-  -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

きもの・日本の美

1:2015/04/10(金)00:15:42 ID:QuE
身につける美術品
きもの・帯・小物
コメントどうぞお待ちしてます

 
+0
-0
112きもの:2016/01/03(日)06:24:52 ID:p9W

ジーンズ着物・・・・

面白い!!!
113きもの:2016/01/03(日)06:26:26 ID:p9W


女優さんの着物姿
114きもの:2016/01/03(日)06:31:04 ID:p9W

髪飾りと帯の金色使いに朱と黒

芸術的!!!!


115きもの:2016/01/03(日)06:43:51 ID:p9W

116きもの:2016/01/03(日)06:47:16 ID:p9W

117きもの:2016/01/03(日)06:52:26 ID:p9W
芸術!!!


118きもの:2016/01/03(日)06:53:58 ID:p9W

119きもの:2016/01/03(日)06:57:34 ID:p9W

120きもの:2016/01/03(日)07:00:46 ID:p9W


121きもの:2016/01/03(日)07:02:42 ID:p9W

黒地のきものステキだ
122きもの:2016/01/03(日)07:06:14 ID:p9W

かわった柄のキモノ
大正や昭和初期もトランプ柄やピアノ鍵盤柄があったそうだ
123きもの:2016/01/03(日)07:08:26 ID:p9W

和傘好き!
124きもの:2016/01/03(日)07:13:15 ID:p9W

キモノで雨、雪は大変そう
125きもの:2016/01/03(日)07:21:59 ID:p9W

百年前の美女も負けてません


126きもの:2016/01/03(日)07:42:27 ID:p9W

【ゴンドラの唄】一節

「命短し恋せよ乙女」

いのち短し 恋せよ乙女
黒髪の色 褪せぬ間に
心のほのお 消えぬ間に
今日はふたたび 来ぬものを
127きもの:2016/01/03(日)08:47:41 ID:p9W

ゴンドラの唄は
キモノ本来には関係ありませんが、振袖を着れるのは未婚女性。。。。(一応)
華やかな友禅や成人式での正装。お嬢さんと呼ばれる人生で短い娘時代に装い楽しむ

儚さがあるからより美しい・・・・・

ゴンドラの唄は、とてもうつくしい


ゴンドラの唄 ~松井須磨子(大正4年録音)・志村喬 (6:00)
ttps://www.youtube.com/watch?v=5HgnmnI-kao


映画「生きる」黒澤明監督 -ゴンドラの唄- 志村喬(3:33)(3:14)
ttps://www.youtube.com/watch?v=FXX0RpALVbA
ttps://www.youtube.com/watch?v=qID_4BWk3eU
128名無しさん@おーぷん:2016/01/03(日)11:01:18 ID:RWe
>>121
数年前は「え?黒の振袖」と驚いたものですが
昔の花嫁さんも黒の大振袖でしたね。
129名無しさん@おーぷん:2016/01/03(日)15:27:39 ID:p9W


大正から昭和中頃の庶民の花嫁衣裳は黒振袖に角隠しが一般的。

「ルーツ」
黒振袖は江戸時代御殿女中の装いで
「御殿に上がる」憧れから、自分たちの結婚式の装いに真似たのが始まり(擬似結婚式)

格式高く本格的な結婚式なら
裾を引いた黒振袖は、何回か行うお色直しの最後に着るのがお勧め。
130きもの:2016/01/03(日)15:30:53 ID:p9W
>>128
知識が殆どないので調べてみたら面白いけど、何がなんだか???

結婚式は儀式なんだねぇ・・・・
131きもの:2016/01/03(日)15:38:10 ID:p9W

132きもの:2016/01/03(日)15:40:08 ID:p9W

「和装結婚式・約束事」

結婚式は神聖な儀式

まず、花嫁は白地の装いで儀式
娘時代へのお別れの意味を込めて赤色の着物に着替え
最後に黒振袖。
133きもの:2016/01/03(日)15:51:28 ID:p9W
「流行もある和装結婚式」

昭和40年代頃に大奥の女性達が着ている打掛が花嫁衣裳として登場

打掛には白無垢と色打掛があり

白無垢は打掛の下に着る掛下をはじめ小物類も白で統一
生地は綸子で吉祥文様の地紋織り

色打掛は唐織・緞子・刺繍・友禅など多色使いで豪華さを演出
134キモノ:2016/01/14(木)18:16:26 ID:fJI

こちら結婚式用だそうです
海外の女性もキモノで花嫁衣裳・・・わりといいかも!!

135キモノ:2016/01/14(木)18:19:22 ID:fJI


136キモノ:2016/01/14(木)18:20:53 ID:fJI


137キモノ:2016/01/14(木)18:26:49 ID:fJI

こちらが昭和40年代から流行っていた花嫁衣装かな?



138キモノ:2016/01/14(木)18:30:20 ID:fJI

大正ロマン風の花嫁衣裳


139キモノ:2016/01/14(木)18:32:11 ID:fJI


140キモノ:2016/01/14(木)18:33:36 ID:fJI


141キモノ:2016/01/14(木)18:36:25 ID:fJI

懐剣してるからこちらも花嫁衣裳?


142名無しさん@おーぷん:2016/01/17(日)13:00:26 ID:n2a
花嫁の綿帽子や
やはり文金高島田は捨てがたいですね
143キモノ:2016/01/18(月)17:25:31 ID:wf9

>>142
モノクロ写真みつけた、風情あっていい


144キモノ:2016/01/18(月)17:29:31 ID:wf9

145名無しさん@おーぷん:2016/01/18(月)17:41:41 ID:0y1
>>142
憧れたなー
衣文賭けと言われるほどのいかり肩という現実に諦めたけど

146キモノ:2016/01/18(月)18:08:57 ID:wf9
>>145
写真だけでもチャレンジ(?)
ポーズのとり方で、なで肩にみえる。。。最終手段はpc合成写真(コラと書いたら怒られそうなので合成)
知識ないので調べていたらレンタルでも高額なんだね・・・・
147名無しさん@おーぷん:2016/02/08(月)22:16:09 ID:4eN
>>146
振袖から付けさげ、色無地と何度か写真屋さんに記念写真をお願いしましたが
そのたびに写真屋「はい肩を下げて」私「これ以上どうしろと・・・・これはもう肩を外せということかorz・・」
148名無しさん@おーぷん:2016/02/08(月)22:23:13 ID:4eN
あきらかに間違いの作法を神社庁が教えてる

※参考サイト
大変だ!神社本庁の英語版冊子の参拝方法がコンスになってる!?(お辞儀の画像は何故、側面だけ?)
http://blog.goo.ne.jp/chaos1024/e/72ea4c2226a0b20c3e3200cbb0319069


【竹田恒泰先生のご指摘】
さて、礼をする際の手の位置で注意しなくてはいけないことがある。
どういうわけか近年は、ヘソ辺りの高い位置で指を重ね、
肘(ひじ)を張ってする奇妙なお辞儀が流行っている。
これは「朝鮮式のお辞儀」で、日本の作法ではない。
※≪日本の礼儀作法ー宮家のおしえー 著:竹田恒泰≫P74より引用
http://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E7%A4%BC%E5%84%80%E4%BD%9C%E6%B3%95~%E5%AE%AE%E5%AE%B6%E3%81%AE%E3%81%8A%E3%81%97%E3%81%88~-%E7%AB%B9%E7%94%B0-%E6%81%92%E6%B3%B0/dp/4838726848

お辞儀をするとき
私は着付け教室で両脇に下げた手をひじを曲げずそのまま前へ持ってゆき自然にすっと合わせるように習いました。

149名無しさん@おーぷん:2016/03/09(水)18:47:59 ID:hHb
作法は色々と大変だね

150:2016/03/09(水)18:50:40 ID:hHb

まだ書き込むけど休憩・管理

151名無しさん@おーぷん:2016/11/12(土)22:31:24 ID:cKx
美術と言うより文化歴史だけどとても良い雰囲気の写真が多いので貼らせていただきます。

外国人「この時代の日本に行きたい!」アメリカ人が撮影した1908年の日本の写真→海外「この時から美しかったのか」 海外の反応
http://kaigai-matome.net/archives/35573018.html
152名無しさん@おーぷん:2016/11/23(水)15:59:11 ID:9AL
絵が上手だし、違いが面白いので

幸翔
@crocodilian3
着物の種類がうっすら分かったような感じになるほわっとした解説_女羽織篇
これからの年賀状イラストのだいたいの参考になれば

何か間違ってたらそっと教えてください pic.twitter.com/epz67suabU
153いた:2018/09/25(火)05:25:50 ID:5nn
キモノスレは良スレだが
殆ど知識がないのだ(久々にage↑)
154いた:2018/09/25(火)05:48:34 ID:5nn
和服のことを呉服ともいうが
中国の呉からきているのか?
 
公家と武家の作法も違うから、どうなっているのだろう。
ジュウニヒトエは皇室
和宮が徳川に輿入れした時は袴みたいな皇女の衣だった気がする…

(゜-゜)わからん
155おキモノ:2018/10/11(木)05:18:57 ID:cW6

【十二単】(十二単衣、じゅうにひとえ)

平安時代の10世紀から始まる女性用の装束。

五衣唐衣裳を十二単と呼ぶ風潮は、「平家物語」の異本『源平盛衰記』の中に
「弥生の末の事なれば、藤がさねの十二単の御衣を召され」とある言葉の意味を、
世間では取り違えられて広まったものとみられている。

五衣唐衣裳を宮中では十二単とは呼ばないからである。

また、昔は袿の枚数を「単」で表し、2枚重ねると「二単」、7枚重ねると「七単」と
いうような語彙もあった。この記述では単を着て、
言葉のまま上に12枚の袿を重ね着した重ね袿姿で平徳子は入水したという意味になる。

しかし、元来の意味とは違っても、五衣・唐衣・裳を十二単と呼ぶ俗称は一般的に使用されている。


Wikipediaまんまだが意味が(゜-゜)わからん
156おキモノ:2018/10/11(木)05:23:19 ID:cW6

【十二単2】

十二単は20kg程あり、四季に応じた名称の「かさね」を用いた。


また、宮中では女性の「束帯」に当たる装束として「物具装束」が平安後期まで存在したが、
女性が公儀の場に出るのを嫌う風潮もあって、着用される機会が減り廃れた。

一説として、平安時代の平均気温は、現在の平均気温より1℃低く(例;鹿児島の気温は仙台の気温に相当する)

この頃の京都は非常に寒かったため防寒着として着ていたとされる。
157おキモノ:2018/10/11(木)05:31:59 ID:cW6

【十二単3】

【かさね】(重ね・襲)

日本の朝廷の伝統的な装束では、複数の衣を重ねることが基本で、

その色の組み合わせ、あるいは袷の衣服の表地と裏地の色の組み合わせを
「かさね」(襲・重)と呼ぶ。

かさねは袖口・裾などに衣がすこしずつ覗き、十二単の着こなしの工夫が多くなされたところでもある。

『栄花物語』等には当時の女房が工夫を凝らしたさまが詳述されている。
ある女房は重ねに凝り、通常よりも多く20枚以上の衣を重ねたが衣の重さのために歩けなくなったとある。

このように平安時代は袿の枚数に定めがなかったが、室町時代には5枚となり、
それ以後「五衣(いつつぎぬ)」と呼ばれ女房装束に定着されるようになった。

このような重ね・襲ねの取り合わせを「重ね・襲ねの色目」というが、
色目については主に季節感を取り入れた組み合わせになっている。
春夏秋冬・または植物や色単体のグラデーションによりおびただしい数の種類があり、
着用の季節や行事が厳密に定められていた。

これらの季節感などを無視した取り合わせを用いることはマナー違反・センスがないと見なされ、

当時の女性が工夫を凝らして装ったことが当時の物語や日記などに垣間見ることができる。
158おキモノ:2018/10/11(木)05:47:26 ID:cW6
↑「十二単」ほぼWikipedia

(゜-゜) 重い防寒着でオシャレをしていたのはザックリ理解したが

平安時代の前は何を着ていたのだ?
男は何を着ていたのだ? 謎

あと中国の呉との関係は? (゜-゜) 呉服の謎はつづく・・・・(馬鹿)
159おキモノ:2018/10/11(木)05:55:39 ID:cW6
>>154
>>155

「十二単の誤解」
 
世間では取り違えられて広まったものとみられている
五衣唐衣裳を宮中では十二単とは呼ばないからである


 これは分かり申した・・・(゜-゜)
160おキモノ:2019/01/10(木)21:54:43 ID:f92
もうじき成人の日
振り袖姿の女の子が楽しみです
161名無しさん@おーぷん:2019/01/30(水)07:29:04 ID:SbA
大正時代みたいな着物が流行っているようだ
いつから?
+ の新着レス

板に戻る | 履歴に戻る | 全部 最新10  | ここまで読んだ  


録音中: 0:00/0:30

きもの・日本の美