- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。
レス数が1000を超えています。残念ながらこれ以上レスはできません。

小泉純一郎は運が強すぎる ▲@open-3▲

901名無しさん@おーぷん :2017/12/10(日)22:58:45 ID:thV
現ロシアとしては、スターリンの負の遺産である
日本破壊の為に支援してきた日本共産党や木っ端政党、
また国内の出版マスコミの扱いに困っている。

ソ連が産み育てた奴らであるものの、日本国内に巣食っているから
ソ連軍で殺戮して生存者をシベリア片道送りにできないわけで。

今のロシアとしては、日露の交換レートを対等にします。
ロシアからはスターリンの亡霊に支援しません、
どうぞ殺処分してください。というのが精一杯。
……ではなかろうか

なお、ここ1年間の国内のマルクス・レーニン主義政党は
粛清を恐れるように新政党を立ち上げては離合を繰り返している。
ここらへんがアカの逃走?みたいな?
902名無しさん@おーぷん :2017/12/10(日)23:21:14 ID:FPb
>>898
なるほど……。憲法改正必要なんですね。だいぶ前のレスのロシアが困っているというのも繋がるんですね。
帝国時代の交渉はどうだったんでしょう。知識が無いのでなんとも言えませんが
陸・海軍の確執を見透かされていたとかあるんでしょうか。
満州の引揚げ時の蛮行は許せませんが、満州進出政策自体どうだったのかなと。
やる夫の日中戦争スレ見ていて思いました。

今より選択肢が増えるので、我々国民の側も勉強必要かなと思います。報道がまともに
なるのが一番手間がかからず良いと思いますが……。どんどん悪化している印象です。

資源・エネルギーは本当に無いから足元見られるのは仕方ないかと思っています。
天然ガスは遍在しているけど液化・受入施設の整備が遅れていて高値だったらしいです。
今それが世界的に改善しているようです。我国有利の流れが来ているかもしれません。

>>901
>現ロシアとしては、スターリンの負の遺産である
>日本破壊の為に支援してきた日本共産党や木っ端政党、
>また国内の出版マスコミの扱いに困っている。

?何で困っているんでしょう?
色々知っているから、交渉まとめようというときに自爆覚悟で邪魔しかねないとか?
ロシアだけじゃなくて北、韓国、中国と関係あるので日露関係改善邪魔しているのでしょうか。
5:5は俺達は知っているぞと突きつけた結果でしょうか。米ヴェノナ文書が役に立ったとか。
903名無しさん@おーぷん :2017/12/10(日)23:22:54 ID:sxO
別にレートの変更はロシアの専件事項ではない。むしろ日本が先だと考える。

日本は西太平洋の大国の立場から、戦前戦後の百年間に渡って支那朝鮮を優遇してきた。
殆ど国是というレベルの配慮しまくり。これを2012年の自民党政権から方針転換。

そして支那朝鮮は共通の価値観を持たぬ国に格下げ。同時に中朝韓が参加しないTPPで
日本は大幅に譲歩して環太平洋諸国に国を開き各国に投資すると表明(TPP参加国>>中朝韓)。
TPP自体は花札さんの選挙公約で凍結状態だが、日本は支那朝鮮を切り捨てて、
今後は環太平洋諸国を等しく優遇しますよ、と仁義は切った。
コレも国対国のレート変更になります。

日本(日米)がTPPを主導してレート変更の札を切ったから
ロシアも日本に仁義を切った???ような希ガス。
904名無しさん@おーぷん :2017/12/10(日)23:31:22 ID:y5r
そう言えばプーチン大統領が革命百周年の式典には出ずに
その前に行われた大粛清でやられた人の追悼式典に出てたな
ロシア共産党も潰す気なんだろうか
905名無しさん@おーぷん :2017/12/10(日)23:35:22 ID:x9D
ソビエト時代にムラヴィスキーというそれはそれは傑出した指揮者がいたそうな。

そのムラヴィンスキー、名が知られるまでは、貴族出身ということで迫害に次ぐ迫害をうけていたそうな。
サンクトペテルベルグの桶のシェフになってから当局といつも喧嘩!喧嘩!喧嘩!喧嘩!

マーラーやりたいっ!シェーンベルク振らせろ!共産党の嫌がっている音楽最高!

トラブルがあるといつも楽員を呼びつけ、朝まで酒盛りして


「やってらんねーよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」


で共産党批判w 死ね!ボケ!アホ!くず野郎!

そのもみ消しで関係者は、いつもてんやわんやだったらしい。
だから実は、来日予定がキャンセルになったそのほとんども共産党からの嫌がらせw

バッハ演奏で著名なリヒターとは大親友で、ドイツ公演の時には、一緒に朝まで酔いつぶれて、
「すわっ!!!!亡命かっ!!!!}騒ぎでパニックだったらしいw

そういう話知っていると、ロシア貴族って意外と高潔というか裏表なくて手を組めそうな気がするんだよなぁ。

因みに、チャイコフスキーとラフマニノフはその貴族の系譜の音楽。
906名無しさん@おーぷん :2017/12/10(日)23:37:13 ID:sxO
>>902
国内のアカはソ連や北朝鮮、最近では中共に育てられたわけで、
コミンテルンの親分とチンピラヤクザの関係になる。
で、オヤビンwの意向を汲んで国内で暴れてきた。
最近は支那畜の言いなりだけど、露・鮮と切れた訳ではない。
その状態のままのほうがロシア外交的には手札になる。

それをプーさんが明確に破門したんじゃないかい?
破門状に相当する仁義がレート変更だと考える。
口先だけでない事の証明。
907名無しさん@おーぷん :2017/12/10(日)23:59:28 ID:Bi2
>>874
NHKの集金人が違法行為に及ぶのはそれが理由か……
つい先だっての最高裁判決の報道を受けて、NHKから脅しの文書が送られてきた。
地デジ対応の受信設備も無いのにNHK側の契約書偽造で受信料払えというので
こっちもNHKを有印私文書偽造で逆告訴してやろうかと思って方々当たっていたところ、
あの最高裁判決のNHK報道はフェイクニュースだったという情報に行き当たったんだが、なぜかヤフーニュースからは削除済www
なのでウェブキャッシュから全文引用を許してくだちぃ。

NHK受信料裁判、判決の『棄却』が報道されない理由
神田敏晶 | ITジャーナリスト・ソーシャルメディアコンサルタント
12/9(土) 14:57

KNNポール神田です!

NHK受信料裁判の報道の論調はすべて『NHK受信料制度は合憲』と報道されている。
つまり、受信料の契約は、憲法に違反していないという最高裁の「判断」を取り上げている。
そこはまったく事実でその通りなのだが、最高裁の裁判の「初判断」ではなく、裁判の「結果」はどうだったのだろうか?
最高裁の「判決結果」は、双方『棄却』

全文には、こうある。

主 文

本件各上告を棄却する。

各上告費用は各上告人の負担とする。

理 由
出典:受信契約締結承諾等請求事件 平成26(オ)1130

http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=87281

最高裁としての判決は『棄却』であり、双方の上告は、裁判所が、審理した上で請求に理由がないとして、その請求を排斥し、つまり、二審の高等裁判所の判決が確定したということだ。
そして、『合憲』は『棄却』の理由として延べられた「判断」のひとつであるが、初の最高裁において憲法判断がなされたから大きく取り上げられたのだ。

会社員の村上丈一郎(51)氏は、facebook上で、「えええ、NHKの上告って棄却されてんじゃん。NHKの報道によると、合憲判断!!って事しか言ってないんだけど」と発言していた。
村上氏は「たまたま見かけたサイトで、判決文はこちらって書いてあり、判決文を読んでみると『棄却』とある。"まったくそれまでの報道と違うではいか"と思いました。
どの報道も、詳細を読んでいくと『棄却』の文字があります。しかし、タイトルでは「合憲判断」とあり、ある意味、釣り目的の明らかなミスリード誘導があった事も事実ではないか?」と異議を唱える。

筆者もまったくの同意見だ。
908名無しさん@おーぷん :2017/12/11(月)00:05:33 ID:ZPC
意外と長かったので抜粋で。

正しい報道姿勢としては『NHK受信料裁判 最高裁、上告を棄却』である

正しい報道の姿勢としては『最高裁、上告を棄却』であるのだが、なぜメディアは判決の「棄却」ではなく、判断であるはずの『合憲』を「判決」とミスリードしたがるのだろうか?
それは、最高裁の判決が「棄却」であれば、二審の判決どおりで、インパクトが、何も無くなるからだ。
当然、ニュースはニュースバリューとして、注目すべきポイントをタイトルに持ってくる。
しかし、『合憲=判決』は、かなりやりすぎではいだろうか?

NHKのニュースには最高裁判決結果の『棄却』の二文字がどこにもない事実

しかし、最高裁の判断には「支払い義務の発生」のタイミングについては、消費者の承諾がない場合、判決確定で契約が成立するとしている。
つまり、裁判の判決が確定するまで、支払い義務は発生しないという判断もしているのだ。
裁判しない限り、ゴネられるのだ。
1件づつ訴訟していくと、訴訟の費用人的コストと徴収のバランスは保てるのだろうか?

また、支払い義務は「受信設備設置時からの支払い義務が生じる」とあるが、それは、いったい誰がどのようにテレビ受像機の設置時期を証明するのだろうか?
領収書?
家電店?
また「消滅時効は判決確定から進行する」と判断しているので、時効がいつになるのも裁判をしてみなければわからないというやっかいな状況だ。

今回の「棄却」のミスリードで、NHKに次々と裁判を起こされたら、被告人となった人たちは、その時点でテレビを廃棄(粗大ゴミではなく家電リサイクル法による廃棄が必要)したらどうなるのだろうか?
5年分の受信料を取られるくらいならばHDMIの巨大なPCモニタを新規で買ったほうが安いと考えはしないだろうか?
強行な裁判訴訟があれば、テレビの不法廃棄が社会問題になるかもしれない。
今回の事件も、本来は、NHKの「偏向報道」についての異議を唱えた人がいることも事実だ。
909三文易者◆MGhP/YWj7E :2017/12/11(月)01:06:20 ID:zjL
 こんばんは
 外交情報の理解の足しになるかと思いますので、外交戦の基本的な古典的部分について
解説してみましょう。


 周公は、外交戦の勝敗は「選択肢の差」によっておこることが大きいと指摘します。
卦にすると
火地晋(日出)・・・(外交戦で)風上に立つ=選択肢が多い
地火明夷(日没)・・(外交戦で)風下に立つ=選択肢が少ない、もしくは、ない
ということになります。
 つまり、
自分たちは火地晋(日出)の場所(処)を占める=外交戦に使える選択肢を増やす
仮想敵国には、地火明夷(日没)の場所(処)へ追い込む=外交戦に使える選択肢を奪う
ということが、外交戦の基本であるとされます。

 我が国は日米同盟の選択肢を増やし、仮想敵国へは選択肢を奪う形で外交戦を行っている
わけです。
 選択肢の奪い合いという視点で、外交情報を考察してみるのはどうでしょうか?

つづく
910三文易者◆MGhP/YWj7E :2017/12/11(月)01:08:19 ID:zjL
 なお、ここから先はただの余談ですので読まなくても良い内容ですが、

 古代中国では、
自分たちが火地晋(日出)の場所(処)を占め、相手方が地火明夷(日没)の場所(処)にある
という趣旨の外交文章を送ることは、
「自分たちには選択肢はあるがあなた方には選択肢がないのであるから、こちらの要求を呑め!」
という意味になります(古代中国の知識人ならば常識の範囲)。

 としますと、厩戸皇子の有名な外交文章は「天子」という言葉だけでなく、「日出処」という言葉も
極めて重要な重要な意味を持ちますね。決して、「東から西へ」送ったという意味だけではありま
せん(中華帝国朝廷ならば、当然この意味を理解できる)

 また、厩戸皇子がこのような表現を使ったのは次のような意図があるとされています。

1、日本国の首脳は四書五経を修めた人間たちによって運営されている(=たから対等)と
中華帝国に思わせるためのハッタリ
(実際は、厩戸皇子ぐらいしかいない=遣隋使・遣唐使を送って中華帝国に舐められない(対等に思わせる)人材育成)(※1)

2、「東から西へ」と「要求を呑め」の二つを意味を同時に持たせたのは、周公(知識人の
代名詞)がよく使っていた表現法(※2)

※1 この考え方は、明治のチート政治家たちに近代化策の基本として採用されました。
  中華帝国を西欧列強に置き換えると簡単にわかるのでは
 佐久間象山に言わせると
「歴史は繰り返すというが、成功した歴史もまた繰り返しやすいものだ。かつて、中華帝国に対して
独立を守った手法を今また対西欧にも応用することによって、我が国は独立を守り、西欧と対等に
やっていけるはずである」

つづく   
911三文易者◆MGhP/YWj7E :2017/12/11(月)01:09:15 ID:zjL
※2 有名なものとしては、周公が太公望を評した文章
「観国之光(国の光を観る)」
「利用賓于王(用いて王の賓たるに利ろし)」
でしょうか

「観国之光(国の光を観る)」の意味は、
国を明るい方向(光)へ導く方法を編みだす大賢者である
です。
 しかし、もう一つ意味があり
太公望は緊急時以外は全く働かない怠け者で、本当に国が明るい方向(光)へいっているか
視察してくる(=国の光を観る)と言い訳して、「政務を全部周公へ押し付けて」国内を漫遊し
ていたそうです。
 つまり、この言葉の意味は
「非常に頭の良い怠け者」
ということになりますね。
(おそらく政務を押し付けられた周公の嫌味が多少入っている)
(なお、周公は「頭の良い働き者」の典型)

 なお、この言葉から我が国では大正期に「観光(娯楽の旅行)」という言葉がつくられました。

 そういえば、陳舜臣さんが生前おっしゃっていたのですが、
太公望の国内漫遊は、小旗を持つ案内役(ガイド)の後をぞろぞろと太公望一行が徒歩で
ついていくようなものであったそうです。
 そして、彼が来日した際に、小旗を持つガイドの後をぞろぞろとついていく日本人団体観光客
を見て、しかもそれを「観光」と言っていると聞いて仰天したそうです。
 なぜ、異国の日本でこのようなことが起こっているか?とかなり興味を覚えたそうですね。
(「観光」以外にもたくさんあります。サブカル方面にも)


「利用賓于王(用いて王の賓たるに利ろし)」の意味は
「大賢者なのでとても家臣にはできないから、王(姫昌)は賓客として迎えた」
です。
 ですから、「太公望は周の家臣ではなかった」と周公が明言しているわけです。
姫昌の徳の前に太公望も屈した(家臣となった)という孔子(儒教)の主張は明らかに嘘ですね。
よって、この周公の言葉は儒教では黒歴史とされています。
 といいますか、太公望の存在そのものが儒教にとっては黒歴史に近い。

 お目汚しいたしました。
 それでは消えます。
912名無しさん@おーぷん :2017/12/11(月)01:26:25 ID:iCQ
他者のある世界において悪事千里を駆けるからには、
日出処を占めるには信用が第一であり、故に裏切りをひとたび行えば日出処の資格を失う、と。
すると儒教からか何からなのか後漢書の頃から以夷制夷とやりだした中華としては、
日没処と言われて非常に嫌に感じたのでもあろうかと思います。
913名無しさん@おーぷん :2017/12/11(月)01:33:06 ID:g8O
(みんながみんな太公望気取りで物見を始めて誰も実務を遂行しなくなったら本末転倒だよね)
914名無しさん@おーぷん :2017/12/11(月)01:39:29 ID:y9c
そういえば、ロシアとの新しい根の臨界運転を試験したって事例には一つだけ心あたりがあるんだよな。

2015年後半のISISへの爆撃。あれってひょっとして?

もしそうだとすると、日本側も同等の何かを出さなきゃいけないけど、
これを民間含めた対ISIS(≒対テロ)戦争への貢献、という意味で捉えると、
丁度、人質事件のすこし後の時期、つまりは日本のネット民がクソコラ等を駆使してISISのツイッター軍を蹂躙して、
米(ツイッター社)の協力も合わせて、SNS上からの追放に成功した戦果の確認がとれ始める時期なんだよな。

クソコラの成果には色々な見解ががあるだろうけど、「ネットじゃ無敵であることで、ブランドイメージにより無限にリクルートできるからリアルでも無敵」
を謳っていたISISが、そのネット上で為す術もなくコケにされた、という事実自体がISISの戦略を根幹から破綻させたと自分は考えています。
実際、それ以後には(それ以前には溢れていた)ISISのメディア戦略を称えるような記事とかはほぼ無くなってるし。


クソコラ絨毯爆撃でISISが時間かけて構築したブランドイメージを一瞬で木っ端微塵にした挙句、
それ自体を釣りとして、抵抗すべく反応した隠し垢をサイレント通報で片っ端から処分し、
別れの挨拶代わりにISISちゃんでサジェスト汚染(一時は制圧)のコンボは今思い出しても容赦ないw
それで本人たちは単にじゃれてるだけなんだもんなぁw

妄想を逞しくするなら、本当は臨界試験じゃなくて程々に動かすつもりだったところ、
日本のネット民がISISのSNS軍を殲滅するなんていう想定外の大戦果を挙げてしまったものだから、
5:5の交換レートを維持する関係上、臨界レベルの動作をせざるを得なくなったとか無いだろうか?w


ところで、クソコラGPを真っ先に報道したメディアは確か腹黒国だったような?



・・・とか書いてたら易者さんが降臨してた。
選択肢が多いほうが勝つ、ってのはオセロなんかでも言われますね。
ちょっと違う気がするけど、クソコラの場合も日本ツイッタラー側に考えられた無数の手のうちで、
対抗策が事実上ないクソコラ爆撃が初手に選ばれたことがゲームを決めてしまったのかも?
915名無しさん@おーぷん :2017/12/11(月)02:45:21 ID:PPp
>>914
2005年頃の中国反日デモに対するミンメイアタック(エロ画像大量投下)とか、
炎上ブロガーの写真に写りこんだ風景から個人特定した鬼女グループとか、
ネット上での情報闘争には妙なスキルがあると思う。

つい昨日の話だけど、沖縄で「ヘリから落下した部品が危険ニダー!」って写真をアップしたプロ市民に対し
ネット民が速攻インチキ部分を指摘し、そのブログ消しちゃったみたいだし。

個人個人のスキルは平凡でも、集合知になると怖いもんがあるね。 >日本人
916名無しさん@おーぷん :2017/12/11(月)04:48:49 ID:g8O
(日本の神様の多くは集合知に人格と神各と神社仏閣を持たせたものなのかもね)
(おトイレの神様とか漫画の神様とかお受験の神様とか、新しく序列される御柱もあるし)
(護国神社、春日神社のように神様の御霊分け的な概念もあるし)
917名無しさん@おーぷん :2017/12/11(月)04:59:51 ID:iCQ
祖霊崇拝と共に磐座や神南備山など自然崇拝もあるのでそうは言い切れない。
オカルトの話でも先行文献を余談で否定したり見ても居ない事を言うのは如何なものか。
918名無しさん@おーぷん :2017/12/11(月)06:39:42 ID:aAo
易者さん乙

>>909
選択肢が多いほうが勝つ。
就職活動でも同様だなあ。
やはり選択肢を作り出す努力をしないと、食い物にされちゃうよ。
道を外れた経営者がデフレを嫌うのも道理だよなあ。従業員をマウントできるからねえ。

パヨク的な教育界隈が厩戸皇子を本能的に嫌うのも、成功した歴史を
繰り返しさせたくないからかねえ。
919名無しさん@おーぷん :2017/12/11(月)06:42:34 ID:aAo
間違えた。「インフレを嫌う」だった。
920名無しさん@おーぷん :2017/12/11(月)07:45:39 ID:hxH
祭りで一見意味不明な行動をとるうえ実態が分からないのは確かに選択肢を増やすやり方としてはうまいかもしれない
921名無しさん@おーぷん :2017/12/11(月)07:49:42 ID:1w5
スタンドアローンコンプレックスかぁ・・・
922名無しさん@おーぷん :2017/12/11(月)08:30:34 ID:OfP
銀髪時の靖国問題なんて、中国の持ち札を日本の持ち札に変えてしまったもんな。
最近だと慰安婦カードを無効化したし、工作員の巣である野党は瓦解してるし、本邦メディアを使った工作も手品の種が割れつつある。
923名無しさん@おーぷん :2017/12/11(月)08:41:10 ID:PBU
メディアの情報を鵜呑みにして鼻面を引き回されるのは、頭で考えたことに縛られて行動がチグハグになったり、恐怖でパニックになったりするのに似てる
それよりは、腹の下に重心を置いて頭で考えたことよりも自分の感覚に従った方が上手くいくことの方が多い気がする
既存メディアとネットのことを考えるとそんな感じのことを考えます
頭も体もそれぞれ磨かれた同士が協力出来るのが理想なんでしょうが
924名無しさん@おーぷん :2017/12/11(月)08:56:35 ID:akJ
ネットには無記名の「正しい考え方」がアーカイヴしてあるし「間違った考え方」も転がっているから
ちょっとでも論理的思考が出来れば、そういった情報の取捨選択は難しくはないんだな
易者の人と変態アサヒるピットクルー工作員の対比でも体感出来るって事さね
925名無しさん@おーぷん :2017/12/11(月)10:10:24 ID:cni
選択肢を増やして有利なポジションにつく方法は、一つ目が大局観と発想力を養って選択肢の「面積」を広げること。
もう一つが仮想敵に暗黙のルールを押し付けたり冷静さを失わせて、相手から選択肢を奪って相対的に有利なポジにつく。
後者だったら、特に仮想敵より発想が貧困で、仮想敵の方が圧倒的に民度が高くても実行できるから特亜とマスコミがよく使ってくるよね。
「特亜に学べ」「もはや日本は特亜に勝てない」系の報道はたいがいがそうで、特亜より何段階も上のゲームをやってる最中の日本を無理やり
特亜と同じゲームの大貧民ポジに誘導する意図だから、もう悪辣すぎる。
日本が口車に乗って今やってるゲームをほっぽり出したら……怖っ。
926名無しさん@おーぷん :2017/12/11(月)14:55:33 ID:Zxo
易者さんお疲れ様です。
そういえば旭日旗(火地晋)を忌み嫌っている国家があるみたいだけど、
確かにサッカー選手の一件以来自らドツボに嵌っていってる。
「日本に敵対すること=外交の選択肢を失うこと」という事が出来るのだから、
旗のデザインも疎かに出来ないなあ。
927名無しさん@おーぷん :2017/12/11(月)18:47:38 ID:Lv4
火地晋ひっくり返すと地火明夷。先行き暗いですもんね。
あの変な旗はなんの卦を表すんだろう。
928名無しさん@おーぷん :2017/12/11(月)19:21:04 ID:Hei
東から西へを実践したのは大海皇子もですね(やる夫スレ知識)
929名無しさん@おーぷん :2017/12/11(月)21:06:58 ID:MnE
>>927
大清国属の頃の旗はちゃんとした卦で描かれてたらしいけど、朝鮮が開国する辺りで、
イギリス人の船乗りに「ゴチャゴチャ棒描きすぎだろ」って適当に描きなおされたとか聞いた
930名無しさん@おーぷん :2017/12/11(月)21:10:40 ID:Lv4
>>929
結果、何になったんでしょうね。
陰陽は横に寝てるし、儒学系統の教養かある人間が関与したと思えない。
そんな旗を使い続ける理由も謎ですが。
931名無しさん@おーぷん :2017/12/11(月)21:26:35 ID:MnE
>>930
ググるとハン板辺りの解説が出てくるかもしれないすけど、卦として成立してないのを通り越して、韓国人への呪いになってるとか聞いたすわ
詳しくは忘れましたが、とにかくとんでもなく邪な意味になるとか
932名無しさん@おーぷん :2017/12/11(月)21:26:39 ID:PPp
>>930
見りゃ判る。
八卦の見た目の対象性だけ取り上げて旗にしてる時点で、陰陽の考えを否定してるだろう。
933名無しさん@おーぷん :2017/12/11(月)21:43:26 ID:Lv4
先天八卦(周公ではなく伏犧が作ったという伝説の方)ならばあれで合っていると言えなくはない。
大問題は陰陽に色なんか塗って横にしていることかと。目も潰してあるし。
あれを見て儒者は何も言わなかったのかな?とね。思ったわけです。
934名無しさん@おーぷん :2017/12/11(月)22:29:21 ID:PBU
陰中の陽、陽中の陰がないってことは、陰陽が反転する力が働かないって解説は読んだことがある
しかし赤と青って事は、陰陽じゃない別のものを表してるんですかね
935名無しさん@おーぷん :2017/12/11(月)22:33:28 ID:amV
これが詳しいかな
https://ameblo.jp/mikan-ha417/entry-11999771576.html
936名無しさん@おーぷん :2017/12/11(月)22:43:17 ID:aAo
>>911
>「観国之光(国の光を観る)」
>国を明るい方向(光)へ導く方法を編みだす大賢者
日本人が有事(緊急時)に強い民族であることを暗に示しているかもw
それまでは、周公(自民党)に丸投げするよ! ってかw

ただ、悪い作用としては、出羽守さんを出現させやすいってことか。
賢者は出羽守さんにはならないが、誰もが賢者とは限らないから、出羽守さんは一定で生まれるというところかな。
面白い。
937名無しさん@おーぷん :2017/12/11(月)22:56:29 ID:cI9
餓鬼と修羅の国と言えば
「花の慶二」の修羅の国を思い出したぞな
938名無しさん@おーぷん :2017/12/11(月)23:32:56 ID:Lv4
>>936
昭和の大海外旅行ブームはそのための集団物見だったと。
939名無しさん@おーぷん :2017/12/11(月)23:40:46 ID:aAo
>>938
55年体制は国民の観光のためには必要だった、とも捉えられそうだねw
940三文易者◆MGhP/YWj7E :2017/12/12(火)01:03:14 ID:VVc
 こんばんは

>>928
 大海人皇子の功績は、壬申の乱にかこつけて、古代在日朝鮮人というべき帰化人の
大和朝廷への影響力を叩き潰したことですね。
 大海人皇子は白村江の戦による被害は、大和朝廷が帰化人の影響力で半島の戦に
引っ張りこまれたことであると分析していたようですので、何としても帰化人の影響力を
削ぐべきという考えでした。
(日本側の軍事情報を帰化人が中華帝国へ売っているという嫌疑もあったらしい)

 要するに、大海人皇子は
「半島の統一戦争に日本人の血と汗が流されることは真っ平御免である。」
(どうせ感謝もしないどころか、悪役扱いするわけだし)
という価値観を持っていると考えてい良いでしょう。


 ところで、現代の自民党政府も半島の統一戦争に日本人の血と汗が流されるのは
真っ平御免である、と考えております
(米・中・露も同様の考え)
(半島勢力は日本を利用する(=用日)ことを考えている)

 大海人皇子の時代と似ていますね。
 現代日本には、大海人皇子の手法を使って、在日半島勢力の国政への影響力を
削ぐというシナリオが描かれているかも?しれませんね。
 そして、現在、そのシナリオ通り事が進められているかも?

 「成功した歴史もまた繰り返される傾向がある」

 興味があるならば、そのうちネタとして投下しますよ。


 それでは消えます。
941名無しさん@おーぷん :2017/12/12(火)01:34:41 ID:nQE
連中が自称する
「兄」の国・韓国 と対にさせられる
「弟」の国・日本

天智天皇と天武天皇、1400年続く「日本」を作ったのは、さてどっち?
942名無しさん@おーぷん :2017/12/12(火)05:02:47 ID:0LL
>>940

>古代在日朝鮮人というべき帰化人・・・・。
実は今はなくなってしまったとあるサイトでも
大和朝廷の時代から大和日本人と帰化半島人とのあいだに争いが有ったと。
帰化半島人は勇猛では有るが思考が短慮だったらしいですし・・・。

大和朝廷の時代からもう半島人とは相性が悪いとはっきりと論理的に証拠を示しながら
口に出来る時代を望みます。我々の世代には無理でしょうが子々孫々の頃には。
943名無しさん@おーぷん :2017/12/12(火)06:22:11 ID:Lpb
大友皇子はかの国あの法則で負けたのかしら。
944名無しさん@おーぷん :2017/12/12(火)07:43:23 ID:vyR
易者さまおはようございます
お疲れ様です

自分よりも強そうな相手を見つけると相手に同調してよく似た形をとるかの国も、ある種の鏡のような存在なんじゃと考える時があります
しかも感情に蓋をするという習慣があまりない性質から、かの国に惹かれる人は鏡に映った自分を愛でている状態なのではと思うことがあります
魅力的に見える時は本当に魅力的に見えるのではないかと
(これ、ある意味我が国にとっては天敵のように働いてしまう性質のような)
あの国の法則と言いますが、鏡に映った自分に見惚れている状態では運が回ってこないのも仕方のないことなのではと思います
(慰安婦問題がこの膠着状態を解く一つのトリガーとして働くのでは、という気がしますが)
945名無しさん@おーぷん :2017/12/12(火)08:43:22 ID:SFW
かつて、慰安婦マターを成立させる為に
日本人将兵の異常性欲の設定に合わせて
日本人子女にもそれに見合った異常性欲を設定し流布したのが
所謂waiwai問題、変態毎日新聞事案で、このコミットメントで最も有名なのは
トム・クランシーの「バベル」における日系女性の異常描写なんだけど
こいつに毎日新聞のマーク・シュライバーなる人物が関与しているそうだぬ
946名無しさん@おーぷん :2017/12/12(火)09:46:15 ID:Bul
>945
映画にもなった「極大射程」のスティーブン・ハンターの怪作「四十七人目の男」も、
マーク・シュライバーが絡んでいたような気がする。
・・・有名作家に接近して日本に対するイメージを悪化・汚染する役割をやっているのか。
947名無しさん@おーぷん :2017/12/12(火)10:35:55 ID:t71
>>940
ご多忙の中お疲れ様です。
かの帝は半島権益に対する最終的な損切りを行うと共に、「大和」という概念とその範囲を再定義した人物でもありますね。
半島からの亡命者を坂東、大和の最前線近くに封じたことなど、お人柄にまつわる逸話の割に容赦のない政治手腕の持ち主だったと考えています。
……そういえば今秋に両陛下が日高にあるお宮さんに行幸啓なされましたね…。いえ、だからどうというわけでもないのですが。
948名無しさん@おーぷん :2017/12/12(火)19:18:11 ID:r71
>>947
自称、母方が長宗我部の血を引く方がwebに書いてたのですが、
紀元前の頃から半島勢力が日本列島に略奪目的で兵を何度も送り込んでいた様です。
その自称母方が長宗我部の方の先祖が見事撃退してる模様ですが。

その方は風水にも書き込みがあって香港は島全体が風水の力で守られていると。
そして大陸から日本に風水が伝わり日本人が風水を本気で学ぶ時は吉野に行くらしいです。
都が出来る前の京都盆地は悪霊の溜まり場でとても人が住める土地ではなかった様で
霊道やら何やら(今でいう陰陽師っぽい仕事の様です)をいじって都の下地を作って天皇をお迎えしたと。
半島が改造した風水を日本もまた改造して都を作ったということでしょうか?。
プリントアウトしておけばよかった。消えてしまってる。
949名無しさん@おーぷん :2017/12/12(火)19:33:18 ID:9Mr
>>948
インターネットアーカイブにも無いですか?
950名無しさん@おーぷん :2017/12/12(火)21:07:04 ID:t71
>>948
……えぇと、なんと言うべきか迷うところではありますが。
自分はオカ板の人間ではないもので、きっと大事なお話であろう大部分を分かりかねるものです。どうか我が身の無能無知を哀れと思って些少の容赦をいただけますよう、願います。
知りうる元データが無いものに尽きましては何とも言葉の返しようもないものでして。……史学や文化人類学(ただし学究に進まなかったボンクラ糞虫恩知らず)はともかく、易や風水は理解の外側の論理です。
951名無しさん@おーぷん :2017/12/12(火)21:31:52 ID:84J
>>940
日本政府が古事記の頃の歴史を参考に現代の政治シナリオを描くとは
国家のアイデンティティを持つ民族の強さの源を感じさせますね

EUの移民政策もローマ帝国を参考にしてるようで、あちらは亡国のシナリオにしかなってない
日本と何が違うのか?自分の理解度だとうまく言語化できません
952名無しさん@おーぷん :2017/12/12(火)21:39:42 ID:B21
>>950
いや、そういう大事なお話は然るべき方が然るべき時に然るべき相手に伝えるべきものだと存じます。
きっとご覧になるべき方々はご覧になって、必要なら保存されていますよ。
私の母方も長曾我部の旧臣で、今お話を伺って納得する所がございます。
ありがとうございますm(_ _)m
953名無しさん@おーぷん :2017/12/12(火)21:51:17 ID:pCC
>>951
ヨーロッパ&移民だと、
  ローマ帝国時代
  十字軍
  大航海時代

みたいに、定期的に異民族入れたり植民地政策やって、その異民族の反乱で国が滅んだり
乗っ取られたり、そんなことの繰り返しのような。
ヨーロッパ民族の根幹に、
  「誰かに働かせて自分たちは収益だけ戴きウマー、意識高い事考えるベー」

みたいな傾向が染み付いてるんじゃないかと。
954名無しさん@おーぷん :2017/12/12(火)21:59:04 ID:B21
>>951
今のヨーロッパ大陸の連中はローマの移民政策の恩恵を受けたゲルマン、ケルトの諸族の子孫なのだから、失敗、亡国の政策とは認識しない(する事を拒否?)かも。
あーブレグジットもその方向性で判るかも。
イングランド人はかなり後に(ロビンフットの時代)ユトレヒト半島から移住(とゆーか侵略)してきたアングロ人だわ。
つまり、古代ローマの政策を批判的に評価出来る???
民族の無意識レベルで。
955名無しさん@おーぷん :2017/12/12(火)22:03:44 ID:9Mr
奴隷に働かせて有閑階級が戦士を兼ねて民主政治するのはギリシャ、
ローマを大きくしたのは自作農から成る国民軍、そもそもの話が違う。

ローマをローマ帝国にしたのは属州出身の皇帝が出現できる、
ローマ市民権を持つ者の同胞意識が出来たから。
故に誰でもローマ市民というカラカラ帝の政策がローマの致命傷にも成り得た。

EUがEUに成れたのは長い歴史が上流階級の間に欧州共通の家を形成した為。
ローマモデルによる国家統合は、
宗教や商工業の発達による市民層の政治への進出による文化の違いを越えられず崩壊した。
欧州にレジーム論やどうしたら共通の問題意識が形成できるかいう問題意識が発達したのは偶然ではない。

だから欧州は成功する歴史をいま作りたいんだと思うよ。
で、それはギリシャとローマを一緒に考えちゃっているから失敗しつつある。
956名無しさん@おーぷん :2017/12/12(火)22:08:13 ID:n7M
サンフランシスコ市長死んじゃったって
957名無しさん@おーぷん :2017/12/12(火)22:31:00 ID:B21
エジプトがロシアにつくってさ。
基地や軍備の共有、原発の支援。
スエズはそれほど重要ではないのね。腹黒国は。
958名無しさん@おーぷん :2017/12/12(火)23:21:04 ID:Lpb
EUはEU官僚に貴族的精神が身についてなかったのが原因かも。

>>956
なんじゃそりゃ!?
959名無しさん@おーぷん :2017/12/12(火)23:45:54 ID:Ce5()
サンフランシスコ市長が急死 中国系、弁護士出身のエドウィン・M・リー氏
ttp://www.sankei.com/world/news/171212/wor1712120061-n1.html
960名無しさん@おーぷん :2017/12/13(水)01:34:58 ID:PU7
アイリス・チャンのときのことを思い出すなあ……
961名無しさん@おーぷん :2017/12/13(水)02:51:00 ID:Lt1
>>949
>>950
J:COM NETで開設してたホームページだったので2017年1月31日でサービスが終了して見れなくなってなってるんです。
印刷しておけばよかった・・・。

>>952
長宗我部さんの旧臣の縁者さんですか。
流石に四国を武力で統一した家だけ有って子孫に口伝で残して伝えた物は兵法に関する物が多かった様です。
伊達家に対しては文禄・慶長の役でも兵士の足袋の中に唐辛子を入れて凍傷を防いだ事を例に上げて
こういう戦が「上手い」家とは戦うなと残したり。まぁこれが彼らのソウルフードになるんですが。

半島に関して書いてらっしゃったのは
ハングルは文法が日本語に近いのは当たり前。埋もれていてそれを発掘、編集したのが併合した時に
赴任した日本人だから。それを日本語にはハングルの影響を感じるとか笑止千万w。

後、韓国を併合した直後は子供を学校に行かせる意味を理解させるのに苦労したしいです。
学校に行かせず農作業の手伝いをさせたりそれこそ現地人に攫われて売られたり。
それを日本人教師達が夜中まで探し回った記録さえ有るらしいです。嘆かわしい。

慰安婦関連では
60年代、70年代には日本全国の学校を周って強制連行ではなかったと説明してた団体が有ったらしいです。
この板の住人の皆様は年齡層も広そうなので何か知ってる方いらっしゃいませんかね?
どうも個人的にあのホームページ、嘘とは思えないんですよ。
962名無しさん@おーぷん :2017/12/13(水)06:23:09 ID:SNp
>>961

ブックマーク残ってませんかね?
URLが分かればInternet Archivesに残っているかもしれないページを探せる
963名無しさん@おーぷん :2017/12/13(水)06:23:40 ID:Cyb
韓国は合意履行の選択肢を取らなければ、他の選択肢は存在しないも同然になった。
964名無しさん@おーぷん :2017/12/13(水)08:47:38 ID:fMR
>>962
ブクマは残しておいたのでurlなら解ります。

http://www.kawachi.zaq.ne.jp/1974koji/

メインはサッカー関連ですがこれの「諸行無常」というコラムが鋭くてびっくりして読んでました。
965名無しさん@おーぷん :2017/12/13(水)08:55:34 ID:QCZ
>>961

952です。ありがとうございます。うちは大した家ではないし御維新の頃に当主が若くして亡くなっておりまして、大した話が聞けたわけではありません。
が、年寄り達が事の端々に見せる考え方や行動にその辺りの片鱗がありました。

慰安婦問題を学校で、は一切記憶がありません。
私が子供だった1960年代にはまだまだ元復員兵の先生達が現役でしたしね。あの頃は文革真っ只中で慰安婦のいの字もなかったような。
慰安婦に従軍なんて言葉がついてびっくりしたのが文革が収まってからか文革末期の1970年代半ば以降ではなかったでしょうか。その頃には元復員兵の先生達も概ね引退でね。
あー戦争体験を語る、みたいな話があったのはチラッと頭の隅にありますから、そういう活動だったのではないかな。
それならば時間軸も合います。
966名無しさん@おーぷん :2017/12/13(水)13:06:02 ID:oRV
>>965
961です。
>年寄り達が事の端々に見せる考え方や行動にその辺りの片鱗がありました。

解ります。我が家も随臣の随臣くらいの家系ですが
明治の時代を知っていた老人達のいざという時のスキの無い所作といいますか、
顔は笑顔でも、「合理的な迫力」の有る物腰は僕の世代の人間も感じました。

>慰安婦問題を学校で、は一切記憶がありません。私が子供だった1960年代にはまだまだ元復員兵の先生達が現役でしたしね。

やはり世代交代が起きて大部分が当時を知らない人間だらけになったら特亜が動きだしたのですか。狡猾だ。
いろんな学校を回って併合当時の朝鮮を語る団体の方達はもしかしたら有志の方々で活動には限界が有ったんでしょうね。残念だ。
967名無しさん@おーぷん :2017/12/13(水)13:18:44 ID:QCZ
>>966
最近はテレビでも見ませんが、勝新の人気シリーズに「兵隊やくざ」というのがあります。
リアルに慰安婦や慰安所が出てきます。
女性達は日本人ばかりでしたね。
1970年代に作られた最後のものは明らかに左で変な感じで、あれっと思ったのを覚えております。
勝プロ製作東宝配給、その頃に色々活動が始まったのだと今は思います。
ちょうど文革に勝負がついた時期です。
968名無しさん@おーぷん :2017/12/13(水)16:56:36 ID:SNp
>>964

幸いな事に保存されてました

https://web.archive.org/web/20160818111639/http://www.kawachi.zaq.ne.jp:80/1974koji/essay00b.html

残っている最終記事はNo.1118、2016年08月03日の記事です。
但し、Javascriptをオフにしないと表示されない模様

Internet Archiveの記事は、いつまでも残っていると限らないので
閲覧出来る内にローカルに保存するか魚拓を取る事をお勧めします
969968 :2017/12/13(水)17:00:11 ID:SNp
ごめんなさい個別記事までは残ってなかったですorz
970名無しさん@おーぷん :2017/12/13(水)17:00:44 ID:OsG
退職間近の高裁の裁判官が、最後っ屁に差し止め判決。
いい加減にしろよ。
971名無しさん@おーぷん :2017/12/13(水)17:06:18 ID:bh5
折しも亜米利加が越南から撤退する前後でもあり、反戦平和反米工作と共に
旧軍に対するさらなるディスカウント工作として始まったのが
アサヒる新聞による慰安婦工作であったようですお
これは日本に対して更なる賠償と政治的譲歩を迫る為の既成事実の捏造と
元慰安婦とやらの偽証による世論の喚起との二重作戦で
変態毎日新聞の戦時中の戦意高揚の為の「百人斬り競争記事」を根拠とし、戦犯として処刑された
元士官の悲劇も念頭にあった事でしょうな
972名無しさん@おーぷん :2017/12/13(水)18:10:12 ID:GxV
>やはり世代交代が起きて大部分が当時を知らない人間だらけになったら特亜が動きだしたのですか。狡猾だ。
こういう話を聞くと気が重くなるな、つまり、今回の情報戦争を勝ったとしても半世紀以上経って、今いる世代が引退したら奴らはまたまたむし返すってことだから。
まあ、特亜の陰にいる欧米パヨクにペナルティを負わせるために、国家間での名誉毀損裁判のシステムが日米手主導で構築されていくんだろうし、「次の戦い」は
もう少し楽になってくれると信じたい。
973名無しさん@おーぷん :2017/12/13(水)18:15:11 ID:uhf
>>972
それは飛鳥時代から続く日本と特亜との戦いだから、決着がつくって発想が間違いだ。
  どちらかが滅ぶまで、いつまでも解決しない。
  ただし、無風期間は存在する
974名無しさん@おーぷん :2017/12/13(水)18:16:50 ID:QCZ
1970年。昭和45年。 意外に重要な時期だったです。
おさらい。並べて見ますね。
1970年、昭和45年。大阪万博。戦後25年。
1971年、昭和46年。ニクソンショック。米帝がついに経済的に世界の主から滑り落ちた年です。
1972年、昭和47年。沖縄返還❗️田中角栄訪中、日中国交回復。
1973年、昭和48年。オイルショック❗️トイレットペーパーパニック。今から見て 現代 が始まったのがこのころなんですね。
忘れちゃいけない第四次中東戦争もこの年なんです。

このころはまだ冷戦が終わっていなくて、日米は緩衝地帯としての韓国を必要としていた。
日韓は仲は悪かったですよ。政府レベルではともかく、市民レベルでは戦前戦後の記憶がきっちりあり、国士舘とチョン高は武闘やっていた。
韓国は右派の朴正煕政権でしょ、左派メディアの攻撃がひどかったし、事実やってることもひどかったし。金大中事件とか。
中国は当時は赤貧でね、日本の産業界は諸手を上げて援助を始めていた。なんでだか子供には分からなかったです。
戦前世代の大陸への思い入れと、左派メディアの煽り、中共の方針が見事に噛み合ったのかな。

このころへの反省が今の自民党にあるはずです。
左派メディアの撲滅、言うべき事はきちんと言う、ルールは作る側に回る。。
975名無しさん@おーぷん :2017/12/13(水)18:31:24 ID:KGn
>>972
>>973

教科書にはっきり書ければかなり状況は変わると思います。

a 紀元前の頃から支那半島人は日本列島に略奪目的で派兵してる。
b 白村江の戦いという日本人の子孫を考えたカミカゼアタックだった。
c 中華帝国に対しての独立を保つ為の闘い
d 元寇は半島人が日本列島に逃げ込みたくて元をそそのかした
e 併合を望んだのは半島の一進会
f 通州事件
g 慰安婦問題の発火元は国内の新聞

大雑把ですがこういう事を教科書になぜ書けないのか。
日本の教科書への内政干渉が当たり前になったのがストレスが溜まる時代ですわ。
976名無しさん@おーぷん :2017/12/13(水)18:34:50 ID:QCZ
そうそう、昭和の半ばと今でとても違うことがあります。
国民の意識のレベルの違いでね、当時は価値観や常識が異なる異民族、と言うものを国民レベルで認識していなかったと思います。
世界中で、中国人も朝鮮人も性善説が通用すると思ってた節があります。今は貧しいからああなんだよ、とね。
豊かになればきっと自分たちと同じように考え、行動するに違いない。そうに決まってる。
だって日本人以外の人間なんてロクに知らないんだから世界中こうに違いない、的な。
今はそうではない事を前提に考え、行動しています。当時のようにはならないと信じています。
977名無しさん@おーぷん :2017/12/13(水)18:40:37 ID:u6s
一般的な庶民がJALに乗って海外渡航するのも大変だった時代だったからね
大昔の伊勢参りや富士講みたいな一大イベント
978名無しさん@おーぷん :2017/12/13(水)22:20:04 ID:Cyb
>>974
戦前戦後の世代と日教組の教育世代とネット進出後の世代などなど、分類方法はたくさんあるが。
さまざまな勢力の影響を受けた世代が、まるでサンドイッチや地層のように上手くばらけたから、
日本全体として柔軟性を保って、工作員などのよる介入をギリギリのところで凌げたように思う。
979名無しさん@おーぷん :2017/12/13(水)22:27:57 ID:PCv
(丁度この頃、今も尚大きな影響力を持つ映像作品として「宇宙戦艦ヤマト」「機動戦士ガンダム」が放映されたんだぬ)
(亜米利加では「スター・ウォーズ」とか「スターシップ・トゥルーパーズ(宇宙の戦士)」とか「スター・トレック」の時代なんだぬ)
980名無しさん@おーぷん :2017/12/13(水)22:48:13 ID:QCZ
流行歌でもね。演歌がテレビから急速に変えるのが昭和40年代後半だったです。
演歌歌手からアイドルへの時代。
50年というのはすごく大事な長さです。コンドラチェフの波の長さでね。
1920年代、狂騒の20年代から始まったアメリカ中心の時代が終わり、多極化の時代が始まった。

今また新たな時代が来るですね。それは太平洋の時代。に違いない。
981名無しさん@おーぷん :2017/12/13(水)22:48:13 ID:QCZ
流行歌でもね。演歌がテレビから急速に変えるのが昭和40年代後半だったです。
演歌歌手からアイドルへの時代。
50年というのはすごく大事な長さです。コンドラチェフの波の長さでね。
1920年代、狂騒の20年代から始まったアメリカ中心の時代が終わり、多極化の時代が始まった。

今また新たな時代が来るですね。それは太平洋の時代。に違いない。
982名無しさん@おーぷん :2017/12/13(水)23:09:36 ID:QCZ
おや、うっかり二度タップしてしまった。
失礼致しました。
m(_ _)m
983名無しさん@おーぷん :2017/12/14(木)00:59:29 ID:NMo
>>980突破したので新スレです。
小泉純一郎は運が強すぎる ▲@open-4▲
http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/giin/1513180613/l50
易者さんが降臨されるようになって、人口もレスの数も格段に増えたなぁ。
984三文易者◆MGhP/YWj7E :2017/12/14(木)01:09:47 ID:IyQ
 こんばんは
今日時間が取れる予定ですので、明日夜にネタを投下します。
ネタは「ロシアの根」です。

>>948
 スレも終わりそうなので、オカルト的なことを言いますと
吉野は天然の魔法陣(召喚陣)であるそうなので、風水として優れているのは
当然のことです。

 ところで、我が国の国旗は火天大有を意匠化したものですが、
最高神様(日=火)と震雷(天)の二柱だけでは国家危機を乗り切る場合、不安定なことに
なりかねません。
 鼎(火風鼎)の思想からしますと、三柱(※)である必要があります。
※現皇室も今後起こる不安定な時代を乗り切るために、今上陛下がその地位を東宮殿下に譲位して、
上皇陛下・天皇陛下・皇嗣殿下の三人体制(鼎体制)に移行するわけです。

 というわけで、さらに一柱召喚したのかもしれませんね。
 ただ、(いい意味で)召喚事故が発生して、召喚予定の方よりも上位互換の
極めて強力な方(それ故に扱いが非常に難しい)が来てしまったかもしれません。
(チート民族の始まり?)

(さすがにこれ以上は書いてよいかわからないので、大丈夫なようならばネタとして
書くかもしれません)


 それでは消えます。
985名無しさん@おーぷん :2017/12/14(木)01:25:14 ID:kcD
(人が神格と霊格と人格を持っているように、国にも神格と霊格と人格があるべし、と言う事なのかな)
986名無しさん@おーぷん :2017/12/14(木)01:25:27 ID:ylm
え (°_°)
なんかすごいお話ががが
天照大神の弟神は素戔嗚尊と月読尊ですよね??
987名無しさん@おーぷん :2017/12/14(木)01:30:44 ID:kcD
(現世に於いては神格のみでは人と意思の疎通が出来ない)
(同じく霊格のみでは神格と人格との意思の疎通が出来ない)
(人格のみだと本能優先の獣と変わらない)
(三位一体の概念は大事だよね)
988名無しさん@おーぷん :2017/12/14(木)01:53:23 ID:ylm
失礼致しました。そんな訳はない。
震雷は長男なのだから皇太子殿下。皇嗣殿下の立場なら??ですね。
989名無しさん@おーぷん :2017/12/14(木)02:29:37 ID:bcI
>>987
BIOS(神格)とOS(霊格)とアプリ(人格)みたいなもんか。
これらが連携して動くことで、データ(個人格)が活きる、みたいな。
990名無しさん@おーぷん :2017/12/14(木)07:15:12 ID:FY1
最後の最後に凄い話が来ましたな……。

鼎って漢字には、魅力を感じる。
991名無しさん@おーぷん :2017/12/14(木)07:24:02 ID:aK9
(ソビエトは人工国家とも言う様に国家の神格、人格はちゃんと在ったんだけど)
(ロマノフさんちが持ってた霊格を捨てちゃったから、亜米利加や日本の精霊に勝てなかったっぽい)
(ブリテンやフィンスカには、国家の霊格、神格の顕れである妖精さんの加護もあったんじゃあないかな)
(その他の欧州各国はソビエト式、中華式の人工国家を目指して、世界同時革命の尖兵を受け入れた結果ああなったとか)
(亜米利加も随分と浸透されていて、どっかの市長さんが例の法則通りスパイの末路的な最期を迎えたぬ)
992名無しさん@おーぷん :2017/12/14(木)07:31:51 ID:aK9
(あと日本の神様には、大東亜戦争で戦没した存在が次々と加わってるっぽい)
(直接参戦した神様も居たとか聞くし、慰安婦マターが破られた副次的効果なんだろうけど)
993名無しさん@おーぷん :2017/12/14(木)07:35:19 ID:pwP
易者さまおはようございます。おつかれさまです
スレ立ての方もありがとうございます

今回のお話、もしかして以前にお話いただいたことの続きってことになるんでしょうか

それにしても今回の謎かけがまた難しいのですが、やはり物の見方というものは答えだけでも思考だけでも経験だけでも身に付かないってことなんでしょうかねえ
994名無しさん@おーぷん :2017/12/14(木)09:16:52 ID:bcI
>>992
戦艦武蔵を筆頭に、最近次々と発見される沈没艦も、そういう存在の「霊的帰国」に関係してるかもね。
995名無しさん@おーぷん :2017/12/14(木)09:19:37 ID:CvI
(安倍さんが行使しているパワーは安倍さんが使役して尚この威力で)
(これを御譲位により完全にする事で更にがっつり使いこなす算段なのかな)
(そりゃあ典範の変更も已む無しだなぁ)
996名無しさん@おーぷん :2017/12/14(木)09:31:41 ID:FY1
艦コレとか、民族意識・集合意識の現れの一つだよなぁ。
シンゴジラでの自衛隊の活躍も象徴的だ。
311を乗り越えて、戦後の悪魔払いたちが成した精神的呪縛が解呪された結果がいろいろなかたちで表現されてきているのがおもしろい。
パヨクは本能的にそれを理解しているから、この頃才能が枯れたようなパヨク業界人が反発しているのもウケる。
997名無しさん@おーぷん :2017/12/14(木)09:43:42 ID:CvI
(連合国、枢軸国双方の戦没艦すらこちらに取り込んで仕舞う懐の深さがさらに味わい深いところだぬ)
(女王様のお舟たちも例外ではなく、これは腹黒国の国益にもなっているんだぬ)
998名無しさん@おーぷん :2017/12/14(木)09:48:56 ID:57M
というか、我が国の最高神様や天の長子と肩を並べられる神格・霊格の「上位互換」って・・・

まさか、というかやっぱり、ク○○○○○○の尊・・・?
999名無しさん@おーぷん :2017/12/14(木)10:51:43 ID:NE2
>>998
書こうとしたら、
文章の流れからしても熊野の奥の奥だし。
1000名無しさん@おーぷん :2017/12/14(木)12:34:22 ID:yOh
>>996
アズレンはよく思われてないけど、中華文化圏で旧日本軍のゲームを出せる、出せてしまったということ自体、何かの象徴だよなあ。
まあ、ケロロ軍曹で下地はあったんだろうけど、提督の決断でトラブったのも今は昔か。
とはいえ、南シナ海の衝突が激化したら絶対何かが起きるんだろうけど。
1000 : Over Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。
※主は1005まで!次スレ誘導とかに使ってね


新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





小泉純一郎は運が強すぎる ▲@open-3▲
CRITEO