- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

相対的貧困 (Relative poverty) の概念は不要

6ウナギ警察 :2016/08/25(木)19:24:08 ID:M31()
NHKは、次のように報道すれば良かったんである。
「日本のように物質的に豊かな国において、ある家庭が「相対的に低収入である」という「所得格差」は、一見すると、あまり問題がないように見えがちですが、
家庭の教育格差やIT知識の格差などに、つながりやすいんですよ」
「その教育格差、IT知識の格差によって、就職も不利になるので、次の世代にも所得格差が固定されやすいという問題点があるんですよ」
・・・と。

なのに、このように論点を明確化せず、あたかも物質的にも不足してるかのように「パソコンが買えない」とか報道するのは、
KHKが、相対的低収入と、物質購買力の不足とを混同してるんである。
それは、そもそも、この問題に取り組んできた共産党が、
党の都合によって、相対的低収入と、物質購買力の不足とを、ある都合で同一視したり、ほかの都合では同一視せず区別したりと、
恣意的に扱ってきたからである。

うがった見方をすれば、NHKが、わざと相対的低収入と物質購買力の不足とを混同しやすい報道をしたのではないか。
だとしたら、そういう、わざと混同をまねく報道こそが「ヤラセ」とネット世論にて批判されるべきなのだろう。
このレスの続きを表示(8件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





相対的貧困 (Relative poverty) の概念は不要