- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。
レス数が1000を超えています。残念ながらこれ以上レスはできません。

小泉純一郎は運が強すぎる ▲@open-3▲

1名無しさん@おーぷん:2017/10/15(日)17:52:47 ID:tgD()
前スレ
小泉純一郎は運が強すぎる ▲open-2▲
http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/giin/1502551203/
2名無しさん@おーぷん :2017/10/15(日)18:05:00 ID:tgD()
テンプレが貼り付けられないので、
詳しくは[ 運スレと小泉の法則のまとめページ ]で検索してください。
3名無しさん@おーぷん :2017/10/15(日)19:39:40 ID:ktp
いちおつ
4やんやん◆yanyan/....3 :2017/10/16(月)22:23:08 ID:0CO
いち乙
5名無しさん@おーぷん :2017/10/17(火)22:14:58 ID:hmM
前スレの
>>992
>>993
今の中共の傾国の美女は「中華思想」でごわす。
習近平は絶賛爆進中。
力ずくで押さえ込もうという魂胆だろうけど無理だろうねぇ。
6名無しさん@おーぷん :2017/10/17(火)22:27:20 ID:Doy
足元を固めようとしながらも国民の不満は増大していて
まるで易姓革命を誘引する為に暴走して居るようにも見えるな確かに
7名無しさん@おーぷん :2017/10/18(水)00:29:22 ID:JGE
一乙です。
8三文易者◆MGhP/YWj7E :2017/10/18(水)00:34:43 ID:MDW
 こんばんは
明日夜か明後日夜に「ぱよくの根」についてネタと投下します。
また、来週月曜日夜に今回の総選挙ネタのまとめでも投下する予定です。

>>5
>>6
 現在の共産中国はある意味、朱子の理想国家かもしれませんよ。

 朱子は、宋の苦境は
「易姓革命を続けていても、遂に漢民族に天に対価を支払う支払い能力が低下した」
ためであると考えていました。
 そこで、何とか中華帝国の地位を守るために、「省エネ化」して支払い額を少なくても
やり繰りする道を考案しました→朱子学の誕生

 朱子学が歪であるのもそれ故に当然のことです。それでも、漢民族が多民族の奴隷に
なるよりはマシだ、という価値観です。

 また、省エネ化されたわけですから、文化や技術の発展も止まります。
文化は唐代までの焼き増しであり、それでも足りなければ他国のパクリ。
技術は自分たちで発明する能力が低下しますが、他国のパクリで対応。
 さらに、徳治も徐々に失われてくるでしょう。
 それでも、他民族の奴隷なるよりはマシ、という価値観。

 としますと、現在のアジアに君臨する赤い中華帝国はある意味、朱子の理想ともいえる
わけです。


 なお、いろいろと批判の多い朱子ですが、易経研究に関しては中世最大の巨人です。
実は、我が国や腹黒国の乾為天によらない国家体制を考案するにあたって、重大なヒントを
朱子は示しています。
 おそらく、中華帝国も乾為天によらない国家体制は可能かどうかについて、朱子は考察した
のではないかと思います。


それでは消えます。
9名無しさん@おーぷん :2017/10/18(水)01:11:08 ID:JGE
>>8
易者さん乙です。
解説ありがとうございます。
10名無しさん@おーぷん :2017/10/18(水)05:09:43 ID:c5d
易者さんの心中は知りませんけれど、

イギリスはG7先進国では例外的に硬性憲法がなく、
法律の中に憲法的な法規がある国です。
憲法●条ではなく、ここは大憲章□条で、
あちらは○○法△条という分散型。
ここらへんが易経に倣った腹黒い秘儀と憶測。


そして、憲法は国民国家の最高法規で根幹であるものの、
あくまで国内にしか通用しない法律であり、
制定後に世界や時代が変われば改正は必要となります。

それを戦前は、明治憲法を不摩の大典と崇めておりましたし、
(GHQ制定の)憲法改正はそれ自体が公務員法違反だ!と
意味不明に吠えるぱよちんやブサヨク荒らし議員、
憲法学者等々が騒ぎ、戦前戦後を通しておかしな
「護憲意識」が目に付きます。

その点からも日本も憲法改正を成功させて、
これら悪癖の内憂を弱毒化したいところ。
11名無しさん@おーぷん :2017/10/18(水)06:35:45 ID:8BT
>>8
>実は、我が国や腹黒国の乾為天によらない国家体制を考案するにあたって
はへ~。
じゃあ、明治維新が成功した土台に、江戸時代の朱子学研究も下地になっていたのか。
そりゃそうだよなぁ。蘭学とか外国の学問だけじゃ、うまくいくわけない。
周易と朱子学がつながっていくのも驚きでした。
中国共産党の四苦八苦も、易から見るといろいろと別の面白い側面が見えて面白そう。

「ぱよくの根」や総選挙ネタ、楽しみにしてます。
12名無しさん@おーぷん :2017/10/18(水)08:00:58 ID:ugJ
>>8
>漢民族に天に対価を支払う支払い能力が低下した
色々な事の積み重ねの結果なのでしょうが、朱子学が嫌っている曹操の影響は良くも悪くも大きいのかな?(三国志好きの感想)
あと、中国歴代王朝を見て「明」と「中国共産党」が似ていると個人的に思っています。
創業の状況が似てたり、分かりやすいタブーがあったり、色々あるのですけど…

易者さんの話(ネタ)は考えさせられますね。
ネタの書き込み、ありがとうございます。
13名無しさん@おーぷん :2017/10/18(水)08:31:56 ID:5We
易者さんありがとうございます。

うわ〜朱子学ってそういう。。
朱子さん甘く見てごめんなさい。
なるほど、だから江戸幕府は朱子学を採用したってことですか?
ちょっと朱子学入門探して読んで来ます。
14名無しさん@おーぷん :2017/10/18(水)09:37:47 ID:t1Q
朱子学をそのまま受け止めたら大変で、易の知識あってこその歪みなんだね。
15名無しさん@おーぷん :2017/10/18(水)14:08:49 ID:5We
乾為天が意味する帝国を築く=その対価を払う=将来の滅亡
その意味で徳川幕府もそうではなかったのか。側に徳川家は生き延びている。
16名無しさん@おーぷん :2017/10/18(水)14:37:13 ID:DKe
>>8
表面的な歴史を見れば新法旧法の争いが北宋の衰退を招いたが、朱熹はそもそもの支払い能力が低下したから論争が起こったとみたわけか。
今の中国が朱子学≒中華思想に取り憑かれているように見えるのも、中華民族が実はそれを望んでいるから、と考えてみるのも面白い。
実際朱子学完成後、元も清も中華思想に取り込まれて民族的アイデンティティを消失してしまっているし、仮に漢民族がDNA的に消滅しても思想的には残り続ける可能性が高い。
一種の呪法。そりゃあ李卓吾が迫害されるわけだわ。
17名無しさん@おーぷん :2017/10/18(水)15:38:26 ID:Q3J
>>8
なるほど、民族的連帯意識を理論化されたイデオロギーの体系として人心の外部に抽出したわけですか。
そして既に完成済みのテンプレ一揃えを使って天への接続システムを組む故の停滞であり、省エネであると。
崖山之後無中国、明滅亡之後無夏華。それでも外部記録からのゴーストダビングを繰り返して生き続けているのですね…。
18名無しさん@おーぷん :2017/10/18(水)16:37:49 ID:6te
>>17
最終行、それってもはやゾンビじゃないかと。 国家がゾンビになっている。
19名無しさん@おーぷん :2017/10/18(水)17:00:44 ID:SR9
ぱよくの根…かくあるべきという思考そのものなのかな?
20名無しさん@おーぷん :2017/10/18(水)17:56:24 ID:5We
易姓革命繰り返しても天に対価が払えない=天に対価を払える、つまり生贄にできる一族が出てこない?
だとすれば、民族の寿命が尽きたということかな?

今の中共帝国の繁栄はあのあたりの土地のいわば残った生産力を搾り貪っている結果。
もう何も残らないのかも。
21名無しさん@おーぷん :2017/10/18(水)19:40:58 ID:g0d
>>10
自分は、だから日本には軟性憲法の方がひょっとしたら
あっているんじゃないか、と思っています。
たぶん、国民投票しない、ということになると
だまっていない人が多いと思うけど、
硬性だと、たとえ国会1/2以上+国民投票だったとしても、
のっぴきならない現実が先に来ちゃって、その後時間をかけて改正、ってことが多いと
思うんですよ。社会のしくみとしてどうなんでしょう、それって。

ああ、あまり法律を知らない人の独り言ですので、
「アホか」と思っていただいていいですよ。
22名無しさん@おーぷん :2017/10/18(水)19:56:19 ID:5We
いや、日本は昔から硬性憲法なんで。

17条はさておくとして、律令も式目も一応法体系なんですよね。
令外官やらで繋いでいよいよとなったらまるごと改定。
令外官って解釈改憲でしょう。
でも条文によっては生き延びて、太政官なんて明治まで有効だったし。
23名無しさん@おーぷん :2017/10/18(水)20:08:30 ID:t1Q
>>8
> また、省エネ化されたわけですから、文化や技術の発展も止まります。
なるほどそういうことなのか!
文化大革命による文化の破壊も、当然の帰結なのか。
共産主義はたんなる手段に過ぎなく、民族の寿命が尽きかけていることによって導かれたに過ぎないんだ。
24名無しさん@おーぷん :2017/10/18(水)20:35:32 ID:Q3J
”明亡之後無夏華”でした。すいません。頭の中で一度日本語にしてるので要らん文字が入ってました。

国家の肉体は新規形成される度にフレッシュでも、国家の人格は外部記憶装置から毎回同じ干渉を受ける場合、これを国家のゾンビと言って良いのか悪いのか悩みます。
ともあれ、陽明の良知も卓吾の童心も大陸では未来が無い道筋だったのでしょう。朱子は供物であるべき連帯意識を汲み出す井戸が枯れつつある、と認識していたのですかね?
25名無しさん@おーぷん :2017/10/18(水)21:19:16 ID:6te
>>24
自らは何も生み出せず、他者の生気を吸わないと存続できない存在って、アンデッドかゾンビと同じじゃないかと。
26名無しさん@おーぷん :2017/10/18(水)21:50:12 ID:dYH
そんな中華に肩入れする独逸は何を考えているのかしらん
実のところ独逸もズンビ国家に片足突っ込んでて仲間意識でもあるのかなーとか
27名無しさん@おーぷん :2017/10/18(水)22:05:16 ID:EPC
そんな中華に肩入れする独逸は何を考えているのかしらん
自らもズンビ国家に片足突っ込んでるから仲間意識でもあるのかな、とか
28名無しさん@おーぷん :2017/10/18(水)22:05:40 ID:EPC
二重カキコ失礼
29名無しさん@おーぷん :2017/10/18(水)23:08:11 ID:5We
ドイツ人は肝心なところでいつも間違える。

そういえば統一ドイツの歴史って浅いですよね。
神聖ローマ帝国を除いてほとんどの期間分裂していた。
あれも統一国家では無かったし、ドイツ人、てか、フランクには統一国家が向いてないのかもしれない。
30名無しさん@おーぷん :2017/10/18(水)23:51:31 ID:6te
>>29
グリム童話なんかのおとぎ話に出てくる「お城」って、結局ドイツの小領主の城だもんね。
ドイツにはメルヘン街道という城が山ほどある街道筋があって、あの城の分だけ「王様」「お姫様」が居たわけだから
ドイツが統一された歴史って近代に入ってからかもしれない。
31名無しさん@おーぷん :2017/10/19(木)00:00:43 ID:SvF
ドイツの寿命とEUの寿命はセットかしらね。
フランスはちょっと動きがわからないが。フランスってぱよくみたいなもんだし。
32名無しさん@おーぷん :2017/10/19(木)00:41:26 ID:4PC
>>11
>蘭学とか外国の学問だけじゃ、うまくいくわけない。
朱子学も外国の学問やで
一応この国用にカスタマイズしたけど
それは外国の学問を受け入れる時はどの国のものでも同じことやるし

この国は外国の文化を人ではなく文字と現物で受け入れてきたからうまくカスタマイズして取り込んで日本のままこれたけど
外国の利点を得ようとするあまり日本であることを忘れあるいは無視して外国になろうとすると大体狂っていく印象
33三文易者◆MGhP/YWj7E :2017/10/19(木)00:48:34 ID:jQl
 こんばんは、
「ぱよくの根」については、明日投下します。

>>12
 曹操が儒教を嫌ったのは、別の理由があったからと言われています。

 曹操の趣味は詩歌ですが、彼の詩歌について儒教の側から、
「(詩歌の中身を見ずに)その言葉の使い方はおかしい」
「そもそも周公の時代では、そのような言葉はこのように使うべき」
などど、
「詩歌の中身を見ずに(←ブチ切れた理由)、言葉狩り」で攻撃してきたからです。

 現代でもいるでしょう。中身を見ずに単語だけで「言葉狩り」をする連中が。

 曹操は、そのような連中は族滅すべきと考えていたようですね。

 超一流の文化人でもあった曹操は、古典を大事にすることはとても重要ではあるが、
今様文化(特に言葉文化は)はどんどん変化させていく(クラッシュ・アンド・ビルド)ことが
重要であるという考え方でした。
 そうしないと、文化の発展が止まる、と理解していたので。


 さて、このような曹操の思想は、我が国でも根付いております。
古都方面の歴史ある某社寺(※)が中心になってやっておりますね(皇室とも関わり合いがある)。

 言葉の意味が固定されてしまうことは、文化の発展を止めてしまうわけであるから、
あまり使わない言葉を意図的に「忘却させる(過去のものにする)」という活動をしています。
 単語が一部減れば、そこに造語であったり、他の言葉に別の意味を持たせたりして、
言葉文化の変化(クラッシュ・アンド・ビルド)が起きるわけです。そうすることで、我が国の
文化の発展を守るわけですね。

 これを別の言葉でいうと
「美しい日本語は素晴らしいが、美しすぎる日本語は害悪である」
という価値観です。

 近年、「美しい日本語(上記でいう「美しすぎる日本語)」に価値を持たせようと、左巻きや
文科省が何やらやらかそうとしましたが、パッとしない結果に終わっています。
 連中の狙いは、「美しい日本語(美しすぎる日本語)」の利権化。

 これは、本来ならば美しい日本語を守れというべき上記(※)の人たちが、日本語のクラッシュ
・アンド・ビルドに肯定的であるからです

つづく
34三文易者◆MGhP/YWj7E :2017/10/19(木)00:51:37 ID:jQl
 さて、現代日本において言葉文化の変化(クラッシュ・アンド・ビルド)の鉄火場は、
ネット上であったりしますね。それゆえ、曹操に言わせると、ここネット上が文化発展の
中心地ということになります。

 マスメディアはあの流行語大賞の惨状を見ましても、すでに終わっているといっても
よいでしょうね。


>>15
 徳川家が生き残れたのは、大老保科正之の力が大きいですね。
徳川家を乾為天→火天大有に変化させたわけですし。

 明治政府は日の丸を掲げる新国家をつくるにあたって、彼の思想をそのまま受け継いだ部分
があります
 ヒントとしては、なぜ宮城の大手門付近に朝廷に弓を引いた「大怨霊様」を大切に祀って
いるのでしょうねえ。

 興味があるならば、解説しますけれども(時間があれば)


 お目汚しいたしました。
 それでは消えます。
35名無しさん@おーぷん :2017/10/19(木)02:07:39 ID:1wS
易者さんありがとうございます。
保科正之は日本史の教科書では色々良い政治をした偉い殿様のイメージです。
江戸城の天守閣を作らなかったのは象徴的ですね。

楠公さんですか。南朝方武将の子孫として、お時間があれば、伺いたいです。
年寄りの話を聞いていると、当たり前のように感情レベルで反権力なんですね。
織田豊臣徳川方に滅ぼされた300年前の遺恨を引きずって。
江戸初期には今では想像出来ないレベルで激しかったのだろうと思います。
36名無しさん@おーぷん :2017/10/19(木)03:01:04 ID:dLW
>>35
楠公ではないですよ。
神田明神の神様のお方です。
37名無しさん@おーぷん :2017/10/19(木)06:09:34 ID:SvF
「美しい日本語は素晴らしいが、美しすぎる日本語は害悪である」

 これを読んで、あの界隈の本に対するモヤモヤしていたものがすっきりしました。
 ありがとうございます。

「ぱよくの根」、楽しみにしております。
38名無しさん@おーぷん :2017/10/19(木)06:30:57 ID:wf3
曹操を例にした言葉文化の変化の解説、ありがとうございます。(ここまで返答を頂けるとは思っていませんでした)
今年の易者さんは、体調を崩す事が多い様なので、お体に気をつけて下さいませ。
39名無しさん@おーぷん :2017/10/19(木)06:55:10 ID:FPu
>>35
楠公については「ばんでっと」なる漫画で「センゴク」同様に
再検証、再評価を試みる方がいますお
手前勝手な感想を述べますれば、反権力と言うよりは
「日の本を一つに纏める難事業に参画した一勢力」に過ぎず
良くも悪くも改革志向であり、否定的に言うのは
(不公正な)現状維持を望み(不正な)既得権益を手離したくない層だと感じましたお
40名無しさん@おーぷん :2017/10/19(木)07:14:01 ID:QxJ
>>35
>>39
楠公さんって宮城に祀られてたっけ?
41名無しさん@おーぷん :2017/10/19(木)08:13:45 ID:1wS
楠公さんは大手門近くに銅像があります。和気清麻呂も。
明治になって作られたもの。
将門様は大手町に首塚があり、祀られてます。
42名無しさん@おーぷん :2017/10/19(木)08:34:06 ID:QxJ
>>41
宮城の話じゃないの?

>ヒントとしては、なぜ宮城の大手門付>近に朝廷に弓を引いた「大怨霊様」を>大切に祀って
>いるのでしょうねえ。
43名無しさん@おーぷん :2017/10/19(木)09:06:29 ID:FPu
将門公にしろ道真公にしろせごどんにしろ、豊臣家に新撰組、会津藩など
死後祀られたり英雄視されたりすると言う事実は大きいのね
他所なら、国を恨んで呪詛を撒き散らしそうな霊格を国家守護の英霊にしちゃうんだから
「天への支払い」と言う概念で言えば、大日本帝国と日本国は、その対価を今でも積み立て続けて居る
そんなシステムになっているように思えるんだぬ
44名無しさん@おーぷん :2017/10/19(木)10:09:59 ID:yfh
将棋のコマみたいな扱いなのかと思ってた
45名無しさん@おーぷん :2017/10/19(木)10:10:21 ID:1wS
>>40
>>42
みやぎ、ではなくきゅうじょうかと。
きゅうじょう は、明治政府の言葉です。

戊辰戦争でも西郷隆盛は上野に銅像がありますが、土方歳三は五稜郭と故郷の日野の高幡不動に銅像がありますよね。
靖国や護国神社は錦旗の下の死者を弔うが、族軍方の死者も有志の手によって埋葬供養され、慰霊碑もあったりしますね。
46名無しさん@おーぷん :2017/10/19(木)10:18:05 ID:cN2
>>43
そもそも日本の場合天(乾為天)ではなくその長子たる震為雷の助力を得るスタイルで、
こっちは好き嫌いで動く気紛れさの代わりに対価が不要という話だったはず。

けど、そも対価って何なのだろう(個人的には”龍”クラスの最上級人材の大量消費かと疑っているが)
47名無しさん@おーぷん :2017/10/19(木)10:19:34 ID:1wS
>>43
そういえばですが、北海道の日高にはシャクシャイン様の銅像もあります。
アメリカはコロンブスの像はあるが、ジェロニモ様の銅像はないはず。
カスター将軍の像の横にスーの戦士像を建てるのはアメリカの延命にやくに立たないかなぁ。
48名無しさん@おーぷん :2017/10/19(木)10:37:54 ID:FPu
天への支払いが人材を生け贄に捧げる行為だとすれば
支那では不正摘発キャンペーンで絶賛進行中だぬん
49名無しさん@おーぷん :2017/10/19(木)14:56:22 ID:uH2
投下お疲れ様です。いつも興味深く拝読させて頂いております。

保科正之公については、江戸期の神道における超重要人物の一人であり、同じく朱子学への傾倒も大なるものがあった人物、という印象が強いです。
江戸期における国学や儒家神道の形成は、朱熹が可能性を考察した”乾為天によらない国家体制”へと徳川家を変化させ得た要因として挙げうるものでしょうか?
50名無しさん@おーぷん :2017/10/19(木)18:01:28 ID:1wS
だいぶ以前の易者さんのカキコで、一族の未来を対価に差し出して助力を得るとあったと思います。

反乱を起こす→革命→帝国の滅亡→旧勢力の大量粛清→功臣や協力者の粛清→一族の栄耀栄華独占→腐敗→反乱→
のループ。
帝国の成立過程で内乱や粛清をやるので、結果として人材の大量摩滅が起こると。
中共はかの文化大革命、近くは天安門事件、成立過程での中間知識階級の虐殺と、億の桁の大量殺人やってますが、今回が以前と違うのは、大量の海外移民を出していることでしょう。
51名無しさん@おーぷん :2017/10/19(木)18:14:34 ID:SvF
>>50
中国の支配層にとっては、ドイツなどの難民政策などは都合が良いわけだ。
日本でもその動きがあったけど、朝鮮人は陽動のたたき台で、狙いは革命時の支配層脱出だったのかもな。
だからこそトランプは憎いわけで、頼みのカナダもこのごろ渋るようになってきた。
そんなところかな。
52三文易者◆MGhP/YWj7E :2017/10/20(金)01:05:18 ID:dsN
 こんばんは
体調が今一つなので、「ぱよくの根」のネタの投下は今しばらくお待ちください。
来週以降になる予定です。

>>46
 対価は「儒」のことですので、儒教の深淵部分の概念です。
そのうち解説します。


>>49
 保科正之の理解は次のようなものです。

火天大有を採用しても、国家というものは自然と乾為天をになってしまうものである。
そのため、常に5爻部分(国家の中心地)に穴を穿ち続けることが必要である。
 江戸城を含めた江戸の町自体がそのような形になるように改造するようになっていきます(※)。
(振袖火事で、江戸城も含め焼けてしまったことが、改造を可能としました)

※なお、我が国以外の首都、もしくは首都がおかれた都市は、大抵、乾為天になっている
そうです(ロンドンを除く)。
 戦前に、旧軍が各都市の弱点を調べるために、いろいろ調べてみた結果からですけど。


 また、現実面でなく、虚の部分(オカルト方面)でもこのような対策をとられています
大怨霊様にはこの穴を穿つ仕事を担当していただいているわけです。


 お目汚しいたしました
 それでは消えます。
53名無しさん@おーぷん :2017/10/20(金)01:58:16 ID:8U4
荒俣宏先生だったと思うけど、首塚は風穴って説明してた記憶があるなあ。
何の本だったかタイトル覚えてないなあ。
54名無しさん@おーぷん :2017/10/20(金)02:01:40 ID:JD0
解説ありがとうございます
お体ご自愛ください



ロンドンが例外と聞いてあの国の幽霊物件好き(ロンドン塔その他の幽霊だらけで幽霊がいなくなると家賃が下がるほど)が浮かび
火災からの復興で首都改造と聞いて関東大震災からの復興時に霊的大改造を施したとする話を連想してしまうオカルト脳

ああでもレールから外れた結果の関東大震災とのお話からすると
もし震災後復興改造をやってたとしてもそれがこの国にとっていいものとは限らないのか
55名無しさん@おーぷん :2017/10/20(金)03:19:34 ID:ivU
ありがとうございます。
いつも夜半を過ぎての投下ですね。
お身体お大事に。

易の事はわかりません。ただ、なんとなくですが。
首都は飾りたてようと良いものばかり集めようとする。
どこの国でも。
そこに驕りが生じるという理解でいいでしょうか。
繁栄する首都と相反し寂れていく地方。
( 繁栄する一族と搾取される大勢の者たち)
限度を超えるとガラガラポン。
56名無しさん@おーぷん :2017/10/20(金)06:02:40 ID:SBe
>>52
軍部さん、そんなことまでしてたのですか。

都市計画作りの大変さが分かってきます。
単なるオサレだけでは、自己満足で国家の寿命にまで影響しちゃうんですね。
57名無しさん@おーぷん :2017/10/20(金)06:19:53 ID:XGk
しかし選挙に直撃するこの台風はどういう意味が有るのか。
易者さんの今年の卦の話の
「今後100年間を占う決断」、「旧民主達に失政の責任を取らせる」
が順調なのでしょうか?心配だ。
立憲民主の勢いが良くて軒並み旧民主の中核の戦犯達も当選しそうで泣けてきます。
「失政の責任をとらせる」の中にしっかり国民の手で落選させる事も入っていると思う。
特に震災直後に復興増税を国民に押し付けた安住淳が当選確実の情報が。
宮城県民、リベラルすぎるにも程が有る。
安住淳、こいつだけは許せない。
58名無しさん@おーぷん :2017/10/20(金)09:52:57 ID:Rtp
>>56
「帝都物語」の加藤君を思い出したよ
わりとガチなネタだったんだな
59名無しさん@おーぷん :2017/10/20(金)14:10:39 ID:fbN()
>>57
https://twitter.com/Polaris_sky/status/921128920488931329

選挙戦前半にマスコミと一緒にカマして期日前投票の終わる終盤で修正。
投票日に台風で当日投票率減。
野党の好機ウハウハですわ。09年を繰り返すほどに、あの人等の票読み能力は落ちたままっていうね
60名無しさん@おーぷん :2017/10/20(金)14:12:21 ID:fbN()
口からカルボナーラ大盛りするから外れて与党勝利であってほしいわ
61名無しさん@おーぷん :2017/10/20(金)16:21:14 ID:AbH
>>52
返答ありがとう御座います。ご多忙とは存じますが、どうかご自愛なされますように。

明暦の大火で江戸城天守閣が焼失した後、老中保科正之公が「天守はこれを再建しない(永遠に延期する」と決定したのは、
単なる財政問題ではなく「首都の中心部を空洞にするための意図的な処置」であった、との理解でよろしいでしょうか。
そして、城という権威材に空白を作るその意図は代々の幕閣、将軍に申し送られ、明治政府に引き継がれて現代にまで至る、と。

…そういえば。イギリスに赴任した大使は、名目上”セント・ジェームズ宮殿への派遣”とされるそうですが、
当然ながら信任状はバッキンガム宮殿で受けるのですよね。大英は分散型?なのでしょうか。
62名無しさん@おーぷん :2017/10/20(金)16:29:03 ID:Rtp
逆に、大阪城は最古の鉄筋コンクリート建造物としてキッチリ再建されていますねい
63名無しさん@おーぷん :2017/10/20(金)21:05:57 ID:zRo
江戸幕府の寿命が異様に長いのも、保科さんの都市計画の影響があるのかな。

てか、林羅山の自邸と書庫の焼失も象徴的だな。
64名無しさん@おーぷん :2017/10/20(金)21:58:22 ID:5Rt
>>59
twitterで #みらい選挙プロジェクト と検索してもらえたら詳細なデータも出てきます。
マズいっすわ。菅政権の時の閣僚達が立憲で軒並み当選しそう。
易者さんの卦を見たら当選後に内紛の可能性が有るのでしょうが、
もうあいつらの顔を見たくない。しんどい。
宮崎県の口蹄疫をヘラヘラ笑ってた赤松が当選しそうとか悪夢以外の何物でもない。信じられん。
65三文易者◆MGhP/YWj7E :2017/10/21(土)00:52:42 ID:uD3
 こんばんは

>>61
 我が国についてはそのような理解でよいかと
英国につきましては、以前書いた通り、口をつぐむことにします。

 なお、明治政府に引き継がれる際、つまり江戸城に帝が入るときに、ある仕掛けを
チート政治家たちがつくっております。
 また、虚の方面(オカルト)の仕掛けは、かなり大掛かりなものになりました。完成したのは
平成に入ってからですので、

 この辺りは機会がありましたら。


 それでは消えます
66名無しさん@おーぷん :2017/10/21(土)01:37:19 ID:vSB
易者さんありがとうございます。
100年がかりの大仕掛けですか。すごいなぁ‼️
大江戸線?スカイツリー?なんだろう。

ところで儒という文字の意味を再確認するために辞書を引きなおしました。
なんで儒教というのか、そう言えば不思議に思ったのを思い出したのです。
儒はニンベンに需、つくりは雨雲から雨粒が落ちる、その下でヒゲの生えたシャーマンが雨乞いをしているところ。
だから水天需は待つ、だと。
で、儒の人偏は雨乞いを命じた君主、帝?
帝に徳が無いと雨乞いしても雨が降らないのですね。。を
67名無しさん@おーぷん :2017/10/21(土)02:17:58 ID:4xt
>>65
乙です。御解説ありがとうございます!
68名無しさん@おーぷん :2017/10/21(土)08:02:52 ID:vMw
易者さん乙です。

>>66
治水事業こそ、国家の基本ですからね。
コンクリートから人へ、という時点ですでに国家観がおかしいのですよね。
69名無しさん@おーぷん :2017/10/21(土)08:58:15 ID:pvm
さらに言えば、儒=葬儀屋でもある。
論語の中には孔子が葬儀のプロである前提を踏まえるかどうかで、解釈が大幅に変わるものが結構あったりする。
70名無しさん@おーぷん :2017/10/21(土)10:08:15 ID:Lfm
祖先崇拝と易姓革命って相反しそう。
天への対価で一族を潰し回っていくなら、犠牲となる一族を限定して、上に政策あれば下に対策ありで一族を繋いだ方が良いのかな。
それなら、今の中国人の性質へ帰結してもおかしくないな。
71名無しさん@おーぷん :2017/10/21(土)20:44:56 ID:MlY
好きな作家が反安倍で共産が保守だ、自民に投票
するぐらいなら棄権しろとつぶやいてて悲しい
反安倍を貫くなら他を捻じ曲げて良いというのか
幼稚極まりない、これがパヨク?
知識人と言われる人間の知性を疑う昨今
72名無しさん@おーぷん :2017/10/21(土)21:57:57 ID:vSB
>>71
感情レベルで反権力や「弱者」がカッコいい、または、正しい、と信じている方って居ます。
理屈では無いので厄介です。又の名を判官贔屓。
73名無しさん@おーぷん :2017/10/21(土)23:05:23 ID:vMw
鼎の灰汁取りをしなければ。
74名無しさん@おーぷん :2017/10/21(土)23:28:53 ID:P2o
>>71
どんなに地頭がよくても、インプットされる情報がゴミならゴミな発言しかできないからしょうがない。
極論を言えば、誰を最初に信用したか、誰を最後まで信用するかという選択を間違っただけ。
まさか世間で変わらず信用され続けてきたメディアが堂々と嘘八百をつくと、ヒントなしで疑える人は少ないし、
ヒントがあっても「昔から」あって「日本全国」の「老若男女」を映し出してるTVや新聞の方が間違ってて、
「ぽっと出の」「誰でも無責任に発言できる」ネットの方が信用できるとは思えない人がいてもおかしくはない。
それだけ、マスゴミの罪は重いということなんだけど。
もう、マスコミが犯した罪に釣り合う罰が全然思いつかない。一体、落とし所はどこになるんだろうか。
もはや、企業が数社潰れる程度で支払えるものではないぞ。
75名無しさん@おーぷん :2017/10/21(土)23:31:43 ID:vSB
とりあえず、立憲に行った左派の大物は当選するとして。
今年度、というか立春までには事が起こるだろう。
その時彼らはどう動く?
日の本を裏切れば政治的に死ぬ。スポンサーを裏切れば?
これは纏めて責任取らされる状況かな?
76名無しさん@おーぷん :2017/10/21(土)23:58:16 ID:dHK
俺は初期から立憲が伸びる予感を感じてて周りに注意喚起をしてきたんだけど
無力を痛感してる。まさか比例でこんなに伸びるなんて。比例で40取る勢い。
管直人が衆院副議長に就任なんて噂も飛んできた。泣けてくる。
これ、今後日本の100年の未来を決定する選択肢ていう奴を
77名無しさん@おーぷん :2017/10/21(土)23:58:39 ID:dHK
間違えたのか?と不安になる。
78名無しさん@おーぷん :2017/10/22(日)00:02:32 ID:gK3
>>75
日本経済も鼎の料理の一つだろうね。
その料理を台無しにしたら、大変な責任を取らされるだろうね。
79名無しさん@おーぷん :2017/10/22(日)00:27:16 ID:X0u
>>78

今日卦を立てたら鼎の上爻でしたよ。
台無しにならないことを祈ります。
80三文易者◆MGhP/YWj7E :2017/10/22(日)00:28:36 ID:Ftt
 こんばんは

>>66
 水天需については、有名な逸話があります。
日中関係にもあてはまるネタなので、機会があれば

 雨ごいは水天需よりも
天地否→風水渙
の変化で語られることが多いです


>>70
 祖先崇拝と易姓革命は相反するものではなく、表裏の関係です。
そのうち解説します。


>>76
 別に選挙だけで方向性が決まるわけではありませんよ。

 いろいろ面白いことになるかもしれませんよ。
ええ本当に。お姉ちゃんが暗黒微笑を浮かべるレベルで
 選挙が終わったら、この辺のネタも投下してみようかと思います。


>>78
 早期解散の一番の理由かも。
このネタは月曜日夜の予定です。


 それでは消えます。
81名無しさん@おーぷん :2017/10/22(日)00:59:15 ID:eTI
お仕事お疲れ様です。
良い結果が出る事を祈っております。

>>71
出版業界は大東亜戦争遂行のために作った
再販制度に護られている既得権益産業です。

日本は世界第二位(3?)の経済大国ですが、
今でも新しい出版社の参入が不可能なんです。

出版事業を起こしたければ、どこかの書店を
買収して役員待遇で迎えないと、書籍流通コードを
手に入れられないというソ連邦並みにイカれた業界。

独裁がまかり通る出版貴族サロンの話題は、
エリート以外は人間家畜な共産主義の賛美と、
講談社のような過剰な大アジア主義。

作家の実態は出版貴族の道化師ですから、
極右を売り物にしている執筆者も、
アカい出版社のゴマ摺りは欠かせません。
82名無しさん@おーぷん :2017/10/22(日)05:02:56 ID:yJD
>>71
作家はマスコミの代弁者
83名無しさん@おーぷん :2017/10/22(日)05:20:13 ID:Kge
>>80


>別に選挙だけで方向性が決まるわけではありませんよ。

>いろいろ面白いことになるかもしれませんよ。
>ええ本当に。お姉ちゃんが暗黒微笑を浮かべるレベルで
>選挙が終わったら、この辺のネタも投下してみようかと思います。

コメントありがとうございます。
2009年衆議院選挙の政権交代で日本国民は赤点との書き込みを思い出して、
今後100年を左右する決断が選挙と大きく関わってると思いこんでいました。
今回の立憲旋風で憂鬱でしたので安心しました。
84名無しさん@おーぷん :2017/10/22(日)06:45:29 ID:X0u
>>80

ありがとうございます。水天需と天地否、調べ直します。
鼎の中身の無事を切に願います。
85名無しさん@おーぷん :2017/10/22(日)07:27:34 ID:kGS
(今まで議席から突き落としてきた手口でアカい議員が次々と蹴落とされるショーが見られるのかな)
86名無しさん@おーぷん :2017/10/22(日)07:44:37 ID:ttK
しかし、希望の党に移籍して落選したら苦労しそうだね、次に繋がる負け方はできなさそうに見える
同じ落選なら、まだもとの所属党から出て落ちたほうが格好はつくと思うわ

まあ落ちたくないから希望に移ったんだろうけども
87名無しさん@おーぷん :2017/10/22(日)09:06:07 ID:kGS
希望から絶望への暗転と
立憲を嘯く輩の立件と
アカいお友達の怨嗟の叫びが
もうすぐ見物出来るのねん

口を揃えて曰く「民主主義は死んだ」とw
88名無しさん@おーぷん :2017/10/22(日)09:43:34 ID:uLd
>>87
あまり楽観もできんだろ。
今回は勝つのが当然、であって。

どれぐらい勝って戦時内閣がちゃんと作れて、国難に
対処できるか?なんだから。
89名無しさん@おーぷん :2017/10/22(日)12:24:42 ID:QWP
>>87
今回は自公の与党両方合わせてやっと過半数くらいの大苦戦と覚悟してる
私はそれくらいの余裕を持った方が良いのか悩むとこ・・・。
今回の選挙を楽勝とはとても思えない。
90名無しさん@おーぷん :2017/10/22(日)13:48:16 ID:gK3
楽観はしてないが、悲観もしてない。

台風については、マスコミの起こす風(空中戦)を物理的に奪っていることとして都合の良い解釈をするようにしている。
91名無しさん@おーぷん :2017/10/22(日)14:04:54 ID:SgW
戦時内閣としての安定を目指すならとりあえず与党で絶対安定多数が目安で、出来れば自民だけで取れれば、ってとこかねぇ
92名無しさん@おーぷん :2017/10/22(日)14:52:52 ID:fVj
電話の調査では立憲民主党に入れておいたわw
93名無しさん@おーぷん :2017/10/22(日)16:02:14 ID:mBo
緑のおばちゃんは公務らしいが大型台風が首都直撃?!てなときに海外とわ
夜の会見が楽しみです
94名無しさん@おーぷん :2017/10/22(日)17:16:28 ID:aX0
>>90
>楽観はしてないが、悲観もしてない。

それ大事だよな
何がどうなろうと日本は続くし、自分たちは生きていく
腹くくるしかない

投票率云々については、与野党支持者ともに相手が有利になる!って騒いでるな
自分は固定票があるとこが強くなるから、公明共産ぐらいしか影響ないんじゃないかと思うが
95名無しさん@おーぷん :2017/10/22(日)21:23:54 ID:Q5i
今回の選挙結果を見る限り、易者さんの言っていた通りなのかなと。
野党は選挙後に色々ありそう。維新が政権に入る可能性もと言い始めたし。
96名無しさん@おーぷん :2017/10/22(日)21:35:48 ID:QtA
自民党がこの選挙の采配で、次に繋がる一手をいかに仕込めたかも大事だな。
個別で、負けるなら負けるで相手を疲弊させるように負けなければならない。
勝ちの調整はもっと難しい。
97名無しさん@おーぷん :2017/10/22(日)21:41:24 ID:KaT
辻元清美、安住淳、海江田万里、原口一博、赤松広隆当選。
泣けてくる程悔しい。こいつらが当選とか・・・。
前スレの易者さんの選挙、選挙後も何気に鍵を握る維新に注目ですか。
はぁ。とりあえず足立さん、穂高さんは通るだろうけど。
維新は希望に引っ張られたとするべきか。
98名無しさん@おーぷん :2017/10/22(日)21:48:00 ID:7kV
維新と公明の立ち位置がね
連立与党としては維新にその能力があれば良いんだけど
99名無しさん@おーぷん :2017/10/22(日)21:59:58 ID:gK3
与党勝利は「漁夫の利」 中国、改憲の動き警戒 2017.10.22 21:05更新
改憲現実味に警戒感 韓国「北風効果」指摘も 2017.10.22 21:06更新
北朝鮮、圧力強化を警戒 「核能力阻止は愚か」 2017.10.22 21:15更新

ここらへんは想定通りで、内容はたいしたことない。
注目は第三国の動きだな。
100名無しさん@おーぷん :2017/10/22(日)22:00:54 ID:Xuw
5、共産
 似たような主張の連中に票を取られて、予想以上の苦戦となりそうです。

が、恐ろしく当たっている‥
1000 : Over Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。
※スレ主は1005まで投稿できるよ。次スレ誘導とかに使ってね


新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





小泉純一郎は運が強すぎる ▲@open-3▲
CRITEO