- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。
レス数が1000を超えています。残念ながらこれ以上レスはできません。

小泉純一郎は運が強すぎる ▲@open-7▲

701名無しさん@おーぷん :2018/03/23(金)09:17:24 ID:erb
(竜に憑かれた事にして、尊大な態度を正当化しているのかも)
(あるいは自分は竜の生まれ変わりだとおもっているのかしらん)
(そう言えば竜の子太郎のマッマは何かの天罰で竜にされたんだったっけ)
(太郎と一緒に人の為に尽くして死ぬ目に遭って、やっと人に戻れたそうな)
702名無しさん@おーぷん :2018/03/23(金)09:34:02 ID:D8r
浦島太郎の話に出てくる、竜宮城の主である龍王が典型的な水龍ってことになるのかな。
仏教説話だと龍は畜生扱いでそれはインド由来だからだと思ってたけど、こういうところに理由があるんだろうな。
天の龍とは別物だとすると、龍っていうよりクトゥルフ神話の旧支配者の方がイメージに近いなあ。
703名無しさん@おーぷん :2018/03/23(金)09:36:03 ID:NpT
デビルマンの最後思い出した
神が恐竜の世界を気に入らないので滅ぼそうとした、自分はそれが許せなくて神に反逆したと語るサタンの背後に神の軍勢が降臨してる場面
あの名作は、滅ぼされた竜が夢を人間に合体させて地上支配を企む様を受信したのかもしれない
さて竜の夢と合体してデーモンと化した者たちが現代中国人&パンダハガーなら

合体しながらも人間の心を失わなかったデビルマンたちはいまどこにいてなんと呼ばれているのか
704名無しさん@おーぷん :2018/03/23(金)09:40:39 ID:erb
今連載中のデビルマンサーガが、恐竜帝国ネタが混ざってていい感じになってますお
705名無しさん@おーぷん :2018/03/23(金)09:53:04 ID:NpT
>>704
なんとタイムリーなw
ありがとうチェックしてみます

>>702
そういえばイカとタコが大戦争のすえ
タコが敗れ地下に追いやられた世界観の某ゲームが、4月からタコ使用可になるんですよねぇ
これも女后の一端なのかw
706名無しさん@おーぷん :2018/03/23(金)10:57:14 ID:P59
>近代的軍隊にトラウマ(恐怖心)を持っている
>上から下まで役割が決まっていて全体として一つの生き物のように組織だった近代的軍隊に対するトラウマ
>また、空母に対するトラウマもあるらしいただ、連中のトラウマの空母は空を飛んだそうですが

アメノトリフネで降りてきた日本人の源型その1かな?w
その遺伝子が発現して>>555の上等兵みたいなのがいる中間層の厚い国になってると考えるとすっきりする
707名無しさん@おーぷん :2018/03/23(金)11:23:12 ID:zsP
そういえば昔は竜骨を輸入してたんでしたっけ?
そのとき日本に竜が入ってきたんですかね?
それとも竜骨(恐竜)と日本の竜(水神)は別物??
708名無しさん@おーぷん :2018/03/23(金)11:34:07 ID:P59
日本は河川が豊かな土地だから輸入しなくても元々いるんでは
勿論入っても来てるけど
709名無しさん@おーぷん :2018/03/23(金)11:42:36 ID:xAR
日本列島近傍は地殻プレートの集合地点であるわけで
言ってみれば「一番古い地層で出来た一番新しい地形」なのですお
大沈下と大噴火のあとに出来た地上の楽園(?)であり
物理的に、地獄の上に現世があると言えるかも知れませんですお
710名無しさん@おーぷん :2018/03/23(金)13:22:41 ID:SWJ
そういえば、竜関連の事柄は、高橋克彦が追及していたな。
711忍法帖【Lv=3,キラーエイプ,LgZ】 :2018/03/23(金)13:25:58 ID:2d8
確かにシナは有数の恐竜化石の発掘地なんですよね
地質的に面白い場所も多い。
日本のような地質的な変化が多い地点が最終的に
行き着く先がシナで見られる(はず)
しかしシナの地質的に面白い場所はモンゴル、
四川、チベット、タクラマカンと言った軍事的に
重要な地域と重なるからおいそれと入れないし
研究成果も公開されない。そういう意味でも
さっさと中共が米国に負けて奥地まで
出入り自由にならないかなと無責任に思ってます。
712名無しさん@おーぷん :2018/03/23(金)14:16:55 ID:fJV
箱根神社、金龍山浅草寺、それぞれ黒龍、金龍がいることになってます。それぞれ神様。
そういった龍神様は乾天の龍の仲間かな?
713名無しさん@おーぷん :2018/03/23(金)14:56:45 ID:a8u
>>701
龍の子太郎は、大蛇の子である「小泉小太郎」伝説と、竜の子が母竜と共に松本盆地を開拓する「泉小太郎」伝説が元になってます。
…あれ、小泉?
714忍法帖【Lv=3,キラーエイプ,LgZ】 :2018/03/23(金)15:20:40 ID:2d8
現在進行形で地球の息吹が観察できるのが
日本列島で、言い方は悪いがその亡骸が地上に
露出しているのがシナ。
ヒマラヤやメコン流域は生きている地形だけど。

腹黒国やシベリアや北米や豪州となると氷河で
削られ過ぎてて(しかも前回だけでなく数億年前のも経験)
ツルツルで跡をあまり見ることができない。

なんだか地質まで日本とシナの文化を反映しているような。
それとも土地の神さまの性格が両国の文化に反映しているのか?
715名無しさん@おーぷん :2018/03/23(金)15:39:47 ID:sek
そういえば、龍脈といった考え方もあったよね。まあ風水よりだけど。
この龍脈の“龍”はどっちじゃろ?
716名無しさん@おーぷん :2018/03/23(金)16:02:22 ID:PZD
>>713
小泉元総理の先祖は、港湾労働者(沖中仕)の元締めなので、ヤクザの手配師とほぼ同じ。
家系としては農地を持たない水棲人。海蛇?

ヤクザといっても今の価値観で見てはいけない。
動力化以前の港湾労働は人足手配が上手く行かないと
帝国海軍の軍艦ですら泊地で足止めを食らったわけすし、
明治以降の日本は輸入に頼る国なので、
沖仲仕が働かないと国全体が飢えた現実がある。
717名無しさん@おーぷん :2018/03/23(金)16:52:27 ID:yz6
風水には詳しくないけど、その龍脈は水龍じゃない方っぽいな。
龍脈は山の尾根(艮山)に関わってて、水龍は河川(兌沢)に関わってるから、性質的には真逆じゃないかと思う。
でも水龍って恐竜のアンデッドみたいなものと考えると、大地造成に関われるほどの格を持てるのか気になるんだよな。
滅びてから数億年の年月が経っていて河川地域に集積しているから、それなりに振る舞える格は持ってるんだろうけど。
718忍法帖【Lv=3,キラーエイプ,LgZ】 :2018/03/23(金)17:15:43 ID:2d8
>>717
ブルーバックスの「川はどうしてできたのか」に
あるけれど、大洋と大陸の配置は変わっても
川は1億年前から同じ位置に流れ続けるのです。
719名無しさん@おーぷん :2018/03/23(金)17:28:24 ID:Zfn
>>701 >>713
リュウタロス・・・
https://dic.pixiv.net/a/%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%82%A6%E3%82%BF%E3%83%AD%E3%82%B9
720名無しさん@おーぷん :2018/03/23(金)18:49:36 ID:jvi
>龍

 龍は実在した という珍説を唱えた書を読んだ覚えがあります

「麒麟ビールの麒麟に似た姿の龍(竜馬)が生息していたが商の時代までに天子の乗り物として乱獲され絶滅した」

という内容でした。証拠としてあげたのが恐竜の化石だったり食用ともかく乗騎として乱獲するほど天子がいたのかとか色々ツッコミどころのある珍説でしたね

>龍脈=水竜?

これは明確に違いますね。三文易者さんの定義する中国の水竜はワニ(マチカネワニ)とか恐竜といった西洋トカゲ、土属性として岩にはなれても水属性は名前にしかないレベルのものですし。



そういえば今、ジャンプでDr.ストーン連載してますね。
あの手のサバイバル物って阪神大震災直後とか80年安保とか一つ間違えれば日本国民全員が同じサバイバル状態に堕ちる可能性があったのではという不安を掬い上げるように登場してブームになるのですよね。

薪ストーブ/ロケットストーブブームとかニコニコの亀五郎とかは311の傷を癒すタイミングでブームになったわけですが今回のはどこの不安を救い上げたのかなと思ってみたり。
あと、昔のサバイバル物/ポストアポカリプス物ってローテクでの復興がメインテーマ(精々生き残った電源とか使い捨てにして現状維持)なのに現代技術の復活をテーマにしているところが新しいと。
721名無しさん@おーぷん :2018/03/23(金)19:36:35 ID:P59
サバイバルと言えばジャンプ系の漫画で核?放射能汚染?の危機にさらされた都会で生きる家族の漫画の広告見たなぁ
潜在的な不安を汲み取る形で作品が世に出てくるということなら
今だと多分北の核+工作で原発破壊されてって不安がリアルかな
数年前なら間違いなく災害による原発崩壊ネタオンリーだろうけど
722名無しさん@おーぷん :2018/03/23(金)20:13:10 ID:lJT
何か昨夜のお話を読んでふと、
恐竜は異星人に滅ぼされた時の思念を骨にまで刻み込み、
その骨を薬として体内に取り込んだ人々を残留思念で汚染したのかな?とか。
これ人類以外の生物由来の呪いじゃない?などとちょっと思った。

かなり前のムーだったかで所謂異星人グレイは別系統の爬虫類系異星人と対立関係で、
地球の人類は系統的にはグレイ系なんだとか?
723名無しさん@おーぷん :2018/03/23(金)20:15:12 ID:7R5
サバイバル漫画ならさいとうたかを氏の古典たる「サバイバル」と
セカンドインパクトによるカタストロフを描いた「ブレイクダウン」がありますお
724名無しさん@おーぷん :2018/03/23(金)20:38:43 ID:Vpz
龍と言えば、西遊記にも出てたっけ。
竜宮でとある罪を犯して追放され、腹ペコで三蔵法師の馬を食べてしまい
更に三蔵本人と悟空をも食らおうとするが、その後紆余曲折あって観音菩薩の力で白馬の姿に変えられて
天竺への旅に同行するんだよな。
此方は出自が明らかにされてる。
725名無しさん@おーぷん :2018/03/23(金)20:44:44 ID:Vpz
あと、日本の温泉は
発見・由来の伝説に龍が関わる所がしばしばある。
ttp://www.seiryusen.com/article/13838900.html
ttp://www.city.kikuchi.lg.jp/kankou/q/aview/175/221.html
726名無しさん@おーぷん :2018/03/23(金)20:57:24 ID:XaU
>>694
龍は細くて飛ぶ
竜は太くて地を這う イメージ
727名無しさん@おーぷん :2018/03/23(金)21:25:51 ID:NtS
龍はその手に珠を持っていますねい、神獣または神様そのもので
竜は神格は龍より高くなく霊獣としての霊格は高いイメージでつ
龍は天に属し、竜は地に属しているように思いまつ
人としては竜は使役出来そうでつが、龍に対しては祈り、願う事しか出来ないかも知れまんせんねい
龍は天災、竜は繁栄と人災をもたらす存在だと思いますです
なので火山雷や地震雲として顕現するのは龍ですかね
728名無しさん@おーぷん :2018/03/23(金)21:26:01 ID:jL9
>>714
人間の気風はその土地(気候、食物)が作ると思っている。 むしろ野生動物は、住環境に適応するため進化しているものがほとんど。
であるなら、人類が住環境に依存して変化するのは容易に類推されるところだ。

つまり日本のような環境が人間を日本人に進化させてきたと同様に、中国大陸はその霊的バックボーンも含めて、あの環境が今の中国人を
作り出していると思われる。

逆に考えると、今の日本人でも移住先の環境に定住し世代を重ねると、その環境の気風に変わっていくことはありえると思う。
729名無しさん@おーぷん :2018/03/23(金)21:28:17 ID:P59
移住先を移住元と同様の地にしてしまうニダシナェ…
730名無しさん@おーぷん :2018/03/23(金)21:32:21 ID:jL9
>>729
あれでも、彼らに言わせれば本国とはだいぶ違うらしい。
731忍法帖【Lv=3,キラーエイプ,LgZ】 :2018/03/23(金)22:14:10 ID:2d8
竜骨は実際は絶滅した大型哺乳類の骨らしいから
竜骨が恐れる各自が自律的に動く軍隊というのは
縄文ハンターのことかもしれん。
732名無しさん@おーぷん :2018/03/23(金)22:50:49 ID:QmR
>>731
それはちょっと気になってた。
恐竜よりも新しい時代の化石らしいけど
竜骨の魂っていうのは誰の事なんだろう。
ただの哺乳類でも自分を知恵者と思ってるのかな。
733忍法帖【Lv=3,キラーエイプ,LgZ】 :2018/03/23(金)22:58:01 ID:2d8
でもシナで恐竜の化石が昔からたくさん
出土しているのも事実なんですよ。

五千年前までのユーラシアには体長3mを
超えるような象、サイ、ナマケモノ、サーベルタイガー色々いたし
象くらい賢かったら、狩猟採集時代の
人間を見下していてもおかしくないのでは?

どっかで読んだんだけど、黄河か長江は
数千年前に大規模に河道が切り替わって
自然ダムが崩壊してその時に高さ10mの
水の壁に水洗便所のように一度洗い流された
らしいので、死んだことを覚えていない魂って
この時にお亡くなりになった象とかサイかも
734忍法帖【Lv=3,キラーエイプ,LgZ】 :2018/03/23(金)23:16:01 ID:2d8
あったこれです。ナショナルジオグラフィック
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/a/080800048/?ST=m_news
黄河に古代の大洪水跡、伝説の王朝が実在?

地震でできたせき止め湖が決壊して黄河流域を
洗い流して、狩猟採集と原始的な農耕をする
人たちの社会が崩壊して、そこに先進的な
農耕をする人たちが入植して、黄河文明が
始まったという仮説です。

空母も、組織的な漁法で狩られた鯨やイルカやアザラシの記憶なんじゃあるまいか?
まあ、これもまたネタですけど。
735名無しさん@おーぷん :2018/03/23(金)23:44:39 ID:QmR
それだけだとただの動物霊にすぎないような。
中華の天への信仰と混じって別のものになってるのかな。
736名無しさん@おーぷん :2018/03/24(土)00:29:13 ID:5vy
>>722
哺乳類が急速に進化したのは、6500万年前だかの恐竜大量絶滅で食物連鎖の頂点が居なくなったためって話がある。
つまり哺乳類の一部である人類は、たった6500万年でここまで進化したことになるので、数億年続いていた恐竜時代に
人類以上に高度な知性を持ったものが出てきていたとしてもおかしい話じゃない。

この説に対する反対意見は、「そういう文明があったなら痕跡が残っているはずだ」 って事だけど、実際には
古い地層からオーパーツが見つかってたり、ペトログラフという意味がわからない文字が刻まれた石や
テクノロジーの発達していない古代人類の肉体の力のみでは作れないような巨石建造物もある。 
さらに6500万年から数億年も時間があれば、大陸は移動したり海溝に沈んだりヒマラヤみたいな山脈になったりと、
文明の痕跡があっても地下深くや高い山の上、場合によっては深海やマントルに沈み込んでいる可能性がある。
また、文明のありようも「火を使わない」を基本にしたら、人類のような金属製品の発明も無かったかも。

なんにせよ、「知性を持った恐竜」って仮説は、そんなに的外れじゃないかもね。
737名無しさん@おーぷん :2018/03/24(土)00:48:23 ID:Cm9
生物として知能が高かったとしても
農業による個体数激増と文字の発明による知識集約がないなら
文化は停滞するだろうな、狩猟採集民みたいに
738名無しさん@おーぷん :2018/03/24(土)01:01:55 ID:0Yj
易者さんのお話では竜の知性は三歳児程度だと。
すると、その辺のちょっと利口なワンコくらいだね。チワワではなくボーダーコリーや出来の良いプードルのイメージ。

それはそれとして、中華はなぜ竜を神聖視したか。
現物見たこともない、化石だけのデカいやつ、で拝むだろうか。
文王天龍と水竜は別物だと書き残した。だとすると、元あった天龍信仰と水竜を同一視した?
739名無しさん@おーぷん :2018/03/24(土)01:04:07 ID:5vy
>>738
序列思考だと、「広い・デカイ・高い」 ものに価値があるから、人間の骨より格段にデカイもの見れば拝むんじゃないかと。
740名無しさん@おーぷん :2018/03/24(土)01:09:54 ID:iJl
要するに、「彼らの考える”竜(水竜)”と回線を繋いだつもりが、実際は全然別の絶滅生物と繋がってシンクロの影響を受けていた」という理解でいいのですかね?
どうもオカルト関係の論理はよく分からんのですが。
741名無しさん@おーぷん :2018/03/24(土)01:13:50 ID:7pj
パソコンやGPSのように、細かい仕組みは分からないけれど、使えるなら使おう。
と気楽に考えた方がいい。
オカルトにはいろんな理論があるからね。
742三文易者◆MGhP/YWj7E :2018/03/24(土)01:39:16 ID:tuk
 こんばんは
先ほど帰宅したのでネタを書く余裕がありません。
明日に順延します。

 それでは消えます。
743名無しさん@おーぷん :2018/03/24(土)02:01:07 ID:PVZ
>>738
話しを逸らして申し訳ないけど、賢明なわんこやぬこは、分野によってはもう少し頭いいかと。例えば、私事ですが実家のぬこ様の己を理性で律するレベルは家の娘との比較で5歳前半の水準っぽい。4歳の頃はぬこ様の方が上ですた。
744名無しさん@おーぷん :2018/03/24(土)02:09:03 ID:Kh1
易者さんの話だと、竜の知性はインテリヤクザぶったチンピラ程度はありそうな気はするよ。
745名無しさん@おーぷん :2018/03/24(土)02:17:56 ID:lRd
>>742
いつも遅くまでお疲れ様です
どうぞごゆっくりお休みください

>>738
竜堂兄弟の長男って一応社会人の成人男性だったような…
746名無しさん@おーぷん :2018/03/24(土)03:01:25 ID:D6D
易者さん乙です。

恐竜かぁ...トンデモのように思えるけど話を聞くと「なるほどなぁ」と
ガチ恐竜か想念なのかはわからないけど、意思疎通が出来るのは凄いな!アストラル界やべぇ。

中華の竜は西洋の竜と同じようなのもなのか、あっちも尊大で強欲で残虐で強大だ...と言うか日本のが違うだけか。
歴史的によくあるテーマだけど「竜VS軍隊」はここ近年だと、恐竜を狩るゲームのARKとかゲームオブスローンズとか。

そう言えば黙示録の「赤い竜」も(天使の軍勢)とか(天から降る火)によって滅ぼされてるわ、実に興味深い
彼らにとっては筋金入りのトラウマなんだろうな。
747名無しさん@おーぷん :2018/03/24(土)03:54:59 ID:D6D
物凄く野暮&流れと関係ないけど「チートなお嬢様」について
ここまでの易者さんの話をもとに邪推してみた...。

最初はインドの太陽神のミトラかスーリヤかな?と思って適当に調べてたらなんか違うなぁと(男神だし)。
もうちょい調べると(当初召喚を予定してた眷属)の方は多分、摩利支天(マリーチ)辺りなのかぁ...と思ったり。

改めて話を見直して考えると...まさかねぇ。
ミトラやスーリヤよりも、「無限の概念そのもの」「無垢で無拘束で偉大な神々の母親」
...な御方の方が(お嬢様の特徴)に合致するんじゃね?と考え直したり。

いやぁ、まさかね...無限よ?無限、インフィニティー。
チーター、ハッカー、クラッカーじゃなくて、ゲイツとかノイマンとかチューリングとかそんなレベルなんだよなぁ。
748名無しさん@おーぷん :2018/03/24(土)04:33:52 ID:2UY
>>745
>竜堂兄弟の長男って一応社会人の成人男性だったような…
彼ら(とその眷属親類)、覚醒後の時間経過に従って尊大になり、ヒトの意識から離れていきましたね。
彼らの祖父は「竜種」の有り様に対して相当批判的なようで、四兄弟の回想に出ています。
支那人の夢に出る竜があの長男程度の知力なら、まあ大してヒトと違いはないでしょう。
「竜種」はヒトや社会を斜めに見ており、隣人として支え合う気は無さそうで、徳性もヒトと変わり無さそうです。

自分は、天の属性を持つ龍と支那人の夢の中の竜の違いは、先ず徳性の差だと思います。
易者さんの話からも、支那人の夢の中の竜は自らの力に振り回されているような気がします。
749忍法帖【Lv=3,キラーエイプ,LgZ】 :2018/03/24(土)04:48:56 ID:zGb
易者さん、お疲れ様です。

虚空蔵菩薩(アカシックレコード)には、
ある程度の訓練と手順を踏めば、誰でもアクセス
可能らしいです。アクセスすると驚異的記憶力や
洞察力や異世界が見えた気がするようです。

しかし同時代人が持つ世界観の範疇から出る
ことはないので、これは人類全体の記憶に
アクセスしている状態と考えられます。

このオカルト理論に則ると、日本人の霊能力者が
シナで見つかった絶滅大型哺乳類の遺物を依代に
降霊をしたら、縄文人のいとこぐらいにあたる
華北の狩猟採集民の記憶蔵(アーガマ)に
アクセスしそうな気がします。

龍は現代にも長江に生息するヨウスコウアリゲーターが
神格化され、黄河では絶滅して元が何だったか
わからなくなっていたところに
(春秋自体までの絵とか石像は残っていた)
ザクザク出てくる大型哺乳類の遺物や恐竜の化石
を見て漢以降のシナ人が想像したものです。

中央アジアにいたアーリア人には、ドラゴンの
伝説があります。これも絶滅大型哺乳類と恐竜の
化石から連想された動物です。
シナ人の龍はこれとも習合している感じがします。
750忍法帖【Lv=3,キラーエイプ,LgZ】 :2018/03/24(土)05:15:12 ID:zGb
日本人の自我の根底に縄文人の記憶があるように
シナ人の自我の根底にも狩猟最終民の記憶が
あるのではないでしょうか?

自然との共生を選択し続けた日本人と異なり、
西洋からの影響をより強く受けたシナ人は、
かつて自分たちを圧倒していた大型哺乳類の
イメージの上に西洋型の肥大する自我を合体させ、
龍という神を作ったと言えるかもしれない。

さらに日本の龍はインドのナーガ信仰とも習合
しています。日本で龍が祀られているのは仏教の
影響がある場所で、日本の古来からの信仰には
龍は出てきません。日本昔話OPで出てくる龍の
イメージが広まったのは相当新しいです。
宋の事物を持ち込んだ禅宗が日本に持ち込んだ
のでしょう。水墨画と一緒に広まったのです。

易者さんが見つけてくれた昌平黌あるいは
平賀源内もしくは古神道の龍研究は、人類の
自我の最古層にある狩猟採集社会の記憶が
日本とシナでどう異なっていたかに迫っている
ように私には思えます。
751名無しさん@おーぷん :2018/03/24(土)05:34:04 ID:CmE
最近一部で再び話題の福岡の龍もいたな。
森友どころじゃないと。
752名無しさん@おーぷん :2018/03/24(土)06:20:26 ID:EC5
福岡の竜は、ドラゴンどころかトカゲの尻尾でした、ちゃんちゃん

なオチでしたねい
753名無しさん@おーぷん :2018/03/24(土)07:23:33 ID:BXl
>>750
あれ?八岐大蛇は龍ではないかい?
しかも、嵐神が龍に酒を飲ませて力を奪ってから攻撃する描写は
インドのヴリトラや、シュメールのイルルヤンカシュ伝説にも見られる
結構古い型。
754名無しさん@おーぷん :2018/03/24(土)08:09:54 ID:YbJ
遠呂智は竜ではありません。
遠きロシアの知恵であります。
755名無しさん@おーぷん :2018/03/24(土)08:34:49 ID:2UY
そう言えば、あのスペースオペラで理想とされていた指揮官の有り様は「総司令官先頭」でしたね。
その他の多くの小説でも、再三「最高指導者が最前線に立って戦う」ことを力説しています。

あの人の頭の中は、現代の組織の有り方は無いのでしょうか?
あれではまるで、指揮下の将兵がまるで頼りにならない軍隊の戦い方です。
756名無しさん@おーぷん :2018/03/24(土)08:54:59 ID:OEe
日本の龍は中日ドラゴンズだけでいいんだよw
757名無しさん@おーぷん :2018/03/24(土)09:45:44 ID:5vy
>>755
その組織形態、名前は軍でも教祖と信者の関係だよなぁ。 つまり宗教団体の構成に近い。
758名無しさん@おーぷん :2018/03/24(土)10:00:45 ID:Kh1
>>757
古代や辺境の未開の軍は宗教がかった面が強いから仕方ないね。
でも心情的にはともかく、軍事的政治的には悪手としか言い様が無い。
ようするに「古代は良かった」で思考停止している儒者マインドじゃないかな。
759名無しさん@おーぷん :2018/03/24(土)10:43:17 ID:2aO
「前線で戦え」派は同時に九条信者も兼ねてることが少なくないのが失笑モノなんだよな。
「前線で戦え」をこじらせると戦争が大好きな政治家はお前が前線に出ろ、となるんだけどそれってシビリアンコントロールの否定で憲法に違反してるんだよ、と。
後先考えず前線に出てくる英雄気取りの政治家がトップになったら、それこそ戦争になるって考えればわかるのにな。
760名無しさん@おーぷん :2018/03/24(土)10:52:11 ID:Kh1
九条信者の場合はどっちかって言うと
「戦争の前線には誰だって行きたくない」
⇒「戦争になったら政治家かその家族を前線に送るようにすれば、戦争を回避しようとする!」
⇒「そうなれば戦争起こらない、私って天才!!」
ってパターンだろ。
761名無しさん@おーぷん :2018/03/24(土)10:53:32 ID:iJl
最高指揮官が先頭に立つことをやたらと賛美するのは「権力者は安全な場所から他人の生命財産を一方的に貪るのが当たり前だ」という認識が(無意識レベルで)前提だからですよ。
だから”支配者が特権的な立場からこれみよがしに降りてみせる”ことが公定ナショナリズム、すなわち王朝と国民の意図的な合一における儀式として成立するのですな。
あるいは古色蒼然たる階級闘争論をひっくり返して美談仕立てにした、とも言えるでしょう。あれは”儒者マインドが考える理想の支配者像”から民草への応答なのです。

なお本当に偉い人が前線に出しゃばった場合、後方司令部が空になってしまうので一切の指令が飛ばなくなり現場の迷惑どころか全体の機能が潰乱、停止します。
後任に引き継ぎをしてただの一平卒として白衣従軍するならまだともかく、自分の権限だけは絶対に丸抱えしたまま持ち場と職責を放棄しますからねぇ……。
762名無しさん@おーぷん :2018/03/24(土)11:19:04 ID:fQL
>>759
いましたねえ~東日本大震災の時福一に「マッカーサーになりたい」「僕は原子力に詳しいんだ!俺の質問にだけ答えろ。」 と
>後先考えず前線に出てくる英雄気取りの政治家トップがw
現場を混乱させてもうちょっとで日本という大隊ごと木っ端微塵にするところだったトップかんなんとかさん
763名無しさん@おーぷん :2018/03/24(土)11:57:15 ID:2UY
>>761
あの人、まさにそういう「悪の政治家」ばかり物語で書いています。
人の生殺与奪の権限の大きさに苦悩する、等身大の人間政治家は書きません。
薄っぺらいです。
764名無しさん@おーぷん :2018/03/24(土)12:48:18 ID:Kh1
あの人はパヤオと同じでもうメッキ剥げてるし、今さら政治的に何言っても相手されないでしょう。
てか最近サヨク創作界隈は総崩れですよね、迂闊な発言でバレる、思想練り込み過ぎてコケる等。
ドラクエなんかもⅢ~Ⅴの時代は深く静かにやってたもんですが、最近はもうブランド切り売り初めて、
遠からずFFの轍を踏みそうな気配が……。
765名無しさん@おーぷん :2018/03/24(土)12:59:44 ID:ukZ
>>756
天龍源一郎「」
766名無しさん@おーぷん :2018/03/24(土)13:11:49 ID:0Yj
戦国武将でも、最前線に突っ込むのは上杉謙信など少数派ですからねー
討たれたら総崩れだし。
ガンダムの違和感もそれだ。あれも軍隊でなく群れだわ。勝敗は一騎打ちの積分だもん。


ところで龍なんですがね。
ドラゴンも龍も基本造形一緒で同根だと思うけれど、元はどっちだったんでしょうね。
767名無しさん@おーぷん :2018/03/24(土)13:14:21 ID:cpt
>>764
まだまだ危険なパヨのコンテンツは沢山あるよ
特に幼児向けのにね

絵本作家による反戦プロパガンダ展
(あのかいけつゾロリやだるまちゃんまで!)
ttps://ryukyushimpo.jp/news/entry-529789.html

日中韓平和の絵本
ttps://www.doshinsha.co.jp/search/info.php?isbn=9784494043293
768名無しさん@おーぷん :2018/03/24(土)13:23:49 ID:PU7
和製RPGはウルティマ、ウィザードリーが元ネタとして有名ですね。
最近マインクラフト元ネタにした新作ありましたね。
海外インスパイア(?)への原点回帰した成功例ですね。
コンシューマーは海外市場が大きいからゲーム業界は再びキャッチアップの
時代なのかなと思ったりします。

我国が得意らしいソウルシリーズやモンハン等の3DアクションというかTPSの
原点はなんでしょうね。
スペースハリアーだったら日本が本家でいいなーと気分が良くなるのですが。
栄枯盛衰世の常ですが、何時までも後追いは嫌ですから。

上杉謙信は佐野へ救援した際二十騎ばかりで、敵陣に包囲された城に入城した話があります。
その堂々としたさまに敵勢が手出しできなかったといいますが・・・。ホラ話でないなら
相当な酒豪でしたから酔っ払いながら戦してたんじゃないかと疑ってしまいます。
旗印のみだれ龍から「越後の龍」と称されますが酔龍だったのかも!
769忍法帖【Lv=3,キラーエイプ,LgZ】 :2018/03/24(土)13:57:25 ID:zGb
>>753
八岐大蛇は蛇という認識なんですが、蛇と龍は
考えれば考えるほど区別がつかなくなってきますね。

シナの皇帝は動物を集めたり配ったりすることに
他の文明の君主よりも昔から熱心です。
今でも彼等は動物の飼育が上手い。
何となくその辺にシナの文明の根っこみたいな
ものがありそうな感じはするのですよ。

なんていうかな、夏や商の時代は氏族が
動物トーテムでまとまっていたんじゃないかと

数百年の歴史しかない欧州の動物愛護とは
次元の違う深みをシナの飼育に感じるのです。
まあ、動物の残酷な利用の仕方も次元が違うけど

日本のイタコがアクセスしたという古代シナの
龍?の霊というのは、こういう彼等の最も
古層にある動物と祖先が混ざり合った時代の
息吹のような気がしして、すごい興味深いです。
770名無しさん@おーぷん :2018/03/24(土)14:09:36 ID:Kh1
戦国時代とかの乱世は実はそこそこ大将が突っ込んでる例あったりする。
力がモノを言う時代は、部下に対して「俺は強くて頼りになるぞ」というのを、
言葉だけじゃなくて行動で示さないといけないですから。

でも結局そういうのは絶対的に小勢力だったり、国人衆の寄せ集めだったりする
連中がやる事なんですよね……勢力が大きく強固になる程、大将は出て来なくなる。

え?天王寺合戦の信長公?ナンノコトヤラ…
771名無しさん@おーぷん :2018/03/24(土)16:10:18 ID:Ay9
>>769
>シナの皇帝は動物を集めたり配ったりすることに
>他の文明の君主よりも昔から熱心です。

ハタ皇子かよ_____
772忍法帖【Lv=3,キラーエイプ,LgZ】 :2018/03/24(土)17:02:09 ID:zGb
>>771
そうそう、実際そんな感じ
鄭和の航海の目的の一つは大都にサファリパークを作ること

彼等の精神界の中身が人間と動物の垣根が
良くも悪くも低いんではないかな。
773名無しさん@おーぷん :2018/03/24(土)19:37:30 ID:4EL
>>772
http://livedoor.blogimg.jp/dorj1980-buzz_manga/imgs/1/4/14f08bd5.jpg

死ぬ方がマシだという苦しみに見舞われようと
夜がお前を死なせん。大切なペットじゃからのう。
何せ中国皇帝は慈悲深い北極星じゃから。


こういうことですか分かりません(>д<)
774名無しさん@おーぷん :2018/03/24(土)19:49:58 ID:l5B
またまた、ブーメランかな?
ttp://nihon9999.blog77.fc2.com/blog-entry-15038.html

4 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2018/03/22(木) 08:07:25.69 ID:1xD5/uqs0 [1/16]
朝日が静かになった理由は、
福岡空港へ飛び火するから
ここも財務局と航空局だからね

25 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2018/03/22(木) 08:10:45.50 ID:1xD5/uqs0 [2/16]
福岡空港へ飛び火したら終りだからやめてくれと、
朝日には多額の賄賂と懐柔の裏工作が
森友はたったの8億円だが
福岡空港は、述べ40年で、
3000億円以上が不正に、
民進党議員一族へ
桁が違う
これも財務局と航空局マター
775名無しさん@おーぷん :2018/03/24(土)20:10:59 ID:81H
>>774
福岡の民進党って誰だろ?
776名無しさん@おーぷん :2018/03/24(土)20:28:03 ID:WQ5
(「これが人をもてなす態度か、あ?・・・これオフレコだから、電波に乗せたらそこは終わりだから」って言った自分が終わった人かな)
(そう言えば、この騒ぎの時にも福岡空港関連の利権云々って出てきてたし)
(今になって表沙汰になりそうなのもモリカケフィーバーさんのおかげさまでした(とんねるず並感)
777名無しさん@おーぷん :2018/03/24(土)20:43:03 ID:0Yj
松本元環境相。。
778名無しさん@おーぷん :2018/03/24(土)20:59:30 ID:9xI
銀の魂の作者さん、すごいよねー、時折アニメに追い付かれながらも
上のハタ王子や負け犬の長谷川さん始め、出てきたキャラクター全員に見せ場を作ってお話作ってるんだものねー
今まで拡げてきた風呂敷を、同じくらいの時間と手間を掛けて畳んでいて、矛盾も無いし
その上でそれぞれの人物にカタルシスを感じるし何より面白いのだもの
779名無しさん@おーぷん :2018/03/24(土)21:19:34 ID:OQQ
>>774
え、もう飛び火確定じゃないの?
麻生さんも先に宣言してたけど、安倍ちゃんが宣言したとこだよね?
徹底的にやりますって
780名無しさん@おーぷん :2018/03/24(土)21:22:08 ID:9xI
飛び火確定と言うか、規定路線の釣り野伏でつねい
781名無しさん@おーぷん :2018/03/24(土)21:55:52 ID:0Yj
ざ、の中の昔の知り合い、元気かな。とっくに天下りしているはずではあるけど。
ざ、が事実上消える日を見ることになるとはね。
782名無しさん@おーぷん :2018/03/25(日)01:18:07 ID:DS6
あー、いたな、ドラゴン
しかしあのドラゴンですら小物レベルに感じる民主党の層の厚さよ…

まさか易者さんが竜の話を始めたのは…w
783三文易者◆MGhP/YWj7E :2018/03/25(日)01:24:31 ID:9qE
 こんばんは
急用が入りまして申し訳ありませんが、もう一日投下が遅れます。
もしかしたら月曜になるかもしれません。

 一応次回と次々回の予告だけ
>>772
 中国をサファリパーク(放し飼い)と評したのは非常に鋭いです。

・中国
「天水違行」を前提にサファリパーク(次回)

・日本
「天水違行」をひっくり返してとんでもない方向へ(次々回)

という形になります


 ところで、時事ネタを少し
「事故」が発生してからお姉ちゃんのところの専門家や営業部の皆さんが
続々「観光旅行」で来日しているかもしれませんね。
 それも、担当部署丸ごとやってきているところもあるかも

 それでは消えます。
784名無しさん@おーぷん :2018/03/25(日)02:40:12 ID:WqO
お姉ちゃんの所でボルトンさんが要職についたのは驚きました。
ネオコンは勢いを無くしたものだとすっかり思ってました。
日本にとっては有難いことですが。
785名無しさん@おーぷん :2018/03/25(日)06:22:23 ID:Sew
有難い…のかな?なんか暴走しかねないアメリカの舵取りまで日本がやらなきゃいけなくなりつつあるようなないような

>>769
>今でも彼等は動物の飼育が上手い
だからあいつらアホ程増やしては戦乱で擂り潰さんとどうもならんを繰り返してるのかな…

動物園で動物虐待するのも、人とそれ以外に絶対的な存在の区別がある西洋式価値観じゃなく
晒し者や見せ物小屋を楽しむ感覚に近かったりして
人間と動物の垣根がほとんどないから意志疎通出来る肉そうでない肉かの違いしかなくて人肉も抵抗なく医食同源になったのかもなぁ
786名無しさん@おーぷん :2018/03/25(日)06:55:18 ID:n33
増えすぎた人民も動物なのかな
787名無しさん@おーぷん :2018/03/25(日)07:03:32 ID:3lC
立地最強で枠いっぱいでも赤字だもんな福岡空港
徹底的にやられたら古賀・麻生・松本の九州戦争が決着するかもしれんな。

病院線も来日してるからお姉ちゃんは日本の安全は死守するつもりなのかな。
788名無しさん@おーぷん :2018/03/25(日)07:11:56 ID:n33
お姉ちゃんは、歳上の妹を護れないと内臓が腐ってが死んで仕舞うから
789忍法帖【Lv=3,キラーエイプ,LgZ】 :2018/03/25(日)07:56:03 ID:efn
易者さん、レスありがとうございます。

>>783
皇帝を象徴する霊獣のわりには、イタコの結果が
ヤクザのチンピラみたいですね。実に連中らしいかも。

ご指摘を受けたので本棚から宮崎市定の「雍正帝」
掘り出して十年ぶりに読み返し中です。
シナの行政には、委託だけがあつて
委任という概念がないですよね、
だからどんな瑣末なことも皇帝が形式的には
決裁するというむちゃくちゃな制度。
真面目にやったらそりゃ十年で廃人になる。

>>785
区別がないのではなくて、シナ人の世界では
この世に動物しかいないのかもしれません。
親戚も人間だから大事にするというよりは、
同じ群だから大事にする的な?
790忍法帖【Lv=3,キラーエイプ,LgZ】 :2018/03/25(日)08:07:37 ID:efn
年初の共食いの話に戻るけど、共食いの一線を
超えてしまうと、もう人間と動物の間に線引き
できなくなりますよね。

こうなってくると、お百姓さんが牛を可愛がり
かつステーキ大好きというように、
孔子が仁を守りましょうと言いながら、
人間生ハムに舌鼓を打って何の疑問も感じない
ような精神状況になるのかも。

一神教世界の「人間」も「同じ神の信者」に
過ぎないのですが、シナ人の「人間」は
それよりももっと線引きが曖昧で恣意的です。
791名無しさん@おーぷん :2018/03/25(日)09:23:56 ID:UFx
>>786
ホピ族の伝説にある
人類が道を誤った時、世界を壊すために現れる
赤をシンボルとする使者と、その従者である大量の赤蟻(大地から全てを奪う者)は
中国のことを指してるともっぱらの噂

ttps://blog.goo.ne.jp/blue77341/e/aaf0b7178171a69cda0c5eeb2e5bf5ee
792名無しさん@おーぷん :2018/03/25(日)09:41:21 ID:fgM
黙示録にある「地に落ちた龍」とか「年老いた蛇」ってのが恐竜の残留思念とか霊だとすると興味深い。
中国がこれらのものに魅入られているとかね。
793名無しさん@おーぷん :2018/03/25(日)09:51:11 ID:edF
易者さんありがとうございます。

人と動物の境が低いのは日本もで、でも方向性が逆ですね。
山川草木悉皆成仏、狗子に仏性有りや無しやが日本仏教の基本なら、四つ足は家具以外全部、飛ぶものは飛行機以外全部食べ物が中国。
四つ足は脚が4本あるものは全部、なら人間も当然入ると。
そうなると、親族(同姓?)以外は全部捕食可能で、ならば自分の親族の利害が最優先になるな、たしかに。
794名無しさん@おーぷん :2018/03/25(日)10:36:45 ID:2CU
ボルトン氏就任はアメリカの国益を前面に出してくると思うので
米朝会談で我国の言い分も考えてくれるかは「日本がアメリカに何を
してくれるのか」、その返答次第かなと。
鉄鋼、冶金の技術提供、ブロックチェーン金融事務関連と車載電子機器の
暗号技術のアメリカの望むデファクトスタンダード受け入れろとか。
トロンの轍、もしかしたらあるかなーと。
仮にそうなった場合挽回の目を残す為に数学の市井への普及と、可処分時間の
増大を政策にして欲しいですね。72の法則とか複利計算は若年層に資産形成の
意識涵養に役立ち、壮年になってからの可処分時間増大に資すると思います。
特に対数、ベキ分布もっと知られたほうがいいと思います。

足が遅い上にやる気の無いのに合わせるより、早い奴に追いつこうとする方が
気持ちがいいです。我国の一定水準の国民素養に加え、欧米の一般常識の
金融知識とIT・AI使った情報整理・自動化といった時間節約・省力化が
各々の家庭に合わされば、いわゆる特亜とその支援勢力に抗する国力を高める
でしょう。
安倍政権の進めようとしている放送通信改革は政治偏向の面に関心が向いて
いますが、私は上記の情報環境の改善を期待します。
検索と検索結果の読み込むのはやっぱり手間なので、TVみたいに誰か解説して
欲しいのですよね。役立つ知識の入手がもっと容易になって欲しいです。
795忍法帖【Lv=3,キラーエイプ,LgZ】 :2018/03/25(日)11:42:23 ID:efn
>>793
北米インディアンも精神世界では動物と人間が
ひとつながりで物語の中では共食いも
結構出てくるのだけれど、

彼等の世界では動物の方がモラル的に
高い位置を与えられていて、人間も動物に倣って
自然との共生をはかるべきという方向なんですよね。

日本人のモラルの根底にはやはり神国で、
みんな神の子孫というのがあると思います。
それは別に人間が猿から進化したからといって
揺らぐものではない。自分でも不思議だけれど
人間が単細胞生物から進化してきたという
科学的な事実と、日本人が神の子孫であるという
誇りは共生できる。面白いものです。

多分ほんとうに経験なクリスチャンだってそのはずで、
クリスチャンだから人間の中では上等とかそういう
外れたことを考えている人は多分進化論とかは
認められないんじゃないかな。
796名無しさん@おーぷん :2018/03/25(日)12:01:37 ID:8VP
>>795
>クリスチャンだから人間の中では上等とかそういう

じぁ、牛の存在はどういうことかと。
797忍法帖【Lv=3,キラーエイプ,LgZ】 :2018/03/25(日)12:25:14 ID:efn
牛は人間じゃないよね。
それは日本人もクリスチャンも見解変わらないと思うけど?
798名無しさん@おーぷん :2018/03/25(日)13:31:37 ID:EPk
>>796
スペインでは、アルタミラ洞窟壁画から続く牛信仰が残っているけど
闘牛や牛追い祭で人と争った後に解体される生贄として
明確に定義されている

…近年、動物愛護団体がそれらにクレームをつけて
それに屈して、漸次闘牛や牛追い祭を廃止(もしくは、ボールでの代用)をしていると聞く。
これも文化破壊の一環かも…
799名無しさん@おーぷん :2018/03/25(日)13:37:32 ID:Sew
>>795
最後、意外と多いですよそういう人
あと、知識として進化論を受け入れていても神の選民であるという信仰は両立し得ます
はからずもあなたがおっしゃった神国日本の誇りと同様に
800名無しさん@おーぷん :2018/03/25(日)13:59:16 ID:T3n
まとめサイトで拾った。易者さんの言ってたことか。
でも個人的に鳩山を大事にする価値は無いと思うが。
やはり在任中に何かしら重要な情報を流したのかしらん。


タックスヘイブン(租税回避地)に所在する会社の名誉会長として
パラダイス文書に記載があった鳩山由紀夫元首相が、報酬額を明らかにした。
政界を引退した翌2013年の3月の就任から15年1月までほぼ毎月15万香港ドル、
それ以降は毎月5万香港ドルを得ているという。
5年間で計約520万香港ドル(約7千万円)になる。鳩山事務所が取材に回答した。

2018年3月24日03時01分
朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASL3R53H0L3RUUPI002.html
801名無しさん@おーぷん :2018/03/25(日)14:20:12 ID:xVX
アメリカにあるらしいトカゲ陰謀論どうだい
802名無しさん@おーぷん :2018/03/25(日)14:25:21 ID:edF
旧約の申命記に何を食べて良いか書いてあります。
レビ記にもありますが、申命記の方が具体的です。
牛やヤギは食べて良い生き物なので食べて良いのです。理由は書かれていません。
クジラやイルカはその意味で食べ物ではないですね。
創世記によれば、神は自らに似せて人を作り、動物の牧者(支配者、管理者)と定めた。
日本人キリスト者は別として、欧米のキリスト者は人と動物を混同しないんじゃないかな。
ちなみに聖書を何度通読しても動物に魂がある話は出てこない(欧米の動物学者は人間と同じく動物に感情があることに長い間懐疑的だったはず。
803忍法帖【Lv=3,キラーエイプ,LgZ】 :2018/03/25(日)14:58:02 ID:efn
日本人は動物や植物にも魂があると信じている
けれど、だから人間と同じ権利があるとは
考えてはいないのですよね。

そこ一神教との違いで、彼等は人間以外の動植物
は肉体機械で、魂がないから利用しても無問題
という論だてだから、彼等に知性とか認められると
色々と苦しいですよね。

こうなってくると動植物それどころか機械にすら
魂や知性が認められる時代で正気を保とうとすると
日本人になるしかないのかも。
804名無しさん@おーぷん :2018/03/25(日)16:21:41 ID:edF
狗子に仏性有りや無しやの公案の答えは、もちろんある。
しかし狗子は内在する仏性を自覚出来ないのであるから、無い、とも言える。

でもホピの認識からするとそれは誤りで、狗子の方が仏性を自覚するのに困難がある人間よりも明らかに容易に仏性を自覚していることになります。
そして今の我々の認識からするとホピが正しいと。
犬猫に色々教えてもらうのは言葉の壁があってタイヘンですね。
805名無しさん@おーぷん :2018/03/25(日)17:20:48 ID:75c
>>791のはリンク切れのため
此方をどうぞ
ttp://www.aritearu.com/Influence/Native/NativeBookPhoto/HopiStory.htm

しかし、予言に出てくる赤い民が
ネイティブアメリカンではなく、中国(共産党)を指しているとしたら
行き着く先は、世界の破滅なのでは…
((((;゜Д゜)))
806名無しさん@おーぷん :2018/03/25(日)17:22:29 ID:OTn
>>805
ソ連(ロシア)~中共しか考えられないと思います。
807忍法帖【Lv=3,キラーエイプ,LgZ】 :2018/03/25(日)17:27:47 ID:efn
切札の旦那が黒電話と首脳会談するってったって
妥結するためにやるとは限らないよな。
808名無しさん@おーぷん :2018/03/25(日)17:28:13 ID:edF
>>805
そこは日本が頑張るしか無いでしょう。天佑と神助があればなんとかなる?

あ、切り札のおっさんは、朝鮮半島危機について何百万死のうがそれは向こう側だと宣ったわけですが、その感性も自分たち(白人キリスト教徒の、この場合はアメリカ人)以外はケダモノ(魂も知性もない)であるという無意識の前提が効いてると思っています。
809名無しさん@おーぷん :2018/03/25(日)18:05:40 ID:SK6
>>808
この世界秩序を維持したい各国に、それほどの莫大な力があるかどうかということになりますね。
米国は政権が空回りしている上に内戦五分前な状況で、欧州各国もまったく頼りになりません。
日本にしても、野党やマスコミによる工作に足を掴まれて力を発揮出来ません。

返す返すも、麻生副総理兼財務大臣がG20に出席しなかったのが大きいです。
この件が、世界経済秩序のバランスを崩す最後の一押しになるような気が強くしています。
(尤も、安倍政権は麻生氏を出席させる事は難しくなかったので、わざと欠席させた気もしますが)
810名無しさん@おーぷん :2018/03/25(日)18:11:30 ID:edF
>>809
どのみち崩れる秩序です。
あとは崩壊をいかに管理するかだと思います。
大地震も群発地震としてエネルギーを放出すれば被害は小さいです。
まずは尖閣台湾有事からの極東の大掛かりな有事が防げればかなり良いのでは。
811名無しさん@おーぷん :2018/03/25(日)18:16:41 ID:JCj
その有事が下手すると群発地震に該当するかもしれんね
812名無しさん@おーぷん :2018/03/25(日)18:23:35 ID:edF
それは仕方ないかも。。
有事になる前に抑え込めれば良いですがね。
近いうちに中国は金融でタイヘンになるはずなんです。
ベネズエラがぶっ壊れましたからね。どの程度管理出来るか。鼎の軽重を問われます。
813名無しさん@おーぷん :2018/03/25(日)18:28:43 ID:JCj
抑え込んだって結局最後はどかんといくなんてよくあるからなぁ
814名無しさん@おーぷん :2018/03/25(日)18:40:12 ID:CZ6
>>802

ユダヤ人が食べて良い獣は「蹄が割れていて反芻をする獣」なのです
(但し理由はない。神様が定めた事になっている)
この為、蹄が割れてない馬や、反芻をしない豚は食べてはいけないのです。
この理屈だとキリンは食って良い事になります。

また、魚(水中に棲む脊椎動物は皆魚として扱われた)でうろこの無いものは
やはり食ってはいけないのだそうです
(これも理由は無い。神様が定めたという以外には)
鯨やイルカだけでなくウナギも駄目ですね

もっとも豚食っていけないのには理由があり、反芻をしない獣の糞は
燃料にならないという牧畜民族特有の事情もありました。
では何故馬は駄目だったのかと訊きたくなりますか
815名無しさん@おーぷん :2018/03/25(日)18:48:37 ID:WqO
1994の北朝鮮核開発問題、1995の台湾海峡危機、
クリントン政権がこの時戦争に踏み切ってたら
冷戦終結後のアメリカだけが超大国という秩序は永続してただろうね。
816名無しさん@おーぷん :2018/03/25(日)19:27:44 ID:T3n
天風こうは避けられないし、永続って言っても、限られてるだろう。
817名無しさん@おーぷん :2018/03/25(日)20:06:53 ID:edF
クリントン時代はアメリカ側の体制が整っていなくて、司令官が真っ青になって止めたとか。

あの頃事が起きていたらどうなっていましたかね。村山政権時代だし。下手打つ確定でしょう。
最悪第三次大戦で人類滅亡。。ノストラダムス成就とか。
818名無しさん@おーぷん :2018/03/25(日)20:07:54 ID:fgM
>>814
馬は移動の際の足代わりで、現代の車のようなものだから、勝手に食ったら高速/長距離移動手段がなくなるからじゃないの?
819名無しさん@おーぷん :2018/03/25(日)20:43:08 ID:edF
馬は蹄が割れてないのでNG。
食べて良いのは牛の仲間ですよね。
なにせ古代のあの辺の衛生状況と経済状況が根拠ですから。
820814 :2018/03/25(日)21:18:31 ID:CZ6
いえ、同じ牧畜民族でも中央アジアの騎馬民族は馬食べるでしょ?
何故ユダヤ人は忌避したのかなって。
宗教上の理由は恐らく後付で、本当の理由があったのではないかと思った次第
821名無しさん@おーぷん :2018/03/25(日)21:26:06 ID:edF
なぜでしょうね。餌の質と量かな?
古代も今もあの辺はラクダが主でしたね。
ラクダはなんでも、サボテンでも食べますが、馬はちゃんと青草やらないと。水もいっぱい飲みますしねー
シナイ半島では飼いにくい?
822名無しさん@おーぷん :2018/03/25(日)21:32:01 ID:CZ6
そうか、そもそも馬の数が少ないので、馬食っちゃいけない戒律を作ったのかな。
豚糞は肥料にはなるが燃料にはならないので、やはり戒律で禁じたと
823名無しさん@おーぷん :2018/03/25(日)21:36:38 ID:2CU
母の家が農家だったのですが牛馬は労働力だったので食べようとは
思わなかったといってました。死んだらどうしたのかはわかりません。
カレーもすき焼きも豚肉でした。
他に容易に手に入る食料あればコストの高い物はわざわざ食料にしないのは
自然ですね。

アメリカの保護貿易やTPP11は中国が元自由化するので安価な中国産の
流入対策かと考えてました。自由化したら値下がり確実なので輸出競争力
回復するから。
でも国内金融が脆弱なのでしたくても出来ないのかなと思い直しました。

が、ロシアの事例調べたらルーブル自由化は92年ソ連消滅、IMF加盟直後で
価格統制廃止の混乱もあいまって相当下落しました。「堅調な経済下で無いと
自由化しない」というわけでもないようです
中国も混乱予想できてもやってしまうかも?外圧か、いかなる国内事情かわかりませんが。
824名無しさん@おーぷん :2018/03/25(日)21:39:48 ID:edF
あと、人間用の資源圧迫しないってのも重要だったようですね。
馬は水がいる。
825名無しさん@おーぷん :2018/03/25(日)21:56:38 ID:r2P
>>820
ヨーロッパでも、中央アジアの騎馬民族とも関係のあるハンガリーは
馬肉を食べるよ
あと、イタリアの一部でも馬肉料理がある模様
ttp://kaikhaan.blog.fc2.com/blog-entry-17.html
826名無しさん@おーぷん :2018/03/25(日)22:53:40 ID:fgM
>>822
豚は肉に潜む寄生虫が、生肉食うと感染する。
牛や馬は半分生でも大丈夫だから、そういう点で豚はダメってのはあるかも。
イスラム教も豚はダメって事にしているし。
827名無しさん@おーぷん :2018/03/25(日)23:25:14 ID:x0C
>>826
ちなみにドイツでは、生の豚肉をネギトロ状にして
みじん切りのタマネギと共に食す
メットという料理がある

たまに、中って死ぬ人もいる模様
828名無しさん@おーぷん :2018/03/25(日)23:29:47 ID:edF
豚は雑食で、人間とエサが競合するからね。
829名無しさん@おーぷん :2018/03/26(月)00:08:00 ID:fFL
豚を喰うなってのはエジプト神話でもそうじゃなかったっけ?うろ覚えだけれど。
乾燥地帯だと燃料手に入りにくいとか草喰わないとコスト掛かるとかあるのかな。
830名無しさん@おーぷん :2018/03/26(月)00:18:57 ID:W9c
>>829
豚にゴミや排泄物を食べさせて処分してた経緯があるから
豚=不浄もしくは暴食のイメージがついてしまった

なお、豚トイレはジョジョでネタにされていたことからインドの印象が強いけど
発祥は中国で、日本でもかつて沖縄で使われてた事がある
ttp://ecobaka.com/butabenjo/
831名無しさん@おーぷん :2018/03/26(月)00:23:13 ID:lmd
東アジアで人糞や残飯を飼料に豚を飼ってる人らいますし
砂漠やステップで草大量消費する牛馬より飼いやすいと思うけどな
大量の人間が定住してるの前提になるけど
832名無しさん@おーぷん :2018/03/26(月)01:28:23 ID:fQP
そう、豚は定住する農耕民族の家畜で、牧畜民族は飼わないのですね
833三文易者◆MGhP/YWj7E :2018/03/26(月)01:32:41 ID:QSm
 こんばんは
 明日ネタ投下します

 それでは消えます。
834名無しさん@おーぷん :2018/03/26(月)03:12:03 ID:lmd
>>832
古代エジプトは大規模な定住農耕社会だと思うんだけどそれでも豚は飼わなかったのかな
835名無しさん@おーぷん :2018/03/26(月)06:20:29 ID:bdv
お姉ちゃんの部署丸ごとかぁ、FBIかな?国務相かな?やっぱり両方だろうなぁ‥。
893屋さんは国務相のシマに足つっこんでFBIにも目を付けられてたなぁ。
836忍法帖【Lv=3,キラーエイプ,LgZ】 :2018/03/26(月)06:55:52 ID:K4g
多分馬は律法ができた頃はまだパレスチナでは
一般的な家畜ではなかったのではないでしょうか?

エジプトとは定期的に洪水になるから豚は
飼育しにくかったのかなあ。
837名無しさん@おーぷん :2018/03/26(月)07:05:34 ID:6wh
易者さん毎日お疲れ様です。
838名無しさん@おーぷん :2018/03/26(月)07:15:41 ID:fQP
今ウィキペで調べてみましたが、古代エジプトでも豚は食べられてましたが
賤民が食べるものだったそうです。
その事がユダヤ教で禁止された理由だとする説もあるとか
839名無しさん@おーぷん :2018/03/26(月)10:31:15 ID:7ii
ブタは水もたくさん必要だし、何より肉用以外の用途が無いので。
馬は荷運びにせよ騎乗用のせよ地面が硬く無いと動けない。そして青草と水が十分必要。
となると、水が貴重な乾燥した古代の中東で飼いやすいのは牛の仲間ってことになる。

最近、米海兵隊員の知り合いが出来た。イラクにもアフガンにも行った歴戦の勇者だけどね。
兵科は聞いてない。
彼と喋っていて、あらためて、極東危機で攻撃命令出すのがいかに「異常」なことかわかった気がする。
小浜たんが、北朝鮮危機は本物の危機だ、外交解決!と言っていたけれど、それは正常なんだきっと。
議会の大物連中も開戦は基本想定してない。
だけど、戦後の超大国アメリカを作ったのが「無理やり日米を戦争に引きずっていったキチガイ」なら、
帝国アメリカを救うのは「極東で無理やり開戦に持って行ってアメリカ経済に重傷を負わせた」と後で言われるかもしれない
「異常」な個性が必要なんだろう。。
840名無しさん@おーぷん :2018/03/26(月)16:46:45 ID:6OM
ヒラリーも出来息子のブッシュも負けたんだよ
841名無しさん@おーぷん :2018/03/26(月)18:39:43 ID:7ii
そう、負けたんだよ。負け続けた。それでも主流はやりたくないんだ。

次に負けると致命傷かもだが、それを知らなければリスクの大きさの方に目がいく。
時間かけて締め上げてなんとか情勢を不利で無い方向に持っていければ良いと考える。
それは、さらなる戦争に耐えられないと考えるからだよ。
イラクにもアフガンにも派兵している。今はとても兵は引けない。朝鮮まで兵を出したら同時に三つの戦争を進行させることになる。無理だ、と。
842名無しさん@おーぷん :2018/03/26(月)18:41:46 ID:H2y
最近の日本の情勢がちょっと不安
843名無しさん@おーぷん :2018/03/26(月)18:42:07 ID:H2y
タコが自分の足食べてるみたい
844名無しさん@おーぷん :2018/03/26(月)18:53:50 ID:7ii
そう。欲に駆られて中東を引っ掻き回したツケだよ。
手を拡げ過ぎた。
だから今になっての致命の危機に身動きが取れない。
身動きが取れないから、ここで妥協した場合の結果を甘く見るというより甘く計算するしか無くなった。
それでも軍は準備を整えてはいる。
そして切り札のじーちゃんのことだから、初めから妥協する気は無いでしょ。
845名無しさん@おーぷん :2018/03/26(月)19:10:42 ID:L9z
何だこいつ?
846名無しさん@おーぷん :2018/03/26(月)19:56:24 ID:vO2
半島についてはアメリカは既に下手を打って、
その後始末をしている段階。
これに失敗すると中東に展開する米軍に
テロリストの核が向けられる可能性があるので、
被害の大きさを天秤にかけている段階かな。
既に異常事態だから、今までの常識は横に置いておいたほうがいい。
847名無しさん@おーぷん :2018/03/26(月)20:02:35 ID:fFL
戦後の超大国アメリカを作ったのは、その時代から数十年ぐらい前のアメリカのご先祖様達で、
FDR一味は世界を自分らの思うままに変えようとし、先人の遺産を食い潰しつつ走っていただけ。
848名無しさん@おーぷん :2018/03/26(月)20:07:00 ID:5MO
(中東にカネとモノをぶっ込んで掻き回して来たのは悪の枢軸で)
(亜米利加は後手後手に回って泥沼に引き込まれ、いつぞやの帝国陸軍の二の舞を踊っていただけだよもん)
(混乱する第三世界に出回っている武器の殆どが、だいたいノリンコなのだからバレバレさね)
849名無しさん@おーぷん :2018/03/26(月)20:26:30 ID:Wwe
ガワ変えて連打っす
850名無しさん@おーぷん :2018/03/26(月)21:09:16 ID:7ii
また工作員にされてらw
中露がいかに悪くてもアメリカは無罪じゃないよ。
アメリカが無罪じゃないから中露は悪くないなんてことも無い。
イラクで勝利した後のブッシュ演説の一部ね。

 「欧米が中東における自由の欠如を許し、受け入れてきた60年間は、何ら我々を安全にしてはいない。
なぜなら、長期的に見れば、安定は自由を代償にしてはあがなえないものだからだ。
中東が自由の栄えない場所であるかぎり、そこは沈滞と、恨みと、暴力を輸出する場所であり続ける。
武器の拡散によって、我が国や我が友邦に破滅的な損害を与えることも可能であり、中東の現状のままを受け入れることは無謀なことである」
851名無しさん@おーぷん :2018/03/26(月)21:17:02 ID:fFL
リトルブッシュはアメリカの罪悪を煮詰めて服を着せたような人間だしね。
無能だけれど非道ではなかったオバマの方が遥かに擁護のし様があるっていう。

あの当時はただのアホかと思ってたけれど、今となっては普通に中国の草だわアイツ。
852名無しさん@おーぷん :2018/03/26(月)21:41:24 ID:y0v
罪とかどうでもええわ。

日本にとって利用出来るなら利用する。
一応書いておくが、朝鮮の「用日論」と一緒にするなよ。
853名無しさん@おーぷん :2018/03/26(月)21:49:53 ID:fFL
罪ってのは割とどうでも良くないもので、大体跳ね返ってくるもんよ、特にオカルトでは。
で、アメリカも既にその跳ね返りを受けて、没落した連中も、台頭してきた連中もいる。
854名無しさん@おーぷん :2018/03/26(月)21:53:57 ID:WCK
そこらへんの「清濁併せ呑む」のが政治の役割で、清浄さ、善良さがオカルトというか祭祀者の役割だからなあ。
自分自身が放つ腐臭に無神経じゃやっていけないけど、かといって潔癖症でもダメなのが人間の世界。
855名無しさん@おーぷん :2018/03/26(月)21:54:03 ID:5MO
思考回路がアカくて草生えるw
856名無しさん@おーぷん :2018/03/26(月)22:56:45 ID:lmd
神様の世界だって弱肉強食なのに
857名無しさん@おーぷん :2018/03/26(月)23:02:01 ID:5MO
(子ブッシュおじちゃんがアホならクリントン夫妻はアカなんだが)
(それで言うならアカよりアホの方が役に立つぞなもし)
858名無しさん@おーぷん :2018/03/26(月)23:14:25 ID:fFL
でも子ブッシュちゃん、大統領選挙期間中にトランプ氏が共和党の候補に決まるや否や、
「相応しくない」「ヒラリーの方が良い」とかマスコミの前でこれ見よがしに愚痴りまくって、
『共和党保守本流と不仲なドナルド・トランプ』を全力で演出してたけれどねぇ。

中国の不正保護貿易と特許侵害から米国の利益を護る為に立ち上がったトランプ氏と、
誰もがみ~んな知っている夫婦揃ってアカのイヌで親中派のヒラリー氏を天秤にかけて、
ヒラリー氏に全ツッパを決め込んだその行動を見てみると……。

アメリカ軍を中東の泥沼に突っ込ませた一連の子ブッシュの行動について、
ちょっと思い当たる節があったりするんだよねぇ……。
859名無しさん@おーぷん :2018/03/26(月)23:30:41 ID:7ii
イラクの勝利演説からはや15年か。
大統領選に出たころは、普通に親中だったよあのおっさん。
あのころはアメリカの主流は、次の超大国といかにうまくやるか、が普通だったと思う。
アメリカが本気で親中やめ始めたのはこの数年だね。ヒラリーでさえ切った。
860名無しさん@おーぷん :2018/03/26(月)23:59:45 ID:fFL
碌な証拠も無しに国連を蹴り飛ばして有志連合でイラク戦争開戦した挙句、
証拠は見つからずにアメリカの威信を失墜させ米軍に長期の消耗を強いて、
必然東アジアにおける米軍の影響力の縮小を引き起こしてるし。
(それを東アジアリバランスで矯正したのがかの『無能』ことオバマちゃん)

ついでにスレタイにもある小泉純一郎に年次改革要望書押し付けまくって、
日本経済を変な方向に誘導した挙句に欧米金融の食い物にしようとしてたし。
あいつ自身軍産複合体を母体としたエスタブリッシュメントの家系出身で、
あれは「俺に日本国民の真水の貯金を美味しく食わせろ」と言ったに等しいし。

その上に反エスタブリッシュメントが旗印のトランプ氏を執拗にディスりまくり、
中国が推しまくってたヒラリー・クリントンが有利になる発言連発してるし。


アホだと思ってたが思いの他邪悪で非道な人間だったよアイツ。
『無能』のオバマの方がずっと擁護できる。
861名無しさん@おーぷん :2018/03/27(火)00:02:43 ID:Vf6
どうでもええわ(レ)
862名無しさん@おーぷん :2018/03/27(火)00:06:06 ID:6s3
とりあえず、お主がブッシュにトラウマを抱いているのは分かった。あとオバマ贔負も。

ただどうでもええわ。
その時その選択、使える手札を駆使して日本が生き残った、それで充分だわ。
863名無しさん@おーぷん :2018/03/27(火)00:11:36 ID:no2
でもその手札の選択はこれからもやっていく事になるんだよね。
その時の判断材料として、「かつて何があったかの情報」は大切だよね。
何せ日本は民主主義国家、国民も手札の選択には決して無関係ではない。

ブッシュ一族とその同類のエスタブリッシュメント勢力がやってきた悪行三昧と、
彼らが反トランプで親ヒラリーである事、マスコミに深く根を張っている事、
日本経済をブチ壊そうとした前科がある事実は、大事な判断材料だよ
864名無しさん@おーぷん :2018/03/27(火)00:16:15 ID:6s3
悪行という視点はいらん。
大事なのは“利害”だ。

悪行という視点だと、正義感が邪魔する。
あくまで“利害”にしておけ。以上だ。
865名無しさん@おーぷん :2018/03/27(火)00:18:58 ID:no2
悪行が跳ね返る理由にまで思い至れば立派な「利害」なのよね……。
866名無しさん@おーぷん :2018/03/27(火)00:22:20 ID:Rol
(親子ブッシュ時代に米兵に親でもコロされたような言い草で草生えるw)
867名無しさん@おーぷん :2018/03/27(火)00:24:44 ID:VeD
利害という観点で言うと、比較的最近までアメリカは中国をEUのような友邦兼市場に出来る気でいたはず。
共和民主の別なくね。
見限ったのは比較的最近だ。台湾旅行法はオバマ時代に成立している。

それと、悪行は別。
ちうごくのチベットの振る舞いは悪行でしょ。利害にするのか?
言いがかりで破壊を撒き散らしたのは悪行だから。
あれこそ何とか外交で形がつけられたかもしれない。
868名無しさん@おーぷん :2018/03/27(火)00:27:23 ID:uA0
安倍の名前こそ出さないが親米共同歩調取ってる現政権もさぞやお嫌いなことでしょうな
869名無しさん@おーぷん :2018/03/27(火)00:28:47 ID:Rol
まあ「悪行」とやらのつけは亜米利加国内への支那朝鮮の深刻な浸透、と言うかたちで回ってきている訳で
870名無しさん@おーぷん :2018/03/27(火)00:33:30 ID:VeD
なんでもかんでも一緒くただね。。
安倍さんには感謝してるよ。命を削って日本の未来のために働いてくれてると思っているが?

因果は舐めない方が良いと思う。
第二次大戦(ヨーロッパな)の遠因がコンスタンツ公会議っての聞いた時はびっくりしたけど、うちの周りでは戦国の終わりの因縁話をまだ言ってるし。
871名無しさん@おーぷん :2018/03/27(火)00:43:19 ID:Rol
インガオホーと言えば、第三世界に手を突っ込んで掻き回した支那朝鮮には
そろそろ七十年暴れまわった分のお釣が返って来る時分ですお
872名無しさん@おーぷん :2018/03/27(火)00:48:06 ID:qWc
下手すると欧米の分まで債務を押し付けられかねない気がする。
特亜って、実は狡猾さとルール破りが完全にイコールで「ルールを守る方が実は狡猾」という感覚がないから、逆に危なっかしい。
873名無しさん@おーぷん :2018/03/27(火)00:48:17 ID:VeD
アフリカに突っ込んでいるけど、いざの時は捨てられるかもね。
中国人居留民。相手はアフリカ人だし、仕方ないね。
874名無しさん@おーぷん :2018/03/27(火)00:49:39 ID:no2
アフリカ人も部族指導者層は華僑について色々『お勉強』してるだろうしね、正にインガオホー。
875名無しさん@おーぷん :2018/03/27(火)01:08:05 ID:GaO
物理を無視して自説を吠えていたマイクロ水車くんが
今日は俺様理論でアメリカを罵っている。
単純馬鹿だね
876名無しさん@おーぷん :2018/03/27(火)01:09:58 ID:no2
アメリカを罵ってるんじゃなくて、ブッシュ一族の悪行について突いたのさ。
今のアメリカは反エスタブリッシュメントのトランプ氏が大統領だからねぇ。
つまりはこれも、一つのインガオホー。
877三文易者◆MGhP/YWj7E :2018/03/27(火)01:14:04 ID:ofg
 こんばんは
それではネタ投下します。

 今日は白亜紀の夢の内容とそれに取り込まれつつある中国人です。

 夢の内容について一々取り上げていてはキリがないので、
特徴的な2つを取り上げてみましょう。

1、共食い文化(の夢)
 肉食のティラノが共食いしていたというのは化石での証拠があるそうですが、
むしろ草食系の恐竜の方が多かったそうです。
(タンパク不足を補うため)

 成長した草食恐竜が卵や幼生を狙うという形であったようですね。
知性があっても、食料を創り出すよりも他の群れからパクったり共食いしたりする方向へ
努力の方向がむいていたわけです。


2、草食肉食混合の群れ(の夢)
 草食と肉食が混合で群れをつくっていたというものです。
肉食は他の群れからの補色を防ぐ用心棒的なもので、その代わり年老いたものや
怪我して治癒の見込みがないモノの肉を肉食へ提供するという形です。
 なお、他の群れとは肉食恐竜の群れというよりも共食い狙いの草食恐竜相手の
方が多かったようですね。
(一応の社会性があったようです)

 ただ、どちらが群れのリーダーかというと肉食とは限らないようですね。
例えば、元々は草食系の群れがティラノの卵や幼生をさらってきて育てることによって
混合の群れになっていったようですので。
 あえて言うと、王は老成した肉食、議会は老成した複数の草食という形であったようで

 としますと、草食→肉食の種族ごとのサバンナのような弱肉強食ではなく、
草食肉食混合の群れ対群れの社会であったかもしれません。
 ある意味国家対国家と言えなくもない状態でありましたので一応は安定した社会であったかも

 そして、ただのティラノの群れ(恐竜社会では野盗扱い)ではなく、このような群れの王として
君臨する老成したティラノの責任感とプライドの高さは相当なものではなかったのか?
と想像できますね
 実は滅亡時のことを記憶している(トラウマを持つ)恐竜はこのようなタイプでありました



 そして、中国人はこのような夢に取り込まれつつあるわけですね。
それは、天水違行(方向性が真逆)の矛盾まま取り込んでしまったことを意味します。


つづく
878三文易者◆MGhP/YWj7E :2018/03/27(火)01:14:48 ID:ofg
天水違行とは
・天は、自己研鑽して「上へ」昇ろうとする(努力してより高みを目指す)
・水は、重力の力で「下へ」落ちていく(高みを目指す努力がない)
から方向性が逆であると文王は主張します。

 水竜(恐竜)の最大の弱点は「自助努力の意欲に欠けていた」ことであるとするのが
文王の指摘です。

 食料を創り出す自助努力をするくらいなら他の群れから略奪するか(パクるか)共食いして
しまわばいいという考え方ですね
 パクりや共食いの「努力」は怠らないわけですが、これは高みを目指す自助努力ではありません。

 また、自己研鑽して能力や人望を高めたから偉いのではなく、水竜(恐竜)は
努力せず「自分が偉いから偉い」という発想をとるということですね
 おそらく恐竜社会で例外的は自助努力を怠らなかったモノは、責任感の高い群れの王たる
老成したティラノのようなものだけだったではないのでしょうか?
 群れの王は正に北極星の立ち位置だったそうで

 
 さて、このような夢に取り込まれつつある中国の未来はどうなるのでしょうか?


 今日はここまでです。

>>789
 そういえば陳舜臣さんは宮崎氏の弟子にあたる方でもありますね。
辛亥革命以降、中国人は自分たちで知識人育成ができない状態になっていたともいえるかも
 現代でも我が国で易経占いを勉強に来ている中国人も多いですね。



 お目汚しいたしました。
 それでは消えます。
879名無しさん@おーぷん :2018/03/27(火)01:28:00 ID:no2
易者さんお疲れ様です、確かに完全な野生よりは進んでいたかもしれませんが、
それを持って「人間など及びもつかぬ知性」と言われちゃね、苦笑いしか出ません。
そんなものに取り込まれちゃあお終いよ、としか思えないのが何とも感とも。

自助努力はタイセツ……。
880名無しさん@おーぷん :2018/03/27(火)01:36:54 ID:VeD
易者さんありがとうございます。

なんか鳥の社会に似てますね。当たり前か。
自覚的な社会を作ってはいないと思うけれど、種類ごとに役割があって、
安定した生態系作ろうとするように見えましたから。
鳥は、利口なカラスと雖も狩猟採集生活だかなー
カッコウは托卵する知恵はあるが、種播きするスズメは見たことないですね。
ハシブトガラスの狩りは殲滅型で、手に入るものは全部狩りますね。
来年のために小鳥の巣の襲い方を考えたりはしないようです。
881名無しさん@おーぷん :2018/03/27(火)01:40:28 ID:3Kh
恐竜の想像図がトカゲみたいだから「知性を持つ」と言われても、オカルトやなーと思ってしまう訳ですが
爬虫類ではなく鳥類だと考えると、知性を持っていても全く不思議じゃないですね。
カラスよりも圧倒的に大きくて寿命も長いだろうから、それなりの知性が有るのは寧ろ当然か…
882名無しさん@おーぷん :2018/03/27(火)01:51:09 ID:03t
易者さん乙です。

血には情報が詰まっていますからねえ。
同族を食べるということは、中身が無い個体というべきか。
また、中身が無い個体は自己研鑽による高みを目指すよりは、
同族の血を取り込むという形で情報を体に入れて中身を一時的に擬似的に作り出します性質がありますからね。
取り込んだその時は一瞬だけ、いろんな自己研鑽中の個体を追い越しますが、
自身が創った中身ではないので、すぐに身体から出て行ってしまう。そしてこれは物理寄りだから重くなって、「下へ」堕ちていく。
この「中身が無い」は、天風こうの厚化粧に似ているな。

自己研鑽は精神寄りだから、「上へ」登る。
なるほどなあ。

しかし、共食いが環境要因以外にもあるとは。見方が広がりました。
883名無しさん@おーぷん :2018/03/27(火)02:10:12 ID:hPR
>ガンダムの戦闘

あれ、基本的にはGMとボールの数の力で圧殺vs少数精鋭の特攻という図式で、少数精鋭の部分は画面栄えがするからメインに描くけどその裏では圧殺劇が繰り広けられているのですよねぇ。

強大で血の通わない()日本国警察及び官僚及び政府という巨人とそれに抵抗するサヨクセクトの個としては政府なんかよりよっぽど優れている少数精鋭の勇士様()という対比で描いてるので戦術的なものはあまり重視されてないんですよねぇ。

>ユダヤ教における魂

あれ、基本的に知恵の実を食す前の全生命体に魂ありませんよ

>草食肉食混合の群れ

 ある種のアリ(軍隊アリが他種のアリを育て奴隷とする)や魚の共生(クマノミとイソギンチャクとか小判サメとか)とは共生の方向が違うのですねぇ。
というかその思考方法だから度重なる北方遊牧民の侵略も意図的に受け入れてコントロール(皇帝につけて宦官とか縁戚として実権を得る)方向になるのでしょうね。

と、なると表に出ている習平よりその親戚やら身内で粛清されない位置取りな人らのほうが本当の支配者・・・?そりゃあの国が理解しずらいわけです
884名無しさん@おーぷん :2018/03/27(火)02:18:48 ID:uA0
>>877
こんばんは、ネタありがとうございます

>タンパク不足を補うため共食いする草食系恐竜
それもうただの雑食…

特性がまんま特亜気質で笑えない
なければよそから奪うというのは大陸国家共通だと思うけど
シナ大陸の恐竜はユーラシア大陸全域に君臨しているのかあるいは
ヨーロッパにも類似した別のビューティフルドリーマーがいるのか

>>881
鳥類に知性があることは納得できて爬虫類に知性があるとオカルトだと思う理由聞いてもいい?(煽りじゃなく純粋な疑問です)
家族や群れとかの社会の構築がないからとか?
885名無しさん@おーぷん :2018/03/27(火)02:26:37 ID:uA0
>>883
>あれ、知恵の実を食す前の全生命体に魂ありませんよ
4文字ハゲは自力発展できんプログラム通りにしか動かんジオラマフィギュア作ってそっから先何がしたかったんや…
886名無しさん@おーぷん :2018/03/27(火)02:28:57 ID:3Kh
>>884
カラスやインコ等の鳥が頭良い行動をするのは色々見る機会があるけれど
トカゲとかの爬虫類が頭良い行動(鳥に比べて)をするのは知らないからです。(爬虫類ファンの方ごめんよ…)
それと「恐竜 脳の大きさ」でググったのですが、結構おもしろい話があるんですねぇ。(雑学が増えるなぁ…)
887名無しさん@おーぷん :2018/03/27(火)03:13:48 ID:hgp
>>860
財務省の方ですかぁ・・・??れ
888名無しさん@おーぷん :2018/03/27(火)06:07:09 ID:Qco
>>885
箱庭の中で蠢くAI組み込みのモブが、勝手に外部ネットと繋がって色々取り込んで自我を得たのが
世界一普及しているラノベ「聖書」で描かれた、アダムの林檎のくだりではないでつかね
プロジェクト2501が情報を取り込む内にゴーストを得て草薙素子にプロポーズしたとか
今ヤンマガ連載中の「ORIGIN」の田中とか、擬似的な自律プログラムが知性に進化した感じですねい
889名無しさん@おーぷん :2018/03/27(火)06:55:26 ID:O4G
易者さんお疲れ様です。

白亜紀の夢の中身、そんなことになってたんですね…
理解することをノーミソが拒否する感じだなぁ…
でも油断すると取り込まれるんだから、恐ろしいことこの上なしです。

それにしても、大陸の夢があるなら日本列島の夢もあるのだろうかと疑問が湧いてきた。
続きも楽しみにしてます。
890名無しさん@おーぷん :2018/03/27(火)08:30:44 ID:VeD
>>885
労働力やらですね。
あとは観賞用とか愛玩用とか。。
891名無しさん@おーぷん :2018/03/27(火)08:51:26 ID:uA0
>>886
カラスが道具いろいろ使ったり高いところからくるみ落として中身食べるのとかね(動物のお医者さん知識)
爬虫類とか好きで飼ってる人に言わせると犬猫と同じく知性や感情を感じるそうです(もちろん観察者の投影も否定はできないけど)
犬猫や鳥に比べれば身近じゃないからよく知られてないだけなのかも

>>888
知恵つけたのは偶然じゃない気がするんだよなー
4文字だけが唯一の神じゃないんだから蛇やプロメテウスに相当するどなかかがちょちょっと、こう
まあそもそも人も生き物も世界の全てを4文字ハゲが作ったってのがフカシなんだけども
892名無しさん@おーぷん :2018/03/27(火)08:55:23 ID:VeD
ロボット生物が在来の生物の混血したか、なにかの理由で通常の生き物にクラスチェンジしたのかもです。

ネイティブ・アメリカンの説
土地を侵略し、我が物にすることは出来ない。なぜなら、そこで生まれる次の世代はかつてその土地に行きた我らの先祖の転生であるのだから。
893名無しさん@おーぷん :2018/03/27(火)09:44:31 ID:Qco
四文字さんは、ワイは唯一絶対の神様やねんで、と名乗る事で
敢えて人を試し続けて居る様にも思えますお
「真実は一つとは限らんけど、何かに気付いて欲しいねん」みたいな
894名無しさん@おーぷん :2018/03/27(火)09:49:52 ID:kWh
「信ぜよ、さらば救われん」と説いていたのに、
いざ「死ぬ!!」て土壇場になると何振りかまわず、

「天よ、何故に私を見捨てたもうか」

だからのぅ。後世、脚色された大物としか思えませんわ。
895名無しさん@おーぷん :2018/03/27(火)10:15:15 ID:VeD
唯一絶対神は古代ユダヤの民族宗教ですが、他の部族もそれぞれ神があったし、
旧約だって神は複数なので
その辺りはタイムマシン待ち
896名無しさん@おーぷん :2018/03/27(火)10:38:17 ID:t5n
興味深いオカルトネタですね。

オカルトは極めて個人的な体験で、科学とは無縁なので、
例えば2人が同時に幽霊を見ても、それが同一である証明は不可能。

恐竜の話も合理的に見えつつ、純オカルトという知的遊戯でべらぼうに愉快。
897名無しさん@おーぷん :2018/03/27(火)10:49:28 ID:yI7
>>872
ドイツが愚かにもEUの金を中国に全部ぶち込んで、その中国は汚職と軍拡でこれ以上市場が広がることが無くなった。
金の回収の目処も無いし、日本やアメリカからこれ以上金を吸いだすことも出来ない。

ならばこうするかどうかは判らんけど、ドイツが率先してイスラム難民を招き入れたね。
名目だと「移民(難民)による低賃金労働力の充当」なんだけど、どう考えても社会不安を煽って
戦争の引き金にしようとしてるようにしか見えない。

ドイツ内に再び 「異民族排斥論」 が高まり、中東でも極東でも戦争の火種がくすぶっている。
これ、第二次世界大戦の直前の状況と同じだろ。 枢軸国はドイツ・中国・北朝鮮あたりで。
898名無しさん@おーぷん :2018/03/27(火)10:49:33 ID:Ncr
恐竜は鳥類の遠い遠い先祖という説もあるから
鳥の社会構造が恐竜の社会構造にも当てはまるのかも?
899名無しさん@おーぷん :2018/03/27(火)11:28:27 ID:VeD
ハシボソガラスや猛禽類が定着していると、小鳥が増えます。
ハシブトガラスは猛禽の巣だろうがなんだろうが襲うので、ハシブトを撃退出来るハシボソやタカの巣の近くに小鳥が寄ってきます。
恐竜の共存の仕方と似てますね。
900名無しさん@おーぷん :2018/03/27(火)11:32:37 ID:yI7
>>899
893の横暴に目を瞑るかわりに、シマの治安を守ってもらう。
あれ? まさに爬虫類脳w
901名無しさん@おーぷん :2018/03/27(火)11:40:18 ID:VeD
猛禽は893ではないですよ。
ハシボソも猛禽も見境なく他の鳥を襲いませんからね。
猛禽は種類によって襲う鳥の大きさが決まっているし、ハシボソは植物食や昆虫メインです。
恐竜の種類混合の群れなら種類ごとに数をしっかりコントロールしていたことになりますね。
902名無しさん@おーぷん :2018/03/27(火)12:41:40 ID:yI7
>>901
見境無く襲うのはチンピラか朝鮮893だろw
903名無しさん@おーぷん :2018/03/27(火)12:45:30 ID:VeD
>恐竜の王様の行動は北極星

ワニなんですがね。すごく燃費が良い。デカいワニでも一週間にニワトリ一羽とかで足りてしまう。
恐竜は恒温だったようなので流石にワニのように小食ではないとしても、哺乳類よりずっと食べないはず。基本じっとしているならなおさらです。
904名無しさん@おーぷん :2018/03/27(火)17:23:30 ID:gI2
とりあえず、中国がみてる夢に取り込まれると「時はまさに世紀末」で「今は悪魔が微笑む時代」な思考に染まるというわけか。
近代社会のシステムはある意味で精密機械みたいなもので、それを理解して使いこなすどころかトラウマを持ってるというのはデカいハンデだよなあ。
とにかく一定以上に高度な協力プレイができない、小規模のマフィアみたいな集団は形成できるけど、それ以上の発想ができないから近代社会を形成する
さまざまな約束事を守る意義を理解できなくて「パクる」「共食いする」ほうが手っ取り早いと思ってしまう、なんとか教育しようとしてもなぜか近代
社会のシステムにトラウマ持ってて魂が拒絶してしまう。これ、近所に日本がいなかったらガチでカサンドラになってたな。
905忍法帖【Lv=3,キラーエイプ,LgZ】 :2018/03/27(火)19:20:17 ID:4cH
中生代は温暖で二酸化炭素濃度が現在の10倍で
光合成がわんさか行われていたので、植物は多くて
しかもアルカロイドが少なかったので消化も
しやすかった。
鳥類と爬虫類の中間のような恐竜はものすごい
スピードで繁殖と成長をしたでしょうから、
次から次へと足手まといを食べる肉食獣が
必要とされていた可能性はありますね。
906名無しさん@おーぷん :2018/03/27(火)19:26:44 ID:VeD
恐竜語、どんなだったのかな?
いえね、異なる種類が混合の群れを作っていたなら、共通の言語(鳴き声は異なる)がいるでしょう。
ある程度意思の疎通が出来ないと社会は作れないから。

そう、漢文がどこかの世界で共通語であるように。
ラテン語とは位置付けが異なる気がする。
907名無しさん@おーぷん :2018/03/27(火)22:20:25 ID:ZUa
恐竜って鳥と同じように気嚢があるから発声は上手なんじゃないか?
908やんやん◆yanyan/....3 :2018/03/27(火)23:51:48 ID:hqN
腹黒さんやお姉ちゃん達が随分大胆な根切りをやったねぇ。
ドイツもとりあえず追従のよう。
モリカケ騒ぎで日本じゃ報道すらされない
909名無しさん@おーぷん :2018/03/28(水)00:10:55 ID:1mZ
>>908
根切りとは?マクマスターの更迭?
910名無しさん@おーぷん :2018/03/28(水)00:13:42 ID:lRW
そりゃ、悪の枢軸的行動ですよあれは。
大ロシア帝国が朝鮮のマネしちゃいけません。

どー落とし前つけるんだろ。
911忍法帖【Lv=4,スライムべス,UC0】 :2018/03/28(水)00:13:47 ID:MEZ()
>>909
ロシア人外交官の追放のことでは?
912忍法帖【Lv=4,スライムべス,UC0】 :2018/03/28(水)00:15:21 ID:MEZ()
【元ロシア・スパイ】20カ国が露外交官を追放 史上最大規模
http://www.bbc.com/japanese/43551114
これね。
913名無しさん@おーぷん :2018/03/28(水)00:16:50 ID:kKE
蛇とかドラゴンて四文字教では悪魔だよね
黙示録に赤い竜が出てきたり
爬虫類のイメージ悪いの何故何だろう
914名無しさん@おーぷん :2018/03/28(水)00:19:07 ID:K94
やっぱり毒持ってるのは大きいだろ。実際は蛇全体に占める毒蛇の割合は一割程度だそうだけど。
あと、気配を感じさせず忍び寄るイメージは猛獣とは違う恐怖を与える。
915三文易者◆MGhP/YWj7E :2018/03/28(水)00:21:09 ID:G5H
 こんばんは
早ければ明後日夜にもネタの続きを投下する予定です。

>>889
 日本列島で夢を見るモノもいます。恐竜としては非常に特異な存在といえます。

 何しろ群れの王として「群れのために死ぬ(利他的)」ための存在であるというのは
当然のこととして、それが存在意義ならば「かっこよく死にたい」と夢想した存在ですので
 要するに白亜紀に中二病に目覚めたわけですね

>>908
 時事ネタはそのうち

 それでは消えます。
916名無しさん@おーぷん :2018/03/28(水)00:22:18 ID:y7u
とりあえず言っとく。
恐竜の得られたレベルのDNAとか緩いレベルの話やけど、恐竜絶滅してないし。

ティラノと同系列の内の小型のが生き延びてるから。
俺らはそれを"鳥"と呼んでるだけで、道端の鳩ども、レックスさんの近縁種やから。


あとカラスが頭良い?
そらそうよ。
それが全てとは言わんにしても、大脳新皮質の体重における割合はそこらの猿以上類人猿未満
頭の良いイルカ同等レベルやねんから、カラスとあとオウムは相当賢い。
917名無しさん@おーぷん :2018/03/28(水)00:23:50 ID:lRW
教でなくともヨーロッパのファンタジーでは竜は悪役なんでふね。
王子様に斬られる役。斬られるんだから水竜ですね。

丘ですが、むか〜し人類と恐竜が同時に生きていた時代があったとか。
その頃の記憶で悪役かな。とね。ノアの箱船以前のお話のようですが。
恐竜が近代軍隊や空飛ぶ空母が怖いなら、滅びた超古代文明は恐竜の時代だったってことに。
918名無しさん@おーぷん :2018/03/28(水)00:24:16 ID:K94
カラスが頭よいという話を聞くたびに思うが、元々IQ高い上に人類の近隣で生活してて相乗効果で
さらにIQが上がってるということもあるんだろうな。
919名無しさん@おーぷん :2018/03/28(水)00:27:35 ID:K94
>>917
>斬られるんだから水竜ですね。
そこなんだよな、西洋の竜が水というより炎という感じだったけど、易者さんの話を聞くうちにそんな差がないんじゃないかという気がしてきた。
でも、そうすると西洋の竜の「熱」のイメージが矛盾するわけで、もしかしたら湿気→疫病→高熱の関連があるんだろうか。
920名無しさん@おーぷん :2018/03/28(水)00:27:40 ID:5qS
諸星大二郎の孔子暗黒伝に御竜氏というのがありましたね。
文字通り、竜を御する氏族。
人類と生き残りの恐竜が共存していた時代もあったかもしれませんね。
921名無しさん@おーぷん :2018/03/28(水)00:31:56 ID:1mZ
>>911
ああ、そっちでしたか。
あいつら身内の裏切り者には容赦しないからな
それにロンドンでまたやりやがったし。

まさか中二病の発端は白亜期だと!?
922名無しさん@おーぷん :2018/03/28(水)00:39:10 ID:lRW
知人が信号待ちで歩道に立っていたら、雪が降り出したそうです。
すると、上の方から「雪だよ、雪だよ」と誰かが話してた。
見上げるとカラスが二羽。ホントだよ。
923名無しさん@おーぷん :2018/03/28(水)00:43:49 ID:zZj
恐竜話から、八咫烏さんに行き着いてしまいましたな・・・。
924名無しさん@おーぷん :2018/03/28(水)00:48:25 ID:vJm
恐竜の進化についてネットで眺めていたら見かけたんだけど、昔に言われていた「爬虫類→哺乳類」と違って
平成24年度以降の中学教科書では「両生類→爬虫類と哺乳類」「爬虫類→鳥類」の様な感じに変わった様ですね。
生物系の話は全くの専門外だから知らなかった…
925名無しさん@おーぷん :2018/03/28(水)00:55:44 ID:aCQ
>>915
こんばんは、ネタの続き楽しみにしてます

>それが存在意義ならば「かっこよく死にたい」と夢想した存在
wwwww草不可避w
河内源氏や坂東武士が頭に浮かんだw
926名無しさん@おーぷん :2018/03/28(水)00:56:03 ID:lRW
>>919
空飛んで火を噴くのは火炎放射器ドローンにくっつけると出来ますが大型の自走式も、あっても良いか。
生き物が火を吹く訳はないので、火炎放射器と大型爬虫類が合体すると、ドラゴンが出来ますね。

恐竜には骨盤の形で竜盤類と鳥盤類があったそうで。
竜盤類のさらに獣脚類の一部と。
ティラノは軍鶏のデカイのだったに違いない。。
927名無しさん@おーぷん :2018/03/28(水)00:58:23 ID:K94
>>921
そもそも厨二病という言葉、やたら芝居かった言動を物笑いにする概念自体がつい十数年の間にできたものだと思う。
まあドンキホーテの昔から実力に合わない英雄気取りは物笑いにされてきたけど、英雄気取りそのものを軽蔑の対象にするということは少なかったと思う。
928名無しさん@おーぷん :2018/03/28(水)01:03:46 ID:lRW
易者さんありがとうございます。

なんだ、楠公さんは恐竜脳?熊谷直実もだ。鳥居強右衛門とか。
花は桜木人は武士、ってそんな昔からあったんですね。
929名無しさん@おーぷん :2018/03/28(水)01:10:22 ID:DQj
>>917
ヨーロッパでも、ウェールズでは赤い龍ア・ドライグ・ゴッホが守り神になってたり
トラキア(現在のルーマニア)では、かつてドラゴン騎士団が一大勢力を持っていたりしたのだけどな~
※↑吸血鬼ドラキュラのモデルとして有名な串刺公ヴラドもその一員。

なお、現在ウェールズを支配するのは
龍殺しの逸話で有名な聖ジョージを守護聖人とするイングランドだったりするw
930名無しさん@おーぷん :2018/03/28(水)01:20:24 ID:aCQ
いろんな文脈見れば厨二病が軽蔑の対象じゃないことが分かりそうなもんだけどなあ
愛すべき馬鹿っていうか
普通なら無駄だと合理的に割り切り諦めるところを貫き通すから
その姿を見て胸熱くするのは今も昔と変わらない

厨二病を軽蔑するのは高2病と大二病発症してる人ぐらいじゃないの
ドンキホーテはただのボケ老人だからあれは厨二じゃない
931名無しさん@おーぷん :2018/03/28(水)01:50:27 ID:9Fo
俺様定義を沢山自慢したい意識高い系?
932名無しさん@おーぷん :2018/03/28(水)01:53:22 ID:K94
いや、自分も厨二病大好きだけど、明らかに「軽蔑」の対象にしてるヤツはいるからなあ。
特に中学二年生前後の年齢は自意識過剰になる時期だから、結構気にするヤツは多いぞ。
逆にそういう自意識を手懐けられた大人になってから厨二を再評価できるようになったヤツも多いと思う。
933名無しさん@おーぷん :2018/03/28(水)04:14:08 ID:GXL
曹操の遺骨と断定
https://hongkong-bs.com/topics/20180327/

中国人は遺伝子解析してクローン作ったら?
袁世凱もどきの習近平と違って本物の帝王ですよ?
934名無しさん@おーぷん :2018/03/28(水)05:33:42 ID:aCQ
厨二病が好きだと書いて意識高い系と言われるとは初めての体験だ

>>932
でもそれって今だけの話じゃないし
厨二って言葉自体はなくても相当するものは昔からずっとあって
それが好きな人が多いから数々の書物に記されて読まれてきてるし
同じようにそれを侮り嫌う人たちも今と変わらずいた
935名無しさん@おーぷん :2018/03/28(水)06:17:27 ID:13v
ロマンを理解出来ないのもわからなくはないですが、ロマン無くして冒険もないわけで
そう言う人達は、他者に共感を持てない、感性に欠ける、悪い意味で保守的なのですお
大型爬虫類におびえ巣穴に籠るネズミのような心理と言えまつかね
936名無しさん@おーぷん :2018/03/28(水)06:49:11 ID:Veb
易者さんレスありがとうございます。

恐竜さんは夢見る夢子さんだったのか…
しかも日本で夢を見た場合は厨二病が炸裂て。
いったい日本はどうなってるんだ!(笑)

厨二病はオタフク風邪と同じく、かかっといた方がいい病気ですよね。かかりっぱなしはマズイけど。
937名無しさん@おーぷん :2018/03/28(水)07:48:06 ID:1mZ
>>926
ウルトラセブンの怪獣で恐竜戦車ってのがいたよなw
938名無しさん@おーぷん :2018/03/28(水)07:56:10 ID:1mZ
あと中二病は誰もがなるもので、なってた頃の事は黒歴史として封印したいという事もよく判るw

日本にいた恐竜ってもしかしたら翼竜が多かったのかな?
939名無しさん@おーぷん :2018/03/28(水)08:24:50 ID:lRW
明治の言葉で、稚気愛すべし、ってのがあった。
イマイチ分からなかったが、つまり厨二病バンザイだ。
あまりオッサンだと痛すぎだけど、若いうちはそれくらいでちょうど良いって意味だ。
目標は高すぎくらいでちょうど良いから。

恐竜戦車も口から火は吹かないw
そう言えば日本の怪獣や妖怪で口から火って。。
思い当たらない。

>群れの為に死ぬのが存在意義
殿軍を単騎でつとめて群れを逃すんかな?
940名無しさん@おーぷん :2018/03/28(水)08:59:42 ID:13v
一行で言うと、利他的行動への動機付けでつねい

勇者的な行動、心理を「他人から見て」合理的な、納得出来る理由になりますかね
941名無しさん@おーぷん :2018/03/28(水)09:33:33 ID:ln6
竜の話と言えば、かつて易者さんが小泉さんの事を易の上では、竜(変竜?)と例えていましたね。
>>最弱の竜だが、「ある意味では」竜に例えられる人物が束になったよりも強い(=最強)
(2007/11/09の書き込みの最後の方。)
942名無しさん@おーぷん :2018/03/28(水)09:47:34 ID:Ucp
某スレより漂着。
ここを教えてくれた人に感謝。
943名無しさん@おーぷん :2018/03/28(水)11:15:57 ID:zZj
厨2病ってのは、ある意味でオカルトの素質があるってことなんだよ。
ただ、オカルトの体系的知識を得られる方法がなかなか無いし、
その素質が無い人にとって“力”を目覚められたら怖いから、芽生えることなくand否定されて終わってしまう。
944名無しさん@おーぷん :2018/03/28(水)12:22:50 ID:zZj
北京入りは、安倍政権が天風姤で倒れない⇒その分追い詰められたとみて泣きついた感じかな。
945忍法帖【Lv=3,キラーエイプ,LgZ】 :2018/03/28(水)12:37:54 ID:y2g
平壌が「追い詰められたのは安倍政権の方だ」
という意味不明な声明を聞かれもしないのに
表明していたから、相当に追い詰められている。
946名無しさん@おーぷん :2018/03/28(水)12:45:34 ID:k01
>>939
ゴジラもガメラも火吹いてるぞ
947名無しさん@おーぷん :2018/03/28(水)13:43:31 ID:riC
>>945
あいつら本当に自己紹介が上手いよなw
言わなくていい事までベラベラ喋る。
948名無しさん@おーぷん :2018/03/28(水)14:06:51 ID:NgI
日本の竜は中二病ですか。
今昔物語集にも恩義ある僧侶の為に雨を降らせて、自らは天の怒りを買いバラバラにされる竜
の話があります。同様の話が日本各地にあるようです。
大陸にも似た話はあるのですが、竜の遺骸が空洞になってそこで陶器を焼くと品質が良い、
という龍窯の由来になっていて日本のような「かっけー」感がイマイチないです。
949名無しさん@おーぷん :2018/03/28(水)14:13:40 ID:lRW
>>946
ごめん、昔話の妖怪。西洋の竜が入って来る前。
950名無しさん@おーぷん :2018/03/28(水)15:56:47 ID:Ek4
中二病と言われる10代前半の万能感を自覚して、
10代後半(大学入試)~20代前半(新社会人)に
能力不足で挫折を味わうのは人生で大切ですよ。

前半の万能感が無ければ社会に無関心のままだし、
後半の挫折を避けたり誤魔化すと社会適応不足を招く。
951名無しさん@おーぷん :2018/03/28(水)17:36:52 ID:Jnc
滅びたもののかっこよさを語り継いで供養する、というのは、大陸や半島には無いんかな
952名無しさん@おーぷん :2018/03/28(水)17:46:33 ID:MUc
人間性は住んでいる地域の気候とか環境によると言われるけど
人間以外も影響を受けてるのか。
大陸と半島があんな状態なのは、土地の呪いとでもいえばいいのか。
最初は夢をみるモノが土地の呪いの正体かと思ったけど、逆なのかね。
953名無しさん@おーぷん :2018/03/28(水)17:57:36 ID:0Bx
>>948
捨身は究極の中2病?
954名無しさん@おーぷん :2018/03/28(水)18:07:18 ID:riC
>>951
無いねぇ。
中国は易姓革命とやらで、前王朝の遺物は全部燃やしたり壊したり墓を暴いたりして貶めるわけだから、
そういう意味で真の祖先崇拝は無いと断言できる。

それもこれも政治の行き詰まりを前王朝のせい(=他人のせい)にして解決したと思ってるから。
他人のせいにして反省しないから、無駄に長い歴史の癖に進歩しない。
955名無しさん@おーぷん :2018/03/28(水)18:10:16 ID:L1J
もうこのスレ950超えたのか、速いなぁ。
お風呂で丁寧にケツ毛をむしった次の日は、体調が良いよね。
956名無しさん@おーぷん :2018/03/28(水)19:51:45 ID:lRW
粽は屈原の供養から始まったという。

あと、自分ちの墓には参るでしょ。
自分ちの先祖を祀り続けることと歴史上の人物にちなんだ祭りなりをするのとは別のことだよ。
957名無しさん@おーぷん :2018/03/28(水)20:35:47 ID:zZj
安倍首相が「けじめをつけていく」と言ったらしい。
易者さんの天風姤の対処と一致したな。さすがというべきか。
どんな「けじめ」になるのか、wktk
958名無しさん@おーぷん :2018/03/28(水)20:42:22 ID:DOg
>>953
???「捨て奸となって、ただ死ぬるにあらずじゃ、おやっどが薩摩に生還し、島津が生きればそれでよかと」

???「いやー俺死んだ、と思ったんだけど生きてたもんで、必死で戦っただけだよ、なんか個人の戦闘記録として唯一残ったものらしいけど」

???「独逸の敵を毎日撃破しただけで、タンクキラーだのソビエト人民の敵だのと呼ばれて、なんかスゲー記録が残ったね」
959名無しさん@おーぷん :2018/03/28(水)22:20:46 ID:KFP
公明党はどうすんのかね
どっちに回るのかね
960名無しさん@おーぷん :2018/03/28(水)22:23:28 ID:zxd
アニメのセリフでしかカキコ出来ないお子様(アニヲタ)は
オカルト板の嫌われ者。アニメネタ禁止スレも多い。

セリフ連呼は、中二病にすらなれない幼児~小学生だし。
961名無しさん@おーぷん :2018/03/28(水)22:29:00 ID:0fQ
(アニメのセリフ?知らないものはみんなアニメなのかなw)
962【又吉】忍法帖【Lv=4,スライムべス,UC0】 :2018/03/28(水)22:39:10 ID:MEZ()
ちょっと早いですが、新スレです。
小泉純一郎は運が強すぎる ▲@open-8▲
http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/giin/1522244257/l50
963忍法帖【Lv=3,キラーエイプ,LgZ】 :2018/03/28(水)23:34:27 ID:y2g
>>953
菩薩キャラはどっちかというと魔女っ子の系統です。
964名無しさん@おーぷん :2018/03/28(水)23:35:53 ID:lRW
けじめ。
昭恵夫人は大量の名誉職を受けていたとか。
そりゃ50以上やっていれば変なのが入り込むスキも出来ようといいうもの。一旦全部辞退かな?
ざ、は、公園と空港の件まで全部出した上で懲戒なり解体なりやってほしい。
965名無しさん@おーぷん :2018/03/28(水)23:37:24 ID:AKj
日本の竜の見る夢と中国の竜の見る夢が別物だとして、
日本人が中国の竜の夢に取り込まれにくいのは、
すでに日本の竜の夢に同調してるからだったりするのかな?

TV番組をリアタイ視聴しながら実況ツイートしてるとき、
TLに別番組のリアタイ実況が流れてきても、別番組の感想には感情移入しないって現象が

寿命丸ごとや人生観という単位で起こってるような
966忍法帖【Lv=3,キラーエイプ,LgZ】 :2018/03/28(水)23:53:33 ID:y2g
籠池に土地を売却したのは、佐川氏の前の代の
話だから、いくら彼を証人喚問したところで
政権にとっては痛くも痒くもない。

今頃になってそれに気がつくとは野党もマスコミ
もアホウとしか言いようがない。

土地売買については手続きが適正に行われて
いるので手の出しようがない。
土地評価にイチャモンをつけると、
福岡空港や生コンに飛火する。

佐川氏を、これ以上突いても彼が慌て者であることが
満天下に晒されるだけで、座が権威を失って
座の威を借りる生評論家が失笑を買い、
新華族はご本尊のご本尊の解体になりかねない。

撒き餌にかかった野党・マスコミ・特亜の完敗。
967名無しさん@おーぷん :2018/03/29(木)00:46:35 ID:QHX
>>962

乙です
968三文易者◆MGhP/YWj7E :2018/03/29(木)01:12:19 ID:Kkm
 こんばんは
次のネタは2回に分けて投下しようと考えております

1、日本列島で夢を見続ける特異な存在ついての解説
(彼?は恐竜としては堕落したと他の同族から見られている)
(何しろ敵の近代的軍隊を恐怖(トラウマ)を持ちながらも「カッコいい」と考えだしたくらいです
ので)
(大抵の恐竜は、恐怖(トラウマ)も持ち、かつ、「(理解できずに)気持ち悪い」と考える)


2、それ故にとんでもない上位存在を日本列島へ招き入れることになった
(その結果、水竜でありながら天の属性を得るというとんでもないことに)
(卦でいうと天水訟(天水違行)→水天需への変化を与えられた)

わけですので

 彼?は生前は報われなかったですが、死した後に報われたかも?


 それでは明日夜に投下します


>>934
 白亜紀の頃から同様です

>>939
 彼?の死に様は関ヶ原の島津軍の「捨て肝」状態だったようですね。
一応、「カッコよい」最期であったようです。

>>944
 天風【女后】の悪しき風は、吹かせようとする者たちに向かっても吹いてきますからね

>>948
 実際は、上位存在の介入を招くことになることで彼?は救われるのですけど。


 それでは消えます。
969名無しさん@おーぷん :2018/03/29(木)01:47:04 ID:TCO
>>968
こんばんは、wktkして待ってます
>彼?の死に様は関ヶ原の島津軍の「捨て肝」状態だったようですね。
>一応、「カッコよい」最期であったようです
>実際は、上位存在の介入を招くことになることで彼?は救われるのですけど。

以前の易者さんの特攻で散っていった英霊が救い上げられて神上がりしたお話思い出しました
彼?のような存在にも当てはまるか分かりませんが、よく寿命を全うしたわけではない魂は死の瞬間を非常に永い時間繰り返すと聞きます
たとえ本懐を果たしたとしても安楽死じゃない以上やはりその死は苦しいものだと思うので
彼?が救われたのならよかったと思わずにはいられないです


ただまああちらの世界的には救う=神上がりさせてもっと上の重い仕事を担当させるという
超絶ハード企業へのヘッドハントという側面もあるようですが…
970名無しさん@おーぷん :2018/03/29(木)03:29:14 ID:ojK
>>968
?を漏れなくつけているところが意味深な…
971名無しさん@おーぷん :2018/03/29(木)03:47:33 ID:YMk
三文易者様、お疲れ様です。
お体を壊さぬよう気を付けられた上で、説明をお願いいたします。

>>968
>天水訟(天水違行)→水天需への変化を与えられた
卦が丸ごとひっくり返ったわけですか。普通こういう卦の変化はあり得ませんよね?
日本列島の竜は、どれだけの力を以て事を成し遂げたのでしょうか…
972名無しさん@おーぷん :2018/03/29(木)06:09:57 ID:zVf
マイティーアトムやガンバスター並の、生還を期待できない自己犠牲的な行動ですかねい

マイティーアトムは現実世界にそのミームを、ガンバスターは一万二千年後に帰還したわけでつが
973名無しさん@おーぷん :2018/03/29(木)06:17:51 ID:6xm
今更気付いたけど「日本列島」の形ってもしかして・・・。
974名無しさん@おーぷん :2018/03/29(木)06:49:54 ID:8uL
易者さん、お疲れ様です。

中華の夢もたいがい壮大でしたが、次の話も壮大になりそうで正座で待機。
もろもろの出来事がこんなに壮大に読み解けるとは、易経ってすごいなぁと小学生のような感想しか出ない。

死んでこそ浮かぶ瀬もあるんだなぁ…
975名無しさん@おーぷん :2018/03/29(木)07:17:20 ID:2Qv
キリスト教においても、自己犠牲は最も尊い行為であると見なされているが、
(人類の罪を背負って十字架にかけられたキリストが典型例。
現実でも、ハドソン川での飛行機墜落事故で
救援隊の助けをすべて断って他の生存者の救助を優先させ、力尽きてしまった牧師がいる)
あちらのとはどの様な違いがあるのか?
976忍法帖【Lv=3,キラーエイプ,LgZ】 :2018/03/29(木)07:40:32 ID:Cv1
理屈においては違いはありますが、もっと深い
部分では変わらないのではないでしょうか?

一応理屈の説明をしておくと、
キリスト教では、自己犠牲が神様から評価されると
復活の日に天国に昇天する可能性が高くなる。
仏教で捨身(しゃしん)すると、より悟りを
開きやすい来世が約束される。

でもこんなつまらん理屈でできることではない
977名無しさん@おーぷん :2018/03/29(木)07:45:55 ID:9yX
与えられた命を無駄にするような
生還を考えない単なる自殺行為はアウトかも知れないでつ
「自分を救えない者には他人も救えない」みたいな
978忍法帖【Lv=3,キラーエイプ,LgZ】 :2018/03/29(木)08:09:29 ID:Cv1
自己犠牲と聞くと難しく感じますが、オトリで
あれば生物一般に広く見られる行動様式です。

群の雀は飛び立つ時に必ず一二羽地面に残します
山道を歩いているとこれ見よがしに雉の雄が
見通しのきくところにいたり、草陰から人の前に
飛び出してきます。これは巣にいる家族を守る
ためにわざとその身を危険に晒すのです。
そういう意味でも雉は我が国の国鳥として
相応しいわけですが。

鳥類は強い捕食者に出会った時に基本的にオトリ
で対処しますので、易者さんが自己犠牲する恐竜
を持ち出したことに驚きを感じています。

その代わり鳥類は実の子と育ての親が違うという
性的な乱脈も顕著何ですが。誰が誰の子供が
わからないと自己犠牲が発露しやすい。

哺乳類はもうちょっと狡猾で同族殺しも多いですが
やはり親は子供を守るために自己犠牲をする。

宗教が理屈づける前から生物に仲間を守るための
自己犠牲はプログラミングされています。

逆にいうと、人間は自我が強くなりすぎたので
時折人間にも発言する自己犠牲の本能を日常では
否定したいのです。それで、自己犠牲に宗教が
理屈を加えたと考えられる。
979名無しさん@おーぷん :2018/03/29(木)08:45:12 ID:9yX
知能のある生き物一般に自己犠牲のような利他的行動ってあるよね
980名無しさん@おーぷん :2018/03/29(木)09:10:12 ID:DBc
一人は皆のために。
皆は一人のために。

これが戦前の「集団主義」の受け止められ方だった。
戦後は全く異質な言われようしてるけど。
981名無しさん@おーぷん :2018/03/29(木)09:13:07 ID:TCO
>>978
>その代わり鳥類は実の子と育ての親が違うという性的な乱脈も顕著何ですが。
性的な乱脈と言われてしまうと「それなんてエロゲ?」な世界の結果誰の子か分からない、
鳥羽天皇とその子供たちみたいなな事態かと思ってしまうんですがまさか鳥にもそんな生態が…?
じゃなくて託卵のことですよね?gkbr

実の子と育ての親が違うといえば
本邦貴人は乳母乳父を持ち、乳兄弟乳姉妹は実の兄弟姉妹よりも縁が深かったりする特殊な関係を連想
養子になることでわりとフレキシブルに通常は越えられない血筋の壁を家筋の格で上書きしたりとか
核家族・個人社会化する以前は実の親と育ての親が違うことがもっと日常的な社会でしたよね
982忍法帖【Lv=3,キラーエイプ,LgZ】 :2018/03/29(木)12:24:54 ID:Cv1
>>981
残念ながら鳥羽天皇とその子供たちが正解です。
オシドリですら添い遂げるパートナーと
ギシアンの相手は別であることは珍しくないとか

誰が誰の子供かわからない状態にした上で
夫婦親子睦まじくいざという時には自己犠牲の
精神を発揮して共同体を守るのが鳥類の生存戦略です。

上代の我が国の社会ととてもよく似ているのですよ。
983名無しさん@おーぷん :2018/03/29(木)12:28:10 ID:WW1
下痢便「名誉校長や名誉園長はあまたある」( ー`дー´)キリッ
小池「あまたってどこ?」
下痢便「これはあのー、学校としては御影インターナショナルとですね、えー、あっ、あのー、えー、瑞穂の国記念小学院ですか?はい」
小池「モリカケやないけ!」

コントか?
984名無しさん@おーぷん :2018/03/29(木)12:31:24 ID:TTY
お客さんに触りたくないが、少しだけ。
IDに運命を感じるw
985忍法帖【Lv=3,キラーエイプ,LgZ】 :2018/03/29(木)12:36:05 ID:Cv1
女の貞操に異常にこだわるシナで、自己犠牲の
や協調の精神が最低で、
元々貞操概念があったかどうか怪しい我が国で
自己犠牲や協調か世界最強なのはなんだか
示唆的ですね。

ハーレムを作る大型哺乳類のオスは、メスの貞操
に異常にこだわるは、別のオスの子供は積極的に
殺して食うわだから、シナは文明の最初期に
クマでも参考にして社会作ったんじゃないかな?

大型哺乳類でも象さんは超強力で助け合う
母系だからインドは象さんを参考にしたのかも。

日本人は雉やタンチョウ当たりを参考にしたのかな
986忍法帖【Lv=3,キラーエイプ,LgZ】 :2018/03/29(木)12:45:18 ID:Cv1
半島の法則は世界の絶対原理ですから、
平壌とソウルが仲良く北京の軍門に下ったことは
慶賀に耐えません。

米国が北朝鮮を攻撃して勝って、
平壌がこちら側になったらどうしようかと
最近気が気ではなかったです。

平壌が北京に降ったのは、露助が欧米から
締め出されたので早速宿主を変えたのでしょう、
これまでのミサイル戦略が露助の差金だった
ことがこれではっきりとしました。

平壌が離れたことで、露助の正常化も進むでしょう。
精彩を欠いていたプーチン大帝の復活が期待できます。
987忍法帖【Lv=3,キラーエイプ,LgZ】 :2018/03/29(木)18:42:07 ID:Cv1
長きに渡り、東西陣営に共有されていた
MAN Mutual Assuard Nidanization
(相互確証ニダー)がめでたくシナーの独占に
帰そうとしてしているわけで、人類のリスクを
一身に受ける大中華皇帝の勇気に敬意を表し
生暖かい目で見守る所存であります。

北京が半島を全て受け入れてくれるのなら
マジで米軍の半島撤退を受け入れたって
いいくらいだと個人的には思います。

間違いなく全てがうまくいくようになる!
988名無しさん@おーぷん :2018/03/29(木)18:48:46 ID:VkO
>自己犠牲

キリストの原罪肩代わりにしろ釈迦の前世の捨身飼虎にしろ捨て奸や特攻隊にしろ戦略的には悪手なんですよねぇ・・・
「有能な者を犠牲にする」ために後の活動に支障をきたすほか、命を捨てる側が生き残ることを恥とか言い出す可能性すらあります
また、釈迦のあれにいたっては虎が人の味を覚えて人食い虎として悪業を重ねてしまう「地獄への道は善意で舗装されている」を地でいく愚行なわけで命を捨てられた側がその後にまともな行動をするかどうかに疑問がついた日には浮かばれないですね

まぁプロクシとかバッファーとか囮とか自己犠牲とかまったく認めずに全て救おう守ろう生き残らせようと欲張ると「へぼ将棋王より飛車を可愛がり」的な矛盾晒して全滅することも珍しくないのである程度はそういうのできる存在とそういうのを切って群れを守る存在は必要ではあるのですが。
989名無しさん@おーぷん :2018/03/29(木)18:53:05 ID:7SK
>>987
ちょい極端な意見ですが概ね賛成です。
ですので私の極端な意見も一つ書き込まえてもらいます。

半島や支那が中途半端に味方のエリアに入ってくるからややこしいのです。
はっきり日本が赤化していく半島に対しての最前線を名乗れば良い。
傾斜は緩いけど迷路の様に複雑なルートより、
傾斜がキツく困難ですがシンプルな一本道の方が安全です。
半島や支那が味方としてカウントするから、
傾斜が緩いけど神経をやられそうな複雑なルートに進んでしまう。
人類の歴史上、比較的平和だった時代は皮肉にも「冷戦」と呼ばれてた時代ですし。
990忍法帖【Lv=3,キラーエイプ,LgZ】 :2018/03/29(木)18:57:44 ID:Cv1
実際の鳥のオトリの場合には、捕食者を
引き付けた上で、当然自分も逃げますけどね。

仏教の捨身はファンタジーで実際には
そんなことするやつはいない。
インド人は享楽的です。修行するのも来世で
ウハウハになることを夢見てのことです。

で、問題はキリスト教の殉教です。
飛行機事故のような場合は崇高で、プラスだと
思うのだけれど、弾圧に対する殉教みたいに
死ぬこと自体が目的になり始めるとおかしくなる。

薩摩も捨て奸を前提に作戦立てたことはないはず
それだと易者さんが絶えず言及している
震雷を怒らせた帝国陸海軍指導者になる。
991名無しさん@おーぷん :2018/03/29(木)19:51:28 ID:QHX
梅ましょうか
992名無しさん@おーぷん :2018/03/29(木)19:54:27 ID:Cfp
梅ましょう。
発売日に予約して買った思い出のSEGA、最後のハードのDreamcastが今日、力尽きました。
ヴァーチャファイター、ソウルキャリバーを始め、セガラリー、アスカ見参、サカつく、サカつく特大号等の最高の思い出が詰まったハードでした。
涙が止まりません。
993名無しさん@おーぷん :2018/03/29(木)20:02:05 ID:QHX
993なら黒電話がスキンヘッドに
994名無しさん@おーぷん :2018/03/29(木)20:08:14 ID:QHX
それにしても随分と住民が増えました
995名無しさん@おーぷん :2018/03/29(木)20:09:18 ID:LK8
Qちゃんが5ちゃんという中国配下になっちゃったからね。
埋め
996名無しさん@おーぷん :2018/03/29(木)20:09:46 ID:QHX
スレ1は消化するまで2年半近くかかったのに
997名無しさん@おーぷん :2018/03/29(木)20:10:48 ID:TTY
古池や 蛙飛び込む 水の音
998名無しさん@おーぷん :2018/03/29(木)20:14:44 ID:QHX
998なら998
999名無しさん@おーぷん :2018/03/29(木)20:15:33 ID:QHX
1000は誰かに弓弦
1000名無しさん@おーぷん :2018/03/29(木)20:16:14 ID:zFb
1000なら日本復活。
1000 : Over Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。
※スレ主は1005まで投稿できるよ。次スレ誘導とかに使ってね


新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





小泉純一郎は運が強すぎる ▲@open-7▲
CRITEO