- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

シンガポール在住の佐戸康隆・四方啓二逮捕?

30名無しさん@おーぷん :2017/12/06(水)14:41:05 ID:whd
香港の摩天楼の一角にそびえ立つリッポーセンター、その24階にダイマジン・グローバルという会社が登記されている。設立は10年9月。その100%株主で唯一の役員でもあったのが
元山一証券社員の佐戸康高容疑者である。ダイマジン社はその後、都内のエコ・コンストラクションなる建設関連会社の100%株主となるが、同社の代表取締役は松浦正親容疑者だ。松浦正親容疑者は
それ以前、大分県でタクシー会社を経営するなどしていた。
 ダイマジン社設立の直後、なぜか佐戸康高容疑者は当時、東証マザーズに上場していたリミックスポイントの経営企画室に入社、11年6月には取締役に就任している。そして13年春、
リミックスポイントの筆頭株主に突如登場したのが件のダイマジン社だった。
 これらの動きはそれ以前からある程度仕組まれていたフシがある。そもそもの始まりは直前の10年6月に行われたリミックスポイントへの緊急融資だった。同社は当時、
ローソンの子会社を舞台とする巨額の資金流用事件の余波を受け、経営混乱の最中にあった。
 緊急融資で貸し手となったのは劉前社長率いるストリームと、やはり中国人が経営するキング・テックという都内の会社だった。さらに両社はリミックスポイントの株式を大量に取得、
後にその大半を譲渡した先が佐戸康高容疑者のダイマジン社だったというわけである。つまりこの頃すでに劉前社長と佐戸容疑者との間には接点があった。

ニュースサイトで読む: http://biz-journal.jp/2017/11/post_21216_2.html
Copyright © Business Journal All Rights Reserved.

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





シンガポール在住の佐戸康隆・四方啓二逮捕?
CRITEO