- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。
レス数が1000を超えています。残念ながらこれ以上レスはできません。

小泉純一郎は運が強すぎる ▲@open-5▲

1名無しさん@おーぷん:2018/01/07(日)02:54:51 ID:d17()
前スレ
小泉純一郎は運が強すぎる ▲@open-4▲
http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/giin/1513180613/
2名無しさん@おーぷん :2018/01/07(日)02:57:54 ID:d17()
テンプレが貼り付けられないので、
詳しくは[ 運スレと小泉の法則のまとめページ ]で検索してください。
3名無しさん@おーぷん :2018/01/07(日)02:59:27 ID:gvf
いっちおっつ
4名無しさん@おーぷん :2018/01/07(日)03:02:39 ID:gvf
◆工作員に注意しましょう◆m9(^Д^)プギャー

>591 名前:無党派さん 投稿日:2007/08/15(水) 06:59:16 ID:yllmIbkN (↓工作員による運スレへの誤爆:416-591)
>>828
>あそこ(運スレ)とですがスレは先鋭化した住人になりきって、異論の気配を出す奴を
>排除してくのが基本。カルト化させて新規参入を断つべき。

・先鋭化した住人を自称し、
・異論の気配を出す人を排除しようとし、
・スレをカルト化させて新規参入者を断とうとする

これは「全共闘時代の対立セクトのつぶし方、そのまんま(416-635)」の工作手段です。
工作員に乗せられないように気を付けましょう。今は情報戦のまっただ中です。

 掛けまくも畏き イザナギの大神   ◇       ミ ◇ 祓へ給ひ清め給へと
 筑紫の日向の橘の         ◇◇   / ̄|  ◇◇  まをすことを聞こし召せと
 小戸の阿波岐原に       ◇◇ \  |__| ◇     恐み恐みもまをす。
 禊ぎ祓へ給ひし時に         彡 O(,,゚Д゚) /..    小泉ジュンイチロウ強運スレの
 なりませる祓へ戸の大神たち      (  P `O      常盤かきはに幸くと
 諸々の禍事・罪・穢れあらむをば   /彡#_|ミ\     請ひのみ奉らくとまをす
                         </」_|凵_ゝ
地鎮祭しときましょ
5名無しさん@おーぷん :2018/01/07(日)07:19:20 ID:fBv
易者さま運スレの皆さまおはようございます
スレ立てもありがとうございます

しかしなるほど、これは女后の解説は慎重にならざるを得ないなあって感じがしてきました
6名無しさん@おーぷん :2018/01/07(日)07:35:59 ID:dTn
春風の吹けばおのずと 山がげの梅も桜も 花はさくなり
よい年であらんこと願い まつりとますんとせず、、、地鎮祭。
7名無しさん@おーぷん :2018/01/07(日)08:25:05 ID:ewn
1乙

道教には女神がたくさん居るのにねぇ。
8名無しさん@おーぷん :2018/01/07(日)10:52:59 ID:mp0
儒教は怪力乱神を語らずだからね。
儒家の視点なら神様を軽んずるのも仕方ない
9名無しさん@おーぷん :2018/01/07(日)10:56:35 ID:dTn
女后呪いのお話しはどこに、、西太后の話しが聞けるんじゃないかと思ってさっきから
わくわくと、、うあっ時間がー
10名無しさん@おーぷん :2018/01/07(日)11:39:55 ID:hV2
岩波の易経使ってますが、陰陽の説明の違和感、これだったのですね。
伏犧と女媧の下半身が蛇の絵がありますが、全部ほぼ同じ高さ、同じポーズの左右対象で絡みあってるです。
11名無しさん@おーぷん :2018/01/07(日)11:40:43 ID:3Qw
何か感覚的なものなんだけれど、中国の易の見方って、
上下関係というか、ピラミッド型の階層が前提となってる気がする。

本来、六十四卦ってどれもそれぞれの様相の一面でしかないのに、
「乾為天」が最高の王様で、それ以外はその支配下の者たち。
「乾為天」が「乾為天」足り得たら「天風姤」なんぞ話にならない。
それって、意識の奥底に上下関係の感覚が根ざし過ぎているからような。

その点、日本の場合は、上下関係・上下空間自体も相対化されていて、
六十四卦の全て等列・等価値で見てる。
もちろん自分たちにとって相性の良い卦が「震為雷」と見てはいるけど、
上下関係・上下空間なく、非常に柔軟な易経研究をしてるような気がする。

それと考えてみりゃ、「震為雷」って、
「頭を低くして謙虚に、そして前向きに」という卦だよね。
ある意味、天皇の御姿、日本人の理想とする姿なのかもしれん。
12名無しさん@おーぷん :2018/01/07(日)12:41:04 ID:JZo
変化の書だから、「乾為天」に留まろうとすれば、おかしなことになるんだろうね。
それが、易からの解答。女后さんの派遣ということかも。
13名無しさん@おーぷん :2018/01/07(日)12:47:37 ID:3Qw
>>12
そう、それ。
「乾為天」の下に六十三卦があるような視点なんだよ。
それぞれの卦が、常に動き続ける瞬間瞬間がそれぞれ貴重な様相なのに、
「乾為天」が上位価値として居座っているというかなんというか。
14名無しさん@おーぷん :2018/01/07(日)13:01:36 ID:3Qw
関係のない話のようだけれど、美人とされる顔の条件は、
その時々における最も標準的な顔から少しずれていること。
最も標準的な顔、言い換えれば完璧な顔は印象に残らない。
しかし、その完璧な顔からほんの少しずれた顔が印象に残る。

つまり「ずれ」こそが動きと独自の魅力を生み出すとされています。

その「ずれ」とはある意味、破綻。

その視点から見ると、六爻のすべてが陽爻である「乾為天」に対して、
初爻のみが陰爻、残りの五爻が全て陰爻である「天風姤」こそ、
天に動きをもたらす、破綻きたす「ずれ」という見方もできるのかも。
15名無しさん@おーぷん :2018/01/07(日)13:04:06 ID:Vhb
なにか、儒教の考えの入らない良い易経のテキストってないんですかね。
16名無しさん@おーぷん :2018/01/07(日)14:45:13 ID:7AV
それはキリスト教の入らない新約聖書はないのか、と聞くようなものだからなあ。
17名無しさん@おーぷん :2018/01/07(日)14:54:39 ID:7AV
易経から儒教を取り除くことを考えるよりも、むしろ孔子以前の「儒教」の根源を調べて易経の本来の形を逆算した方がいいかも知れない。
以前は論語の解説書といえば道徳として儒教を解説するものが目立ってたけど、今はシャーマニズムとしての儒教を解説する本も増えてきてるよ。
孔子が死の世界のスペシャリストでもあることを知れば、「怪力乱神」にも別の解釈が見えてくると思う。
18名無しさん@おーぷん :2018/01/07(日)15:29:20 ID:7AV
あと、これはかなりオカルト寄りの話になるけど、東洋の哲学って瞑想スキルの習得を前提にしてるのが多いんだよなあ。
いわゆる言語知だけだとどうしても理解が届かない部分が残ってしまう。
と言っても、今から瞑想に励んでもそうした東洋哲学の理解に役立つレベルまで習得には時間がかかるし、独学だと落とし穴も結構ある。
信用できる解説者を自分でみつけて読み漁るのが近道かなあ。
19三文易者◆MGhP/YWj7E :2018/01/08(月)00:27:42 ID:gEZ
 こんばんは

>>11
>>12
>>13
 易経に「時の流れ(時間の経過に伴う変化)」について詳細に述べているところがあり
ますが、儒教はもちろんのこと道教ですら「空席」した卦があります。
 我が国はここを独自研究に踏み切ったわけです。

 なお、「混沌」は天地開闢前からの神様なので、易経の卦爻の中に席はありません。


>>14
 乾為天を時代の最先端だとすると、天風【女后】は少し時代遅れ(少しズレている)と考える
事も可能です(ズレ=時代遅れ)。
 そして、少し時代遅れなものほど「美しく」「かっこよく」見えるものです。

 少し時代遅れの兵器ほどかっこよく見えるものだそうですよ(例;戦艦大和)。


>>18
 以前腹黒さんのコネで、インドの生き神様(聖者)とお会いしたことがありますが、
その時に「瞑想」について非常に興味深いお話を伺ったことがあります。
(「瞑想」の意義と、それゆえ「瞑想」は絶対に必要というわけではない、という内容)

 その内、ネタで投下するかもしれません。


 それでは消えます。
20名無しさん@おーぷん :2018/01/08(月)00:32:27 ID:CfM
>それゆえ「瞑想」は絶対に必要というわけではない、という内容

フォローありがとうございます、自分の書き込みから長時間書き込みがなかったので、瞑想が「絶対に」必要と誤解されたのかな、と焦ってました。
かと言って、これ以上、口をすべらすとドツボにはまりそうで何も言えず……
ともかく、本当にありがとうございました。
21名無しさん@おーぷん :2018/01/08(月)00:37:00 ID:OVe
>>19
易者さん乙です。

え、道教ですら空席!?
……昔のことだから、いろんなところで秘仏の話があっただろう。
しかも政権中枢だから、秘仏とかの存在に詳しいだろうし。密教のお話もいろいろ入ってくるだろうし。
そりゃ、研究者としてもそこに怪しさを感じますね。
なにかが隠してあるだろうと。
生命の樹のダアトのように。なにか重要なものが隠されている?!
22名無しさん@おーぷん :2018/01/08(月)00:40:24 ID:g7g
易者さん乙です。

易の卦では、乾為天のように、神様を含んでいる、表している卦があるということになるのでしょうか?
23名無しさん@おーぷん :2018/01/08(月)00:48:52 ID:DHL
>>19
>儒教はもちろんのこと道教ですら「空席」した卦があります。
火水未済かな。
初めの中に終わりがあり、終りの中に初めがある。
そう考えると「天」を至上のものとする考え方って、
実は一神教的な考え方なんだよな。

儒教によって一神教的に捕らえられた易経を、
本来の多神教(多層的・多面的・複時限的)に
捉えなおしたのが日本ということなんですかね。
24名無しさん@おーぷん :2018/01/08(月)00:55:18 ID:DHL
陰爻に始まり、交互に陽爻と陰爻が続きまじりあう変化し続ける卦。
常に変わる。しかし、粘り強く誠意をもって正攻法で真面目に頑張る。
「火水未済=常若」と考えると、まさに伊勢神宮の考え方ですね。
25名無しさん@おーぷん :2018/01/08(月)01:15:14 ID:OVe
一神教の人間にとって困る存在。そのポジションで考えると、

その信仰する神(乾為天)と同等かそれ以上の実力を兼ね備えた神様の存在がそこにいた。
最高の力を持つ神が2柱はありえない。
これなら、記録抹消はありそうだな。
26名無しさん@おーぷん :2018/01/08(月)01:26:40 ID:DHL
>>21
>え、道教ですら空席!?
>秘仏とかの存在に詳しいだろうし。密教のお話
老荘ですら「天道」が最も大切な大元としてるから
「天道」という名の下の一神教と言えると思います。

個人的には研究しがいのあるのは密教より、
テーラワーダか、何より只管打坐の道元かなぁ。
密教て調べれば調べるほど……orz だなぁ

>>19
>少し時代遅れなものほど「美しく」「かっこよく」見えるものです。
成ったものではなく、成る前の状態を美とする。
将に、茶の詫び寂びの世界です。

>>25
因みに「火水未済」は、易経で64番目の卦。
つまり最後に語られる卦。そしてその卦から初卦の「乾為天」に戻る。
神というものではなく、変化し続ける「こと」

「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。
 淀みに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。
 世の中にある人とすみかと、またかくのごとし。」

それにしてもそうかぁ。もし日本が「火水未済」を独自に発展させていたと考えれば、
腑に落ちるところがあまりにも多すぎるんですけどwww
外れなのかもしれないけど、考えてみると面白いです!

うーん、そうなったら易経に対しての認識を根本から改めんといかんなー。
27名無しさん@おーぷん :2018/01/08(月)09:54:40 ID:093
神様と言うか、巨大な石塊が紀伊半島の地下にあって、これが地球で唯一の地形である
日本列島が地形的に成立した巨大カルデラ噴火の時に出来たものだそうですねい
その後の継続した造山活動が無ければ複数のプレート先端が重なりあうここいらは
もっとつるぺたして渇いた土地だったそうですお
28名無しさん@おーぷん :2018/01/08(月)11:24:38 ID:occ
う〜ん。
中華帝国は乾天の守護を受けると。それ以外の神様は助けてくれない。
君主はどうやって乾天の守護を受け続けるかを考える。
そういう簡単で読まれたのが孔子以後、で良いですかね。
29名無しさん@おーぷん :2018/01/08(月)11:34:11 ID:U56
易者さんのお話、毎回興奮します。
続きが楽しみ。
インドの生き神様といえばちょっと古いけどサイババしか出てこない乙。

>27
熊野はステキな磐座がいっぱいある所ですが、やっぱり地学的にもすごい所だったんですね!
個人的にはイザナミの墓所とされている花の窟が大好きです。
初めて行った時、沖縄の御嶽と似ているなぁと思いました。
そういえば熊野の神様は、英彦山だったかの九州の山→四国の石鎚山→熊野と移動してきたという伝承もあるそうです。
伝承が中央構造線と一致することから、昔の人の感覚はすごいなぁと感心することしきりです。
30名無しさん@おーぷん :2018/01/08(月)11:46:04 ID:093
(考え方によると八百万の神様は大地母神からの御霊分けなんだぬ)
(元は一つの御霊だったのが今では森羅万象と同数にまでなった、とか)
(森羅万象の生成こそが御霊分けそのものとか)
(そうなると「光あれ」ってのも同じ事象を別の視点で観ただけだったりして)
31名無しさん@おーぷん :2018/01/08(月)13:29:44 ID:occ
こん は乾の対、乾元に対するこん元なのに臣下扱いなんですよね。万物生ずなんだから地母神だと思うのに。
中国の天地創造神話ってあまり無いが、盤古くらいかな。女媧は人間を作り天地を修復したので違うだろうし。
消された神話に神様が隠れたのですね。
32名無しさん@おーぷん :2018/01/08(月)21:04:56 ID:YrE

>>31
日本のマ○コって、盤古に由来を持つらしぅぃ……。。。。マジでw






   *   *
 *   + うそです
  n ∧_∧ n
+ (ヨ(*´∀`)E)
  Y   Y  *

33三文易者◆MGhP/YWj7E :2018/01/09(火)00:11:02 ID:kIM
 こんばんは
それでは、我が国の独自研究ネタを投下を開始します。
慎重に少しずつ投下していく予定です。

 我が国の人間が卦爻の「空席」に違和感を抱いたのは
水澤節の5爻上爻
です。

 この卦は、天の運行について非常に重要な意味を持つだけでなく、
政治の「治(萃めた税を使う)」にあたる部分で、文王は非常に重視していました。
 易経は
「物は以て離るるに終わるべからず。故にこれを受くるに節を以てす」
という記述があり、意味は
「集めた税をただ離散(散逸)して終わらせないように、節の発想が必要である」
と述べていますね。

 文王は、水澤節、特に5爻を非常に重視していて、この席に座る方の発想を参考にして治世を
行っていたと推測できるので、ここが空席(儒教)なのはおかしいと

 水地比5爻(「人」の最高位(天子)の座る席)が最重視されるようになったのは、孔子以降です。
 文王は、天子以上の重要人物が座る席であると考えていたのではないかと、疑いを
抱いたわけです

 また、道教は一応「小物」を座らせてはいますが、水地比5爻(元始天尊)と比較すると、
あまりにも小物過ぎて実質「空席」に等しいわけです


 書いている途中に用事が入りましたので、今日はここまでです。
続きは明日夜にします。


>>29
 生き神様(名前は出せない)には「お嬢様」についてのご意見をお聞きしました。
(お嬢様は予想以上にヤバい方ということはわかりました)

 彼の言葉をそのまま書くのはいろいろ差し障りがあるので、
私のフォーマット(易経)に改編して、ネタ投下する予定です。


 それでは消えます。
34名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)00:22:49 ID:Pqy
(今すぐ国造りが始まるレベルのヤバさとか)
(呪いと奇跡は紙一重とか)
(桑原、桑原)
35名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)00:47:35 ID:BKR
インドの生き神さまが言及するからには、インドやチベットあたりが由来の女神転生でいうLightーChaosに属しそうな御方なんだろうか。
いや、インド出身(?)だからってインド由来の神々にしか言及しないってことはないだろうけど。
36名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)00:49:35 ID:Pqy
印度人(の聖者)もビックリ、とな
37名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)00:49:38 ID:ZRo
やはり這い寄る混沌なんだろうかおぜうさま?
38名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)00:52:27 ID:Pqy
(するってぇと漏れなくクー子も憑いて来るそうなのじゃ)
39名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)00:58:37 ID:q3o
>>33
お疲れ様です。我が国の独自研究、楽しみにしております。腹黒いんだろうなぁと。w

>生き神様(名前は出せない)には「お嬢様」についてのご意見をお聞きしました。
>(お嬢様は予想以上にヤバい方ということはわかりました)

思い当たるフシが有ります。
某スピリチュアルブログに記事によりますと、
今の日韓関係はお互いの国民の魂の成長に寄与していないと。
ゆえに霊界では日韓関係を一度リセットさせる決断を下したと。
日韓の関係性の急激な変化を比喩的に大地震と表現していた記事を読みました。
(後、鳥取の航空自衛隊美保基地の近くに韓国人の日本への亡命拠点が有るらしいとも。)

今回のお嬢様召喚事故を易者さんから聞いた時嫌な予感を感じたのは、
日韓関係の急激な変化とは日本側が本気で怒る出来事が起こり、行動を起こすと思います。
怒りの感情から行動を起こす事がどうにも苦手な日本人が
本気で怒るとはもしや、朝鮮人鉄砲玉が皇室の方々へ危害を加えるのではないか。
後は今半島に滞在している外国人の中で邦人だけが現地の半島人に襲われたりしないだろうか。
もう去勢されたと表現しても良いレベルでおとなしい日本人が「怒りで行動を起こす事のキッカケの事件」が怖いです。
何が起きるのやら・・・・・。
40名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)01:00:48 ID:BKR
ライトノベルで言えば、最近人気の駄女神のモデルだろう水と芸事を司る女神様は、日本でヤバい神と習合してるんだな。
正体不明の蛇神って言うけれど、どうみても伏…と女、ゲフンゲフン
41名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)01:05:48 ID:Pqy
>>39
日本人が怒り心頭になるような事件は
ここ十年間だけで何件も何件も起こっているし
かの、在日出身の大統領の暴言により既に怒りは有頂天に達している

と、言う事でわかっていますお
42名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)01:06:30 ID:upI
…そういえば安岡翁は空席や曲解をどのように解釈されてたんだろうと少しだけ思った。
43忍法帖【Lv=1,おおくちばし,M5E】 :2018/01/09(火)01:06:40 ID:42G
ど、怒髪天ではなくて?
44名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)01:09:40 ID:BKR
「俺の怒りが有頂天」というネットミームがあってだな。
なお、有頂天とは非想非非想天といい、仏教の天国で一番高い「境地」(場所ではない)
45名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)01:14:05 ID:q3o
>>41
もちろん本国半島人、在日半島人、忘れちゃいけないのが支那人を含めて、
日本や日本人は荒らされ続けていますが、
苦手な自ら行動を起こす事が成功するまで日本と日本人が痛め続けられると心配なんです。
日本人自身が日本や同胞を思い決起したとしても妨害はされるでしょうし・・・・。
杞憂に終われば良いのですが・・・。
最近はtwitterでも冷笑系の勢力が活発ですし。
46名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)01:18:03 ID:Pqy
>>45
時既に、弓は引き絞られ、引き鉄に指が掛けられ、安全装置は外され、照準は定められていて
さあ何時撃つか、と言うタイミングなのですお
47名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)01:33:28 ID:q3o
>>46
口で言うだけなのはコストが低いですが、今の日本人にそんな根性が有るでしょうか?
日本国民の何%の人間が臨戦体勢と考えていますか?
肉体的にも精神的にも。
48名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)01:37:12 ID:Pqy
(逆にそんな根性が無かったら、どうなっているのかが知りたい)
49名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)01:48:59 ID:uW4
>>47
日本人が普段へらへらしてるからって、ピンチの時もへらへらしてるとは限らないぞ。
311の津波の時や熊本地震見れば判るけど、誰もが覚悟決めて全力で災害に対処してるぞ。
戦争だって同じだ。 覚悟決めるんだよ。
50名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)02:08:30 ID:JuE
>>48

>(逆にそんな根性が無かったら、どうなっているのかが知りたい)

第二次世界大戦の戦勝国達に見下されているのに、
ニヤニヤ笑って誤魔化しているのではないでしょうか?

>>49
おっしゃってる事は解りますがやはり受動的な行動ですよね。災害は特に。
私が心配なのは能動的な行動がどうにも機能しない気がしてるんです。
例えば、決断を下すべきところをズルズル引っ張ったり。
残念ですがやはりまだテレビの影響力は強いですよ・・・。
51名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)02:13:57 ID:Pqy
(そりゃ紙っぺらや放送電波越しでは、日本人のヤる気は伝わらない罠)
(外向きは勿論、内向きにも、見た目には平常運転なんだもの)
52名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)02:27:12 ID:dJ5
>>39
>鳥取の航空自衛隊美保基地の近くに韓国人の日本への亡命拠点
鳥取の議員はそういえば石破さんですね(棒読み
53名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)02:32:32 ID:dan
>>50
そもそも神々と共に働き、生きたのが古来の日本の姿でしょう?
そうじゃなかったですか?

不安にかられて答えやヒントを他に求めているように感じますけど、
あなたも当事者なんですよ。
わかっているとは思うけど。

その時になったら自然と体は動きます。
逆に動けなければ食われる。
安定を是としないことですよ。
54名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)02:40:17 ID:VZ3
水澤節とはなんじゃらほいとググってみたらちょっと驚いた
今日読み返してた大海皇子スレに水澤節そのものっぽい場面があったから

越地方は縄文時代は山部分に人が住んでたが弥生時代になると農地になる湿地を巡って争うようになった
そこで現地の人はやまとに利益の調整をお願いするようになった
やまとは強権的な支配をしていない(する実力がない)のに、各地方の部族はこぞって傘下に入るというお話で
解説役で登場してるのがタケミナカタっていうね
55名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)03:52:39 ID:32n
プロパガンダに騙されているのは、どの層なのか?
実際、どの層が戦略的に考え行動してるか、分けた方がいいんじゃないかと、、、
56名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)04:00:35 ID:u43
>>53
個人としては覚悟が出来ているつもりですが、
親や上の世代の人間と接する度に、無力感を感じますねぇ。
皆さんのご両親や家族の方々は今の日本の状況をご理解していますか?
特にメディア、テレビの影響力は削げましたか?
ウチは駄目です。
帰省やら何やらで身内の人間達へのテレビの影響力の強さを再確認しました。
特に親世代はもう習慣らしく、テレビが真実を話していようがいまいがどうでもいいらしいです。
どうしたのか・・・。
57名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)04:43:48 ID:4nT
美保関に韓国人の亡命拠点とか冗談じゃぬぇぇぇ!!!
でも確かにあのエリア、人はあんまり居らんよな…
境港に海保の「おき」がぽつねんとおるだけに見えるし。
でも美保関の沖合って、美保関事件で旧海軍の軍艦が沈んでいるので難所なのかな?という気はするけど…

そういや美保関のエビス様は鶏嫌いで、鶏卵食った奴が船に乗ってると海が荒れるとか。
あと同じく美保関にお祀りされてる、よそではお見かけしたことのない美穂津姫様、天津神っぽいのですが出自が結構謎。
音楽がお好きな所は弁天様っぽくもあるのですが…

弁天様は元はインドの泉の女神サラスバティ。
泉の音が妙なる事から音楽の神様でもあるとか。
そして天河の弁天様のシンボルの五十鈴が、遥かケルトの泉の女神ブリギットの紋様とよく似ている…という話を思い出しました。
同じ働きの神様ってのは繋がってるのかもですねぇ。
58名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)05:13:28 ID:gRP
>>57
地元の方ですかね?
美保関に詳しいのでしたらぜひ読んでいただけませんか?

http://urx3.nu/HTpc

↑日本と韓国の関係性が大きく変化する事を示唆する記事です。
59名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)05:58:11 ID:QJS
日本人は戦闘民族ですよ。
「首置いてけ」ではないけれど、その片鱗は死刑存続支持が絶対多数で今も続いていることを忘れてはいけない。
だから、事を起こすことに関しては不要ですよ。

易者さん乙です。
なるほど孔子以後の中国の易者たちや儒学者たちによって、なにかしら意図的に
空席にされているんですね。確かに元始天尊と比べられる神様って相当な柱のはず。

水沢節は、個人レベルでのお金の使い方としても勉強になりますね。
楽しみにしてます。
60名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)07:41:41 ID:UvL
IDコロコロ変えて不安煽る方は何なんだろうねえ?
貴方は貴方自身の心配をするのが先だろうに。
個人的には、貴方が他人を腑抜けだと揶揄できるような
立派な方であるようには残念ながら見えません。
不安を世の中に投影して喚きたてるのはどうなんですかね?
61名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)08:13:46 ID:eNa
(恐らくは、普通に日本に同化して暮らしている朝鮮ルーツの人なんじゃないかな)
(今の朝鮮人の愚行に荷担していないのなら、日本人として振る舞えばいいのだけれど)
(御先祖様の産まれたところだから、気に掛けて仕舞うのだろうね、日本人的なメンタルで)
(政治、軍事の動きとメディアで見聞きする情勢とで大きく異なるから、仕方の無いところでもあるかな)
62名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)08:20:17 ID:6rw
インドの女神様でヤバい方と。カーリー様じゃ無いよね。奥様だし。
63名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)08:21:37 ID:74U
みえない敵と戦ってる人がいるようにしかみえん
64名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)08:27:57 ID:eNa
(桃太郎のおばあさんは山にシヴァ狩りに行ってて桃を見つけたやで(嘘)
65名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)08:58:49 ID:6rw
出自関係なく、団塊だと昭和的リベラルに洗脳された人も多いよ。メディア信じてる人ね。
先祖の地を離れて祀りやってない、子供にも見せていないとかね。昭和的開明教育、リベラル教育ね。
でも心配はいらない。日本人は変わるべき時に一斉に変わるから。
民主党政権が出来てたった2年半で自民が大勝したでそ。
66名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)12:28:57 ID:Fot
流行語も流行歌もトレンドも昔の様に作り出せないメディアは
脅威じゃなくなりつつあるよ
老人相手に番組編成が変わってきてる・CMも地味に老人向けに
なりつつあるね、上手くシフトできない斜陽産業を見ているようだ
67名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)14:13:19 ID:lR0
こういうオカルト要素含む政治スレに来てるなら「悲観は気分、楽観は意思」という言葉があるんだけど聞いたことはないかな?
ここの人たちが不安を煽ることに神経質なのは、ネガティヴから目を逸らしてるわけじゃなく、むしろ逆だよ。
日本は危機に陥ってる、それは事実なのだから悲観の材料がたくさん出てきて当たり前、むしろいちいち「もうダメだぁ、おしまいだぁ」言うぐらいなら
そんなことつぶやくエネルギーを前に進むために使おう、ダメだからアキラメロン? 白旗あげたいのは勝手だけど他の人を巻き込まないでね、ってこと。
周りが洗脳されてる? 10年前はもっとひどかったよ、嫌韓情報が普及してない前世紀は味方なんて皆無だったよ。それでもここまで盛り返してきたんだ。
本当にキツい状況だとかえって弱音は吐けないんだよ、今はあなたが気軽に弱音を吐ける程度には戦況は「好調」だよ。
68名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)14:21:36 ID:Yvl
>>67
>本当にキツい状況だとかえって弱音は吐けないんだよ、

小学5年の時に『スイス民間防衛』を聖典視してたワシからすると隔世の感だよなー。
普通のことを普通に言うことすらできないからね。もうあれから35年w
それから見ると根っこでは1995-2005年があちらのピークで、急速に力失ってるよ。
69名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)14:40:47 ID:uW4
今じゃ常識となった在日特権(税ごまかし、ナマポ、差別利権)なんかも、2005年頃は旧ちゃんの特亜板でさえ嫌疑の目で見られてたからな。
世の中変わったよ。 これからももっと変わるだろう。
70名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)14:49:16 ID:lR0
ただ、擁護するようなことを言うと、後から気づいた人ほど状況が絶望的に見えるんだろうな。
親が数年前に気づいたんだが、一旦気づいたあと周りを見ると四面楚歌のように感じるらしい。
職場でラジオを流してるところだと、そういう意味での環境は最悪だしな。
71名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)15:22:46 ID:4nT
>>58
ご紹介ありがとうございます。
早速読ませていただきます!

残念ながら地元民ではないのですが、ここ数年美保関が気に入ってよく遊びに行ってるんです。
穴場って感じでおススメですよ美保関。
美保基地の航空祭とかも行きたいんですよねぇ…
72名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)15:58:01 ID:icV
現代は情報化社会。
先が見通せない時があろうとも、迅速に動けば良いのです。

明日の天気などは占いより天気予報の方が確実な時代。
天気予報を信じて準備をするのが当たり前。
もはや「観天望気」は死語(変換出来ない)。

数値計算の発達で、機械任せに出来る分野が生まれた反面で、
その分だけより深い洞察力が必要となる事柄も有る。
僭越ながら、易者さんの解説などがその筆頭でしょう。


なお、明日の天気占いと同じ気軽さで、国家や社会の
行く末を判断し続けている?(のかな?)、韓国大酋長と
愉快な仲間みたいな集団もおりまする。

アレを眺めると、思索に多少の絶望感が混じっても、
かなり深刻に思考した方が良いと強く思う。
73名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)17:16:10 ID:6rw
大酋長一派はなー
思考以前にその。認識とゆーか認知とゆーか。知識とゆーか。
まず霊的に生まれ変わってよーちえんからやり直さないと無理だとおもふ。
74名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)17:42:46 ID:xnz
>>71
記事に加えてコメント欄にこの夢の続きと民団の話も書いて有るのですが、
どうやら美保関航空基地の近くに韓国民団が有るみたいですね。
そしてこの美保地区に有る民団が他の民団に比べて日韓の不正な出入国ルートを担って居るみたいです。
流石味方を背中から打つ代議士さんの土地ですねハート。


>すると今度は、学校と周囲との境目のあたりに亀裂が生じて、亀裂が広がった穴の中に校舎ごと落下してしまいました。
>霊媒がその穴をのぞき込むと、落下してゆく校舎の窓から、霊媒に向かってお辞儀をする先生と生徒の姿が見えました。
>そのまま校舎は深い穴の奥に見えなくなりましたが、その後多くの光の玉が穴の中から現れて、そのまま天に昇っていきました。
>その後には、日本と朝鮮半島の間を隔てる、深くて大きな穴が残り、その穴が障害となって、日本と朝鮮半島の往来が不可能になったようです。

>ちなみに、学校にいた生徒と教師の様子を見た霊媒は、1950~60年代頃の日本人ではないかと感じたそうです。

日韓併合時代、韓国では子供を学校に送らず農作業に無理やり連れ出したり、
子供を攫って売り飛ばす業者達がごまんと居たらしい。
そしてそれを夜通し探しに回る日本人の教師の話を聞いた事が有るけど、まさかねぇ・・・。

まぁ不正な日韓の往来が出来なくなる将来は嬉しいけど。
そんな事可能なのかな。
75名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)19:15:26 ID:ibj
地震で海底の地形が変わって海流の変化が生じたりするとか?
韓国人は、対馬の仏像強奪したりして、海神に喧嘩を売ったからなぁ。
76名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)19:24:56 ID:534
>>58
>>74
紹介していただいた記事読ませていただきました。
基地の近くに民団、連中そういうところは抜け目がないんですよね。
日本人が脳天気すぎなのもあるかもしれませんが。
たしか舞鶴も海自の基地を見下ろす位置にある神社かなにかを乗っ取られているみたいな話を聞きますし。

美保関基地の場合、レーダーとかは境水道の反対側の島根県(保守王国。美保関だと自民の細田元官房長官の縄張りかな?)にあるのが救い?

連中がやるとしたら、竹島不法占拠の再演かなーという気はしますね。
民間人を人質に取って、自分達の意見を飲ませようとするのでは?

美保が人の名前かも?ということですが、そっちは皆目見当がつきません。
が、美保関の事代主を本居宣長は三嶋大明神と同一視してたと聞いたような。
そのせいなのか、美保関の社紋は亀甲の中に漢数字の三が書いてあります。
事代主(エビス様)の神紋は亀甲に三つ巴、三穂津姫(上で漢字間違ってました)の神紋は亀甲に宝珠と雲です。

ミホという音だけなら、富士山の方に羽衣伝説で有名な三保の松原もありますが…
77名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)19:26:37 ID:6rw
そのブログの韓国関連を読んで行くと勉強になります。
比較的最近の記事を、コメント欄も含めて読むことをオススメします。
78名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)21:24:16 ID:UqU
>民間人を人質に取って、自分達の意見を飲ませようとするのでは?

彼らは基本的に臆病者だからなあ、日本が覚醒しそうな軍事行動はギリギリで避けると思うよ。
当時はWW2で焼け野原になった上に自衛隊もなかったから、「溺れた犬を叩く」スイッチが入っちゃったんだろうな。
一方で、日本が韓国の渡航制限をかけたら、すぐ人質にとると思う。
これは、ほぼ勘だけど「渡航制限をかけた日本が悪い」「外交におけるリアクションにすぎず決して軍事行動じゃない」みたいに
ものすごい屁理屈でも言い訳ができれば、もうブレーキが利かなくなるんじゃないかな。
79名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)21:41:45 ID:zw4
>>49
今回の選挙は与党が勝ったからいいけど、民主党から政権奪回したときの選挙ほどには一般人は頑張って活動してない。
大事な改憲選挙だというのにな。

神様の怒りが落ちないかと不安になるわい。
80名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)21:43:48 ID:vpV
>>78
沖縄にて基地反対運動で警察に捕まった支那人や鮮人が琉球新報、沖縄タイムを使って
獄中から日本人妻に愛を伝えて同情を誘って開放を狙う手法を思い出しますね。
もし日本政府が渡航制限をかけたら韓国政府は在留邦人を確実に人質にすると思う。
そうなったら朝日や毎日の出番。
いかに韓国の逞しい若い男達は勇敢に在留日本人女性を助けたかのプロパガンダが始まる。
政府と民間は別!がガンガン拡散されるんだろうなと。w
81名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)21:48:03 ID:zw4
海上自衛隊の基地の一部は離島に作った方がいいかも。

海上イージスシステム+陸上イージスシステムで日本を結界で守るようにしたほうがいい。

中国か今やろうとしていると思われる海上万里の長城に近いかもしれんが。
82名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)21:59:08 ID:UqU
なんというか、彼らは「真正面から堂々と」事に当たることを全力で避ける習性があるんだよね。
「誰を」敵に回すかはもちろん重要だけど、そんなことよりも真正面から正々堂々と当たるのを全力回避するのを
再優先にするから、ある意味、世界一戦争に向いてない民族といえる。
その代わり、正規の手段でなく騙し討ちの形になるなら、むしろ積極的に動く。
沖縄の反基地運動に韓国政府がどれだけ関わってるかはしらないけど、アメリカがちょっと本気出して調べれば
見つかる程度に隠蔽された「工作ルート」なんてのが朝鮮有事終了後に出てきそうな予感がする。
83名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)22:01:12 ID:zw4
プロパガンダされたら、ネットで拡散、チラシで拡散、デモ実行とかすればいいのにその元気が薄れている気がする。

民間防衛はそのあたりから考えんと。
84名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)22:06:18 ID:Yvl
>>82
関係のない話かもしれんが、
ブブ漬け喰わせてのらりくらりと主導権を握る都人って
「そんなの関係ぇねぇ、首はどこだ!首置いてけ!」の薩摩と対すると
急に余裕がなくなって逆切れすんだよなw

ある意味、中国人的な部分はあるなw
風水でガチガチに固めて息ができなくなってるとそうなるのかもな。
85名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)22:09:37 ID:Ihv
ネットやチラシでダイレクトに行動を起こすのは結構ハイリスクなのですお
ここはアカに倣ってオルガニゼーション、正しい考え方と個人に出来る事についての啓蒙活動をお勧めしますお
このやり方だと、敵勢力からは策源が見えないので、セキュリティと安全度がお高くて良いのですお
86名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)22:11:18 ID:6rw
軍港作るの大変だよ。
好条件の港に防衛施設。燃料に食料の保管、修理に関わる諸施設。病院。。
沖縄本島あたりが限界だと思われ。
下地島空港は使えるだろうが。
87名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)22:15:57 ID:uW4
>>84
彼らのメインの戦場が謀略・姦計のインサイドワークだから、正面から正攻法で来られた時の対処法が無いんだろうな。
つまり、実力のごまかしが効かない。

パヨクの煽り・モリカケとかもそうだよね。 「問題だぞ~政権交代だぞ~」って遠くから抽象的に不安を煽ってる時は効果あるけど、
「じゃあ具体的に何が問題で何が違反なんだ?」 て精査されると、とたんに何も言えなくなる。
上のほうにある 「(漠然とした)日本終わりじゃね?」 もこの類かと。 具体例を出せないし、出したとたん突っ込まれる事になる。
88名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)22:22:20 ID:zw4
>>86
軍港作るの大変ならF35Bの補給基地でもいいかもねw
89名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)22:25:24 ID:zw4
>>85
俺は夜中にやってたぞw
1ヵ 月くらいな
90名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)22:44:58 ID:6rw
>>88
その方が良いよ。下地島空港が使えるし。
それより那覇空港の軍民共用なんとかならんかな。
91名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)22:56:58 ID:zw4
>>90
究極的には陸上イージス基地の設置を希望だね。
海上艦と陸上のシステムでガッチリやって欲しい。
92名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)22:58:29 ID:zw4
あと、2015
93名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)22:59:56 ID:7R1
>>82
>>87
ラグビーをやってた友人の話を思い出すなぁ。
相手の体勢が悪い時に派手な「追撃」の様に反則ギリギリのタックルは得意。
でも案外腰を据えてしっかり正面からぶつかられると不思議な程「脆い」と。
どうも彼らにとってヒステリックに騒いでる状況は彼らなりの身の守り方なのでしょうか。
守備が苦手なんですかね、民族的に。
94名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)23:00:18 ID:zw4
あと、2018年の日本の卦、世界の卦は易者さんから出ましたか?
95名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)23:02:23 ID:zw4
>>93
ありとあらゆる異民族に蹂躙されたのが、朝鮮の歴史でしょw
96名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)23:05:15 ID:QJS
>>87 >>82
あんまり詳しくないけれど、
孫子の兵法 戦わずして勝つ
の悪影響だと思うんだよなあ。
そりゃ、戦わずして勝てたらどんなに楽かとは思うけれど。
民族のステータスには成長上限があって、謀略や工作にステ全フリすれば、実力に伸びしろがなくなっちゃうんじゃないだろうか。
これは地政学における海洋国家と大陸国家の陸軍と海軍の関係や、
アマチュアの論理の<・トレードオフがある課題を,同時にやれという(たとえば,迅速と的確)。>みたいなこと。

あと「戦わずして勝つ」は最善ではあるけれど、
政治とかさまざまな実践では常にベターが選ばれて、最善は滅多にないからねぇ。
この思考法を採用した時点で、ベターを選び続けるライバルには勝てないと思う。
97名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)23:22:34 ID:Q0D
「戦わずして勝つ」の第五段階における布石は
幾つかがもう打たれているじゃないですか。国内で。

そのうちの重要な手段のひとつが「疑似日本人」でしょ。
要は帰化人ですが、ここ数年でかなりの数増殖している。
これが選挙権を持って左派党へ投票活動してますよね。

保守に目覚めた人の中でも、選挙となるとここを考慮に入れて
語らない人が結構な数います。

「偽」が紛れ込んでいる可能性が高い地域の選挙結果に対して、
”○○民国””トンキン”などと揶揄したり、該当地域の人が謝ったり、
集中砲火浴びせたりしてますが、それぞれの地域でどれほどの数が
帰化人であるのかの総数を今一度確認したほうがいいです。
そしてそれを常に考慮に入れて判断することが大事です。
98名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)23:25:27 ID:reJ
帰化の見直し、取り消しのラインを制定するのはもちろんのこと、
帰化人の公務員への就業、選挙権の制限はやらなければいけないね。
99名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)23:42:24 ID:uW4
>>97
でもまぁカリフォルニア州やロサンゼルスの惨状見れば判るけど、彼らには絶望的に統治能力が無い。
誰かに寄生している間は国や自治体としての体を保つけど、彼らが主流になればあっというまに社会が崩壊する。
それもこれも、正面から課題に取り組む正攻法を避ける習性のためだろうし、正攻法でしか対処できない
自然災害に物凄く弱いことの証左でもある。
100名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)23:42:54 ID:QJS
国籍問題はアメリカも同様なんだよな。
二重国籍を含む、民族意識を捨てない輩をどうするか、は21世紀の問題になるだろうね。
あ、それとも、その国籍の本国の後ろ盾が無くなれば、民族意識の問題は解消されるんだろうか。
そんな単純な解決策にはならないだろうなぁ。
101名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)23:50:59 ID:reJ
移民国家であるアメリカですらそうなんだから、
この件については日本が先鞭を付けてもおかしかないね。
国連はギャーギャー言うだろうけど、国連の可笑しさは全世界に広がってるし、
欧米のメディアがギャーギャー言ったところで庶民はかばうさ。
102名無しさん@おーぷん :2018/01/09(火)23:54:06 ID:ZeD
>>93
「日本人は丹田ができている」というのもあると思う、一方で大陸の民と比べて「日本人は『氣』が貧弱」という話も聞く。
まあ、どっちもそれなりに真実なんだろうな。
要は自分たちの特性を把握して、自分たちの土俵で活かせばいいわけで。
といっても、特亜の土俵たる工作や謀略は伸びしろがないから、どうにかしなきゃいけないけど。
103名無しさん@おーぷん :2018/01/10(水)00:05:35 ID:TcD
特亜の人間の帰化問題は本気で心配。
何がマズいってネットを使って母国の掲示板にいかに日本の国籍を取れば
親戚一同を呼んで税金で暮らせるかの発表大会になってる。
しかも国籍法改正案が成立してもう10年程。
国籍を持ってない特別永住者の増長ももはや当たり前に。
今からでも間に合うかどうか・・・。

提案したい事はサッカー選手に李忠成ていう朝鮮系の選手が居る。
彼は日本国籍を取ったけど名字は李のまんま。
中国、朝鮮の漢字圏は帰化しても名字はそのまんまが一番良いと思います。
帰化人だろうと支那、朝鮮の先祖の記録が有る人は李なり、孫なり高なり名乗れば良い。日本国籍で。
日本軍に名前まで奪われた!棒と悲しんでる方々もいますし。
帰化したからって日本風の名字を与えるなんて狂ってるでしょ。
日本人の名字には例えば「藤」の字を名字に持ってる人間は○○の血筋とか
いつの時期に日本列島にたどり着いたかを示す裏の意味も有る。
これが大東亜戦争後、滅茶苦茶になってしまった。
今からでも遅くは無いから支那、朝鮮の漢字圏の人間からは帰化しても日本風の名字を没収するべき。
そして彼らは自分達の先祖の名字に戻すべきだ。
104名無しさん@おーぷん :2018/01/10(水)00:12:43 ID:2SB
正攻法で地道にやるよりも悪の力得てやる方が自尊心や虚栄心を充たされるんじゃないかと思う。
オレのバックには~とか言っちゃう人とか、、アノ方面の人たちのメンタリテイはよくわからんね。
105名無しさん@おーぷん :2018/01/10(水)00:47:51 ID:QnB
卵が先か鶏が先かの話ではあるけど、
汗をかく仕事を下等と見る視点が根強いからじゃない?
頭を使って下々のものをパシリで使うオレってカッケー!的な。
その点、日本は神様も働くし、天皇も働く。それもコツコツと。
それが結果、真っ直ぐに、正々堂々に繋がってるのかもな。
106三文易者◆MGhP/YWj7E :2018/01/10(水)01:05:24 ID:fVr
 こんばんは
 仕事が入りましたので、
ネタの続きは、木曜日夜を予定しています。
(慎重に書くのには精神力がいりますので)

>>59
>>84
 ブチ切れた日本人を「関ヶ原の鬼島津」に例える方をよく見かけますが、
日本の歴史を研究した外国人によると「鬼武蔵」とみているそうです。
(腹黒さんとか、ボルシェビキさんとか)

 「鬼武蔵」の特徴は
①キレると本当に何考えているかわからない行動をとる(常識が通じない)
②世界を牛耳る本当の強者(の一部)に、「異様に好かれる」ところがある
(人間組織・オカルトともに)

 ボルシェビキさんにヤバいと思われたのは、②の点ですね。

 日米の相性が良すぎるので、米国が「異様に気に入って」本当の同盟関係が出来上がった
場合、ソビエトには重大な危機が迫ることになると考えていたようです。

 そこで、ボルシェビキさんの対日工作最重要目的の一つが「日米離間」となりました。
具体的方針は
 日米両国に「戦勝者(正義)」「戦敗者(罪人)」を意識させて、(真の意味での)同盟関係の
成立を阻止するというものです。

 日本国内では、「日本国は敗残者(罪人)」を意識させるということが、ボルシェビキさんの子分
(日本国内左側や特亜勢力)を通じて、戦後、徹底して宣伝工作されました。
 例えば、日本軍に対する無実の罪を着せたりとか

 なお、ボルシェビキ本体はある理由からそれほど正面には出てこない。
原則として、子分を使う。
(この理由については機会がありましたら)


 ソビエト崩壊後も、ボルシェビキの子分たちはそのままのベクトルのまま動いています。
米国での「ジャパンバッシング」であったり、日本国内での「慰安婦ねつ造」だったり

 連中、ソビエト消滅後もボルシェビキが作り出した流れの通り動いているようで
まるでSF作品でよく使われるシーンである
「人類滅亡後も、人類の命令通り動き続けるロボット」
のようだと感じます。


つづく
107三文易者◆MGhP/YWj7E :2018/01/10(水)01:06:33 ID:fVr
>>104
>>105
 根底にあるのは、孔子以降の人間社会は「水地比」であるという儒教思想であると
考えています。

 水地比5爻である天子(北極星)は「動かない」
そして、5爻から遠いほど(北極星ほど遠いほど)、「動かなければならない」
という考え方ですね。
 「論語」の中にもこの考え方に基づく記述がかなり見られます。

 要するに、上から命令するだけで「自分は動かない」わけです。


 半島の事大主義もこの考え方に立っています。
連中が偉いと思っている存在(北極星=5爻)に近ければ(北斗星やカシオペア)、
より遠い連中に対して、「命令して動かせる(自分は北極星に近いから大して動かない)」
という考え方ですよ。

 アウトローの連中も同様の考え方を取る連中が多いですね(全員ではありませんが)


 孔子が「水地比」を最重要と位置付けたために、「黒歴史として消されたものは少なくない」
でしょうね。
 というわけで、木曜日夜のネタに続きます。


 それでは消えます。
108名無しさん@おーぷん :2018/01/10(水)01:40:59 ID:Hep
易者さん乙です。

>>99
乗っ取りの初動は統治能力などなくても構わんのですよ、連中にとっては。
送り込まれるのは「傭兵」ですから。

傭兵は数が勝負なところがあるでしょ。
むしろ乗り込んで無茶苦茶な動きをするよう奨励されるんじゃないですか?
現地人達を動揺させ、焦らせ、諦めさせることが狙いですから。

乗っ取り傭員がいる地で人為的災害を起こす。
その何割かは巻き込まれて死ぬか被災する可能性があっても、
無事だった残りが暴れ盗み騒いでかき回せば仕事をしたことになる。

>>102
日本人は丹田が不安定化して随分経ったと思います。
諸悪の根源はやはり儒教思想に乗っ取った(社会)教育が原因でしょうね。
オカルト的に言えば、朝鮮による深すぎる食い込み。
自分はそう思ってます。
朝鮮のあの特殊な思考と態度は、まさに丹田が極端に過剰か
極端に不足している状態そのものであり、だからこそ気が抜けやすい。
で、他者からの気の強奪が絶対に必要になっている、と。
109名無しさん@おーぷん :2018/01/10(水)01:44:57 ID:Hep
ごめんなさい、リンク貼間違えたんでもう一度。

>>99
乗っ取りの初動は統治能力などなくても構わんのですよ、連中にとっては。
送り込まれるのは「傭兵」ですから。

傭兵は数が勝負なところがあるでしょ。
むしろ乗り込んで無茶苦茶な動きをするよう奨励されるんじゃないですか?
現地人達を動揺させ、焦らせ、諦めさせることが狙いですから。

乗っ取り傭員がいる地で人為的災害を起こす。
その何割かは巻き込まれて死ぬか被災する可能性があっても、
無事だった残りが暴れ盗み騒いでかき回せば仕事をしたことになる。

>>102
日本人は丹田が不安定化して随分経ったと思います。
諸悪の根源はやはり儒教思想に乗っ取った(社会)教育が原因でしょうね。
オカルト的に言えば、朝鮮による深すぎる食い込み。
自分はそう思ってます。
朝鮮のあの特殊な思考と態度は、まさに丹田が極端に過剰か
極端に不足している状態そのものであり、だからこそ気が抜けやすい。
で、他者からの気の強奪が絶対に必要になっている、と。
110名無しさん@おーぷん :2018/01/10(水)01:46:48 ID:Hep
ちなみに「気」=「金」でもあります。
111名無しさん@おーぷん :2018/01/10(水)01:52:01 ID:a7Y
SFによく出てくる殺戮機械って「バーサーカー」って言うんだよな。
バーサーカーに対抗するにはこっちもバーサーカーになればいいわけか。
ワカメの腕を切り飛ばしながら「まあおちつけよマスター」といえばいいのか。
112名無しさん@おーぷん :2018/01/10(水)02:21:38 ID:fMg
日々ご多忙のことと存じますが、深夜の投下お疲れ様です。

儒教の儒の字は”天に雨を乞う巫覡”の姿を象形すると読んだことがありますが、
儒者たちが(日本人の感覚からは)不自然なほど自ら動く事を嫌うのはこの辺りの事情にも由来するでしょうか。
前漢宣帝の頃の丞相の職務は既に「天地陰陽、四時の調和を司る」ことであり、決して実務に携わることなく、天候不順などが起きると職を辞するとあります。
そして廟制と郊祀の礼制改革を一つの契機として儒家官僚の大きな進出と儒教の国教化が進んだ(そのうちの一人が王莽)、と手元の些か古い本に。

”儒家によって大きく塗り替えられる前の宗教的世界観”について学べる良いテキストなどはあるのでしょうか。自分の知識では「当時、儒家によって何が改革()されたのか」がよく理解できません。
やはり学問に王道なしで易経の初歩の初歩から地道に始めるのが最適解でしょうか……。
113名無しさん@おーぷん :2018/01/10(水)02:41:24 ID:QuF
今はなき中学時代の論語の先生(こんな科目ある辺り出身校特定されそうだが)が言うには、君子であれば自然と周りに人が集まってきて、
あたかも北極星のようになる。より強く輝く人すらあなたを師として囲むようになる。だから君子を目指しなさいとかだったんだけど、
何でそんな、ウリは君子だから従えニダお前が動けニダみたいな発想になるんだか分からん。もしかしてこれ日本特有の解釈なのか?
114名無しさん@おーぷん :2018/01/10(水)02:47:06 ID:fMg
>>113
易のことはド素人ですが、それってむしろ天火同人とかのように思えます。不動の北極星ではなく。
どこまで奥が深いんでしょうねコレ……。
115名無しさん@おーぷん :2018/01/10(水)03:18:09 ID:2SB
お疲れ様です。
彼らが 権威 とかというものに執着するのもその辺なんだろうなあ。
関係ない話しなんだけど、正月早々アニキが北方系民族の殺人の仕方なるものを
レクチャーされ、ここでも星(北斗七星)の話がでてくるんだけど何かの偶然なのか?
やっぱり儒教が関係してるんでしょうかねぇ。。。
116名無しさん@おーぷん :2018/01/10(水)06:00:18 ID:sTe
やっぱりアカはキッチリ滅ぼさないとダメなのですお
主を失って尚ソビエトの為に働き続ける者と言えば、北韓関係もそのラインですねい
露西亜の一部、支那からの支援でウンコの山をこさえ続けるなんて
資源の無駄も良いところですお
117名無しさん@おーぷん :2018/01/10(水)06:23:26 ID:ruH
易者さん乙です。

>>106
正直、日本とアメリカが仲が悪かったのって、ほんの十数年ぐらいですからね。
それに比べて、ドイツとかとは、仲が悪かった時間の方が長いですから。
そりゃ、ボルシェビキさんが離間工作を指示するのも頷けます。

>>107
中国の冊封体制の思想は、易の水地比にあったんですね。
日本や周辺国は一応利益があったから「付き合ってあげた」けれど、
今の一路一帯は、冊封体制のときよりも利益がなさそうだから、ごらんあの有様、さもありなんですよ。

あ、そういえば、民主党政権小沢幹事長のときには、陳情を一手に引き受けて日本をどうにかしようとしましたが(案の定パンクしたがw)
それも、水地比の儒教的発想だったんですね。
偉くなったわれわれには、官僚とかは従うはずだ、とか。
前原さんの菓子パン事件とか、官僚のマニュアルゴミ箱捨てパフォーマンスとか、いろいろ浮かびました。

あと近頃、“忖度”と言った言葉をさんざん言ったのも、これもその手の発想ですね。
保守派というか・・・・・現実的常識的な人にとっては、こんな言葉、なかなか思いつかないもの。
まずこの言葉を思いついた時点で、「ウリは君子だから従え」とかみたいに、権威主義的発想を常にしているようなものですね。

次回楽しみにしてます。
118名無しさん@おーぷん :2018/01/10(水)07:59:47 ID:xtb
易者さんありがとうございます。
社会は水地比たるべし、ですか。
知恵と徳に優れた長老がどん、と座って、村がその指示に従って動くイメージかな。農業中心の原始共産制なら確かにそうかも。。
周代までの中国はそうで、それを中華世界規模に拡張すると唐になる?さらに現代に拡張すると、それが「中国の夢」と。
いや、日の本は付き合いませんよ?こちらは天皇ですから。
119名無しさん@おーぷん :2018/01/10(水)08:20:35 ID:7w5
中華文明の影響力の高さを勘違いしたんだろうなぁ。
120名無しさん@おーぷん :2018/01/10(水)08:32:39 ID:BIY
中華文明を共産主義に書き換えて実行中なのが、ソビエトの置き土産
ボリシェビキの目指す世界同時革命の為の活動なのですお
121名無しさん@おーぷん :2018/01/10(水)09:31:28 ID:J2S
>>113
君子が北極星のような世界の中心であるなら
絶対なりたくないですね。
指導者となるならそれなりの教養知識カリスマ性等々
必要と思いますし、そういう存在であることを
望まれるわけですから。
はっきり言って 面 倒 く さ い
持ち上げられる状態が続くと色々勘違いしそう。
その他大勢でいい。

ここまで書いて気付きました。
支那、朝鮮は君子に資格めいたものは求めていない。
いや、過去の支那は求めていたのかもしれないが、
今の支那は地位があれば良しとしている。
地位があればどんな人物であろうと
綺羅星のごとく飾り立て
他の人々はついて行くのが当然としている。
北の将軍様のように。
結果がどうであれ指導は全て正しい。
122名無しさん@おーぷん :2018/01/10(水)10:45:37 ID:D5e
三文易者さん、ありがとうございます。

>>113
>君子であれば自然と周りに人が集まってきて、
>あたかも北極星のようになる。
>何でそんな、ウリは君子だから従えニダお前が動けニダみたいな発想になるんだか分からん。

         ドンドコドンドコ!ドンドコドンドコ!
             ∧_∧   ∧_∧      
ずーり        /   ・ω ./   ・ω     
 ずーり    ∧_∧__ノ...../____ノ∧_∧
        /    )          /  ・ω・)
       ∧_∧ _ノ  ヒ、ヒィー   ...../_∧_∧
      (    )   ('A`≡'A`)     ( ・ ω ・ )  ずーり
       ヽ ∧_∧   人ヘ )ヘ  ∧_∧__ノ
        (・    ヽ       (・ω・  \
ずーり    ヽ_ ∧_∧   ∧_∧___ノ
           ω・   \ ω・   \    ずーり
           ヽ____\ヽ___ノ


「むう。君子北極星ニ変ズの技を!!?」
「知っているのか、雷電!」
「回転の中心から外れれば外れるほど星の数も増え回転も大きくなる!
君子を有能な怠け者とすると、君子を無能な怠け者が囲んで回る、そしてその外環を有能な働き者が、さらにその先に広がる外環を無能な働き者が回るのだ!
ハンス・ゼークトも驚きの北極星回転の術よ!」
「な、なんと!?」
「そして次第に遠心力が強くなり、無能な怠け者は有能な働き者に、有能な働き者は無能な働き者に遷移するのだ!」
123名無しさん@おーぷん :2018/01/10(水)11:01:04 ID:twb
>>109
違うんですよ。 乗っ取ったその後、特亜連中が多数派になったり政権中枢を取るようになった時点で
統治能力の無さで国や地方行政が滅ぶって事ですよ。

企業でも同じ事。 経営陣に特亜勢が蔓延したらすぐ業績悪化とか身売りを招く。
124名無しさん@おーぷん :2018/01/10(水)11:52:10 ID:xtb
アメリカは移民国家だけあって、地方自治体の乗っ取りに関しては耐性というか対策を、制度の段階で仕込んでます。
それが、人種と階層による厳密な棲み分けでして、一定の地区にある人種が増えてくると、それ以外は徐々に出て行き、純化が進みます。
出て行った連中は同じエリアに自分たちで独立して新たな市を立ち上げ、どんどん細分化されます。
西海岸の大都市、ロスアンゼルスが代表例ですね。
ロスアンゼルス市には金持ちは住んで無い、ブラックとヒスパニックの世界です。くれてやっても痛く無い。

アメリカの白人社会が耐性を持っていなさそうなのは楊貴妃戦術による食い込みです。
あと、多分どうにも出来ないのが、ヒスパニック移民による広域侵食。
州の人口の過半数がヒスパニック系白人を含むスペイン語カトリックが主流になったらどうするんだろう。
125名無しさん@おーぷん :2018/01/10(水)15:02:19 ID:xtb
あ、制度は正確では無いですね。
習性と制度、広い意味でのシステムです。
126名無しさん@おーぷん :2018/01/10(水)16:20:33 ID:t5A
本当にこのスレで易者さんの話を聞くと支那の疑問が解決する。
だから蒼天航路の中でも若い頃の劉備玄徳は「幽州の北極星」を自称していたのか。

後は北京に首都を意地でも置く問題。
長安は塩害や水の供給量の問題が遥昔から存在している事は有名ですが、
最近では北京も地下水を組み上げすぎて社会問題になってる。
しかも漢民族の宿痾、カツアゲされ続けた北方異民族の近くに首都を置く意味がずっと解らなかった。
多分風水でも今の北京はしっかりコーティングはされてはいるんでしょうが、
そうか、易の北極星が答えだったのか。解らなかったなぁ。
派閥問題を一旦忘れたら香港に近い広州辺りの南の玄関口に首都を置いた方が
合理性と意味では筋が通るんですが、そうか、皇帝は北極星ですか。なるほどなぁ。
127名無しさん@おーぷん :2018/01/10(水)16:32:56 ID:cMC
妲己、厚化粧女、中身のないイミテーション…もしや大陸資本およびそのエージェントか?
128名無しさん@おーぷん :2018/01/10(水)16:47:14 ID:AHw
>>126
仮に南方に遷都してもきっとまともにはならんぞ
中国の歴史を見ると分裂期の南朝って大体どいつもこいつもろくでもないから
異民族の空気を残してる北朝の方が中華思想に染まった南朝よりもまとも、なのが中国のテンプレだ
129名無しさん@おーぷん :2018/01/10(水)16:58:49 ID:t5A
>>128
確かに。
漢民族みんなの夢、大唐帝国も鮮卑系の血筋の李淵ですもんねぇ。
そういう意味では確かに中華大陸では共産主義ていう血筋や性別のプライオリティが低い
体制は決してベストではなくてもそれなりに有効な政治体制なんだろうなぁ。
個人的には満州族が中華を制服する過程に浪漫を感じる盛京派なんですが、
今の北朝鮮の軍部の上の方の階級の多くは朝鮮族ではなく、
血筋では満州族に当たると聞いた事が有るんですが、
やっぱり北方異民族は外交が上手い印象が有るなぁ。
ロシア人も含めてベルクマンの法則じゃないけど、
なぜ寒い地域に住む個体は外交が上手いのだろうか。
130名無しさん@おーぷん :2018/01/10(水)18:34:07 ID:NLQ
易者さんお疲れ様です!
続きを楽しみにしております。

強要しなくても勝手にランナーが皇居の周りをぐるぐる廻る、陛下はやっぱりすごいんだなぁ…
131名無しさん@おーぷん :2018/01/10(水)19:07:18 ID:QnB
>>128
漢人による立国の中国は、北極星と北方民族に苛め抜かれるドМ民族になってしまったということか_______
南宋が最後のチャンスだったのかのぅ。
132名無しさん@おーぷん :2018/01/10(水)19:48:46 ID:weG
煩悩の赴くままランニングして召喚の魔方陣を完成させて
うっかり悪魔を呼び出した宇宙一の浮気者なら
133名無しさん@おーぷん :2018/01/10(水)20:14:05 ID:zkw
>>130
そして桜の時期になると陛下も皇居の周りにお出になられてランナーがびっくりするんですね
134名無しさん@おーぷん :2018/01/10(水)20:23:05 ID:wUm
あくまで与太話だけど、寒い地方だとただしゃべるだけでも寒気を呼吸することになるので、発声そのものが節約されるそうだ。
つまり、しゃべること、発言することそのものに伴うコスト感覚を肌で知ってるわけだ。
これは単に交渉がうまいというのとは違って、「相手に発言させる」「黙るべきときは黙る」意味も知ってるということで、国同士のような
一発言当たりの効果もコストも膨大な外交になると、言葉を節約することに慣れてる方が有利になるんだろう。
135名無しさん@おーぷん :2018/01/10(水)20:37:40 ID:T1Z
十七条憲法 第一条 いい加減な訳
一に言う。和を尊きものとし、諍いを起こさぬようにしなさい。人は派閥があり、悟った人格者は少ない。
そのため主君や父の言うことに従わなかったり、近隣とも違ってしまう。しかし上の者も下の者も和やかに睦みて、
あげつらうことなく論議出来れば、自然と道理が見えて、何事も上手く行くのだ。

604年に聖徳太子が制定した(聖徳太子を偲んで700年頃に創作された説もある)憲法では、第一条で上も下も仲良く仕事しましょうと説いている。

興味深いのは、第一条の「人」を「卦」と入替ると、易者さんの解説された日本独自の六十四卦の考え方にどこか似ている。空似では無さそう。
136名無しさん@おーぷん :2018/01/10(水)23:05:12 ID:xtb
関係があるか分からないが、火天大有と水地比って陰陽が逆の裏卦なんだね。
137名無しさん@おーぷん :2018/01/10(水)23:14:07 ID:Tj0
>>109
丹田ができているというのは易で言えば「地雷復」だから、天風[女后]的な気質の彼らとは相性が最悪だったんだろうな。
となると、対策は国内で日本人自身がどうこうするのような内科的な手段よりも、彼らとの対決が鍵なんだろう。
138三文易者◆MGhP/YWj7E :2018/01/11(木)01:05:11 ID:asr
 こんばんは
 まとまった仕事が入りましたので、予定したネタ投下は一週間後にします。
しばらくは精神力を使わないネタを投下することにします。

>>112
 儒教が四書五経体系をつくり、易経の内都合の悪い部分を徹底的に隠しきったつもりでも
逆に、その徹底さが日本人に隠したいことに気付かせることになってしまいました。

 これに関して解説したテキストは現時点ではありませんので、少しずつ考察するしかないのが
現状です


>>113
 それが本来の水地比の意味です。
 徳や知恵を水に例えて、水を汲みに来るように人が集まってくる
という意味です。
 この人が寄ってくるために自然にできる道を「成蹊」と言います。
現首相様の出身校の名前に使われていますね。


>>114
 天火同人は、火(日)の神様を最高神に押し上げた理由です。
その内、ネタで投下します。


>>117
 そういえば、小沢氏が民主党にいたときの小沢系の若手議員の会が
「北辰会」
といった名前のような気がします。
 これ明らかに「水地比」を意識した名前です


>>118
 我が国はトップが率先して動くことが美徳と考えていますからね。


>>121
 そのような捉え方でよいと思います。

>>122
 明日は、明治のチート政治家は水地比をどう捉えていたかについてネタを投下しよう
と思っていますが、せっかくなのでこのネタを使わせていただきたいと思います。


つづく
139三文易者◆MGhP/YWj7E :2018/01/11(木)01:07:03 ID:asr
>>126
 劉備と言えば、三顧の礼の時も君主なのに動くのはおかしいと儒教関係者から言われていた
ような。
三国志の時代ですら、こんな状態でした。

 儒者の頭の中には「文王が太公望を迎えに釣り場に行った」逸話はすっかり黒歴史であった
ようです。


>>131
 朱子に言わせると、「南宋の時点で」既に手遅れだったようです。


>>135
 十七条憲法はその内解説します


>>136
 結構、重要なことです。


>>137
 「震は健」ですので、
震雷は健康的な容姿に健全な精神を持っているといわれます。

 ですから、風女(女后)が大っ嫌いなのですね



 今日はここまです。
 それでは消えます。
140名無しさん@おーぷん :2018/01/11(木)05:21:47 ID:Ic5
ごきげんよう易者の人、お疲れ様です

封神演義と言えば、アニメの新作が間もなく放送開始ですねい。
141名無しさん@おーぷん :2018/01/11(木)05:58:28 ID:lbX
易者さんお疲れ様です!
来週が楽しみです。

易者さんのネタ投下を見てて、正月に疑問に思ってたことが解決した…気がする。

伊勢神宮のお祭りで、幟?に「太一」と書いてあるのを見て、「太一」って北極星じゃなかったっけ?太陽なのに北極星とはこれいかに?と思ってたのですが、北極星の"ように"中心の存在という意味だったんですね!
と一人ですっきりしてましたw

あと。
気の流れとかはよくわかんないのですが、最近、虐待された子供の脳は萎縮するって研究結果が出てますよね。
言葉の虐待だけでも脳の発達に影響があるそうで、親子間だけで見てわかる影響があるなら、それが千年単位で蓄積したら…と考えて背筋が寒くなったのはここだけの話。

でも虐待されて育った人のうち、親と同じ様になるのは三分の一という統計もあるから、変わらないのはやっぱり言い訳なのかも。
142名無しさん@おーぷん :2018/01/11(木)06:37:24 ID:UTd
君主は自ら動くべきか、否か。
私としては、日本的解釈・文王の本来の解釈の方が頼もしいと思うなあ。
徳とはそもそも実践を伴うもの。実践して初めて、それが徳と呼ばれるものだもの。
その徳によって得られる恩恵は、あくまで副次的なものでしかない。
一方でこれを儒教的解釈にすると、賄賂国家になってしまうな。
てか賄賂の肯定をしている。
国際社会である以上、中韓などは賄賂の否定をしているフリをしているけれど、
根本的な思想の面では、賄賂貰いたくてガッチガチですな。

>>140
アニメではないけれど、空海という映画もあるようですよ。
【女后】をどう捉えているか、日中合作でいろいろ面白そうです。
143名無しさん@おーぷん :2018/01/11(木)07:08:51 ID:QLl
水地比=インフラなんだね。
ちうごくが水源を買い求めてるのはそのせいだろね。
だんだん彼らの〈信仰〉が見えるようになってきたかも、、、
その奥には、おぞましい歴史の過去があるかもしれません。。。
144名無しさん@おーぷん :2018/01/11(木)07:31:50 ID:lbX
北極星は動かないように"見えている"だけで、実は動いてますもんね。
一見動かないように見えるってことは、自分のやっていることが評価されない、そして評価されないことがいいことなんだとも取れるわけで、帝王学はもの凄く大変な道ですよね。
145名無しさん@おーぷん :2018/01/11(木)07:43:39 ID:lbX
連投失礼します。

そういえば太公望はカテゴリ的には兵法家?
儒者ではない者を、文王が足を運んで迎え入れたってのが儒者的には気に食わなかったから黒歴史にしちゃったのかな?
日本人は四書五経読みながら、一方で孫呉の兵法大好きだもんなぁ…
146名無しさん@おーぷん :2018/01/11(木)08:07:10 ID:Fp9
中国の皇帝では、万里の長城まで作らせた働き者の皇帝がいたけれど、大多数がこれではもたなかったんだろうな。
147名無しさん@おーぷん :2018/01/11(木)08:25:21 ID:1aj
易者さんありがとうございます。

政治家は今でも若手でも易経とか必須教養なんですか?
おざーさんを北辰になぞらえたのは分かるけれど。
千葉周作が聞いたら。。。
148名無しさん@おーぷん :2018/01/11(木)08:42:26 ID:9u7
きっと、今の支那人が各国に妲妃みたいなのを送り込み、国を傾ける側になったから黒歴史になったのですお
他国に、傾国の美女()への対処にリソースを割いて貰わないと、支那人の国が栄えないからなのですお
真紀子総理やヒラリ大統領なんか誕生した日には日本も亜米利加も超ヤバかったのですお

独逸はもう手遅れで、対するブリテンはギリギリでセーフだったっぽいのですお
149名無しさん@おーぷん :2018/01/11(木)09:46:13 ID:Fp9
マスコミ業界の全盛期もそんな感じだろうな。日本に限らず。賄賂とか接待とかね。それが勘違いを生んで、
ジャーナリストは無謬なり、てね。
そりゃ中国の価値観に惹かれてしまうだろうね。
あと、開き直って素人質問とかするのも、徳ある人間に勉強する必要などないといった考えなんだろうかな。
150名無しさん@おーぷん :2018/01/11(木)10:01:13 ID:1aj
鼓腹撃壌。帝力なんぞ我にあらんや。
少なくとも帝堯は視察に行ったぞ?

民の竈は賑わいにけり。
同じようでかな〜り違うということが分かりました。
151名無しさん@おーぷん :2018/01/11(木)10:06:59 ID:KeD
仁徳天皇ですねい、御名前からして仁徳たらんと尽力なさったようで
その御陵は世界一の墳墓となっていますお
152名無しさん@おーぷん :2018/01/11(木)12:38:39 ID:1aj
連想ゲームみたいなことですが、北辰といえば日本では妙見様ですが。
妙見菩薩と皇帝。随分と違います。
153名無しさん@おーぷん :2018/01/11(木)13:23:11 ID:hSI
そういえば韓非子には、太公望が斉の隠者兄弟を三顧の礼で迎えようとしたのに「天下には仕えない」と拒否されたので処刑した話がありますな。儒家は「韓非が自説に都合の良いほら話を集めたり捏造したりしたんだ」と主張しますが、案外こういうのが黒歴史かも。
154名無しさん@おーぷん :2018/01/11(木)15:18:54 ID:lbX
秦の始皇帝とか、儒学者にとっちゃ不倶戴天の敵じゃないっすか。

韓非子がホラ話を作ったってことは、自分達ならそうするっていう投影ですよねソレ。
現代の特亜とかもよく言いますけど。

漫画版封神演義の元ネタになった、安能務版封神演義にも儒者は文化マフィアとかボロクソに書いてあった気がする。
久々に読みたくなったな安能版封神演義。書い直そうかな。

君は船。臣は水。水よく船を浮かべ浮かべて〜ってね。
155名無しさん@おーぷん :2018/01/11(木)16:29:37 ID:Fp9
科挙で使われてきた負の影響はかなりでかいと見て良いですね。
1300年はあまりにも長い。
民族への性質にまで影響するほど長い。
156名無しさん@おーぷん :2018/01/11(木)17:16:19 ID:TQH
易者さんの話を聞けば聞くほど儒者が怖くなるわ。
目の前の火事の消火活動さえ自分達の価値観で批判してきそう。
自分達は「安全地帯」に存在して自分達以外の全てを見下してる
その様は現代社会ではメディア関係者かな。
曹操も大変だ、これは。
上の方でも議論が有るけど儒者の影響力が「漢民族」に強すぎるから国が破れる。
だもんで北方異民族を混ぜた「中華民族」にしないと儒者の発言力をコントロール出来ないんだな。
曹操は北方異民族の河北への移住を強力に推進した政治家だけどそこも有るのか?
ご存知の様にその移住した異民族が次の大乱を先導するんですがそれもまぁ「中華」の思うことなのか。
こういう歴史を考えると確かに支那大陸では共産党の一党独裁になるよなぁ。
157名無しさん@おーぷん :2018/01/11(木)20:13:07 ID:VuF
中国人が日本人に対して言う悪口の一つが「法匪」なんだよね
中国人から言われてもそれ誉め言葉にしかならないんだけどwwwww

焚書坑儒っていう残虐極まりない行為が愚かさから生まれたわけではなさそうだってのがまず怖いし
これだけの強硬策をやってもまるで効果が無かったってのもまた怖い
日本人には儒教ウィルスに対して既に耐性があるようだからその点は安心なんだけど
そのオカルティックバリアーの正体がなんなのか、私気になります
158名無しさん@おーぷん :2018/01/11(木)20:20:22 ID:kgw
>>156
その儒者のことを論理的に批判したのが本居宣長。
やはり、もう一度国学の復興と考えるべきなのかな。
159名無しさん@おーぷん :2018/01/11(木)20:20:43 ID:6pl
>>157
純粋な興味から気になるのかもだけど、こういう「誰が見ているか判らないところ」で
話題にする内容じゃないな。 >オカルティックバリヤー

今の情勢では、 「あなた中国のスパイですか?」 と疑われてもおかしくない。
160名無しさん@おーぷん :2018/01/11(木)20:24:47 ID:UTd
「空席」を見つけて理解するまで、孔子の強欲な意図(または編纂者の意図)を見抜けない。
いつの間にかその種の思考法が刷り込まれている。
儒教の厄介なところだな。
161名無しさん@おーぷん :2018/01/11(木)20:43:08 ID:1aj
焚書坑儒、儒学以外の本も焼きましたからね。
そのあとは逆に儒学一色にしやすかったかもしれない。
162名無しさん@おーぷん :2018/01/11(木)21:36:55 ID:Uoj
>>159
オカルティックと言うよりも日本人の特性として
その様な思考回路が出来上がって居るようなのですお
なので何故かと問われても論理的な回答が出来無かったりもしますお
163名無しさん@おーぷん :2018/01/11(木)21:43:59 ID:6pl
>>162
なら良しw
164名無しさん@おーぷん :2018/01/11(木)21:45:59 ID:1aj
>>162
もしかすると日本語で育つせいかも。
認識や思考の大枠、脳のOS決めるのは言葉そのものなので。
165名無しさん@おーぷん :2018/01/11(木)21:52:58 ID:6pl
>>164
ラテン語系以外のネイティブ言語でノーベル賞(平和・経済以外)とれたのは日本語だけって話もあるね。
166名無しさん@おーぷん :2018/01/11(木)21:58:53 ID:yDk
中共でマラリアの研究者が賞を獲っているので、日本人だけの専売特許ではなくなった。
褒めるべきところは褒めないと
167名無しさん@おーぷん :2018/01/11(木)22:27:15 ID:tDj
オカルティックバリヤーや大脳OS言語のおかげ説、まぁ守られているのなら良いんだけど・・・。

この易者さんが伝えてくれてる「儒者」の方々、
何が気持ち悪いかと詳しく話すと、

この世界の「神々の意志」と完全に読み切った、あらゆる事を「論理的」に見下す術を身に着けた、
本音では神と並ぶ智者で有るウルトラ偉い私達様。

これ、曹操の様な為政者はたまらんでしょ。
何か仕事を命じて失敗したらまるで宇宙の真理がそう導いた様な他人事感覚だろうし、無責任極まりない。
(栄誉や名声は貪欲に集めそうですが)中国人の独特の無責任さは儒教の影響絶対に有るだろ。
孔子の子孫を自称してた孔融の「気骨」も蔑み成分、多めだったんだろうなぁ。
曹操、孔融を斬ったことは偉いぞ。俺は認める。

こういうスーパーナチュラルな「蔑み」を埋め込まれた儒者を想像するとどうも00年台のテレビパヨクと似てるなぁ。
相性が良さそうで気持ち悪い。日本語のおかげで守られてるかなぁ。
日本の「左側」は大唐の臣下たる意識が生まれてる時点でなぁ・・・・。
168名無しさん@おーぷん :2018/01/11(木)22:52:59 ID:1aj
>>165
いえね、それは多分ちゃんとした学術研究まで出来る言語がヨーロッパ語以外では日本語と中国語だけっていう。
中国語かそういう風に発達したのは明治の先人のおかげなのだから、三跪九拝されてあげても良いかな。
そして、トルコ語やアラビア語は知りませんが、学校教育を英語やフランス語でやっている国は多いですからね。
169名無しさん@おーぷん :2018/01/11(木)23:15:45 ID:UTd
孔子など儒学者たちは、葬儀屋だったからこそ、運命論について深く考えたのだろうね。
でもそれが易本来の文王の意図を歪めたのかも。
もし孔子が武人だったら、もっと変わってたかも。

藤崎版が良いところは、運命論を否定しているところだね。
何度でも運命に挑戦しようという日本人としての解釈があると思う。
170名無しさん@おーぷん :2018/01/11(木)23:34:21 ID:RDS
「俗儒は時宜に達せず。好んで古を是となし今を非となす。人をして名・実を眩ませ、守るべきところを知らず。なんぞ委任するに足らんや」
と太子を叱責したのが名君として知られる前漢の宣帝ですな。

そしてその後、国家の祭祀制度が「儒家の主張する”古礼(本当に周代の礼制だったのかは多分誰も知らない)”」に従って無茶苦茶な改廃をされてまして……。
恤民政策を重視するグループの実務官僚として儒家官僚が台頭してきた背景はあるにせよ、儒家が”単なる尚古趣味者”ではない本性を表してきた時代という印象ですね。
……まぁ、現代の我々が想起する姿での儒が思想的な揺籃期に存在した、と考えることが浅慮であることは理解しているつもりですが、正直読めば読むほど頭のネジが飛びそうです。
171名無しさん@おーぷん :2018/01/11(木)23:35:13 ID:XS9
運命に挑戦する、ならいいけど運命を「ごまかす」って思考が問題なんだよな。
魔術的な思考に染まりすぎるとハマりがちな陥穽なんだけど、本来万物を流れる「正氣」を私利私欲のために独占しよう、
そのために受ける反動も魔術的な技術で有耶無耶にしよう、という思考。
その結論にたどり着いてしまったら、あとは遅かれ早かれ自滅が待ってるわけで。
金融工学をいかに窮めてもバブルが弾けるのを防げないのと同じで、ある程度は苦い杯を自分から飲み干す覚悟が必要。
むしろ、飲み干す覚悟があって初めて易経を使いこなせると個人的に思ってる。
172名無しさん@おーぷん :2018/01/12(金)00:11:25 ID:BoM
腐れ儒者に相当する集団って、さまざまな国家や文明に存在していたみたいだからなあ。
そいつらに共通してたのが「詭弁家」であったこと、口先だけで世の中の白と黒をひっくり返せるという感覚は
人間をとことんゲスに落ちぶれさせるんだろうな。
173三文易者◆MGhP/YWj7E :2018/01/12(金)00:49:51 ID:oyk
 こんばんは
今日は、「明治のチート政治家たちの捉える水地比について」です。
一応、2回に分けようかと思います。今日は一回目です。

>>122
のAAをイメージ画として

 明治のチート政治家たちが捉える水地比とは
5爻(北極星)のみが陽爻で残り陰爻であるから、
5爻(北極星)が輝くために周りの爻からエネルギー(例;財産)を
巻き上げている(=求心力が働いている)社会体制
と解釈しました。
 それで、国家が乾為天でいられるエネルギーを確保していると(国力を維持)

 としますと、庶民(初爻)が飢えようが関係ないわけです。むしろ喜んで犠牲になれ
という考え方に繋がります。


 また、軍隊としてとらえると「将軍(=5爻)」のみが重視されることになります。
兵隊などその辺から連れてくればいい、という考え方に繋がります。


 中世までならば、そのような考え方でもなんとかなるでしょう。
しかし、近代では通用しないとチート政治家たちは考えました。


 明治政府のスローガンは「富国強兵」でした。

1、「富国」とは、庶民が飢えることではありません。むしろ積極的に豊かな国民を増やす
必要があります。
 欧州では市民革命が起こって近代となっているわけですから、近代以降ではどれほど
有産階級の人間がいるかが国力に直結します。

 すなわち、水地比(5爻)が求心力を働かせて財産を吸い上げるとは逆方向にベクトルを
向けるべきであると
 陰陽が逆の火天大有(意味は、「財産がある」)の社会を構築するべきであると
5爻を中心に財が全ての爻を巡り全ての爻を潤すように
 
 なお、火天大有は5爻が陰爻ですが、これは5爻(政府)は国家の中心としてかつ裏方として
財を全ての爻に巡らせる参謀役・調整役という意味を持ちます


つづく
174三文易者◆MGhP/YWj7E :2018/01/12(金)00:51:31 ID:oyk
2、「強兵」であり、「優将」ではない点に注意です。
 これは、黒船をみた明治のチートたちが閃いたものです。

 戦国期のようにその辺の農民に槍を持たせるような兵隊では何の役にも立たない。
黒船のような近代兵器を動かすには専門教育を受けた兵士(強兵)が必要であるという考え方
です。
(よって、国民教育は不可欠となる)

 近代とは
将軍と作戦が勝敗を決めた時代から、兵器とそれを使いこなす兵隊「も」勝敗を決める重要な
ファクターになりつつある「過渡期」であると
チート政治家たちは見ていたようです。
 おそらくチートたちには、現代の西側軍隊の姿が予測できていたと思います。

 軍隊も水地比のような5爻(将軍)のみが陽爻という時代から変わりつつあると



 としますと、共産主義とは明治政府の方向性の逆ですね。
1、上が財産を吸い上げて庶民を飢えさせ、2、指導者が将軍として威張っているわけですから。

 共産主義とは近代化に対抗する「逆行運動」ともいえるのでは?


 短いですが今日はここまでです。

 それでは消えます。
175名無しさん@おーぷん :2018/01/12(金)01:08:49 ID:1xG
易者さんありがとうございます。

なんか水地比、どこかの仏教系信徒団体がやっていることの説明のような。。

近代は一将功成って万骨枯る、では負けますもんね。占領統治が出来ないと。
火天大有における政府の役割は、谷垣さんが言っておられた。まさにこれでした。
176名無しさん@おーぷん :2018/01/12(金)02:15:38 ID:Qyf
易者さん、お疲れ様です、解説ありがとうございます。

>>173
>>火天大有は5爻が陰爻ですが、これは5爻(政府)は国家の中心としてかつ裏方として
財を全ての爻に巡らせる参謀役・調整役

ああああ、完璧に公共事業他を回して、財を巡らすってのが本来の政府の役割じゃないですか…
ずっとずっとずーっと、マスコミ他有象無象の標榜する、小さな政府だの、民間の活用とかのせいで
本来回るはずべきものが一部に停滞して、回っていかないとか…これ意図的にやってますよね。
自分たちが無駄にありつくために淀みを作っているような気がします。
177名無しさん@おーぷん :2018/01/12(金)02:43:43 ID:1fL
>完璧に公共事業他を回して、財を巡らす
あー江戸時代の幕府と藩は完全にこれやってたよなあ
幕末に海防に回す金がなくなるぐらいに…
178名無しさん@おーぷん :2018/01/12(金)04:45:29 ID:t4L
>完璧に公共事業他を回して、財を巡らす

結局政府の借金(国民の資産)が急激に増えたのは日本が本格的なデフレに突入してから。
コミンテルンの最終目的は戦争で勝った国の憲法を作り変え二度と戦争を出来なくする。
あれ、どっかにそんな島国有ったっけ?
支那共産党の「日本への罰は財政緊縮だけでよい」という電波を受信したんですが、はて?
私の勘違いだと良いのですが。

はぁ、2009年程、易者さんの書き込みで霞が関幕府、下り坂という書き込みを覚えてるのですが、
財務省を始めまだまだ権勢は衰えないなぁ。
179名無しさん@おーぷん :2018/01/12(金)05:06:43 ID:0xJ
易者さん、乙です。
遠心力と向心力はイコールですねえ。。
バケツぐるぐるってやつ~水地比を分かりやすくとらえた比喩かも。。。
でもね、遠心力はわかっても向心力という存在は、いまいち体感的にふわっとして
なんだかなあ、、、だからかいろんな解釈されるんだろうなあ~と思う。
たぶんわたしの解釈も(?_?)なんだな。
180名無しさん@おーぷん :2018/01/12(金)06:07:45 ID:1xG
アメリカ流の小さな政府は確かに火天大有方向ですねぇ。
税金を小さくして政府の役割を小さくしてなるべく自由に儲ける社会。
あ、下級労働者はなるべく安く使いたい(移民や奴隷でも)から火風鼎だ。。
181名無しさん@おーぷん :2018/01/12(金)06:24:58 ID:mEe
火天大有は文化の発展に不可欠ですな。
182名無しさん@おーぷん :2018/01/12(金)07:37:15 ID:1xG
日本式富国強兵は江戸時代の領国経営からの発想ですよね。
幕府は偉かった。
各藩主が富を蓄えてきたら御用工事とか言いつけて召し上げ(天下に流通させ)、領国経営が失敗(倒産)するようなら経営者(藩主と家臣団)の取り替え。
これは確かに火天大有だ。
そこ行くと英米式は違う。イギリスはエンクロージャー見れば分かりますが、領主の一強体制でしたから。
英米式は植民地や奴隷、移民がある事が前提だったので、基本庶民は安く使いたい。
第二次大戦後、植民地全部なくなったからじゃないかな。イギリスが福祉国家言って庶民の生活向上に本気になったの。
アメリカはこれからですね。
183名無しさん@おーぷん :2018/01/12(金)07:38:37 ID:4XF
ここの話を読んでたら士郎正宗の「仙術超攻殼ORION」を思い出したぞ
※評論家にはスルーされた迷?作
「易経」を入手したから勉強して読み直してみようかな
184名無しさん@おーぷん :2018/01/12(金)11:39:55 ID:C5Q
>>183
あれ面白いのになw
駄洒落や言葉遊びを使って、背景の神話・神術体系を表現するってのは面白い試みだったと思う。
185名無し :2018/01/12(金)12:49:13 ID:vU0
儒学者と日本の憲法学者()って なんか重なるような。条約(締結済)と憲法どっちが上かって講義で、学生同士議論させといて結論出さなかった教授()がいたわ。中華思想なんだろうか
186名無しさん@おーぷん :2018/01/12(金)15:10:52 ID:zc5
日本は災害列島だから、田んぼや家が流されちゃって「オレ偉いから働きませーん」じゃ次の台風が来た時にみんな死んじゃうんだよねぇ。
偉かろうがアホだろうが体が動くヤツはとりあえず働かないと生き延びられない。
災害は困るけど、それでウリナラ化が防止されるのは幸せなのかも?
187名無しさん@おーぷん :2018/01/12(金)15:30:24 ID:lEY
昔からよく言われる処世術で、

・自分を中心に地球が回っていると思うのは甚だしく不遜な考え方である。

・しかし、自分を中心に物事が回る状況に持ち込む正直な努力はすべき。
更にこの事に無関心だと、最後には他人にアゴで使われて幸せも逃げてしまう。
だから100%か0%でなく、是々非々が良いのです。


中韓の国や人を見るに、自分達の中原(支那大陸)を
地球の中心だと主張し、維持する努力はしている模様。
しかし他国に迷惑を掛けているのでかなり有害。
188名無しさん@おーぷん :2018/01/12(金)15:36:21 ID:hZ2
>2、「強兵」であり、「優将」ではない点に注意です
そういえば、これは自衛隊の理念ですね。
あと、吉田茂さんも同じようなことを言っている気がする。
189名無しさん@おーぷん :2018/01/12(金)16:56:04 ID:C5Q
>>188
ただ一つ懸念するところは、それじゃ戦争に勝てないって事だよな。
いくら一兵卒が優秀でも、戦略と指揮する将がダメでは、
戦局で勝っても戦術で負ける、戦術で勝っても戦略で負けるという事になる。
最近の日本では、この行き過ぎが弊害になってると思う。
190名無しさん@おーぷん :2018/01/12(金)17:44:55 ID:1xG
戦略がダメダメだったのは旧軍ですが、大戦略立てるのは政治家ですよね。
その点は今の方がマシだと思います。少なくとも軍を統制出来ているし。
191名無しさん@おーぷん :2018/01/12(金)19:04:22 ID:EWe
>>190
たった半年前の事ですが、
三軍の中では話の分かる(と言われる)陸上自衛隊ですら、
稲田朋美防衛大臣と怪文書で泥仕合をしているのが
この国の現実。

というか、旧軍悪玉論は20世紀に流布された偏見じゃないかい?
戦前の帝国議会は自民党抜きの学級会だったわけで。

志位・みずぽ・枝野・みたいな愚劣がエンドレスで
ギャーギャー喚いていたのが大正デモクラシー
192名無しさん@おーぷん :2018/01/12(金)19:36:06 ID:1xG
偏見かどうかは別として、大臣現役制のお陰で組閣も出来ない時期もあったし。
てか、本当に大変な事になったのは昭和恐慌の後なので大正デモクラシーの話とは別ね。
そして、5.15.、2.26、起こしたのは現役の軍人だし。
193名無しさん@おーぷん :2018/01/12(金)19:47:04 ID:ck9
>>187
ゲームのルールを巡る政治的駆け引きに精を出すことも、まったく全体に寄与しないってわけでもないしねえ。
事前の会談でルールその他の調整をすることで、両者の「戦い」におけるコストを削減して共倒れを防ぐ発想がないと、有効な戦略は立てられないし。
特亜に足りないのは、そうした政治的駆け引きで得ようとする最終目標があくまで自分自身か血族に限定されていて、いわゆる「大きな絵」を描く発想力が欠けてるんだよね。
先進諸国のフリするのにも足りない程の「小さな絵」しか描けないから、ゼロサムで終わらない外交ゲームがまったくできない。
まあ、すごい迷惑だよね。
194名無しさん@おーぷん :2018/01/12(金)22:05:59 ID:wsm
>>191
あれ、日本を嵌めるため工作員が仕掛けた罠だったのですがね。
調べるうちに色々と毟る草が見つかったようで。
稲田朋美女史にはまた何か仕事して欲しいものですが。
195名無しさん@おーぷん :2018/01/12(金)22:12:52 ID:isQ
>>191
>>194
稲田さんは安倍さんが育てようと割り切った人事でしたし、
毟る草が見つかったのなら将来はもしかしたら有るかなぁ。
女性大臣を増やすべき派の私はその情報が真実なら嬉しいです。教えてくれてありがとう。
でも問題は二階派どっぷり&財務省の言いなり財政緊縮派。
自衛隊の現場を統括してみたらいかに今の日本の国防費がいかに足りないか理解すると思ったのですが・・・。
肝心のその部分がどうも鈍い。
国家の財政を家計簿に例えるレベルから脱却出来てない。
196名無しさん@おーぷん :2018/01/12(金)22:13:52 ID:isQ
>>102
心配な話が有って日本のコンビニで配ってる割り箸は中国で作られてて、
そのままならたいした害にはならないけど、
カップラーメンやおでんなど熱湯の中に割り箸を入れると毒物が溶けて出て来る仕様らしい。
これが日本人の精子と卵子にかなりのダメージを与えてる。
薬品割り箸とカップラーメンの熱湯で溶けた容器からの毒物、コンボで喰らってるよ。
今の世の中。
これが日本人の不妊問題に一役買ってると思う。
197名無しさん@おーぷん :2018/01/12(金)22:51:56 ID:1xG
一つ訂正させてね。
日本で売ってる割り箸の大半は中国製なんだ。身体に良いわけは無いね。

あと、不妊問題の最大の原因はおそらく晩婚化と非婚化だ。
生まれる子供の数より多い人工妊娠中絶も一役買ってると思う。
198名無しさん@おーぷん :2018/01/12(金)23:10:11 ID:MMM
>>192
初めての事とはいえ、大正期から、昭和00年代迄の議会政治がグタグタ。
政党や会派は「護憲」を旗印にして内閣の足を引っ張る事が恒例行事になっていた。

これは後知恵ではあるが、戦後に「護憲」を掲げた政党や政治家がどれだけ役に立ったか?
おそらく戦前の日本社会も、昭和10年代に入ると、代議士や政党政治に
希望を持てなくなってクーデターやら軍部の実力行使が増えてしまった、と考える。

大政翼賛会が政党政治の自殺だと意識高い左系は言うけど、
その10年前の濱口宰相殺害の時点で政党政治の壊死は深刻。
手遅れである
199名無しさん@おーぷん :2018/01/12(金)23:33:29 ID:1xG
日蓮宗に毒された挙句希望が持てなくなってテロに走り、昭和帝を激怒させ、亡国に至ったわけなんだけど。
希望が持てなくなったら(これは感情)政治家殺しまくって良い訳は無い。
そんなことを許したらとんでも無い事になる。論外。
それが許されるなら、徳川幕府は喧嘩両成敗を定めない。
200名無しさん@おーぷん :2018/01/13(土)00:36:59 ID:yWA
日蓮宗と(日本式)陽明学の悪影響だけはどうにかならんかなあ
石原莞爾だけは日本人による極東軍事裁判で戦犯裁判にかけるべきだったわ
201三文易者◆MGhP/YWj7E :2018/01/13(土)01:11:11 ID:Aex
 こんばんは
昨日のネタ(一回目)は次回(二回目)が本題です。
明日夜の投下予定です。

>>185
 おっしゃる通り、儒者と憲法学者はメンタリティーが似ています。

 条約(締結済)と憲法どちらが上かについて結論を出さなかったそうですが、
それならば憲法学者としてはまだマシな方だと思いますよ。

 私が学生の頃など、連中は
 憲法の基本原則に反する条約など違憲無効だ(=政府に改廃義務がある)として
日米安保条約は憲法の平和主義及び九条に反しているから、違憲無効だなどど
真顔で言ったりしますので


>>170
 儒教の主張する周の古礼に基づく儀式など明確な嘘が混じっていますね。

 例として、文王の主催した儀式(収穫祭)を挙げてみましょう。
卦は、澤地萃です。

 この卦の象形は
舞台の上に、歌や踊り、演劇をおこなう巫女の格好をした少女たち(=澤)
舞台の下には、それに群がる民衆たち(=地)
で、物資(見学料)や志願兵(※)を「萃(集める)」と。

※目当ての少女(アイドル)の親衛隊となったそうです。ええ、もう凄い士気の高い
部隊となったそうですよ。
 文王は、ミリタリーと萌えの融合の元祖ですね

 現代でいうならば、文王は「アイドルイベント」を主宰していたプロデューサーだったわけ
ですね。

 もし周の古式に基づくならば、若い少女を集めて「アイドルイベント」にしなければならない
ということになります。

 というわけで、孔子は全力で黒歴史にしました

 
 今日はここまでです。
 それでは消えます。
202名無しさん@おーぷん :2018/01/13(土)01:23:48 ID:miM
西洋画家の話でよく、実はこっそりエロイ絵を描いていて、それを後世の管理人が捨てちゃう話があるけどさ。
それと同じ感覚だな。
手塚治虫さん、可哀想ではあるけど、貴重な資料でもあるからね。
理想像を押し付けることを尊敬とは言わない。
203名無しさん@おーぷん :2018/01/13(土)01:29:04 ID:PxO
易者さんありがとうございます。

う〜ん?つまり我が三軍は音楽隊歌姫各1名では足りないと?
チアダンス隊くらいなら待てるかもwいや、姫太鼓隊かな?
204名無しさん@おーぷん :2018/01/13(土)04:57:46 ID:JNl
(民衆、人民の注目を集めて国を運営する税金と言う元気玉を集める人と)
(集めた元気玉の使い道を決める人と)
(元気玉の照準を合わせてぶつける人と)
(役割分担することで効率よくみんなの気のエネルギーを使うとな)
(この技を教えてくれた界王様は宇宙の神様だったぬ)
205名無しさん@おーぷん :2018/01/13(土)05:03:37 ID:JNl
>>202
手塚神が描き遺した黒歴史的聖遺物は
神様の生前に焼かれたりしたもの意外は結構残されていて
今でも時々公開されていますお

田中某とか言うイタコ漫画化が黒歴史の新作()を次々と描いてもいますお
206名無しさん@おーぷん :2018/01/13(土)05:27:36 ID:taO
>>205
聖王手塚神もアシスタントや部下達への「富国強兵」はからっきし駄目だったんだよな。
好きなこと(漫画産業)に関われてるのに何が不満なんだ!
と生活していくだけの充分な給料を払ってなかったのに激昂してた。
聖王ではないなぁ、経世済民を失敗してたから。
武王や現人神くらいがいいか。
207名無しさん@おーぷん :2018/01/13(土)05:57:55 ID:9Ne
手塚治虫を聖王とかいう人初めて見た
漫画の王様じゃないぞ、漫画の神様だぞ
208名無しさん@おーぷん :2018/01/13(土)06:54:11 ID:B1P
下らないことをふと思いついて
3.11の後のサッカー、なでしこJP
澤さんがナウシカ、姫姉様状態だとかのネタで楽しませてもらったけど
「澤」の文字ってそうだったんですね・・・

https://news.ameba.jp/entry/20110720-60
209名無しさん@おーぷん :2018/01/13(土)07:11:06 ID:Skh
北朝鮮の喜び組は、文王バージョンの劣化版だったのか…
そういや漫画版封神演義で、太公望が武王と組んで競馬で一儲けしようとする話があったけど、アレもあながち的外れではないのかな(白目)
210名無し :2018/01/13(土)07:24:03 ID:UDd
易者さん、ありがとうございます。
講義はマシな方だったかもしれないのですが、試験になると豹変して、あなたの考えを自由に書きなさい、と出題しておきながら、条約(締結済)上位と回答すると不可再提出をくらって考えを変えるまで単位をもらえなかったですね。いま思えば、そんな設問だらけでした。
なぜそんなことが起きたのか、腑に落ちた感じです。
211名無しさん@おーぷん :2018/01/13(土)08:18:29 ID:Ku8
>>206
虫プロのおちんぎんはそんなにお安くはなく、逆にその為には経営が不安定だったと聞いたのですお
むしろ今を生きるパヤオ御大こそが「労働争議」を多発させて
事業そのものを停滞させ所属する製作スタジオを経営破綻させたアカのお手本を示して
その後独立する際にも方々から優秀なスタッフを引き抜いたりして
博報堂に居る弟と組んで今の地位を築いた事はガチ黒歴史だそうですお
212名無しさん@おーぷん :2018/01/13(土)10:47:15 ID:PxO
海保が大型巡視船の拠点を増やすらしい。
横浜と石垣島だけだったのを鹿児島と敦賀と宮古に増設すると決まったらしい。
巡視船ならば港湾設備の増強で出来るから大丈夫。
メデタシ。
大型巡視船はマジでかいよ。あきつしま、立派だった。イージス艦並みの大きさ。
213名無しさん@おーぷん :2018/01/13(土)11:09:41 ID:T9C
収穫祭なんだし、そのぐらい良いと思うけどな。
ハレの日なんだし。
それに易の卦に対応していて利に叶っている。
よほど変り者の神様でなければ、むしろ、そういった祭りは大歓迎だろ。
なんで黒歴史にしたんだろうなぁ。
214名無しさん@おーぷん :2018/01/13(土)11:13:29 ID:PxO
文王が拝んだかもしれない神様、儒教には邪魔だったのでは?
215名無しさん@おーぷん :2018/01/13(土)12:58:31 ID:qt2
儒教は「ぼくのかんがえた最強の〇〇」でできているからなあ。
「ぼくのかんがえた最強の周」だったり「ぼくのかんがえた最強の孔子」だったり。

必死で考えて採用された超人がブザマに負けたら、そりゃ黒歴史にしたくなる。
216名無しさん@おーぷん :2018/01/13(土)13:08:51 ID:Ku8
(おっと、カナディアンマン=サンの悪口はそこまでだ)
217名無しさん@おーぷん :2018/01/13(土)14:25:13 ID:KfF
投下お疲れ様です。
殷周の頃は戦場に巫覡を同行させその呪力を用いようとした、いくつかの漢字の象形はその頃の名残を留めている、などと読んだことがあります。
例えば各地での募兵において神前へ巫女舞が奉納され、巫女のお嬢さん方はそのまま各部隊付きの巫覡(アイドル)として行動を共にするわけですか。
なるほど。確かに男衆が一致団結すること疑う余地なし。部隊の士気は天まで届けよと言わんばかりの勢いで高まるでしょうねw

また収穫祭に限らずですが、”物資と芸能が交換される”形式で生産物が集約されることは本邦において特に珍しくもないように思えます。
巫女舞や能楽の由来が正にそうですし、武家であれば流鏑馬の競技の奉納、農民たちの神楽舞や力士の興行なども”澤地萃の澤”の一種と広げて理解してもいいものでしょうか?
……どう見ても可憐でも少女でもない男臭い連中が混じってますが。
まぁ「巫女巫女アイドルステージ(イベント主催:周の文王」を原初の形としても、時代の推移につれて祭祀の主体が男性に移っていくのはよくあるパターンですし。
218名無し◆L/lNy1GZ5E :2018/01/13(土)14:31:18 ID:aRB
そしてその巫女は負傷兵を看護してくれるわけですね!
219名無しさん@おーぷん :2018/01/13(土)14:48:04 ID:Ku8
本来の意味の慰安ですねい
かのマリリン・モンローもベトナムに行って
その歌と踊りで兵隊さんを慰安しましたお
220名無しさん@おーぷん :2018/01/13(土)15:04:50 ID:Skh
負傷兵の看護どころか大将首もぎ取ってくる巴御前…
221名無しさん@おーぷん :2018/01/13(土)15:14:59 ID:Ku8
ノリと勢いでブリテンからフランスを取り戻したジャンヌ・ダルクとな
222名無し◆L/lNy1GZ5E :2018/01/13(土)16:05:11 ID:aRB
西周から侵略された東夷の子孫である孔子が、
やはり侵略者である魯に忠誠を誓わなければならない。
そこに色々と無理が生じてくる。

しかも魯の公室は斉公とその妹が近親相姦して生まれた子孫ときている。
魯は斉に軍事力でも文化でも頭を抑えられていたので
望ちゃんの事績を消したくもなろうというもの
223名無しさん@おーぷん :2018/01/13(土)18:28:30 ID:PxO
天も儒教の天と文王の天は別物だった。。こんなの見つけた。

周代において、天はすべての神の上に立つ人格神であり、自然界・人間界を支配するものであった。

天には、『詩経』などにみえる「昊(こう)天上帝」と、北極星を神聖化した「天皇大帝」の二系列があったが、その後融合した。
224三文易者◆MGhP/YWj7E :2018/01/14(日)00:59:18 ID:IcZ
 こんばんは
 今日は予定を変更して昨日の続きのネタを投下します。

>>213
>>217
 巫女舞の募兵に応じた場合、その卦は
澤地萃→澤雷随
に変化します。
※地(坤)・・・非武装の民衆
 雷(震)・・・武装した軍隊

  つまり
澤=巫女(アイドル)を中央において
それを取り囲むように雷=武装した兵士が守る(随行する)
という象形になるわけですね。

 注意すべきは
巫女(アイドル)が主人で、武装した兵士が随行員(従者)という形であるということです。
※巫女(アイドル)には乗り物が用意されていたそうです
※負け戦の時は、兵士は何が何でも巫女(アイドル)を後方へ逃がしたそうで

 このような「女性上位の」象形を文王は一つの理想形としていたそうです。


 ところで、孔子は文王周公の時代は
①長幼の序、②男尊女卑
が徹底していた素晴らしい時代であったと主張していました。

 ですから、文王が考案したこのような「女性上位の」制度は非常に都合が悪いので
全力で黒歴史にしました。


つづく
225三文易者◆MGhP/YWj7E :2018/01/14(日)01:01:36 ID:IcZ
 せっかくですので、この件に関するもう一つネタを投下しておきます。

 古代黄河流域は、放っておいても穀物(粟)が生えてくる豊かな土地でしたが、
たんぱく源は不足していました。
 ただ、この時代でもすでに「人間は余っていた」わけですね(意味深)。

 一方、古代の女性の魅力は「子供がたくさん産めそうなこと」です。
つまり、女性的な部分が大きいことです。
(古代の女性像を見ればわかるかと)

 としますと、女性的な部分が大きいならば、嫁の貰い手が引く手あまたで、
結納金(物資)が期待できますから大切にされましたが、
女性的な部分が貧しい(例;72)と、嫁の貰い手がなく無駄飯食いとなり、
文字通り喰われる危険性があったわけです。

 女性的な部分が大きい貧しいは、現代日本サブカルの鉄板ネタですが、
古代中国では若い娘の生命に直結するネタであったわけですね。


 文王はそのような千早さん(仮称)を物資と引き換えに買い集めて(親元では危険)、
自分直属の巫女(西周プロダクションのアイドル)としたわけですね。
 また、巫女の引退先は、所属する部隊の内、功績をあげて士大夫に出世した者と、
文王が仲立ちとなって結婚するというパターンが多かったそうで
(文王が仲立ちとなった以上、彼女たちを粗末にするわけにはいかない)


 というわけで、この軍制は女性保護の目的もありました。
※文王だけでなく、次の武王もこの手の女性保護の逸話が多い。


 孔子はこの手のネタも気に入らないわけです。
周は男尊女卑が徹底していたと主張しているのに、実は周のトップは女性保護政策を推進して
いたというのは、大変困るわけですね。

 このような逸話は全力で黒歴史行きと


 今日はここまでです。
 それでは消えます。
226名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)01:05:11 ID:9p9
中国の歴史改竄は伝統的なものなんだな。
そりゃ社会共産主義と相性が抜群だわ。
227名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)01:34:02 ID:2FK
千早さんヒデェw
228名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)02:00:11 ID:rOT
易者さん乙です。

女性保護とその教育が、女后を本物の美女に変えることもあったのかな。
なんだか文王さんが、マイフェアレディの教授のように思えた。

政治家の大事な仕事の一つに、仲立ちがあるけれど。
すでに文王はそれを実践していたんですね。
でもかれを尊敬していた孔子は、政治家よりは政治屋に見える。
229名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)02:13:18 ID:yjw
易者さんありがとうございます。

なるほどなー女の子ちゃんと保護すれば社会は発展しますからして。文王偉い!
もしかして中華は纏足なんか始めたから発展が止まった。。もしかしなくてもそうなのか。。
230名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)02:30:35 ID:cwe
(わたしは好きにした、きみたちも好きにしろ、の繰り返しでこうなったとな)
231名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)02:43:58 ID:riC
いくら何でも喩えがひどすぎる、訴訟(765P
232名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)03:03:13 ID:kHo
「周」の復古と言うと、王莽の「新」が思い出されます。
しかし不思議なもので、新の後の後漢は儒教をさらに強化させているんだよなー
現代的な視点からは、劉邦や宣帝に習えってなりそうなんですが、地方豪族の顔も立てなければならない二律背反。
結局、後漢は外戚の害が酷くなり、対抗に宦官を重用し・・・(後は三国志をご覧下さい)
そう言えば、日本が輸入しなかった中国の風習には「宦官」もありますな。

(ひんぬー教徒は選ばれし者だったのかー!!!)
233名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)03:28:21 ID:cwe
(でもちひゃーさん、アイドルになってなかったら悲惨な人生だったっぽいんだよね)
(そういう意味では例えとして引き合いに出すのは間違ってないかも)
234名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)03:37:03 ID:t2x
跡美しゅり、栄川乃亜作品を買い漁ってる俺にも今のこの板に書き込む権利は有るでしょうか?
235名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)04:37:53 ID:U1J
ひどいや...ひんぬーだからって...
236名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)04:51:26 ID:in3
今は亡きナンシー関さんもアイドルとは観衆を
ある種の「状態」に持っていける人物達だと。
不良品(許して)を集めてブランディングの後、
民衆に引き渡し、社会不安の芽を摘む&本来の意味の慰安も兼ねる。
名君だと思うのですが、孔子は認めないと。
設計主義者なんですか孔子さんは。
共産主義よりの思想なんですな。
そして今でいうと文王、次代の武王は政府が出すべきところはしっかり支出して
正しい循環を社会に作ると。
アベノミクス寄りというのは言いすぎですかな。
237名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)05:24:31 ID:cwe
(成る程一日署長だの一日市町だのの発想の根源でもあり)
(耳目を集めれば良し、後日本物の首長になれば尚良しの両得の奇策だぬ)
(一種のエリート育成、カリスマ育成でもあり、人材を無駄にしない思想ですお)
(キッザニアで実務、実益を揚げるようなものですお)
238名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)05:28:33 ID:cwe
(すると本物の中華文明は、史書などの行間を読み切れないと継承出来ないって事になるぞな)
239名無し :2018/01/14(日)05:45:04 ID:PKY
実際日本女性は、乳腺過剰で、乳ガン検診が
役に立たない人多いらしい。
つまりひんぬーでもお乳の生産量は高い
効率的なお乳の持ち主が多いらしい。
240名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)06:02:18 ID:85f
>>238
その継承問題の最大の被害者は現代支那人の皆様ですよね。

少し話は変わりますが、
昔、海外の反応シリーズで中国の反応に絞ったサイトで
「唐文化の後継者は我々ではなく日本」
というニュアンスの記事で京都の光景を映された記事が有った。
なるほど、やっと意味が解った。
また大陸人の日本へのマウンティングかと思ったけど、
唐文化とは彼らの「最上」の物でそれは我々の中ではなく、
夷狄と蔑んだ島国の物になっている!という意味の檄文だったのね。
そういうニュアンスだったのか、このスレ読んでると勉強になるなぁ。
241名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)06:18:46 ID:cwe
>>240
実際、唐代以降漢人が投げ捨てて来たモノ
漢字やら文物やらを後生大事に保管継承してきた訳ですねい
中華文明の大事な部分をアーカイブして居るとも言えますお
242名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)06:30:38 ID:P24
あと雅楽もそうだよね。
雅楽は、国振歌舞がもっとも格式が高くて元祖。
一般に聞くことができる唐楽や高麗楽は、
エンターテイメントとして導入されたもの。
そういったところでも取捨選択するのが日本なんだろうね。
243名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)07:51:19 ID:KLh
易者さんお疲れ様です!

そういえば文王は子だくさんでしたっけ…
フツーに(いい意味で)女性の扱いうまかったんだろうなぁ…
対する孔子の男尊女卑、あれ多分女に泣かされたことがあるんじゃないかな?
それで腹いせにあーゆー思想が出てきたとか。
コーランも、ムハンマドがヒモだったからカーチャン大切にしろと書いてあると聞いたことがあります。

何で読んだか忘れたけど、遣隋使だか遣唐使だかのとき、日本は中国皇帝から貰った金目のものを全部本に変えて帰っていったって話が好きです。
244名無し :2018/01/14(日)07:56:34 ID:KcQ
見合い結婚より恋愛結婚、おひとりさまok、それが女性の権利みたいな風潮だけど、仲人のために相手を大事にするのは女性のためでもあったんやね…
245名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)08:12:54 ID:iLG
ちょうど封神演義がリメイクされているけど呂尚は創作だったりするのかな
妲己により堕落させられた王朝を文王に仕え周公とともに討ったっていうのは
儒教によって示された天風【女后】への処し方を典型的に示しているよね。

つまり酒池肉林も巫女を使った何らかの儀式を悪しきものに上書きするために創作されたものかもしれない。
司馬遷にそのような意図があったとはあまり思わないけど・・・
246名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)08:38:57 ID:3zE
>>243
孔子の奥様は悪妻というより、美味しんぼの親父の妻に思えた。
泣かしたのか泣かされたのか、どっちかなのかな。どっちもありうる。
まあ、資料が無さ過ぎてよくわからないみたいだけどね。
247名無し :2018/01/14(日)08:47:16 ID:PKY
魯は斉から来た嫁さんに国をかき回されたのが
国家レベルのトラウマになっていたんではないかな?
孔子個人にはあんまり女性蔑視の思想はないはずです。
易者さんは、儒学者一般という意味合いで孔子と言っているのだと思ってます。
248名無し :2018/01/14(日)08:50:59 ID:PKY
でも孔子こお母さんは巫女で、二号さんで
非嫡出子だった孔子は若い頃にそれで苦労したし
その出自は彼の弱点だったので、隠そうと
自立した女性を敵視した可能性はあるかな。
249名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)09:18:14 ID:yjw
産婦人科医は、デカくて硬い人のは観賞用で実用にはならないとゆーとったと思うが。。正義はどちらにあるかとゆーと。
そーいえば和服は一貫して胸のデカさが優位にならないデザインなんですよねー

儒の葬礼がどんなものかは分からないが、儀式は各人に出席番号みたいに序列が付いていて、それに従って役割を振ってその通りに動く方が確かにキレイに進む。。
喪主が動き回ると混乱するか。
250名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)09:22:39 ID:XaU
見れば見るほど、孔子の思想は「オレの考えた最強の文王タン、最強の周公タン」にしか見えない。
原作を忠実に再現するより自分の願望や妄想をてんこ盛りにした二次創作。
周王朝が家父長制で女性蔑視というなら太伯虞仲の時点でもう矛盾が生じているわけで。

一つ疑問なのは、欧米人の儒教に対する捉え方が日本人とはズレている事。
マックス・ヴェーバーは儒教を「勤勉」だとしていたり、エマニュエル・トッドは
「秦始皇帝が父系共同体・女性蔑視の家族制度で東方六国の儒教的家族制度を破壊した。
それが大唐帝国繁栄の要因になった」
とか。ヴェーバーやトッドは一体どんな資料使ったのか気になる。
251名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)09:35:36 ID:yjw
欧米(と一緒くたにする)のモノサシも恣意的だから。
自分たち(の考えた理想、古代ローマ)が原点で、それに近く見える順で番号つける。それからズレたモノは無視。
米人と喋っていて、シントーニズムは終戦で滅びて今は無いんでしょ?教科書にはそう書いてある、と言われて吹き出した事が何度かあるなー
252名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)09:42:20 ID:yjw
ん???今思ったのだが、孔子の考えた順番、序列って食べる順番?
孝により子供は食べて良い、男尊女卑で女から食べる、的な。
253名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)09:42:38 ID:rOT
昔はぽっちゃりが美女の条件だったからなぁ。
美女の定義は変化するけど、どんな時代でも、
紛い物の美女は共通してる。これは男でもかな。

豊かな社会になって、身体を豊かにする必要なくなった。逆に豊かな身体になりすぎないように気をつけりようになった。
ちはやたんの活躍の道が増えた。近代国家化、万々歳だねぇ。
254名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)09:43:31 ID:qxW
仏教もキリスト教も、仏陀やイエス本人が書いたものが経典教典になってるわけじゃないですもんね
「私はこう聞いた」「主はこう言われた」で、仏教に至っては入滅後数百年に書かれたものだということで、ある意味二次創作のようなものだなあと思ったことがあります
儒教も「子曰く」の書だけど、そもそもの孔子からしてその傾向が強かったのか……
255名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)09:48:26 ID:Tgr
孔子を考えれば考える程発明家として名前を残しているけど、
実態は巧妙な投資家兼悪辣な実業家だったエジソンを思い出す。
エジソンはフランス映画をアメリカに持ってきて版権ビジネスで財を築いて
その潤沢な資金で発明を人に命じて行ってた。

孔子はオウム真理教の様な「若干」のスピリチュアル能力と
ジョン・レノンのIMAGINEの様なはた迷惑なお節介さで出来てると考えるのは行き過ぎだろうけど、
近い気がする。個人的に思想テロリストと呼んだらスッキリするなぁ。
256名無し :2018/01/14(日)12:49:37 ID:PKY
お金儲け上手で世間ズレしていたのは
弟子の會子の方ですね。

外連味たっぷりなのは孟子。孟子の悪影響が大きい気が
257名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)13:15:34 ID:dXc
女は男の後ろを三歩さがって歩けってのは、敵とエンカウントした時に女を先に逃がすためって聞いたことがある。
女性が男性より非力なのは事実なんだし、だから文王は女性を保護したのだって言っとけば矛盾しなかったのに、どうして儒家は歴史を抹消するという面倒くさい方向に行ったんだろ…
258名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)13:33:00 ID:vWU
>>257
「文王は優秀」と認めるわけに行かないからやろな
文王は徳のないダメ人間なので易姓革命で倒れた とかそういう筋書きで自分たちの正当性を主張するなら、特に
259名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)13:38:59 ID:2ur
>>258
これはひどい。
260名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)14:04:43 ID:KIY
>>258
何言ってんだこいつ

※文王は儒教において「理想の君主」としてキリスト的に崇められている存在です。
ただし、儒教的世界観において都合の悪いところは見なかったことにされている。

でもまあ正直、序列を乱すことを徹底的に嫌う儒教的感性って、文王・周公の著作である易経の考え方とと相性最悪なんだけどねぇ
通常の序列(年功序列,男尊女卑)のままだと何も創造できない最悪の状態となる(例:否,帰妹,既済など)ので、
これを意図的にでも逆転させる(泰など)ことで、天地創造のダイナミズムをもたらす必要がある、ってのが易経の基本的な考え方だし。
261名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)14:08:01 ID:2FK
文王が易姓革命で倒されたなんて、どこの世界軸だよ
262名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)14:17:44 ID:hjK
>>257
西洋のレディファーストが実は自分(男)が
助かる確率を上げるためだったことを
知った衝撃を思い出す。
日本の女性は人として認められ守られているから
大声で主張しなくても良いのも知らなかった。
263名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)14:29:54 ID:yjw
>>262
女性からの合法的離婚申し立ても西欧より日本がずっと先なんだな。
ヨーロッパは自力救済の世界で、身代わりの騎士なんてのもある強い者勝ちの世界で。
聖母信仰はバランスを取る意味で重要だったと思う。
264名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)17:59:41 ID:VSO
優秀の方向性を敢えて変質させて伝えた、ってんなら納得出来ますお
それがオレの考えたスゴい文王って事にして創作して
そのまま参照して浅はかに実践すると国が傾くレベルで螺じ曲がって居ると
何故そのようにしたのか、を考える必要がありますお
似たようなものに「我が闘争」とか「資本論」とか「毛沢東語録」とか「旧・新約聖書」とか「論語」とかがありますお
鵜呑みにしないで時代や情勢に合わせて「翻訳、翻案」しなさいって意味なのかも知れませんねい。
265名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)18:01:50 ID:h1Y
アイドル巫女隊って周だけでなく殷にも居たんだよね
太公望の小説で巫女同士でガンの飛ばし合いをする場面があった
女性がこうして戦場に出てくるのって古代中国限定?他の地域では無かったのかな
266名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)18:12:50 ID:Jyn
多分、紂王と間違えたんだと思うよ。
267名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)18:21:45 ID:VSO
間違えちゃったテヘペロ
268名無し :2018/01/14(日)20:34:43 ID:PKY
金文には王姜ちゃんの名前は多く残っているけれど
周公旦の名前はあんまり残っていない。
武王は革命の後にすぐ死んじゃったし
どうも、西周を本当に作ったのは王姜ちゃんらしいのですね。
269名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)20:37:51 ID:3zE
渋沢栄一翁とか、論語の取捨選択が上手かったのかな。
それとも四書五経全部を扱うと、そういった本音の部分が流れ込んでくる仕掛けになっていたのかな。
270名無し :2018/01/14(日)20:39:49 ID:PKY
成王の時代も、金文に名前が出てくるのは皇后の成姜です。
結局、周は女性上位の国で、しかも実家の羌族にコントロールされていたようで、
それも隠したかったのではないかな。
271名無し :2018/01/14(日)20:57:45 ID:PKY
>>269
中華の王朝は世界一という妄想から自由な立場で
論語を読めば、得るところは多いです。
272名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)21:37:54 ID:AQW
三文易者さん、ありがとうございます。

>>225
「わてジョカ、下半身蛇や。上半身はそれに合わせてスレンダーな女体よ。
胸はちっちゃいけどええ形やろ?ここ大事や。
下乳をついったでも見せたんや。
でも殷のジョカ廟のわての像の胸、謎や、爆乳や。」

>女性的な部分が大きいならば、嫁の貰い手が引く手あまたで、
「あのな、女は胸の大きさじゃないんやで、全身の具合と性格を見るんや。わての胸、ええ形やろ?
姫昌の嫁はんで姫発のかーちゃん、ちっぱいだけど美女やろ?
巫女も、ちっぱいだけど歌って踊れて可愛えやろ?」

>女性的な部分が貧しい(例;72)と、嫁の貰い手がなく無駄飯食いとなり、
>文字通り喰われる危険性があったわけです。
「ちょ、ちょっと、おなごが!!??殷のジョカ廟に落書きが!
妲己に王貴人、胡喜媚!いくんや、ロケット胸、たぷたぷ胸、垂れ胸に変身して殷を襲うんや!
消えたおなごの仇、首ば掻き取ってやっど!!」

この阿鼻叫喚の戦いの影響で女性的な部分のサイズについて、
土偶から遠くギリシャ彫刻のビーナス像に見られるように大きな変化も起きたのだった。
しかし(  `ハ´)は懲りないッ!
時代が進んでも纏足、纏足が廃れても有名なあれな政策を…


……そして謎の異次元空間で何かが蓄積(ry
273名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)21:56:54 ID:iV5
???「おはようからおやすみまで宇宙の始まりから終わりを見つめる者です、あの時、控え目で平らで無ければ即死でした」
???「始まりから終わりを見つめる女神の側に居る者です、彼女に初めて会った時、少しは膨らんで居ましたが、今では何故かほぼ平らです」
???「始まりから終わりを見つめる女神に救われ悪鬼羅刹の修羅の道から救われた一神教の牧師の娘です、控え目に生まれて良かったです」
???「もうなにもこわくない、大きいから」
???「あたしってほんと馬鹿、大きいから」
274名無しさん@おーぷん :2018/01/14(日)22:00:31 ID:yd6
「貧乳はステータスだ!」
あの言葉が日本全国民の共通価値となったあの時から
日本人の覚醒は始まっていたのかっ!!!(錯乱)
275三文易者◆MGhP/YWj7E :2018/01/15(月)01:18:19 ID:F4t
 こんばんは
 この手の原始共産制の色彩が強く残る時代の古代中国ネタはいくらでも書くことができますが
そろそろこのネタはあと1回にします。
 我が国でのこの手の研究は奈良時代から続いており、江戸時代に昌平坂で徹底的に研究され
ましたので、重要な部分だけでも専門書1冊分にはなります。

 明日夜に投下予定です。


>>238
 その通りです。

>>245
 酒池肉林の「肉林」には注意したほうが良いかもしれません。
これは「羊の肉」ですね。
 殷の帝といえども中々食べられない肉(良質たんぱく質)をどうやって大量に手に
入れられたのか?
 箕氏のおかげですけれども、彼はどんな手を使ったのか?

 しかし、下々に分け与えず特権階級だけで消費してしまうあたり、殷の滅亡は迫っていた
と思います

 機会があれば、ネタとして解説します

>>254
 何しろ、文王周公が中核部分を執筆した易経がありましたので、教祖の孔子からして
曲解して意味を変造するという二次創作していたわけです。


>>257
 易経には文王が

(口の達者な)見知らぬ者に対しては、女性は(身を守るために)男性の後ろにいたほうが良い

と主張している部分がありますが、
 これを孔子が、古の聖王であらされる文王様が
「男尊女卑」
を推進していたという意味に変造したかったからですね。

 まあ、このくらいしないと「男尊女卑」の根拠を文王の記述から持ってくることはできなかったので

 具体的な解説は、今回は省略します(機会があれば)


>>256
 ただ殷の巫女さんは、敵に呪詛をかけるために最前線に出てくるので
下手すると、矢を防ぐ盾代わりになりかねないわけですけど

つづく
276三文易者◆MGhP/YWj7E :2018/01/15(月)01:21:41 ID:F4t
>>268
 王姜が武王の后となったことは、文王のあるポリシーに基づくからです。
明日夜のネタで少し触れます。

 なお、陳舜臣さんに言わせると
彼女が太公望の娘というのは絶対おかしいそうです。養女というならばあり得ますが。
 
>>269
 渋沢氏は、論語を「老荘思想」「社会主義思想(共産主義思想)」のような極端にならない
ように、「中庸」を意識して読んでいたそうです。
 特に、儒教のテキストを
「社会主義思想(共産主義思想)のような結論にならないように」
読んでいた点は特筆すべきでは?

>>271
 その通りですね。

>>274
 その言葉は是非とも文王に教えたいですね。
「人類は少しは進化したようだ」
と言いそうです。

 私は、日本人の若者の間では
「アイドルのプロデューサーになるゲームがはやっておりますよ」
と言いたいですね。
 さて、文王ならば何というか?


 今日はここまでです
 それでは消えます。
277名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)02:49:03 ID:yG2
>>257
男尊女卑の代名詞のように取り上げられる表現だけど
同じ表現使っても時代や階層によって意味が変わったり
もっと時代が変われば真逆の習慣だったり面白い

ルイス・フロイスが日本と自国の違いを記した記述に
「日本では妻は夫の前を歩く」とあるそうな
http://iiwarui.blog90.fc2.com/?mode=m&no=11058&cr=7dt34dr0r69or75p7anpkv1b21

「男子厨房に入るべからず」もフロイスが見た光景では否定されてるし

比較をするなら最低でも時代と階層の前提を絞らないといろいろと読み違えるよね(自戒
278名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)06:26:21 ID:dtj
>>276
なるほど論語の読み方そうなのか。勉強になります。
参考にします。
279名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)07:23:13 ID:GsS
殷時代の羊は二本足だったとな

太公望は羊の出身
280名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)07:35:52 ID:DQb
宮城谷昌光の小説で読んだことが・・・
箕氏は牧畜をしている民族をその家畜ごと狩ったとか。
281名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)08:01:38 ID:GsS
なるほど、兌卦にいわく
「推しの笑顔のためなら民衆はいかな苦労も惜しまぬ!死をも恐れぬ!推しの笑顔は偉大!民衆の原動力!(真顔)」 とな

なお概ね直訳である(マヂ)
282名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)08:25:32 ID:jOS
>>279
今でもいるみたいね
中国原産・二脚羊
283名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)08:49:08 ID:Qs0
半島産の二脚羊なら大量に出回っていますお
284名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)09:22:02 ID:ZbK
遺伝子レベルでBSEとかの耐性を持っていても不思議じゃない。

>>281
ドルオタこわひ
285名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)09:24:52 ID:ZrG
「羌」といい、漢字ってエグいエピソードが多いよね。
殷を表す「商」も、今だったら口のあたりに絶対モザイクかかってた。
286名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)09:39:29 ID:ZbK
簡体字にしたことで、中国人の精神回路にどんな影響を与えているんだろうね。
発展の基礎にはなっているけれど、コピー・海賊版文化の源になっている気がしてならない。
287名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)09:46:03 ID:GsS
>>274
それは易で言えば、まさに革命なのです!
ひんぬー(兌沢)がきょぬー(離火)より上とする(沢火革)故に

「ひんぬーときょぬーの価値観は相容れぬ。(二女同居して、其の志相得ずを革と曰ふ)」
「既に心に定めし己が道を信じよ。(已日にして乃ち孚あり、革めて之を信ず。)」
「悔いは残らぬ。(其の悔乃ち亡ぶ。)」

と易も言っている
288名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)09:54:51 ID:6MU
簡字体は意味を取っ払って発音のみにしたようですね。
文化の発展を諦めたのかな?
そもそも易姓革命ももう出来ないとなると。
289名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)09:57:04 ID:GsS
(脳内文王のイメージが藤崎封神演義の「人の良いおじいちゃん」から「愉快なおっさん」に変わりつつ有る・・・w)
290名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)10:00:11 ID:Qs0
???「俺は差別はしない、ばいんばいん、ぺたんこ、垂れたの、皆平等に価値がある!」
???「俺がこの世で一番許せないのは、自然の造形物がシリコンだのでかさ上げされたパチもんだ!」
291名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)10:19:46 ID:HB4
皆様ひんぬーに思い入れあり過ぎですよw
昔は胸もさることながら臀部の大きさが
子供をたくさん産める体と評価が高かったのですが
現代はあまりお尻に注目されないですね~
292名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)10:27:47 ID:Qs0
「安産型の大きなおしり」は敢えて口に出す必要が無い程度に一般化していますからねい
293名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)11:06:55 ID:3tv
>>290
ハートマン文王おちついて。
294名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)11:11:41 ID:Qay
尻じゃ、尻!!尻が全てなのじゃ!!!!
295名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)11:14:31 ID:Qs0
尻滅裂ですお(違う
296名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)11:25:11 ID:Qay


四足歩行だと尻は目の前にある・・・
そして人間が二足歩行を始めた時から
尻は人の目の前からなくなり」
その代わりオッパイが目の前に現れた!
女性は尻の代わりとして胸を大きく膨らませたんだ!
本来の生命の源はお尻
オッパイはその代用品なんだ・・・つまり・・・

「所詮オッパイなど お尻のまがいものに過ぎないのです」
297名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)12:17:27 ID:Qs0
おぱいの代わりにぶら下がっているモノが見える様になって
そっちに心惹かれるオスだって居るんですよ!(アッー!
298名無し :2018/01/15(月)12:25:59 ID:9d7
健全なエロは大事だよなあ
アカの手先が、極端な禁欲と倫理の破壊を
同時に提唱する真意がわかった気がします。

エロの強要はいけないのだろうけれど
エロの否定は、女性という性そのものの否定によって
女性の人格を破壊すると思うのです。
299名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)12:35:43 ID:Ps5
エロを否定したら次世代が生まれない
つまりエロ否定論者は民族トータが狙……
300名無し :2018/01/15(月)12:45:20 ID:9d7
だから連中は執拗に我々オタクをいぢめるのですかね。
そうか、オタは赤色革命に対するパルチザンだったのか
301名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)12:47:59 ID:WDr
ビッチを叩くでもエロは求めるだが純潔ももとめる矛盾
302名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)12:51:51 ID:Qs0
清純派でエロいビッチな女子?
結構居るんじゃあないですかね
嫁であり妻であり女である、ってぐらいには
303名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)12:52:10 ID:WDr
性を売りにした職業の女性は馬鹿にされ蔑まされる
その経験はマイナスとなりまっとうな職につけない
ネットでは都合のいい便器扱い

「性」は求められても「性」を提供してる人の地位は低く、みじめ
304名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)12:54:23 ID:WDr
ゆえにそこから自分の子を遠ざけようと
したくなる社会の動きは普通じゃないのかな
305名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)13:15:53 ID:3tv
求められながらも蔑まれ弊履の様に廃棄されつつ
「次が来ないかな」位にしか顧みられないものはエロに限らずこの世に満ちているので、
それだけで何もしないなら社会も政府も要らんのです。
十万年も原始時代をやっていれば宜しい。
文王とエロの話は古代版四民平等の仕掛人としてこんなこと考えてましたよ、という話なのでは。
スレで言う震雷が健全なものを好むなら日本の社会構造も大抵グロな場合が間々ありますが、
未だに二脚羊とか言ってる社会よりはまだしもマシであると。
それでは負け組ルートを回避するにはどうしたらより健康体な国になるか「も」考えてみましょうと。
今はこんな感じの議論ではないかと思うのですが。
306名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)13:20:43 ID:Qs0
女性への性的搾取は引っ掛かる女性が悪いのではなく
それを仕掛ける側の圧倒的な悪意によるもの、と言う認識を持つのが良いですお
「一億総あしながおじさん」が理想なのですお
307名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)15:03:54 ID:3tv
できれば易者さんに伺いたいのですが、
「女性週刊誌に載るような「陰のある身の上話・噂話(=悪い風)」」
とはどういうものでしょうか。
と言うのは、今後「健全な」社会を考える上では、
エロの扱いと同等以上に、皆が死んで潰れた集落が問題になります。
地元民が前々から言っていた事を、人が死に絶えてから「困った」と言っている。
こうした問題にはどうしても恨み節が付いて回り、
平地に住んでいるからと無視するにしても本年以降にかならず対応を迫られる事になります。
既に病んでいる問題に向かう時にもなお健康な態度を求めるならば、
それは不健全の一種ではないかと思うのですが、如何でしょうか。
立場を問わず、淡々と自分の因果を直視して事に当たれ、という事ならそっちの方が生産的だとも思います。
突き詰めればカネのあるなしによる不幸を感情だけで動かす試みは現在までにも度々見られたので、
前の580で仰っていた澤水困「大人は吉にして咎なし」の状態にある地域も多い現在、
今年の国運占いをどう解釈したら良いか気になりまして恐縮ですが上の通り。
308名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)16:09:36 ID:ifZ
孔子も好んでいたそうな、二脚羊…
309名無し :2018/01/15(月)16:20:12 ID:9d7
名君であった紂王が晩年に昏君になった原因は
「羊肉」の食べすぎかもしれないですな。即ち脳スポンジ病

南朝(五胡十六国の後の方)のくるった君主とか
歪んだ道教に入れ込んだ皇帝が急におかしくなるのも
良質なタンパク質の取りすぎにあったりして
310名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)17:02:12 ID:ifZ
>>309
スポンジ病…食べた量を考えたりするとあり得そう…
311名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)18:19:55 ID:1TU
待て。放伐で誕生した王朝からは前王朝最後の王は悪し様に書かれるものだ。
子貢ですら「いくら何でもDISられ過ぎじゃね?」とか言ってたと言うし
312名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)18:41:00 ID:aO0
紂王がどうこうというより中国人にとって人肉食が普遍的すぎるのが問題なんだろう
313名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)18:47:15 ID:6MU
共喰いは普通の食料としてはしないのが普通なのに、なんで連中は例外なんだろう。
314名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)18:52:36 ID:ZbK
いくらたんぱく質とはいえ、良心回路のタガが外れている。
315名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)19:24:22 ID:dtj
中国大陸とアフリカ大陸は、暗黒大陸だからねぇ。
でも、リターンはあるから、どうしても手を伸ばしてしまうんだよね。
易とか漢文とか。
でも今の中国共産党支配下の暗黒大陸にあるリターンと言ったらんだろうね。
文化大革命でほとんど喪失したしなあ。
316名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)20:00:12 ID:6MU
食事に関しては、アフリカと一緒にしたらアフリカが怒るな。
317名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)20:25:46 ID:L0J
>>315
13億人の市場()
但し、本当に13億人が爆食した暁には…
318名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)20:27:05 ID:aO0
豊かな穀倉地帯によって発生する人余り状態と慢性的なたんぱく質不足
という環境が原因だからその問題を解決しない限り変わりようがないんだよね
だから現代中国でも男女の人口比がおかしいままだし
科学的に問題解決するつもりなら昆虫食の国にでもなるしかない
あくまで価値観の話だけど「虫を食うくらいなら人を食う」って判断も分かるっちゃ分かる
319名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)20:29:04 ID:bV5
>>317
タコの足を食べれば良いんじゃない_______





歴史上そうやってきた民族なのはマジだし。
320名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)20:38:37 ID:JKK
と言うかあの大陸の適正人口は
実際三億から五億くらいじゃあないかしらん
321名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)20:58:20 ID:dud
宗教的禁忌で食べちゃいけないものが決められてたりするけど共食いは明示されてるっけ??ふと思った。
神の子羊って?家畜?生贄?
ところで中国って宗教的禁忌はあるのだろうか
322名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)21:21:09 ID:hBt
共食いというか人身御供は、文明が進むと明確に禁忌扱いされることが多いな。
古代中国だと権威者が亡くなると大量の従者ごと埋めてたそうだが、そのうち陶器製の人形やら明器で代用するようになったわけだけど……
普通、共食いは宗教的な意味合いが強いはずなんだけど、中国の場合は単に食糧が足りないからって感じが強くてなあ。
323名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)21:39:05 ID:yG2
タンパク質不足って日本もだと思うんだけどな
魚や山の獣が取れる地域は限られてるし地形の問題で畜産は近代以前は発達しなかったし
仏教伝来以降は殺生戒で肉食は忌避されべきるものという位置付けに

日本は動物性タンパク質不足を植物性タンパク質で賄ってた(玄米最強説)らしいが
華北は米じゃなく麦や稗粟主体だから日本みたいに玄米や豆でって訳にはいかんかったのか?
324名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)22:19:34 ID:6MU
日本は産児制限と結婚制限やったが。。
共喰いなんてうんと古く、華北に流れて来る前からやってたに違いない。でないとああはならないはず。
325名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)22:24:13 ID:6MU
>>321
神の子羊は牧者に忠実なことの喩え。
人間の生贄は禁忌になっとるから。
326名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)22:28:22 ID:6MU
イエスは生贄ではないんだよね。
あくまで罪を背負って贖ったことにより、人類の(信者の)罪が許された。
この辺のロジックはよー分からんが、あの系列には元から霊魂の不滅が入ってないから。
327名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)22:29:24 ID:GsS
>>323
日本でも飢饉などの緊急時には結構あったらしいで・・・
巫女が「特別な儀式」により神のもとに行き、人々には翌日謎の肉が振る舞われるとか

ただ、何だかんだで山がちor山以外は海・川・湖沼近くだし
地方だと人口がそもそもで、中国ほど人間が余ってないからね(自然災害が多いので)
1辺数百kmの中原とは環境が違いすぎる。(古代の関東平野なんかは完全に人間の生息域外の湿地帯だし)

開拓された広い平野は希少だから開拓後は必然的に政治的にも重要な都市圏になる構造上、
調税による地方特産品納入も含め、物も種類が集まるから、
「交換するものさえあれば」意外と困らなかったんじゃないかな

あと、仏教伝来後でも鳥は食えたし(こじつけで兎も)、
僧ですらこじつけで兎食う(餓死しかけた僧が、庵に飛び込んで死んだ鹿(実は仏像の腿の?化)を食う話すらある)国で、
一般民衆が殺生戒なんぞ従うかね?w
328名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)22:32:24 ID:bV5
ダイズ - Wikipedia
http://u0u0.net/I2D9

原産地[編集]
原産地は東アジアである。日本にも自生している
ツルマメが原種と考えられている。

遺伝学的研究によれば、東アジアの複数の地域で
野生ツルマメからの栽培化が進行し、日本も
起源地のひとつである。

大豆最強!

ちなみに、インドも豆マニアの国。
インドの味噌汁に当たるダル(北)と、
サンバル(南)の共に豆で実質味噌汁扱い。
329名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)22:38:33 ID:aO0
日本だと人が余ったら戦争ですり潰してる感じかね、人道的()だ
330名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)22:38:49 ID:hBt
大豆と米は必須アミノ酸を補える組み合わせだからなあ。
米が必ずしも主食とは限らないと言うにしても、五穀のうち二つを占める組み合わせで
栄養学的な需要を賄えるのはチート作物扱いされても仕方ない。
331名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)22:42:06 ID:4fc
宗教的な儀式や飢餓ではなく、敵族への見せしめや
嗜好など特異的かな

あまりの衝撃で、本来の趣旨とそれてしまった...
なんだっけ
332名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)22:55:11 ID:cxl
>>327
聞いたこと無いな >飢餓で人肉食

日本の場合、飢餓では子供の間引きや姥捨てはあったらしいけど。
そして、むしろ一揆などで豪族や領主と交渉の方向かと。
333名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)23:04:15 ID:GsS
>>326
アブラハム系列では、神の全知全能をもとに、死んで肉体も魂も消滅しても、
「死ぬ前とそっくり同じ状態で再創造できる」事になっているため、霊魂の不滅も概念として不要なのよね
(それって本当に同一人物か?などと疑問を挟んではいけない。 唯一神に不可能はないのだ。)

その割には、肉体が残ってないと(≒土葬じゃないと)復活できないと考えているあたり、
ユダヤ人起源地であるエジプトの信仰が混ざりまくってるけどな!

・・・あと、たしか原罪については大工の息子自身の言行には無いんだよなー
「何で罪もないのに処刑されなければならなかったのか」 こじつけてるだけだろうね・・・

聖書の記述見る限り(相当悪意込めて書いてるだろうが)、完全に当時の(旧約時代からずっとだけど)ユダヤ人が屑なだけなんだがな!
総督のピラトが呆れて「俺の責任じゃねーから! お前らの責任だから!」と言って手を洗うパフォーマンスをするぐらいに・・・

聖書記述上の当時のユダヤ人「 なんでも良いから殺せ殺せーwwwwwww 処! しょ! (ギャハハ 」
334名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)23:05:53 ID:4fc
>>327
>結構あったらしいで

そのまた聞きふうの内容はどちらの出展で?
これだけ文字に残す国で「結構あった」とは聞かないのですが?

中国みたいに料理法が残されているんですか?
「双脚羊」といったような固有名詞があったのでしょうか?
335名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)23:11:27 ID:HB4
捨てる、はあるけど喰うは聞いたことないね~
ワシも知りたいなぁ
>>327さんお願いします
336名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)23:18:07 ID:GsS
>>332,334

すまんな、相当昔に見た話なんで出展なし
「余程のことがあれば、さもありなん」程度に受け入れて覚えていただけだが・・・

ちょっとWikipediaで調べるだけだと、巫女がどうのはともかく、
天明の飢饉には死んだ人間の肉を食う状態だったって記述があるね・・・

記録があるのは、基本的には死んだ人間を仕方なく食うパターンが多いけど、
薬としての人間の内臓はかなり近代まで流通していたようだね

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%8B%E3%83%90%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0#%E8%96%AC%E7%94%A8%E3%81%A8%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%AE%E4%BA%BA%E8%82%89%E9%A3%9F_2
337名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)23:20:23 ID:JKK
日本では人肉食のハードルが高くて、多くは人を喰うくらいなら餓死を選ぶし
ひもじさに耐え兼ねて、人を食べて生き延びたとしても
その事実を隠し通す傾向があり、また万一バレるとムラハチになってしまいますお
338名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)23:43:02 ID:z2s
大陸の人肉食は、飢饉や兵糧攻めやアンデスの聖餐などの極限状態とは分けて考えないと。
それから肝や木乃伊を薬にしたのも当時なりの医療目的なのだから嗜好の問題ではない。
大陸の人肉食で日本人に理解困難な点は、「妻子を料理して客に振る舞うのが最高のもてなし」という所。
吉川三国志でもわざわざページ割いて「当時の支那はそういう風習だったの、異常じゃないの」と説明している。
老人の為に炎に入り自ら食料となった兎の話みたいなものか、と考えようとしても
「やっぱり自分じゃなくて妻子なのはおかしくね?」と思ってしまう。
339名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)23:44:28 ID:4fc
>>336
どれも個人個人の話ばかりですね
「事件として立件、報道され」とあるように
はっきりと異質であるとありますな

あまりに異質だったがために「話がある」と残りはするけれど
結構あった話ではないですね


結構あった話というのは、
中国での大量のそういった形跡の骨が出てきたり

殷の時代には生贄専用の民族や
水滸伝での肉屋での饅頭の話や
従軍での携帯のそれ用って話ですよ...


何というかご冥福をお祈りいたしますですです
340名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)23:49:38 ID:dtj
日本では餓死を選ぶ人の方が多いかもね。
施餓鬼会がたくさん広まったのも、飢え死にを選んだ人が多かったからか関連があるかもしれない。
341名無しさん@おーぷん :2018/01/15(月)23:55:29 ID:dtj
難しいね。でも違うかなあ。施餓鬼会はどこでもあるしなあ。
それとも移民で大陸だから、食べられるのか?
それとも記録が残ってないだけ?
342名無しさん@おーぷん :2018/01/16(火)00:04:51 ID:iIg
>>339
ああ、妙に食いつかれると思ったら「結構あった」って表現を「常習的(日常的)にあった」意味に捉えられたのね・・・ それはないわ・・・
「飢饉などの緊急時」の時点で余程の条件(その瞬間を凌がないと村単位で全滅レベル)を明確に表現したつもりだったが・・・
まあ、直前まで人肉食が日常の世界の話してたからそうなったか・・・・

殷王朝末期の水準は、自分としては「結構」どころか「日常的」の水準なんだが・・・
英単語で言えば「結構」をsometimes で、殷末期は always ぐらいの差を込めてるんだが・・・

まあ、「日本にも全く無いわけじゃない」という意図が幾らかあったので、有る方に強調する誇張表現ではあったかも。
不用意な表現でお騒がせしたようですまない。
343名無しさん@おーぷん :2018/01/16(火)00:10:47 ID:KIP
まあ、中国のそれがハードルが異様に低いことを話題にしてるときに、日本でも「結構」あったと言えば、大抵は中国と同程度か若干少ない程度だと読み取るわな。
デリケートな話題を扱ってるときは、ネタを出す順序や手取りにも気をつけないとね。
344名無しさん@おーぷん :2018/01/16(火)00:14:20 ID:iIg
>>343
まあ、以後気をつけます
345名無しさん@おーぷん :2018/01/16(火)00:15:46 ID:vYB
>>343
ありがと
346名無しさん@おーぷん :2018/01/16(火)00:41:12 ID:3xE
あの大陸では人肉饅頭が文革期まではあったようだ。
文革の最中、知識階級を皆で殺して喰った、人肉宴席の話もあるね。
グロ方向では胎児スープ。。今もやっているのかは分からないが。
なんなんだろうな。どうしたらああなる?
347三文易者◆MGhP/YWj7E :2018/01/16(火)01:33:34 ID:4nv
 こんばんは
今日はネタ三回目です。

 では、殷周時代にもてる男の条件というと、それは
「物資(備蓄食糧)を多く所有する者です」

 仮に嫁に行ったとしても夫の側の物資が少ない場合、
年をとって子供を産めなくなった時は、無駄飯食いになり、
「喰われるか?」「(虎のいる森に)捨てられるか?」
ですので。
 あずささん(仮称)でも嫁の行く先次第では末路は悲惨なわけですね。
(特に後者は手足を折ってから捨てるので、酷いことになります)

 易経には、娘を嫁に出した実家から文王へ
「娘の生命が危ういから救援を求める」
陳情が殺到したと推測できる文王の記述があります。


 この対策に対して、文王が採用したのは
「物蓄えられて然る後に禮有り」
(衣食足りて礼節を知る)
という方針です。
※他国へ略奪に走るのではなく、食糧増産を最優先して飢えなくする

 なによりも食糧増産して備蓄確保を優先し、その上で、女性を大切にしろ、と道徳教育する
という流れですね。

 繰り返しになりますが
「易経には清貧の概念はありません」

つづく
348三文易者◆MGhP/YWj7E :2018/01/16(火)01:35:11 ID:4nv
 具体的対策としては、主に二つ
1、穀物増産(屯田兵召募)
2、たんぱく源の安定供給(近隣異民族から「放牧」のやり方を手に入れる)
順に解説しましょう

1、前述した収穫祭における巫女舞による兵士召募がこれにあたります。
 集められた兵士は、屯田兵として農地開拓にあたるわけです。
(担当巫女さんの仕事も「戦勝祈願」よりも「豊作祈願」が中心になる)

 時々、巫女さんと一緒に行軍(パトロール)はあったそうですが、あくまで農地開拓が
中心です。
 さすがに殷との決戦が迫った時は軍事演習が必要となりますが、その時でも太公望が
「兵農一体」を主張し、基礎訓練は開拓業務を通じて行えばよいと主張し、開拓が優先されました。
(太公望は糧秣の物量差で殷に対して優位に立とうと考えていたようです)

 もう少し、イメージしやすくると、収穫祭において

①千早さん(仮称)
西周プロダクションのアイドル候補生入り。来年の収穫祭でデビュー予定。
デビュー後のアイドルとしての仕事は担当開拓地を巡って「豊作祈願」と行軍(パトロール)の同行

②食糧備蓄なく結婚できない男
アイドルの親衛隊として屯田兵入り。周の軍法を守り兵役を果たせば開拓地をもらえる。
功績をあげればアイドルと結婚できるかもしれない

これをうまく循環させて、穀物増産を目指すという考えです


2、周の後継者(武王)と放牧技術を持つ近隣異民族の娘(王姜)と婚姻させて、「放牧技術」を
手に入れるという方法です(太公望の献策とも言われている)
 これによって、周は安定したたんぱく源供給が始まり、文王は道徳教育に踏み切ることができる
ようになりました。

 殷周易姓革命はある意味「たんぱく源の供給源の有無」の戦いとも言えます。
勝者の周はそう考えていたようですね。

 易姓革命後、羊が入った漢字が創作され、ポジティブな意味を持つようになります。
(羊の放牧技術を手に入れたが殷に勝利できた最大の理由という判断)
例として「美」が挙げれますね。この字は「王姜」の創作だと伝わります

つづく
349三文易者◆MGhP/YWj7E :2018/01/16(火)01:37:30 ID:4nv
 としますと、太公望の「釣りの逸話」が浮いてしまうことになります。
(ここから先は、我が国における研究ではなく、文革前までの中国知識人の研究)

 本来ならば、「放牧技術を知る賢者がいる」ということで文王が訪ねてくる、という流れならば
わかります

 当時、釣りは外洋系海洋民族の持つ最先端技術であり、中国はその時点で釣りを知らなかった
ようですので、なぜこのような逸話が挿入されたのか?
(仮に知っていたとしても、釣という字に金偏が使われていることから、釣り針の材料として
金属が必要であり、当時の金属の価値からしてとても使えない)
(釣り針に使える大きな鯛の骨が手に入らない)

 中国知識人は「この逸話は創作であり、何か重要な意図が隠されているのでは?」と考えた
そうですね。この逸話は孔子の時代にすでにあったそうなので(太公望の子孫が健在)。

 結論から言いますと、
 太公望が異民族出身であることは常識でしたが、もしかしたら「外洋系海洋民族」出身者
であって、それをこの逸話に残したかったのではないか?
という一定の結論に達したそうです。


 殷の時代に黄河を遡ってやってくる外洋系海洋民族というと「黒歯人」ですね。
そして、中国知識人は「黒歯人=(海洋系)日本人」と認識していると

 そこで、それこそ遣隋使遣唐使の時代から、中国知識人は
「太公望は日本人である可能性があるよ」
と日本人へ伝えて、どこかの半島みたいな反応をすることを期待していたようですが
(日本人を格下の野蛮人と見下せるような反応を期待)
日本人の対応は冷淡そのものであったようです。
 日本人の対応があまりに冷淡であったので、やはりタダのネタ(妄想)か?という
結論に達したそうですけど。
※我が国にとっては「どうでもよいこと」という判断

 ところが、(前述しましたが)陳舜臣さんは来日したときに「観光」を見て仰天することになる
わけです。
 実際のところはどうなのかわかりませんが、ネタとしては面白いですね
 


 今日はここまでです。

 お目汚しいたしました。
 それでは消えます。
350名無しさん@おーぷん :2018/01/16(火)03:51:08 ID:K35
易者様、連日深夜に及ぶ投下お疲れ様です。翻って自分などは勤務形態がえらく不規則なので……まぁ私事はともかくですが。

ともあれ。本来の古い釣り針の遺物であれば、まずは縄文式の鹿骨、あるいは南洋式の大魚の魚骨、ともあれ、少なくとも加工性においてそれに類する材料で作られるはずです。
原初の釣り針を作った工具は石器です。琉球を含む南方系の技術では厚い貝殻の加工品も含むそうですが、まぁ同じことで。初手で成果物が金属の釣り針はあり得ないことです。

さて。さて。ともかく、ともかく。言った端から私事でありますが、自分が生意気放題のクソガキだった頃、社会化の見学で
”未だ発掘途中、そこいらに掘りかけの区画と立ち入り禁止の黄色のテープ。遺跡がでなきゃ野球場になるはずだった場所”
を見学したことがありまして。…………まぁ、その時から数年立って、”三内丸山遺跡”という大袈裟な名前が付きましたがw  まぁ、まぁ色々あって人生今この場所というものですな。
351名無しさん@おーぷん :2018/01/16(火)06:03:08 ID:LVG
易者先生ニム、カムサハムニダ
太公望の正体がチョッパリだったニカ!?それはつまり周の文王は韓半島出身ということニダね!
ウリナラマンセー!ウェーハッハッハ

中国人の期待していたどこかの半島みたいな反応ってこういうことかー(多分違う)
352名無しさん@おーぷん :2018/01/16(火)06:35:44 ID:9WV
易者さん乙です。

大事な娘を、嫁に出すのでさえ苦汁なのに、トラの餌にされたくないよな。
まあ、そう考える側も妻をトラの餌に出そうと考えていたなら、なんか微妙な気持ちにはなるけれど。

藤崎版でしか知らないが、「兵農一体」の描写はかなり印象に残っている。
抜き差しなら無い事情があったんだな。
353名無しさん@おーぷん :2018/01/16(火)07:20:32 ID:quC
易者さま運スレの皆さまおはようございます

>>351
実際そんな感じかもしれませんね
上か下かの序列以外で人間関係を理解できない世界に住んでると「自分の方が源流に近い」=自分の方が上!みたいに思ってしまうのかもしれない
一方の、何が何でも自分のとこが一番上位!な序列世界に住んでる人間から見ると「身の程知らずにアルファ症候群発症してやがる」という風に見えてしまう
序列意識の弱い民族から見ると、何が何だかわからない、と


(しかし、一度序列意識に飲み込まれると、そこから抜けるの結構大変なんですよねえ……)
354名無しさん@おーぷん :2018/01/16(火)07:22:19 ID:ZzS
易者さんお疲れ様です。

たんぱく源戦争かぁ…その視点はなかった。
お米をくれた天照大神と穀物の栽培指導を普及した大国主命ありがとございます!!!

太公望が日本人かは知らないけど、釣りキチだから日本人ウケしたのはわかる気がする。
そういえば太公望の釣り針は真っ直ぐだったそうですが、それも何かの意味があるのかな?

道徳なき経済は犯罪であり、経済なき道徳は寝言である、ってことですね!
355名無しさん@おーぷん :2018/01/16(火)07:28:24 ID:ykA
帰化した人が元日本人だったとして、「だからどうなの?」としか思わないよね。

これは、民族が入り乱れる大陸国家では不利なのかしらん。
356名無しさん@おーぷん :2018/01/16(火)07:55:24 ID:iIg
釣りや牧畜も無い時代にそれらのスキルを保有して国策として献じ、
軍師としてもそれなり以上の能力(兵力で上の相手を倒せる程度に)が有る人材。
斉に封じられて以降は(漁業+)製塩まで行い国力を増幅させる。

当時で考えたらまさに大賢者だわな。 見出した時の文王の喜びようが分かるわ
357名無しさん@おーぷん :2018/01/16(火)08:08:04 ID:7UW
信仰ってなんだと? スパイアルものじゃないと、納得しないんじゃないかと、、、
たぶん、わたしがそう、、、
358名無し :2018/01/16(火)08:11:06 ID:HSi
半島国の反応・・・それは箕子朝鮮のことですね。
天皇は呂氏とか言い出すことを期待したのかな?
359名無し :2018/01/16(火)08:14:13 ID:HSi
殷末周初の斉と春秋の覇者の斉は別物ということになりつつあるので
太公望は東夷というのはおかしくないですね。

後から来た羌族が、原住民の懐柔策として
太公望を始祖として取り入れたのでは?
360名無しさん@おーぷん :2018/01/16(火)08:21:36 ID:YaI
>>354
太公望ニキの釣り針が真っ直ぐなのは、元々考え事ついでの釣りポーズなので
魚を釣る気が無く、釣った魚も食べないので
キャッチアンドリリースして魚を傷付けるくらいなら
真っ直ぐな針でいいじゃん、って言われてそうしたようですお
361名無しさん@おーぷん :2018/01/16(火)09:04:39 ID:7UW
易者さん乙です。
ちょw かなり肉付きのある話、ありがとうございます。
まだ、消化出来ません。。。興味深いお話しなのに、、、モオーワチャ-
362名無しさん@おーぷん :2018/01/16(火)10:11:56 ID:ykA
>>356
有能ななまけ者だが、こんなにもたらしてくれるなら、それで十分余りある。
てか、ほんとになまけ者なのか?
363名無しさん@おーぷん :2018/01/16(火)10:40:22 ID:3xE
タンパク質戦争。。か。。

謎が一つ解けました。
古代の家畜で古くからいるのは犬、鶏、豚。ポリネシアンはこの三種をアウトリガーカヌーに同乗させて世界を渡った。
日本では豚は廃れましたが。イノシシって三代飼うと豚になると言われるほど家畜化が容易なんですよね。
中国では周代には大きめの柴犬のような犬が出土していますこら、普通にいた。それが、唐代には短吻種ばかりになるんです。
パグやチャウチャウ、ペキニーズと言った犬たちで、なかでもペキニーズは世界最古の犬種の一つ。
これらは猟犬としては役に立たない。食用や毛皮用なら分かりますがね。犬は基本肉食なんで、タンパク質不足の地には向かない家畜のはずです。
なんで中国原産種は短吻種ばかりなのか。贅沢な愛玩および食用動物だったと。

しっかし産めなくなったから虎の餌って、虎が人の味を覚えて危険だろうに。
364名無しさん@おーぷん :2018/01/16(火)11:44:15 ID:1YH
三文易者さん、ありがとうございます。

>>265
>アイドル巫女隊って周だけでなく殷にも居たんだよね
>太公望の小説で巫女同士でガンの飛ばし合いをする場面があった
>女性がこうして戦場に出てくるのって古代中国限定?他の地域では無かったのかな

> ただ殷の巫女さんは、敵に呪詛をかけるために最前線に出てくるので
>下手すると、矢を防ぐ盾代わりになりかねないわけですけど

大西巷一氏の漫画JOKERで眉女が描かれたコマがあったが、あのようなものだろうか。
"軍勢の前に呪飾を施した女が並びその視線を以て敵を呪詛したという"
文王「節子、そいつらアイドルやない。ただの い じ わ る ば あ さ ん(長谷川町子)や。」

祭祀国家だった殷の国の戦争における慣習として眉女を最前線に並べる。
朝霧が残る草原で開始の銅鑼と同時に、殷の巫女が呪詛を唱える。
殷軍の指揮官は矢の掛け合いと突撃のタイミングを計るも、周軍の巫女が前線に並んでいないので
周軍の巫女がどこに配置されているかを探す。
そして悟る。

ちっぱいの美少女 v.s. 嫁いびりや婿いびりで言葉責めを鍛えた垂れ胸いじわるばばあ

殷軍の士気に関わるので指揮官は口には出さなかったが、何かの感情が部下の殷軍にも広がる。
殷の巫女である眉女が有能な働き者から無能な働き者に変わった瞬間である。
これが文王と太公望が編み出した対殷の巫女戦術!!

目つきが悪く言葉責めするいじわるばばあ100人前を国中から集めて
最前線しかも敵の目前に一列に配備する戦術は黒歴史になるんだろうか…
365名無しさん@おーぷん :2018/01/16(火)11:44:15 ID:NuQ
>虎が人の味を覚えて危険
雑食は基本まずいって聞くけど動物にとって人間て美味いのかね?
弱いから狩りやすいと学習されると危険なのはわかるが

支那がごくナチュラルに日常的にカニバるのも人の味覚えたのかな?
日本に来てる中国人が公園の鳩をなんの抵抗もなく食う感覚に近いんじゃなかろか
「いっぱいいて"タダ"なのになんで日本人は食べないの?」

>>338
自己犠牲の精神じゃなくただの「おもてなし」だからね
妻子は代えが聞くし、普段は妻や子としての労役に従事させ、必要な時には食料にする、言葉の通じる高級な家畜みたいなもんなんだろう
(家畜の中で比較すると)滅多に食べれないものを供するから最上級のもてなしてことになるんだろうなあ
366名無しさん@おーぷん :2018/01/16(火)11:51:11 ID:NuQ
なんかエクセルサーガのメンチさんみたいだと思った
愛玩用兼いざという時の大事な非常食
367名無しさん@おーぷん :2018/01/16(火)11:57:37 ID:fth
そういえばアメノウズメさんは、天孫降臨の時に通せんぼする見慣れない奴に物怖じせず向かって行かれましたよね…格好いい姉さんキャラだなぁと思ったけど、戦の先頭にそういう女性を立てる、ということが古代は普通にあったのかな?
368名無しさん@おーぷん :2018/01/16(火)12:20:40 ID:3xE
>>365
いっぱい居て弱くて狩り易ければオッケー。
日本では危険なのは熊ですが。
現在進行中なのは秋田熊事件、史上最悪は三毛別ヒグマ事件。

逆に、虎の生活圏に人があまり入らない事が前提ってのが分かります。
日常的に狩りとか山菜採りとかやらないと。
369名無しさん@おーぷん :2018/01/16(火)12:21:50 ID:Gxb
>>19 易者様、>>285様、

中国海軍の新型原潜、商級、というそうですね……
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180115/k10011289431000.html

これも天風姤でしょうかね……
370名無し :2018/01/16(火)12:38:03 ID:HSi
三文易者さま、連日の勉強になる投稿ありがとうございます。

中国の宗教的禁忌というと、同姓婚ですが
妻がいざというときのあれだとすると
同族とは絶対に結婚しないのが、よく分かります。

同族婚が珍しくない周辺部族に、彼らは禽獣の所業と非難するのですが、
同族まであれするのかという意味合いなのでしょうね。
371名無し :2018/01/16(火)12:40:59 ID:HSi
性欲と食欲が未分離な状態とは
精神分析的にはどう判断されるのだろうか?
肛門期で止まっている?
あるいはフロイトも見落としていたような段階?!
372名無しさん@おーぷん :2018/01/16(火)13:02:48 ID:xLt
>>365
今は、猛獣より人類の方が総合力で上回ってるから「純粋な肉体勝負はザコ」ってバレるとまずいのは確かだけど、
古代だと、そこまで人類の方が有利と言い切れないと思うよ。
373名無しさん@おーぷん :2018/01/16(火)13:05:50 ID:3xE
しっかし。。古代中国人って不思議な連中ですねい。
釣りも家畜を飼うことも知らないってどこの野蛮人。
その上産児制限の知恵も足りないときた。
昔の知り合いに華北で従軍した元復員兵がいましたが、その人の話によると、大陸の連中はあるものは食べてしまう、使ってしまう。
奪われるより食べろ、な感覚だったとか。
374名無しさん@おーぷん :2018/01/16(火)13:11:03 ID:eRm
中国だからってより
大陸国家ってそんなもんでないのか
375名無しさん@おーぷん :2018/01/16(火)13:57:13 ID:N9I
ある日本人が大陸で食糧増産指導に励んだそうだ。
数多くいる子供達を養いやすくするために。
食糧が足りたとき奴らがした事が不可解。
やっと足りた食糧を食べる子供を増やしたそうだ。
奴らにとって子供が多くいることは最高。
働き手が多いとみる。
なんか動物的だよね。餌が多いと増える雀。
376名無しさん@おーぷん :2018/01/16(火)15:16:31 ID:pxY
>>360
お魚にも優しい望さんなのですね!
つまり魚釣りは考え事に向いてるのか。

>>362
怠け者だから、仕事が少しでも楽になるように頑張っちゃったのでは?
日本人もわりとそういうとこありますよね。信玄堤とか。
孫の代に楽する為に、百年単位で公共工事やる感じ?

文王のジイ様(太公)が望んだ賢人だから太公望と呼ばれたってことだけど、つまり文王のジイ様の時代から黄河流域をフラフラしてた釣りバカ(褒め言葉)がおったということなのかなー?
昔の黄河って何が釣れたんだろ?
377名無しさん@おーぷん :2018/01/16(火)16:35:37 ID:7Ta
家畜を飼う=牧畜民族=周辺で隙を伺う憎き異民族という等式が成り立ってたんじゃなかろうか。
都市という概念ができた古代農耕国家は、周辺の牧畜民族との終わりなき戦いがライフワークになるから。
ヨーロッパはキリスト教の下で徐々にそうした戦いを終わらせていったけど、中国はいまだに「中」国を名乗って戦いを継続してるからなあ。
378名無しさん@おーぷん :2018/01/16(火)18:22:39 ID:yqT
>>371

>肛門期で止まっている?

それはむしろ口唇期だと思われ。
379名無しさん@おーぷん :2018/01/16(火)18:37:02 ID:3xE
乾燥地だから、肉用家畜は羊か鶏か。
東に旅をする間にノウハウ身につけても不思議はないのに。
戦乱前提なら産児制限とは相性が悪いのも分かるが。
やっぱアレだよ。初爻たる民の竈の心配をちゃんとしなかったのが悪い。
衣食足りて礼節を知るどころか、ホッブス的貧困から抜け出せない。
一人っ子政策はその意味で画期的だったのは分かるが、失敗だし。
380名無し :2018/01/16(火)19:06:43 ID:HSi
>>378
なるほど、母と自己が未分離で女=おっぱい=お腹いっぱいのレベルと
おお、ひんぬーが迫害されている話と繋がった
381名無し :2018/01/16(火)19:14:09 ID:HSi
昔の黄河では数メートルもするチョウザメが釣れました。
本来のフカヒレはチョウザメらしいです。
鯉という漢字も元々はチョウザメを指します。
382名無しさん@おーぷん :2018/01/16(火)19:30:50 ID:ykA
五本爪の龍を大事にするくせに、国家の基本たる治水事業がめちゃくちゃ。
中国はちぐはぐすぎる。
383名無しさん@おーぷん :2018/01/16(火)19:31:41 ID:3xE
草魚も雷魚も。。戦前までは豊かな河だった筈なんだが。
384名無しさん@おーぷん :2018/01/16(火)20:56:42 ID:rtG
産児制限がおざなりなのは、儒教の弊害でもあるんだよな。
先祖を祀り続けるために子孫を絶やさないというのが絶対命題になってるから。
385名無しさん@おーぷん :2018/01/16(火)23:43:38 ID:VWz
>>371
中華人民共和国は父殺しと母殺しを同時にやって成立していますお
母は大清帝国、父は大日本帝国なのですお
マルクスとソビエトの呪いでああなったのですお

その癖、母なる大地と父の忘れ形見の日本国に甘えて育った小皇帝()なのですお
386三文易者◆MGhP/YWj7E :2018/01/17(水)00:27:43 ID:uZf
 こんばんは

>>350
私も数奇な運命を経て、こんなことをしております。

>>354
 黒歯人(海洋系日本人)は、殷朝時点で米(古代米=黒米)を常食していたという
記録があります。
 殷の主力商品は「粟」であったので、黒歯人としてはそれほど魅力のある国ではなかった
ようですね。そのせいかごく稀にしか来なかったようです。

 一方、黒歯人が持ち込んでくるのは、(貨幣にある)貝殻、真珠、翡翠、そして魚介類の乾物
だったそうで、殷としては垂涎の商品でした。
(魚介類の乾物製法は、当時最先端技術)
 黒歯人が対価として望んだのは、「竜骨(恐竜の化石)」だそうです。当時黄河流域では大量に
出土していたので
※今日でも、日本で加工された魚介類の乾物は中国人垂涎の商品ですね

>>362
 有能な怠け者は、「現実主義者で」「徹底した効率主義者」を意味しますね。
人事は、当然適材適所なわけで、周公は徹底的に仕事を押し付けられることになりました。
 なにしろ彼は
①誰に対しても腰が低いで人望があり(地山謙の記述を参照)、②周の公子で身分もあり、
③頭が良いので、文王・太公望の意図を正確に理解できる
わけですので
※太公望は何と言っても(人間扱いされていない)「異民族出身者」ということがネック

>>369
 よりによって「商」ですか(苦笑)。
「商」の解説は、正確に解説するととても長文になるので、いずれ機会がありましたら

>>373
 実は昌平坂での研究ですと
「姫」とは、女性の頤が大きいという意味で、「骨格が違う」ということになります。
 つまり、漢民族ではなく、おそらく西からきて定住した異民族である、ということに
なってしまいます。
(文革前の中国知識人も気づいていたようですが、それだけはどうしても認めたくなかった
ようですね)

 太公望も異民族出身であるとすると、古代中国の輝かしき周王朝は実は異民族国家という
ことに、・・・。
 実際のところどうなのかはわかりませんが。

つづく
387三文易者◆MGhP/YWj7E :2018/01/17(水)00:31:27 ID:uZf
 最後にひとつだけ

 文王は「アイドルプロデュースで国家を救う」という奇策を実行しました。
文王は易経の中で
「客寄せパンダ(アイドル)の質はその組織の質と比例する」
という趣旨の記述をしていますから
 千早さん(仮称)たちをただ舞台に上げただけではなく、かなりしっかりと教育して
からデビューさせたと思われます。

 さて、「客寄せパンダ(アイドル)の質はその組織の質と比例する」ということは、
自民党の客寄せパンダとすると、小泉進次郎氏あたりですか
一方、民進党系でいうと、男出入りが激しいさんあたりですかね。
 比較してみると、なるほど組織の質を比例していると思います。

 今日はここまでです。

 お目汚しいたしました。
 それでは消えます。
388名無しさん@おーぷん :2018/01/17(水)01:12:40 ID:3dg
(純血の漢民族なんて数える程も居ないだろうに)
389名無しさん@おーぷん :2018/01/17(水)06:51:25 ID:HVr
序列主義が、民族のアイデンティティを苦しめてる。
朝鮮民族よりはマシな状況だけれど、苦しみの性質は変わってない。。。
390名無しさん@おーぷん :2018/01/17(水)07:21:18 ID:Ch7
易者さんお疲れ様です!

やっぱり自分が思ってる以上に昔の人はアグレッシブで行動範囲が広いんだなぁ。
391名無しさん@おーぷん :2018/01/17(水)07:34:36 ID:Ch7
途中で送信してしまったごめんなさい。

とゆーか、歴代中華帝国で漢民族の王朝って漢と他にあったっけ状態で、漢民族の誇りって何よ?と思っちゃいます。
しかも今の中国人は多分モンゴル系。だって関羽みたいなヒゲがないもん。

太公望に仕事振られまくってたと聞くと、周公に親近感が湧いてきた…
三公のもう一人の召公も異民族だし、大変なポジションだったんですね(涙)

アイドルの質はお客さんの質に比例する…
それで舞妓さん芸妓さんはあれだけの教養を叩き込まれるのか…
392名無しさん@おーぷん :2018/01/17(水)07:53:34 ID:kNJ
そういえば台湾では、
中国人にはほとんどいないけど台湾人に多くみられる足の小指の爪が縦に二つ生えてるのを龍の爪と呼んで、
真の漢民族の子孫の証と言うんだとか。
ちなみに日本人にもこの爪の人けっこういる。
私の足の小指もメインの爪の横にちっちゃいのがもう一つ生えてる(つい最近まで割れやすい爪だなと思ってたのは内緒)
393名無しさん@おーぷん :2018/01/17(水)08:02:28 ID:gr3
>>391
人気の三国志の時代の支那大陸は関羽をはじめ多くの武将はどうも今でいうトルコ系と聞きますなぁ。
そしてその遺伝子達も今の見た目が東アジア人の群衆に混じっていったんでしょうね。
394名無しさん@おーぷん :2018/01/17(水)08:38:49 ID:5cP
>>392
自分もある
今までずっと割れてるからだと思って爪切りでできるだけ切ってたわ
龍の爪ってなんかかこいい響きだな!
395名無しさん@おーぷん :2018/01/17(水)08:54:04 ID:RsY
あっちは武道館満員クラスのガチ三世アイドル

こっちは路上で下ネタ大道芸、春も売ってるレベル

差が大きすぎて大草原www
396名無し :2018/01/17(水)10:36:59 ID:QKJ
中国という土地は異民族をひきいれてその命数を削る力があるんですかねぇ… 深淵には何があるんだろ… くわばら
397名無しさん@おーぷん :2018/01/17(水)10:55:39 ID:RsY
今の支那の統治と国家繁栄の為には「生け贄羊が多数必要」で
神様は「このやり方だと多くの人柱が要るけど良いの?他のやり方もあるよ?」と言ってた筈なのですお
で、中華文明はこのやり方でないと駄目なんだ、みたいな思い込みで続けてるっぽいのですお
支那の為に支那人が犠牲になるだけならまだしも、日本人や他民族をも盛大に巻き込んで居るのが現状で
支那本国では文化大革命と大粛清とお仏蘭西暗黒時代が同時進行なのですお
398名無しさん@おーぷん :2018/01/17(水)11:01:08 ID:ZlO
>>392
自分もあった。ジャマなので引っこ抜いたけど。
靴下に引っかかって結構いたかったから。

>>393
ここはオカルトに。その人たちは日の本にごっそり亡命したんだ。神様ごと。
399名無しさん@おーぷん :2018/01/17(水)11:15:19 ID:0A9
文王以外の時期の中国の神様は、嫉やましい妬ましい、タンパク質にされた恨み。
そういった思念の集合体(集合無意識)が中国の神になっちゃった。特に儒教以降。
それだから劇的に増えた国力・人口が、ガクッガクッガクッッと激減する落差の時に起きる
阿鼻叫喚を大好物、エネルギーにしていると考えればいいのかもな。
400名無しさん@おーぷん :2018/01/17(水)11:23:03 ID:iaP
あーそれきいたことある。
足の爪が割れてるのと、ひじのうらのもう一本の筋(輪ゴムのあとみたいなやつ
けど漢民族ではなく、龍族ときいた。
ちうごくにはほとんどおらず、日本人に多いとも。。。
401名無しさん@おーぷん :2018/01/17(水)13:46:57 ID:kcY
>その人たちは日の本にごっそり亡命したんだ。神様ごと。

それは流石に無理が有るかと。w
M原照子という「予見」でそこそこ有名な人が紀伊半島に騎馬民族が大量に上陸、
日本に同化という話をしてたことがあるけど流石にそれは。w
402名無しさん@おーぷん :2018/01/17(水)15:13:57 ID:Ch7
日本に亡命すると信者がゲットできるかわりに女体化やら擬人化やらで大変ですけどね!>関羽さん
403名無しさん@おーぷん :2018/01/17(水)15:19:45 ID:OC3
???「女体化くらいで騒ぐでない、なんだよノブナガンって」
404名無しさん@おーぷん :2018/01/17(水)15:48:36 ID:CZj
歴史上の人物を扱った戯作は、作られる事で、
その本人や登場人物の供養になると考える。

織田信長の子孫は、名字が変わった方も含めれば
数万人は現存するし、建勲神社では信長本人を祀っている。
今後も信長本人は忘れ去られる事は無いだろう。

信長ネタの作品は、信長本人よりも登場した
同時代の人々を思い出す効果が半端ない。
忘れないことが供養。
405名無しさん@おーぷん :2018/01/17(水)17:12:19 ID:OC3
(沖田さんや山南さんや斎藤さんや真田さんや徳川さんが活躍するアニメが戦後二十五年の70年代に大ヒットしたなぁ)
(真田さんの「こんな事もあろうかと」で敵の必殺の一撃をはじき返すのはまるで真田丸だったし)
(後日の新鮮組再評価の萌芽だったと見る向きもあったっけな)
406名無しさん@おーぷん :2018/01/17(水)17:46:30 ID:84q
>>392
引っかかって邪魔で仕方ない爪が「龍の爪」とは
知らなかったわ。カッコいいですね!

あまりにも邪魔で深爪してたら、いつの間に無くなった
407名無しさん@おーぷん :2018/01/17(水)19:20:27 ID:hcj
>>396
>異民族をひきいれて
そもそも支那が漢民族の土地なのかという疑問
華人の国が栄えた時代はあったがそれも有史全体でみれば一時期だし
周辺の異民族を部族単位で人狩りしては自国で奴隷化してるうちに華人と胡人で血も文化も混じってしまい五胡十六国でもうぐっちゃぐちゃ
その後に隋唐で繁栄するけど胡人の国だし

そりゃ島国の日本ですらいろいろ混ざってるんだから大陸なんかもっとぐっちゃぐちゃで当たり前なんだけど
正直漢民族って何よ?と言いたくなる
408名無しさん@おーぷん :2018/01/17(水)19:42:58 ID:0A9
確かに何が?何を以て?「漢民族とする」をちゃんと考えると、、、、


「【中国】とは所詮、幻想でしかない」だよなwww


中国の歴史の本質は、【漢】に憧れ騙る「田舎者の野蛮な北方民族誌」と言っていいんジャマイカ
マジで
409名無しさん@おーぷん :2018/01/17(水)19:46:16 ID:4gh
>>408
古代中国文明の開祖って、金髪碧眼の白人種って説もあるからねぇ。
410名無しさん@おーぷん :2018/01/17(水)19:49:45 ID:90A
共同体としての幻想は大事だよ。
でも、漢民族の幻想は、ところどころ欠陥があって成立し得ないと思う。

あと民族の幻想には、国体たる王室が重要。
でも何度も前王朝の否定や虐殺やってれば、共同幻想の力も無くなってしまうと思う。
だからもう無理なんじゃないかな。
411名無しさん@おーぷん :2018/01/17(水)19:54:23 ID:0A9
なるほど。指摘されるとその指摘そのままですね。
幻想は幻想でも、その正当性には説得力ある純血性が必要ですわな。
それを「血」でなく、「思想」で継ごうとしたのが儒教なのかも?
その歪がどんどん儒教によって貯まる一方になっていたとか。
412名無しさん@おーぷん :2018/01/17(水)19:58:07 ID:ZlO
易姓革命を失ったらどうやって国家を再建するんだろう。を
呉はせーの!で民主主義掲げそうたが。
413名無しさん@おーぷん :2018/01/17(水)21:01:36 ID:vEe
>>401
ゴッソリ、と言うのは今の状況から言えばそうなるだけで
実際は何百年と時間を掛けて人とモノと思想と信仰と神仙とが
ジワジワと此方へ引っ越して来たって事ですねい
侵食と言うにはあまりにも緩慢に浸透して来て同化したのですお
414名無しさん@おーぷん :2018/01/17(水)21:05:11 ID:wH7
創作による供養で重要なのが「悪役」「敗者」の扱いだよな。
日本では悪役に人気あるのを特亜は「日本は強い者に従う」と勘違いしてるけど、歴史の主役になれなかった人物を悲劇の主人公に
とりあげることで、歴史を見つめる視点に自由度を確保してるんだけどねぇ……
415名無しさん@おーぷん :2018/01/17(水)21:20:04 ID:NBl
曹操ってでもまあ大陸でもんな人気な訳でないんでしょ?
416名無しさん@おーぷん :2018/01/17(水)22:01:57 ID:T6U
劉備一味が中国で人気あるのが彼らが「侠」だから、なんだけど
これもまた儒教によって殺された価値観なんだよねえ
417名無しさん@おーぷん :2018/01/17(水)22:05:58 ID:5oV
なので漢室の末裔たる季漢(蜀)が正統と言う事で
儒教的折り合いをつけました
418名無し :2018/01/17(水)22:48:18 ID:Vaq
>>348
易者さんが王姜ちゃんを取り上げてくださったので
王姜ちゃん関連の金文をいくつか紹介します。
西周では女性は虐げられていなかった証拠になるかと

叔隋器
王が宗周で祀りをした。王姜が叔(周公旦?)を大保(召公)に使いさせた。
(召公は)叔に金属や牛を褒美として与えた。
叔は召公の徳を称えて、宝器を作った。

泉伯ユウ
泉伯が王姜から貝を賜って父乙の宝器を作った。

令キ
成王が楚伯を攻めていた時に、ヨク令が王姜をもてなしの礼をした。
王姜はその褒美として、貝十朋、臣十家、隔百人と由緒ある武具を賜った
令はこれに感謝し・・・我が家の婦人と子孫は長くこれを宝とすべきである

環ユウ
成王が・・・にいた時に王姜は作冊環に命じて
夷伯を慰撫して貝と布を賜った。
夷伯は王姜のご恩に感謝して、この宝器を作った。

貝って技術者10人と奴隷100人よりも価値があったんですね。
419名無しさん@おーぷん :2018/01/17(水)23:41:48 ID:iag
冬季五輪を巡って韓国が北朝鮮に利用されていると
傍目にわかっていても進行するのは以前易者さんが
指摘した自称受益者の目論見通りなんだろうか
応援に美女軍団(マスゴミ的に女性軍団、なぜ変わった)派遣?
マスゴミはアイドル化するんですかねぇ
420三文易者◆MGhP/YWj7E :2018/01/18(木)00:56:34 ID:7b3
 こんばんは
 今まで投下した文王の巫女ネタ(アイドルプロデュースネタ)を考えてみますと、
残りの重要論点は2つなので、予定を変更して一気に投下しきってしまうことにします。
(小論点はまだ無数にありますが)

 次のネタは、
 文王が考えていた「舞台設置方法」「衣装」「髪飾り」についてです。
千早さん(仮称)たちは、当時の美的感覚からすると美人ではないので、
これをいかに「美しく」「可愛らしく」演出するかについては極めて重要になります。

 文王は人生かけて研究した陰陽の研究成果の神髄を全て注ぎ込んだようで、
「舞台設営」「照明の位置」「衣装(ステージ衣装)」について、易経の中で熱く語っています。

 現代風に言うと「才能の無駄遣い」レベルで、私には文王の価値観は
アイドルプロデュース>>>>殷朝打倒(易姓革命)
であったように思えてならないのですけれども(苦笑)

 明日夜に投下予定です。


つづく
421名無しさん@おーぷん :2018/01/18(木)00:59:12 ID:6mt
>>418
殷周の都はどちらかと言えば平原の西側の山裾で、海から数百kmは離れた位置ですし、
貨幣として使われた子安貝を手に入れるには、近い方でも数百km東方の海岸地域にいる海洋系異民族、
さもなくば数千km南方のインドシナ方面からの交易で手に入れなければならないわけで・・・
それこそ一つ一つが現在のダイヤモンドとかの宝石レベルの貴重な品だったのでしょう。

貝一朋が5枚×2列=10枚らしいので、十朋なら100枚分
現代の価値換算が仮に一枚1000万円程度としても10億円相当
技術者10人や奴隷100人と同等の価値としても、まあ妥当なのかな、と

財産に絡む漢字には尽く貝の字が入ってるだけはあるかと。
422三文易者◆MGhP/YWj7E :2018/01/18(木)01:00:12 ID:7b3
>>418
 王姜は異民族の娘なので、西周の後継者の「正妻」となるには多くの障害がありました。

 殷朝の大諸侯である西周の後継者の正妻とならば、殷帝室の直系の姫でも相応の格ですから、
異民族の娘を正妻にするというのは大変なことです。
 そもそも王姜の実家の方で信じてもらえませんね。よっぽど「妾兼人質」といった方が、信憑性が
あるくらいですし

 王姜の実家の信用獲得、西周国内の反対意見封じ込めは、全て太公望の意を受けた周公に
やってもらったわけですけど(こき使われているわけです)


 それから、「貝」が価値があるのは箕氏の功績です。
彼は、殷朝が貝を相当量の「粟」と交換可能な兌換貨幣としていたことを利用して、周辺遊牧民と
の交易に使おうとする策を立てていました。そうすることで、周辺遊牧民を殷の経済圏に組み込み
たんぱく源の安定供給を図ろうとしてたわけですね。

 酒池肉林に使われた肉の一部は、彼が周辺遊牧民と直接交渉して手に入れてきたもので
あったようです。ただ、下々に回すことなく特権階級の娯楽で消費してしつづけてしまうことで、
彼の策は破れるわけですけど

 貝を兌換貨幣とすることは周も受け継ぎましたので、周辺遊牧民との取引にも使えますから、
価値が高いのは当然かと

 なお、儒教が商業活動を悪とするのは、貨幣を発明したのが殷朝だからです


>>419
 底が見えているので、アイドル化は難しいかと


 今日はここまでです。

 それでは消えます。
 
423名無しさん@おーぷん :2018/01/18(木)01:25:17 ID:Npb
アイドル衣装で試行錯誤した結果「シンプルな白」で行こう、としたのは確かに一周回った感がハンパなかった。
424名無しさん@おーぷん :2018/01/18(木)01:52:26 ID:KQv
易者さんの太公望に関する記述を見ると、何となく
「争い事は外でするものである」
ということだった某フフンを思い出します。
425名無しさん@おーぷん :2018/01/18(木)05:21:56 ID:eio
話の流れぶった切りですが、21世紀の日本には合戦コンサルタントなる職業があるらしい。
今時の日本人は合戦(チャンバラ)で組織内の対話を活性化させるそうですぞ。

文王のアイドルプロデュース大作戦を聞いていると、米軍やら英軍やらが新兵教育のために、任天堂DSやらPSPを導入した話を思い出す。
英軍が新兵を育てているその頃、米軍はアイドルを育成しているのであった、というオチがついてて、世界は平和だなーと思ったものです。
426名無しさん@おーぷん :2018/01/18(木)06:51:59 ID:Bnw
>>420
真面目に働いていたら、周囲の人の要請で王様になってしまった。
これ、いろんな職業の理想型ですね。
こういった形の人は、なかなか天狗にならないし、そこがしっかりしていた文王さんみたいですね。
427名無し :2018/01/18(木)07:33:13 ID:hPZ
現代のアイドルプロデューサー
(アイドルを大事にし過ぎるので出世できなかったおじさん)が
転生して・・・というアニメが作れそうですね。
428名無しさん@おーぷん :2018/01/18(木)07:56:20 ID:Nlz
横綱・白鵬、張り手からのかちあげエルボーを封印した途端に弱くなる …
大相撲初場所4日目、嘉風にはたかれて連敗し呆然
http://niwaka2pow.blog.fc2.com/blog-entry-14863.html

これも厚化粧(化けの皮)が剥がれていっているということですかねえ・・・
(厚化粧は女性とは限らない) 立春前なのに動き(流れ)が早いのかな?
429名無しさん@おーぷん :2018/01/18(木)09:38:54 ID:2Vb
>>428
モンゴル相撲はそんな感じですよね、朝青龍もそんな感じでしたし

でも、モンゴル横綱の誕生日とか吉田司の熊本とか相撲関係で地震?
神様もお怒りなのかも。
430名無しさん@おーぷん :2018/01/18(木)15:06:36 ID:eio
相撲は神事ですからねぇ…
最近、地震のナマズさんを抑え切れてないのは汚い相撲を奉納してるせいはあると思います割とマジで。
今のままでやるならプロレスみたいに興行でやれと思う。
431名無しさん@おーぷん :2018/01/18(木)15:27:34 ID:Uns
易者さんありがとうございます。

貨幣は殷の発明と。。なんでこんな面白くて大事な話をやらないかな。高校の世界史の教師は西洋史が専門だったけれど。
しっかしせっ
432名無しさん@おーぷん :2018/01/18(木)15:28:19 ID:Uns
おっと飛んでしまった。
せっかく安定供給に目処がついた肉を。。
まー勿体無い。
433名無しさん@おーぷん :2018/01/18(木)15:36:31 ID:U81
巫女とは少し違うけれど。
秦の穆公の時代、西戎を攻略する為に女楽二八(16人の女歌舞団)
が現地に派遣されて見事に成功したそうな。民明アタックの威力がここ
まであるならプロデュースを疎かには出来ないわなあ。
趣味が実益を兼ねるならなおさら。
434名無しさん@おーぷん :2018/01/18(木)15:44:53 ID:aoT
日本の神様は大雑把だから、怒ると纏めて潰される荒ぶる神。
精密爆撃しません。
無関係?無実?なにそれ? 天罰覿面! ……巻き込まれて痛い。


こういう国に住んでいるから、色々と無理な条件を出して
正義ぶっちゃう馬鹿ちょんやパヨクに一層苛つく面もある。
435名無しさん@おーぷん :2018/01/18(木)16:14:51 ID:K9I
民明アタックはやめてw(知っているのか雷電
436名無しさん@おーぷん :2018/01/18(木)17:56:42 ID:eio
現代の中共が結構マジに悩んでるっぽいミンメイアタックの元祖は文王だったのか…歴史の皮肉ですねぇ。
「貴様ら!日本が滅んだらワンピースは完結しないし、薄い本の供給も止まるんだぞ!」っていう脅し文句は結構効きそうですよね。
437名無し :2018/01/18(木)18:09:14 ID:hPZ
最近の金文の研究によると召公は東夷で殷の配下でしたが
殷滅亡後に周の配下に入り、進んだ養蚕と機織りの技術を
陝西にもたらしたそうです。
詩経にも召公と機織りを結びつけた歌があります。

大保ですから、成王の教育係でもあったわけですね。

私個人は、太公望よりは召公の方が倭人だった
可能性があると思っています、
日本の絹織物の技術は弥生時代から高かったですから。

アイドルの話に戻ると、召公はさしずめ敵プロダクションから
引き抜いた優秀な衣装さんですね。
露出高め一辺倒の殷の衣装に疑問を感じていた!?

先の金文も、結婚後は文王のプロダクションを受け継いだ
王姜ちゃんが、召公に「次の鎬京48の衣装はこれでお願いね、
私も大トリで出るから新衣忘れないでね」とか
出した注文だったりして
438名無しさん@おーぷん :2018/01/18(木)18:42:00 ID:qqo
伊勢で奉納されるのも海産物の干物が結構多いな。
「日本がなくても中国は平気だけど日本はどうするの」
というのが親中派の常套句だけど、ほぼすべての時代にわたって嘘なのかもしれないな。

アイドルの起源は古代中国なのは事実のようだが、天風姤の処し方は民明書房に収録されなかったようだ…。
439名無しさん@おーぷん :2018/01/18(木)19:20:59 ID:Uns
中国が無くとも日本は平気なんだけどね。。
対明対清貿易なんか微々たるものだし、やたら鮫を乱獲して鰭を欲しがる連中が居なくなれば平和になる。
市場なら東南アジアもインドもアフリカも南米もあるからね。
440名無しさん@おーぷん :2018/01/18(木)19:23:15 ID:eio
想像してごらん日本のない世界を〜。

スプラトゥーンはないし、ドラえもんもキャプ翼もないし、シャーペンもないしカッターもないし、お前らが食ってる小麦は日本が開発した品種の子孫なんだぞー。
スターウォーズだって生まれなかったし、ビートルズは有名にならなかったかもしんないー。
441名無しさん@おーぷん :2018/01/18(木)19:48:13 ID:Uns
そもそも中国語は近代に対応出来ず。
今頃は北京官話ではなく英語が公用語かな〜
442名無しさん@おーぷん :2018/01/18(木)19:52:25 ID:K9I
大日本帝国が無ければ、欧米の植民地経営は今でも続いていた可能性があるし
中華人民共和国も朝鮮民主主義人民共和国も大韓民国も
他の欧米植民地は兎も角、成り立ちようが無かったのは確かなんですお
マルクスの呪いと傾国の美女さえ居なければ、この世界はもっとまともであった筈なのですお
443名無しさん@おーぷん :2018/01/18(木)19:55:49 ID:K9I
>>438
遮光器土偶は、実は仮面と派手な衣装を纏って踊る女性がモデルだったりして、とな
444名無しさん@おーぷん :2018/01/18(木)20:34:17 ID:Uns
アフリカは植民地のままでいた方が幸せだった可能性が。それはそれで悲しいけれど。
445名無しさん@おーぷん :2018/01/18(木)20:48:31 ID:K9I
南アフリカ方式から改良して、教育水準を上げてエリート育成と同時進行で
徐々にアパルトヘイトを解除し植民地経営から民族自決としての国家経営へとシフトして行き
最終的には宗主国とのパートナーシップ、同盟国への格上げが理想的かと思いますお

多少のお仕着せは仕方ないですが、エリート達が自分で考えて改造して
独立後に自分達の理想を追求すれば良いのですお

未だ戦国時代なメンタルから近代化するには、室町から江戸時代までを体験して貰わないときっと無理なのですお
446名無しさん@おーぷん :2018/01/18(木)21:09:17 ID:IUG
ボツワナスレを見る事をお勧めする
447名無しさん@おーぷん :2018/01/18(木)21:10:18 ID:Uns
200年はかかりますね。
宗主国側も変わらなければならないが、難しいな。
アフリカで日本人がフランスが持ち去った一国の地図を作り直した話があるが、アルジェリアでもぶっ壊して帰ったでしょう?彼らは。
448名無しさん@おーぷん :2018/01/18(木)21:12:35 ID:K9I
更地にして間引きして少数精鋭で三百年くらい掛ければ良いですお(アカン
449名無しさん@おーぷん :2018/01/18(木)21:15:33 ID:Uns
それに日本が無かったら米ソが核戦争やってとっくにひどいことになっていた可能性ももも。生き残るのは南米とOGだけとか。
450名無しさん@おーぷん :2018/01/18(木)21:22:46 ID:K9I
(支那ソビエトが核兵器を早期に取得出来たのは日米開戦工作が成功したからやで)
451名無しさん@おーぷん :2018/01/18(木)22:13:53 ID:tzt
大丈夫だ!
欧州はもうじきイスラム教の征服者に支配されちゃう。

近代以降の欧州各国は、如何にしてカトリックの影響を
減らすかに注力した挙句、21世紀にイスラム教徒を
取り込んで急速に傾きつつある。
452名無しさん@おーぷん :2018/01/18(木)22:39:52 ID:oYf
>>441
西洋の言葉を漢字で表した当時の日本人の能力と勤勉さには
本当に頭が下がりますよね~
日本の為に貪欲に知識を取り入れ消化し我が身とするのは
大変な労力だったと思います
振り返り凡庸な我が身は日本のために何ができるのかと悲しくなる
453名無し :2018/01/18(木)22:47:14 ID:hPZ
日本人は漢籍だけではなく、仏典も自家薬籠中にしていましたから
科学や哲学な仏典から用語を借りて翻訳しています。
儒学と道教だけで西洋の知識体系を翻訳するのは多分無理
時間の概念や多層的な世界観が翻訳できない
454名無しさん@おーぷん :2018/01/18(木)22:57:03 ID:Bnw
日本の立地条件で生き残るには、貪欲に知識を取り入れなきゃならないからね。
地震雷火事津波台風、災害だけでもかなりの難度だ。
縄文時代と中国やヨーロッパ他諸外国と比べる輩は多いが、日本の環境はハードモードだと忘れがちである。
455名無しさん@おーぷん :2018/01/18(木)23:04:57 ID:LRc
ここの方は博識な方が多いですね。勉強になります。
456名無しさん@おーぷん :2018/01/18(木)23:08:26 ID:BGb
>>454
>日本の環境はハードモードだと忘れがちである。
 そのかわり、農業に適した地質と有力漁場があるぞ。両方ともテックレベル低くても活用できる。
 同様に、テックレベル低くても露天掘りできる地層に鉱物資源もあったし。
 連作不可な麦ではなく米が作れる気候であることがとても大きい。

 ……建築工作に適した石材資源にだけは乏しいけど。でも木材資源が豊富だから困りはしない。
457名無しさん@おーぷん :2018/01/18(木)23:11:12 ID:MmO
>>453
中国にすれば、向こうは自分らの装備品と同じか型落ち品で大成功してるのに、こちらは決してできないわけだからな。
こういうのはアイデンティティへのダメージが大きいんだよな。
下級戦士にどうしても勝てなかったエリート王子のように、競争以外の生きがいを見つけられればいいけどねえ……
458名無しさん@おーぷん :2018/01/18(木)23:16:33 ID:Uns
日本の気候のアドバンテージはなによりも水ですねぃ。
化石水に依存せずに水需要賄ってる国は実は少ないです。
今でも、豊富な雨のおかげで土壌が救われてます。
べらぼうに高い再生力も水のおかげ。

>>457
いちいち焚書やるようなアホな国とは違うです。
昌平坂の成果もきちんと継承されていると知りました。
これは凄いことです。
459名無しさん@おーぷん :2018/01/18(木)23:23:50 ID:9z9
日本にやってくる紛いモノって何だろねえ
来月は冬のオリンピック
何かあるかな
広告代理店、マスコミ、テレビ
ネットのお
460名無しさん@おーぷん :2018/01/18(木)23:25:04 ID:RXy
>>452
さらに加えて、明治期の綺羅星の如き(好き嫌いは大いに認めます。どれも個性的でアクが強いですし)文学の数々も意外と重要かと。
拙い私見ですが、「欧米に近代をもたらした背景にはいかなる精神世界があったのか?」という無形の世界にも探求の手を伸ばしていた印象があります。

……まぁ、文学全集に載らない作品もそれこそ山のようにあったでしょうし。
気楽な娯楽としての自由な創作と自由な読書こそ文化文明の見えない基礎であり、我々市井の一読者もその一端を担ってはいるのでしょう。きっと今も昔も。
461名無しさん@おーぷん :2018/01/18(木)23:27:53 ID:BGb
>>459
>日本にやって来る紛い物
「親中」のムードじゃないですか?
 今、独仏は全力挙げて共産中国を支えていますから。
 支え切れるのか、そして独仏の国益的に支える意味があるのかは真剣に聞いてみたいですが。
 マスコミが独仏のグローバリストと組んで、また反安倍政権の工作を激化させる気がします。
462名無しさん@おーぷん :2018/01/18(木)23:27:59 ID:9z9
何か書き込み失敗
ネットのおかげで解ったことや逆にみたいもの信じたいもののみみてる様なきもするけど
何にかが起こりそうでワクワクするね
463名無しさん@おーぷん :2018/01/18(木)23:30:55 ID:MmO
>競争以外の生きがいを見つけられればいいけどねえ……
自分で書いておいてなんだけど、ちょいと誤解されそうな文だな。
競争自体は絶対に必要なんだけど、その競争の結果に求めるものが大事なんだよね。
勝って、勝って、勝ち続けて、永久に戦い続けて、そんな修羅道を地球生まれのサイヤ人のように楽しく散歩するには必要なものがある。
464名無しさん@おーぷん :2018/01/18(木)23:31:05 ID:oYf
>>459
アイキャンとかいう市民運動的なものは
全くもってまがい物でしたね~
村本が早速食いついて炎上してるし(笑)

明治期の文学の文体の美しさは何なんでしょうね
綺羅星の如きとはとても良い例え
465名無しさん@おーぷん :2018/01/18(木)23:31:12 ID:Uns
ところで、重要な役を振られたらしき維新ですが、松井さん、新潟の厚化粧知事を訴えましたね。
こういうことは自民の政治家はやらないかも。
466名無しさん@おーぷん :2018/01/18(木)23:31:50 ID:BGb
>>458
唐代までは断じて支那の方が進んでいたんですけどね。
焼き捨てて建て直し、また焼き捨てて建て直しの繰り返し。
中の人(民族)が変わっても、同じ事を繰り返し続けている。
追い抜かれるのは当然。

支那大陸の呪いとは、都合の悪い記録や文化の焼き捨てを是とする価値観なのかも。
467名無しさん@おーぷん :2018/01/18(木)23:53:04 ID:Bnw
>>460
その頃の羽織ゴロ……または高等遊民には意義があった。
教養を教養として昇華させた功績は、国民全体の文化水準を近代化より先に引き上げたからね。
468名無しさん@おーぷん :2018/01/18(木)23:58:17 ID:qdm
ゲームのリセット癖よりたちが悪い
469名無しさん@おーぷん :2018/01/19(金)00:15:59 ID:gCN
>>468
ゲームと違うのは、リセマラやってもレアキャラやレアアイテムは決してドロップしないのが現実世界。
なら地道に攻略したほうが何倍も成果を出せる。
470三文易者◆MGhP/YWj7E :2018/01/19(金)01:45:47 ID:2zP
 こんばんは
それでは続きです。

 千早さん(仮称)は当時の美的感覚では美人ではないので、彼女たちの良さを
どう認めさせるか?(地位向上を図るか?)について、文王がどのように考えていたかに
ついてネタを投下します。

 まず文王の目的は、彼女たちの地位向上です。要するに、たんぱく源から人間扱いされる
ように、国民の意識改革ですね。
 ですから、当たり前ですがパッドをつけて胡麻化すような安直な方法はとりません。

 基本方針として、離火が美人(離は麗)を意味するので、文王は千早さん(仮称)たち(=兌澤)
に離火の気を纏わせて、魅力を上げて、国民に彼女たちの良さを認識させる、という方法になり
ます。


1、舞台設営について
 (彼女たちの良さが認められるまでは)白昼下の舞台はよろしくないということになります。
天に離火(日)があり、その下に千早さん(仮称)(兌澤)では、火澤睽となるからです。
睽は背くという意味ですから、離火と兌澤は互いに背き合うことになり、兌澤に離火の気を
纏わせることはできません。
 また、星空の下の舞台も白昼下よりかはマシですが、やはりよろしくはありません(後述)。

 良い方法としては、舞台観客席を屋内に入れる大きな建物をつくり、火による照明をあてる
という形です。卦としては「山火賁」という形になります
(賁とは飾るという意味)

 屋内にするのは、火(離火)の気を逃がさないためです。特に、離火の気は上に昇ると考えれ
いましたので、逃がさないように屋根が必要というわけです。
 (そのため、星空の下で火による照明では意味がないと考えられました)

 これについて、我が国の江戸期の易経研究家「新井白蛾」は
「門内美を競う」(屋内で離火の気が満ちており、複数の女性が美を競える状態)
と述べており、それはこのことを指します


2、照明
 舞台をうまくいかせるためには、澤火革にする必要があります。
舞台(ステージ)で革命を起こさせるわけですね。

 澤(巫女さん)の下に火(照明)とあるわけですから、火は舞台の下から照らす形になります。
炎の位置は、巫女さんの膝の位置までということになります

つづく
471三文易者◆MGhP/YWj7E :2018/01/19(金)01:46:26 ID:2zP
3、衣装
 衣装もまた、「澤火革」になるように配慮されました。

 つまり、上半身が澤、下半身が火となるようなステージ衣装です。
元々、彼女たちは兌澤なわけですから、下半身の衣装が重要となります。

 まず、下半身の衣装はスカートではなく、袴のようなもの(ズボン)にされました。
観客は舞台の下にあって、照明が下からあてられているわけですから、当然のことです。
 離火の陰陽をよく見れば、袴であることがわかると思います。

 また袴の色は離火の色である紅ですね。

 一方、上半身は「色无きなり」とありますから、白ということになります。
また、上半身は兌澤(少女)なわけですから、当然パッドなど不要です

 としますと、ちょうど日本の巫女さんのような衣装になりますね


4、化粧
 上半身は澤(少女)なわけですから、化粧も派手なメイクではなく、あどけなさが出る
ものとなります。特に口紅は不要ですね。紅の飾り(衣装)は下半身であるべきなので


5、髪飾り
 周公は上爻(頭部)は白賁と述べていますので、白いリボンのようなものということに
なるでしょう


大体、こんな感じです。


 ところで、文王はいろいろと仕掛けを考えていたわけですが、このことが
意外なところで彼の命を救うことになりました。

 「姫昌に謀反の疑いあり」とされ、彼は殷に呼び出され詰問を受けることになったときです。
謀反の疑いの理由が彼の書いた易経の「澤火革(革命)」でした。
 文王は、巫女の舞台の説明をして言い逃れをしたと伝わります。

 大体こんな感じでしょうか?

(上記のようなネタを言ったうえで)
(少し逝っちゃった目をしながら)
文王「その舞台(ステージ)で、彼女たちは革命(レボリューション)するのだ!!!」
帝辛(紂王)・妲己・殷の重臣「ポカーン」

 一応、姫昌に謀反の意思はないと、殷の朝廷は判断することになります

つづく
472三文易者◆MGhP/YWj7E :2018/01/19(金)01:47:39 ID:2zP
 最後に、周公の記述も少し解説しておきます。
5爻については召公について周公が述べている部分なので

「賁于丘園」「束帛戔戔」「吝終吉」
※束帛は絹一束、戔戔は少ないという意味
意味は
「(召公のために)丘の上まで飾るほどの派手なステージをしたら」
「召公の返礼は、絹一束というあまりにも少ないものであった」
「あまりに吝嗇なので頭にきたが、(周のためになる有用な人物なので)
我慢したら、最後は吉を得た」

 要するに、周公は召公を「有能ではあるが」「吝嗇(ケチ)」を評しているわけですね。

 周公は、相当頭にきたようで、召公に対して結構辛辣なことを言っていますね
おそらく、巫女さん一人に絹一束(新しいステージ衣装分)くらい当然だろう、と考えていたようで

 お目汚しいたしました。
 それでは消えます。
473名無しさん@おーぷん :2018/01/19(金)02:17:05 ID:Akm
投下お疲れ様です。

何時の事だったか神前の結婚式の末席に座ったことがありますが、巫女さんの緋袴と白の千早(着物)の色彩のコントラストが綺麗だったことは覚えてます。
…新郎新婦、特に普段から世話になってる新郎の兄貴分にはノーコメントで。後ろ姿ですし。あと、とんがり帽子?の神職さんの祝詞は声がバリトンでした。

…………何か現代の舞台演出の具体的ノウハウのお話を伺っているような心持ちですが、基底にある人間心理は今も昔もそうそう変わらないものなのでしょうか。
あと正直申し上げて、(本来なら)助命嘆願の場で妙な力説をされた殷の紂王、妲己と重臣たちに些かの同情の念を覚えなくもありませんw
474名無しさん@おーぷん :2018/01/19(金)02:25:05 ID:kxm
おかしいな…三千年前の世界の偉人がガチャにはまった挙句
世界の理(という名前の緑の悪魔)と戦う
プロデューサーにしか見えなくなってきたぞw

>絹一束(新しいステージ衣装分
今ならさしずめ詫び10連ってとこでしょうかね…
475名無しさん@おーぷん :2018/01/19(金)02:40:16 ID:D8V
(巫女巫女ナース、を思い出して草)
476名無しさん@おーぷん :2018/01/19(金)03:02:03 ID:Fws
ポニテに白リボンの巫女サン、嗚呼善い
477名無しさん@おーぷん :2018/01/19(金)05:28:02 ID:Nkm
なるほど。文王は偉人ですね。
自分の民を卑しい共喰い部族から脱却させようとした。いずれは共喰い禁止まで持って行きたかったに違いない。。
成功しなかったけれど。
478名無しさん@おーぷん :2018/01/19(金)05:55:18 ID:1tC
巫女さんに惹かれるのはそういうこと!?

確かに、謀反の意思は見られませんねw

ヨーロッパでは異民族は物扱い、中国でも異民族は物扱い。
どっちも嫌やわ。
479名無しさん@おーぷん :2018/01/19(金)06:16:08 ID:Suv
芸は身を助く、ようですね。
480名無しさん@おーぷん :2018/01/19(金)07:34:04 ID:W1V
巫女さん萌えは大自然の摂理だったのか!
逆に最近流行りの韓国メイク、口紅が赤すぎて嫌な感じなのも大自然の摂理だった。
実例が伴うと易経ってわかりやすいですね!

召公ケチって言われてたんですねぇ…
もしかして易経ってその手の周公のグチみたいなものも散見されるのだろうか?
周公とか雲の上の人だとなんとなく思ってたから、同僚に対してグチってたとか思ったら萌える。
太公望とかボロクソに言われてそうw

そしてよくよく考えるとあったりまえに周の三公について語ってるこのスレ怖いw
今の中国人で周の三公を諳んじられる人間てどれくらいいるんだろ…?
481名無しさん@おーぷん :2018/01/19(金)07:40:30 ID:XEH
夜目遠目笠の下…

>>460
昭和初期から中期にかけての歌詞も語彙が豊富。
益荒男( ますらお ) とかもう死語。
語感がいいし、短く表現するには最適、なのに死語。
フォークソングって軽いと思っていたのに
今聴くと歌詞がすごくいいんだよね。
最近の歌はなぜあんなに歌詞が一辺倒なんだろう。
好きとか愛してるとかもう聞き飽きた。
( 月が青いから遠回りした )
誰と? なんて愚問。
( 月が綺麗ですね ) ってことだと大きくなってわかった。
幼児にわからなくて良し。童謡があるでしょ。
そういえば童謡はどこにいった?
あまり聴かない。
482名無しさん@おーぷん :2018/01/19(金)08:18:35 ID:D8V
牛若ネタの「ますらお」でラブコメ漫画家が復古させていましたねい
483名無しさん@おーぷん :2018/01/19(金)08:34:22 ID:W1V
NHKはクソですが「にほんごであそぼ」はいいですぞ!
「にほんごであそぼ」の鉄道唱歌が大好きw
中原中也の詩を歌にしたやつも好きです。

ふと恐ろしいことに気づいたのですが、古代中国の紅って何で染めてたんだろ?
茜?紅花?それで染めた絹の袴をウン十人分とか、国が傾くレベルのコストがかかるのでは…

今では天然染料の本茜とか材料なさすぎてほぼ再現不能だという話。
天然染料で染めた紅は千年退色しないそうです。
484名無しさん@おーぷん :2018/01/19(金)08:40:24 ID:D8V
熱烈なファンに収集させたのかも
485名無しさん@おーぷん :2018/01/19(金)09:22:04 ID:Nkm
紅は紅絹と同じ染め方だと思う。
ウコンで下染して紅花で仕上げ。紅絹は江戸時代の女郎さんの真っ赤な襦袢の色といえば絵的に分かりやすいかな。
襦袢や着物の裏地に多く使われていて、緋の袴もこの赤だと思うう。
周りの布に色が移ったり水に弱かったりで欠点もあるので、今は作られてません。骨董市で見かけたら買っておくと良いかな。
486名無しさん@おーぷん :2018/01/19(金)10:41:18 ID:Nkm
補足。
紅花は染料としてはとても古くて、最古級。畑で作ってたと思うよ。米沢藩の財政を支えたのも紅花。
それより大変なのは鬱金で、インドからの輸入だと思う。あ、インドで栽培されたやつ。
それでも、羊肉を浪費するよりある意味ずっと安い。民衆に還元するんだから。
487名無し :2018/01/19(金)12:27:57 ID:t9t
鮮やかさを求めなければベンガラかと。
でも、黄土地帯では赤土は返って貴重品なのか?

化粧には水銀と鉛でしょうから、
古代の厚化粧は寿命を縮めるのです。
そういう意味でも、メイクが薄いのは人道的です。
488名無しさん@おーぷん :2018/01/19(金)12:48:37 ID:leR
易者様、ありがとうございます
資料が少ない殷についての解説、嬉しいです
489名無しさん@おーぷん :2018/01/19(金)14:31:15 ID:Nkm
袴は茜染めだったかもしれない。
夕焼けの茜色だから、こちらの方が山火賁にふさわしいか。
中国大陸にも自生するはずだから、栽培は比較的簡単だね。
茜や紅花をいっぱい育てて染料や薬を取って、残りは羊の餌?ってのはどう?
490名無しさん@おーぷん :2018/01/19(金)15:31:39 ID:W1V
おおぅ染色の知識ありがとうございます!
いずれにせよ、やっぱりお高いのは間違いないですよね…
それを景気よくブチ込んじゃうんだからやっぱり文王はすごいや…
491名無しさん@おーぷん :2018/01/19(金)18:04:06 ID:Suv
報酬の与え方は、常に為政者の悩みどころだからなぁ。
与えすぎれば勘違いして腐敗し、少なすぎても賄賂で腐敗。どっちにしても腐敗。
難しい。
492名無しさん@おーぷん :2018/01/19(金)19:13:40 ID:Bhe
三文易者さん、ありがとうございます。

>「姫昌に謀反の疑いあり」とされ、彼は殷に呼び出され詰問を受けることになったときです。

>帝辛(紂王)・妲己・殷の重臣「ポカーン」
>妲己
>妲己

文王(げえっ妲己!)

ふじりゅー版 妲己「姫昌じいちゃん、この言葉について教えてほしいのん(はあと)」
スイスのお代官様版 妲己「ちょっと、この言葉について説明いただけますでしょうか(ニコニコ)」
ママ・イザベラ版 妲己「姫昌、おいたはダメよ、あなたの作文のこの言葉は何かしら(聖母の微笑み)」

文王(帝辛殿へはともかく厚化粧の自己愛サイコパス妲己に対して
娘を「美しく」「可愛らしく」演出する技を使って言い逃れする羽目になるとはッ!!??
煙に巻いて熱く語るしかないッ!!負けるわけにはいかぬ、この姫昌、命を賭けるのじゃ。
西周に生きて帰ってやるッッ!)

>一応、姫昌に謀反の意思はないと、殷の朝廷は判断することになります

まだ西周に帰れないのであった…。
女官「やだー可愛い、姫昌じいちゃん萌え萌え」
文王「はっはっはっ」

殷の国から虐待されたこともあり、まるでアダルトチルドレンのピエロになった状態の文王じいちゃんであった。
そして伯邑考や貢物という多大な犠牲を払って殷の国から、ついに出られたのである。


魂をつぶされず呂尚に会えた文王の意志力もすごいと思った。
493名無し :2018/01/19(金)19:18:13 ID:t9t
いや、文王は言い逃れじゃなくて心の底から
巫女巫女ナースについて語ったのではあるまいか?

後日糞真面目な三男から、「父上お見事な策略です!」と言われて
逆にポカーンの文王ちゃま「お前は沢火革の真髄がわかっておらぬ!」と
息子を前に半日アイドルを熱く語る初老のオヤジ
494名無しさん@おーぷん :2018/01/19(金)19:26:23 ID:Nkm
アイドルは世界を救うのだ!
そんな自明の事が何故に分からぬ。愚か者めが。
三男、ポカーン
495名無し :2018/01/19(金)19:35:32 ID:t9t
その横で次男がプリンちゃんを追いかけていると
496名無し :2018/01/19(金)19:53:21 ID:t9t
正史では、武王の死後に王姜から、王位を狙っているのでは?
と疑われた周公旦が、薪の山の上に寝て火をつけて
潔白を証明したことになっているのですが
これも「私も隠し芸をやらねば!と発奮した三男が
脱出イリュージョンをやったのが、形を変えて伝わったような気がしてきた。
497名無しさん@おーぷん :2018/01/19(金)23:10:55 ID:fIO
三文易者様
易経の勉強をしたいのですが 良い本をお教えください
498名無しさん@おーぷん :2018/01/20(土)00:15:18 ID:h35
ところで、文王から見て妲己は「美人ではなかった」
顔立ちの問題かな?スレンダーで控えめだった?
499名無しさん@おーぷん :2018/01/20(土)00:18:32 ID:TUY
周囲に笑顔の輪が広がるのが本当の美人、みたいな風に受け取ってたな
500名無しさん@おーぷん :2018/01/20(土)00:25:35 ID:apR
目が笑ってない美人なのかもしれない。
目あたりはなかなか誤魔化せないからね。
501名無しさん@おーぷん :2018/01/20(土)00:53:04 ID:h35
伝説の妲己の話もキチガイじみてるが、どこまで本当だったのかとかね。

妲己のような天風コウに乾天が破れて王朝が何度も滅びている。
儒教ではコウが異常に強かったから天が破られたという解釈だったのかな?
文王的には、コウは天の天敵なのだからダメコンしか出来ない、だよね。
502三文易者◆MGhP/YWj7E :2018/01/20(土)01:14:44 ID:uDY
 こんばんは
今日はスレ住人さんたちの書き込みを読みながら、補足解説をします。

>>483
>>484
>>485
>>486
>>487
>>489
>>490
 紅の袴が何を素材にしていたかはわかりかねます。
何しろヒントになる資料がありませんので

 ただ、火の照明を浴びて、紅に黄色が帯びるようなものではあったようです。
「黄離元吉」
と言いまして、赤い色の離が活動的になり黄色になること(要するに真昼の太陽)は
伏犠も指摘した吉兆の象徴であると易経は書いていますので


 また、彼女たちには高額な投資をしていたのは確実なようです。
ただ、西周首脳陣には採算が取れる計算があったようですね。

 山火賁には次のような周公の記述があります。
「賁其趾」「舎車而徒」
 意味は
「足を飾る(足に装飾品をつける)」
「足の装飾品は車に乗っていては意味がないので、自分の足で歩かないと」
ですね。

 巫女さんは足首に鈴をつけることがあったようなので、足飾りはそれを指すかと。
そして、金属製の鈴は西周の「国宝」です。巫女さんの中でも最も実力のある者に
つけさせていたようです。

 野外イベントだと、「国宝」が汚れてしまうのでそれを心配して車から降りてこない。
「お嬢さんたちそんなこと気にしなさんな」
と周の公子である周公が言っているわけです。

 裏を返すと、周公は
千早さん(仮称)>>>国宝
と言っているわけで、
「千早さん(仮称)たちは、国宝より重要な真の意味で国の宝だ」
ということになります。

 千早さん(仮称)たちが人間扱いされないたんぱく源であったことからしますと、
周公の言葉は相当意味があるかと

つづく
503三文易者◆MGhP/YWj7E :2018/01/20(土)01:17:31 ID:uDY
>>493
 澤火革については、演目としても使われました。
具体的内容は資料がありませんが、演目の役回りから
巫女さんたちが「兌金」(兌澤ではない)と言われたそうなので、
そのことからある程度想像がつきます。

 金属の神様を祀る演目であったのではないかと

 澤を金属に置き換えることによって、
「澤火」→「金火」
となり、金属の精錬に関する演目ではなかったかと

①古くなって錆の浮いた金属の道具②折れて使えなくなった金属の道具、
③時代遅れになり役に立たなくなった金属の道具が

「炉の中で溶かされて精錬されて新しい道具に生まれ変わる」

という演目で、これこそが「革(革新、革命)」であると

 つまり、滅びた王朝の物を壊したり、燃やすのではなく、
古いものを精錬して生まれ変わらせる(再生する)ということが
易姓革命であると、文王は考えていたわけですね。

 古き王朝を悪として全てを灰にする中華帝国の易姓革命は
文王の考え方と真逆の方向となります。
 文革も論外ですね。
 フランス革命も真逆の方向といえるでしょう。

 一方、明治維新は文王から見て合格点かな?


 ところで、アイドルプロデュースに人生かける文王のことですから
この演目の演出も派手なものであったと想像しております。

 巫女さんが重ね着して、生まれ変わるときに上着を脱ぎすてる
(上着は地味な汚れた衣装→下に白い綺麗な絹の衣装)
くらいは普通にやったのでは?



>>494
 千早さん(仮称)の良さがわからないとは、・・・。
姫発もお説教ですな

つづく
504三文易者◆MGhP/YWj7E :2018/01/20(土)01:19:11 ID:uDY
>>496
 周公は「頭を下げまくって疲れた」と述べていますね
ただ、王姜からすると文王・武王という自分の庇護者を喪失してので、
子供を産んて用なしとなった異民族の自分は「虎に喰われる」危険があると感じていたようなので、
逆に周公は同情してたようですね

>>497
 一つ紹介しておきますか
井田成明「現代易入門」明治書院
 卦の解説が見開き2頁ですので読みやすいと思います。

 また、この方は法学部卒なので、易経の記述を法律の条文のように
読むので、現代人にはわかりやすいのでは?
 ただ、ここが弱点でもあるので、一から十まで盲信はしないことです。


>>498
>>499
>>500
>>501
 文王は
「天風【女后】は離ではない」ので、美人とは認めないでしょう

 周公は
「妲己は自分の自信のあるパーツ(多分胸部)をチラッと見せるのが上手であった」
と述べていますね。ただ、殷滅亡時には「すっかりそのパーツ(胸部)も衰えていた」
とも述べていますが
(周公は結構むっつりさんであるかも?)



 今日はここまでです。

 お目汚しいたしました。
 それでは消えます。
505名無しさん@おーぷん :2018/01/20(土)01:21:27 ID:8H0
(あんまり出っ張って居ると、歌って踊る時に、たゆんたゆんと下品に揺れて、神々しさも半減だよね)
506名無しさん@おーぷん :2018/01/20(土)07:07:02 ID:LLV
国宝を任せてもらえるなんて、そりゃ緊張でガクブルもんだわ。

>>503
炉の従事者たちは、それはもう荒々しかっただろうなあ。
血の気が多くなるのは、火のエネルギーを一身に受けるからかしらん。
頑固者で、男所帯で、そう、ドワーフですな。
その方たちの慰労も兼ねて演舞を見せる役回りの女の子をプロデュースする。
一石二鳥、三鳥、四鳥・・・ああもう、いくらやってもお釣りが来ますね。
文明の発展にもなるし。
祭祀は政の始まり。
趣味が入っていたとはいえ、ううん、賢王ですなあ。素晴らしい。
507名無しさん@おーぷん :2018/01/20(土)08:28:52 ID:0kz
易者様 >>497です。
本の紹介ありがとうございます。
早速購入します。
508名無し :2018/01/20(土)08:58:48 ID:Pmi
易者さん、ありがとうございます
>>502
暗いところで演目が行われたとすると
黄色で染めた衣装ではないかと思われます。
炎の赤い光源の舞台では黄色い衣装は、
客席からは鮮やかな橙色に見えるはずです。

であれば、高い真紅の染料を使わずとも、むしろ
茜で染めるくらいが美しい赤が客席の目に映るでしょう。
509名無し :2018/01/20(土)09:07:55 ID:Pmi
我が国にも、地下クラブで毎晩血反吐が出るほど
ラップを続けているうちに平家を倒した後白河院とか

天竺から輸入した怪しい香料が充満したお部屋で
くんつほぐれつ(性別問わず)になってお祈りして(立川流密教)
鎌倉幕府を倒した後醍醐院とかいますから

君主の趣味は世に強い影響を与えるのでしょう。

ただし後醍醐院のご趣味を兼ねた呪術は
自分の家の命数を縮めたっぽいですが。
510名無しさん@おーぷん :2018/01/20(土)09:17:03 ID:S5G
プロレスなどのショウビジネスを生業とする現役大統領がいる国とか
クレー射撃のメダリストかつアニメや漫画の鑑賞を好んだ首相が居た、と言う国があってな

(元諜報員とかアカの活動家出身も多数居るけど)
511名無しさん@おーぷん :2018/01/20(土)09:23:27 ID:h35
易者さんありがとうございます。

ではきっと妲己は若い頃はエロくてコケティッシュな、多分真性のキチガイ。。

屋内の舞台で、夜間に下から篝火で照らされる豪華な舞台!何というスペクタクル!
これは意識改革出来ますね。兌澤万歳!になります。

そして、薪能の淵源がここに。。
512名無しさん@おーぷん :2018/01/20(土)09:53:32 ID:zyA
そりゃ子孫三代の福を一身に集めたら
南朝も滅ぶわな
513名無しさん@おーぷん :2018/01/20(土)11:40:14 ID:h35
モヒトツ繋がったかな。。

現行の、白衣に緋の袴、白の千早を羽織り白メインの髪飾りの巫女衣装は明治の成立なんですが、周公のをパクりましたね?ね?ね???
ちなみに千早の柄は緑の植物柄を控え目に。
これにも陰陽や易的な意味があるんだろうが。
514名無しさん@おーぷん :2018/01/20(土)12:32:36 ID:Itv
>>500
上坂すみれさんをいぢめるな
515名無しさん@おーぷん :2018/01/20(土)14:11:47 ID:7tu
はー…いろんなものと繋がりそうで脳みそパンクしそう。

周の巫女さんは金属精製と関わりがあったと聞いて、羽衣伝説を連想した。
日本各地の羽衣伝説は製鉄の伝播したルートと一致するとか。
現在、玉鋼を精製する奥出雲のタタラでは金屋子神を祀るそうですが、この女神様は白鷺に乗って播磨から来たという伝承があるそうで、播磨前には周にいらっしゃったんですかね、とか妄想がノンストップw
516名無しさん@おーぷん :2018/01/20(土)14:17:07 ID:Dt0
「ああ……自分の中で姫昌さんの評価がアホ道士並に下がっていくッス……」
そんなカバのつぶやきに意味ありげな笑みを返すアホ道士の顔が思い浮かぶ。
文王と太公望って、なんというか気のおけない仲間同士でバカなアイディアを出し合いながら、
熱く未来を語るベンチャー企業の幹部のような関係だったのかもね。
517名無しさん@おーぷん :2018/01/20(土)14:22:42 ID:Tbg
>>513
植物柄が震雷を意味するとすれば、白を乾天の色ともとする意味と合わせて
「日本において「天」とは震雷である」とかかな
(鶴なら離火=最高神だったり、菊なら最高神+震雷だったり?)

巫女服は乾上離下で天火同人の象にもなりそうね
518三文易者◆MGhP/YWj7E :2018/01/21(日)01:04:34 ID:sso
 こんばんは
 このネタの重要論点はあと1回なので、お付き合いくださいませ。
最後は「周公」と「王姜」のネタです。

 周公が妲己のような人物=【女后】を今後出ないように封じ込めるべく、
王姜の協力を得て策を練った
というネタです。
 そして、その策は後世なぜ破れることになったのか?という点について
となります。

 王姜については、文王・周公がその人物について語った部分があるので、
その点からネタを投下する予定です。
 ですので、場合によっては2回に分けるかも

 投下は月曜日夜を予定しております。


>>513
 「維新」の概念からすると、古いもののサルベージも含みますので

そして、明治のチートたちは、太公望の「観光」を知っているくらいなので、

※旅とは、修行の旅・流浪の旅・仕官の旅など、本来故郷にいたいが仕方なく
旅に出るというという言葉です。
 我が国でも、江戸時代までは伊勢参り・善光寺参りでも
「故郷に居たいが、信仰のため仕方なく旅に出た」
という建前をとってきました。
 としますと、娯楽の旅というのはおかしいわけで、太公望の逸話から「観光」という
言葉をサルベージしたわけです。


>>515
 金屋子神が周王朝に由来するというネタは時々散見されます。
資料も証拠もないので、ただのネタで終わってしまいますが

 なお、羽衣とは白鷺の羽のことを指しますよ。
羽を喪失した白鷺は飛ぶことができないわけです。
白鷺(白鳥)は周王朝の祭祀において何を意味していたか?と
考察するとさらに妄想がヒートアップするかも?


>>517
震上離下だと、雷火豊になり、国が豊かで衣食住が足りている、という意味にもなりますね。


 それでは消えます。
519名無しさん@おーぷん :2018/01/21(日)01:16:34 ID:ws8
>白鷺(白鳥)は周王朝の祭祀において何を意味していたか
白鳥…鉄の民族…

宗像教授「つまり私の学問領域ということになる」
520名無しさん@おーぷん :2018/01/21(日)02:45:13 ID:LIS
易者さんありがとうございます。

いや〜あの巫女衣装のモトというか。。調べても分からんはずですわ。
まさかこんなところから発掘したとは。
まー明治維新は王政「復古」の大号令から始まっとりますが。。
折角なので書きます。
国家神道作る過程でそれまで無かった神前結婚式と神式葬儀が出来たんです。
天皇家とか、上つ方はどうだか分かりませんが、葬儀は通常仏式だったでしょう。
神前結婚式は大正天皇のご成婚の時にできたのでは無かったかな。
それに近いものは江戸の昔からあったようなのですが。
521名無しさん@おーぷん :2018/01/21(日)06:57:55 ID:m3u
早変わりでへんしーん、とかまるで魔法少女ですねい(クリーミィマミ並感
522名無しさん@おーぷん :2018/01/21(日)07:15:22 ID:UIq
故郷にいられなくなって柄杓一つを持ってお伊勢参り。
平穏な生活とは一つ所に一生住まうこと。
一つ山を越えた所に行った事のない人もいたとか。

でも江戸末期は庶民が頼母子講を作って
観光の意味を持つお伊勢参りもあるし、
平安時代の貴族が行ったお寺参りや
古くは奈良時代の薬草採り。
山野や有名どころに出歩いた話は結構ある。
江戸時代の頃から庶民の往来が多いのは世界的に見て
珍しいとは聞いた事があります。
523名無し :2018/01/21(日)07:39:13 ID:2gd
江戸後期から明治にかけて、日本の宗教界は
大変な変革を迎えます。みなさんがご指摘する通り
今我々が神社で目にする祭祀はこの頃にできたもので
実は古来からの姿ではないことが多い。

その時代にこれらの祭祀・衣装・祝詞・舞踊が始まった
ことは記録から追えるけれど、では何故そうなったのかは
これまで説明はありませんでした。
古神道(実際は新神道)の教祖や国学者の霊感が編み出した
としか言いようがなかった。
信者はそれでもいいのだけれど、学問的にはそれでは話にならない。

しかし、易者さんの一連の書き込みは
江戸期に昌平坂の学者が続けていた儒学の
オカルト面からの研究が、その変化の
原因の一つと指摘されている点で画期的だと思います。
524名無しさん@おーぷん :2018/01/21(日)07:54:22 ID:BkT
魔法少女の多くは巫女さんの現代アニメ風の焼き直しだし。

強大な力を持っても、神道のように専守防衛と鎮護の為で、社会革命は目指さないのがお約束。
巫女さんは神事や神域でコスチュームを着ている時は神に近しいけど、脱いだらただの人なわけで。

さらに魔法少女をユニセックス化すると、モンスターボールを使ったポケモンになる。
巫女さんだけでなく山伏とかバトル物語も混じっているけど、男女の別なく舞って戦えます。

このモンスターボールのデザインが白赤で帯を締めているのは偶然の一致だと思うけど。
525名無し :2018/01/21(日)08:08:59 ID:2gd
庶民が旅行できのは、江戸時代の日本は
交通網が整備されていて
治安が良くて
庶民に余暇があって
庶民に金銭的余裕があった
ということなので、驚異的なことです。
欧米では1960年代にやっと実現できたことです。

日本人は働き詰めだとかいいながら
その1960年代よりも前も社員旅行だ療養だなんだと
庶民が結構遠出しています。
526名無しさん@おーぷん :2018/01/21(日)08:14:31 ID:ZLj
易者さんお疲れ様です!

よく考えたらこの巫女巫女にしてやんよって壮大な脱線でしたっけ。
ものすごく勉強になったので忘れてましたけど。
周王朝における白鳥、面白そうなので全力で首を突っ込んできます!

それにしても「観光」って古い言葉だったんですね。びっくり。
巫女さんの衣装も明治からとは知らなかったなぁ…
つくづく明治維新ってどうなってるのか理解を超えてます。
日本人でもそうなんだから、外国人が見たらそりゃバグかなんかだと思うわな。
527名無しさん@おーぷん :2018/01/21(日)08:35:48 ID:bUU
パヨクたちや出羽守さんたちは理解してないけれど、明治からの伝統だとしても、
150年以上の伝統になるからね。
最低でも100年越えたということは、三代の壁を越えたということにもなる。
その100年を越えられる国は、いかほどにあるだろうか。
そのように考えれば、もう伝統として成り立っていて、簡単には捨てられないとわかるもんだよ。
つまり靖国神社も立派な神道なんだよ。

>その策は後世なぜ破れることになったのか?
これ重大だよなあ。
それだけ【女后】の力、存在の力は強いということなんだろうけれど。。。
528名無し :2018/01/21(日)09:26:11 ID:2gd
靖國神社がファイヤーウォールになってくれているお陰で
日本の他の宗教が守られているという見方もできます。
彼等は現在進行形で護国の鬼(シナ的な鬼ではなく日本的な肯定的な意味で)なのでしょう。
529名無し :2018/01/21(日)09:31:55 ID:2gd
日本史で最初に温泉旅行したのは聖徳太子です。
若い頃に勉強のしすぎで、ノイローゼになって
おばちゃんの推古天皇から「道後温泉行ってこい」と言われて逗留している。
石碑まで残っています。
それが時代が特定できる、日本最古の文字付きの石碑。
530名無しさん@おーぷん :2018/01/21(日)09:32:20 ID:NJc
白鷺は易経よりも詩経から考えた方がいいかもね。
詩経に載ってる詩って、現在の感覚からするとすごい素朴なんだよね。
その後の時代のようにレトリックや技巧をこらした感じがほとんどない分、詩が本来持ってた儀式的、呪術的な部分が濃く残っている。
531名無し :2018/01/21(日)09:47:37 ID:2gd
失礼、石碑は現存はしていないそうです。
ただし、中世まで残っていた記録があると言うことです。

確認したら、道後温泉には白鷺伝説もあるみたいです。
532名無し :2018/01/21(日)09:59:42 ID:2gd
白鷺や白鳥というと、日本武尊です。
戦後眠っていた神様の中で最強クラス。

冶金と精錬の神様でもあります。
金属は強力な武器には不可欠。

山岳に祭祀跡が多く、日本武尊は大和朝廷以前の
縄文時代からの山の神と習合している形跡があります。

言うまでもなく、最強の「交通安全」の神様です。
533名無しさん@おーぷん :2018/01/21(日)13:54:37 ID:ZLj
皆様、白鳥情報ありがとうございます。

じつは明治時代にもアメリカ経由でアイルランドの白鷺が我が国に飛来してまして。
ラフカディオ・ハーンというんですけどね。
ハーンて白鷺っていう意味なんだそうです。

面白いのは白鷺のラフカディオ・ハーンは、アメリカでレイヴン(大鴉)というあだ名をもらって日本に来てるんですよね。
白鷺がカラスになることもあるんだなぁというお話。
534名無しさん@おーぷん :2018/01/21(日)15:30:15 ID:7Fs
対策はどういった対策なんだろ。

追い出すか根切りするのかだけでも戦術は違うだろうしなぁ。あ、あと封じるも有るか。
でもそれが破られたとなると、……怖い話だねぇ。
535名無しさん@おーぷん :2018/01/21(日)17:22:01 ID:Npm
>>532
うちのほぼ地元に白鳥神社というのがありましてね、ヤマトタケルノミコトを祀っておりますが、山の民に返り討ちにあって毒矢の傷が元で落命したと由緒に書いてあったりします。
その山からは純度の高い鉄鉱石が採れたと伝えられておりますし、
ちょいと南方向にドライブすると、鉄鉱の総鎮守さんが鎮座してたりしてまして、いやはや、面白いですね。
536名無しさん@おーぷん :2018/01/21(日)19:29:20 ID:Qhb
小泉八雲さんにもそんな小ネタが
537名無しさん@おーぷん :2018/01/21(日)21:06:03 ID:BFq
バレエ「クレオパトラ」見てたんだけど、改めて狐分高すぎるな…と。何故惹かれんだろね?
538名無しさん@おーぷん :2018/01/21(日)21:16:30 ID:bUU
確かにクレオパトラは化粧、とか濃そうではあるが。
539名無しさん@おーぷん :2018/01/21(日)21:23:32 ID:LIS
>>534
マドンナ旋風の時は入り込まれた後に化粧が剥げて根切りが出来たよね。
詐欺フェスト選挙の時もすぐに馬脚を現してくれた。
枯れ尾花の正体を晒せれば排除は比較的容易だったよ。民主主義万歳。

妲己は紂王をきっちり捕まえて居たから、下手に手を出すと逆に排除される。
そういう立場を制度として作らなければダメコン可能?

八紘一宇は。。排除もダメコンも出来ずに滅亡コースに乗った。
だとすると、ワクチンしかないかな。
多神教世界観で世界を覆えば良いのさ。
古き神々の御名と祭りを広め、民毎に固有の神話があることを当たり前にする。
540名無し :2018/01/21(日)21:41:23 ID:2gd
八紘一宇の時も妲己と同じで、共産主義という狐が
軍部や官僚や司法の奥深くまで入り込んでいて、
昭和天皇や側近や、あるいは東條や武藤のあたりが
戦争回避に向かおうものなら、
先帝を殺して他の皇族を立てて、日本を米国に当てるつもりだったのです。
541名無し :2018/01/21(日)21:50:21 ID:2gd
だから戦前は朝日や毎日は戦争を煽って愛国的だったのに
なんで戦後は反日に宗旨替えしたのだ?という批判は的外れで
彼等は、ソビエトを守るために、戦争を煽って
日本を米国と戦わせたのであり、戦前からメディアは
終始一貫して反日なのですよ。

明治維新は儒教と神道をバックボーンにした革命ですが、
多分儒教は共産主義と相性が良いので、
明治のエリートは共産主義に免疫がなかったのでしょう。

正統は世界にたった一つという妄想が病原なので
それに対するワクチンはおっしゃるように多神教でしょうね。
542名無しさん@おーぷん :2018/01/21(日)21:59:19 ID:yIZ
クレオパトラはどうだろうね? 
天風[女后]はあくまで下から入り込む象であって、国を背負った対等の関係ではありえないから。
まあ、絨毯にくるまって「入り込んだ」逸話があるけど、うーん……判断は保留するかな。
543名無し :2018/01/21(日)22:16:52 ID:2gd
当時のエジプトは王と女王の共同統治体制ではなかったかな?
クレオパトラはカエサルとアントニウスにとっては
天風コウそのもので、両者を倒したので
乾為天たるローマに対抗できたと言える。

ローマ帝国は乾為天そのもののような気もしますが
ローマの皇帝は結構働き者なんですよね。

ということは、オクタヴイアヌスは乾為天ではない
帝国を作ったとは言えないですかね?

それが五賢帝の間に乾為天になったのかな?わからない。
544名無しさん@おーぷん :2018/01/21(日)22:27:31 ID:yIZ
>多神教世界観で世界を覆えば良いのさ。
隙間から入り込む相手に「覆う」のは悪手というか、根本で間違ってる気がする。
ここは一陰をあえて放置して、天山遁か天火同人に段階を進ませるのが手かなあ?
具体的には主力をあえて前線から遁(に)げさせて時期を待つか、同士を集めて相手もまだ一爻にとどまってるうちに対抗するか。
545名無しさん@おーぷん :2018/01/21(日)22:29:55 ID:0HI
韓国はどこに向かうんでしょうか
隣国が選択する未来(大統領)に疑問を持つんですが
美女軍団の応援は楽しみです(ぐふふ
という韓国人の反応を流したマスゴミは男性の三割ぐらいの
感想なんでしょうかね?
女の私から見たらあれで心象変わるなら安いな、と思うんだけど
厚化粧に騙された!というよりお前ら男性性の問題じゃねーかと
怒ってもしょーもない事なんかなぁ
日本周辺は穏便に経過してもらいたいんだけどね
546名無し :2018/01/21(日)22:31:47 ID:2gd
靖康の変が待っているんじゃありませんか?
547名無しさん@おーぷん :2018/01/21(日)22:40:37 ID:yIZ
>という韓国人の反応を流したマスゴミは男性の三割ぐらいの
>感想なんでしょうかね?
前提として、韓国人はものすごい単純なんだよ。単純で皮肉を理解できない。
かといって正直というわけでなく、子供が嘘つきなのと同じように彼らも小学生レベルのしょーもない嘘をつく。
そんなわけで、明るいニュースを流せば国民ごと流されて浮かれるし、何かあったらすぐろうそくを灯すわけで、
アレを男のサガ扱いするといろいろ勘違いすると思うよ。
548名無しさん@おーぷん :2018/01/21(日)22:50:37 ID:xER
【女后】に出逢ってしまうこと自体は「避けられない」。
これは国の形態に関わらず起こりえる。
出逢う【女后】が人間とは限らない事もあるのだし。

王姜の人となりがヒントだとすると、彼女は【女后】とはかけ離れた、堅実な女性だったのだと思います。
そして民にも、彼女のように堅実な生き方をするように求めた=教育の充実なのかもしれません。
549名無しさん@おーぷん :2018/01/21(日)22:51:29 ID:LIS
>>543
易者さんに教えていただけるようになった始めの頃のカキコにそのあたりがの話がありました。確認したら2007年。
豪運易経でググってみて下さい。

>>544
そっか。そうですね。
ただ、日本は4爻だから慎重にやれば大丈夫でないかなとも思います。
厚化粧のなにかの正体、歪んだ人道主義かな。
幽霊漁船が流れ着いているけれど、春以降?幽霊では済まない生きた船が流れ着くんでしょう。
可哀想だから入れろ論がきっと出てくる。
そうならないためには韓国と思いっ切り険悪になって、かな。
550名無しさん@おーぷん :2018/01/21(日)23:01:00 ID:bUU
>>549
ほんとだ。
2007の頃は易の知識とかよく分からなかったが、今ならわかりそうだ。
あの頃は必死だった面(大勝したからこそ、振り子のように反対側へ振れてしまうことへの不安)もあるし、
知恵が追いつかなかったから、ただ流していたかも。
サンクス。ログを残してくれた人にも感謝だ。
551名無しさん@おーぷん :2018/01/21(日)23:08:04 ID:LIS
あのページは何度も読み返してはいるのですが、どうにもピンと来ないのが時の扱いです。
爻数が一つ進むのにどのくらいかかるのか、それはどう判断するのか。相手が国や政治だけにとにかくゆっくり進みますよね。
個人にとってはどうなのか。その判断をどう設定するのか。。
552名無しさん@おーぷん :2018/01/21(日)23:41:58 ID:yIZ
>>551
とっくに知ってるかも知れないけど、「時間」に関してヒント。
乾為天や天風[女后]のように下から陰または陽が勢力を伸ばしていくタイプの卦は一年の中の一ヶ月を表してるんだ。
ここまでなら知識として取り込んでるだろうけど、ここで発想の転換、例えば人の一生を一年に例えたら?
人生の盛衰を易に置き換えることができたら、今度は国や会社はどうだろう、とある事件を時系列で追えばどうなる?
こういうパズルを何度か繰り返してるうちに、「感覚で」わかってくるようになるよ。
553三文易者◆MGhP/YWj7E :2018/01/22(月)00:28:46 ID:mrM
 こんばんは

>>520
 結婚式に関してはその通りですが、
皇室の結納にあたる「納采の儀」は、記録があるだけでも仁徳天皇まで
遡る伝統的儀式です。

 ところで、周王室は結婚の際は
風山漸の卦を用いて、結婚に至る六つの儀式を爻ごとに
初爻「納采の儀」(=結納)
2爻「問名の儀」
3爻「納吉の儀」
4爻「納徴の儀」
5爻「請期の儀」
上爻「親迎の儀」
を経て結婚に至りました。

 なぜか、周王室の儀式が我が国に合ったりする(それも記録があるだけでも仁徳天皇時代から)
わけですけど
(妄想のネタによく使われます)

 とはいえ、実は周以降の中華王朝にもこの儀式は一部受け継がれているので、周王朝との
「直接の」繋がりを示すわけではありません。
 ただ、現代で周王室の儀式を行っている(それも記録があるだけでも仁徳時代から続けている)
のは日本の皇室だけであるのは事実ですね


>>523
 八紘一宇は年筮解説で触れます


>>548
 かなり鋭いですね。
 周公は、王姜の人となりから【女后】の封じ込め方を考案したわけです。
詳しくは明日夜に投下します。


今日はここまでです。
それでは消えます。
554名無しさん@おーぷん :2018/01/22(月)01:05:32 ID:V6c
>>552
ありがとうございます。練習します。

易者さんありがとうございます。
雲の上の世界は雲の下とはやはり違いますね。
555名無しさん@おーぷん :2018/01/22(月)01:49:48 ID:ma5
易者様お疲れ様です。
市井の街雀のたかだか一羽にまで軍事上の噂や予算措置や何やらの噂が流れてくるほどの昨今であります。ご多忙と思いますが、どうかご自愛なさいますように。

そして、神前葬儀であれば江戸期の初期の会津の保科正之公が”土津公”としての神号をお持ちになられ、神葬祭にて弔いをなされていたはずです。
明治期の復古で全てが形成されたと考えると辻褄に些かの齟齬が生まれるのですが…あと水戸さんとか、(アレと比べれば比較的)大人しい方で西の池田さんとか。
例えば江戸城天守、首都の権威財の正に中心たるべき物を敢えて空白にしたる判断、振り袖火事を奇貨とばかりに使った後始末とは別系統の研究の流れがあったのでしょうか?

神前結婚式についてはよく分からないのでノーコメントです。……………高砂でも踊れば良いのでしょうか。現代っ子なので踊り方知らないんですけど。ガチ能楽はちょっと…。
556名無しさん@おーぷん :2018/01/22(月)13:03:53 ID:j31
軍事上の噂は、聞き耳を立てて居る小雀が、仄かに流れる風の噂を聞き付けて
伝言ゲームの何番目かの役割を果たして居るだけですお
なので真実は霧の中、飽くまでただの噂に過ぎないのですお
557名無しさん@おーぷん :2018/01/22(月)15:28:39 ID:4bg
神前葬儀は明治以前は神職とか一部の人達だけがやるもんだったけど、それが明治以降一般人もやるようになったのではなかったっけか。
とりあえず結婚式では高砂とか四海波謡っちゃえ!
558名無しさん@おーぷん :2018/01/22(月)17:54:39 ID:V6c
葬儀は神式は明治以前はホントに一部の話だったはずてわす。
うちの先祖は某有名神社の眷属でしたが、明治までは仏式で、神仏分離からし神式になったくらいなので。
559名無しさん@おーぷん :2018/01/22(月)18:03:00 ID:V6c
なんか酷いな。上手く打てなかった。

あと、高砂は踊らないで謡うはず。
560名無しさん@おーぷん :2018/01/22(月)19:11:21 ID:0O0
ここはニュースのURLを貼ってもいいのでしょうか。
対中国始まりました。ロシア含めてます。

対テロから転換「中露と競争」…米国防戦略
http://sp.yomiuri.co.jp/world/20180120-OYT1T50038.html

トランプ政権で初となる同文書では中国を、米国の覇権に挑戦する最大の脅威とみなし、「対テロ」から、中国とロシアとの長期的な「戦略的競争」に備える体制に転換する方針を打ち出した。北朝鮮に対処する弾道ミサイル防衛の拡充も盛り込んだ。
561名無しさん@おーぷん :2018/01/22(月)19:57:11 ID:e8o
今から支那朝鮮とやりあう事にするって遅すぎじゃんよ
562名無しさん@おーぷん :2018/01/22(月)20:01:00 ID:340
敵が弱すぎる場合、国民世論に悪い影響を残してしまう。
それは例えば敵による工作で反戦に向かってしまったり、逆に軍の暴走を招いたりね。
お皿の上にそれは大きな虫だと理解なされて初めて、討伐するチャンスが来るんだよ。
563名無しさん@おーぷん :2018/01/22(月)23:57:46 ID:Gg7
やっと、国内に巣食ったパンダハガーを排除できる準備が整ったんじゃないの?
中国と戦う=フェイクニュースと戦うでもあるから、欧米パヨクメディアに一泡吹かせるドデカい爆弾を投擲するタイミングを計ってる最中だったりして。
トランプさん、そういうド派手な演出が大好きだろうし。
564三文易者◆MGhP/YWj7E :2018/01/23(火)00:01:26 ID:eJU
 こんばんは
今日は少し仕事が入りましたので、ネタ投下は明日夜に延期します。

>>560
 お姉ちゃんが対日ヤンデレ覚醒してからの既定路線です。
(ヤンデレ覚醒=国内外の日米離間勢力はすり潰す)

 それでは消えます。
565名無しさん@おーぷん :2018/01/23(火)04:09:49 ID:76H
いつもお疲れ様です


「アメは日本とつるんでるのが正常で対立しあんな戦争する羽目になったあの時期が異常だった」とよく言われる(実際地政学的にも国民の質的にも頷く話)けど
易者さんの表現の通りアメちゃんがヤンデレ覚醒したのなら前の大戦時のアメリカってものをどう受け止めてるのか彼らの口から聞いてみたいもんですわー
566名無しさん@おーぷん :2018/01/23(火)07:19:12 ID:MRT
>>565
うろ覚えだけど子ブッシュが大統領のとき、アメリカは日本とは200年来の仲良しだーみたいなこと言ってませんでしたっけ?
あれ聞いてメリケンは半世紀前のことも覚えてらんないのかと呆れた気がする。
それでもまだ愛嬌があるのと、話が通じるだけアメリカは世界の中でマシな方だと思うようになった今日この頃。
567名無しさん@おーぷん :2018/01/23(火)07:20:12 ID:Y1U
戦前亜米利加との関係は、ハワイの王家との姻戚関係が成っていればもっと良かったのですがねい
大陸進出、南方進出、枢軸国家との連携で二正面、三正面の愚策、日英同盟の解消に三国同盟などなど
その頃から既に日米離間の開戦工作は進行していましたから、これに気付かなかったのはさぞかし遺憾だったでしょうねい
568名無しさん@おーぷん :2018/01/23(火)07:25:00 ID:Y1U
>>566
亜米利加との「やるかやられるか」の大戦争を指してブッシュおじちゃんは
「ちょっとした兄弟喧嘩はあったけどなHAHAHA」と表現していましたねい
欧米がその植民地のほとんど全て、ブリテンその他がほぼ丸裸になる程度の
ちょっとした兄弟喧嘩だった、とw
569名無しさん@おーぷん :2018/01/23(火)08:01:54 ID:81t
戦前に書かれた何かの情勢評論(ヨーロッパ人)で、日米はいずれガチの大戦争をやるだろう、
その後、日本はバンドワゴン戦略を取り、両国は緊密な同盟関係を結ぶ筈だ、というのを読んだ覚えがあります。
570名無しさん@おーぷん :2018/01/23(火)12:38:39 ID:fpX
草津白根山が噴火
571名無しさん@おーぷん :2018/01/23(火)13:18:34 ID:dMU
日本とアメリカって、
日の昇る方向に旅を進めた人たちと、
日の沈む方向に旅を進めた人たちと。
その二つが結びつく関わりなんだよな。
572名無しさん@おーぷん :2018/01/23(火)14:28:23 ID:7N2
日米間でどういう裏事情があったかは知れないけど、人って「騙されて仲違いしてた」という思いがあるとヤンデレ化しやすいからな。
惚れた腫れたの仲に限らず、騙されて○○されていた、大事な何かを台無しにされたと一旦気づくと反動は大きいよ。
WGIPがあんなに成功したのも「騙された」という思いだし。
573名無しさん@おーぷん :2018/01/23(火)15:20:19 ID:GrK
ウォーギルトインフォメーションプログラムそのものに「騙された」と感じた人も多数いますお
それに加えての支那ソビエトによる開戦工作の実態についても暴露が進むにつれて
亜米利加人の方でも「対日戦争の欺瞞」に気付いて支那朝鮮への恨み節と共に
日本人へのシンパシーがさらに深まっているのですお
574名無しさん@おーぷん :2018/01/23(火)15:23:51 ID:CMl
ロマンとか大義も必要だけど、
日米は太平洋を挟んで交易することにより、
双国ともに莫大な利益を得られる位置にある。

これが150年前のハリスの通商条約から続いており
米国側から通商を打ち切ったのが1941年のハル・ノート
裏の理由が何であれ、そうなりゃ両国は戦争に突入しますよ。

利益が有るから日米安保も60年以上続いているわけで、
自由主義陣営の大義だけでは長続きはしません。


日本の国策としては、長期的視野で両国が利益を
出し続ける構図を維持する事。とことん実利です。
575名無しさん@おーぷん :2018/01/23(火)15:31:17 ID:GrK
ハル・ノートと呼ばれる外交文書は
コーデル・ハルによるものではなく
ハリー・デクスターなるソビエトの諜報員による開戦工作なのですお
576名無しさん@おーぷん :2018/01/23(火)15:46:11 ID:7N2
動画サイトが普及して日本への観光客が増えたのも、WGIPなどの情報工作が反転してきている原因のひとつだろうな。
やっぱり、素の日本を知ってもらえるのは大きいよ。
577名無しさん@おーぷん :2018/01/23(火)16:08:10 ID:81t
日米の同盟で太平洋の北半分がまるごと内海化なんですわ。
この利益は莫大とゆーのかバカバカしいほど。
航路も資源も二カ国で独占出来ますよ。
南半分はオージーもインドネシアもチリもペルーもおふらんすもいるけれどね。
578名無しさん@おーぷん :2018/01/23(火)17:12:53 ID:rzX
>>576
日本に旅行したり留学したり、日本人と仕事したり結婚したりした人が増えて、
中国人や韓国人の言ってる日本人のイメージとだいぶ違う事がわかってきたからな。
(そして、その「邪悪な日本人のイメージ」そのものなのが当の中韓人だって事が)

そして連中はツートラックとか持ち出して、日本政府はダメだが日本国民は味方ニダとか
言い始めたけど、実際のところは日本国民の方が政府よりもノーモア中韓、嫌中嫌韓になってる。
中韓に寄り添いたいのはもはや一部の企業や政治家だけだ。

この傾向は草の根で広がってるから覆せないだろうね。
579名無しさん@おーぷん :2018/01/23(火)17:47:01 ID:nwf
ハリー・デクスター・ホワイト  ね。
580名無しさん@おーぷん :2018/01/23(火)18:02:16 ID:fpX
習の統制が厳しくなっている。
乾為天の時に対処を失敗し、中華思想(天風こう)を招いてしまったから、
思想を統制することで、天風こうを封じ込めて、更地から逃れようとしているのだろうか。
581名無し :2018/01/23(火)18:15:22 ID:E5M
中国は、土壇場で米にハシゴ外させて日本孤立化もくろんでるんじゃないかな。 日本は孤立してるってパヨクマスコミの常套句だけど、戦前みたいに大事な選択肢を誤りませんように。冬の運動会の出欠とか?
582名無しさん@おーぷん :2018/01/23(火)18:24:25 ID:rzX
>>581
アメリカが太平洋戦略で日本を外すなんてことが不可能である以上、そんなのは単なる妄想だと思う。
583名無しさん@おーぷん :2018/01/23(火)18:53:23 ID:3jM
中国は正直軍以外の幹部が海洋地政学を理解しているか疑わしい
太平洋分割論をアメリカにぶち上げて呆れられたりしていたし
584名無しさん@おーぷん :2018/01/23(火)19:06:25 ID:dMU
>>
>海洋地政学を理解しているか疑わしい
してない、、、ていうか何がどれほどできていないということ自体が理解できていないのでは。
そんな簡単に国・国民・国体の本質は変えられんて。
585名無しさん@おーぷん :2018/01/23(火)19:09:21 ID:3jM
そういえば井田先生は九星気学の本も書いているんだな。
いい本なら買ってみようかな。

ただ九星は自分の感覚と占いの結果が1年ずれてる…
586名無しさん@おーぷん :2018/01/23(火)19:10:52 ID:81t
中国でコウが出てから随分と経つよ。封じ込めなんかとっくに失敗してる。
それどころか遯に進み掛けている。
この間商級が海自に追われて五星紅旗を掲げて浮上させられたけれど、あれが遯の始まりかも。
587名無しさん@おーぷん :2018/01/23(火)19:38:35 ID:dMU
あれって「日本は何してんだ!!!!」で問題になったけど、実際は
「お前らの音紋全部ばれてんだよwwwww」だし、

この前の北朝鮮とドミニカ船籍の密輸現場の写真。
あれって対潜水艦「哨戒機」のP-3Cなんだよなwww

後は中国への領海侵犯事故をでっちあげて、


「自衛隊内での調査により、手違いにより中国領海に入っていたことが分かりました」
「このような間違いがこれ以降発生しないように中国政府に遺憾の意を申し上げます」

と言うだけだよなぁー。
588名無しさん@おーぷん :2018/01/23(火)19:47:25 ID:81t
随分前にも似た事案があったよね。それも複数。
記憶にある限り、浮上して白(くないけど)旗揚げたのは今回が初めてだ。
奇しくも今日、TPPの米国抜き発効も決まった。
もう太平洋には出られない。状況(爻)が一つ進んだと思う。
589名無しさん@おーぷん :2018/01/23(火)19:56:58 ID:dMU
実は、

・中国原潜は尖閣近くで積み荷入れ替えの護衛をやっていた
・いつの間にか全3隻が背後にも回られ三方からビーコン攻撃を受け尖閣領海へ
・白旗で浮上
・別件の積み荷入れ替えもニュースにしておきましたよ♪

だったと妄想してみた。
590名無しさん@おーぷん :2018/01/23(火)20:40:18 ID:HF0
そもそも天風[女后]は封じ込めるものじゃないからなあ。
決定論を退ける傾向の易経で「回避不能」と書かれてるのはただごとじゃないからね。
中国としては太平洋に進出するには、潜水艦で第一列島線を越えるだけじゃだめで越えた先に人工島のような拠点を築くのが絶対条件だけど、
潜水艦が見張られてる段階ではまだまだ天山遁にも先が遠いよ。
天風[女后]は力でゴリ押しする卦じゃないから。だからこそ対策がむずかしいけど。
591名無しさん@おーぷん :2018/01/23(火)20:52:09 ID:HF0
ああ、なんか勘違いしてた、586の[女后]は中国視点なのね、ごめん。
592名無しさん@おーぷん :2018/01/23(火)21:06:14 ID:ObX
スリランカの港の権利を得て後どっかの島に借金負わせて返済不能になるのを手ぐすね引いて待ってなかったっけ
593名無しさん@おーぷん :2018/01/23(火)21:41:33 ID:EPG
借金のかたに百年租借は間も無く完了予定ですお
594名無しさん@おーぷん :2018/01/23(火)22:18:30 ID:HF0
日本もそうだったけど、バブル末期に手に入れたものは、そのうち手放すことになるからなあ。
595三文易者◆MGhP/YWj7E :2018/01/24(水)00:34:40 ID:n5s
 こんばんは
ネタ投下にあと2日程度かかる見通しです。
木曜日夜には投下開始予定です。
私の空き時間の関係上、3回に分けるかも?

>>570
 地震や噴火についてはオカルトネタの方向性だけ

 天風【女后】は地震を意味することもあるので、一応は注意を
(ただ、震雷が卦の中に入っていないので、爆発力はない)

 また、お嬢様は、日本列島の東側にはしばらくのところは興味はありませんが
(東日本大震災でエネルギーを放出済み)
日本列島の南側(トラフ)については
「(エネルギーを他へ移転してでも)被害を出すな!」
と思っているかもしれません。
 この国に持ちこんだ屋敷(拠点)の関係上だそうですが、
どのくらい影響力があるのかな?


 それでは消えます。
596忍法帖【Lv=0,作成中..】 :2018/01/24(水)01:38:46 ID:5cH
草津白根山が噴火 警戒レベル3に 気象庁ttps://www3.nhk.or.jp/news/html/20180123/k10011298881000.html

米 アラスカ沖で大地震 日本への津波の影響なし
ttps://www3.nhk.or.jp/news/html/20180123/k10011299821000.html

インドネシア・ジャワ島でM6.1の地震、ジャカルタなどで避難
ttps://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-01-23/P30CXP6TTDS101

ペルー南部沖でM7.1の地震。落石で1人死亡、少なくとも65人がけが
ttp://www.huffingtonpost.jp/2018/01/14/earthquake-in-peru_a_23333293/

海外地震 ホンジュラス付近でM7.6の地震 日本への津波の影響なしttps://weathernews.jp/s/topics/201801/100105/

1月以降で記憶にあった分だけでコレ(゜゜;
597名無しさん@おーぷん :2018/01/24(水)02:43:13 ID:ozl
>エネルギーを他へ移転してでも
この辺よくわかりません、どう考えてもいずれは来るべきものなわけですよね
今起こされると困るのはわかりますが、あと何十年かずらすとか、そういうことはあり得るんでしょうか
ずらした分のエネルギーはどこに向かうんでしょうか、海底火山の爆発的噴火とか?
また西之島みたいな新島誕生とか?

「お嬢様」が何物なのか詳しくないのでわかりませんが
まあ伊勢か熊野か高千穂か、確かに影響は受けますよね…
598名無しさん@おーぷん :2018/01/24(水)03:04:36 ID:1Bv
1923年の関東大震災から今年で95年であり、
幸いにしてこの95年間、関東地方を震源とする
大地震は発生していない。

逆に言えば確率だけなら明日にでも
東京で激震が発生しても不思議でない。

首都圏に住むなら、白根山やおぜう様云々に関係なく、
常時10日-2週間分の水食糧と燃料や移動用のガソリンを
確保しておくのが当たり前田。

東北地方の人口は900万人で、首都圏はその4倍の3500万人。
東日本大震災と同等の全力支援を組んでも、1人当たりの
救援物資は1/4。……後悔先に立たずである。
599名無しさん@おーぷん :2018/01/24(水)05:39:03 ID:vmo
民間の報道ヘリにまで現在地を実況された漢級のことをディスるのはやめて差し上げろー。
600名無しさん@おーぷん :2018/01/24(水)06:57:17 ID:xGE
安倍首相、行くのですか。
無事に帰国して欲しいのですが。
601名無しさん@おーぷん :2018/01/24(水)07:50:56 ID:jMD
またまたそんなことを書く人がいる。行けたら行く、でしょ。
602名無しさん@おーぷん :2018/01/24(水)08:37:48 ID:Sjy
それとわかるようなのは黙って呪詛返しすればいいのですお
尤も、放って置いても今の時点で既にこれまで返ってきた呪詛でズタボロなわけで
それすらも、地獄の一丁目の暖簾を潜った辺りの生温いところですが

さておき、彼らはこの先生きのこれるのでしょうかねい
603名無しさん@おーぷん :2018/01/24(水)08:45:23 ID:LUr
合意履行の念押しと、最期通告かもよ。
604名無しさん@おーぷん :2018/01/24(水)08:54:53 ID:hnD
今朝の配信で、ヒラマサ行く、になってます。
恩を売りに行くのか、手順に抜けが無いようにするのか、別の話し合いが別の誰かとあるのか分かりませんよ。

甘こっくは今回は生き残るでしょう。存続会社扱いで。次はわからん。

ところで、南海地震の被害想定エリアって伊豆半島の西海岸から宮崎までで、エネルギーを逃してもお屋敷に被害を出したく無い
お嬢様のお屋敷候補エリアが広すぎ。
エネルギーを逃すとなると、静岡糸魚川線かな。あるいは阿蘇湯布院の噴火?
伊豆半島群発地震?
605名無しさん@おーぷん :2018/01/24(水)08:58:14 ID:hnD
地理の間違いを、やってた。
九州エリアなら霧島かも。
606名無しさん@おーぷん :2018/01/24(水)11:51:23 ID:b4O
>>597
オカルト話だけど
先の九州の地震はもっとひどい災害になる(する)予定だったけどあちらの事情?予定?が変わってあの規模になった、なんて話も(2桁違うとかなんとか)
いずれ来る自然現象ではあるけれど、あちらの都合で規模時期場所にある程度干渉できて
干渉した結果のしわ寄せがいつどこにどの程度出るのかはケースバイケースらしい(地球は繋がってるので外国が割り食うことも稀によくある)
607名無しさん@おーぷん :2018/01/24(水)15:57:12 ID:b4O
>>604
安倍は事情が許せば行きたいとしか言ってないよ
今までの行けるなら行きたいと何も変わってないと思うんだけどなんで出席が決まったと報道してんだ
北が不参加示唆した後だし、何がなんでも出席させたい連中の外堀り埋めか?


そういや時事ソースだと
8時24分配信記事では安倍発言引用で「事情が許せば出席したい」と書いときながら地の文は「出席する意向を固めた」と報道
その後10時38分にわざわざ安倍発言全文記事を配信

凸が殺到したのか政府から抗議されたのかどっちかね?
608名無しさん@おーぷん :2018/01/24(水)16:14:52 ID:b4O
関連スレでの吹き上がり具合見てたら(工作分を考慮にいれても)酷士様と呼びたくなるような連中の数がすげえ多くてさすがに心配になってくる
合意問題で散々韓国イズム見せ付けてくれたから仕方ないんだけど殺韓酷士様(多分、元ガラポン信者のお灸層)増えすぎ

嫌韓感情を満足させない自民死ね、嫌韓感情満足させてくれるなら立民や共産でも構わんぐらいの連中が少なくなくて
"妲己"は行き過ぎた嫌韓なんじゃないかと思えて来るぐらい
609名無しさん@おーぷん :2018/01/24(水)16:41:47 ID:LUr
情報戦には気を付けてるつもりだけど、難しいね。
610名無しさん@おーぷん :2018/01/24(水)16:50:11 ID:hnD
自民党内でも異論噴出と。
ヒラマサはこちらから行く積極的な理由が出来れば行かれれるでしょうが。
ヒラマサのついでに日中首脳会談でもやるのかと思いましたよ。
韓国側と話すべきことは、避難の件くらいかな?
611名無しさん@おーぷん :2018/01/24(水)17:00:35 ID:hnD
某有名ツイッターは賛成みたいですね。
現地でペンス副大統領と打ち合わせ(トランプでは話し合いに多分ならない)、ついでに文を締め上げ、可能なら言質も。
日米中で打ち合わせやるなら、悪い話ではないかな。
612名無しさん@おーぷん :2018/01/24(水)17:41:37 ID:Klh
行く必要などありませんですお
リッパートさんの事件を鑑みれば
暗殺の危険すらあるのですから
613名無しさん@おーぷん :2018/01/24(水)17:48:25 ID:56l
まあ、「普通に考えたら」いいことは一つもないどころか、最悪の事態もあるからなあ。
ただ、合意以降の二年間を知ってる人間としては、この状況で行くからには手品の種を用意してるに違いない、という期待もある。
とりあえず、運スレ住人としては艮為山が出ないよう祈るばかりだ。
614名無しさん@おーぷん :2018/01/24(水)17:57:41 ID:i8A
>>613
まぁ、こんなところの外野が今更浮き足立ってどうするよ、って事に尽きるな。

15年暮れの慰安婦合意の時もそうだったけど、近視眼的に騒ぐ奴も多かった。
でも、その後の流れ見れば、概ねネットで推測したとおり「韓国は裏切る」という
方向に推移したからね。

ここは黙って様子見てたほうがいいと思う。 無駄に干渉して逆効果って事もあるし。
615名無しさん@おーぷん :2018/01/24(水)18:37:17 ID:hnD
表に出る話は一部でしょう。裏でどういう話が進行しているかわからない。
行くほうが利が大きいと首相が判断されたなら、支持します。
そしてご無事をいのるだけですね。
616名無しさん@おーぷん :2018/01/24(水)18:38:15 ID:2ru
>>615
仰せのまま自分はぐっとこらえて黙って様子見します
行くとすれば最後通告で踏み絵だと思う
もし暗殺されたら戦争になる
どっちに転がってもいいようになっているのだろう
何かそこには案があるはずだ
617名無しさん@おーぷん :2018/01/24(水)18:57:12 ID:LUr
暗殺より防寒が心配なんだよなぁ。
スタイリスト(?)さん、頼みますよ、と。
618名無しさん@おーぷん :2018/01/25(木)00:20:59 ID:KUM
自分も最初知った時は「何で行くんじゃい!行かんでよろし!」と反射的に感情的に
なってしまったけど、色々なところを見て回ってるうちに冷静な意見を目にして
慰安婦合意の時と似てるな、と。てことはしっかりとした理由があってのことだと
思うまでに至りました。
個人的には最後通牒をペンスさんと共に突きつけに行くのかなぁ、と。
心配なのは健康面と安全面ですね。万全の準備で向かって欲しいです。
619名無しさん@おーぷん :2018/01/25(木)00:51:58 ID:8Qz
今回の安倍さんのヒラマサ五輪出席、早速韓国メディアが文外交の成果として喧伝を始めてる。
なんでこういう間違ったメッセージの出し方をするのか。
多分半島有事の時に邦人保護の方法を人質に取って韓国がゴネたのでしょうが、
もうこんな時期に半島に居る邦人なんて痛い目を見るべきでしょう。
易者さんは難しい専門的な知識を段階的に噛み砕いて書き込んでいてくれるので、
スケジュールを乱して申し訳無いのですが、これから起こる半島有事の時の
在留邦人保護の政策の卦は直前に投下予定でしょうか?
また韓国メディアと日本のマスゴミが連動して、
兵役で鍛えられた若く逞しい韓国男達が半島で日本女性をいかに守ったかのプロパガンダが始まるのでしょうか?
たしか北朝鮮難民の卦でしたっけ?
やたら日本が良い卦が出て易者さん自身も驚いていたのは。
米国のお姉ちゃんは堪忍袋の緒がキレてるし支那は国境上に収容所を設置済み。
日本は対馬に一時的な収容所をおくみたいですが、果たして帰ってくれるのか不安なもんです。
620名無しさん@おーぷん :2018/01/25(木)01:07:37 ID:dxP
過去の運スレのテンプレより一部引用

■小泉の法則(小泉超ラッキー伝説)

 ●基本法則1: 小泉総理の敵は自滅する。(ブーメラン効果またはマホカンタ効果)
 ●基本法則2: 小泉総理にとって不利/不利益な事件が起こると、その直後に小泉総理にとって有利/有益な事件が起こる。
 ●基本法則3: アンラッキーな事件が致命的であるほど、大きなどんでん返しを伴った幸運が転がり込む。
 ●基本法則4: 世論、支持者、敵対者の全てが「今度こそ小泉はダメだろう」と確信した瞬間が、ピンチの底である。
 ●基本法則5: サプライズは週末に起きる。
 ●基本法則6: 小泉政権下では、内政、防衛、外交のすべてにおいて『これで流れが変わる』と言われた時は、結局流れが変わらない。

今は小泉元総理より安倍総理に視点が移ってるけど、どうやら「運」も同様っぽいよ。
621名無しさん@おーぷん :2018/01/25(木)01:27:24 ID:6gL
>>620
私の印象は、小泉総理はカウンターボクサーな感じだったなー
アホな攻撃をして来る相手には滅法強いけど、正攻法な相手は苦手なイメージだわ。
総理になるまでは、負けた事の方が多いんじゃなかったかな?
変わった運の持ち主と言えば、現総理夫人の昭江さんは興味深いですね。
妙な関わり方をすると・・・・ねぇ・・・・
622三文易者◆MGhP/YWj7E :2018/01/25(木)01:37:44 ID:xV2
 こんばんは
先ほど仕事が終わりました。
明日夜にネタを投下します

 ところで、
安倍総理が平昌に行く場合、卦は
水澤節4爻
です。
 余計なことをしなければ危険はなさそうですね。
具体的な卦の解説は事情がありまして省略します。

 一方、南半島の狙いは
雷火豊初爻
ですか。お金の無心ですかね。
 初爻ですから大した金額ではないと思います。
連中本当に経済的に苦しいみたいですね。

 なお、地風升が出ないところを見ると、一応返す気はありそうです。
こういうときに「地風升」が出ると、お金を返す気はありません(昌平坂の研究)。

 それでは消えます。
623名無しさん@おーぷん :2018/01/25(木)02:38:48 ID:tdo
>>622
おわっ、早速の安倍さんのヒラマサ五輪参加の卦、ありがとうございます。

>水澤節4爻です。
>余計なことをしなければ危険はなさそうですね。
>具体的な卦の解説は事情がありまして省略します。

とりあえずは危険はないと聞き本当に安心しました。
しかし、ヒラマサ会場には慰安婦像が設置して有ると聞きます。
諸外国に対する間違ったメッセージにならないか、それとも韓国に対してまともな先進国達はもう正体を見破っているのか。

>一方、南半島の狙いは雷火豊初爻ですか。
>お金の無心ですかね。
>初爻ですから大した金額ではないと思います。
>連中本当に経済的に苦しいみたいですね。

サッカーファンとして一言書き込みたい。
2002共催のスタジアム建設費は日本が韓国に貸しましたがまだ返ってきてないです。返す気ももう無いでしょう。
そして肝心の競技では審判買収を疑われてしょうがない有様。
W杯直後には特に欧州では日本人も見分けがつかずどれだけ汚い言葉を投げられたか。
本当に韓国には真剣に距離を置くべき。
今回の五輪も日本選手にまともな判定など無いのでしょうから。
バトミントンを空調で妨害する時に強く風を出しすぎてスマッシュが返ってくる環境だと言えば一瞬で理解してもらえるかと。
624名無しさん@おーぷん :2018/01/25(木)02:48:19 ID:ZfR
安倍さんにはいってほしくなかったなぁ
どんな思惑かしらんけど
625名無しさん@おーぷん :2018/01/25(木)06:42:55 ID:vbe
こうなれば、直々に足を運んで「これは最早、武器を使わない戦争である、目には目を、歯には歯を、だ」くらい言って
経済制裁強化の最後通帳を突きつけてジャパニーズリアリティショックを与えるくらいやって欲しいですお
ジャパンディスカウントが国益を一方的に損ねる愚策と化し、国家経営の為の反日ドクトリンを崩壊させる
南北同時に打撃する痛恨の一撃になって良いかも知れませんですお
626名無しさん@おーぷん :2018/01/25(木)07:35:16 ID:Xre
半島の精神性的に、一応その時点では返すつもりがあったとしても、すぐに
「考えが変わったニダ♪」「政権が変わったから返済義務は無効ニダ♪」
「未来志向で行こうケンチャナヨ♪」 となるので信用に値しないな。

やるなら最低でも取り立て人に対する恐怖を骨の髄まで覚えさせてからじゃないと・・・
627名無しさん@おーぷん :2018/01/25(木)07:39:10 ID:iLs
>>625
やっぱり今回の条約公開を我々は真剣に重く受け止め、
1965年6月の日韓基本条約の裏側を日本が一方的に世界に発信するべき。
厳密にはこの段階で終わる約束だったと。
(1984年には全斗煥が天皇陛下にゴネやがったのも個人的には気に入らないわけだけど。)
このままなら日韓基本条約で北の分の補償金も南が受け取った事も韓国人は知らないだろうし。
李明博の思惑通り、南北の統一費用も日本持ちなんてふざけた話になりそう。
日本のメディアが元気になりそうで憂鬱だ。
628名無しさん@おーぷん :2018/01/25(木)07:52:41 ID:scN
易者さんありがとうございます。
安倍さん無事に帰国出来そうですね?良かった!
場感酷?何言っても理解出来なそうだからなんでも良い。
欧米西側諸国とのすり合わせさえ上手く行けば。
629名無しさん@おーぷん :2018/01/25(木)08:25:13 ID:7xV
易者さんありがとうございます。
危険は無いならば、良かった。
630名無しさん@おーぷん :2018/01/25(木)08:59:51 ID:7xV
こういった物も出てたみたいだ。前半さえがんばれば、後半はいい実りを得られるらしい。
2011はいろいろ苦しかったが、人にしたがわず天に随ったから、今の情勢の基盤となる民族の底力を得られた。
今回乗り越えられたら、今度こそ、亡国フラグを完全回避できるかもしれない。

446: 可愛い奥様 2018/01/22(月) 23:48:28.23 ID:pLNz4o9u0

諏訪大社「筒粥神事」
世の中は「三分五厘」で昨年より一厘下がった。「今年前半はよくない。注意が必要」と促した。
作況は「急な災害や天候不順に注意し、手間暇かければ最終的にはいい実りをいただける」とした。

→三分五厘は2011と同じ
631名無し :2018/01/25(木)09:52:06 ID:25w
最後の最後まで外交交渉でやり切る。そのアンカーのたすきを受け取るのですかね
632名無し :2018/01/25(木)12:35:18 ID:oLv
経験的に言ってみんながリスクを自覚しているけれど
気持ちは上向きな時には悪いことは起きないものですよ

浮かれている時は、思いもよらぬ災害事故が起こりやすい。
リスクを自覚して、気持ちが下向きの時には、その通りになりやすい。
633名無しさん@おーぷん :2018/01/25(木)17:20:37 ID:NZj
>>627
まだエンコリがあったころに、韓国も金受け取ってることが周知されたはずなんだけどね。
まあ、なんでもかんでも「なかったことにしてきた」ツケをいっぺんに支払うことになる期限が迫ってるからな。
戦争は、とくに戦争が終わった後の戦後交渉は、そうしたツケが一切合切、全部が押し寄せてくるから。
634名無しさん@おーぷん :2018/01/25(木)21:18:45 ID:VuU
易者さんお疲れ様ですー。

お金の無心ねぇ…たとえ返す気があっても返すカネはあるまいて。
カネじゃなくてキムを寄越されてもこまるのよ?
635名無しさん@おーぷん :2018/01/25(木)21:33:56 ID:scN
カネカネキンコ
キムならいっぱいあげるんだけど?
636名無しさん@おーぷん :2018/01/25(木)21:42:16 ID:9e6
厳密には金そのものより「日本の金」がほしいんだろうな、まだ日本が助けてくれる保証ってヤツが。
637名無しさん@おーぷん :2018/01/25(木)21:44:34 ID:ztq
恥を知らねぇ都鳥よ
638名無し :2018/01/25(木)22:19:19 ID:oLv
かつて日本人の特徴と言われた、空想平和主義が
欧州や韓国を席捲してるのを見るにつけ
あれはコミンテルンによる日本弱体化策であったのだなたと改めて認識

日本や欧州を手なづけるつもりでコミンテルンを
泳がしていたつもりの英米も、獅子身中の虫退治に苦労している。

そういった意味でも、日本は課題先進国だったのですね。
639名無しさん@おーぷん :2018/01/25(木)22:29:43 ID:pvW
・米などの先物取引
・株価のローソク線
・人種差別撤廃決議案
・自動火器による近代戦争の概念
・航空主兵による戦争のパラダイムシフト
・ポータブル電源としての乾電池
・以下略

意外にたくさんあるのですお
640名無し :2018/01/25(木)22:36:09 ID:oLv
90年代までは、日本の文化が未熟だから
空想平和主義がはびこるのだと説明されたものでしたが
(これもコミンテルンの工作)
ところがどうして、日本に仕掛けられた工作な
韓国、欧州、そしておそらく中国の一般国民にもよく効いている。
私が思うに、日本の庶民は世界でも最も高い知的水準にあるのであり
日本人が引っかかる工作は、世界中の誰でも引っかかる。

それは、日本は大陸やキリスト教圏で無意識に
閉じ込められてコントロール不能の領域になってしまった
このスレで議論されている事柄が、意識のコントロール下にまだあるからです。
日本人が朝晩に神棚や仏壇に手を合わせる
成長の過程でお宮参りや七五三や成人式をする
それも個人がセルフサービスでやってしまう。
これらの祭祀は、キリスト教圏では聖職者しかできないし
イスラム教や中国庶民の覚醒をは恐れて祭祀すら認めていないレベルです。

ユダヤ人の一部とかフリーメイソンはこの辺り気が付いています。
だが彼らの間には、その日本人を仲間として扱うか、
自分たちの優位を守るために日本人を弱体化させるか
割れているようです。
641名無し :2018/01/25(木)22:55:30 ID:oLv
フリーメイソンは、自分たちの祭祀ごっこが、
知らないうちに無意識へのアクセス技術となっていたことに
いつ頃か気がついた。多分米国建国の頃だと思います。
それで、英国王家のコントロールを離れることができたのです。

ハノーバー王家はスコットランドのスチュワート王家と比べて術が弱かったですし。

英国王家がどの辺りで、この祭祀ごっこの力を取り戻したのか
シティーとの再契約か成り立った時なのでしょうから
血友病因子が入ったヴィクトリア女王の時なのでしょう。
国の中に別天地がある、山天大畜これがロンドンの
都市の形であり、英国の秘儀ではないかと思います。

私がごっこと呼ぶのは、真心なしに、技術として
それができるとフリーメイソンや英国王家は捉えているからです。

けれども、本来真心がないと、真価は発揮できないはず。
石屋は仏作って魂入れず。

日本は神国とはそういう意味です。
642名無し :2018/01/25(木)23:09:12 ID:oLv
シティーにはユダヤ人がいます。
ユダヤ人のやる祭祀はごっこではなくて魂が入っています。
だからフリーメイソンは、反発しつつもユダヤ人には頭が上がらない。
ユダヤ人がやっていることの方が本家ですから。

さてディアスポラ以降のユダヤ教というのは
実は天使教であり、カトリックで登場する天使は
みなユダヤ教からの借り物です。

ユダヤ教の天使は、紀元前の神様勝ち抜き戦で
御本尊に負けてしまった有象無象の神様妖怪です。

ユダヤ人は、実は負けた神様を捨ててはいないのです。
日常の祭祀では天使に祈ることで、元神様を式神的に
力を引き出しています。

そのかわり御本尊への直接アクセスは禁じ手にしています。
マサダの砦で懲りたためと考えられます。
643名無しさん@おーぷん :2018/01/25(木)23:12:48 ID:scN
あぁ。。コリアンの気功師もそんなこと言ってましたっけ。
気功(クンフー)や風水、そういったエネルギーを技術として扱う、扱えるのが良いところだって。
日本はそういうものが人智を超えた存在に本質的に属すると認識するから、根本のところで相容れないんです。

キリスト教徒の認識では、自然の秩序そのもの、いわば地球全体の運行秩序や存在に創造神の意思を持って来ますが、
日本はさらにその上を考えますから。
カトリックは一般信徒の考え方はかなり他力的に思えますが、彼らにその自覚とゆーか認識がないのも不思議です。
644名無し :2018/01/25(木)23:21:42 ID:oLv
英国は王朝が入れ替わりますからね
易者さんが指摘される、易姓革命で生贄に捧げる
一族を入れ替えて国を長持ちさせる。
これは英国では、今も進行中です。

朱子が考案者だとすると、マルコポーロの頃に
欧州に導入されたのでしょう。そして英国を宿主として選んだ。
田舎貴族だったテューダー家が上り詰めた理由ではないかと。

だから、ここに来て英国がなぜか懸命に中国を助けようともがいているのでしょう。
彼等の国を支える思想が性理学とユダヤ教のチャンポンだからです。
645名無しさん@おーぷん :2018/01/25(木)23:27:43 ID:scN
今はマウントバッテン家ですね。
そういえばイギリスは女王が出ると王家の交代が起きる。
あ、だから女王が出ると栄えるのか。
646名無しさん@おーぷん :2018/01/25(木)23:28:29 ID:MbG
>>638
日本は定期的に災害がおきるので、空想平和なんかにうつつを抜かす余裕は結局ないからな。
647名無しさん@おーぷん :2018/01/25(木)23:29:56 ID:Xre
>>644
腹黒国は日本と並び乾為天にしない(≒易姓革命を必要としない)秘儀をもつ国と言っていたはずだが
648名無し :2018/01/25(木)23:35:12 ID:oLv
乾為天にしないことで前王朝の族滅を防ぐのでしょう。
王朝交代はあるけど一応親戚から取ってきます。
649名無し :2018/01/25(木)23:35:12 ID:oLv
乾為天にしないことで前王朝の族滅を防ぐのでしょう。
王朝交代はあるけど一応親戚から取ってきます。
650名無し :2018/01/25(木)23:39:53 ID:oLv
さらに、ブレア首相のかみさんは王室廃止派で
ブレアも10年前にカトリックに宗旨替えしたから
隠れ王室廃止派でありました。

どうも、王室とシティーの間が上手くいっていないようです。
ブレア政権の誕生は、シティー側の脅しではなかったかと

英国では、虚々実々の駆け引きが行われている最中なのでしょうね。
目が離せません。
651名無しさん@おーぷん :2018/01/25(木)23:44:30 ID:pUY
「技術」じゃ心のごく一部しか扱えないからなあ。
いや、技術は大事なんだけども、技術じゃ人の器は拡げられないどころか、心の芯のさらに
奥深くに立ち現れる「隠されたもの」にたどりつく邪魔になることもある。
652名無しさん@おーぷん :2018/01/25(木)23:46:46 ID:Xre
>>644
あと、易姓革命の考えは朱子以前からで、朱子はあくまでそれを「省エネ化」するシステムを考案した、って話だぞ

軽く調べたかんじ、朱子学は人間の情欲(精神活動)自体を抑制することで
それをエネルギー源とした天の運行そのものを減速させようとしてる気配があるが
653名無しさん@おーぷん :2018/01/25(木)23:52:47 ID:pUY
>>652
それは考え方の一つに過ぎないだろ。
本来、形而上及び形而下を含めた世界全体を天地として祭祀対象にしてたのを、理気説により
極度にイデア化された「天」に制限することで省エネを果たしたとも考えられる。
どっちにしろ、英国のは秘儀であって易者さんは答えない以上、推測しかできないし、
olvさんに問い詰めるのもちょっと違うと思うぞ。
654名無しさん@おーぷん :2018/01/25(木)23:56:00 ID:scN
技術であるためにはその奥にあるものを否定することに多分なります。
扱えない部分が本質ならそれは技術ではなくなる。信仰や秘儀になります。

イギリスは女王が出るとその夫の家名に王朝が移ります。
つまり養子で継いで行く。
一系でも無いし易姓革命でも無い、彼ら的に良いとこどり?
腹黒国が統治あるいは王朝を支えるシステムとして易経を導入したなら、朱子学的省エネと国の形のコントロールで帝国を維持しようとした?と考えると面白いですね。
そういえば。産業革命の母国は腹黒国ですが、蒸気機関以後、大きな発明出てませんよね。
655名無しさん@おーぷん :2018/01/25(木)23:59:40 ID:MbG
>>654
いや、「大衆音楽」と「金融工学」は英国の発明だと思う。
産業革命と違うのは、「分野を限定して革命を起こす」部分かと。
656名無しさん@おーぷん :2018/01/26(金)00:05:11 ID:0wK
>>655
たしかに。だがそれも随分前になりました。
問題はこれからですが。。

地球はこれから小氷期入り。テムズ川が結氷する冬が増えます。
北極海航路、使えるのかな??
657三文易者◆MGhP/YWj7E :2018/01/26(金)00:06:57 ID:FiA
 こんばんは
ネタ投下再開にはもう一日かかります。

 それでは消えます。
658名無しさん@おーぷん :2018/01/26(金)00:20:48 ID:qA3
ごきげんよう易者の人
投下をお待ちしております
659名無し :2018/01/26(金)00:31:07 ID:WKI
魂のこもった儒学も日本に残っているんだけど
腹黒国の王室はそれだけはどうしても認めたくないみたい。

幕末に来た腹黒国の方々はさぞかし驚かれたのではないかと。

彼等が取り入れた儒学が出がらしだったのは
彼等の帝国が植民地でやっていることが
中華並みの収奪だったことでもわかる。

シティーや王家はその因果が巡ってくることを
恐れ始めているのではないでしょうか?

自らが日没する国のターンにならないために
日出ずる国を潰してしまえ、という考えの者もいそうです。

米国は国防方針の大転換を成し遂げて
一時的に虚になっています。
こういう時は意外にあやうい。
オリンピック休戦は米国にとっても必要なのでしょう。

安倍総理の訪韓に前向きな発言は、
敵に準備する時間を与えないために、
虚であることを見せないための高等戦術に私には思えます。
660名無しさん@おーぷん :2018/01/26(金)00:31:36 ID:8a9
易者さんお疲れ様です。
いつもありがとうございます。
661名無しさん@おーぷん :2018/01/26(金)00:36:34 ID:qA3
ブリテンだのユダヤだのフリーメイソンだのと言い立てていますが
日英同盟復活と日米同盟の強化とに矛盾する部分がありますねい
与太なら与太で良いのですけど、そうでないなら少し偏りすぎなのですお
662名無しさん@おーぷん :2018/01/26(金)00:43:16 ID:OFf
2時間で10レス(全部長文)とは、よっぽど書き溜めてるんだなぁ・・・
あといくつあるの?
663名無しさん@おーぷん :2018/01/26(金)03:06:41 ID:NH2
ここはオカルトスレかつブレインストーミングスレなんだから思ったことを自由に書き込んで良いかと
オカルトが根拠のお話を否定しようにも水掛け論にしかならんしね

ただ政治スレでもあるのだから現実が主でオカルトが従という序列を崩さないようには気を付けてるかな
その辺の序列が入れ替わってるレスはいちいち否定しないけど参考にはしない
664名無しさん@おーぷん :2018/01/26(金)07:00:00 ID:WSo
否定すると言うか、疑問点に突っ込んだり「ないわー」と思う部分を再検証して
より面白く、より前向きで、より良い結果に向かうようにしたいだけですお
例え与太であっても、その根拠となる考え方そのものは間違いではなかったりもしますお
それこそがブレインストーミングってものなのですお
665名無しさん@おーぷん :2018/01/26(金)08:50:58 ID:u49
チョソンは金正恩を象徴書記長、ムン・ジェインを首相にして統一したらよいのでは。
666名無しさん@おーぷん :2018/01/26(金)09:14:03 ID:4PB
>>662
ここは数年で1スレ消費する事も有るあるのにね…
667名無しさん@おーぷん :2018/01/26(金)18:23:25 ID:0wK
安倍さんの韓国行き、色々解説が出てきましたね。
最後通牒になるのかなぁ。。。
昨日、珍しくアパッチが二機編隊で飛んでました。軍は淡々と準備ちう。。
668名無しさん@おーぷん :2018/01/26(金)19:09:14 ID:Srh
……いろいろ言いたいことがあるけど、言わない。
ただ1つ、改憲を見せてやりたかったな>野中
669名無しさん@おーぷん :2018/01/26(金)20:45:35 ID:aiI
また一人「昭和の政治屋」が…
あと残ってるのって小沢民だけかな?
670名無しさん@おーぷん :2018/01/26(金)22:01:10 ID:0wK
小沢民と後は森もとさんかな。 じーさんになったよね。。。
671三文易者◆MGhP/YWj7E :2018/01/27(土)01:14:22 ID:vCR
 こんばんは
 それでは、このネタの最後は「周公」と「王姜」です。
これは江戸初期に研究されたもので、江戸の武家文化の柱ともなりました。
 儒教(朱子学)を本格的に取り入れるにあたり、中国の歴史における儒教の「功」「罪」を
分析し、どれを取り入れ、どれを排除するのかの判断にされたものです。

 時間があまりとれないので、少しづつネタを投下してきます。

 まずは、前提理解として

1、王侯の息子たち
 殷周時代は「長子相続」ではなく、優秀な子供が継ぐという形であったということです。
つまり、たくさん子供をつくってその内優秀な子を後継者に指名するという形です。

 ガチャをたくさん引いて、優秀な奴に継がせるという方法とイメージすればよいかと。

後継者候補にならなかったものは、「穀潰し」兼「(いざというときの)鉄砲玉」として扱われます

 文王も「発(武王)」と「旦(周公)」が優れていると周囲に言っていたことから、どちらかが後継者
という形でしょう。伯邑考は始めから後継者ではなかったわけです。
 それ故、鉄砲玉として殷にやってくることになったわけですけど
(後継者候補の「発」「旦」が来ることは絶対にない)


2、王侯の娘たち
 殷周時代の王侯の娘、特に直系の姫は「物資引換券」扱いです。
姫の降嫁には対価として高額の結納金(物資)が必要でありましたので。
>>553
 のような6回の儀式の度に高額の結納金(物資)をとられる

 また、直系の姫が仮に千早さん(仮称)であっても問題ありません、副妻として傍系の娘
あずささん(仮称)をたくさんつければ良いことですので

 殷王朝帝室の最大の戦略物資が「直系の姫の身体」であったわけです。

※易経には、殷帝室の直系の姫が身分の低い兵士(当然、結納金を払えない)の元へ、勝手に
押しかけ婚して、大騒ぎになったことがある卦の中で記述されています。
「殷最大の戦略物資がパーになった」
 おそらく、記録のあるものとしては、最古の「逆玉」でしょう。
 ちなみに、帝室の姫12~14歳(降嫁目前)、兵士30過ぎで独身で貧しい、・・・。

 その内、解説するかもしれませんが、この記述のある卦が出た場合
「超絶高値の花の女性から、片思いされている」
「非常に強力な女神さまから、贔屓されている(強力な加護を受けている)」
という意味になりますね


つづく
672三文易者◆MGhP/YWj7E :2018/01/27(土)01:16:36 ID:vCR
1息子たちはガチャで後継者が選ばれ、2娘たちは「物資引換券」でしたので、
この時代、王侯と言えれども
「教育が重視されていなかった」
ということを前提として理解していただきたいかと
(特に、息子たちについては、少ない子供を教育するよりも、より多くの子供をつくって
当たりが出るのを待つ、という考え方であった)


 短いですが、ここまです。
続きは、明日夜の予定です。

 お目汚しいたしました。
 それでは消えます。
673名無しさん@おーぷん :2018/01/27(土)01:29:17 ID:jwA
ごきげんよう易者の人
支那では、一人っ子政策で当たり外れの格差がえげつない事になっちまいましたねい
674名無しさん@おーぷん :2018/01/27(土)02:16:26 ID:AaT
易者さんありがとうございます。

教育サボって当たりが出るまでガチャを回すんですか。
下手すると最後まで当たりが出ないかも。その時は?
675名無しさん@おーぷん :2018/01/27(土)04:29:16 ID:BVf
そもそも教育って何を教えろと?
体系化された「学問」も存在しない、
大学・寺院のような専門教育機関がない、
地頭のよさと喧嘩の強さと人使いのうまさぐらいしか伸ばす物がないのでは
676名無しさん@おーぷん :2018/01/27(土)05:18:53 ID:Rfo
>>668

677名無しさん@おーぷん :2018/01/27(土)07:18:10 ID:9YP
易者さんお疲れ様です!

人をたくさん作って当たりを待つ…
言われてみれば、今の中国もその方法ですね。
日本だとたとえ当たりが出ても、その当たりが天災やら病気やらでコロリと逝ってしまうからなぁ。

それにしても恐るべきは昌平坂である。
全然知らないからちょっと勉強してみよっと。

戦国時代って世界史的に見てもおかしくないか?!というくらいすごい人のオンパレードな気がするのですが、その中で徳川家康のブレイン陣はちょっと異質で面白い。
他の陣営にもいる軍師的なポジションの人もいるけど、個人的に注目してるのは天海僧正と林羅山。
オカルト方面と学問方面からのアドバイザーってあんまり他の戦国武将では聞いたことがない気がする。
678名無しさん@おーぷん :2018/01/27(土)07:29:05 ID:svS
王様に参謀が付いたらつおいよね
って言う、それなんて太公望ちゃん、みたいな
679名無しさん@おーぷん :2018/01/27(土)07:36:12 ID:FI3
易者さん乙です。

アタリ=科挙合格者、みたいな感じか。
680名無しさん@おーぷん :2018/01/27(土)09:19:01 ID:Spw
今と違って、子供がちゃんと大人になるまで生き残る保証もなかったから、「教育」のリターンがそれほど見込めなかったんだろうなあ。
681名無しさん@おーぷん :2018/01/27(土)10:25:28 ID:yMf
相続問題は根深いからね。
682名無しさん@おーぷん :2018/01/27(土)11:06:19 ID:AaT
殷末の頃だと皇紀が始まる何百年か前だなー
今と違いすぎて想像出来ないが。
その頃すでに殷は人が余る状況だったのだから後継選びは慎重を期したのだろうが。後継から外れた多くの息子の処遇に困らなかったのかな。
683名無しさん@おーぷん :2018/01/27(土)11:08:46 ID:svS
つ特製ハンバーグ(あ
684名無しさん@おーぷん :2018/01/27(土)11:15:26 ID:3Ka
>>679
殷末の話だから科挙まだないし
易教(姫昌)の考える優秀さと、
孔子やそれ以降の儒者が歪めた「理想の周」を根本とする儒教、そのエキスパートたる科挙合格者の優秀さはすごく別物だと思う
685名無しさん@おーぷん :2018/01/27(土)19:42:41 ID:SfL
易者さんありがとうございます。
王姜の人物像から周王が【女后】封じを考えついたと発言した者です。
他部族出身でその畜産の知識を買われた分もあったのでしょうが、後継ぎ息子に正当な手続きを経て正妃として迎えるだけの堅実さを王姜は持っていたのでしょうね。
そして彼女の生育歴や畜産での肥育という発想から、ガチャで当たりを引くのをただ待つのではなく教育という投資を経て能力値を上げるという思考に辿り着いたと言うことでしょうか。
686名無しさん@おーぷん :2018/01/27(土)20:26:57 ID:yMf
小池氏離党
追い出されたというより、離党自体が規定路線のような気がする。
687名無しさん@おーぷん :2018/01/27(土)20:46:54 ID:AaT
周代の制度を復習して、高校で習った、周は封建制を発明した話を再確認。
宗家を継がない息子達は領地を与えて諸侯にしたと。
血縁関係に基づく本家分家関係の封建制。
文王は本気で共喰い文化やめたかったのだろうと思います。
公候伯男子もここから掘って来たんですね。全く明治の政治家は。。分からんはずだ。。
長子相続がいつから始まったか、掘っているのですが良く分かりませんです。制度としての教育の始まりと関係しているんだろうなー
688名無しさん@おーぷん :2018/01/27(土)22:59:44 ID:VXO
天風女后4爻とは大体いつ頃まででしょうか
4爻が万に一つの目があって、それ以降は良くないという事なんですかね
689名無しさん@おーぷん :2018/01/27(土)23:28:04 ID:h7t
教育にコストを掛けて後天的に優秀にする方式に変えた場合、長子は生まれた時点では子供がそいつ一人だけなわけで、
そこが相続するってのは、全員を教育するほどの余裕がない状態を前提に、一人にリソース集中する意味ではまあ妥当なんだよね。
2人め以降は余ったリソースを順に注いで予備兼将来の信用できる部下。

王姜は教育により後天的に優秀になったタイプだったのかな。縁者らしいし太公望が教育した?
あるいは寧ろ逆に教育ママなタイプだったとか?

もしそうなら、教育の卦というと山水蒙だけど、これの2爻と上爻の陽がそれぞれ王姜と周公旦を表してたりするのかな
不才なところを後天的に知識教養で埋めて包み隠した2爻の(包蒙)王姜が、その後天的に得た知識を軸に跡継ぎに教育を行いつつ、
要所要所で先天的に優秀な上爻の周公旦が王姜の教育の不足部分を穴埋めして潰す(撃蒙)方式。
弱点を埋める教育をシステム化できればある程度は暗君の発生を防げるし、
そういう教育を受けた女性は天風女后にならない(そうなる可能性から脱却している)から、娶るには最適だぞ、と


この場合、その教育自体が歪んでしまうのが一番の脅威だわな。特権階級に取り入るために女性は天風女后たれとする後の中国のように・・・
690689 :2018/01/27(土)23:45:53 ID:h7t
書いてみて気付いたが、そういや山水蒙2爻の包蒙の「包」の字は天風女后で多用されてるな・・・
691名無しさん@おーぷん :2018/01/28(日)00:12:13 ID:hO8
>>688
易者さん曰く、通常の解釈でなく普段用いない死文がメインだそうだから、どうだろう?
ちなみに普通なら一爻に誑かされない6爻までいけば大体安全だけど、4爻だと地位もそこそこ高い上に、1爻のターゲットにされやすい位置。
692名無しさん@おーぷん :2018/01/28(日)00:19:39 ID:jqq
自分から学びに行くのが教育か>山水蒙
それって高度な教育のことになるのかな。高等学校や大学で出てくれないと困る卦なのか。
国民全体の底上げでは少し難しいかも。
693名無しさん@おーぷん :2018/01/28(日)00:25:30 ID:hO8
義務教育による底上げだと水風井か風水喚になるんだろうか。
あと、以外なところで天風[女后](天の風=情報を四方八方に吹き渡らせる)とか。
694三文易者◆MGhP/YWj7E :2018/01/28(日)01:04:23 ID:SkC
 こんばんは
それでは2回目です。

 王姜は、天澤履の下の兌澤であると言われます(上の乾天は文王です)。

 王姜は、西周の跡継ぎの嫁候補(結婚適齢期に達していない)として貰われてきましたが、
王姜の実家は結婚話を全く信じていなかったようです。
 牧畜技術の譲渡も西周の圧力に屈したと考えていたようですし

※西周は殷王朝の西部にあることから、遊牧民との最前線にあたり、
そのため、西周の姫昌といえば(殷の帝よりも)人食い虎のように恐れられていた。

 そのため、王姜の実家では娘を出しても、結局たんぱく源になるだけであるから、
最も嫁の貰い手のなさそうな(要するに兌澤の)王姜が生贄として出されました。
 王姜は、当初、実親にも見捨てられて人食い虎の巣に生贄に出されたと考えており、
いつ自分がたんぱく源にされるかブルブル震えていたようですね

 しかし、名プロデューサーの文王は、あっという間に王姜を手懐けてしまいます。
また、王姜は姫発の嫁候補でかつ異民族出身であることから、西周で虐めがあったようですが、
文王の前では絶対にそのような嫌がらせを受けない、ということに気づきました。

 そこで、少女であった王姜は文王の背中が自分の安全圏であると考えて、文王の後を
どこでもついてくることになります。
(実親にも見捨てられたことから、庇護者としての父性を求めたということもあるでしょう)
 君主(乾天)の後を少女(兌澤)がどこでもついてくることから「天澤履」というわけですね

 政務中はもちろんのこと、移動中でも外交交渉中でも、太公望と共に閲兵中でも
(近衛兵士たちは、いつも文王の後を追いかける少女(王姜)を微笑ましいと思っており、
このことが後に王姜の命を救うことになる)


 さて、文王は王姜が何処でもついてくるから邪魔と言って追い払ったりはしませんが、
そのままというわけにもいきません。
 そこで、自分の側近が務まるように、太公望と二人がかりで「教育」するようになります。

 王姜は決して天才肌ではありませんが、真面目で思慮深いタイプであったようで、
文王の補佐官が務まるようになりました(文王の死後は、夫武王の補佐官)。


 文王は王姜のことを非常に可愛がったようですね。次のような言葉が残っています。
「履虎尾」「不咥人」
(「虎の尾踏んでも」「虎は人をたべない」)

 文王(君主)が仮に人食い虎として、その尾を誤って王姜が踏んでも、虎は王姜を食べたり
しない。

つづく
695三文易者◆MGhP/YWj7E :2018/01/28(日)01:07:45 ID:SkC
 ですから、王姜に嫌がらせすると文王と太公望を敵に回すことになり、西周には
住めないでしょうね


 なお、周公の(教育の終わった)王姜の評は次の通り
「視履考祥」
(自分のやってきたことを詳しく考え、良ければそれを守り、間違っていたら反省し
やり直しをして、再び間違えないようにする)

 天才ではないが、「思慮深い真面目な努力家」 という評価でしょうか

 今日はここまでです。


>>677
 林羅山はこのネタの最後の方で触れます。

>>685
 王姜の教育による成長です。

>>687
 爵位をなぜ明治のチートたちが持ってきたかを考えるとよいですよ。
明治のチートたちは、江戸時代までの特権階級をどうしたかったのか?
仮に敗戦なく華族制度が残ったとして、100年たったらどうなるか?と
チートたちが予測していたかを考えるとよいと思います


 お目汚しいたしました。
 それでは消えます。
696名無しさん@おーぷん :2018/01/28(日)01:34:38 ID:JrZ
日本の歴史の中では、鎌倉幕府の相続は男女平等で均等分割を旨とした。

しかし、当時は経済が未発達だったし、そう簡単に所領は増やせないので、
結果として御家人の農地は細分化されて大変な困窮を招いた。
これは1つの社会実験として興味深い。
均等分割の現代社会との対比も出来る。

なお、後付なら何とでも言えるけど、貧乏を嘆いた御家人衆は
蒙古高麗の侵略を撃滅しており、祖国防衛は間違いなく合格。
馬鹿ちょんのように、座り込んで貧困を嘆いていたわけじゃない。

そんなわけで、今の時代の相続は、
数百年後の未来人にどう評価されるやら。
697名無しさん@おーぷん :2018/01/28(日)01:45:39 ID:i8y
易者さんありがとうございます。

華族は皇室の藩屏になるはずでした。良い例が津軽華子様。
皇后陛下も親王妃も華族のお姫様から選ばれ、血縁によって繋がった上流ネットワークが貴族院として国民と皇室を繋いだはず。

そうは言っても貧富の差は歴然と続いただろうから、やっぱり赤い宮様は生まれたろうなー

均分相続は平安時代もそうでしたね。意外と長く続いた。
事業の継承に関わる分(農地や山林、事業所など)でない純粋な資産は均分も悪くない。
貧富の差を消す方向に働きますから。
要は制度も適材適所。
698名無しさん@おーぷん :2018/01/28(日)03:01:24 ID:HtQ
公家・公務員の皆様が国家社会主義が好きなのは仕方ない。

戦後から50年以上も、社会党なるトロツキズム政党が
弱小ながらも分裂せずに維持できたのは、
そちら(公務員+戦前派)の応援が続いたと邪推しまする。

昨年の性人前川も勘違い公家?みたいな態度で
散々ドヤっていたけど、社会党が有った頃の日本国民なら、
前川の一言一句に感涙していた可能性も高い。
699名無しさん@おーぷん :2018/01/28(日)07:07:41 ID:0a3
易者さん乙です。

>>694
中国の文学では、虎が単純明快に本物の虎を指しているわけでは無いんですね。
んー、怖い社会ですわ。。。
伝説になるのもよく分かる。
700名無しさん@おーぷん :2018/01/28(日)08:34:38 ID:Mie
易者さんお疲れ様です~。

ちょっと調べてみたら、まさに林羅山が昌平坂の始まりだった乙。
そんな気はしてたけど知らなかった…易者さんの解説、楽しみにしております!

王姜の場合は本人の資質+先生役がウルトラゴージャス。
周公はそれをどうやって他人でも再現可能にしようとしたのか…次回解説が楽しみ。

虎…そういえば、もうすぐ五輪半島も虎を自称してたけど…
701名無しさん@おーぷん :2018/01/28(日)11:24:05 ID:yDj
あそこは虎じゃなく熊(の子孫)自称してたような
そういやなんで清は眠れる獅子なんだ中国なら龍言いたいだろうし実在動物で力の象徴なら獅子より虎だろと思ったけど
よく考えたら欧米がつけた名前だからあいつらの力の象徴の獅子なんだな
702名無しさん@おーぷん :2018/01/28(日)12:14:33 ID:i8y
クマもトラもトレーニングが難しい動物ですねー
基本単独生活で交尾の時しか他の同類と出会わない。共喰い上等(特にクマ)
芸に使うには幼獣期からの苛烈なトレーニングが不可欠。
似てるかもしれない。
703名無しさん@おーぷん :2018/01/28(日)14:08:30 ID:WbJ
>欧米がつけた名前だからあいつらの力の象徴の獅子なんだな

これも相当におかしい話。
欧米がルーツとした地域にも、移住していった地域にも、獅子は生息していない……。
何で獅子なんだろうか。
704名無しさん@おーぷん :2018/01/28(日)14:50:54 ID:6bP
>>703
おかしくはないんじゃない?
コロッセオで戦ってたし
705名無しさん@おーぷん :2018/01/28(日)15:10:38 ID:cqn
>>703
今のヨーロッパにライオンは居ないけど、石器時代のライオン化石はあるみたいだから、
有史前の伝説としてライオンの存在は知られていたんじゃないかな?
あとアフリカに行けば普通に居るし。
706忍法帖【Lv=4,さまようよろい,Feb】 :2018/01/28(日)15:17:54 ID:KIg
古典期のギリシャにも分布していたらしいし
wikiによれば分布は今よりかなり広かったそうな
707名無しさん@おーぷん :2018/01/28(日)15:46:46 ID:WbJ
>>704-706
色々な話を有り難うございます。

あの辺りに生息する恐ろしい肉食獣と言うと狼だよなあ。
(ローマの守護獣としてトーテムになっている)
ケルト系は猪のトーテムを奉ずる部族が多いと聞く。竜はウェールズでしたっけ?
708名無しさん@おーぷん :2018/01/28(日)17:54:07 ID:yDj
>>703
実際のライオンがいることよりも欧米がギリシャローマの後継者のつもりな影響のがデカイと思う
地中海~西・中央アジア~インド~東アジアに至る広大な地域で獅子は王権・力・勇気の象徴だから

大体エジプトペルシャやシルクロードやアレキサンダーや仏教のせい
709名無しさん@おーぷん :2018/01/28(日)17:54:28 ID:6hy
腹黒は、山沢損ではないかな。

天に対価を払うことで生きながらえるのが乾為天ならば、
その対価を、損としてとらえ、後で得をとるようにすれば
よい。

なーんちて。酔っぱらいの戯言ですw
710名無しさん@おーぷん :2018/01/28(日)18:02:54 ID:ySq
ブリテンは故ダイアナ妃こと、プリンセスオブウェルズと言う対価を支払う事で
ドディ・アルファイドを排除して、やっとこさ現状に踏みとどまっていますお
711名無しさん@おーぷん :2018/01/28(日)18:39:03 ID:9Dy
>>703
白人は人種的に中東を祖とするし
中東にはバビロンの伝説のように獅子はいたような。

それはともかく、旗に獅子を描いたものもある訳だから
実在しない龍をイメージさせるよりは、既知の獅子の方が不思議ではないでしょう。
712名無しさん@おーぷん :2018/01/28(日)19:28:54 ID:i8y
インドライオン(アジアライオン)というのがいましてね。
パキスタンから中東まで広く分布していたです。
今はインドの限られた地域にいるだけになりましたが。

だけどなんであいつらが眠れる獅子なのかは分からない。
正確には起きたことのない、だと思うなー
713名無しさん@おーぷん :2018/01/28(日)19:34:54 ID:2AS
インドの獅子から関連して寅のトリビア。
今じゃポリコレに当たってしまった「ちびくろサンボ」。
ココナッツ繁る常夏の島のイメージからアフリカの話と思いきや。

あれは、戦前の地政学で最重要地とされていた【南インド】の話。

ココナッツの周りでグルグルしていたらギーになったという話。
なぜならば、アフリカにトラはいない。
マジで戦前の日本って南インド研究かなり進めてたんだよね。
714名無しさん@おーぷん :2018/01/28(日)20:31:08 ID:i8y
チビクロサンボですが、あの子はドラビダ人。
北インドと南インドは人種が違い、アーリア系の北インド人が南インド人(ドラビダ人)を征服したです。
715名無しさん@おーぷん :2018/01/28(日)20:44:54 ID:2AS
知り合いから聞いた小話。

ドラヴィダ人が
「いやぁ、日焼けしちゃって大変だよー」

と言ったので「オマイラもともと真っ黒じゃねぇか」と言ったら

「そう言わんといてくれ orz せめてブラウンと言ってくれ(T_T)」

因みに、中世イスラーム商人によってアフリカ黒人が大量に輸入されて、
今もって海外からアンタッチャブルにされている場所と集落あるらしいけどね。
716名無しさん@おーぷん :2018/01/28(日)21:09:34 ID:R2S
ポプテと仮想通貨の勢いを見ると日本にエネルギーが戻ってきているように見えるけど
なんだかどっちも頭がおかしい感じがするので先が心配だわ
717名無しさん@おーぷん :2018/01/28(日)21:21:14 ID:gPP
>>716
仮想通貨のブロックチェーン技術は政治のスピードが無い日本の様な国ではかなり有り難い事になると思う。
事業を判断してしっかり融資をせずに何を担保に出来るかどうかの
判断基準しか持ってない大手邦銀の尻に火が点く事は日本経済全体にとって良い事。
でもビットコインを作った人間が日本名のサトシ・ナカモトを名乗る事も含めて怪しすぎる。
ビットコインがこの世に登場して一番得をしている国が独裁国家の北朝鮮というのも皮肉だ。
ビットコインの誕生に北朝鮮のエリートハッカー達が関わっているという噂はデマで有って欲しい。
ただでさえ、日本は経済力に反比例して英語が解らない人間が多いから、
デマや噂でさんざん値を吊り上げた後、最後は日本人に売りさばくとういうパターンが残念だけど世界ではセオリーになってる。
今回の仮想通貨バブルでも最終的に日本人が高掴みしそうで不安だなぁ。
718三文易者◆MGhP/YWj7E :2018/01/29(月)00:40:41 ID:JvB
 こんばんは
疲れているので、ネタ投下は明日夜に変更します。
明日夜で前提理解の解説は終わり、その次から本編ということになります。

>>697
 赤い方も困りますが、酷使様も困りますね。

 易経は、味方の酷使様、及び、酷使様に扇動された勢力がいかに危険かについて
述べていますね(文王も相当苦労したようなので)
(明日のネタの中で触れます)

 ところが、孔子以下儒者はこのこと(酷使対策)を故意に無視します。
水地比(北極星)を至上とする中華思想的には酷使様的思想の方が都合が良いのかも
しれませんね。
 226をやらかした連中はこの考え方の影響を受けています(亜種ともいえます)。
例えば、北一輝なんで名前は「北極星(水地比)」そのものですよね。

 このネタはその内投下します。


 お目汚しいたしました。
 それでは消えます。
719三文易者◆MGhP/YWj7E :2018/01/29(月)00:49:02 ID:JvB
 疲れていたので、一つ入れ忘れていました。

「中華思想のような水地比(北極星)と社会主義は相性がいい」

 それでは消えます
720名無しさん@おーぷん :2018/01/29(月)02:43:04 ID:gmF
ほんの少し中国古代史を眺めてみました。
商(殷)は非常に多くの「生贄」を天に捧げる政治体制だった様ですね。(と同時に勿体無い精神も発揮してたのかな?)
でも、「商」を倒した「周」の創業時を理想としているハズの孔子(儒教)が、北極星を頂点とする仕組みを作ったと…
となると、儒教は「周(初)の政治」を理想と言いつつ、実際に志向している事は「商の政治」の様にも思えました。
もしそうならば「皇帝(王)とその周辺」が「天への捧げ物」を代理として受けている事になる気がするので
なんか色々と宜しくない感じがしました。(中国史って血生臭いよね…)
721名無しさん@おーぷん :2018/01/29(月)05:39:49 ID:kX7
易者さんお疲れ様です!

酷使様は紀元前から…なんですね。
まぁ人間頭に血がのぼってしまうもんだからなぁ…気をつけよ。
でも酷使様対策を無視するってことは、自分達が酷使様だと自覚があるのか、それとも酷使様を利用したいと考えているのか?

水地比という字面を見てたら、日本には一水会なんつー連中もいるなぁと思い出してしまった。
722名無しさん@おーぷん :2018/01/29(月)06:08:27 ID:Ekh
>>718
>>719
易者さん、お疲れのところ書き込みありがとうございます。

>ところが、孔子以下儒者はこのこと(酷使対策)を故意に無視します。
>水地比(北極星)を至上とする中華思想的には酷使様的思想の方が都合が良いのかも
>しれませんね。

>「中華思想のような水地比(北極星)と社会主義は相性がいい」

やっぱりかよ。まぁ広大な領土と人海戦術で自分達権力側に刃を向けなければまぁ良し、としてる
中共幹部の姿勢は合理的と言えば合理的だけどコントロール出来ない程盛り上がれば、
人民の不満を日本や現地日本企業にぶつけて解消させるのも好い加減支那人も気付いて欲しいものだけど、
目的じゃなくて定期的に「略奪」が起きないと治まらない国民や土地柄なのかなぁ。

>226をやらかした連中はこの考え方の影響を受けています(亜種ともいえます)。
>例えば、北一輝なんて名前は「北極星(水地比)」そのものですよね。

結局、北一輝もルックスが良かった事が日本国には痛かった。
思想的にも他の左の論者より一歩も二歩もイリーガルだったし。
瀬島龍三はモスクワに非常に近い思想だったけど確かに北一輝は北京の思想の持ち主だよなぁ。
723名無しさん@おーぷん :2018/01/29(月)06:08:47 ID:4bC
支那では、良くも悪くも民心を纏める者、所謂国士様が居ないと国体を維持できないようですねい
724名無しさん@おーぷん :2018/01/29(月)06:12:58 ID:dP7
易者さん乙です。

アカでも酷使でも、一周回ってて同じような考えにたどり着きますからねぇ。
ならば、森元さん曰く寝ていてくれたほうがマシなのも頷ける。
725名無し :2018/01/29(月)08:49:15 ID:e0N
シナにとって、民族の意思を示す方法って何だろうね
726名無しさん@おーぷん :2018/01/29(月)09:23:18 ID:ZgQ
自分が酷使様にならないようにするには、要は「十字軍」にならないことに尽きるかなあ、と個人的に思ってる。
つまりは、相手は悪魔で自分たちはそれを滅ぼす権利と義務を持った絶対正義だ、という思い込みに警戒する。
特に、後半の「絶対正義」の箇所は、自分は絶対正しいから間違わないとなって、修正が利かなくなり遅かれ早かれ歪んでしまう。
前半はスターリンやポルポトみたいな正真正銘の悪魔が実在したわけだけど、だからといって相対するこちら側が完全無欠の純白というわけじゃない。
727名無しさん@おーぷん :2018/01/29(月)09:29:07 ID:Exp
易者さんありがとうございます。

酷使様か。山本七平さんの評論で、戦前の政府が最も危険視していたのが彼らである旨の文章を読んだことがありますが。
うん、226関連だった。
北一輝のものは読んだことが無いです。日蓮主義で国家社会主義の扇動家しか知らない。
酷使様も外側を回っているだけなら確かに儒教の観点からは害は無いのかもしれない。
これが日蓮主義のような別の中心を考える思想と結びつくと非常に面倒。
山本七平さんの評論の文章の表現を借りれば(何しろ読んだのが昔なので間違っていたらご容赦)
朕(実物)を殺せと朕(仮想)が命じたら、酷使様はやるかもしれない

外側を回っただけで終わった酷使様といえば水戸天狗党かな。
中心にまで刃が向くなら易姓革命に発展するので、儒教的には単なる新陳代謝?

ん?まてよ。。江戸儒教の観点から幕府と朝廷はどう処理されていたんだろ?
大有で中心を陰にすると幕府が4爻朝廷が上爻?明治もそれを踏襲した。
そうすると酷使様的にバーチャルな陽の5爻を考えてしまう??
日蓮主義と相性ピッタリ。。
728名無しさん@おーぷん :2018/01/29(月)10:13:47 ID:KNf
社会主義と共産主義は違うと思うんだけどにゃー
729名無しさん@おーぷん :2018/01/29(月)12:18:04 ID:xdv
教育の反動がデカイからね。
私も落ち着くまで苦労した。
罪が重いよ<日教組やマスコミ

ある意味通過点。
だけど、その通過点に留まるのが問題だ。
730名無しさん@おーぷん :2018/01/29(月)15:01:13 ID:Exp
「20歳までに左翼に傾倒しない者は情熱が足りない。
20歳を過ぎて左翼に傾倒している者は知能が足りない」
ウィンストン・チャーチル
731名無しさん@おーぷん :2018/01/29(月)15:36:38 ID:qdY
>>730
それデマ。チャーチルはそんなこと言わなかった
732名無しさん@おーぷん :2018/01/29(月)15:59:29 ID:Exp
>>731
いくつかバージョンがあるので、??と思いながらその辺の名言集から拾ってきたのですが、デマみたいですね。
これだけ広まったのはいかにも腹黒人が言いそうなセリフだからかな。
733名無しさん@おーぷん :2018/01/29(月)21:18:34 ID:thN
日本の歴史の場合だと、
農民が武装して武士となり、源頼朝を担ぎ上げて、
朝廷から農地配分権を移管(強奪)したのが幕府政治の始まり。
その経緯から幕府は産業(当時は産業=農業)の擁護者。
今は幕府の代役を自由民主党がやっている。

幕府が永続的な産業保護を行っていれば、国内経済は回るから、
朝廷や地下人・公務員は多少は左傾したり国粋化しても許されたわけで。

ところが明治政府は江戸幕府を解体しちゃったから、
社会の安定装置が機能しなくなる。テロリストが世に憚る。

伊藤博文は明治憲法を社会の安定装置にしたかったのだろうけど、
当時の帝国議会の代議士は志位・枝野・鳩山みたいな
キチガイの方が多く、民主党政権3年3ヶ月が
果てしなく続いた状態だったのが戦前の政治。
734名無しさん@おーぷん :2018/01/29(月)21:37:47 ID:dP7
代議士政治の黎明期なんだし、そこまで厳しく言わなくてもなぁ。
むしろそのレベルでも、世界で見たらかなりチートだと思うよ。
735名無しさん@おーぷん :2018/01/29(月)22:22:27 ID:8uv
議会政治をいろいろやっていたら、結局自民党幕府に
回帰したでござる
736名無しさん@おーぷん :2018/01/29(月)22:27:36 ID:thN
逆に捉えると、今なお戦前レベルなのが日本の野党。
野党の国会審議は100年前から続く伝統芸能。

共産党の「戦前が近づいている」と言うのは
野党政治によって実施される政治の混乱。
ここ30年間では、2007年頃から2012年迄が
1番戦前に近かった。2番目が細川内閣。

そして戦前の政治を評価する場合の
狗HKの視点は、純粋に野党への応援であろう。


ともかく、現在の政治情勢を変える方法は、
戦前を引きずる野党に変わってもらうのが
選択肢の1つ。

そして日々自民党を糾弾して入る
ブサヨク・パヨク・マスゴミの皆様を
ソフトに牽制するにはこの路線が効果的。

パヨクはまさか逆襲されると思っていない。
737名無しさん@おーぷん :2018/01/29(月)22:28:58 ID:pKQ
個人よりも国民国家の幸福を優先し、かつ酷使様にもアカにもならないって塩梅が難しいんだよな。
よほど文化を健全な方向に成熟させて、民度を上げまくってからじゃないと無理じゃないか?
738名無しさん@おーぷん :2018/01/29(月)22:32:43 ID:dP7
>>736
それがレールに戻るうちの一つなのかも。

>>737
最終的に集合意識、民族の意思で見てみるしかないだろうね。
集団単位で見る。マクロの視点だね。
739名無しさん@おーぷん :2018/01/29(月)22:46:12 ID:thN
日本は法治による国民国家なので、
帝国憲法も現行憲法も日本人と日本国内にしか通用しない。
しかし、日本人の政敵を殴る武器として使えば効果は抜群だ!

これが帝国議会や野党の政治スタイルだし、
その憲法という武器を取り上げられてそうで、
死に物狂いで野党は抵抗している。

さらに、憲法論議を続けても国家は富まない。
経済が上手く行かなければ、与党の失策になるから
野党の護憲は麻薬中毒に近い。
740名無しさん@おーぷん :2018/01/29(月)23:02:53 ID:Exp
野党がやってることはウレシクは無いよ。
でも吉田茂は社会党に反米デモ頼んで反米世論演出して、ベトナム派兵断った。
その後、日本海の向こうのエージェントが接触して取り込まれたようだけど。

腹黒国でも労働党を使い物にするのに10年かけて経験積ませたらしい。民主主義はカネと時間がかかるよ。
今回の危機で左派は壊滅するだろうけど、日本に合った民主主義体制ができるのはその後。全体の意識の底上げに見合ったものになると思う。

戦前はアカと酷使様がテロやりまくった。貧富の差もひどかった。戦前の貧乏な農村を知っている年寄りからすると、小学校でクラスの全員が修学旅行にちゃんと行くというのが、今の日本の信じられない豊かさを実感するほどのことだったらしい。
戦前の政治家責めてもね。
20歳の青年男子(兵役の関係ね)の学力調査があるが、基礎的な読み書きや算術が出来ない者の割合が1割を切ったのが1910年くらいだ。今の日本のレベルを当然視はできない。
741名無しさん@おーぷん :2018/01/29(月)23:07:32 ID:dP7
教師とは別問題で、教育自体の研究も始まったばかりだしねぇ。
教育の教育と、教育の研究の始まりだからな。
742三文易者◆MGhP/YWj7E :2018/01/30(火)01:08:08 ID:e0Y
 こんばんは
前提理解の3回目です。

 武王の急死の後、周公は腰を低くして成王・王姜に「徹底的に」頭を下げて、周の空中分解を
防いだとされます。
 卦としては「地山謙3爻」ですね。

 彼は父親(文王)と同じように、周のために徹底的に頭を下げるという行動をとります。
文王は、殷に軟禁時に「徹底的に」頭を下げました(土下座外交)。

 まずは、文王の記述から
「君子終有」
 君子ならば、「終わり=目的の時点まで」頭を下げ続けることができる
という意味です。

 これについてよく言われるのが、仮想敵の挑発に乗ったりしない精神力が重要であると
文王が指摘しているとする解説です。
 長期的でなく一時的なものですが、韓信の股くぐりの精神とも説明されます。

 しかし、浪人の韓信ならそれでよいのですが、文王は既に大諸侯の君主ですから、
仮想敵国(殷)の挑発だけが問題ではありません。
 仮想敵国(殷)の挑発に乗って大発生する酷使様が厄介なわけですね。
※「勝てる戦争なぜやらぬ」の大合唱(戦争に勝てる根拠などない。せいぜい精神論)

 ところで、孔子はこの記述を確信犯で曲解します。
「君子終有」
を最後まで一度決めた主君を裏切ない。というように読み替えます。
※酷使様対策をとらない。無謀な戦争であっても、道義が通ればよいという方向性
※現代の九条守って日本国が滅んでも良い、という発想はこれの亜種

 これより酷い曲解もあります。
朝鮮儒教は「君子終有」を
「一度上下関係がつけば、終末まで(永遠に)そのままで上位者が搾取できる」
という方向へ解釈します。
 だから連中は、詐術を用いてでも上位者になろうとするわけですけど
※我が国と半島の関係を考えればよいかと。過去日本領であり、日本が上位者であったことは
すっかり忘却します。
 朝鮮儒教は上位者が搾取するための屁理屈であるだけですので
 
つづく
743三文易者◆MGhP/YWj7E :2018/01/30(火)01:10:47 ID:e0Y
 話を戻しまして、
 周公もまた武王急死後に、周のために(空中分解を避けるために)徹底的に頭を
下げるという手段を選択します。

 状況としては、太公望・召公・王姜(及び成王)という異民族出身者に対する反感が、
表面化したことによります。彼らを排除したいという勢力が周公を旗印に決起する動きを
見せたというところでしょう。
 周公は周の公子であり、文王から「後継者の一人(ガチャの当たり)」に選ばれたというところが
根拠。

 そこで、あくまで成王を立てるという方向性で頭を徹底的に下げて、周の空中分解を防ごうと
したわけです。

 易経の周公の記述を解説しておきましょう。

地山謙3爻
 周公の立ち位置です。
 この卦は女性の髪留め(巫女さんのポニーテールのリボン)と言われ、これがなければ結った
髪がバラバラになってしまいますから、周公は自分に周の空中分解を防げるか否かがかかって
いると自覚していたといえます。
 記述は「労謙」「君子有終」です
意味は「頭を下げすぎて疲れた」「目的達成まで頭を下げることができた」
※酷使様による「異民族出身者に周の公子が卑屈になるな!!」という大合唱があったことは
容易に推測できます

地山謙5爻上爻
 それでも国家を乱すものは武力討伐に周公は踏み切りました。
5爻周国内の有力諸侯を対象
上爻(おそらく黒幕であった)周混乱を望む周辺異民族を対象

 なお、王姜(+幼い成王)も武力討伐に参加したとされますが、これは宮中では暗殺される
危険があるため、近衛兵団に王姜・成王を守らせようとしたのではないかといわれています。
(近衛兵団の古参兵たちは、少女の頃から王姜を知っており、このことから宮中よりも近衛兵団の
中に置いた方が安全であると周公は考えていた)


 今日はここまでです。
これで前提理解ネタが終わりで、次回から本編です。


 お目汚しいたしました。
 それでは消えます。
744名無しさん@おーぷん :2018/01/30(火)04:45:12 ID:UQF
周公が清廉潔白で立派な人物なのは知ってるつもりですが、
何故彼が甥っ子から簒奪(というよりも後継者としては周公の方が正統性が圧倒的に高い)せずに
成王を盛り立てるという立場をとったんでしょうね、天武天皇・永楽帝のパターンもありえたはずですが
日本で似たような立場にあったのって北条重時かな?
745名無しさん@おーぷん :2018/01/30(火)06:09:25 ID:fod
長子相続ではないけど、一応殷末の時点で縦の継承が一般的だったからじゃないの?
紂王も3番目だけど王位についた
朝廷には紂王の兄二人や父王の兄弟(紂王のおじさんズ)もいたけど王太子(次代の王)は紂王の子供だった

日本の場合、天武の頃は縦じゃなくまだ横での相続が一般的で、
天智は唐にならって長子による縦相続にしようとしたけど
その他諸々のグローバル化改革含めあまりに急進過ぎて日本の実情無視してたから豪族たちが天武についちゃって結局横相続になっちゃったっていう
746名無しさん@おーぷん :2018/01/30(火)06:19:31 ID:Fup
>文王は、殷に軟禁時に「徹底的に」頭を下げました(土下座外交)。
ああ、悲しきハンバーグ。。。

自民党の低姿勢は歯がゆいところもあるけれど、そうじゃなきゃ長期戦で勝てんのよねぇ。
747名無しさん@おーぷん :2018/01/30(火)06:45:43 ID:SiB
(全方位)土下座外交と言うと、Civを思い浮かべるのが普通らしいが
私の場合、初代ときめきメモリアルを思い出す…
748名無しさん@おーぷん :2018/01/30(火)07:18:21 ID:Rk5
易者さんお疲れ様です!

いよいよ本編…壮大な前フリだったなぁ。面白かったけどw
それにしても一度決めた君主はチェンジなしって、君主に仕えなかった孔子がそれを言うのはズルい気がしますねぇ。
749名無しさん@おーぷん :2018/01/30(火)08:09:24 ID:Q6a
易者さん、連夜の連投、ありがとうございます。

>これより酷い曲解もあります。
>朝鮮儒教は「君子終有」を
>「一度上下関係がつけば、終末まで(永遠に)そのままで上位者が搾取できる」
>という方向へ解釈します。
>だから連中は、詐術を用いてでも上位者になろうとするわけですけど

なるほど。
今回の慰安婦合意の蒸し返しの件を考えていて解ったことがあります。
日本や安倍さんに朝鮮民族が求める「真摯な謝罪」とは

1
泣き女の様に過激で感情的なデモンストレーションを韓国人の目に見える様に行うこと。
(鳩山由紀夫が慰安婦像の前で土下座していましたがあれは韓国からこれが欲しいのだというメッセージだったのだなと。)
韓国人の判断基準にどうやら感情を喚き散らす事が重要らしいですね。
2
そして韓国と日本の上下関係では韓国が日本の上位にあることを日本が全面的に認め、
永久にこの上下関係が固定される事を誓う。
3
この上下関係を世界中に喧伝し、韓国、韓国人の虚栄心を満足させる。
対日コンプレックスを解消させ、日本国首相の感情を喚き散らしたデモンストレーションを何度も満喫した後に、
韓国が「上の立場」から日本に手を差し伸べる。
許してあげたウリナラ、世界一、情の厚い民族!マンセー!をやりたいんだなと。

これが彼ら韓国人の話す「真摯な謝罪」なのだとやっと私も理解しました。
そしたら易者さんのこの書き込み。
なるほど、根っこは「君子終有」の曲解ですか。
タイムリーな書き込みだったなぁ。
勉強になりました、ありがとうございます。
750名無しさん@おーぷん :2018/01/30(火)08:21:03 ID:Vbv
北極星は頭を下げない、といった解釈なのかしら。
751名無しさん@おーぷん :2018/01/30(火)08:39:27 ID:4GZ
酷使様かぁ・・・

個人的な考えとして、主敵を考えれば、北に対する経済制裁は
事実上その支援国に対する制裁と同義であり、危険はあれど、
これを真綿に水一滴づつ垂らして〆るのに絶好の機会だと思ってるんですよね。

1.大前提として、主敵やそのお仲間と直接火を交えることは可能な限りしたくない。
主敵に対しての1vs1の戦力自体は劣勢だし、雨があるとてリスクや被害が大きすぎて、後に障る。

2.ならばうまいことネタを作り、経済的な〆を軸に「自然に」衰退させたい。
此方の被害を極力0に抑える意味でも、ハードランディングも回避したい。相手の暴発の危険もあるし。
もし火を噴くなら、此方側が被害を受けないように、出来るだけ相手側だけで内ゲバさせたい。(泥沼による消耗が理想)
逆転のチャンスを与えないジリジリとしたやり方で相手の失われたウン十年を演出し、遯否観剥坤の流れを固着させたい。

3.以上に基づく外交・内政方針
 <相手に対し>
 絶望させては暴発のリスクが有る。常に微かな希望を与え続けてそれに縋らせ、時間含むリソースを無為に浪費させるべし。
 適度に相手国内の酷使様を発生させつつも、決してそれを優位にさせるなかれ。その制御のための労力を相手に消費させるべき。
 同じことだが、乾坤一擲の決戦主義だけは持たせるな。たとえ9割方勝てるとしても、戦って勝つは戦略的に「下」である。
 此方にも被害が出るようなハードランディングは避けるべく、場合によっては〆るペースを緩めることも必要。
 <国内において>
 最悪は「こっちが我慢できずに暴発する」こと。決戦主義を戒めるのは此方側においても最重要なポイント。
 当然、軍備を整備することは必要だが、あくまでそれは「制御に失敗して相手が暴発した」場合の対策(防衛力)である。
 <その他>
 当然ながら、関連する周辺国への用意周到な根回しは必須。此方の制御下にない希望を相手に持たせるなかれ。
 ISISみたいな、「一見すれば無関係」で「此方で制御不可」な希望は片っ端から滅するべし。


以上の考えのもと、特に早期決着・決戦主義に傾倒する者を自分は(危険な)酷使様の状態にあると認識するんだが、
自分のこうした考え自体が酷使様的だったりしたりしないか?と疑問もある。どうなんやろ?
752名無しさん@おーぷん :2018/01/30(火)08:43:21 ID:Hs8
戦後、陛下はマッカーサーとの会見時
「日本の戦争行為の全ての責任を負う」と仰ったそうです。
国民を救うため御身を投げ出すと

国を混乱から救うために頭を下げるとはこういう事でしょうか
753名無しさん@おーぷん :2018/01/30(火)08:45:20 ID:bkG
中の人がアカい似非右翼と言う、世論工作や民衆煽動を主任務とする
敵国の工作員が多く居ます、いや居ましたですお
754名無しさん@おーぷん :2018/01/30(火)09:08:12 ID:xtq
易者さんありがとうございます。

いや〜壮大な前振り。困った。中国古代史の基礎知識が足りない。
ところで孔子ですが、意図的な誤読なのだから孔子儒教の体系の重要な一部のはず。
やはり、秩序の固定を重視したのでしょうか。
755名無しさん@おーぷん :2018/01/30(火)10:29:47 ID:xtq
国家社会主義と共産主義は反対側から回って同じ場所を志向するです。
理想は原始共産主義。てか、殷代ですよね。
だから、中身の色に関わらず共通の敵(現体制)が出来てしまうし、その限りで共闘も出来てしまうと解釈していました。
共通の敵がいなくなれば内ゲバになるし、そうなればバックの強い方(ボル)が勝ちますが。
そういう風に考えないのが酷使様なんでしょう。
756名無しさん@おーぷん :2018/01/30(火)12:53:47 ID:V7R
>>753
世界第2位?の経済大国である日本国の出版業界は、
大東亜戦争で設定された再販制度に今も守られています。
新しい出版社は流通コードを貰えないという参入障壁。
(どこかの出版社を買収して、旧役員を酒池肉林で待遇するしかない。)

戦時利権で独占商売をしている出版社は
共産主義のサロンというか、
共産党幹部のような生活スタイルなので、
書籍の執筆者は、まず党幹部に気に入られないと
印税が入らないという現実があります。

書籍では勇ましい内容を書いている執筆者でも、
印税の為にマルクス・レーニン主義を掲げて、
時には尻を差し出さなきゃならない模様。
757名無しさん@おーぷん :2018/01/30(火)12:58:55 ID:S3J
政権交代を目指すあまり
政権交代成って政権を取っても尚
目指すところは政権交代、と言うおバカな政党があってな
いや結党時は民主党って名前だったんだけどw
758名無しさん@おーぷん :2018/01/30(火)16:00:59 ID:DRm
日本の酷使様も大概だからなあ。麻生さんがリーマンショックで経世済民を優先したら
「売国奴」と騒いでリベサヨと一緒になって引き摺り降ろしにかかった。
その結果が民主党政権誕生。日本国は大ダメージを被り、中川さんを失った。
第二次安倍政権誕生には必要だったのかもしれないけど、失ったものの大きさを考えると。
そう考えるとリベサヨ対策と同じ位酷使様対策も必要だなあ。
こちらの反対しかしないリベサヨよりよほど厄介。

現状、朝鮮半島根切りの件はうまくいきそうだけど、今度は日臺併合論に酷使様が引っかかりそう。
759名無しさん@おーぷん :2018/01/30(火)19:40:34 ID:Wmq
>>758
ようするに酷使様って、「勤勉な愚か者」の類なんだよ。
自分の狭量な正義感で近視眼的に物事を判断し、なまじ声が大きくて行動するから
結果的に自陣営にダメージを与える。
むしろ何もしない方が良い。

今回の安倍首相韓国訪問だって、色々懸念事項や危険性、不安はあるんだけど、
素人に思いつくようなことはプロはとっくに検討してるし、素人には手が届かないプロのみが入手できる情報も加味して
判断してる。 素人が騒ぐ方が実は邪魔なのだ。

こういうと、「プロが見落とす素人ならではの目の付け所が!」とかいう人もいるけれど、そんなの割合的に数%以下のケースだろ。
そんな宝くじを期待するようなケースにばかり注目する方がリスクが大きいと知るべき。
760名無しさん@おーぷん :2018/01/30(火)20:50:29 ID:V7R
国士様が勤勉な愚か者ならば表舞台には立たないだろうよ。
勤勉な人は、スケジュールがみっちりで、余裕時間は少ない。

逆に頭の回る怠け者が、普段は怠けている時間を使って
炎上祭りに参加して喚くのが、酷使様とかブサヨク・ぱよぱよちーんな皆様。
761名無しさん@おーぷん :2018/01/30(火)21:00:38 ID:Wmq
>>760
勤勉というのは、スケジュールをうまく使うのとは必ずしも同義じゃないぞ。
毎日煽りを書き込むのだって勤勉の範疇だ。
言い方が悪かったかな? 「勤勉」というのは「努力の方向性が間違っている」という皮肉だよ。
じゃあなんで方向性を間違えているのかって? それは「愚か者」だからだよ。
762名無しさん@おーぷん :2018/01/30(火)21:13:33 ID:yqx
「勤勉な愚か者」を煽り「国士様活動」に駆り立てる簡単なお仕事をこなす
敵国の方からやって来た「頭の良い怠け者」が居るのですお
リヒャルト・ゾルゲとか言う頭の良い怠け者が、尾崎秀実とか言う勤勉な愚か者を使って
ハリー・デクスターだのと歩調を合わせて大日本帝国を大東亜戦争と言う泥沼に引き摺り込んだのですお

まあ露西亜人による日露戦争の意趣返しと言う側面もあるようなのですが
763名無しさん@おーぷん :2018/01/30(火)21:31:52 ID:xtq
愚か、はどうだろ。
むしろ、プロを信用しない、じゃないか?
プロの経営者、プロの官僚。そういうプロの判断を信用しない。
常に全幅の信頼を置くべきものでもないけれど、彼らはバカではないし売国奴でもない。
むしろ、多くはマジメな愛国者なんだな。もちろん例外はあるけどね。例のま。。氏とか。
プロの経験(組織としての)や情報量を舐めてはいけないよ。
その上に立ってちゃんとした判断をするのがプロの政治家。
安倍さんや麻生さんや。谷垣さんや。
どこかのみんすはあまの政治屋。

そして、丸ごとそれを否定して国の進路を狂わせたのが陸軍の酷使様達だ。
764名無しさん@おーぷん :2018/01/30(火)21:42:44 ID:yqx
プロの判断をひっくり返そうとするのがアカい国士様で
国士様を煽るハンドラーのバックグラウンドが敵国のスッパイで
事実上の継続的な内政干渉である、と言う事でわかっていますお
この活動による対人地雷禁止だの集束爆弾禁止だの事業仕分けだので国益は大きく損なわれ
同盟国亜米利加においてはF22が定数を削られ
実に配備する前に撃墜されてもいますお
765名無しさん@おーぷん :2018/01/30(火)22:01:14 ID:xtq
戦前と平成は違います。
今は少なくとも国家社会主義を標榜する団体は居ませんしね(こー党かな?もしかしなくても)。
左派のお化粧が剥げて舞台裏が晒されつつあります。これで信濃町の誰かさんのお葬式が出せればかなーり片付きます。

対人地雷やクラスター爆弾の放棄はね。必ずしも国益を損なうものではないと思ってます。
だってあれ、国内の渚や道路で使いますからして。
役に立つか立たないかは分からないが、お掃除は確実に発生します。危ないし時間も経費も手間、人命だってかかるでしょ。
他の手があるならその方が後々良いかも。
ラプターですか、f35と同時開発ですよね?両方は無理。
決まった以上はf35をどうにかするしかないでしょう。
766名無しさん@おーぷん :2018/01/30(火)22:03:33 ID:Fup
限られた今使えるカードを駆使して、運命の壁を越えるしかない。
使えないものはキッパリ諦めるのも、強かさだからね。
767名無しさん@おーぷん :2018/01/30(火)22:14:55 ID:zEo
そのプロの判断でこれだけ移民が増えてるのは何如な状況か聞いてみたい。
移民が増えているのはプロの経営者が移民を単なる働き手として求めているからではないか?
それに応じているプロの官僚がいるからではないのか。

彼ら移民推進は公教育の場等がどれほど大変な目に合っているか、二世が不良化して町の治安が悪化しているか、
また外国人の生活保護がどれほど税金を食っているのか。それらを真剣に問題として捉えているようには見えない。
自分たちの子弟は私学へ行かせるから関係ないとプロ達は思っているのではないか?
都心一等地の近くからは不良の移民子弟は見えない、自分たちには関係のない土地の出来事と思っていないか。

移民を推進するプロの経営者や官僚たちと、侵略者たちのメリットは合致する。
こうした主張も酷使様なのだろうか?

実際ま。。氏だけでなく、ゆとり教育を推進した立役者の元官僚の寺脇氏は
インターナショナル・スクールコリア国際学園の理事を務め、
朝鮮学校への支援金を出させようと無償化連絡会大阪の賛同人も務めている。

>国の進路を狂わせたのが陸軍の酷使様
これについて特に言うことはないが、酷使様という表現は漠然とし過ぎていて、
何某かの主張を押し込めようとする意図があるかのように考えられるのだ。
768名無しさん@おーぷん :2018/01/30(火)22:23:55 ID:zEo
官僚すべてが悪いなどと言うつもりはなく、
むしろ毎晩遅くまで国のために頑張っている方々の方が多いでしょう。
然し、現状、移民推進派が勝っている状態なのは、移民反対派の官僚達に力が無いためと捉えています。
何と言っても、金持ちは力がある。その金持ちが、さらに金という力を蓄えている現状を大いに憂慮します。
769名無しさん@おーぷん :2018/01/30(火)22:25:15 ID:V7R
人間は何も知らない愚か者として産まれて、
国家の教育によって何とか意思疎通が出来る存在になりたす。
これにより、国民参加の民主主義が成立します。

民主主義政治では、たとえ為政者が誤った判断をしても、
意思疎通により理由を尋ねる事が可能で、失敗を先例にして
法律を整備して今日まで活かして来たのですから。

そして
国士様に関しては、類例である韓国人を観察すれば分かる。

あの国は直接民主主義で大酋長を選んでいるのに、
崇めるか貶すかで、自らが選んだ大酋長との意思疎通に著しく欠け、
退任後は反逆者として重罪に処される場合が多い。現代の易姓革命。

制度的には日本以上に民意が反映されやすい政治制度で
有権者の直接選挙だけど、民主主義の根幹が成立していない喜劇。
ボクキンエ(朴槿恵)を微罪で引きずり降ろすしたのを
「成熟した民主主義」と今も自画自賛する。

実際にあの国は低賃金の労働奴隷と、
無為に座り込んで嘆いている暇人(両班)の国
後者が自称「成熟した民主主義」を演じてます。


日本国内のやかましい国士様?
それは名誉韓国人(両班?)。
770名無しさん@おーぷん :2018/01/30(火)22:37:15 ID:xtq
酷使様という表現は易者さんが使っておられるので準拠しただけですが。

移民の問題は実に面倒。単純労働力としての外国人労働者(技能実習生とか。留学生アルバイトとか。まだ移民ではないんですわこの時点では)、彼らに依存している企業は多いです。居なくなったら営業出来ない。
正しい対処は産業構造の高度化や機械化など、乱暴な言い方ですが、国内で賄えない産業は外に出すとか、そうなります。
時間かかりますがね。

移住者二世問題ですが、これ、ブラジルからの方が多かったですよね?これは彼らの側の問題でもあり。元々ブラジルに帰るつもりだったので就学させなかったりした。入れちった分は仕方ないんで、抱えるしかない。
これは異文化民を抱える社会的コストですが、日本がこれに直面してまだ日が浅い。日本全体がコストを認識して仕組みとして対処出来てない。これからですね。
移民を同化するのに三世代かかる。あと30年もあれば収まるかな。
一向に同化しようとしない移住者の皆さんは、お帰りいただくしかないでしょ。不法滞在の皆さんも正規の在留者にならないならお帰りいただく。

あとね、移民を入れている入れているとおっしゃるが、日本は頑張って水際で止めている方です。ホントの移民は難民として押し寄せてきます。日本海押し渡ってね。
これに対処する仕組みはまだ無い。時間かけて暴発させないで、風船をしぼませるようにってのが今やっている方向なんでしょうが、出来るかな。それは多分誰も知りません。
771名無しさん@おーぷん :2018/01/30(火)22:42:45 ID:KLJ
移民が同化するわけないだろ・・・
772名無しさん@おーぷん :2018/01/30(火)22:47:37 ID:xtq
同化してきたんですが。大量の渡来人を。
773名無しさん@おーぷん :2018/01/30(火)22:51:01 ID:KLJ
3世代程度でか?すごいな。
774名無しさん@おーぷん :2018/01/30(火)22:52:25 ID:yqx
闖入者と移民、帰化人をごっちゃにしては闘莉王さんや小泉八雲さんにタイヘンシツレイですお
775名無しさん@おーぷん :2018/01/30(火)23:01:47 ID:xtq
ブラジルの日系人移住者は三代で同化するんじゃないかな。
朝鮮系も、本気の帰化組は三代で大体同化してる。
インド系やムスリムは分からん。
776名無しさん@おーぷん :2018/01/30(火)23:05:11 ID:SsW
多数の在日朝鮮人が日本に寄生しているのは
資格も無いのに生活保護を与えているから。

生活保護を打ち切るか、与えるにしても
本国経由か大使館経由で支払うようにすると、
物理的に減ります。

韓国を噛ませれば、日韓条約のように、
国家が使い込むのは確実なんで、
外来生物は帰国しないと飢えます。
777名無しさん@おーぷん :2018/01/30(火)23:30:13 ID:KLJ
本人の趣向で日本に定着する人間は放置しても同化する。
出稼ぎ労働者は稼げれば日本でなくてもいい人間だ。
それこそ故郷が裕福なら出稼ぎしない。

古い時代の移民が同化したのは
日本に住む上で、祖国とのコネクションがほぼ切れたからだろう。
そうすると逃げ場もなく、厳しい環境で生き残るには同化するしかない。
現在はいくらでも祖国の情報に触れられるし、仲間を呼べるし、逃げられる。
現在は同化しなくても生活できる環境を作れるようになった。
そういう環境で暮らす移民は何世代経っても同化はしないだろう。
あるいは同化したように見えても、重要な判断では祖国を優先するような
本質的なところでの異物のままだ。
778名無しさん@おーぷん :2018/01/30(火)23:40:11 ID:xtq
それはちょっと違うかな。

本国とのつながりを保持して頑張ってた例は直近では朝鮮系の在日組なんだが。
彼らにはお帰りいただくになるんじゃないかな。
ガチの帰化組はもう国内に拡散して同化の最中だよ。
同化はね、子供を何語で教育するかが決定的なんだわ。

アメリカの日系移民は英語のみの教育の家庭が結構あって、彼らはガチでアメリカ人だよ。3世くらいでね。
ブラジルからの労働移住は日本語でやるしかないから日本人になる。
言語まで維持して頑張るのはやはり中国系なんだが、通婚して血が混じって、時間かけて同化になるんじゃないかな。
779名無しさん@おーぷん :2018/01/31(水)00:23:26 ID:jZX
>>778
中国については、夏子を増やすという考え方が昔からあるように、
移民をとにかく雪崩込ませて中国人を侵略したい地域にいっぱいにする。
その後ここは中国人が多いから中国なのだと軍隊を送り込ませる。
チベットでもそれがやられましたし、ブータンは国土の2割を現在進行形で乗っ取られ中、
軍隊までいかなくてもインドネシア、マレーシアも雲行きが怪しい状況です。

ネパールでは事件発生当時、毛派が陰にいると言われた国王一家虐殺事件については、
事件発生後しばらくしてから最近まで「中国 関与 ネパール 国王一家 虐殺」等のワードをいれて検索しても
記事が検索されないという期間すらありました。「夏子 戦略」についてもそう。

彼ら中国人は、日本人と結婚しても本国や日本できちんとした身分の中国人ほど、国籍を日本に変えない。
生活保護目当てのような者は国籍を軽く変えるが、一方で日本語の習得を目指したりしない。

>通婚して血が混じって、時間かけて同化
このスピードよりも、流入の方がはるかに素早く、量が多いと町中の様子を見ていて感じています。
最近の中国人は郵便局や博物館にまで就職口を広げています。
中華人民共和国には、国籍の無い人も合わせると17億以上の人がいると言われたのは、もう何年も前。
その1〜2%でも日本に来たら、それだけで日本は乗っ取られます。
すでに事態は急を要しています。

1〜2%の中国人は、2000万人から3000万人を超える数となります。
780三文易者◆MGhP/YWj7E :2018/01/31(水)00:39:42 ID:xND
 こんばんは
今日は忙しいので、明日夜に来ます。

 それでは消えます。
781名無しさん@おーぷん :2018/01/31(水)07:15:19 ID:KAR
易者さんお疲れ様です。

酷使様対策が必要なのはワシ。
自分が酷使様にならないために酷使様対策をお待ちしております!
782名無しさん@おーぷん :2018/01/31(水)08:00:21 ID:3S6
易者さんお疲れ様です。
方向性の見えない国難の時。日露戦争前もこんなだったのかな。
冷静に行きたいです。
783名無しさん@おーぷん :2018/01/31(水)08:46:58 ID:3S6
中国人対策はビザでしょうかね。
在留資格、滞在資格が決定的に重要なので(一時滞在者は送り返せます)、
中国人のビザ全面復活が対策の第一歩かな。
あと、日本海の向こうで何かあれば、滞在資格に関わらずその辺の半島人が難民のタグにつけ変わる可能性大。
これが非常に厄介です。
784名無しさん@おーぷん :2018/01/31(水)10:30:54 ID:pdx
朱子学研究(林羅山・昌平坂)と言うと、南宋やら朝鮮やらが連想されるから「うわぁ…」って気分になるけど
「江戸幕府」の前の幕府は「室町幕府」だからなぁ…
応仁の乱に限らず、室町時代(南北朝・戦国含む)は訳の分からない出来事が多すぎるし
朝廷も江戸時代初期に「猪熊事件」(えっちなのはいけないと思います!)ってのをヤラかしたりと
混沌の時代が続いていたから、政治体制・秩序などに関する研究に気合が入るのは当然だわな。
785名無しさん@おーぷん :2018/01/31(水)10:46:06 ID:59d
>>784
江戸時代以前は、「ヒャッハー」「汚物は消毒だ」だらけだからな。
公家さんとかも、どちらかというとムキムキマッチョだろうし。
秩序を築くのに、頑張らないとならないからね。
786名無しさん@おーぷん :2018/01/31(水)14:29:25 ID:S3A
今年前半の災厄の1つに
中国のタンカーからの原油流出で日本の周辺の海が汚染される可能性が大きいのも
あるのかな?と思いました
787名無しさん@おーぷん :2018/01/31(水)16:33:39 ID:YmT
>>786
これを読んだ後にあなたのレスを見るとは。
これは貼れ、という事なんだろう。

もうじき日本の海が死ぬ(以下略)
ttps://indeep.jp/worst-oil-spill-will-hit-japan-soon/
788名無しさん@おーぷん :2018/01/31(水)16:39:02 ID:HKm
>>787
支那んの事だから計算ずくで原油をバラ撒いたと考えてしまう。
しっかり支那のエリアは守られていて海産物さえ支那から買わされるのか。
789名無しさん@おーぷん :2018/01/31(水)17:19:10 ID:wxY
>>786
他にも書いたけど、これ。
  ↓
10万トンとかいうけど、これが数100kmの海に広がったとして
密度を水の半分と仮定して、10万トン=20万立米
広がった範囲を仮に一辺500km四方だとすると、油膜の厚さは
200000/500km^2 = 200000/2.5E11= 8E-7[m] = 0.8[um]
つまり油膜厚さは0.8ミクロン。 まったく問題ないね。

メキシコ湾の油田からの流出の方が流出量も被害も段違いだったと思うけど。

このタンカーの油はコンデンセートという軽質油らしい。つまり揮発しやすい。
そもそも原油流出のニュース、高々中型タンカー一隻が沈んだぐらいで
史上最悪の原油流出とか話盛りすぎてないだろうか?
英国が日本の情弱勢を煽ってるようにしか思えないんだけど。
790名無しさん@おーぷん :2018/01/31(水)18:20:48 ID:3S6
海保の見解。バズフィードの記事より。

事故海域を管轄する第10管区海上保安部の広報担当者は、BuzzFeed Newsの取材にこう説明した。

「濃い油膜は認められず、日を追うごとに油膜は薄くなっています。コンデンセートは揮発性が高い油のため、浮流油の範囲も縮小している。末端のほうは拡散、消滅しています」

「現在も巡視船1隻で『航走拡散』という作業を実施し、油粒を細かくしています。また、航空機1機で現場の調査などを行なっています」

海洋生物の影響については「油が浮いている状況のため、全く影響がないとは言えないが、現在のところで影響が出ているという情報は入っていない」と指摘。
791名無しさん@おーぷん :2018/01/31(水)18:33:39 ID:3S6
続き。グリーンピースの発表

一方、環境団体NGOグリーンピースは1月24日、声明を発表。

《状況は進展中ですので、既に流出した原油の量と、今後も増える見込みの流出量についての正確な情報は得られていません。今回の原油流出の最終的な規模の大きさを予測するのは不可能に近く、それに伴う環境への影響は予測不可能です》

そのうえで、各国の当局に「生態系に及ぼす重大な影響を見極めるために、系統的な監視体制を敷かなければならない」と呼びかけている。

グリーンピース・ジャパンの広報担当者は、1月15日に出された報告書に言及しながら、このようにコメントした。

「コンデンセートは揮発性が高く、原油漏れに見られるような粘り気のある濃密な黒い油とはならないが、環境へのリスクは全くないとは言えません」

「コンデンセートがこの規模で流出した例は過去にありません。また、多くの海洋生物が移動している海域にもなるため、今後も注視していきたい」
792名無しさん@おーぷん :2018/01/31(水)18:40:11 ID:cNN
北海道の土地が中国人によってアリババで売りに出されているとニュースになったばかり。
移民の同化などあり得ない。
国防動員法などもある国なのだから。
793名無しさん@おーぷん :2018/01/31(水)22:08:54 ID:wxY
>>791
背後にグリンピースが居て煽ってるのか。
794名無しさん@おーぷん :2018/01/31(水)22:51:18 ID:59d
アメリカも大変だな。
不法移民問題はかなり深刻だ。
不法移民を利用しているノーメンクラツーラ……の反発がすさまじい。
黒い服でやるとか、表現がストレート過ぎて、頭が可哀想に思う。
こんなスマートさの欠片もないやり方じゃ、攻勢限界を簡単に越えてしまう。
795三文易者◆MGhP/YWj7E :2018/02/01(木)00:32:31 ID:Lva
 こんばんは

 昨日から中国の対日工作についていろいろ書いている方がいるようですが、
危機を感じているならば、真剣に
「2009年の総選挙(マニュフェストも含む)から鳩山政権崩壊まで」
を考察してみるとよいですよ。
(決して、馬鹿なことをやっていたと嘲笑しないで)

 何しろ鳩山政権は中国の中の人曰く
「『100%』私たちの利益を図っている(日本浸透支援)」(2009年10月頃)
そうなので
 そして
「鳩山氏がこれほど我々の利益を図るならば、小沢氏は用なし」
というくらいでした

※鳩山氏は代用と言われていましたが、鳩山氏自身は小沢氏よりも自分が主人に
選ばれたと思って、小沢氏を見下していたかもしれません。
 小沢氏は2009年12月に自分の権勢を示さないといけない状態であったかも

 実際は、鳩山氏は中国に操縦できるようなナマモノではなかったわけですけど


 さて、「100%」というわけですから、総選挙(マニュフェストも含む)から退陣までの
鳩山政権の動きは、中国の「西側浸透マニュアル完全準拠」なわけですね。
 ですから、「全て中国の利益に繋がっている」という前提で、鳩山政権の全ての動きを
政策・人事・国会発言・仕分けごっこ等、全て一言一句まで考察してみると良いと思います。

 そして、その逆をすればいいわけですから。

 とはいえ、全てを考察するのは厳しいでしょうから、まずはマニュフェストが良いかな?
(現在手に入るかはわかりませんが)
 そして、2009年総選挙選挙期間中、メディアがどこを強調していたかを線を引いてみると
いろいろわかるかもしれませんよ。
(テレビラジオ、新聞、週刊誌ごとに色分けするとなお良いかも)
(色のついていないところが、西側浸透マニュアルの戦略目的になります)


 なお、実務レベルではヤンデレお姉ちゃんと共同での研究が、既に終了したかもしれませんね

つづく
796三文易者◆MGhP/YWj7E :2018/02/01(木)00:34:58 ID:Lva
>>744
 太公望との関係性が大きいとよく言われますね。
周公が国王になった場合、太公望を家臣にすることは難しい
(自分は文王武王ほどの器ではないと周公は自覚)

 それならば、成王(王姜)を立てて、太公望と同僚として盛り立てていった方が
よいと判断したと。

>>746
 確かにその通りだと思います。
 特に我が国は「火天大有」なので、乾為天には短期的に勝てませんから、
腰の低さが必要ですね。
(火天大有にはそれを上回る利益はありますが)

>>750
 その通りですね。

>>752
 そうですね。
 易経の
「謙は尊くして光り、卑くして踰(こ)ゆべからず」
とあります。
 頭を下げるにしても、半島人のように強者に媚びるような卑しさがなく、
頭を下げても尊さがあり光があったのでしょうね。

>>756
 電子書籍は風穴を開けられるかな?

>>784
 林羅山の功績は2つありますね。
 天風【女后】の封じ込め自体は、林羅山ではなく
保科正之(ハード面)と春日局(ソフト面)の功績です。

 本編で触れます。

 今日はここまでです。
明日夜に本編1回目を投下します

 お目汚しいたしました。
 それでは消えます。
797名無しさん@おーぷん :2018/02/01(木)03:09:19 ID:ve7
>>746>>796
そうか、火天大有は土下座外交だったのか。
言われてみればなるほどとうなづけますね。

簡単にいうけれど、土下座外交だって行うためには国民の支持が必要ですからね。
55年体制で政権交代が起きる可能性がほとんどなかったしわけだし。
小泉首相がアメリカの年次改革要望書を丸のみにできたのも、国内の支持が圧倒的
だったからですよね。

※国内の支持が弱いと外に対して強気に出る必要がある。
民主党政権が宗主国様の意に反すると分かっていながら尖閣国有化を進めたのは
あれ以上支持率を落とすことができなかったからですしね。

陰である五爻(政府)を他の5つの陽が支えるという図式は
まさしく火天大有の図式ですね。
798名無しさん@おーぷん :2018/02/01(木)03:11:38 ID:WP6
易者さんありがとうございます。

詐欺フェスト、ネットで見られました。
大雑把に内政面での柱は三つ。
1、財政からのお金の流れを仕事の発注ではなく手当に付け替え。
2、既存の権力構造の弱体化。
3、地方への財源付け替え。

お金の流れを手当にすることにより、文字通りの人気取り政策をやりつつお金の流れを制御することによる権力の掌握
既存の権力構造の弱体化は、議員の世襲禁止、天下り禁止、談合禁止(随意契約も)、
により、既存の仕組みを弱めつつ議員定数削減と副大臣、政務官の大量任命により自分たちへの権力の集中を計り。
地方への財源付け替えにより、地方レベルでもお金の流れを掌握し、地方政治から握る。
ここでのキモは行政の狭域化。
ここで中国寄りの地方議員の誕生と業者への発注の余地が生まれます。

ここで面白いのが維新なんですね。
大阪都構想見ましたが、大阪都の下に公選区長、公選議会の特別区を置きますが、現在のやり方に比べて区長(現行の市長)の数がすごく減ります。
つまり行政の広域化になる。つまりパヨクやちうごくには都合の悪い政策ですね。
799名無しさん@おーぷん :2018/02/01(木)05:04:16 ID:Eg3
(やっぱり頭がおかしくなったんじゃあなくて純粋に敵国支那朝鮮の為に働いていたんだなぁ、おじいちゃんのイチローのように)
800名無しさん@おーぷん :2018/02/01(木)06:29:41 ID:R1x
易者さん乙です。

第二次安倍政権開始から、今日まで、怒涛の外交日程も、「頭を下げまくった」んだろうなあ。
民主党政権の尻拭い含めて。
だからこそ今、「日本を取り戻す」道が見え始めている。
「頭を下げる」は簡単に言うけれど、これが難しい。
あと、政治家の必須技能でもありますしね>利害の調整だから
ただでさえ、「頭を下げる」のは難しい。
それを、「北極星は頭を下げない」と言った思想で制限してしまったら、
国家の生き残る道を自ら制限しているようなものですね。
こりゃ易姓革命が何度も起きるわけだ。

>「謙は尊くして光り、卑くして踰(こ)ゆべからず」
これは胸に刻み込めます。ありがとう。
801名無しさん@おーぷん :2018/02/01(木)06:49:15 ID:hkW
中国「私はね。多少のバカと言ったんだ。ありゃパーフェクじゃないか」
小澤「すみません」
802名無しさん@おーぷん :2018/02/01(木)07:15:50 ID:ciQ
(ハトヤマ・ドクトリンの解析が進むにつれて、自分の手足が真っ赤に染まって居る事に気付いたお姉ちゃん)
(その時には既に全身真っ赤で気付くどころじゃなかったエウロパ姫と仲間達を見て)
(自分もああなるんだって「アカになるならみんなタヒぬしかないじゃない」ってならなくて良かったなあ)
803名無しさん@おーぷん :2018/02/01(木)07:37:32 ID:24L
易者さんお疲れ様です。
ここで春日局が出てくるのか…解説が楽しみじゃー!

それにしても媚中派さん達はなしてそんなに中国が好きなんでしょうねぇ?
確かに文革までの中国はすごかったけど。
中国にどっぷり浸かると、中国に忠誠を誓いたくなるのかな?
それとも思考まで中国式になっちゃって、醜名でいいから歴史に名を残したいと思うのだろうか?
邯鄲の夢かっつーの。
804名無しさん@おーぷん :2018/02/01(木)07:47:11 ID:a1e
中国寄りになると あちらは 家族まで用意して歓待してくれるそうですから
805名無しさん@おーぷん :2018/02/01(木)08:14:35 ID:hkW
Wikipediaだけど、春日局の服装が象徴的ですね。
というか、この称号自体も意味深。
806名無しさん@おーぷん :2018/02/01(木)08:47:56 ID:WP6
おざーさんの媚中はカネだろうけど。。ポッポは謎ですねー
常に側にいる影響力がある誰かが囁き続けたのかな。
みんす議員の多くはそれで自分たちがもーかると思ったに違いない。
F元財務相も地元では評判よくないです。カネがらみで。
807名無しさん@おーぷん :2018/02/01(木)09:02:58 ID:cpV
あれだけの規模の国民の富を吸い上げて一局集中させてるからそんな中国が浴びせ掛けてくる「おもてなし」はそりゃあもうね。
どこぞの東方第一等幻像軍団じゃないけど富と権力・恐怖と快楽は倫理の枷がある先進国とは比較にならんレベル。
そんな世界をチラ見でも知ってしまったら戻ってこれないんでしょうよ。
808名無しさん@おーぷん :2018/02/01(木)09:20:13 ID:WP6
そーいや、西太后の無意味なゼータクは欧米列強に対するデモンストレーションでもあったらしい。
これだけゼータクできるのだから強大な国力があるのだ❗️的な。
809名無しさん@おーぷん :2018/02/01(木)09:30:29 ID:aAm
地位と金のある人は名声を求めるかな。名声はマスメディアが作れていたけども?代用さんの場合は世界に通用するネガティブな名声を得たと。
810名無しさん@おーぷん :2018/02/01(木)09:54:26 ID:hkW
衣食住を足りると、あとは承認欲求だけになるからね。
承認欲求は御し難いから、そこにつけこまれてしまうかも。
811名無しさん@おーぷん :2018/02/01(木)10:06:58 ID:zuH
有事となれば、ちうごく人の買った土地、巻き上げればいいこと。
812名無しさん@おーぷん :2018/02/01(木)10:58:36 ID:WP6
そもそもなんだが、ちうごく陣はちゃんと固定資産税払うんだろうな。払わないなら即差し押さえ!
813名無しさん@おーぷん :2018/02/01(木)12:39:11 ID:7Vi
今はお金が余ってるから札束で殴るように払うんだろうけど、バブルが弾けたら特亜独特の往生際の悪さをみせつけるんだろうな。
ルーピーは…あの人は「チヤホヤされたい欲」が異常に、というか名状しがたいほど病的にあるタイプだと思う。
中国のような利用する人物を徹底的にチヤホヤする相手には、自分の魂を差し出してでも迎合する、実はサイコパスよりも数段も危険なタイプ。
814名無しさん@おーぷん :2018/02/01(木)12:45:47 ID:WP6
そういや、かのルーピーは政治家一家の長男なのに政治家になるのに反対された「から」政治家志したんだっけ。
大人しく教授になって本でも書いて、そちらで売れっ子にしてあげて欲しかった。日本のために。
815名無しさん@おーぷん :2018/02/01(木)12:51:58 ID:7Vi
多分、売れっ子になってもそれで収まるような「凡人」じゃないと思うよ。
例え自分のテリトリーで売れっ子になっても、すぐ近くにもっと輝いてる場があると、そっちの光も独占したくなるんだよ。
なんというか、政治家の家庭に生まれた時点で運命が決まってたのかも知れない。
816名無しさん@おーぷん :2018/02/01(木)13:10:26 ID:WP6
日本全体が大覚醒する為のトリックスターかな。
じっつに!迷惑なんだが。
しかし民主党政権とくに鳩山内閣があったからみんな正気に目覚めた。地道で地味な安倍さん方式評価しているのはそのお陰だ。
817名無しさん@おーぷん :2018/02/01(木)13:15:34 ID:zuH
輝きのある土下座外交かあ。
そりゃ品行方正、清廉潔白とかあと思いつかないけど育ちがよくないとできないよなあ~
ああ、だから安部さんなのかと思いつつ。。。
なじぇぽっぽは、(・o・)なんだあ。
818名無しさん@おーぷん :2018/02/01(木)13:50:27 ID:WP6
土下座外交ね。。成り上がりには無理かも。
優秀な政治家の家系は大事って事だね。
819名無しさん@おーぷん :2018/02/01(木)17:30:14 ID:pgs
>>798
民主党のマニフェスト、検索してないですが、結成当時インパクトのあるものが二つあって、
一つは日本の主権に関すること、もう一つは沖縄に関することでした。

堂々初めの頁に大きく謳っていたのが、半年もすると「ニュース」?か何かのタグを開かないと
見られないように隠されていて、あれほど第一第二のように大きく掲げていたものを隠すとは、
と、事の重大さに返って戦慄しました。
結成当時の民主党マニフェスト

一つ
東アジア共同体を目指し、主権を委譲する。
一つ
沖縄は一国二制度とし、3000万人の外国人の移住させ、経済を活性化させる。

記憶で書いているので一言一句、多少の違いはあるかもしれません。
中共の工作員は大変に巧妙です。朝鮮人を貶しながら中国人の脅威から目を反らさせようと
するのなどは、お手の物です。ねらいを定めている沖縄県と移民の促進については本音を漏らします。
820名無しさん@おーぷん :2018/02/01(木)18:00:00 ID:WP6
>>819
民主党沖縄ビジョンですね。
これはマニフェスト には書いてなかったです。別扱いにして隠してるありましたよね。

三千万は移住ではなくステイになってました。観光客などの誘致。そもそもそんなに住めないです。水無いし。
あと、中国語を含む(多分メイン)多言語教育や独自の通貨発行、警察権の移譲まで書いてあったようです。
もちろん外国人参政権も。財源も一括交付で渡すことになってましたし基地もいずれは追い出すと。

ところで、鳩山マニフェストの浸透法にとてもよく似た手法を取った政治家を思い出しました。
田中角栄。
角栄式金権集票システムは角栄の引退後、乗っ取られたのかも。
根拠はありません。なんとなく。
しかし、もしそうなら中共が角栄に終生礼を尽くし、真紀子議員の民主党入り、なんとなくうなづけます。
ただの妄想です。
821名無しさん@おーぷん :2018/02/01(木)18:04:29 ID:hkW
今話題になっているレースクィーンも、易で考えると利に叶っているようなのかな。
たんぱく質にさせないために、女性のための職を作る。
世の中のいろいろな職業の見方が変わるわ。
822名無しさん@おーぷん :2018/02/01(木)18:13:22 ID:pgs
>>820
ステイや、観光客などの誘致と書かれたそれは、
多分、二番目三番目に手直しを加えたヤツです。

一番初めのは短い期間でしたがマニフェストで見られましたし、大きく書かれていて
細かい事が書いていなかったです。細かいことは後から付け加え、
「沖縄県にとって良い施策が書いてある」と、帳尻を合わせるように言い訳をしていました。

>通貨発行、警察権の移譲まで
これもありましたね。民主党の沖縄ビジョンについては、どんどん補足されて細かくなり、
言い訳ができるよう、用意されてきました。
然し、一番最初に立ち上げた、骨太の骨子、
「沖縄を一国二制度とし、300万人を(移住だったか移民だったか)させる」
これが彼らの本音と思っています。
823名無しさん@おーぷん :2018/02/01(木)18:27:30 ID:pgs
東アジア共同体を目指し、主権を委譲する

これも、「『日本国の』主権を委譲する」とは書かれてなく、主語が無い状態の文章でした。
現在の中共の工作に非常によく似たやり方です。

流れの中に入り込み、会話をやり取りしながら沖縄県と移民について肯定的な意見を言う。
空気を読みながら移民については肯定をし、沖縄県については発言を控えるなど、
自分たちに都合の良い世論の醸成を少しづつ計ります。
北朝鮮人や在日のように、あからさまな工作をしない工作員もいますので、ご注意下さい。
824名無しさん@おーぷん :2018/02/01(木)18:36:29 ID:pgs
失礼しました。沖縄県について肯定的とは、
「沖縄は独立させればいいんじゃない」
「中共のものになってしまってみろ」
など、中華人民共和国の沖縄県侵略戦略、征服政策への肯定的意見ということです。
すなわち、中共の日本侵略計画についての肯定的意見です。

沖縄県は日本国です。日本人なら上記のことは言いません。
825名無しさん@おーぷん :2018/02/01(木)18:39:41 ID:24L
そうか!オレは権力がないから中国の良さがわからんのか(笑)

>>805
春日局の称号は朝廷から贈られたものだったんですね。知らなんだ。
うろ覚えなのですが、春日局って春日大社と縁があったような。
春日局が奉納した灯籠かなんかを見たような…
あと春日局は本名が斎藤さんということで、単純に藤原氏なのかも?
(春日大社は藤原氏の氏神。宮司は必ず藤原氏から選ばれるそう)
五代将軍綱吉の母、桂昌院も嫁ぐために養女に入った家が本姓藤原だったので春日大社に灯籠を奉納してます。
826名無しさん@おーぷん :2018/02/01(木)18:45:11 ID:N81
>>820
そういえば東アジア共同体の通貨みたいな感じで、試作品?ぽい紙幣
作ってましたね。どこかで画像見たような…

>>821
F1のレースクイーン、グリットガール廃止するそうですよ。
時代の流れにそぐわないとかなんとか。
その内、女性がいることを華を添えるなんて言葉も狩られるのかなぁ。
827名無しさん@おーぷん :2018/02/01(木)19:01:10 ID:WP6
>>822
鳩山マニフェストはなんか想像外でバカらしくて、細かい所まで読まなかったのを思い出します。
全部まとめて詐欺じゃん。で片付けてた。不明でした。
本気で、こんなもの本気にする人が居るのかいな?と思ってましたもんね。
細かく読んで意図を考えるべきでした。

江戸時代ですが、屁負比丘尼なる職業があったそうです。
あらためて、頑張って社会の維持を考え抜いた社会だったのだなと感服です。
828名無しさん@おーぷん :2018/02/01(木)19:22:36 ID:wp0
鳩山由紀夫は朝鮮妾の子と聞いたことがあるわ
829名無しさん@おーぷん :2018/02/01(木)19:28:25 ID:WP6
東アジア共同体研究所なるものがあるんですね。
勿論代表は鳩山由紀夫氏。
830名無しさん@おーぷん :2018/02/01(木)20:13:09 ID:eAg
華があって、生臭いスキャンダルとほぼ無縁な、日本独自にハッテンした職業に
「何者にも成れる、何者でもない何者かである」中の人こと声優と言うものがありますねい
日本に於いては漫画の神様が創造した、鉄腕アトムの中の人、清水マリさんがその始まりとなっていますお

(永遠に十七歳の人とか親子二代で同じ役とか、ほぼ生涯現役とか四十年同じ役とか)
831名無しさん@おーぷん :2018/02/01(木)21:47:58 ID:zuH
そういえば、CO2削減で停止してた原発再稼働させてたよね。
イスラエルの企業入れたりと、なんだかあやしい動きがががー(陰謀論
832名無しさん@おーぷん :2018/02/01(木)23:48:12 ID:cpV
韓国に塩対応になるきっかけがこれだけってことはないだろうけど
少なくとも霞の人たちがブチ切れてくれたのなら安倍の戦後レジーム脱却構想の一助にはなってるんだろうか


51:(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/02/01(木) 09:24:07.47 ID:NvhcoYWN
そう言えば、日本から泳いで韓国で死んだ
元GSの社員とかいう奴の事件はどうなったんだろうな、スパイとか言われてたけど

60:(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/02/01(木) 09:29:24.20 ID:yxtkYrNO
>>51
・GSの社員じゃなく、内閣府の30歳キャリア職員
・泳いだのではなく、冬の対馬海峡を転覆もせず博多沖に漂着
・死因は凍死ではなく溺死
・事件は2014年1月、安倍首相の靖国神社参拝の翌月
・この事件を機になぜか日本の中央官庁が急激に対韓国で強行姿勢にシフト

78:(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/02/01(木) 09:35:50.58 ID:yxtkYrNO
>>60
自己レス追記
・泳いだのではなく、ゴムボートで漂着
・ゴムボートで転覆せずに漂着したのに、なぜか死因は凍死ではなく溺死


139:(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2018/02/01(木) 10:11:56.25 ID:uUuwxaU8
>>60

55 :名無しさん@1周年:2016/10/25(火) 14:47:18.63 ID:yEv1+BCo0
ああ、今の日本政府が韓国締め上げてる理由知ってる?
一昨年の年末に安倍が靖国神社を参拝した際、日本政府への報復として
内閣府の若手キャリアを見せしめに殺しただろ
あれで霞ヶ関がブチ切れて、民間も引く勢いであらゆる方面での
韓国締め出しに踏み切ったのが真相だけど
833名無しさん@おーぷん :2018/02/02(金)00:10:13 ID:sSf
たった一人を「あからさまに暗殺」して歴史が動くとか
前回は伊藤博文翁だったように思うけれど
「虎の尾を踏む」とか「逆鱗に触れる」とか、こう言う事を言うのかしらん
834名無しさん@おーぷん :2018/02/02(金)00:12:43 ID:vTf
本気で霞怒らせたら死ぬよ。。
タヒぬでなく死ぬ。
子猫のふりをしている虎が立ち上がるんだから。

よく分からない事件だったがこういう事ね。。
馬鹿んは死んでも治らない。
835三文易者◆MGhP/YWj7E :2018/02/02(金)00:19:09 ID:LPW
 こんばんは
少し風邪をひいたので、今日のネタ投下止めます。
大したことはないので、明日は投下できると思います。

 それでは消えます。
836三文易者◆MGhP/YWj7E :2018/02/02(金)00:43:40 ID:LPW
 寝る前でしたので

 「風邪」は易経由来の文字です。「風俗」も同様です。
本編ネタで少し触れます。

 それでは消えます。
837名無しさん@おーぷん :2018/02/02(金)00:52:01 ID:OHy
>>835
お大事になさってください
838名無しさん@おーぷん :2018/02/02(金)01:12:24 ID:E1j
>>832
当時のニュースとコメント

【内閣府職員】2014 APSSCに出席するため訪韓したことが確認される
ttp://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1391447808/

韓国で失踪した後、日本近海で漂流遺体で発見された日本の内閣府職員Sさん(30)は先月、韓国で開かれた「2014アジア-パシフィックソーシャルサイエンス
コンファレンス」(APSSC)に出席するため訪韓していたことが確認された。
また、日本政府は、まだ韓国の警察に捜査共助を要請していないことが分かった。
3日、内閣府の関係者などによると、Sさんは先月8~11日に開かれた国際学術行事に参加するためにソウルを訪問した。
このカンファレンスが開かれたソウル江南区某ホテル側はS氏がホテルに滞在したかどうかについては明らかにしなかった。
S氏がカンファレンスの最終日に進行される韓国体験プログラムに対して旅行代理店を通じて事前に具体的な内容を問い合わせていた事実も
追加で確認された。カンファレンスの韓国体験プログラムを担当した旅行代理店の関係者などによると、Sさんが韓国訪問に先立って昨年12月ごろに
韓国体験プログラムに入っている大学訪問で、大学博物館を訪問し、韓国の近代経済・歴史などに関する資料を収集する機会があるかを問い合わせたことが分かった。
このプログラムを問い合わせた理由は、自身の雇用者に出張許可を受けて旅費支援を受けることが目的だと明らかにしたことが分かった。
ある学界の関係者は、この学術会議に対して「社会科学の全分野の研究結果を発表する学術行事で、アジア各地で毎年開かれる世界規模の行事だが、
学術的な名声の側面で非常に権威のあるように見るのは難しいので、Sさんが必ず出席するべき理由はないように見える」と述べた。
また、事前にプログラム等を問い合わせただけで、実際に学会に参加したかどうかは確認されていない。学会で歓迎の挨拶と基調講演を
担当したソ・ヨンウォン中央大教授は「発表者たちの名前には、S氏の名前はなかった」とし「大学のことで、先に帰ったので、参加者の中に日本から
来た方がいたのかは分かり難い」と話した。
http://news.donga.com/Main/3/all/20140203/60547156/1

学会主催者がある台湾の本部に連絡を試みたが、連絡はつかなかった。
この日のフジテレビによると、Sさんは、福岡県北九州(北九州)市沖で遺体で発見される2週間前の先月6日頃、ソウル市内某所で直接ゴムボートを
購入したことが明らかになった。フジテレビはSさんが韓国に入国した後、先月6日頃ソウル市内で直接ボートを購入しながら、配達先を釜山のある
ホテルに要請したと報道した。翌日には釜山に現れて直接ボートエンジンなどの関連部品を購入し、マスクと帽子をかぶったまま、英語を使用して、
自身を香港出身だと紹介したと伝えられた。
S氏は、内閣府傘下のシンクタンクである経済社会総合研究所に所属し、現在米国ミネソタ州の大学院に留学中であり1月初めに韓国に入国した後、
行方不明になったが、先月20日北九州沖でゴムボート中で遺体で発見された。
経済社会総合研究所側はS氏の失踪と関連して言及さを敬遠し、日本の内閣府側も「Sさんが泊まったホテル等については調査中なので答えるのは
難しい」と述べた。この公務員は、韓国に入国した後、出国したり、日本に帰国した記録はないと知られている状態だ。
Sさんの荷物は、彼が泊まった江南ホテルではなく、ソウル市内の他のホテルの他人名義で委ねられた形で発見され、荷物の中の本人名義の
クレジットカードと財布などがそのまま発見された。
日本政府は、韓国の警察などに該当事件に関する公式の調査依頼をまだしていなかったが、公式の調査要求の可能性も開けておいた状態だ。
在韓日本大使館領事部関係者は「これまで捜査を要請したことはないと知っているが、今後要求するかは未知数」とし「本国政府が判断する問題だ」と述べた。
http://news.donga.com/Main/3/all/20140203/60547156/1
839名無しさん@おーぷん :2018/02/02(金)01:13:36 ID:E1j
>>838続き
テロップで、
(被害者)”男性”と同じ大学に留学する内閣府職員は――
とあるけど、
電話取材で映像が間に合わなかったらしく、
画像は卒業アルバムかなにかの白黒写真。
これじゃこの人が被害者だと
思われてもしょうがない。
しかし、被害者(男性)の同僚が高山氏。
>>
ってことは
写真の高山さんは
ただの同僚で
普通に日常生活を送っているわけね。

経済成長と財政健全化に関する研究報告書について
内閣府政策統括官(経済社会システム担当)付参事官(企画担当)付
白石 耕祐
http://warp.da.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3049976/www.epa.or.jp/esp/11a/11a06.pdf
>>
韓国紙が報じていたイニシャルSと符号するな。

白石耕祐(Kosuke Shiraishi)(東京大学)
外貨準備高の最適ポートフォリオ

旭丘高校ポータルサイト
白石耕祐 - 01/09/16 22:55:38
コメント: あの、卒業生じゃないんですけど…失礼します。どなたか情報を持っていらっしゃったり、 協力して頂けるなら幸いです。 僕は白石耕祐です。
http://www.geocities.co.jp/HiTeens/4896/geo/2001_3Q.html
840名無しさん@おーぷん :2018/02/02(金)01:13:58 ID:E1j
>>839続き

この「白石耕祐」と同一人物ならこのとき2001年に17歳
今は30歳か

なんとか総研並の経済レポート書くレベルの人が
本当にスパイなのかな
事件に巻き込まれた可能性のほうが
高い気がしてきた
>>
だよね。
経済成長と財政健全化に関する研究報告書 白石耕祐
http://warp.da.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3049976/www.epa.or.jp/esp/11a/11a06.pdf
「経済のことがよく分かる人」に
金の流れを見透かされるのが怖くて・・・
とか。

高山氏は生きていたんだな。
もう一人の留学中の白石氏が
今回の被害者と言うわけか…。
まあ何故こんなことになったのかと言う
解明までにはまだ時間が掛かるだろうな。
841名無しさん@おーぷん :2018/02/02(金)02:18:07 ID:mfH
>>832
こう言うのの悪い例として、多分次の関東大震災で官僚やその家族が死なんと
東京一極集中は治らないと予想できる。

普通なら災害や戦争等で首都圏が麻痺した時の為にも
大阪や名古屋に首都機能を肩代わり出来る体勢を作っておくもんだがその逆を行ってるもんな。

少なくともリニアは最初から大阪迄、サブルートの北陸新幹線も大阪迄行かしさないとか
普通の国なら有り得ないと思う。
842名無しさん@おーぷん :2018/02/02(金)05:30:15 ID:Y69
>>836
易経由来の風邪も風俗も、どちらも解説で気になりますが、お体をお大事に!
843名無しさん@おーぷん :2018/02/02(金)06:51:45 ID:VGY
>>820
人脈的には角さんの後継者はお縄さんだった、のですお
ただ若すぎて支那朝鮮のハニートラップズッポリ嵌まってああなった
若しくは、当初からエージェントとして角さんの元に送られた可能性もありますお
日本列島改造の逆で日本列島解体を目論んでの接近だったのでしょうが
ポポ山さんの、おじいちゃん譲りの生粋のルーピーっぷりには勝てなかったのかも知れませんですお
844名無しさん@おーぷん :2018/02/02(金)08:07:06 ID:jmM
>>832
中川酒さんがお亡くなりになったことが決定打だと思うよ
845名無しさん@おーぷん :2018/02/02(金)08:23:07 ID:vTf
>>843
東北諸県や新潟のパヨク知事が当選を続けている辺りがナワバリですね。
出来上がったシステム壊さないとパヨク王国が続くかもしれない。

政治家と霞は必ずしもべったりではないです。仲間が害されたことの方が多分デカい。
少なくとも安倍さんが官僚の人事を官邸に取り上げるまではそうです。
例外は実は角栄なんですよね。これが。
角栄以前は政治家は官僚システムに手を突っ込まない暗黙の了解があったが、壊したのが角栄。
だから、パヨク側の方がより自派の官僚を抱えているはず。
あとはそうかですよね。

官邸にが官僚人事を握るのは実は諸刃の剣。
妙なのが官邸の主になれば致命的ですから。
846名無しさん@おーぷん :2018/02/02(金)11:18:28 ID:APN
>>841
日本の人口は1億2500万人
関東地方の人口は3500万人
9000万人は関東地方以外に住んでいる。

どこか東京一極集中?なんだか?
マスゴミの売り言葉を無条件に
信じちゃう人ですか?
847名無しさん@おーぷん :2018/02/02(金)12:19:57 ID:B7O
>>846
政府・経済機能のこと言ってるんだと思うけど
経済に関しては震災以降多少は分散させたけど一時的な避難だったみたいでまた東京本社に戻ってるし、政府機能は少なくとも一時避難の動きもなかったような

関東大震災があったし南海トラフや富士山噴火がずっと警戒されてる以上、
東京壊滅時の対策シミュレートしてると思いたいんだけど
その割には恒常的な機能移転やサブシステム構築の話が本格稼動してるようには見えない
848名無しさん@おーぷん :2018/02/02(金)13:07:05 ID:vTf
首都機能移転の話はバブルの頃だっけ?盛んに議論されていて、地域振興や土地の確保の話があるから過疎地方向で、福島宮城方面とか岐阜とか話があったよ。カネかかるから議論も下火になったけど。
具体的な成果が文化庁の京都全面移転だったり筑波研究都市だったり。
方向性として、今は道州制に行くからまた話が変わるね。
名古屋は中部州の州都になるし大阪?は関西州都だろうし。まだまだ議論が続く。
849名無しさん@おーぷん :2018/02/02(金)14:33:06 ID:yIZ
都下住みだけど、たとえ東京がぶっ壊れたって
官民揃って迅速に再建するだろうし、日本は
国民国家なので地方が頑張れば良いのです。
(地方は東京の植民地では無いぞ)

東京の人も地方の人も(国籍があるなら)等しく
日本国民であり18歳以上なら有権者ですから、
もし東京が傷付けば替わって国家運営すれば
良いだけの話。
初期はモタ付くだろうけど、各地方にも
資格や能力は有るのだから。

それを理解できない人気法律家のハシゲが
大阪躍進のチャンスを政争で粉砕したのは
馬鹿野党っぽい珍事でした。


なお、東京を襲う災害への備えは別の話。
切り分けて考えましょう。
850名無しさん@おーぷん :2018/02/02(金)15:26:40 ID:cTK
>>846
関東圏の人口は減ったかな?
人口の3分の1から4分の1が関東圏に住み、
大企業の大半が本社を東京に置いている現状は十分に東京一極集中と思います。
851名無しさん@おーぷん :2018/02/02(金)15:41:02 ID:cTK
道州制はかなり危ない。
よく田舎の警察の殺人事件等の解決能力が低いと書き込まれることがあるけど、
これを書き込んでいるのは当の田舎民で、普段のんびりしているのをよく知ってるから。
で、地方行政の能力は何如なものかと言うと、中途半端は都市の行政ほど酷い。

よほどの田舎はむしろ多分優秀な人材が県庁、市役所に入っているのかもしれない。
然し、大企業に就職できたり、東京大阪に出て行ける地方の行政には、
正直2流どころか3流4流の優秀さの人材が携わっています。
かなーり失礼な話なので匿名でもなければ書けませんが、実際能力的にひどい事多々。

実務的な行政とは少し離れますが、地方で易々参政権が認められたり、外国人優遇の政策が
いつの間にか開始されたり、これは市役所等に問題意識を明確に持てる人材が少ないのも関係している。
明らかな中央集権のシステムをどこかに残しておかないと、地方から乗っ取られかねない。
地方民の意見です。
852名無しさん@おーぷん :2018/02/02(金)15:53:46 ID:vTf
地方は状況酷いですね。
大体首都圏に大学生の半分がいる。進学率50パーセントだから、18〜22歳の4分の1がいる計算になる。次に多いのは京都ですが。
それが成績上位から首都圏の大企業本社や中央官庁、中堅企業と就職していき、地方の公務員に行くのはかな〜り下です。
県庁などはどこも地方公務員試験を通過しますから、公務員試験の準備をする学生も上から豊かな県を志向しますしね。
例外は北海道かな。とにかく道内から離れなかった。最近はどうか分かりませんが。

田舎の土地は買い手も無いです。特に山林。
使い道もないのに固定資産税だけはかかる。タダで国にお願いできればそれでも良いくらいです。
だから買い手があれば誰でも売ってしまうひとがいるのはよく分かります。
853名無しさん@おーぷん :2018/02/02(金)19:02:00 ID:yIZ
地方が酷いと言ってもねえ……
昭和中期のように、稲刈りを終えた農民が出稼として、
東京大阪に期間工として大挙して来る時代じゃ無いし、
秋葉原駅の数百m四方の家電売上が九州8県を上回るような事もない。

日本では地方への投資と産業育成はそこそこ成功してますよ。

まあ、地方民は2009年に鳩山民主党を選んでのだから
地方工場閉鎖による不景気は自業自得だけどね。
854名無しさん@おーぷん :2018/02/02(金)19:05:25 ID:vTf
まぁたしかに。
うちの田舎はじじばばばかりだったが、子供世代が年金暮らしになって戻ってくるくらいには豊かです。
小学校はついに休校したけどね。
855名無しさん@おーぷん :2018/02/02(金)23:29:51 ID:Fht
少し疲れたかも
まとめサイトで自戒を込めて、
酷使様にならぬよう現実的なビジョンやシナリオ踏まえて※書き込んで来たけど
いっつも最初は工作員扱いされるんだよ、、、
主に心も頭も熱い方々に
数ある情報をつなぎ合わせて将来的なシナリオと選択肢をかいてるつもりなんだけどな
自分が絶対正義!自分の考えが絶対に正しい!
となんの根拠もビジョンもなく傲慢に、かつその時の感情だけで未来を決めていくのは怖いからなんだけど
酷使様にならぬよう、常に自問自答してより良い未来を考えるようにしてる
謙虚ではないし、過信してしまう自分を知っているから、余計に謙虚にしないといけないと思うんで
これでいいのかな?
ま、自分の※なんて多くの※の一つに過ぎず、誰かに届けば御の字なんだけど
856名無しさん@おーぷん :2018/02/02(金)23:34:18 ID:pOl
誰かに届けば良いのなら、そんなボヤキなぞ余計な一言にしかならないですお
これこれこう言う見解である、と簡潔に意見を述べれば、それで良いのですお
857名無しさん@おーぷん :2018/02/02(金)23:36:31 ID:1Mm
>いっつも最初は工作員扱いされるんだよ、、、
そりゃそうだろ、「韓国面に堕ちるな」とか「日本も人のこと言えない」とか、自制を優先する日本人につけこんだ工作員の常套手段なんだし。
そもそも、酷使様になりたくないなら一番に心がけることは、自分の言葉が無条件に受けいられると思わないこと、自説の「正しさ」に胡座をかかないことだぞ。
858名無しさん@おーぷん :2018/02/02(金)23:38:16 ID:1Mm
あと、言ってる内容は一緒でも言い方で随分変わるから、創意工夫は大事だよ。
859名無しさん@おーぷん :2018/02/02(金)23:45:54 ID:1Mm
そうそう、これはネットを快く過ごすコツでもあるんだけど、「過激すぎる」発言は気にしなくていいよ。(工作員の誘導かもしれないしね)
よほど切羽詰まってないかぎり、過激な意見が主流になることはない、というか過激な意見の持ち主が行動力も備えてることはほとんどないから。
たまにある例外は「あ、これ例外だ」ってすぐにわかるしね。
860名無しさん@おーぷん :2018/02/02(金)23:54:22 ID:Fht
そうだね、皆さんありがとう
言い方ひとつで受け取り方変わるもんな
でも韓国面に〜とか日本人として〜とかではないのでw
そこは安心してw
ネットでの過ごし方のアドバイスもありがとうございます
861三文易者◆MGhP/YWj7E :2018/02/03(土)00:21:25 ID:IF6
 こんばんは

>>820
>>843
 田中人脈の中国への傾斜は理由がないわけではありません。

 田中人脈といえば「談合システム」ですが、これを創り出したのは
戦後我が国にやってきたニューディーラーたちであったりします。
 正に「仕事の札」を配るディーラーとなって、対価を得ていたわけですね。

 連中の浅ましさはそれはそれは酷いものであったそうですよ。

 田中氏は連中が去った後、散々食い散らかした後始末(※)をやって、
談合を仕切るようになりましたが、彼は非常に優秀な人物であったので、
国の隅々までお金が生きわたるようにしました。
※中には、やり捨てされた女性の生活の面倒までみたりしたかも?

 しかし、その後日本側に対して米国が「談合」批判をしてきたわけですね。
そして批判を扇動しているのは元ニューディーラー達であったと。

 これで田中氏、及び、建設業界がキレたと言われています。


 とはいえ、それだけでは中国へ傾斜したのはおかしいわけですね。
建設業界も首をかしげる人が多かったそうですし
 田中氏の子分に中国へ傾斜させるように仕向けた方がいたと考える方が
よいと思いますね。


>>848
>>851
 道州制が意味ある形にするならば、「議院内閣制」の導入しかないと私は考えています。
(明治のチートたちの考える三権分立思想から)
 そうすれば、都道府県知事に変なのが出ても抑え込めますので

 しかし、そのためには憲法改正が必要なわけで、しばらくは放っておくしかありません。


>>853
 鳩山政権の厚生労働大臣のやらかし(プロジェクト停止)が一番大きいかな?
しかも、次の菅政権ではそのプロジェクトの成果をノーメンクラトゥーラのひな形名簿
作成に利用したりしましたし

 ところで、そのひな形名簿どうなりましたかね?まさか退任時にその辺に放っておいて
ないですよね。
 治安当局者が「こんなものを見つけてしまった。どうしよう?」なんてことは、・・・・。

 今日はここまでです。
 それでは消えます。
862名無しさん@おーぷん :2018/02/03(土)00:44:42 ID:pPG
お疲れさまです。

中国と言えば沖縄、もう明日には名護市長選ですが、結果次第で単なる地方選に
終わらない影響が出そうなので、注視しています。沖縄県政がなぜ中国に接近するのか、
琉球王国、日清両属や脱清人などの歴史的背景があるとはいえ、それだけではない
アクチュアルな要素もあるのだろうと感じています。諸賢のご高見も伺いたいところですね。
863名無しさん@おーぷん :2018/02/03(土)02:35:20 ID:R2E
易者さんありがとうございます。
例の角栄のお妾さんって・・・そうか!そうだったのか!
お縄はやっぱり小沢民。。。岩手!責任取れ!

長妻昭関連は色々ありすぎて分かりません。若手プロジェクトかな?年金かな?当時は見るだけでムカつくのでちゃんと見ていなかった。
これではいけませんです。反省です。

それにつけても実務レベルできちんと分析して資料に仕上げる。
中央官庁の能力はやっぱり立派です。彼ら、仕事していて疲れないみたいなんですよね。。へばっているのを見たことない。
実に楽しそうに見えました。


尾長ちじと言えば汚職に脱税。そちら方面で中共と組んで、抜き差しならなくなったのではないかと。
864名無しさん@おーぷん :2018/02/03(土)06:11:39 ID:z48
易者さん乙です。

ああ、今では影が非常に薄いですが、長妻さんが民主党政権崩壊後もやたらと
表舞台でマスコミに注目されていたのも、ノーメンクラトゥーラのひな形名簿作成の功労だったのですね。
小物ではありますが、実行した罪は重いですね。
865名無しさん@おーぷん :2018/02/03(土)07:28:18 ID:QDt
>>789
www.moeruasia.net/archives/49595537.html
866名無しさん@おーぷん :2018/02/03(土)08:20:57 ID:EbR
地方を富ませるインフラ整備には100年が掛かる一方で、
地方を荒廃させたいなら、円高放置の数年で企業は逃げ出す。
国際競争力にやや劣る地方は、為替変動に弱い。

そんなわけで、日本を貶めた小沢一郎の岩手県産品は今でも不買中。
不買というより、岩手県産を選ばず、他県産を選びますな。
そうなると小岩井乳業などは最初に外す。

懇意にしている小沢一郎に助けて貰え。
867名無しさん@おーぷん :2018/02/03(土)10:02:37 ID:R2E
岩手の先達と言えば後藤新平。有能な金権政治家で反米左翼。
この方はお縄さんの父君が東京の市議の時に東京市長でしたね。
こちらの人脈だな。中国大使館は後藤新平屋敷跡に立ってるとか。
満鉄総裁やったし台湾の阿片漸減など、功績も多いがそっち系との付き合いも深かった。
現状見たらなんと言うかな?
868名無しさん@おーぷん :2018/02/03(土)10:22:00 ID:R2E
長妻昭のやらかし、これですね。

通算5年を超えて有期雇用の更新を続けると労働者は無期雇用を求めることができると「労働契約法」第18条は定めている。そこで5年の期間が来る前に無期雇用に転換する労働者を選別する目的で東北大学は採用試験を実施したわけだ。
5年を超えると無期雇用を申し込めるという制度は、民主党政権が2012年に労働契約法を改正して成立した。
869名無しさん@おーぷん :2018/02/03(土)11:12:54 ID:QDt
国際タンカー船主汚染防止連盟によれば、今回の事故による原油流出は、この35年間で最悪ということだ

中国はこれをやりたかったんだな

35. 名無しさん
中国が日本の救助拒否した結果、被害が広がった案件だからな
中国の失態は徹底的に隠すのが今のマスゴミ。
で、日本側の被害が隠せないレベルで広がった上、日本政府(ひいては自民党)の責任になすりつける算段が出来たので「日本が悪い」と報道し始めた。
870名無しさん@おーぷん :2018/02/03(土)11:27:49 ID:oNb
変態新聞とアサヒる新聞は戦犯企業なので永遠に国民に謝罪してもらおう(提案
871名無しさん@おーぷん :2018/02/03(土)11:53:17 ID:v4q
変態新聞と言えば面白いよまい言を吐いてたので転載


1:動物園φ 2018/02/03(土) 10:12:08.18 ID:CAP_USER
特集ワイド
儒教バッシングの愚 嫌中嫌韓の論拠とされているが…

毎日新聞2018年1月31日 東京夕刊

社会一般
紙面掲載記事
社会

「儒教バッシング」の本や記事が目立っている。ヘイトスピーチをする人々も、こうした本や記事にある儒教の「独自解釈」や「歴史的事実」を信じている人も少なくない

 中国や韓国を批判し、あるいは罵倒する「嫌中・嫌韓本」はもはや珍しくないが、最近はその論拠に「儒教」を使うのが流行らしい。
韓国・平昌(ピョンチャン)冬季五輪は来月9日に開幕するし、東京五輪・パラリンピックまであと2年。
この国は「おもてなし」が自慢のはずだが、こんなことでいいのか。【吉井理記】

 本題に入る前に、クイズである。

 (1)「韓国の崩壊」(2)「大予言 中国崩壊のシナリオ」(3)「人民元大崩壊」(4)「それでも中国は崩壊する」(5)「韓国大崩壊」

 どれも嫌中嫌韓、または両国の批判本の一部だが、いつ出版された本か、お分かりだろうか。

 ここ最近の……と言いたいが、(1)は30年前の1988年、(2)は89年、(3)は98年、(4)は2004年、(5)は昨年である。
「人を呪わば穴二つ」というが、この間、崩壊したのは日本のバブル経済くらいか。
30年間、隣国の崩壊を叫び続ける本に、読者はどんな意義を感じるだろう。

 さて、昨年の新書ベストセラーは米国人弁護士、ケント・ギルバート氏の「儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇」(講談社)。50万部以上、年間4位(トーハン調べ)と売れた。

 ヒットに触発されたのか、同じような本を出す有名作家もいたし、
雑誌も「中国人と韓国人が抱くダークマター=儒教」(月刊誌「WiLL」・17年7月号)といった記事を載せるなど、
儒教に絡める中国、韓国批判が今のブームである。

 共通するのは「日本と違い、中国や韓国は儒教にとらわれたせいで『近代化』が遅れた」
「最近の中国の海外進出は独善的な中華思想が原因」
「中国や韓国が日本を『格下』に見たがるのも儒教の影響」……といった指摘である。
東洋思想の専門家はどう見るか?

https://mainichi.jp/articles/20180131/dde/012/040/003000c
872名無しさん@おーぷん :2018/02/03(土)11:56:12 ID:v4q
2:動物園φ 2018/02/03(土) 10:12:22.49 ID:CAP_USER
歴史無視し「天に唾」

 「ナンセンスな主張です。学術的に間違いだらけ、ということは断言していい」と怒り心頭なのは中国思想史が専門の東大教授、小島毅さん。
バッシング本に対抗して「儒教が支えた明治維新」(晶文社)を出したばかりだ。

 そもそも儒教とは何か。広辞苑には「孔子を祖とする教学。儒学の教え」とあるが、もちろんこの説明では不十分で、
2500年前の孔子以来、積み重ねられた膨大な思想・哲学体系だし、さまざまな学派もある。
「儒教のせいで……」と一口に言えるほど、単純ではない。

 「いかにばかげているか。一例を挙げましょう。確かに儒教の世界観に中華思想があります。
自分たちの文明が正しく、周辺は文明がない野蛮な『夷狄(いてき)』だ。彼らに文明を広めることが正義だという考えです。
では、中国の最近の海外進出は、中華思想に基づく中国特有の現象でしょうか」

 歴史をひもとけば、海外進出をした覇権主義国家はたくさんある。
「自分たちが正しい文明で、他は野蛮だ」という認識は、アジアやアフリカに進出した欧米国家に共通した考えだった。
イスラム教国も同様だ。当然、彼らは儒教の信奉者ではない。
「自分たちが正義」という考えは、古今東西にある。

 「日本も例外ではありません。実は1920~30年代には
『王朝交代のない日本は、儒教を正しく実践している国だ。中国に正しい儒教を教えてやる』
という論理で大陸侵略を正当化したんです」

 実際「正しい儒教を実践する日本こそ万国の中心である」という変質した考えは、山鹿素行(やまがそこう)ら江戸期の儒学者が唱えだし、
儒教と神道を結び付ける「神儒(しんじゅ)一致」の思想や、鎌倉時代以来の「神国思想」と交わりつつ、
「天皇中心の国体」を至上とする皇国史観に至る。
戦前の思想本は儒教と皇国史観を結び付けたものが少なくない。

 「明治維新の『偉人』とされる吉田松陰や西郷隆盛らも儒教を学びました。
彼らの原動力になった『尊王攘夷(じょうい)』も、元来は中国・韓国の儒教にあった考えで、
これを幕末の状況に当てはめ、本来の統治者たる天皇が号令し、『夷狄』である西洋を排除しよう、という思想。
その儒教が中韓の近代化を阻んだ、という指摘も、あまりに一面的です」

 19世紀末、清朝の官僚が欧州を視察した時の話だ。
機械化された工場を現地の経営者が見せ、「人減らしができた」と誇るが、
儒教を信条とする官僚は「人々の仕事を奪うなんて、我々のすべきことではない」と批判した、という。
企業利益だけを重視する論理とは、また違う論理が彼らにはあったのだ。

 「儒教は人民の格差がない『均』を尊ぶから、確かに資本主義と相いれない面がある。
一方で、日本の高度成長は、儒教的な、年功序列に基づく終身雇用や、運動会を開くような家族的な企業風土が実現させた、という理論もある。
韓国や台湾などが発展した80年代には『儒教資本主義』『儒教経営論』がブームになったほど。どの側面を見るかで評価は全く異なる。
それほど無意味な指摘です」

 「中韓は日本を格下に見る」という議論も、中国や韓国に対する戦前日本の振る舞いや、現代もあふれるヘイトスピーチの例を引くまでもなく、意味がない言説だろう。
「韓国は儒教のせいで『男尊女卑』が根強い」という論者もいるが、例えば、女性国会議員(韓国は1院制。
2院制の日本は衆議院)の割合は、日本(10・1%・17年)より韓国(17%・16年)の方が高い。

 「日本は古来、米作りや儒教、漢字など、中国・韓国から多くを学んだ。
儒教に名を借り、歴史的事実や学術的研究を無視した批判は、まさに天に唾する行為です」(小島さん)
873名無しさん@おーぷん :2018/02/03(土)11:57:33 ID:v4q
3:動物園φ 2018/02/03(土) 10:12:39.17 ID:CAP_USER
謙虚に学ぶ姿勢を

 ちょっと考えれば、事実としても、論理としても成り立たない。でもそんな言説が喜ばれる。
「日本会議 戦前回帰への情念」(集英社)などの著書で、戦前思想と現代との関係を追究する戦史研究家、山崎雅弘さんは
「政治体制も歴史も異なる中韓を、まとめて攻撃するには、儒教という漠然とした概念は便利なのでしょう。
別々にたたくより、まとめてたたく方が、手間が省けますから」と手厳しい。

 「深刻なのは、こうした本がベストセラーになる風潮です。『中韓に学ぶことなどない』と豪語する。
そして自国を礼賛する本やテレビ番組は増える一方です。戦前も、日本が世界一スゴイ(万邦無比)と思い込む夜郎自大な思想が広がりました。
謙虚に学ぶ姿勢を捨てるのは、大変危険です」

 山崎さんが思い出すのは、韓国の高校生らが犠牲になった貨客船セウォル号の沈没事故(14年)だ。
「この時、韓国の公共放送KBSの社長が、政府にとって都合の悪い報道をしないよう局員に圧力をかけた。
しかし反発した記者たちは、ストライキを打ち、視聴者に見える形で社内で起きている抵抗を伝えました。
結果、社長は解任された。韓国人は道徳や倫理観がない? むしろ逆です。
道徳や正義、責任感が個人に根付いていたから、彼らは圧力を拒絶した。
日本人、特に日本のメディアが学ぶべき点ではないですか」

 隣国を見下し、嫌中嫌韓本を喜ぶ人が増える国こそ、文字通りの「悲劇」だろう。
874名無しさん@おーぷん :2018/02/03(土)12:00:17 ID:oNb
儒教研究しないでくだちい、ウリナラの国策の秘密がバレて仕舞うアル

まで読みましたお(
875名無しさん@おーぷん :2018/02/03(土)12:08:07 ID:4kI
>>871
世迷い言と宣言するだけで、長文コピペでは、
韓国人の定型句「妄言」の主張と同質だぞ。

読む方の為に要約して、自分の立場を具体的に説明し、
その上でコピペしないと、動物のマーキング行為である。
876名無しさん@おーぷん :2018/02/03(土)12:21:05 ID:oNb
(本文まるっと転載するならリンク張るか、かいつまんで論評してもいいよね)
877名無しさん@おーぷん :2018/02/03(土)16:42:25 ID:WTd
つか、見下されて当然のことしかしてないってのがいつも抜け落ちやがるなあ

儒学についてはスレの前の方であったけど解釈の仕方が180度違うとしか思えん。
878名無しさん@おーぷん :2018/02/03(土)16:43:42 ID:rjg
わかりました!
中国韓国を見習って、相手の嫌がることを研究します!
879名無しさん@おーぷん :2018/02/03(土)17:07:34 ID:rjg
連投失礼します。

思ったんですが、特亜のあのベラボーな思考だの行動だのが儒教由来じゃなくて素のものだとしたら事態は余計深刻な気が。
もうどうしようもできないじゃん。
880名無しさん@おーぷん :2018/02/03(土)17:41:37 ID:kI2
偉大な教育思想家である福沢諭吉が匙を投げた
支那朝鮮を何とか出来ると思うのは傲慢である。

もし支那朝鮮を何とか出来る人間が存在するなら、
それは本国人を含めて数百億人?にひとりの逸材。
だからあの国には救国の英雄が未だに現れず
グタグタな訳で。

素人が安っぽい憐れみで手を出しては危険。
881名無しさん@おーぷん :2018/02/03(土)17:57:04 ID:R2E
日本の左翼運動史振り返ると、自由民権運動に行き着く。
自由民権運動における東北士族の役割って決して小さくない。
もしかして、日本のパヨク(反政府派)のそもそもの始まりって戊辰戦争の終戦処理の失敗だったのでは?
882名無しさん@おーぷん :2018/02/03(土)18:05:05 ID:DeJ
個人的にはやっぱり今の日本企業の商品より韓国の企業のデザインが良く見えてしまう。
代表的な物はスマホや電化製品だけど。
90年代のアメリカ企業には日本人が大量に内部に居てデザインの仕事を担っていた。
今の韓国企業のデザインの良さは韓国人だけの力では無い事は理解出来る。
韓国企業のデザイン関係には欧州人が多いと聞くけど若手日本人も多いんでしょうか?
最近の若手研究者さえ日本では金が出ないから投資だけはいい意味でダイナミックな韓国に行く人間も少ないらしいです。
日本の50代や60代は自分達さえ逃げ切れれば日本がアジアでも勝てなくなってもどうでもいいんだろうなぁ。
フランスの移民など見てると日本の若者の怒りの表現の下手さ加減は致命的だよなぁ・・・。
明らかに人生が不利になってる・・・・。
883名無しさん@おーぷん :2018/02/03(土)20:21:16 ID:ViC
日本だけ20年間も名目GDPがゼロ成長だったのは政府のマクロ経済政策が間違え続けたからだろうに
デザイナーだの世代だの携帯電話だのミクロにもならないような話をして何の意味があるのかな。
そんなん原因じゃなくて結果でしょ。もちろん小泉さんもゼロ成長の一端を担ったわけで。
884名無しさん@おーぷん :2018/02/03(土)20:44:32 ID:Y4T
>>883
もうすぐ日銀副総裁人事が近い事も知っていますし、貴方もご存知でしょう。
でも問題は社会全般ではまだまだ財務省のデフレ政策が周知されていませんし、
消費財8%さえ止められなかったのが現実ですよね?
知ったかぶっても問題は解決されないしさあ、どうするべか、と書き込んだのです。
このスレの住人は僕が思う以上に年齢層が高いんでしょうね。
今の20代後半や30代前半人達がもう人生を諦めて投げ出してる人間がどれだけ多いか。
こういう社会から弾かれた人間達が今地方では特亜の人間達と融合してギャングの様な組織が出来てきてる。
愛国心なんて二度と持てないだろうなとは思う。
今の弾かれた20代後半や30代前半の方々は。
885名無しさん@おーぷん :2018/02/03(土)21:00:13 ID:fLf
弾かれた世代ってーのは、今の政府自民党ではなく
そもそも失われた十年の原因を作った元凶である
旧民主党や支那朝鮮に対して憎々しく思っていますお
886名無しさん@おーぷん :2018/02/03(土)21:04:38 ID:R2E
失われた20年の最終解決は、ですねー
ダンピング国家を潰す。です。
国際社会には公正取引委員会ありませんからね。
第二次大戦もそれでした。最後は銃弾で話し合ったっつーわけです。
887名無しさん@おーぷん :2018/02/03(土)21:28:53 ID:SaW
憎い政策の元凶はなんなのかと考えると
大抵が特亜汚染と、政治家官僚の金がらみに行き着く。
政権が官僚と対立している場面はいくらでもあったんだけど
財務省の影響力を想像できないか。

弾かれた世代は氷河期の40代だろう。
30代の自分には弾かれた自覚はないぞ。
個人的には団塊の世代が消えるのを待っているところだ。
働き方改革とやらも世代交代が進まないと無理だ。
888名無しさん@おーぷん :2018/02/03(土)21:38:02 ID:oWM
身の丈に合った~とか持たなくてもいい~とか
清貧思想やら草食系やらもてはやしたマスゴミの呪い

そんな呪いを打ち砕け~
昭和の頃は夢や希望があったというより
夢の持ちやすい時代だっただけだぞ
家建てて車買って~なんて今魅力ないだろ
無理してやせ我慢して買ったんだよ
889名無しさん@おーぷん :2018/02/03(土)22:40:12 ID:VH1
>>886
>失われた20年の最終解決は、ですねー
>ダンピング国家を潰す。です。

ブルームバーグ17/8/16より(邦訳は英本文の抜粋。全文見たければ英サイトへ)
……世界のコンテナ船海運業界は昨年、運搬能力の過剰により過去最悪の危機に見舞われ、
韓国の韓進海運が破綻した。それから1年が経過し、5000億ドル(約55兆4000億円)規模の
同業界は大型再編の過程にあり、生き残った企業は巨大な規模の経済と需要拡大の恩恵を受けている。
……
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-08-16/OUR7L66S972B01

業界再編と世界経済成長の恩恵が大きいでしょうが、ダンピングしていたと言われる韓進海運の退場も
要因かも知れません。

以下妄想ですが、低インフレを問題視する欧米がこれを成功例と見ると、数々の振舞いから東側に
組した気配が濃く、工業輸出製品で量的存在感とダンピング実績があり、家計企業債務多く脆弱さの
目立つ経済の韓国は標的になるかもしれませんね。

我国が好機をどのような形で生かすかですね。競争相手減れば価格も下げなくて良くなり楽になるし
国内に新工場建つかもしれません。かぶってる所多いですからね。
また国内で吸収できない分は、新しい経済圏インド、アフリカ発展に振り分けて債権利息、特許料等
で稼げるでしょう。両方できたら万々歳ですね!

戦争にならなくても経済面の自滅がありそうですが、米ダンピング決定のようなそれが確実になる政策
が方々から飛んでいきそうですね。
890名無しさん@おーぷん :2018/02/03(土)22:52:41 ID:z48
ダンピング戦術って、ノーメンクラトゥーラを趣向とする奴らにとって好きそうな戦術だよな。
だって、最終的に勝っても負けても、肥えるのは上層部だけだからね。
結局搾取構造には変わりはないわ。
891名無しさん@おーぷん :2018/02/03(土)22:56:48 ID:pkM
そういえば、2009年の12月に天皇陛下の1ヶ月ルールを破っての会見がありましたね。
民主党政権下でしたが、あれは中国のためにならなかったと思います。
テレビ報道でさえ、批判を辞さない雰囲気を個人的に感じました。
892名無しさん@おーぷん :2018/02/03(土)23:07:37 ID:fLf
そう言えば、一ヶ月ルールを破ったのもお縄さんでしたねい
893名無しさん@おーぷん :2018/02/03(土)23:25:12 ID:pkM
小沢さんは中国の不興を買ったんでしょうかね。いつからか、大物政治家という感じがしなくなってしまった。
894名無しさん@おーぷん :2018/02/03(土)23:44:04 ID:R2E
お縄さんがいかにもお縄さんらしくなったのは、奥様に捨てられてからかと。あれでぐぐっと小物感が増しました。

ダンピングって本来独占のためのツールなんですよね。
安売りして競争相手を追い出して、然るのちに独占利得をがっぽり。カラクリは分からないが、どこかのダンピング国家がアフリカでこれをやった。
欧州の裏庭で、です。現地の小売業者を叩き出して流通を独占とかね。勿論有利な資源開発も
東南アジア諸国では大型インフラ案件でやらかしてくれてます。インドネシアの例のやつとか。とか。
最近は中南米に手を伸ばしているようです。飴のバックヤードで。アホだろ。
895三文易者◆MGhP/YWj7E :2018/02/04(日)00:41:44 ID:OQA
 こんばんは
少し仕事が入りまして、今日のネタ投下は見合わせます。

 明日・明後日にかけて、孔子本人の功罪の「罪」の部分についてネタを投下します。
その後に本編投下という形にします。

 明日は、孔子存命中に言われた部分で、斉の名宰相晏嬰が指摘したと現代に伝わる
部分です(既にこの時点で、儒教の欠点が露出していた)
 明後日は、昌平坂の研究成果(我が国の研究成果)です。


>>866
 岩手の企業には罪はないと思います。
ああいう政治家が地元にいる場合、ある程度付き合わなければならないので


>>868
 そんなレベルのものではありません。
 破綻したルネサスの社員やリストラされた日航の社員は、ダッシュで殴りにくるレベルといえる
かも?
 その内、「ネタとして(←重要)」投下します。


>>888
 儒教の清貧思想は、晏嬰が批判したとされますね。
易経(文王・周公)の政治思想には、国民に清貧を強要することは存在しない、として
(明日のネタ)


>>891
>>892
>>893
>>894
 国内で表面化したのは相当遅くなりましたが、
小沢氏は、米国のセキュリティ会社のCMに出演した辺りからかなり怪しくなっていました。
2009年ロシアの柔道家来日の際、逃げ出したあたりから、将来の凋落は決定的になっていたかと。

 小沢氏はどうも外交的センスが皆無のように思えます。
柔道家に向かって
「あなたは鳩山氏と同レベルと思っている」
という趣旨に捉えかねない対応をしたあたりで、・・・。
(本当によく怒らなかったなと思います。周りの方々の目つきは剣呑になりましたけど)


 今日はここまでです。
 それでは消えます。
896名無しさん@おーぷん :2018/02/04(日)02:22:32 ID:rJx
>「あなたは鳩山氏と同レベルと思っている」

最上級の侮辱の言葉www
897名無しさん@おーぷん :2018/02/04(日)05:21:13 ID:yEf
>>861
松村謙三という目立たず地元では評判のよかった国会議員が、カクさんの信任厚かったと、地元出身の知人から聞いたことが。
898名無しさん@おーぷん :2018/02/04(日)05:52:07 ID:2In
清貧思想はほんとよくない。
とくに他人に清貧を要求して、自分は棚上げをするのはとくにね。
899名無しさん@おーぷん :2018/02/04(日)08:11:19 ID:6rK
易者さんお疲れ様ですー。

まぁアレだ。日本にいろいろ問題があるのは大変ですが、そこは「面白き こともなき世を 面白く」ってことで。

そういや五年ぶりに諏訪湖で御神渡りがあったそうでめでたいですねぇ。
この大寒波にもいいとこがありました。
雪国の方々は大変ですが…
900名無しさん@おーぷん :2018/02/04(日)08:14:28 ID:yKL
易者さんありがとうございます。

長妻昭が何をやったのか。。いつか全部明らかにして裁判の一つもやってほしい。

柔道家に失礼したのなら、遠慮なく絞め落として頂いてです。
参ったは聞かない方向で。。
901名無しさん@おーぷん :2018/02/04(日)08:55:22 ID:QdE
>>898
年収300万円でも楽しい人生!なんていう本を書きながら
1千万以上ミニカーに費やしている森永‥
902名無しさん@おーぷん :2018/02/04(日)09:18:17 ID:rJx
>>901
この方、確かミニカー専用マンションをお持ちですと以前ラジオのアナウンサーが言ってましたよ。
903名無し :2018/02/04(日)09:58:22 ID:lXI
話ぶった切りですが、最近荘子を読み始めました。
冒頭の逍遥遊篇は、人間の心の動きを解明しているようで、
台風・ジェット気流・貿易風・北極海と極流という
地球熱循環と付合するところもあり、興味深いです。

荘子は南蛮や楚の知識を伝える書なのですが、
日本を含めた海の民の知恵が相当だったことを
伝えているのかもしれません。
904名無し :2018/02/04(日)10:07:21 ID:lXI
あ、これ分かった、
荘子のベースは、楚の神官が把握していた自然の観察や神の世界の描写で、
そこに戦国時代の学者が政治学で無理くりにした
解釈を付け加えるという構成なんだわ。

後世の儒学者は、無理くり解釈をもって荘子と考えたけれど
現代人は、楚の神官が書いた本質に注目して読むべきなんだわ。
905名無しさん@おーぷん :2018/02/04(日)10:14:20 ID:4Yt
小沢氏はDIAの紹介ビデオに出ていましたね。
2chの研究スレあたりでは「アメリカに目をつけられている」と解釈した人が多かった

それにしてもエルピを放置して倒産させたのは国家的損失だった。
エレクトロニクスは3年半の間に取り返せないレベルにやられてしまった。
906名無し :2018/02/04(日)10:22:54