- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

【文学・詩】おーぷん美術鑑賞板

1文学:2016/07/10(日)05:27:43 ID:ZAE()

美しい画像構成で、有名(無名)小説や詩を紹介していく。
(小説家や詩人の紹介)




美術鑑賞板ローカルルール4禁あり。アニメ・ゲーム・現在活躍アイドル・差別はご遠慮願います。

※ 但し、このスレはアニメ・ゲームでも文学性の高い原作は可能。
  文学の中には、差別表現も多く見受けられますが、2ちゃん系の差別書き込みはNG。
  現在活躍アイドル系は文芸作品ならOK。

おーぷん美術鑑賞板は1スレごとが美術館・博物館を目指しています。美しいスレを目標に・・・・
参加、コメントお待ちしてます。
2文学 :2016/07/10(日)05:34:22 ID:ZAE()
コメントも気軽に書き込み募集!
相談、雑談色が強くなりそうなら雑談専用スレもあります。

【談話室】美術鑑賞板(ageでお願いします)
http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/gallery/1428689169/l50
3文学 :2016/07/10(日)05:47:04 ID:ZAE()
他に、オリジナル文章でも遊んでいます。
下記スレでオリジナルを載せたい。画像構成サムネなどの相談も談話室スレで受け付けています。


【画像】美術鑑賞板の駄文
http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/gallery/1437248922/l10

「主旨」オリジナル駄文を綺麗な画像構成で誤魔化す
4文学 :2016/07/10(日)08:29:31 ID:ZAE()

【トミノの地獄】 作:西條八十

姉は血を吐く、妹は火吐く、可愛いトミノは宝玉(たま)を吐く。
ひとり地獄に落ちゆくトミノ、地獄くらやみ花も無き。






鞭で叩くはトミノの姉か、鞭の朱総(しゅぶさ)が気にかかる。
叩けや叩けやれ叩かずとても、無間地獄はひとつみち。
暗い地獄へ案内をたのむ、金の羊に、鶯に。




皮の嚢(ふくろ)にゃいくらほど入れよ、無間地獄の旅支度。
春が来て候(そろ)林に谿(たに)に、くらい地獄谷七曲り。
籠にや鶯、車にゃ羊、可愛いトミノの眼にや涙。






啼けよ、鶯、林の雨に妹恋しと声かぎり。
啼けば反響(こだま)が地獄にひびき、狐牡丹の花がさく。

地獄七山七谿めぐる、可愛いトミノのひとり旅。
地獄ござらばもて来てたもれ、針の御山の留針(とめばり)を。
赤い留針だてにはささぬ、可愛いトミノのめじるしに。


5文学 :2016/07/10(日)08:33:14 ID:ZAE()

【トミノの地獄】 作:西條八十


姉は血を吐く、妹は火吐く、可愛いトミノは宝玉(たま)を吐く。

ひとり地獄に落ちゆくトミノ、地獄くらやみ花も無き。

鞭で叩くはトミノの姉か、鞭の朱総(しゅぶさ)が気にかかる。

叩けや叩けやれ叩かずとても、無間地獄はひとつみち。

暗い地獄へ案内をたのむ、金の羊に、鶯に。

皮の嚢(ふくろ)にゃいくらほど入れよ、無間地獄の旅支度。

春が来て候(そろ)林に谿(たに)に、くらい地獄谷七曲り。

籠にや鶯、車にゃ羊、可愛いトミノの眼にや涙。

啼けよ、鶯、林の雨に妹恋しと声かぎり。

啼けば反響(こだま)が地獄にひびき、狐牡丹の花がさく。

地獄七山七谿めぐる、可愛いトミノのひとり旅。

地獄ござらばもて来てたもれ、針の御山の留針(とめばり)を。

赤い留針だてにはささぬ、可愛いトミノのめじるしに。
6文学 :2016/07/10(日)09:01:23 ID:ZAE()






詩人・西條八十が、26歳の時(1918年)に出版した処女詩集「砂金」に収録されている作品。

トミノという少年が地獄を旅するという内容の、13行の詩。

解釈が複数あり。兄妹の近親相姦などあるが、一般的には戦争に関係した内容で
与謝野晶子「君死にたもうことなかれ」と同様、その時代には隠された意味の反戦詩。


※戦争説の解釈

「姉は血を吐く」=「お国のために戦争へ征け」と奮い立たせる姉。
「妹は火吐く」=出征する兄を無邪気に激励する妹。
「可愛いトミノは宝玉(たま)を吐く。」=可愛いトミノ(少年)は命を差し出す(出征する)。
「叩けや、叩けや」=頑張れと出兵を喜ぶという意味。

「無間地獄はひとつみち」=自分の取る道は、所詮一つ出兵するだけ。
「皮の嚢」=軍用の背嚢。
「地獄」=戦場。
「狐牡丹」=キツネノボタン。田んぼの畦や道端に生える牡丹のような葉と小さな黄色い花の植物。毒、有害。

「針の御山の留め針」=戦争の勝利を祈願するお守り。
「赤い留め針」=千人針。



注意:声に出して読むと凶事が起きると言われてる都市伝説あり。
7文学 :2016/11/20(日)10:52:12 ID:Wl6()
このスレ気に入ってる(気長に書くよ~)
8反撥力◆8c0nPrP.Ic :2016/12/02(金)00:36:43 ID:PMj





前途程遠。
馳思於鴈山之暮雲。
後會期遥。
霑纓於鴻臚之曉涙。

(書き下し文)
前途程遠し。
思ひを雁山の暮の雲に馳す。
後会期遥かなり。
纓を鴻臚の暁の涙に霑す。

『和漢朗詠集』より大江朝綱の作詩
別れを詠んだ詩であり、『平家物語』では、勅勘(=朝敵)となった平忠度が西国からひとり都へ引き返し、
和歌の師匠であった藤原俊成へ最後の願いを伝えた後、別れ際にこれの一部を口ずさむ

絵巻は忠度が俊成に願いを頼み込む場面

その願いとは自分の和歌を勅撰和歌集に入れてもらうこと
藤原俊成はのちに千載和歌集の編者となるため、忠度の和歌を入れるのだが、忠度は朝敵となってしまったため、その和歌の作者は「詠み人知らず」となる

その歌とは

さざなみや
志賀の都は
荒れにしを
昔ながらの
山桜かな

忠度は一ノ谷の戦いで討死した
9文学 :2016/12/09(金)05:46:47 ID:FdQ()

【勧酒】






勧君金屈巵  君に勧める 金屈巵(きんくっし)
満酌不須辞  満酌(まんしゃく) 辞するを須(もち)いず




花発多風雨  花発(ひら)けば風雨多く
人生足別離  人生 別離足(おお)し


さよならだけが人生だ・・・・



10文学 :2016/12/09(金)07:58:31 ID:FdQ()

【勧酒】「井伏鱒二・日本語訳詩」






この杯を受けてくれ

どうぞなみなみ注がしておくれ

花に嵐のたとえもあるさ


さよならだけが人生だ
11文学 :2016/12/09(金)08:16:24 ID:FdQ()

【勧酒】「詩・作者」

于武陵(ウブリョウ)






中国・唐の詩人。
杜曲の出身。名は鄴。武陵は字であるが、
通常は字で呼ばれていた。 宣宗の大中年間に進士となったが、官界の生活に望みを絶ち、
書物と琴とを携えて天下を放浪し、時には易者となったこともある。(Wikipedia)



12文学 :2016/12/29(木)11:46:27 ID:HMk()

【かわいい女】「可愛い女」DUSHECHKA アントン・チェーホフ
 Anton Chekhov 神西清訳 (1899年)

オーレンカという、退職八等官プレミャンニコフの娘が、
わが家の中庭へ下りる小さな段々に腰かけて、何やら考え込んでいた。






彼女はしょっちゅう誰かしら好きで堪たまらない人があって、
それがないではいられない女だった。

以前彼女はお父さんが大好きだったが、そのお父さんも今では病気になって、
暗い部屋の肱掛椅子ひじかけいすに坐り込んだなり、苦しそうに息をしている。
叔母さんが大好きだったこともあるが、それはときたま、二年に一度ぐらいの割合で
ブリャンスクから出てくる人だった。

それよりもっと前には、初等女学校へ通っていた頃、フランス語の男の先生が
大好きだったこともある。彼女は物静かな、気だてのやさしい、情けぶかい娘さんで、
柔和なおだやかな眸ひとみをして、はちきれんばかりに健康だった。






そのぽってりした薔薇ばらいろの頬や、黒いほくろが一つポツリとついている
柔かな白い頸くびすじや、何か愉快な話を聴くときよくその顔に浮かび出る善良な
あどけのない微笑やをつくづく眺めながら、男の連中は心のなかで

『うん、こりゃ満点だわい……』と考えて、こっちも釣り込まれて顔を
ほころばせるのだったし、婦人のお客になるとついもう我慢がならず、
話の最中にいきなり彼女の手をとって、

うれしさに前後も忘れてこう口走らずにはいられなかった。

「可愛い女ひとねえ!」


13文学 :2017/03/14(火)10:26:41 ID:A9Y()






チェーホフの小説や劇においては何も起こらない。
ロシア人研究者チュダコーフが「何かが起こっても、何も起こらない」と指摘している。

「かわいい女」主人公オーレンカ
美しい娘時代を過ぎ恋をして寡婦になる。あまり平穏な人生とは思えないのだが、

やはり「何かが起こっても、何も起こらない」

それがチェーホフの魅力であり、惹かれる理由である。




だが、この小説「かわいい女」は大嫌い、つまらない
「男の理想?」そう散々貶された事も追記しておく…(涙)
14文学 :2017/03/14(火)10:36:59 ID:A9Y()












15 :2017/05/14(日)01:31:01 ID:U1a()

【死ぬのはいつも他人ばかり】




「マルセル・デュシャン」

墓碑銘に刻まれた「死ぬのはいつも他人ばかり」

1887年7月28日 - 1968年10月2日フランス生まれの美術家
16いた :2017/06/10(土)04:12:53 ID:nmg

【白洲 次郎】

「葬式無用、戒名無用」

(1902年2月17日 - 1985年11月28日

官僚、実業家。終戦連絡中央事務局次長、経済安定本部次長、貿易庁長官、東北電力会長などを歴任。
連合国軍占領下の日本で吉田茂の側近として活躍。




金払いはよくしろ、明るくふるまえ、

特定の女とばかりしゃべるな。

そして、言い寄られたらノーと言え。 by 白洲次郎


17名無しさん@おーぷん :2017/06/10(土)04:45:09 ID:Isf
単独スレなのでしょうか?
18名無しさん@おーぷん :2017/06/10(土)09:55:10 ID:nmg
>>17
おはよう 白洲次郎のこと?
このスレは一応、文学や誌を美しい画像で美術的に紹介するスレ
マルセル・デュシャンで墓碑銘を扱ったので、白州のカッコイイ言葉を書いてしまった。。。

そういえばお姫様や女優と女性ばかりのスレが多い・・・カッコいい男のスレ作ろう
三沢さんの命日も近い。。。
19名無しさん@おーぷん :2017/06/10(土)10:05:28 ID:nmg
【談話室】美術鑑賞板
http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/gallery/1428689169/l10
>>17
「カッコいい男たちスレ」(仮)で白州次郎も紹介したいので
よければ教えてください(実は殆ど知らない)

>>18
誤字)このスレは一応、文学や誌を
正 )このスレは一応、文学や詩を
20名無しさん@おーぷん :2017/06/18(日)17:58:23 ID:QEw
すごいね文学まで行くとは
21いた :2017/06/18(日)21:24:39 ID:7xI
>>20
もう何の板か理解不能だが美術館のように美しい板を目指してます
22文学 :2017/07/22(土)15:26:51 ID:Ief

【あさましきもの】

太宰治


こんな話を聞いた。






 たばこ屋の娘で、小さく、愛くるしいのがいた。男は、この娘のために、飲酒をやめようと決心した。
娘は、男のその決意を聞き、「うれしい。」と呟いて、うつむいた。うれしそうであった。

「僕の意志の強さを信じて呉れるね?」男の声も真剣であった。
娘はだまって、こっくりうなずいた。信じた様子であった。




男の意志は強くなかった。その翌々日、すでに飲酒を為した。

日暮れて、男は蹌踉、たばこ屋の店さきに立った。
23文学 :2017/07/22(土)15:33:19 ID:Ief

「すみません」と小声で言って、ぴょこんと頭をさげた。
真実わるい、と思っていた。娘は、笑っていた。






「こんどこそ、飲まないからね」
「なにさ」娘は、無心に笑っていた。
「かんにんして、ね」
「だめよ、お酒飲みの真似なんかして」

 男の酔いは一時にさめた。「ありがとう。もう飲まない」
「たんと、たんと、からかいなさい」
「おや、僕は、僕は、ほんとうに飲んでいるのだよ」

あらためて娘の瞳を凝視した。

「だって」娘は、濁りなき笑顔で応じた。
「誓ったのだもの。飲むわけないわ。ここではお芝居およしなさいね」

てんから疑って呉くれなかった。






男は、キネマ俳優であった。岡田時彦さんである。

先年なくなったが、じみな人であった。あんな、せつなかったこと、ございませんでした、
としんみり述懐して、行儀よく紅茶を一口すすった。

「筑摩全集類聚版太宰治全集」筑摩書房
青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/


24文学 :2017/10/18(水)06:04:41 ID:AHt
【祝・2017年ノーベル文学賞、受賞】

「1950年代の日本映画に影響された作家」




カズオ・イシグロ

(Kazuo Ishiguro :石黒 一雄、1954年11月8日 - )
長崎県出身の日系イギリス人小説家。ロンドン在住。
1989年に長編小説『日の名残り』でイギリス最高の文学賞ブッカー賞

2017年にノーベル文学賞を受賞した。

読んだことはないけど映画「日の名残り」は観た
25文学 :2017/10/18(水)14:42:34 ID:AHt

【 鎮静剤 】
               マリー・ローランサン 
               堀口大學 訳




退屈な女より もっと哀れなのは 悲しい女です。

悲しい女より もっと哀れなのは 不幸な女です。

不幸な女より もっと哀れなのは 病気の女です。

病気の女より もっと哀れなのは 捨てられた女です。

捨てられた女より もっと哀れなのは よるべない女です。

よるべない女より もっと哀れなのは 追われた女です。

追われた女より もっと哀れなのは 死んだ女です。

死んだ女より もっと哀れなのは 忘れられた女です。
26いた :2017/12/16(土)07:01:16 ID:OAa
>>22
人間失格に似た文章があった気がする
27いた :2017/12/16(土)07:02:23 ID:OAa
sageだ!
28いた :2017/12/16(土)13:50:47 ID:OAa
>>24
映画【日の名残り】は美しい映画

だがカズオ・イシグロのノーベル賞での会見に違和感を感じた
グローバルスタンダードはこれなんだ・・・
29いた :2017/12/16(土)13:53:42 ID:OAa
>>25
女性が好きそうな画風



30 :2018/04/03(火)02:16:39 ID:Mg5



樹木は育成することのない
Der Baum treibt unzählige Keime,

無数の芽を生み、
die unentwickelt verderben, und

根をはり、枝や葉を拡げて
streckt weit mehr Wurzeln, Zweige und Blätter

個体と種の保存にはあまりあるほどの
nach Nahrung aus, als zu Erhaltung seines Individuums

養分を吸収する。
und seiner Gattung verwendet werden.


樹木は、この溢れんばかりの過剰を
Was er von seiner verschwenderischen Fülle

使うことも、享受することもなく自然に還すが
ungebraucht und ungenossen dem Elementarreich zurückgibt,

動物はこの溢れる養分を、自由で
das darf das Lebendige in fröhlicher

嬉々としたみずからの運動に使用する。
Bewegung verschwelgen. So gibt uns die Natur


このように自然は、その初源からの生命の
schon in ihrem materiellen Reich ein

無限の展開にむけての秩序を奏でている。
Vorspiel des Unbegrenzten und hebt


物質としての束縛を少しずつ断ちきり、
hier schon zum Teil die Fesseln auf, deren sie sich

やがて自らの姿を自由に変えていくのである。
im Reich der Form ganz und gar entledigt.


フリードリヒ・フォン・シラー
Friedrich von Schiller


31 :2018/04/03(火)02:18:33 ID:Mg5
みなとみらい駅に掲示されている詩

http://zak.asablo.jp/blog/2008/12/16/4011613
(zak blog、こちらから引用)
32名無しさん@おーぷん :2018/04/05(木)10:50:13 ID:JFB
Gabriele D'Annunzio
La pioggia nel pineto
https://it.wikisource.org/wiki/Alcyone/La_pioggia_nel_pineto
33いた :2018/04/08(日)03:46:36 ID:C2U
>>32
(´Д⊂グスン 読めない…
34名無しさん@おーぷん :2018/04/08(日)22:41:39 ID:3Eo
松林の雨
ガブリエーレ・ダンヌンツィオ
http://youtu.be/5OsUnxY5mgw
Gabriele D'Annunzio - La Pioggia Nel Pineto
Poesia di D'Annunzio,
Musica di Tiersen - Comptine d'un autre été: l'après midi
Voce di Herlitzka.
(https://it.wikipedia.org/wiki/Roberto_Herlitzka)

邦訳あるはずだけど知らない
ごめん
35いた :2018/07/06(金)03:53:39 ID:MaV
昔の人の文章がCMになっているが詩みたいに美しい
調べておく!

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





【文学・詩】おーぷん美術鑑賞板
CRITEO