- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

任那日本府についてのんびり語ろう

1名無しさん:2014/04/17(木)20:33:21 ID:CP6eZMphJ()
ここでいくら語っても結論は出ないと思いますが、それを言っちゃおしまいなので。
2名無しさん :2014/04/17(木)20:34:08 ID:CP6eZMphJ()
任那日本府(みまなにほんふ)とは、『日本書紀』の雄略紀や欽明紀などに見える、
古代朝鮮半島南部の伽耶の一部を含む任那にあった倭国の出先統治機関。

宋書倭国伝の記述にも任那という記述が見られ、
倭王済や倭王武が宋 (南朝)から任那という語を含む号を授かっている。
3名無しさん :2014/04/17(木)20:44:00 ID:CP6eZMphJ()
【親戚スレ】任那と伽耶(加羅)をピンポイントに語ろう
http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/whis/1397734923/
5名無しさん@おーぷん :2015/04/03(金)21:30:55 ID:4fE
いわゆる弁韓の地域が任那の部分に重なり、
中国の記録には、弁韓人は礼儀正しく人に道を譲ったとある。
6名無しさん@おーぷん :2015/04/05(日)08:24:24 ID:ubr
116 名前:日本@名無史さん
投稿日:2015/02/06(金) 20:41:14.27 .net

元は弁韓の全てと馬韓、辰韓の多くが倭国領任那
百済の南遷や新羅の拡張で徐々に縮小した
その名残が日本府
7名無しさん@おーぷん :2015/04/05(日)08:25:02 ID:ubr
115 名前:日本@名無史さん
投稿日:2015/02/06(金) 07:44:16.01 .net

任那四邦は倭人国群の内でヤマト領だった時期もあったが馬韓だったか弁韓だったかがヤマトから任那を奪った
その後に百済が入り日本府の置かれた時期には百済領だった
百済は衰退し始めると東からの新羅による圧力に耐える為にヤマトに半島への常駐を依頼した
ヤマトはこれを請けるに当たり任那の割譲を要求したが百済王室内の調整が着かなかった
そこでヤマトの皇子を百済の臣下にしてこれに任那を下賜するといった複雑な手続きが採られた
この結果ヤマトからの援軍は外国軍では無く日党(=)義勇軍の体裁で任那に常駐した
故にヤマトからの援軍に依り置かれた行政府には日本府の名称が用いられた
8名無しさん@おーぷん :2015/06/21(日)16:36:03 ID:wWu
しかし、前方後円墳が見つかるのは、全羅道(百済南部)なんだよな
伽耶ではない
9名無しさん@おーぷん :2015/08/22(土)03:10:15 ID:1bV
>>5
弁韓は加羅諸国のこと、あくまで任那の東半分だよ

>>7は電波説

>>8
全羅道は倭宰の直轄領だから。
慶尚道=加羅諸国は古来からの伝統的な文化
をもった在地首長が支配してた
10名無しさん@おーぷん :2015/08/22(土)22:52:41 ID:1bV
これなんであがらんのだろうな
11名無しさん@おーぷん :2016/01/29(金)00:07:45 ID:o7N
強制さげ仕様ってのがある様子
12名無しさん@おーぷん :2016/03/20(日)13:54:04 ID:tO5
古代の半島南部について↓

日本書紀・魏志倭人伝・隋書 東夷伝 ・宋書 夷蛮伝 ・三国史記 新羅本記・三国史記
百済本紀 中国政府外交部英国:オックスフォード大学・米国:コロンビ-ア大学・米国議会図書館…
これだけの歴史書や教科書が、一様に「-新羅や百済は倭(日本)の属国だった」と述べている。

・勾玉=材料となる翡翠が東アジアで日本の糸魚川でしか産出されない。
・全羅南道からは鹿角製刀装具や珠文鏡が出土していてこれも日本の原石から作られている
・土器=日本最古の土器(1万6500年前)がほぼ『世界最古』の土器。
・水田稲作=「①炭素測定法、②品種遺伝子」が日本が朝鮮に伝えた証拠。
・前方後円墳=日本のほうが古い。韓国の前方後円墳の出土物は日本の土器類に酷似。
・4世紀頃(391年、倭が海を越え襲来し百済や新羅を破って服属させた
・「広開土王碑」)から7世紀(白村江の戦い)まで、朝鮮半島は九州などと同様に日本(倭国)の一部。
・百済の「武寧王」も、その父の「東城王」も、日本の九州で生まれ朝鮮半島に渡った。
・東城王(末多王)の百済王即位も日本(天皇)によって決められた。
・武寧王の子「純陀太子」は日本に人質として来て、子孫もそのまま日本に住み着いた。
・「百済とは昔から日本(倭国)の一地方」だったため、百済の王は天皇が決めていた。
・ 日本生まれの「東城王(末多王)」や「武寧王」等が朝鮮半島に渡って即位していた。
・インド発祥の仏教は中国を経て日本の一部である百済経由で日本本州伝来した。
・新羅の王の、王冠の飾り(宝石)も日本産の素材。


全羅道で発見された日本式古墳の遺体のDNAを調べたら、
日本人と極めて近いって判明している。
古墳が日本式で日本の材料を使った装飾品、
王に日本生まれの倭人が出ている、家臣にも倭人が多い、
百済が滅ぼされたとき、半島で言葉が通じなくなって、
意思の疎通が困難になったなどなど。

高句麗も扶余系で 高句麗語も古代日本語との類似点が、
指摘されている。

言ってしまえば、古代の半島は日本系民族が治めていて、
後の朝鮮民族の元になる、新羅系に侵略されて、
半島南部を奪われたと言える。
13名無しさん@おーぷん :2016/06/06(月)21:13:10 ID:wF4
要するに平戸の商館みたいなものだろ
邪馬台国から遠路はるばるやってきたのは大陸を探検したかった冒険家って訳じゃない
窓口が使いものにならないから直接来ることになったんじゃないだろうか?
14名無しさん@おーぷん :2016/07/01(金)23:50:37 ID:N1o
>>13
植民地の総督みたいなもんだぞ
15名無しさん@おーぷん :2016/07/04(月)19:38:39 ID:gW0
委任統治領じゃない?
幕府のルーツかもね
ところで本国王って何?加羅王とは別なの?
16名無しさん@おーぷん :2016/07/10(日)18:40:55 ID:GwY
城の王族自体が総督的立場だったという説はないの?
17名無しさん@おーぷん :2016/11/24(木)22:44:41 ID:M4K
>>16
それはない。日本書紀ではちゃんと区別されて人物がでてる

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





任那日本府についてのんびり語ろう
CRITEO