- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

今聴いている曲、演奏を書きこむスレ

1名無しさん@おーぷん:2015/09/08(火)19:57:31 ID:uqB()
立て
107逆手 ぎゃくて :2016/09/18(日)11:15:00 ID:yCk
ニコラウス。アーノンクール+ヨーロッパ室内管弦楽団
『ベートーヴェン:交響曲第五番』

前に書いたとおり,俺はベートーヴェンが好きじゃなかった。でもある日ふと「運命もアーノン
クールの演奏で聴いたら良いかもしれない・・・」とふと思った。

オレにはこういうことがよくある。『春の祭典』もT.REXも何回か聴いて好きになれなかったのに,
10年くらいたったある日「今聴いたら面白いんじゃねえか?」と思ってCD買ってきて聴いてみると
「うん,コリャ面白いじゃねえの」なんてことが。
108逆手 ぎゃくて :2016/09/18(日)11:25:18 ID:yCk
そんな事はとも角,『運命』の場合は古楽研究者で当時の響きを再現してくれるなら
それはきっと現代のふつうのオーケストラよりかずっと肌理細かな演奏が聴けるのじゃ
ないかと思ったのだ。少なくともカラヤンの颯爽とツルピカした演奏よりはマシに違い
あるまい,と。
結果は当たりだった。僕好みの,長編小説を読むが如き一字一句ゆるがせにしない感じ
の演奏・・・と思っていたら,amazonのレヴューでは,癖の強い演奏で初心者は「椅子
からころげ落ちかねない」なんて書いてあったので,こっちがズッコケそうになった。そ
うかなあ? ベートーヴェン聴き慣れた人はそう感じるのか知らん。
109逆手 ぎゃくて :2016/09/18(日)11:31:06 ID:yCk
しかし,良さが解ったとて好きになれるとは限らない。宇野功芳先生も書いていたが
「聴いていて楽しくない」音楽ってのもどうなんだか。「宮中での儀式用の音楽とかでも
あるまいに,なんでも堂々として立派ならいいってもんじゃあるまい」という気がしてし
まう。結局ベートーヴェンは玉木宏樹氏とともに,尊敬はしてもいいが愛好は出来そうも
ない,と改めて思うのであった。
110一段落:いちだんらく :2016/09/19(月)11:13:37 ID:dD3
ブルーノ・ワルター+コロンビア交響楽団
『ベートーヴェン:交響曲第六番「田園」』

吉田秀和が遠回しに「ベートーヴェンの交響曲は一曲をのぞいて何度聴いても飽きることがない」
などと言っていやがったが,これは明らかに「田園」のことである。で,わたくしは氏の批評眼には
必ずしも信頼を置いていないが,正直これには同意する。気に入った曲は聴き較べをせずにいられ
ない性質のおれだけど,これはこの演奏でじゅうぶんだと思ってしまう。
だがまあ,一種のムードミュージックだと思えば,この曲・この演奏は最上等のものだと僕は断案を
下す。
111両刃の剣:もろはのつるぎ :2016/09/20(火)13:04:58 ID:qX1
ピエール・ブーレーズ+シカゴ交響楽団
『スクリャービン/交響曲 第4番 作品54「法悦の詩」』

クラシック音楽にも案外流行り廃りはあるようで,最近あんまりスクリャービンの名前を聞かない。
初演が非難轟々,顰蹙を買った曲は案外後世に残ったりするが(『カルメン』,『春の祭典』とか)まあ
ただ斬新だってだけの音楽というのは得てしてすぐ飽きられるものではある。
112名無しさん@おーぷん :2016/09/25(日)22:00:54 ID:nvb
シベリウス 交響詩フィンランディア
ヤルヴィ指揮エーボリ響
113名無しさん@おーぷん :2016/10/03(月)19:20:46 ID:d1X
ブラームス 交響曲第2番
スヴェトラーノフ/ソ連国立交響楽団
114名無しさん@おーぷん :2016/10/22(土)13:53:04 ID:tXX
バッハ トッカータとフーガニ短調「ドリア調」
カール・リヒター(org)
115名無しさん@おーぷん :2016/11/11(金)17:40:08 ID:x11
マーラー 大地の歌
ワルター/ミルドレッド・ミラー(Ms)/エルンスト・ヘフリガー(T)/ニューヨーク・フィルハーモニック
116NN :2017/01/20(金)16:58:10 ID:0vB
マーラー
交響曲第1番

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





今聴いている曲、演奏を書きこむスレ
CRITEO