- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

シンガポール在住の佐戸康隆・四方啓二逮捕?

1名無しさん@おーぷん:2017/10/21(土)14:20:43 ID:Dse()
マザーズに上場するインターネット通販のストリームが、株価操縦事件に揺れている。警視庁捜査2課が強制捜査に乗り出し、現在、容疑者逮捕が続いているが、
創業者オーナーの劉海涛前会長(49)も関与したと目され、逮捕状を出されている。
証券取引等監視委員会と警視庁が、合同でストリームなどの家宅捜索を行ったのは、昨年10月である。
14年2月頃からストリーム株が急騰、100円台の株価が同年9月には500円を超えたが、そこには直前の株価を上回る価格で連続して買い注文を出して吊り上げる
株価操縦があったとされた。
以来、約1年の捜査が続けられ、捜査2課は、10月12日、高橋利典(69)、笹尾明孝(64)、本多俊郎(51)の3容疑者を逮捕、15日には、主犯格の松浦正親容疑者(45)を、
翌16日にはシンガポール在住の佐戸康隆容疑者(58)を、18日にはその仲間の四方啓二容疑者(46)を逮捕した。
最初に逮捕された3容疑者は、業績不振企業に取り付き、増資などの際、経営陣に食い込んで株価操縦、インサイダー取引などで稼ぐ反市場勢力である。
仕手戦は、仲間を糾合、買い煽ってちょうちん(急騰に便乗しようとする一般投資家)をつけさせ、絶妙のタイミングで売り抜けるもので、熟練の技が要る。
3容疑者は、仕手筋として知られた存在だったが、今回、会社側との接点になったのは、彼らの仲間のU氏だった。http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53244
2名無しさん@おーぷん :2017/10/21(土)14:21:35 ID:Dse()
<ミニ情報>「ストリーム」相場操縦事件ーー他の松浦大助グループ幹部2人も逮捕に

 すっかり報告が遅くなってしまったが、インターネット関連会社「ストリーム」(3071。マザーズ。東京都港区)の株価を不正につり上げたと見られる事件で、
警視庁捜査2課は本紙指摘通り、10月15日の松浦正親容疑者(45)に続き、17日には佐戸康高容疑者(58)、18日には四方啓二容疑者(46)を、
同じ金融商品取引法違反(相場操縦)容疑で追加逮捕している。
 これで同事件における逮捕者は計6名となった。
 松浦、佐戸、四方各容疑者は、いずれも松浦大助氏をトップとするグループの側近、幹部だ。
3名無しさん@おーぷん :2017/10/21(土)14:35:50 ID:Dse()
http://www.accessjournal.jp/modules/weblog/
2017/10/20 執筆者: Yamaoka (11:47 pm)
<ミニ情報>ハワイの人気レストランを売却していた松浦大助氏
カテゴリ: 詐欺(行為) : 仕手(戦・筋。カラ増資)
 インターネット関連会社「ストリーム」(3071。マザーズ。東京都港区)の相場操縦事件でグループ幹部が3人逮捕され、動向が注目されている松浦大助氏だが、本紙はこの松浦氏が米ハイワの人気レストランのオーナーになっていたことを昨年7月、記事にしている。
 ところが、関係者によれば、最近、松浦氏はこの権利を売却したとの話が入って来た。そして、そのことは今回の事件とは決して無関係ではないようだ。
4名無しさん@おーぷん :2017/10/21(土)14:37:31 ID:Dse()
東証マザーズ上場のインターネット関連会社の株価を不正につり上げたとして、東京の会社役員などが逮捕された事件で、
この役員が知人や親族名義の口座で ... 四方啓二は早稲田5のメンバーの1人で他のメンバーに石関貴史議員がいる
5名無しさん@おーぷん :2017/10/21(土)14:39:41 ID:Dse()
[仕手筋 松浦グループ]
朝堂院大覚(本名 松浦良右[りょうすけ] ):いわゆる”フィクサー”。仕手筋「松浦グループ(朝堂院グループ)」の大本。Wikipedia
松浦大助:朝堂院大覚の息子。六本木の有名クラブ「バニティ」(現在の店名は「ヴィースクウェア東京・六本木」)の実質的な支配人。
松浦正親:合同会社メタルバンク代表。ストリーム株価操縦の実行犯で、大介の右腕。おそらく兄弟。
佐戸康高:山一證券出身。元リミックスポイント取締役。安愚楽牧場の常務執行役員。
四方啓二:朝堂院の手下(法曹政治連盟) 『FACTA』2017年6月号
[日本中華総商会で繋がる新華人]
劉海涛:ストリーム社長(ECカレント、eBEST、特価COM)。リミックスポイントの元社外取締役(常勤監査)。
王遠耀:キングテック社長。リミックスポイント元取締役 2015現在の(日本中華総商会直属下部組織)東京中華總商会・副会長。ストリーム・SJI双方に関与。
李堅:SJI(フィスコ子会社。現カイカ)前社長。日本中華総商会・第5代会長 SJI架空取引事件の主犯
羅怡文:仕手株地味た動きをしたラオックス社長。日本中華総商会副会長。http://sand-storm.net/wordpress/?p=24425
6名無しさん@おーぷん :2017/10/21(土)16:53:20 ID:41d
D「7名の逮捕状を用意していたと聞いていましたけど、12日に逮捕されたのは高橋利典、笹尾明孝、本多俊郎の3容疑者だけでした」
A「肝腎の松浦正親は入院中だし、劉海濤は帰国したまま、佐戸康高、四方啓二は逃亡中だ」
C「松浦が入院中?」
A「大腸がんという触れ込みだが、実際は良性腫瘍。仮病みたいなもんだな。それも逮捕予定日の直前に病院に駆け込んで手術というんだからふざけてるよな」
D「それにしても逮捕直前に手術だなんて、誰が指示したのでしょうか?」
A「全員が『松浦グループ』のメンバーだもの。想像はつくでしょう」

E「四方啓二って、法曹政治連盟に出入りしていた四方ですか?」

A「そうだよ。――四方のみならず、どいつもこいつも、安愚楽牧場や日本ロジステック、LCLAホールディングスなど破綻企業を舞台にした事件に関係した人物ばかり。株価操作なんて朝飯前の事件屋なんだから、ビシビシ叩けば、バケツにテンコ盛りのホコリが出ると思うよ」

D「いつも名前が出るけど、グループの総帥・松浦大助はセーフなの?」

A「親父は目立つけど、安全圏に身を置いて絵を描く知能犯だもん。お利口さんだよ、彼は(笑)」
7名無しさん@おーぷん :2017/10/21(土)18:58:15 ID:JyA
やばいです
今まで、塀に落ちないはずが、何故に
8名無しさん@おーぷん :2017/10/22(日)18:25:20 ID:OEm
ストリームのシンガーポールから金融商品取引法違反する相場操縦なら儲ける方法で
脱税なら税務調査あります
9名無しさん@おーぷん :2017/10/23(月)08:59:56 ID:NXW
過年度修正で上場廃止の危機「SJI」、背後に松浦大助グループ関連のキング・テック社が浮上2014年12月 1日 (月)
http://outlaws.air-nifty.com/news/2014/12/post-240e.html
■六本木の有名クラブ「バニティ」(現在の店名は「ヴィースクウェア東京・六本木」)の実質的な支配人、松浦大助が関与する銘柄の動向を本誌は適宜報じてきた。
具体的には、リミックスポイント(3825)、ストリーム(3071)についてだが、ここで新たに、ジャスダックに上場する情報サービス会社「SJI」
(石濱人樹会長兼社長=写真)について言及しようと思う。
■かねてから、SJIには「朝堂院サイドの資金が入っている」という噂が流れていた。実際に、リミックスポイントとストリームの両社を結ぶ人脈の中で浮上する
「株式会社キング・テック」(代表取締役・王遠耀)とSJIは、業務・資本・人的関係において関わりが深い。キング・テックは香港にも関係会社がある。
そのような経緯から、本誌はこの企業を注視してきた。
■いまSJIは窮地に立たされていると言っても過言ではない。同社は10月10日、過年度の決算において不適切な会計処理がおこなわれた可能性があり、
第三者委員会の設置と、提出予定の第2四半期決算の延期を発表した。昨年8月にも監理ポスト入りしており(後に指定解除)、再度の監理ポスト入り・上場廃止の危機が迫っている。
■騒動の発端は、24年7月に買収した中国の子会社「中訊軟件集団股份有限公司(SinoCom Software Group Limited)」(以下、SinoComとする)である。
SJIはおよそ100億円を投じて香港市場に上場しているSinoComをTOBで買収し、その後取得したSinoCom株の一部を放出(売却損8億円を計上)、
25年2月に香港市場での株取引が再開された。
10名無しさん@おーぷん :2017/10/23(月)15:19:33 ID:kTV
<ミニ情報>「ストリーム」相場操縦事件ーー他の松浦大助グループ幹部2人も逮捕に
カテゴリ: 詐欺(行為) : 仕手(戦・筋。カラ増資)  すっかり報告が遅くなってしまったが、インターネット関連会社
「ストリーム」(3071。マザーズ。東京都港区)の株価を不正につり上げたと見られる事件で、 http://www.accessjournal.jp/modules/weblog/
警視庁捜査2課は本紙指摘通り、10月15日の松浦正親容疑者(45)に続き、
17日には佐戸康高容疑者(58)、18日には四方啓二容疑者(46)を、同じ金融商品取引法違反(相場操縦)容疑で追加逮捕している。
 これで同事件における逮捕者は計6名となった。  松浦、佐戸、四方各容疑者は、いずれも松浦大助氏をトップとする グループの側近、幹部だ。
http://www.accessjournal.jp/modules/weblog/
警視庁捜査2課は本紙指摘通り、10月15日の松浦正親容疑者(45)に続き、
17日には佐戸康高容疑者(58)、18日には四方啓二容疑者(46)を、
同じ金融商品取引法違反(相場操縦)容疑で追加逮捕している。
こういう場合に株式譲渡益の脱税していたらマルサまで東京国税局の査察でさらに刑事罰がくる
11名無しさん@おーぷん :2017/10/24(火)02:37:55 ID:DUG
シンガーポールに相場操縦する利益は脱税なら税務調査ありますか
東京国税局から見つかりますか
12名無しさん@おーぷん :2017/10/24(火)08:36:22 ID:tb4
相場操縦容疑で著名3億円デイトレーダー逮捕
Tweet 友人に紹介 最終更新:2013年06月24日 18時10分
 東京地検特捜部は24日、ニセの注文を繰り返して株価を不正につり上げたとして、金融商品取引法違反(相場操縦)の疑いで、3億円以上の運用益を出した
デイトレーダーの会社役員、杉本満容疑者(39)を逮捕した。株式分割ブームで億超えトレーダーとなった杉本容疑者。以前から2ちゃんねるなどに「煽り」の書き込みを行うなど、
一部にはグレーだとの指摘もなされていた。
 杉本容疑は一昨年2011年1、2月に、東証2部銘柄で、仲間たちと買う意思がないにも関わらず、大量の注文を出して値段をつり上げて売却して、利益を出していた疑い。
 今年に入ってから、証券取引等委員会が東京都内の自宅など関係先を家宅捜索し、行方が分からなくなっており、東京地検特捜部が身柄を探していた。
 杉本容疑者は二十歳ころから株式投資を始め、新興企業の株式分割をきっかけに、30歳そこそこで3億円以上の利益をあげてきた。最近では、自身のツイッターなどで情報を発信。
フォンツホールディングスの第3位株主にも名前が出ていた。
 2003、04年のグレース、エリアクエストで大儲け。それからは活躍を聞かなくなっていたが、昨年あたりからフォンツHDの名前を積極的に出すようになっていた。
13名無しさん@おーぷん :2017/10/25(水)07:26:40 ID:cGy
「興正寺」から68億円流出 
TEOSが注目されるきっかけは、とある寺院をめぐる騒動だった。明らかになったのは昨年8月のこと。舞台は名古屋市にある高野山系の興正寺。
もともと本山と前住職(14年1月に罷免)が対立していたところ、税務調査の過程で不透明な巨額資金流出が浮かび上がった。興正寺は12年3月に
隣接する中京大学に土地を約139億円で売却していたが、そのうち約68億円が本山の知らないまま業務委託料などの名目で外部に支出されていたのである。
支出先のうち約42億円は「日本開発研究所」、約5億円は「regeneration」なる現在は活動実態さえ定かでない都内の会社だったが、いずれもTEOSと関係が深い。
前者の代表取締役である澤邊博文氏はTEOSの専務理事であり、後者の代表取締役である北島晃治氏も10年前にTEOSの職員になった経歴がある。
そもそもTEOSは日本開発研究所が名古屋市内に持っていたビルの中に中部支部を置いていた。
TEOS関係者である三氏がともに関わった元上場会社がある。不動産現物出資を悪用した水増し増資を行うなど乱脈経営の挙げ句、15年12月に東証2部を上場廃止となった
エル・シー・エーホールディングス(以下、LCA)がそれである。四方氏が同社に食い込んだのは08年夏のこと。つないだのは英会話大手NOVAの破綻間際に
暗躍していた金融ブローカーだった。さらに09年2月には澤邊氏が執行役員として入り込んだ(後に取締役となり12年8月に退任)。
上場廃止後の16年1月に社長となったのは北島氏である。 当時、LCAの代表取締役を務めていたのは大阪で不動産会社「都市綜研インベストファンド」などを経営する柳瀬公孝氏
(本名・健一)だった。その頃、都市綜研は不動産特定共同事業の仕組みを使った投資商品「みんなで大家さん」を始めていた。柳瀬氏は09年5月頃にLCAから事実上離れることになるが、
結局、30億円超の損失を負ったとされる。それとの関係は不明だが、その後、件の投資商品の販売部隊「みんなで大家さん販売」の株の大半は柳瀬氏の手元から日本開発研究所に移った。
都市綜研は過去に2度も業務停止処分を受け、一部商品は元本償還が遅延しているとの情報もあるが、それでも出資金集めは盛んだ。
https://facta.co.jp/article/201706005.html
14名無しさん@おーぷん :2017/10/25(水)15:16:27 ID:NcN
「未公開株や社債の販売などができるのは、登録を受けた証券会社と未公開株などの発行会社に限られていますので、
その他の者が行う勧誘は違法です」「また、通常、発行会社が一般の個人投資家に未公開株や私募の社債の購入を直接勧誘することはありませんし、
日本証券業協会に所属する証券会社は、自主規制ルールにより、原則として、未公開株取引の勧誘が禁止されています」
衆議院滋賀4区選出の自民党の武藤貴也衆議院議員は、19日発売された「週刊文春」で、知人に未公開株の購入を持ちかけ、集めた出資金の返還を巡って トラブルになっていると報じられました
オフィスナラサキ株式会社http://www.narasaki-net.com/ 同社取締役楢崎剛は悪質詐欺者10年間損害賠償可能民事崩れで返金成功!!! 今が最後の楢崎剛の逮捕や損害請求の機会です。5-6年は刑務所懲役くらいでしょう
代表取締役 楢﨑 醍剛<<<<<名前だけ隠しても違う楢﨑剛が本名 本    店 東京都港区六本木6丁目10番1号六本木ヒルズ森タワー11F 楢崎剛は豪華絢爛酒池肉林の暮らしです。隠した金から返還させます
、(株)アルトン・マネージメント、同社代表取締役佐藤克弘、同社取締役楢崎剛、同社従業員腰忍、詐欺師は実刑5年-10年懲役です 楢崎剛は金を隠しています。このホームページの豪華な暮らしから分かります
アルトン・マネージメントの未公開株詐欺被害の取締役楢崎剛は詐欺師から国民生活消費者センターで金融商品取引法違反(無登録営業)容疑で返金成功しました。楢崎剛の犯罪を返金を諦めないでがんばりましょう
弁護士 藤森克美は詐欺師が逮捕されることが取締役楢崎剛の犯罪者への私の喜びでもあります。 犯罪収益隠匿や詐欺で締役楢崎剛の詐欺師は許しません。どんどん取締役楢崎剛へ詐欺師は被害届・告訴状で逮捕される民事訴訟や刑事告訴状引き受けます。
楢崎剛詐欺師は塀の中へ落とします。安心ください ご相談には迅速丁寧な対応を心掛けています。ひとりで悩まず,どうぞ刑事告訴や損害賠償訴訟ご相談下さい。http://plaza.across.or.jp/~fujimori/mikoukaikabu.html
15名無しさん@おーぷん :2017/10/27(金)14:00:49 ID:kWP
一方、四方容疑者は逮捕前の産経新聞の取材に、死亡した金融ブローカーが四方容疑者に「1億円を貸してほしい」と依頼し、
「担保に不動産やストリーム株を持ってきた」と明かす。四方容疑者は「誰か貸せるか探したら、(逮捕された)佐戸さんが『いいよ』と言ったので、
カネを振り込んで貸した」と説明した。 「2月ごろからストリームの株価が上がってきたから売った。それを(金融ブローカーらのグループが)たまたま買ったというだけだ」
と関与を否定した。「最後のフィクサー」 今回、仕手筋とされる3容疑者に続いて逮捕された松浦容疑者には「上司」とも呼べる人物がいる。
 警察当局が「特殊知能暴力集団」に指定し、「最後のフィクサー」ともいわれる人物の息子で、会社役員を務める男性だ。
この男性はクラブ経営などさまざまな事業を手がけ、株価が不審な値動きを示す企業との関係が情報誌などで取り沙汰されるが、役員や株主には名前が登場しない。
警視庁捜査2課と組織犯罪対策部が株価を不正につり上げたとする金融商品取引法違反容疑で
逮捕したのは、松浦正親(45)▽四方啓二(46)▽佐戸康高(58)▽高橋利典(69)▽笹尾明孝(64)▽本多俊郎(51)-
の6容疑者。
16名無しさん@おーぷん :2017/10/27(金)23:10:12 ID:Osb
シンガーポールでも逮捕されますのででも逮捕されます東京国税局から脱税なら税務調査あります
17名無しさん@おーぷん :2017/10/28(土)08:49:43 ID:TYc
今年2月10日、ジャスダック上場「NESTAGE」が行った12億円の
不動産現物出資による第3者割当増資。
NESTAGE
株式会社共立不動産鑑定事務所不動産鑑定士横田隆浩氏による現物出資される各不動産の
鑑定評価書及び税理士兼公認会計士辰巳英城氏の不動産鑑定評価に対する相当性の証明をも
って、当社は第三者委員会を組成し、不動産鑑定評価に対する相当性並びに本新株式発行の必
要性及び相当性につき審議及び評価を依頼致しました。
第三者委員会の構成員は、弁護士山本雄大氏、税理士兼公認会計士川村啓輔氏、及び当社
社外監査役斉藤精一の3名(以下「第三者委員会」という。)であります。弁護士山本雄大氏及び税
理士兼公認会計士川村啓輔氏は、社外監査役斉藤精一のそれぞれ別の知人より紹介を受け、当
社並びに現物出資者であるクロスビズ株式会社と特別な利害関係のない独立した第三者でありま
す。
第三者委員会にて審議及び評価を行っていただいた結果、不動産評価については、本件第三
者割当においては、優先株式の割当において不動産の現物出資による1,200 百万円の払込
が予定され、当然に当該不動産の評価の相当性が問題となり、この点は、不動産鑑定評価
が1,300 百万円であること、会社法207 条第9 項第4 号所定の価格の相当性についての証
明がなされることから、問題はないものと判断する旨の意見を受けております。また本新
株式発行について必要性及び相当性が認められるとの意見を受けております。
 
+0
-0
18名無しさん@おーぷん :2017/10/29(日)15:09:40 ID:WSR
記事弁護士 紀藤正樹 Masaki kito2015年02月19日 15:00安愚楽牧場の被害者を狙う詐欺に注意!> http://blogos.com/article/106021/
ついに詐欺未遂容疑の男8人逮捕!/埼玉県警上尾署
産経新聞の記事から見て、2011年に破たんした安愚楽牧場の被害者のことだと思います。
お気を付けください。安愚楽牧場被害対策弁護団にも、結成以来500件を超える多数の二次被害に関する問い合わせや相談があります。
安愚楽牧場被害対策弁護団http://agurahigai.a.la9.jp/・紀藤の意見など→安愚楽牧場関係BLOG http://kito.cocolog-nifty.com/topnews/201108/index.html
今回の強制捜査は、容疑者も被害者も拠点も東京。しかし捜査本部は埼玉県警です。被害も、1都1道12県にも及んでいます。
「ワールドオーシャンファーム」(破産)=フィリピンでのエビ養殖事業
「バルチック・システム」(解散)=カレー店チェーン運営会社
の2次被害もあるようです。いずれも投資詐欺として、詐欺で立件された事例です。
まだまだ捜査は続くと思われます。二次被害撲滅のために、埼玉県警には頑張ってもらいたいと思います。
・ 「和牛商法」被害者狙う 詐欺未遂容疑の男8人を逮捕/上尾署=埼玉新聞=2015年2月18日(水)
東京都港区の拠点から押収されたパソコンや携帯、被害者名簿など=18日、上尾署=元記事に写真あり
 「和牛預託商法」の投資詐欺被害者に損失金の返還をかたって現金をだまし取ろうとしたとして、県警特殊詐欺総合対策本部と上尾署は18日までに、
詐欺未遂の疑いで、東京都豊島区池袋1丁目、職業不詳岡田泰容疑者(36)ら県内や都内に住む20~40代の男8人を逮捕した。
県警は同容疑者らが拠点としていた東京都港区六本木3丁目の雑居ビル1室を捜索、5千~6千人分の投資詐欺の被害者名簿や
ノートパソコン7台、マニュアル本などを押収した。
2014.8.19 07:00【衝撃事件の核心】「豊田商事」上回る最悪被害「安愚楽牧場」、日本を“詐欺天国”にしてしまった農水省と消費者庁の“罪”
http://www.sankei.com/west/news/140819/wst1408190011-n1.html
19名無しさん@おーぷん :2017/10/29(日)20:52:23 ID:NiC
シンガーポールの脱税したんですが東京国税局から脱税なら税務調査ありますシンガーポールでも逮捕されますので
20名無しさん@おーぷん :2017/10/31(火)17:58:32 ID:O2d
闇に消えた高野山 「興正寺マネー」名古屋地検特捜部が強制捜査。魑魅魍魎が群がった挙げ句、60億円以上ものカネが溶けて消えた顚末。
2017年11月号 BUSINESS [弘法大師も呆れる「トンデモ 住職」]
名古屋市東部の丘陵地帯、八事(やごと)地区に広大な寺有地を持つ興正寺――。貞享3(1686)年に創建され、尾張徳川家の祈願所ともなってきた高野山真言宗の別格本山だ。
境内を歩くと、建物の前面に滝が流れ下る「圓照堂」や、かつての海運王の邸宅を移築し造営した日本庭園の「普門園」など、観光寺院化を狙った真新しい建造物が嫌でも目に飛び込んでくる。
以前は鬱蒼とした森の中に国指定重要文化財の五重塔などが佇む密教寺院らしい趣に満ちていたが、ここ10年ほどで様相は一変したという。9月12日、
この興正寺に名古屋地検特捜部の強制捜査が入った。容疑は梅村正昭前住職(69)らによる背任など。ガサは日付が替わる深夜まで及び、運び出された段ボール箱は30個以上を数えた。
じつは興正寺を巡る乱脈ぶりが取り沙汰され始めたのは10年近く前からのことだ。
・・・・・・・・・・・・・・「興正寺」から68億円流出 
TEOSが注目されるきっかけは、とある寺院をめぐる騒動だった。明らかになったのは昨年8月のこと。舞台は名古屋市にある高野山系の興正寺。
もともと本山と前住職(14年1月に罷免)が対立していたところ、税務調査の過程で不透明な巨額資金流出が浮かび上がった。興正寺は12年3月に
隣接する中京大学に土地を約139億円で売却していたが、そのうち約68億円が本山の知らないまま業務委託料などの名目で外部に支出されていたのである。
支出先のうち約42億円は「日本開発研究所」、約5億円は「regeneration」なる現在は活動実態さえ定かでない都内の会社だったが、いずれもTEOSと関係が深い。
前者の代表取締役である澤邊博文氏はTEOSの専務理事であり、後者の代表取締役である北島晃治氏も10年前にTEOSの職員になった経歴がある。
そもそもTEOSは日本開発研究所が名古屋市内に持っていたビルの中に中部支部を置いていた。
https://facta.co.jp/article/201706005.html
21名無しさん@おーぷん :2017/11/01(水)12:16:55 ID:KOt
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017103101156&g=soc
富裕層の申告漏れ441億円=目立つ海外取引利用-国税庁
 全国の国税局が今年6月までの1年間に実施した所得税の税務調査で、富裕層の申告漏れが総額441億円に上ったことが31日、
国税庁のまとめで分かった。申告漏れは富裕層対象の調査4188件の8割に当たる3406件で見つかり、追徴税額は127億円に上った。
 1件当たりの申告漏れ額は、調査全体の平均が918万円だったのに対し、富裕層は1054万円と大きな差はなかったが、
富裕層で海外取引を利用したケースでは2576万円と高額だった。
22名無しさん@おーぷん :2017/11/02(木)08:27:44 ID:AZ1
今、海外取引を利用した脱税事件が増加していますが、海外にある支店や事務所に対する強制調査は現状では行われていません。これは国税犯則取締法に国外調査権の規定がないことや、
属地主義の原則によるものと言われています。そのため海外事案ではいかに海外証拠の収集を行うかが課題となりますが、そのための手段の一つが「租税条約に基づく情報交換」です。
この情報交換制度は、脱税事件には適用されない租税条約があるなど、かつては査察事件では使い勝手の良いものではありませんでした。しかし、平成 25 年 10 月に、
多国間条約である「税務行政執行共助条約」が日本において発効したことにより、現在ではほとんどの国と脱税事件の情報交換が可能となりました。
また情報提供を要請してから回答を受領するまでの期間も以前より短くなっており、査察事案においても情報交換を積極的に活用するようになってきているようです。
著者: 多田恭章 租税調査研究会 主任研究員 元国税庁国際業務課主査。
中小企業に対する税務調査や国際税務に関する経験等をフルに活かし、企業の方々の抱える疑問や不安を少しでも解消できるよう、適切なアドバイスをしていきたい。
■税と経営の顧問団租税調査研究会https://zeimusoudan.biz/
23名無しさん@おーぷん :2017/11/04(土)20:45:41 ID:hIJ
シンガーポールでも逮捕されますのでやはり見つかります隠してています預金が東京国税局から脱税なら税務調査あります
24名無しさん@おーぷん :2017/11/07(火)17:23:21 ID:jHv
2017.11.06 連載 高橋篤史「経済禁忌録」一大地下経済ネットワーク、警察捜査で全容解明か…あの有名寺院や大手予備校FCまで
文=高橋篤史/ジャーナリスト【この記事のキーワード】ストリーム株, 東証マザーズ, 金融ブローカー
「Thinkstock」より 東証マザーズに上場するストリーム株をめぐる金融商品取引法違反(相場操縦)事件で、関係者6人が警視庁捜査2課により逮捕された(逮捕者数は10月25日現在)。
背後に張り巡らされた複雑な人脈をたどっていくと、現在進行中のものも含め数多くの事件や不祥事、不審な動きが浮かび上がってくる。ストリーム事件はそれらの氷山の一角にすぎない。
 相場操縦はストリームの創業者である劉海涛前社長(10月17日付で取締役も辞任)の保有株も使い複数の手口で行われていた模様だ。実際の売買を担当していたのは、笹尾明孝、高橋利典、
本多俊郎の各容疑者、それらに資金を提供する側として松浦正親、佐戸康高、四方啓二の各容疑者が動いていたとみられている。
 笹尾、高橋、本多の各容疑者は過去に経済事犯で摘発されたことがあり、仕手筋としてよく知られた面々。不振企業に接近してエクイティファイナンス(新株発行を伴う資金調達)を持ちかけ、
株券を乱発しながら裏で資金を還流させるといった手口に通じた“資本のハイエナ”の代表格としてひと頃は株式市場で派手に振る舞っていた
ニュースサイトで読む: http://biz-journal.jp/2017/11/post_21216.html
Copyright © Business Journal All Rights Reserved.
25名無しさん@おーぷん :2017/11/08(水)04:54:48 ID:JgS
やばいですシンガーポールでも逮捕されますので東京国税局から脱税なら税務調査ありますシンガーポールでも逮捕されますので脱税した隠してています預金
26名無しさん@おーぷん :2017/11/09(木)12:34:23 ID:nlI
「ストリーム」相場操縦容疑者と会っていた「ウルフ村田」
まず誤解のないように断っておくが、筆者は、東大卒を売りにする株式トレーダー・金融トレーダーと自称する「ウルフ村田」(村田美夏)も、今回容疑のインターネット
関連会社「ストリーム」(3071。マザーズ。東京都港区)株急騰に関わっていたと言っているわけではない。
ウルフ村田について、今回、同容疑で逮捕された6人の容疑者のうち、“ヒゲの高橋”こと高橋利典(69)と逮捕される前に会っていたこと。
高橋容疑者はその頃も別の株価引き上げを狙って精力的に動いていて、その件で2人は会っていたようだということを指摘したいのだ。
さらに断っておくが、だからといって、筆者はウルフ村田が違法とは思わない。当メルマガ「アクセスジャーナル」本編既報記事でいえば、
オフ会の実例、与沢翼の詐欺疑惑FXスクール企画の裏の実行者O氏と親しいなど、
正業のプロというよりも、もはや「煽り屋」と呼ばれる存在で知られる彼女――しかしながら、この煽り屋はグループを組み、ツイッター、
テキストリーム、オフ会、セミナー、情報サイトなどを駆使し小型株に個人投資家を呼び込み株価を吊り上げさせるわけだし、あくまで買う決定をするのは投資家である。
だから自己責任で、株価操縦には当たらない。インサイダーや風説の流布でもない限り、高値に飛びつく方が悪い。特定の数人が株価を引き上げる昔の時代と違い、今の法律では残念ながら、
こうした「煽り屋」を摘発するのは非常に難しいと考えるからだ。
もちろん、だからといって問題がないわけではない。したがって、筆者は彼女を株式などのプロとは毛頭思わない。
さて、では高橋容疑者はウルフ村田と会った頃、どの株をいじっていたのか?――
27名無しさん@おーぷん :2017/11/17(金)14:40:10 ID:Ntc
―――ー日本エル・シー・エーの今回のエクイティ・ファイナンスの状況―――ー
・第三者割当増資(デット・エクイティ・スワップ)
発行期日 平成20 年12 月15 日
当該増資による発行株式数
18,180,000 株
割当先 株式会社Zephyrus Capital
―――ー第三者割当による第2回新株予約権の発行―――ー
割当日 平成20 年12 月15 日
当該募集における潜在株式数 
当初の行使価額における潜在株式数:83,710,000 株
割当先
Zephyrus Capital1個(10 千株)、エートス投資事業組合2,800 個(28,000
千株)、JCRパートナーズ投融資組合2,400 個(24,000 千株)、リアル
フュージョン組合に2,400 個(24,000 千株)、都市綜研インベストバンク株
式会社に770 個(7,700 千株)
――ー――ー――ー――ー――ー――ー――ー――ー――ー――ーーーーー
つまり藤原哲公認会計士の株式会社Zephyrus Capitalに18,180,000 株
仲間の合同会社達にに83,710,000 株
合計101,890,000株――1億株も33円で仕入れていて
売り抜けのチャンスを窺っている。
ーーーー騙されんなよ。------------
「ロシア鉄道」とか
「中国」「韓国」「ロシア」に「知的生産性向上システムDIPS」
に関する研修ニーズも高まっており、今後はDIPS研修や
コンサルティングの 受注が計画通り見込めると想定しております。
――ーーーーーなど非現実的な事を言っている。

そんな国に何で「知的生産性向上システムDIPS」が売れるのか
教えて欲しいな
28名無しさん@おーぷん :2017/11/20(月)15:42:35 ID:o3n
2017.11.13

「ストリーム」相場操縦事件、松浦グループ3名のその後ーー小池知事との意外な接点も

 本紙で徹底追及している、警視庁捜査2課がやっている、インターネット関連会社「ストリーム」(3071。マザーズ。東京都港区)の株価を不正につり上げたと見られる事件だが、
これまでに計6名が金融商品取引法違反(相場操縦)容疑で逮捕されたのは既報の通り。
 先に逮捕された株式ブローカーの3名が再逮捕されたことはお伝えしたが、追加逮捕された松浦正親容疑者(45。10月15日。冒頭写真)、佐戸康高容疑者(58。10月17日)、
四方啓二容疑者(46。10月18日)の現状はどうなのか?
 なお、再逮捕の件をお伝えした際、関係者によれば、笹尾明孝容疑者は1回目逮捕の件に関しては不起訴(起訴猶予)とも報じたが、それは他の2名も同様の模様だ。
 さて、松浦大助グループと見られる3名の方だが(小池百合子東京都知事との接点も以下に。証拠写真も)、
29名無しさん@おーぷん :2017/11/22(水)10:21:17 ID:69d
場操縦の罪、東京地検特捜部が2人起訴
 東証マザーズ上場のインターネット関連会社の株価をつり上げるため不正な売買を繰り返したとして逮捕された男2人を、東京地検特捜部が起訴しました。
 東京地検特捜部が金融商品取引法違反の相場操縦の罪で起訴したのは、無職の高橋利典被告(69)と、会社員の笹尾明孝被告(64)です。
 起訴状などによりますと、高橋被告らは2014年2月から7月にかけて東証マザーズ上場のインターネット関連会社「ストリーム」社の株取引をめぐり、
売りと買いの注文を同時に行うなどして株価を不正につり上げた罪に問われています。「ストリーム」社の株価は、一時およそ4倍にまで高騰し、
証券取引等監視委員会が強制調査に乗り出していました。
 証券取引等監視委員会は、高橋被告ら2人の他に、コンサルタントの男(61)を金商法違反の疑いで告発しましたが、特捜部は処分保留として釈放しています。
2017.11.21 19:41ネット通販株の株価操縦で2人起訴 東京地検特捜部
 東証マザーズ上場のインターネット通販業「ストリーム」(東京都港区)の株価が不正につり上げられた株価操縦事件で、
東京地検特捜部は21日、金融商品取引法違反(相場操縦)の罪で、住所不定、無職、高橋利典(としのり)容疑者(69)と富山市の会社員、笹尾明孝(あきのり)容疑者(64)=
いずれも同法違反容疑で逮捕=を起訴した。
起訴に先立ち、証券取引等監視委員会は同日、同罪で高橋容疑者らを東京地検に告発した。
 起訴状によると、高橋被告らは平成26年2月~7月の複数回にわたり、ストリーム株について直前の株価を上回る価格で
連続して買い注文を出すなどして、不正に株価をつり上げたとしている。
30名無しさん@おーぷん :2017/12/06(水)14:41:05 ID:whd
香港の摩天楼の一角にそびえ立つリッポーセンター、その24階にダイマジン・グローバルという会社が登記されている。設立は10年9月。その100%株主で唯一の役員でもあったのが
元山一証券社員の佐戸康高容疑者である。ダイマジン社はその後、都内のエコ・コンストラクションなる建設関連会社の100%株主となるが、同社の代表取締役は松浦正親容疑者だ。松浦正親容疑者は
それ以前、大分県でタクシー会社を経営するなどしていた。
 ダイマジン社設立の直後、なぜか佐戸康高容疑者は当時、東証マザーズに上場していたリミックスポイントの経営企画室に入社、11年6月には取締役に就任している。そして13年春、
リミックスポイントの筆頭株主に突如登場したのが件のダイマジン社だった。
 これらの動きはそれ以前からある程度仕組まれていたフシがある。そもそもの始まりは直前の10年6月に行われたリミックスポイントへの緊急融資だった。同社は当時、
ローソンの子会社を舞台とする巨額の資金流用事件の余波を受け、経営混乱の最中にあった。
 緊急融資で貸し手となったのは劉前社長率いるストリームと、やはり中国人が経営するキング・テックという都内の会社だった。さらに両社はリミックスポイントの株式を大量に取得、
後にその大半を譲渡した先が佐戸康高容疑者のダイマジン社だったというわけである。つまりこの頃すでに劉前社長と佐戸容疑者との間には接点があった。

ニュースサイトで読む: http://biz-journal.jp/2017/11/post_21216_2.html
Copyright © Business Journal All Rights Reserved.

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





シンガポール在住の佐戸康隆・四方啓二逮捕?
CRITEO