- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

【埼玉】「あそぶ!ゲーム展」でワークショップ

1ハゲマント:2015/11/23(月)17:53:53 ID:hbS()
 
http://www.famitsu.com/news/201511/19093291.html

 埼玉・SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ 映像ミュージアムにて
2015年10月3日から開催されている“あそぶ!ゲーム展”は、
実際に触れながらさまざまな角度でビデオゲームを学べる展覧会。
現在は“ステージ1:デジタルゲームの夜明け”と称して
ビデオゲーム黎明期から1982年ごろまでを解説・展示している。
この会期中に、来場者が参加できるワークショップの開催が決定したのだ。

公式 http://www.skipcity.jp/vm/game/

ゲーム展
https://www.google.co.jp/search?q=inurl:l50+intitle:%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0%E5%B1%95
http://dig.2ch.net/?keywords=%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0%E5%B1%95

詳細>>2-20
2名無しさん@おーぷん :2015/11/23(月)17:56:39 ID:hbS()
(1)特別ワークショップVol.1『作って遊ぼう!対戦カードゲーム』

『ゼビウス』の生みの親で、「ゲームの神様」ことゲームデザイナー遠藤雅伸さんといっしょに対戦カードゲームを作って、
みんなで対戦します。ゲームはコミュニケーションツールであることを体感出来るワークショップです。

・講師:遠藤雅伸(ゲームデザイナー)
・日時:2015年 12月6日(日) 14:00~16:00
・対象:小学3年生~中学3年生
・定員:30名(事前申込制、応募者多数の場合は抽選とさせていただきます)
・会場:SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ映像ミュージアム1階 ガイダンスルーム
・参加費:無料(映像ミュージアム入館料のみでご参加いただけます。大人510円、小中学生250円)
・申込方法
●件名「対戦カードゲーム」、●開催日、●参加者全員の氏名、学年
●代表者の電話、E-mail、住所
以上を明記のうえ、E-mailまたは電話にてお申し込み下さい。
・申込締切=2015年11月29日(日)
3名無しさん@おーぷん :2015/11/23(月)18:02:17 ID:hbS()
(2)特別ワークショップVol.2『自分だけのゲームをプログラミング!』

マサチューセッツ工科大学が開発した簡単プログラミング環境「スクラッチ」を使い、
オリジナルの「ボールはじきゲーム」を制作します。出来上がったゲームはネットで公開して世界中の人たちに遊んでもらえます。
・講師:赤川智洋(アーティスト/エンジニア/博士(映像))
・日時:2015年 12月20日(日) 14:00~16:00
・対象:小学3年生~中学3年生
・定員:16名(事前申込制、応募者多数の場合は抽選とさせていただきます)
・会場:SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ映像ミュージアム3階 マルチメディアコーナー
・参加費:無料(映像ミュージアム入館料のみでご参加いただけます。大人510円、小中学生250円)
・申込方法
●件名「ゲームをプログラミング!」、●開催日、●参加者全員の氏名、学年
●代表者の電話、E-mail、住所
以上を明記のうえ、E-mailまたは電話にてお申し込み下さい。
・申込締切=2015年12月6日(日)

https://scratch.mit.edu/
http://dig.2ch.net/?keywords=scratch
4名無しさん@おーぷん :2015/11/23(月)18:05:20 ID:hbS()
(3)特別ワークショップVol.3『デジタルゲームを、もっと楽しく!面白く!』

デジタルゲームの研究者、馬場章先生を講師に迎え、親子でデジタルゲームの歴史や仕組みを学び、
ゲームをもっと楽しく面白くする付き合い方を考えます。
さらに皆さんのデジタルゲームについての悩みを解決し、普段、不思議に思っている疑問(攻略法以外)にも何でも答えます。
脳を鍛えるデジタルゲームにも親子で挑戦していただきます。

・講師:馬場章(東京大学大学院情報学環教授)
・日時:2016年 1月10日(日) 14:00~16:00
・対象:小学生・中学生の親子(父母、祖父母いずれでも可)
・定員:20組計40名(事前申込制、応募者多数の場合は抽選とさせていただきます)
・会場:SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ映像ミュージアム1階 ガイダンスルーム
・参加費:無料(映像ミュージアム入館料のみでご参加いただけます。大人510円、小中学生250円)
・申込方法
●件名「デジタルゲーム」、●開催日、●参加者全員の氏名(保護者含む)、学年
●代表者の電話、E-mail、住所
以上を明記のうえ、E-mailまたは電話にてお申し込み下さい。
・申込締切=2015年12月20日(日)
5名無しさん@おーぷん :2015/11/23(月)18:05:49 ID:hbS()
遠藤 http://dig.2ch.net/?keywords=%E9%81%A0%E8%97%A4
http://kanae.2ch.net/test/read.cgi/retro/1378597904/l50
>>2
6名無しさん@おーぷん :2015/11/23(月)18:07:45 ID:hbS()
みどころ

1,総ゲーム数20以上!全部遊べる!

世界的に貴重なゲーム機から80年代初期のエポックメイキングな作品まで、全てのゲームがプレイ可能です。
※一部のゲーム機はプレイ出来る曜日や人数に限りがあります。
※一部のゲームはエミュレーターでの展示になります。

■展示予定ゲーム
『テニス・フォー・ツー』(1958年/ブルックヘブン国立研究所)、
『スペースウォー!』(1962年/マサチューセッツ工科大学)、
『コンピュータースペース』(1971年/ナッチング・アソシエーツ)、
『ポン』(1972年/アタリ)、
『スピードレースデラックス』(1975年/タイトー)、
『マンイーター』(1975年/PSE)、
『デスレース』(1976年/エキシディ)、
『ブレイクアウト』(1976年/アタリ)、
『スペースインベーダー』(1978年/タイトー)、
『ジービー』(1978年/ナムコ)、
『フットボール』(1978年/アタリ)、
『スターファイヤー』(1978年/エキシディ)、
『ギャラクシアン』(1979年/ナムコ)、
『平安京エイリアン』(1979年/電気音響)、
『アステロイド』(1979年/アタリ)、
『パックマン』(1980年/ナムコ)、
『クレイジークライマー』(1980年/日本物産)、
『スクランブル』(1981年/KONAMI)、
『スペースフューリー』(1981年/セガ・インタラクティブ) 、
『ドンキーコング』(1981年/任天堂) 、
『ムーンパトロール』(1982年/アイレム)など。

※ナムコは、現在のバンダイナムコエンターテインメントです
7名無しさん@おーぷん :2015/11/23(月)18:08:50 ID:hbS()
2,『スペースインベーダー』と『パックマン』の特集コーナーを設置!

デジタルゲーム史上最大のヒット作『スペースインベーダー』と
「もっとも成功した業務用ゲーム機」ギネス認定『パックマン』の実際のゲーム機がプレイ可能。
開発者のインタビューや貴重な開発資料も展示します。

「スペースインベーダー」の生みの親である西角友宏氏のインタビュー配信中

「パックマン」の生みの親である岩谷徹氏のインタビュー配信中
8名無しさん@おーぷん :2015/11/23(月)18:09:49 ID:hbS()
3,ゲームのしくみを詳しく解説!

「ゲームが動くしくみ」や「ゲームに使われている映像技術」について、
実際のゲーム機を題材にわかりやすく解説します。
また、ゲーム機を構成するパーツの展示も予定しております。

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





【埼玉】「あそぶ!ゲーム展」でワークショップ