- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

【古今東西】世界の美しい建物・建築や街並みのスレ【城・宮殿・教会・寺院】

1エルミタージュ:2016/11/22(火)22:09:18 ID:lJz()

建物・建築・都市風景について画像を交えて紹介したいと思います。
古代から現代,ヨーロッパからアジア,キリストからイスラムなど広い範囲を。

※画像メインで解説は少ないかもしれない・更新期間も気の向くままという感じ








2名無しさん@おーぷん :2016/11/22(火)22:32:40 ID:lJz()
聖ペトロ・パウロ大聖堂/ブルノ

チェコ第二の都市ブルノにある大聖堂でその84mにもなる2つの尖塔はこの街のシンボル。
11世紀に建築された。その後三十年戦争で打撃を受けその後1904–5に補修・増築。

現在この聖堂の12時の鐘は1時間早い11時に鳴らされるのだが
その由来は三十年戦争でスウェーデン軍がこのブルノの街を包囲した際に,正午までにブルノを占領できなければ
彼らが諦めて帰ると決めていたことを知ったブルノ市民がこの教会の鐘を早めに鳴らせてスウェーデン軍を
欺き包囲を解いたことにある。







3名無しさん@おーぷん :2016/11/24(木)19:30:13 ID:3pW()
ナーンタリ/フィンランド

1438年に成立したナーンタリ修道院に端を発するフィンランドの古い港街。
美しい森や海に囲まれスパリゾートでも有名。ちなみに近くにムーミンワールドがある。








http://imgur.com/kWsHHV3
4名無しさん@おーぷん :2016/11/24(木)19:30:41 ID:3pW()



5名無しさん@おーぷん :2016/11/26(土)10:23:21 ID:pt0()



6名無しさん@おーぷん :2016/11/26(土)10:25:39 ID:pt0()





聖スタニスラウス・コストカ大聖堂/ウッチ/ポーランド

1901-1912に104mの威容で建てられた。
7名無しさん@おーぷん :2016/11/29(火)09:00:50 ID:zQm()








波打つようなフォルムが印象的なZłote Tarasy(ワルシャワ/ポーランド)
市中心街にあって中身はショッピングセンターだそう。
8名無しさん@おーぷん :2016/11/29(火)09:11:02 ID:zQm()








嘉峪関

万里の長城の西端となっている要塞
明代の1372年に建築された後,中央アジアを中心に勢力を強めていた
ティムール朝の東進に備えて強化された。しかしティムールは中国への遠征に向かう途中で死去
実際に攻撃されることはなかった。

9名無しさん@おーぷん :2016/12/02(金)05:20:32 ID:fah()
ヒヴァ/ウズベキスタン
1世紀頃にはシルクロード隊商路の中継地点として成立していたと考えられる古い町。
ひときわ存在感を出す青い塔は建築未完成に終わったミナレット。
本来は100m以上にする予定で基盤を作ったが結局26mで中断したために非常に太く見える。











10名無しさん@おーぷん :2016/12/10(土)21:15:20 ID:MqK()
Klimahaus/ブレーマーハーフェン/ドイツ

ドイツ有数の港街ブレーマーハーフェンにある建物。
さながら船や雲のようなフォルムでなめらかな曲線が魅力的。
中身は体験型気候博物館。その名の通り五感を使って世界の様々な気候を体験できる。












11名無しさん@おーぷん :2016/12/20(火)22:08:50 ID:HJq()
【水の都】と呼ばれる街といえばヴェネツィアがまずはじめに思い浮かぶかもしれないが・・・









東洋にも麗江という素敵な街がある










「ナシ族」と呼ばれる中国南部とチベットを結ぶ貿易で繁栄した民族の故郷である街。
彼らは東西の文化を取り入れつつ独自の文化を形成した。

風情があるなあ~郷愁さえ覚える
12 :2016/12/26(月)13:16:06 ID:Zig
>>11
東洋独特な朱色が水面にはえてステキだ

戦前女優・李香蘭のイメージで蘇州も水の都










13名無しさん@おーぷん :2016/12/28(水)14:13:00 ID:ISq()
>>12
最後の一枚がとても趣深いなあ~






春秋の呉の国の都で「呉越同舟」という言葉はここで生まれた。

蘇州は「蘇湖熟すれば天下足る」と呼ばれたように古くから長江下流で栄えた街。
14名無しさん@おーぷん :2016/12/30(金)10:15:48 ID:Zrn()








チュニジアのチュニスの劇場。1902年。
アール・ヌーヴォー調の繊細で曲線的な建築。その白がチュニジアのカラッとした青空によく映える


15名無しさん@おーぷん :2017/01/03(火)15:02:28 ID:r1A()



Kungstornen/ストックホルム/スウェーデン

1925年に完成したKungstornenはスウェーデン語で王の塔を意味し高さは60m。
ヨーロッパ最初の近代的高層ビルと呼ばれその様式は同時代のニューヨークの
マンハッタンに強く影響されている。
16名無しさん@おーぷん :2017/01/04(水)18:41:29 ID:kIW()
ロシア-ウクライナ-ベラルーシの東スラヴ3国にある【3つの聖ソフィア大聖堂/Три Софии】
ソフィアとは神の叡智という意味。それぞれ各国の最古級の聖堂であり、それらの象徴的存在でもある。








ウクライナ…キエフの聖ソフィア大聖堂。1037年-?年建築。なぜウクライナから?と思うかもしれないが、東スラヴ人たちがキリスト教を信仰するようになったのはこのキエフを首都としたキエフ大公国のウラジミール1世の
      キリスト教国教化に始まるからだ。
      彼のもとにはユダヤ教・イスラム教の代表者も訪れたのだがキリスト教の代表者が一番豪華な服装をおり、ユダヤ・イスラムの戒律が厳しく感じられたためキリストにしたなんていうエピソードも残る。
      当時のルーシ都市の中心であったキエフのこの聖堂にはまばゆいばかりの装飾が施された。ちなみに現在残る建物は後世にウクライナ風にアレンジされたもので元々の建物の方はキリスト教をルーシに
      伝えたビザンツ帝国の様式に忠実なものであった。(自分はもともとのビザンツ様式が好き)。下の2つの大聖堂はこのキエフのソフィア聖堂にならって作られたものである。







ロシア…ノヴゴロドの聖ソフィア大聖堂。1045-1055年建築。上のキエフの聖ソフィア大聖堂にならって建てられた。
    ノヴゴロドはロシア/ルーシ最古の都市とされる。しかし、より南にある後発のキエフの方がこちらより繁栄しており、そこにある同名の聖堂はまさに
    憧れであった。無神論を標榜するソ連下では反宗教博物館として流用されていたがソ連崩壊後はロシア及びルーシの揺籃の地として
    重視され5ルーブル紙幣にも印刷されている。
    




    
ベラルーシ…ポロツクの聖ソフィア大聖堂。1044年-1056年建築。ベラルーシ最古の教会。ベラルーシの地域がポロツク公国というキエフ・ルーシの分領公国に支配されていたころ建てられた。
      ポロツク公国はなにかとキエフ=ルーシへの反抗心が強く上にあげたノヴゴロドの聖堂から奪った部位も建築に使われたらしい。現在の建物は北方戦争中に火薬庫
      として使っていたら爆発してしまったのでリトアニアの様式で1700年代前半に復興したもの。記念コインに復興前の姿が刻印されている。
      
17名無しさん@おーぷん :2017/01/04(水)19:06:32 ID:kIW()








パルミラの遺跡。紀元前1世紀の昔から隊商貿易の中継地点として繁栄し、その女王ゼノビア西ではローマ、東ではササン朝ペルシアと対抗した女傑として有名。
ローマ・オリエント・ヘレニズムといった文化を今に伝える大遺跡であるが、最近イスラム国によってかなり破壊されてしまった。




↑同遺跡内のベル神殿。西暦32年に建築されたこの遺跡はパルミラ人に信仰されたウガリト神話の最高神の息子バアルに捧げられた。



↑ベル神殿内の彫刻。先述のバアルとともにパルミラ人の間で崇められた月神アグリボールに果物を供えている様子。
18名無しさん@おーぷん :2017/01/05(木)10:12:24 ID:94K()




遠方の山に乗る建物はアラブ人が作った要塞(12世紀/17世紀)
場所が良かったのかローマ人たちが去った後もアイユーブ朝とオスマン帝国がこの地に要塞を建築している
19名無しさん@おーぷん :2017/01/05(木)10:24:37 ID:94K()







地下墓地
二千年前に建てられたとは思えないほど美しい彫刻もある。
最近、この墓地から中国人のものとみられる骨が見つかり、ローマに向けられた後漢の甘英の使節団の一員
がこの地で没したと見られる。
20名無しさん@おーぷん :2017/01/05(木)10:25:33 ID:94K()
>>19
この使節の派遣は西暦97年の出来事です
22名無しさん@おーぷん :2017/02/03(金)17:47:32 ID:E5e
>>21
いらっしゃい~
最近忙しくて更新できない・・
23名無しさん@おーぷん :2017/02/03(金)17:47:44 ID:E5e
http://www.ne.jp/asahi/arc/ind/1_primer/types/types.htm
モスクの類型について
24名無しさん@おーぷん :2017/02/10(金)22:31:02 ID:qPc
凄いなぁ
自分はリヨンの大聖堂が好き
25 :2017/04/03(月)06:43:28 ID:nMS

【フルヴィエールのノートルダム大聖堂】
( Basilique Notre-Dame de Fourvière )




リヨン、フルヴィエールの丘にあるバシリカ式 教会堂。


ノートルダムとは「われらの貴婦人の意」

1 聖母マリアのこと
2 フランス語圏で、聖母マリアにささげられた教会堂

(知らなかった)
26板  :2017/06/05(月)08:16:32 ID:eWo
「バシリカ」

教会堂の基本構成




長方形の平面を持ち、内部に採光用の高窓と
列柱のアーケードを持つ

古代ローマにおいて確立された特定の公共建築や、
そこから派生したキリスト教の教会堂建築。
27いた :2017/07/25(火)07:10:00 ID:3QJ
建築の基本知識があると観光もより楽しめそう(下がりすぎたのでageます)


※コラボ元:>>25

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





【古今東西】世界の美しい建物・建築や街並みのスレ【城・宮殿・教会・寺院】