馬鹿。
コメント欄が無いのを見れば判る通り、反論を一切受け付けてない卑怯者サイト。

要するに言いたい事は、
「日本軍や南京市民の命などヘリウムガスより軽い!」
「中国軍の命は、例え便衣兵であっても地球より重い!」
ただこれだけ。
真正のキチガイだ!
341名無しさん@おーぷん :2017/07/24(月)05:00:56 ID:???
>>337
何を言っても逃げたの一点張りなのだし
国際法の弁護士にでも聞けばいい

とりあえず現行法律を尊重して「いない」と主張する為には、法律違反を認定する必要がある訳だが
奉行が決められる時代ではないのだから当時その地域で有効な資格者が当然必要だろう

法律相談は板違いと言うことならば可能だな
342名無しさん@おーぷん :2017/07/24(月)08:55:26 ID:???
はて?
大日本帝国憲法の廃止と、GHQの命令に逆らえない日本に対して現行日本国憲法を押しつけた事は「現行法律の尊重」と言えるのか?
こんなのが「現行法律の尊重」だと言うなら、最早その条文自体が空文、無意味だな。

憲法とは、英語で国柄とも国体とも同じ意味合いを持つconstitution。
要するに国の柱、背骨、日本人を歴史を踏まえた日本人たらしめている物に他ならない。
それを外国人が勝手に作り替えて良い理屈が在ろうか?

しかも、この現行憲法を作った者の中には、日本の歴史や伝統について造詣の深い人物や、
はたまた、法律の知識について該博な知識を持つ人物などは全く存在しなかった。
中には24歳女子のタイプライターさえも存在したのだ。
しかもこの女性が参考文献として読んだのは、
施行されなかったジャコバン憲法と、
国民の命など屁とも思っていなかったスターリン憲法、
そしてヒトラーの対等を止められなかったワイマール憲法だけだったと言う。

自国のアメリカ憲法すら読んでいない、
法学の専攻生でもないような無知女が憲法作成に携わったような現行日本国憲法が、
どうして市民権を得られる資格が在るというのかね?
343名無しさん@おーぷん :2017/07/24(月)09:07:10 ID:???
>>341
「有効な資格者」が当時のどこに存在したんですか~
お前の屁理屈は、21世紀現在のような異議申し立てが、敗戦直後の日本人に出来ると思ってる時点で終わってんだよ、アホw

国際連合=United Nationsとは、第二次大戦中の「連合国」を指す言葉そのままであった。
国際連合自体が「勝ち組クラブ」そのものであり、国際連合憲章も当然「敗戦国条項」などという物を用意して、

「敗戦国になった日本・ドイツ・イタリアなどの国は、危険だと思った瞬間、問答無用で攻撃しても構わない」

みたいな条文が平然と書かれていた時代なんだよ、阿呆が。
(敗戦国条項は今でも厳然として残っているが、つい先ほどまで交戦していた時代にとっては、
戦勝国の気分次第で侵略戦争しかけられる上に、それに対する抗議すら出来ないような時代だった)

お前にはとにかく知識が足りない。
知識がまるで無いくせに一端の口が叩けると思っている。
まるで傲慢なのだ。

何よりも、21世紀現在のような状態が、1945年時点に広がっていたと考えてる時点で馬鹿すぎる。

ああ、お前が馬鹿なのは、

「読売巨人軍=一般通念上の軍隊」

という図式からも明らかだったなw
344名無しさん@おーぷん :2017/07/24(月)15:12:15 ID:???
なんぼ匿名の掲示板でも侮辱的もの言いは慎め。
通りすがりやけど、見苦しいわ。
345名無しさん@おーぷん :2017/07/25(火)02:18:23 ID:???
国体を危うくした戦犯は朝敵であり、守ることにしたGHQは官軍だな
346名無しさん@おーぷん :2017/07/25(火)21:16:54 ID:???
>>344
何が通りすがりだw
嘘をつくなw

読売巨人軍を、一般概念での軍隊だと思ってた事がそんなに恥ずかしいのか
347名無しさん@おーぷん :2017/07/25(火)21:20:15 ID:???
>>345
は?
GHQは共産党員を娑婆に放逐して、治安維持法を廃止した連中ですけど?
どこが国体を守る為に尽力したんですか?

そもそも大日本帝国憲法を勝手に廃止にしている時点で、全く国体護持などしていないのが明白なのですがw
(「国体護持」は、ポツダム宣言受諾に当たっての日本側の絶対条件)

GHQの関係者は、のちのマッカーシーの赤狩りに於いて何人も捕まってますし
日本国憲法起草者でさえも例外なく逮捕されているのですがね
348名無しさん@おーぷん :2017/07/25(火)21:21:17 ID:???
>>344
ついでに、個人への侮辱は絶対許さないが、
国家に対してはどんな侮辱を加えられても無限に許容するとでもほざくのかね、あんたは?
349名無しさん@おーぷん :2017/07/26(水)10:14:02 ID:???
>>345
防共に努めていた日本を叩き潰して、中国と北朝鮮とインドシナを共産化させたくせに、
国体を守ったとか笑わせてくれますねwww
350名無しさん@おーぷん :2017/07/26(水)19:51:38 ID:???
>>344
ギャラリーが見ている事が信じられない人って、一体何の為に書いているんだと思う?
351名無しさん@おーぷん :2017/07/26(水)21:44:27 ID:???
>>350
自演乙です
352名無しさん@おーぷん :2017/07/26(水)21:46:41 ID:???
仮に自演じゃないとしても、
「馬鹿にされて当然の事を言ってる」
って事が、過去のやり取りから解ってない奴が、何を侮辱とかほざいて偉そうにしゃしゃり出てんだか…

過去のやり取り読み返してこいよ
「巨人軍=軍隊」とかほざく馬鹿は、馬鹿にされて当然の事ばかり書いてんだろうが
353名無しさん@おーぷん :2017/07/26(水)22:11:51 ID:???
まあ、合法だから
354名無しさん@おーぷん :2017/07/26(水)22:13:32 ID:???
>>346
読売巨人軍という固有名詞を一般概念化すればセントラルリーグでの交戦権を持つ人間の球団である
人間が巨人と言えるのは一般概念上ではガリバー旅行記のような物語の世界である
人がアリのようだというのはアニメ映画の悪役のセリフだが一般概念上アリが勤勉な人間を意味する可能性は否定できない
一般のアリの群れが一般概念上、軍隊アリに分類されることはない
毒アリとの戦いでの効果的な共有情報による虱潰しは一般概念上、集団的自衛権の行使とされることはない
巨人軍を一般概念化すれば巨人の軍隊であり読売巨人軍という固有名詞にはならない
巨人軍の戦闘地域は一般概念では球場ではなくフィクションの宇宙などである
宇宙ロケットは一般概念では兵器である当時の弾道ミサイルから発展した飛翔体で、初期の宇宙飛行士は軍人である
陸海空軍その他の軍隊という記述において宇宙軍、地球上の国家を交戦相手としない地球防衛軍がその他の軍隊に含まれるかの当時の認識は不明
冥王星は一般概念では惑星だったが専門家の認識は違った

話を整理するなら国際法を無視したと主張するGHQが作ったと主張する記述が一般概念(と確信しているだけの名無しさんの思い込み)に基づく保証はなにもないと言える
355名無しさん@おーぷん :2017/07/27(木)10:40:10 ID:???
>>354
詭弁乙

野球チームが、「国家の保有する戦力」である軍隊に該当するだなんて言い出すのはただの馬鹿だよw

というか、その理屈なら、GHQと日本国憲法によって解散させられてなければおかしいがなw
巨人軍は野球チームじゃなくて交戦団体なんだろ?
何で戦力不保持を掲げる日本国憲法で保有が認められてんだよ、アホンダラ
356名無しさん@おーぷん :2017/07/27(木)12:32:38 ID:???
>>355
宇宙人が交戦団体とか言い出すあなたより真面目な話だと思うぜ

ここは近代史板じゃないんだから棒きれとか桃の実だって時代による
三種の神器だって元は実用だった可能性がないとは言えないな
鏡だって目くらましくらいにはなるし、太陽熱発電のように大量にあったら船も燃やせたらしいし
357名無しさん@おーぷん :2017/07/27(木)16:10:11 ID:???
〝見苦しい〝ものは〝見苦しい〝し、不細工なものは不細工だわなwww
358名無しさん@おーぷん :2017/07/27(木)16:28:59 ID:???
>>356
は?
野球チームが交戦団体とか頭大丈夫か?
そもそもこちらは一度も「宇宙人」の話などしてないがな

詭弁もいい加減にしろ
359名無しさん@おーぷん :2017/07/27(木)16:35:29 ID:???
そもそも21世紀現在の技術による「鏡」ならともかく、
反射性能の良くない古代の銅鏡とかにそんな神通力が有ったとか思える頭がどうかしているwww

コイツはそもそも、小学校の理科の授業でさえ教わってこなかったのだろうw
鏡が大量に有りさえすれば燃えるという訳ではないのだ
その光をごく一点に「集束」する必要が有るのだという事が解っていないw
ただの反射された光如きで燃え出すのであれば、今時世界は火災だらけだなw
何せ超高層ビルでさえ光の反射くらい出来るのだから

それともこの馬鹿の脳内では、
「古代の銅鏡は光を反射するだけで船をも燃やせたが、
近代以降の技術ではそんな事は出来ない」
とでも考えてるのか?
巨人軍を軍隊だとか、光を反射するだけで船が燃えるとか言い出す頭の悪さだと、
本気で古代の銅鏡の方が、近現代の光反射技術よりも上だと狂信してそうだがwww
360名無しさん@おーぷん :2017/07/27(木)16:36:22 ID:???
>>357
巨人軍は軍隊だとか、
単に光を反射するだけで船が燃えるとか言い出す馬鹿の方が「見苦しい」のではw

ついでに不細工はお前w
361名無しさん@おーぷん :2017/07/27(木)16:39:08 ID:???
それにしても、このキチガイは、太陽光を単に反射するだけで燃えるなんて事を実地に体験した事が有るのだろうかw
ルーペか何かで太陽光を集束して照射し、ようやく紙切れか何かを燃やせるというのが小学校の理科の授業で習うはずだがw

国語力0の馬鹿は、理系脳すら持っていない事が判明したのか
362名無しさん@おーぷん :2017/07/31(月)16:22:27 ID:???
罵倒厨 壁に向かひて 吠へにけり(藁々々)
363名無しさん@おーぷん :2017/07/31(月)19:51:51 ID:???
>>357 >>362
どうやら鏡を見たことがないのだろう

小学校の理科で影を照らした経験のない世代?
364名無しさん@おーぷん :2017/08/04(金)14:03:20 ID:???
>>362
何らの反論も出来ない馬鹿が何を言ってんだwww

>>363
へー、お前の生きてる世界では、単に鏡を向けるだけで物が燃え出すんだ~www
面白いから是非実験してみせてくれよw
ようつべに動画upしろ
鏡用意するだけなんだから簡単だろ?www

本当に鏡を向けるだけで武器になるのか試してこいよw
365名無しさん@おーぷん :2017/08/04(金)14:04:38 ID:???
それにしても、
「ルーペで太陽光を集束しなければ炎はつかない」
という小学生レベルの一般常識すら無い馬鹿が暴れてたのかwww

お前、歴史を語る前に、幼稚園からやり直せ
366名無しさん@おーぷん :2017/08/04(金)19:13:29 ID:???
まあ小学生なら草生やす前に鏡を見ようね
太陽の反射光を温度計に当てて、枚数による温度の違いを調べましょう
367名無しさん@おーぷん :2017/08/05(土)07:49:54 ID:???
>>366
君馬鹿すぎるから来なくていいよ
鏡で「船が燃やせた」はずでしょ?
>>356は誰が書いた?
単に温度が上がるだけなんて書いてないのに、何を詭弁使ってるの?

ほかにも「巨人軍は軍隊」とか言い出す頭の悪い人は歴史を語る以前の知能レベルなので人生やり直せば?
368名無しさん@おーぷん :2017/08/05(土)10:37:27 ID:???
>>367
つまり、鏡の重ねあわせでは発火温度には到達できないという主張でいいの?
369名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)00:09:13 ID:???
>>368
重ね合わせなんてどこに書いてあるんだ、キチガイ?
お前のは単なる「光の反射」だろw
370名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)00:10:28 ID:???
ルーペのような物で太陽光を集束せずとも、
単に鏡で太陽光を反射するだけで、

【船が燃え出す】

とか書いたのがこの馬鹿キチガイ。

歴史を語るより前に、小学校から勉強やり直せ。
371名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)00:11:57 ID:???
>巨人軍は軍隊
>巨人軍は軍隊
>巨人軍は軍隊
>巨人軍は軍隊
>巨人軍は軍隊
>巨人軍は軍隊
>巨人軍は軍隊
>巨人軍は軍隊
>巨人軍は軍隊
>巨人軍は軍隊
>巨人軍は軍隊
>巨人軍は軍隊
372名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)05:54:35 ID:???
>>369-371
つまり太陽「熱」発電のように と小学生でもその原理が想像できるように書かれた意味がまるで理解できずに
>「ルーペで太陽光を集束しなければ炎はつかない」
と暴れてる子が居るわけだね。

太陽光発電しか知らないのであれば、それこそ小学校の社会科から勉強やり直せというブーメランなので、
まさにお前が言うな鏡をよく見てみろ、つまり「様を見ろ」という話になってしまうのである。
373名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)14:22:00 ID:???
四の五のほざく前に、鏡で船を燃やしてみせてみろw
374名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)14:24:09 ID:???
鏡以外一切の資材無しで船が燃やせるんだろ?
ん?w
鏡にそんな超パワーが在るのなら大砲とか何の為に発明されたんだかw
キチガイは次から次と詭弁を垂れ流すw

ついでに【巨人軍は軍隊】とかいうキチガイじみたい強弁については何か言う事無いのかなw
375名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)16:03:43 ID:???
パワーは太陽の核エネルギーだから天岩戸に閉じこもってしまえば巨人軍もお手上げだね
376名無しさん@おーぷん :2017/08/20(日)03:58:40 ID:???
とうとう気が狂い始めたか…

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





日本史雑談スレ
CRITEO