- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

日本語は日本の中だけで起源が完結することを証明する

1大流浪の半コテ禰:2016/04/21(木)07:45:18 ID:ZXl()
魏志倭人伝を解読していたら日本語の起源に関する重大事実を発見したので検証を願います

◇仮説◇
・大和言葉の多くは互いに子音の調音点を同じくする関連語によって繋がっている
・それらをさかのぼっていくと単純な意味を持つ単純な1音節語にたどり着く
・大和言葉の頭母音はわりかしフリーダムに取れたりくっついたりする
・発生初期の日本語では名詞と動詞は接尾辞-iの付け外しにより相互に自由に行き来し、名詞の語末には潜在性の-rがあった
・多音節であるにも関わらず非常に重要となった名詞は約縮して1音節になることがある
・ほとんどの大和言葉は日本列島の住民の手によって発明された
・それどころか縄文時代の日本語がアイヌ語、朝鮮語、ツングース語、オーストロネシア語、漢語といった周囲の言語へ借用されている

↓前スレのようなもの
言語学上の大発見をしたっぽい。自信ニキいたら検証もとむ
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1461166905/

邪馬台国の場所つきとめたったけどなんか質問ある?
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1458744935/

↓思いついたことを書いとくためのブログ
http://yamado.seesaa.net/
27名無しさん@おーぷん :2016/04/27(水)04:39:25 ID:Un1()
あーすげえはこれ

今朝鮮語とつきあわせながら縄文語再構やってんだけど
動詞の形態素の構成細かく見てったらアイヌ語やニヴヒ語みたいに人称接辞が付くタイプの言語になってら

本気で大発見したかも
28なにゃら :2016/04/27(水)04:42:18 ID:Un1()
日本語でなくなったLとRの区別どこに行ったと思う?

どうやら上代特殊仮名遣いの甲乙の区別がその名残らしい

気づいた自分自身でも信じられない
29なんとか :2016/05/02(月)12:51:56 ID:ZIk()
鋭意研究中

「漏る」と「盛る」は書いている字が違うだけで
もともとどっちも4段活用の同じ意味の動詞だったか・・・
30なんやら :2016/05/10(火)19:32:40 ID:Ugp()
씨앗 ssias 種
알 al 卵、玉、弾
아들 adɯl 息子
딸 ttal 娘
알몸 al-mom 裸
알다 al-da 知る
얼 əl 精神、魂
얼굴 əlgul 顔

このように音の似た類義語を集めてみてわかったことがある
朝鮮語の「알」は縄文語(日朝祖語)のku-al-i(来居り→来る者)=日本語の「子 ko」から来たものだ

日本語の「子」へは *kuali > *kwawu > *kou > ko
朝鮮語の「알」へは *kuali > *qal > *ʔal > al もしくは連濁で *-guali > *ŋal > al
このように変形していった

新羅の王、脱解尼師今と赫居世居西干が卵から生まれたという三国史記の説話があるのだが
これはまさしく「子」の意味と「卵」の意味とを取り違えたことによって生じたと考えられる

言語の成り立ちを考えるに際し、神話は実に無視できない要素だよ
31名無しさん@おーぷん :2016/05/11(水)22:25:09 ID:cha
小子部の蚕の話はどうよ?
32なんとか :2016/05/15(日)06:29:38 ID:5qZ()
「蚕」が 누에 nu-ay だから 에 ay の部分は「子」という意味があるな
もとは*ariと言っていたのが縮まったものと予想できる
누 nu はおそらく「野 no」かと考えられるがはたして
33名無しさん@おーぷん :2016/05/15(日)14:25:20 ID:eZt
うーん、あれはまさに蚕と取り違えて子を来させた話なんだけどな
3(蚕)と4(子)に間違える要素も無いだろうから、ぬい辺り?
34名無しさん@おーぷん :2016/05/15(日)16:56:41 ID:eZt
あ、普通に考えればいいのか
きぬのこ とかなら間違う?
35なんとか :2016/05/16(月)00:43:27 ID:JbJ()
「カヒコ(蚕)」は「カヒコ(飼ひ子)」やん
36名無しさん@おーぷん :2016/05/16(月)01:40:10 ID:110
飼ってないんだから違うやん

絹 鬼怒 貴奴 nue 縫う 布
37 :2016/05/16(月)01:48:08 ID:JbJ()
なにいっとんねん
カイコは飼わないと絶滅する唯一の家畜やぞ
38名無しさん@おーぷん :2016/05/16(月)01:51:18 ID:110
>>37
それは中国産の蚕
39 :2016/05/16(月)02:25:42 ID:JbJ()
無関係
40名無しさん@おーぷん :2016/05/16(月)02:41:03 ID:110
完結しなくなっちゃうだろ

そもそもクワコにもコが付くじゃないか
41 :2016/05/16(月)02:46:43 ID:JbJ()
コは虫の子という意味だよ
42名無しさん@おーぷん :2016/05/16(月)02:53:23 ID:110
虫の子は虫の子じゃないか
天蚕はヤママユ
43名無しさん@おーぷん :2016/05/16(月)02:57:56 ID:110
団子にサン兄弟の意味なんて無い
44 :2016/05/16(月)18:56:56 ID:JbJ()
アスペみてーなこというな
45名無しさん@おーぷん :2016/05/16(月)20:52:47 ID:110
常世虫なんて明らかにアゲハですが、
幼虫という認識があれば現代人のように別の言い方をしている筈だという話をしているのです
縄文人にとってはむしろタンパク源でしょう
46名無しさん@おーぷん :2016/05/16(月)22:51:15 ID:JbJ()
人間の子に限らず幼い動物はすべて「コ」である
芋虫になんとなく似ているナマコもまた「コ」、小さい粒子もまた「コ」である

汎化という精神作用がなければ人間はまともに言語を発達させられなかっただろう
47名無しさん@おーぷん :2016/05/16(月)23:23:45 ID:110
キノコタケノコ論争をする気はありませんよ
何が幼い動物ですか

虫本体としての認識が先か、只の幼虫かという話です
48名無しさん@おーぷん :2016/05/18(水)01:12:00 ID:x2r()
仔虫には生糸を吐くという有用性があるが
親虫には仔虫を残す以外の使い道などない

少し考えればわかるばい
49名無しさん@おーぷん :2016/05/18(水)05:05:45 ID:z4a
かがやけば良いと思う

しかし、だとすれば○○コではない名前があるはずだが
そもそもクワはクワコの親ではないから問題ないな
50名無しさん@おーぷん :2016/05/18(水)13:34:53 ID:x2r()
そこは空気を読んで使い分ける
別にキノコは木の子供じゃないだろ
51名無しさん@おーぷん :2016/05/18(水)21:55:21 ID:z4a
海の子どころか科学の子なんて歌もあるだろう

問題なのはその親が生み(DNA)か育て(環境)かという話ではなく
(子を集める事になったのは)言い方が悪かったのか、解釈が悪かったのか、
それとも方言差的な話で説明できるか、だろう
52名無しさん@おーぷん :2016/05/20(金)12:56:15 ID:NaL
来居りか食葉りかわからんが、蟻ならいいけど蠱だとマズイんじゃないかって話だな、スレ的に。
53名無しさん@おーぷん :2016/05/28(土)20:34:30 ID:lXM
>>24の「あぶらるる」の出典が虫めづる姫君なのは興味深いな。

ちなみに虻はブンブン飛ぶ羽音だろうし、あぶくはブクブク湧いてる。
もうひとつの「あむさむ」は、そうやって煮立った湯を「こんこんちき」にぶっかけろ
って子等(こども)に言ってる万葉集の歌だったりするなあ。
54名無しさん@おーぷん :2016/06/01(水)02:55:54 ID:NPd
あび→火
あびず→水
湯の正体が水ではなく液体金属であるなら、それを浴びれば燃えるか溶けるだろうな。
55大流浪の半コテ人 :2016/06/08(水)14:01:48 ID:TT4()
http://www.kpedia.jp/w/18448
http://language.psy.auckland.ac.nz/austronesian/language.php?id=280

面白い対応例を発見したので報告

朝鮮語で歯を指す言葉に「이빨 ippal」というのがあって
オーストロネシア祖語では歯は「*nipen」と再構されている

「이빨」の「이」単独で歯の意味があり、これが中期語では「니 ni」だったことを踏まえると
*nippalと*nipenでより近くなる

おそらくこれは5000年前の九州を中心として話されていた西部縄文語の語彙

歯は口の中に「ナル(生る) nar-」もので、また歯茎に根を「ハル(張る) par-」器官
この二つの動詞がこれらの語源とみられる

・「ナリハリ(生り張り) *nari-pari」から nari-pari > *nriper > *nipen これがオーストロネシア祖語に入る
・「ナリ」から nari > *nri > *nji > ni > i と変化をたどって朝鮮語の「이」
・「ナリ」と"張る所"という意味の「ハラ *para」(「ハリ」と同根)との間に接続の"s"を入れて *nari-s-para > *nri-s-par > *nippal > ippal となって「이빨」
・"張る所"という意味の「ハラ *para」が*para > *paa > pa > ɸa > ha これが日本語の「ハ(歯)」
・上古漢語の「牙 (/*m-ɢˤ<r>a/または/*ŋraː/)」はシナチベット祖語*d-ŋaに遡るがこれを*na-ka-nar ナ(名、大地)-カ(彼、個、モノ)-ナル(生る)と解釈すれば不可解な接中辞<r>の起源も説明できる
・アイヌ語の「ニマク nimak(歯)」も*nari-mu-ka 生り-身-処と解釈できなくもない

日朝に刃物や歯の名をもたらしたヒラヒラペラペラ系語彙はかなりの広がりがある様だ
上古漢語のより正確な復元がされている今、アルタイ語族仮説は見直して日中朝の原始的共通語彙を探るべきだろう
56名無しさん@おーぷん :2016/06/08(水)21:52:02 ID:RZQ
ナラやハラはサンスクリットに思えるけど、印欧祖語だとどうなってるんだ?
57なんとか :2016/06/09(木)06:49:56 ID:2GI()
ナラなんて印欧語ないと思う

ハラに似てそうな英単語を見てみると
plainは印欧祖語の*pleh₂-に
plateはギリシャ語のπλατύςを経て印欧祖語の*pelh₂-に
bladeは古英語で葉を意味するblædに遡り更に印欧祖語の*bʰlh̥₃otoに
flatは印欧祖語の*plat-に
それぞれ行き着くとある

http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:Yf7BAgASkCsJ:www.utexas.edu/cola/centers/lrc/ielex/PokornyMaster-X.html+&cd=5&hl=ja&ct=clnk&gl=jp
plā-k- : plə-k-, ple-k- : plō̆-k-, plei-k-, and pelə-g- : plā-g- : plə-g- flat, wide, broad; spread out
とにかくこれ位しか似た形で同じ意味のものは見つからなかった

関係があるとしても借用語か、ブーバ/キキ効果の為せる業なのか
58名無しさん@おーぷん :2016/06/09(木)20:01:13 ID:sez
PIE *per- 完璧 和氏の璧 螢石?
Sauriratna サファイヤ 紺碧
&#347;anipriya サターンの石
sphat.ik&#257; 玻璃 玻&#29896; 水晶
vaid.&#365;rya 瑠璃 青金石
verulia 璧流璃 毘瑠璃 吠瑠璃
ビードロ ガラス
(肌の)ハリ
縄張り
アヴェスター語pairi(囲む)pairida&#275;za-
ラテン語palatium パレス
59名無しさん@おーぷん :2016/06/10(金)19:48:24 ID:6zx
マヌ法典のmanuはmanでいいのかな?
naraも人間みたいだけど、神話の書き方だとまるでスフィンクスのなぞなぞのようだ。
ちなみにNarasimhaは人獅子だけど王の被り物なのか訓練された賢いライオンなのかどっちだろ?
ナーラーヤナ(那羅延天)のナーラーが水でアヤナが棲家だと言うのだが、ナラヤンは太陽神のようだし、
ラーマーヤナの意味はラーマ王行状記らしい。

結局の所先祖は水上生活していてその子孫は賭けに負けて森に入って行ったという感じなのだろうか?
60名無しさん@おーぷん :2016/06/11(土)02:19:52 ID:V2r
そういえばシンハラ語のシンハラもサンスクリットなんだな
ヘラ族のヘラが自称みたいだけど、これがシンハラのハラなのかな?
しかしシンガポールのシンガといい獅子って人気あるよな
ヴァナラ族の話は興味深い、それにしてもスリランカってインドから離れてるようにみえて
歩いて渡れるとか全然知らなんだわ
61名無しさん@おーぷん :2016/06/11(土)04:27:48 ID:XUf()
印欧見るならシュメールやタミルとかとも比べてみたほうがよくない?
62名無しさん@おーぷん :2016/06/11(土)15:55:07 ID:V2r
ttp://www.chikyukotobamura.org/muse/img/sumerian24.jpg
ttp://www.chikyukotobamura.org/muse/img/sumerian40.jpg
ttp://www.chikyukotobamura.org/muse/wr_middleeast_18.html
シュメールってこれ?
なんか万葉仮名みたいな流れだけど、同音異字には上代特殊的な謎の規則性って無いんだろうか?

ttp://www.chikyukotobamura.org/muse/img/tamilX.jpg
ttp://www.chikyukotobamura.org/muse/wr_sasia_8.html
タミルはこれか
なんか無理やり日本語的に解釈すると前後の単語が入れ替わってる気がする不思議
63名無しさん@おーぷん :2016/06/11(土)17:21:33 ID:XUf()
シュメール語とエラム語とドラヴィダ語族はいずれもSOV形式の膠着語で同系説もある
64名無しさん@おーぷん :2016/06/11(土)18:31:17 ID:V2r
>>63
同系ってどういう系図が書けるの?
なんか遺伝子サンプルみたいに統計処理してる人居ないかな?
65名無しさん@おーぷん :2016/06/13(月)23:29:21 ID:ppR
タミル語のpatukarだけどさ、patが池だから畑はおかしいという訳だが、
直感的にはukarの方がイケっぽく思えるのが不思議
66名無しさん@おーぷん :2016/06/14(火)03:20:03 ID:yjG()
patが池なんは朝鮮語のmosが池なのと通じるなあ
あっちでは水関係の語彙はどうなってるんだろう?
67名無しさん@おーぷん :2016/06/14(火)18:52:46 ID:gWx
池は生け簀や生け花の「生け」という説があるよね
生みとか生りとかバラバラのルビを見るとまるで漢字が未解読文字に思える不思議
そもそも聴覚が無くても文字は作れるし、手話と完璧に対応する音素を発見した所で
それは翻訳で只の訓だと思うんだけど、どうやってそれを音だと証明するのだろうか?

機織といえばもめんはワタ系とコットン系に別れるのが面白いね
68名無しさん@おーぷん :2016/06/15(水)00:52:11 ID:et7
qutnをググってたらスペイン語naranjaを発見
アラビア語naranya
サンスクリットnarangah
ドラヴィダ語naru香り高いに由来するという話もあるけどホントかな?
時代下ってないか?
しかしこれがオレンジに変わるなんて奈良で眠ってるタジマモリもびっくりだろうな
69名無しさん@おーぷん :2016/06/15(水)01:46:52 ID:et7
サンスクリット語のナガルンガNagarunga
ヒンディー語のナルンジーNarungee
アラビア語のナルンジNarunji
から英語って記述も見つけた。
これだとナルっぽいけど何で食い違ってるんだろ?
70名無しさん@おーぷん :2016/06/25(土)20:47:47 ID:6cd
「なる」「ならん」
これこそが日本語の痕跡ではないだろうか?
71名無しさん@おーぷん :2016/08/08(月)18:13:00 ID:1UP
なんだ妄想スレか
72名無しさん@おーぷん :2016/08/11(木)21:23:08 ID:XlL
ノストラは妄想ではない
73名無しさん@おーぷん :2016/11/22(火)01:55:17 ID:f0H
最近半コテの人来ないな
ネタ切れだろうか?
74名無しさん@おーぷん :2017/04/29(土)00:37:05 ID:fem

あいつの かいつの 北海道
75名無しさん@おーぷん :2017/11/23(木)18:44:06 ID:8C7


76名無しさん@おーぷん :2017/11/30(木)18:53:12 ID:0dA
ア,フ.ィに乗りそうなスレがあったら↓をコピペするといい
赤レスがたくさんあると編集の時などにかなり厄介になるぞ!
名前欄や本文に「クリックお願いします」などの文は↓ほど効果はないぞ!
でもやっておいて損はないぞ!

>>1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20
  ∧_∧
  (´・ω・`)     n
 ̄ ..    \    ( E)
フ ア.フ.ィ /ヽ ヽ_//
>>21,22,23,24,25,26,27,28,29,30,31,32,33,34,35,36,37,38,39,40
  ∧_∧
  (´・ω・`)     n
 ̄   ..  \    ( E)
フ ア.フ.ィ /ヽ ヽ_//
>>41,42,43,44,45,46,47,48,49,50,51,52,53,54,55,56,57,58,59,60
  ∧_∧
  (´・ω・`)     n
 ̄ ..    \    ( E)
フ ア.フ.ィ /ヽ ヽ_//
>>61,62,63,64,65,66,67,68,69,70,71,72,73,74,75,76,77,78,79,80
  ∧_∧
  (´・ω・`)     n
 ̄   ..  \    ( E)
フ ア.フ.ィ /ヽ ヽ_//
>>81,82,83,84,85,86,87,88,89,90,91,92,93,94,95,96,97,98,99,100
  ∧_∧
  (´・ω・`)     n
 ̄..     \    ( E)
フ ア.フ.ィ /ヽ ヽ_//

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





日本語は日本の中だけで起源が完結することを証明する
CRITEO