-  -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

きもの・日本の美

157おキモノ:2018/10/11(木)05:31:59 ID:cW6

【十二単3】

【かさね】(重ね・襲)

日本の朝廷の伝統的な装束では、複数の衣を重ねることが基本で、

その色の組み合わせ、あるいは袷の衣服の表地と裏地の色の組み合わせを
「かさね」(襲・重)と呼ぶ。

かさねは袖口・裾などに衣がすこしずつ覗き、十二単の着こなしの工夫が多くなされたところでもある。

『栄花物語』等には当時の女房が工夫を凝らしたさまが詳述されている。
ある女房は重ねに凝り、通常よりも多く20枚以上の衣を重ねたが衣の重さのために歩けなくなったとある。

このように平安時代は袿の枚数に定めがなかったが、室町時代には5枚となり、
それ以後「五衣(いつつぎぬ)」と呼ばれ女房装束に定着されるようになった。

このような重ね・襲ねの取り合わせを「重ね・襲ねの色目」というが、
色目については主に季節感を取り入れた組み合わせになっている。
春夏秋冬・または植物や色単体のグラデーションによりおびただしい数の種類があり、
着用の季節や行事が厳密に定められていた。

これらの季節感などを無視した取り合わせを用いることはマナー違反・センスがないと見なされ、

当時の女性が工夫を凝らして装ったことが当時の物語や日記などに垣間見ることができる。
+ の新着レス
このレスの続きを表示(4件)

板に戻る | 履歴に戻る | 全部 最新10  | ここまで読んだ  


録音中: 0:00/0:30

きもの・日本の美